ヘルスケア

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
メアリー・バセット: 医者が社会正義を求めるべき理由
1980年代、ジンバブエでエイズの大流行を自ら目の当たりにしたメアリー・バセットは、この恐ろしいウィルスに対する、現地の人々の教育や治療を目的とした、診療所の立ち上げに貢献しました。しかし今、当時を振り返り、真の問題 ― 社会的弱者をさらに弱い立場に追い込み、世界の政治的・経済的な仕組みに根を下ろす、構造的な不平等に警鐘を鳴らさなかったことを後悔している、と語ります。同じ構造的問題が存在する今日のアメリカで、...
BJ・ミラー: 人生を終えるとき本当に大切なこと
人生の終わりに、私たちが最も強く願うことは何でしょうか?多くの場合は心の平穏や尊敬、愛でしょう。BJ・ミラーはホスピスの医師で、患者の尊厳に満ちた優美な人生の終わりを創り出す方法について深く考えています。ぜひ時間をとって、死や名誉ある人生についてどう考えるかという大きな問いを投げかけるこのトークを味わってください。
ナディン・バーク・ハリス: いかに子供時代のトラウマが生涯に渡る健康に影響を与えるのか
子供の頃のトラウマは、単に成長するにつれて回復するようなものではありません。小児科医であるナディン・バーク・ハリスは、こう説明しています。繰り返し行われる虐待やネグレクトのストレス、親の精神疾患の苦しみや薬物中毒の問題は、脳の発達にとって、現実的で確実な影響を持っていると。非常に深刻なトラウマを経験した人たちへの影響は、生涯に渡り、肺癌や心臓疾患のリスクが、通常の3倍あるという事が明らかにされています...
リアナ・ウェン: 医師が開示しようとしないこと
あなたの担当医が、製薬企業の雇われスポークスマンかどうか知りたいと思いませんか?それとも、あなたが施してもらいたい治療法と矛盾する信念を医師が持っているでしょうか?現在、少なくともアメリカでは、医師は単にそれを言う必要がありません。内科医リアナ・ウェンは、同僚の医師にそれをオープンにしようと言いました。すると・・・大混乱が起こったのです。
デブラ・ジャービス: ええ、私は癌を克服しましたが、この体験で私という人間を決めつけないで
デブラ・ジャービスは、病院のチャプレン(聖職者)として30年近く働いたところで、癌と診断されました。そして彼女は患者として非常に多くのことを学んだのです。機知に富んだ大胆なトークの中で彼女は、「癌を克服した人」というアイデンティティが、いかに生気のないものに感じられるかを述べています。彼女は私たち皆に、自分自身の最も過酷な体験について語り、自らを成長させようと呼びかけています。
ゲイル・リード: 世界の医師たちを訓練するにはどこがいい?それはキューバ
大きな問題には、大きな解決策が必要です。大きなアイデアや想像力、そして大胆さも。医師を最も必要とする地域社会で働けるように、世界の医師達を育成する「費用のかからない大きな解決策」ハバナのラテンアメリカ医科大学を、ジャーナリストであるゲイル・リードが紹介するトークです。
マシュー・オライリー: 「私は死ぬのでしょうか?」真実を答える
マシュー・オライリーは、ニューヨークのロングアイランドで活躍しているベテラン救命救急医療技術者です。ここでは、重傷を負った患者が彼に「私は死ぬのでしょうか?」と質問を投げかけた後、どうなるのかということについて語っています。
リシ・マンチャンダ: 病気の上流を診る医療
リシ・マンチャンダは、ロサンゼルス中南部で10年に渡り医師として働き、彼の仕事は患者の症状を治療するだけで無く、病気の根本原因を突き止める事だと気づきました。これら「上流で起こる」要因は、例えば栄養価に乏しい食事、過酷な仕事、新鮮な空気の不足等です。このトークで、彼は医師達に、診察室の外の患者達の生活にまず目を向けるように呼びかけます。
ポーラ・ジョンソン: 彼、そして彼女の...ヘルスケア
すべての細胞において、性の違いが存在します。これは男女間は細胞レベルにおいて異なるということを意味しています。しかし、往々にして研究、あるいは医療の現場では、この本質が見過ごされてきました。両性で病気や治療のはたらき方に大きな違いがあることについてもです。パイオニアとしてポーラ・ジョンソン博士は全員をひとまとめとして扱うことは女性の健康を運まかせにすることなのだと述べています。このことについてもう一度...
アマンダ・ベネット: 死に向かう勇敢な物語
アマンダ・ベネットと彼女の夫は、人生を共に情熱的に精一杯に生き、それは癌が彼の命を奪うまで続きました。死にゆく愛する者への愛を込め、ベネット女史は幸ある最後に希望を持つということに、“否認”という診断は正当ではない、その理由を力強く語ります。
エリ・ビア: 最速の救急車はバイク型
若き救急医療技士としてエルサレムの救急車に乗るエリ・ビアは救急車が都会のひどい交通渋滞に巻き込まれ、助けに行くのが遅すぎる事に気がつきました。そこで、彼は救急医療技士のボランティア・チームを結成しました。彼らはいつでも全てを放り出して、自らの足で近所の人命救助へ駆けつけます。今日、United Hatzlah はスマートフォンのアプリや「ambucycle」という乗り物を駆使して救急車が来るまで近くの患者を助けます。平均到着...
ロベルト・ダンジェロ + フランチェスカ・フェデリ: 我が子の病気から学んだ人生の教訓
ロベルト・ダンジェロとフランチェスカ・フェデリは、自分たちの間に生まれた男の子マリオは健康であると思っていました。しかし、生後10日でマリオに周産期脳卒中が見つかりました。左半身の自由が利かないマリオを前に、二人は厳しい疑問に取り組み始めました。マリオは“正常”になるのだろうか?充実した人生を送れるのか?不安に直面した親が、いかにしてその状況を転換させていったか。胸を打つ話です。
エリック・デイシュマン: チームで運営するヘルス・ケア
エリック・デイシュマンは大学生の頃、医師たちから余命2・3年であるという宣告を受けました。今や大昔の話です。新しい診断と後に受けた腎臓移植によって、デイシュマンは自身の経験と専門性を武器に最先端の医療技術スペシャリストに転身しました。治療チームの中心に患者を位置付けるヘルス・ケアを再構築するという大胆なアイディアを紹介します。(TED@Intel にて収録)
エレン・オーエン: 医薬品特許プールで命を救う
新しい医薬品に対する特許を獲得することで医薬品の膨大な開発資金の援助になりますーしかし一方その同じ特許のおかげで薬の価格は跳ね上がり、発展途上国の患者は進んだ治療を受けられません。エレン・オーエンはこの問題に対してこの問題に対するある見事な解決策:医薬品特許プールについて話してくれます。(TEDxチューリッヒ撮影)。
マックス・リトル: 電話で行うパーキンソン病のテスト
パーキンソン病による衰弱や震えに苦しむ人は世界中でに630万人にのぼりますが、早期発見につながる客観的な診断方法はありませんでした。しかし、応用数学者でTEDフェローのマックス・リトルが目下実験中の方法では、電話を使ったわずか30秒のテストで、99%の精度でパーキンソン病を診断できるというのです。
レベッカ・オニー: 私たちの健康を維持する医療システムとは?
レベッカ・オニーは、観客に質問を投げかけます。もし病院の待合室が、毎日の健康習慣を改善する場所だったらどうでしょう?もし医師が、食事や住まい、冬には暖房を処方出来たとしたら?TEDMEDのステージで彼女は、そうした活動を、カレッジ・スポーツチームのようにプロ意識と熱意を持つ学生ボランティア達によって行う組織「ヘルス・リーズ」を紹介します。
ピーター・サウル: 死に方を話し合おう
「死ぬこと自体は変えられないが、『死を占拠』することはできる」というのはピーター・サウル博士の言葉です。終末期医療について希望を明確にすることを勧め、そのきっかけとなる2つの問いかけを提案しています。(TEDxNewy にて収録)
ルシアン・エンゲラン: クラウドソーシングによる健康管理
スマートフォンで最寄りのATM は見つけられますがAEDはどうでしょう? TEDxMaastricht でルシアン・エンゲランが最寄りのAEDをクラウドで探せるようにしたりする、命を救うネットワーク技術の新しいアイデアを紹介します。
エイブラハム・バルギーズ: 医師の手が持つ力
近代医療は、人の手が持つ力という、昔からある強力なツールを失いつつあります。医師であり作家でもあるエイブラハム・バルギーズは、患者がもはやパソコン上のデータに過ぎなくなった現代社会の奇妙さを描き、昔ながらの一対一の診察への回帰を呼びかけます。
リチャード・レズニック: ゲノム革命の時代へようこそ
TEDxBostonで行われたこのわかりやすいスピーチの中で、リチャード・レズニックが、どれほど安価に、そして速く、ゲノムの配列解析が健康管理(そして保険や政治)を激変させようとしているのかを語ります。
デイブ・デブロンカート: e-患者・デイブにこんにちは。
デイブ・デブロンカートさんが末期がんを告知された時、彼はネット上で患者たちのコミュニティーに参加し、彼の主治医たちも知らなかった治療法についての情報を得ることができました。そして、なんとこの治療法こそが彼の命を救ったのです。この経験を機に、彼は、患者同士の交流、患者自身が自分の医療データをきちんと把握することの重要さ、そして、e-患者一人ひとりへの医療の改善を促しています。
トーマス・ゲッツ: 医療データ、再設計の時だ
皆さんのカルテ。入手が難しく、読みづらい。健康に繋がる情報がたくさん含まれている、理解できたらの話だが。TEDMEDでトーマス・ゲッツは医療データを顕微鏡に当て、果敢に再設計を呼びかけ、理解を深めようと試みる。
キム・ゴーゴンズ: 脳震盪を防ぐための脳の保護術
神経心理学者のキム・ゴーゴンズが、子供達のヘルメット着用を強調する話口で、脳震盪の危険性に対抗する脳の保護術を享受します。
ディーン・ケーメン: 発明の裏にある感情
戦場で腕や脚を失った兵士は、日々われわれの想像を超える困難に直面しています。素晴らしい義肢をデザインすることによって彼らに生活を取り戻させようと取り組むきっかけとなった素晴らしい人々との出会いについて、TEDMEDの場でディーン・ケーメンが語っています。
エリック・ディシュマン: 医療をメインフレームから取り外そう
TEDMEDでエリック・ディシュマンが大胆な発言をします:米国医療システムは病院、医師、老人ホームなどからなる巨大中央システムによって縛られ、まるで1959年頃のコンピューティングのような状態に陥っているのです。高齢化が進む今、全ての人が利用できる、より個人的であり、かつ周囲の機関とのつながりがしっかりしていて、家庭を基盤とした医療管理に注目することが重要だと彼は力説します。
マーク・ロス: 高まる仮死状態の現実性
マーク・ロスの研究は「仮死状態」すなわち生命体の活動を一旦停止させたあと再び復活させる技術です。現実離れしたアイデアである一方、仮死状態はサイエンス・フィクションではありません。通常は有毒とされるガスを注意深く利用して人を仮死状態にさせることにより、負傷者や心臓発作患者が治療を受けられるまで時間を稼ぐのに役立つ可能性があるのです。
エリク・トポル: 無線通信を使うこれからの医療
エリク・トポルは、近いうちにスマートフォンを使って生命徴候や慢性疾患を確認するようになると説き、TEDMEDではこれからの医療で特に役立つ無線通信機器をいくつか紹介しています。これらの機器を使えば、病院のベッドで寝なくてすむ人がもっと増えるでしょう。
ジェイミー・ヘイウッド: 弟が命を吹き込んだ大計画
ジェイミー・ヘイウッドの弟はALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断され、ジェイミー自身も弟の闘病生活に力を注ぐことになった。ヘイウッド兄弟は精巧なウェブサイトを立ち上げ、患者が病状を共有し、経過を追うことができるようにしたのである。収集されたデータが、患者を癒し、病状を説明し、予測するのにどれだけ大きな威力を発揮するか二人は知ることになる。
ジェーン・チェン: 命を救う暖かい抱擁
発展途上国では、コストと距離のために保育器の使用は限られており、そのため毎年何百万という未熟児が死んでいきます。TED仲間のジェーン・チェンがそういう何百万という赤ちゃんを暖かく保てる発明を披露します。それは安全で、携帯可能で、安価で、命を救うデザインです。
ビル・ダベンホール: 健康はあなたの住む場所次第
あなたの住む場所は遺伝や食習慣と同じようにあなたの健康に大きな影響を与えます。しかしそれはカルテには載っていません。TEDMEDでビル・ダベンホールは地理データ(心臓発作レートから有害廃棄物の情報まで)がどのように携帯電話のGPSと組み合わさり、医者たちにその情報を与えれるかを説明します。それを“地理医学”と呼びます。
マーク・コスカ: 注射器を再発明する130万の理由
毎年130万人が、運営資金の少ないクリニックでよく見かける注射器の再使用で犠牲になっています。マーク・コスカは、事実、写真、隠しカメラで捉えた映像と共に、この世界的な問題を伝え、再使用出来ない低コストの注射器を紹介します。
ジョッシュ・シルバー: 度数調製型液体レンズ眼鏡のデモ
ジョッシュ・シルバーが出来るだけ低コストで視力矯正を可能にするためのシンプルな解決方法を紹介します。自分で度数調製できる液体レンズの眼鏡です。TEDGlobal 2009では、その低価格な眼鏡を調製して見せ、2020年までに10億人に流通させるという国際的なプランを発表します。
メアリー・バセット: 医者が社会正義を求めるべき理由
13:49
2016/03/17
1980年代、ジンバブエでエイズの大流行を自ら目の当たりにしたメアリー・バセットは、この恐ろしいウィルスに対する、現地の人々の教育や治療を目的とした、診療所の立ち上げに貢献しました。しかし今、当時を振り返り、真の問題 ― 社会的弱者をさらに弱い立場に追い込み、世界の政治的・経済的な仕組みに根を下ろす、構造的な不平等に警鐘を鳴らさなかったことを後悔している、と語ります。同じ構造的問題が存在する今日のアメリカで、ニューヨーク市保健局長を務めるバセットは、あらゆる機会を利用し、医療の平等への支持を求め、人種差別反対を唱えています。変革を呼びかけるためには、答えをすべて知っている必要はありません。ただ、勇気が要るだけなのです。
BJ・ミラー: 人生を終えるとき本当に大切なこと
19:07
2015/09/30
人生の終わりに、私たちが最も強く願うことは何でしょうか?多くの場合は心の平穏や尊敬、愛でしょう。BJ・ミラーはホスピスの医師で、患者の尊厳に満ちた優美な人生の終わりを創り出す方法について深く考えています。ぜひ時間をとって、死や名誉ある人生についてどう考えるかという大きな問いを投げかけるこのトークを味わってください。
ナディン・バーク・ハリス: いかに子供時代のトラウマが生涯に渡る健康に影響を与えるのか
16:02
2015/02/17
子供の頃のトラウマは、単に成長するにつれて回復するようなものではありません。小児科医であるナディン・バーク・ハリスは、こう説明しています。繰り返し行われる虐待やネグレクトのストレス、親の精神疾患の苦しみや薬物中毒の問題は、脳の発達にとって、現実的で確実な影響を持っていると。非常に深刻なトラウマを経験した人たちへの影響は、生涯に渡り、肺癌や心臓疾患のリスクが、通常の3倍あるという事が明らかにされています。このトークは、トラウマの予防と治療に、妥協せずに立ち向かう、小児科医療に対するの熱のこもった嘆願です。
リアナ・ウェン: 医師が開示しようとしないこと
15:46
2014/11/13
あなたの担当医が、製薬企業の雇われスポークスマンかどうか知りたいと思いませんか?それとも、あなたが施してもらいたい治療法と矛盾する信念を医師が持っているでしょうか?現在、少なくともアメリカでは、医師は単にそれを言う必要がありません。内科医リアナ・ウェンは、同僚の医師にそれをオープンにしようと言いました。すると・・・大混乱が起こったのです。
デブラ・ジャービス: ええ、私は癌を克服しましたが、この体験で私という人間を決めつけないで
16:13
2014/10/30
デブラ・ジャービスは、病院のチャプレン(聖職者)として30年近く働いたところで、癌と診断されました。そして彼女は患者として非常に多くのことを学んだのです。機知に富んだ大胆なトークの中で彼女は、「癌を克服した人」というアイデンティティが、いかに生気のないものに感じられるかを述べています。彼女は私たち皆に、自分自身の最も過酷な体験について語り、自らを成長させようと呼びかけています。
ゲイル・リード: 世界の医師たちを訓練するにはどこがいい?それはキューバ
17:12
2014/10/01
大きな問題には、大きな解決策が必要です。大きなアイデアや想像力、そして大胆さも。医師を最も必要とする地域社会で働けるように、世界の医師達を育成する「費用のかからない大きな解決策」ハバナのラテンアメリカ医科大学を、ジャーナリストであるゲイル・リードが紹介するトークです。
マシュー・オライリー: 「私は死ぬのでしょうか?」真実を答える
05:37
2014/09/25
マシュー・オライリーは、ニューヨークのロングアイランドで活躍しているベテラン救命救急医療技術者です。ここでは、重傷を負った患者が彼に「私は死ぬのでしょうか?」と質問を投げかけた後、どうなるのかということについて語っています。
リシ・マンチャンダ: 病気の上流を診る医療
18:17
2014/09/15
リシ・マンチャンダは、ロサンゼルス中南部で10年に渡り医師として働き、彼の仕事は患者の症状を治療するだけで無く、病気の根本原因を突き止める事だと気づきました。これら「上流で起こる」要因は、例えば栄養価に乏しい食事、過酷な仕事、新鮮な空気の不足等です。このトークで、彼は医師達に、診察室の外の患者達の生活にまず目を向けるように呼びかけます。
ポーラ・ジョンソン: 彼、そして彼女の...ヘルスケア
14:42
2014/01/22
すべての細胞において、性の違いが存在します。これは男女間は細胞レベルにおいて異なるということを意味しています。しかし、往々にして研究、あるいは医療の現場では、この本質が見過ごされてきました。両性で病気や治療のはたらき方に大きな違いがあることについてもです。パイオニアとしてポーラ・ジョンソン博士は全員をひとまとめとして扱うことは女性の健康を運まかせにすることなのだと述べています。このことについてもう一度考え直す必要があるでしょう。
アマンダ・ベネット: 死に向かう勇敢な物語
15:25
2013/10/15
アマンダ・ベネットと彼女の夫は、人生を共に情熱的に精一杯に生き、それは癌が彼の命を奪うまで続きました。死にゆく愛する者への愛を込め、ベネット女史は幸ある最後に希望を持つということに、“否認”という診断は正当ではない、その理由を力強く語ります。
エリ・ビア: 最速の救急車はバイク型
10:45
2013/07/30
若き救急医療技士としてエルサレムの救急車に乗るエリ・ビアは救急車が都会のひどい交通渋滞に巻き込まれ、助けに行くのが遅すぎる事に気がつきました。そこで、彼は救急医療技士のボランティア・チームを結成しました。彼らはいつでも全てを放り出して、自らの足で近所の人命救助へ駆けつけます。今日、United Hatzlah はスマートフォンのアプリや「ambucycle」という乗り物を駆使して救急車が来るまで近くの患者を助けます。平均到着時間は3分で、昨年イスラエルでは207,000人もの人を救いました。そして今、そのアイデアは世界的なものとなっています。
ロベルト・ダンジェロ + フランチェスカ・フェデリ: 我が子の病気から学んだ人生の教訓
06:18
2013/07/24
ロベルト・ダンジェロとフランチェスカ・フェデリは、自分たちの間に生まれた男の子マリオは健康であると思っていました。しかし、生後10日でマリオに周産期脳卒中が見つかりました。左半身の自由が利かないマリオを前に、二人は厳しい疑問に取り組み始めました。マリオは“正常”になるのだろうか?充実した人生を送れるのか?不安に直面した親が、いかにしてその状況を転換させていったか。胸を打つ話です。
エリック・デイシュマン: チームで運営するヘルス・ケア
16:00
2013/04/11
エリック・デイシュマンは大学生の頃、医師たちから余命2・3年であるという宣告を受けました。今や大昔の話です。新しい診断と後に受けた腎臓移植によって、デイシュマンは自身の経験と専門性を武器に最先端の医療技術スペシャリストに転身しました。治療チームの中心に患者を位置付けるヘルス・ケアを再構築するという大胆なアイディアを紹介します。(TED@Intel にて収録)
エレン・オーエン: 医薬品特許プールで命を救う
11:17
2012/12/10
新しい医薬品に対する特許を獲得することで医薬品の膨大な開発資金の援助になりますーしかし一方その同じ特許のおかげで薬の価格は跳ね上がり、発展途上国の患者は進んだ治療を受けられません。エレン・オーエンはこの問題に対してこの問題に対するある見事な解決策:医薬品特許プールについて話してくれます。(TEDxチューリッヒ撮影)。
マックス・リトル: 電話で行うパーキンソン病のテスト
06:04
2012/08/07
パーキンソン病による衰弱や震えに苦しむ人は世界中でに630万人にのぼりますが、早期発見につながる客観的な診断方法はありませんでした。しかし、応用数学者でTEDフェローのマックス・リトルが目下実験中の方法では、電話を使ったわずか30秒のテストで、99%の精度でパーキンソン病を診断できるというのです。
レベッカ・オニー: 私たちの健康を維持する医療システムとは?
16:34
2012/06/12
レベッカ・オニーは、観客に質問を投げかけます。もし病院の待合室が、毎日の健康習慣を改善する場所だったらどうでしょう?もし医師が、食事や住まい、冬には暖房を処方出来たとしたら?TEDMEDのステージで彼女は、そうした活動を、カレッジ・スポーツチームのようにプロ意識と熱意を持つ学生ボランティア達によって行う組織「ヘルス・リーズ」を紹介します。
ピーター・サウル: 死に方を話し合おう
13:20
2012/03/25
「死ぬこと自体は変えられないが、『死を占拠』することはできる」というのはピーター・サウル博士の言葉です。終末期医療について希望を明確にすることを勧め、そのきっかけとなる2つの問いかけを提案しています。(TEDxNewy にて収録)
ルシアン・エンゲラン: クラウドソーシングによる健康管理
06:13
2012/02/15
スマートフォンで最寄りのATM は見つけられますがAEDはどうでしょう? TEDxMaastricht でルシアン・エンゲランが最寄りのAEDをクラウドで探せるようにしたりする、命を救うネットワーク技術の新しいアイデアを紹介します。
エイブラハム・バルギーズ: 医師の手が持つ力
18:33
2011/09/26
近代医療は、人の手が持つ力という、昔からある強力なツールを失いつつあります。医師であり作家でもあるエイブラハム・バルギーズは、患者がもはやパソコン上のデータに過ぎなくなった現代社会の奇妙さを描き、昔ながらの一対一の診察への回帰を呼びかけます。
リチャード・レズニック: ゲノム革命の時代へようこそ
11:03
2011/09/15
TEDxBostonで行われたこのわかりやすいスピーチの中で、リチャード・レズニックが、どれほど安価に、そして速く、ゲノムの配列解析が健康管理(そして保険や政治)を激変させようとしているのかを語ります。
デイブ・デブロンカート: e-患者・デイブにこんにちは。
16:31
2011/07/01
デイブ・デブロンカートさんが末期がんを告知された時、彼はネット上で患者たちのコミュニティーに参加し、彼の主治医たちも知らなかった治療法についての情報を得ることができました。そして、なんとこの治療法こそが彼の命を救ったのです。この経験を機に、彼は、患者同士の交流、患者自身が自分の医療データをきちんと把握することの重要さ、そして、e-患者一人ひとりへの医療の改善を促しています。
トーマス・ゲッツ: 医療データ、再設計の時だ
16:34
2011/01/27
皆さんのカルテ。入手が難しく、読みづらい。健康に繋がる情報がたくさん含まれている、理解できたらの話だが。TEDMEDでトーマス・ゲッツは医療データを顕微鏡に当て、果敢に再設計を呼びかけ、理解を深めようと試みる。
キム・ゴーゴンズ: 脳震盪を防ぐための脳の保護術
09:22
2010/11/22
神経心理学者のキム・ゴーゴンズが、子供達のヘルメット着用を強調する話口で、脳震盪の危険性に対抗する脳の保護術を享受します。
ディーン・ケーメン: 発明の裏にある感情
19:33
2010/04/06
戦場で腕や脚を失った兵士は、日々われわれの想像を超える困難に直面しています。素晴らしい義肢をデザインすることによって彼らに生活を取り戻させようと取り組むきっかけとなった素晴らしい人々との出会いについて、TEDMEDの場でディーン・ケーメンが語っています。
エリック・ディシュマン: 医療をメインフレームから取り外そう
16:42
2010/03/16
TEDMEDでエリック・ディシュマンが大胆な発言をします:米国医療システムは病院、医師、老人ホームなどからなる巨大中央システムによって縛られ、まるで1959年頃のコンピューティングのような状態に陥っているのです。高齢化が進む今、全ての人が利用できる、より個人的であり、かつ周囲の機関とのつながりがしっかりしていて、家庭を基盤とした医療管理に注目することが重要だと彼は力説します。
マーク・ロス: 高まる仮死状態の現実性
18:42
2010/03/15
マーク・ロスの研究は「仮死状態」すなわち生命体の活動を一旦停止させたあと再び復活させる技術です。現実離れしたアイデアである一方、仮死状態はサイエンス・フィクションではありません。通常は有毒とされるガスを注意深く利用して人を仮死状態にさせることにより、負傷者や心臓発作患者が治療を受けられるまで時間を稼ぐのに役立つ可能性があるのです。
エリク・トポル: 無線通信を使うこれからの医療
16:59
2010/02/23
エリク・トポルは、近いうちにスマートフォンを使って生命徴候や慢性疾患を確認するようになると説き、TEDMEDではこれからの医療で特に役立つ無線通信機器をいくつか紹介しています。これらの機器を使えば、病院のベッドで寝なくてすむ人がもっと増えるでしょう。
ジェイミー・ヘイウッド: 弟が命を吹き込んだ大計画
16:55
2010/02/02
ジェイミー・ヘイウッドの弟はALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断され、ジェイミー自身も弟の闘病生活に力を注ぐことになった。ヘイウッド兄弟は精巧なウェブサイトを立ち上げ、患者が病状を共有し、経過を追うことができるようにしたのである。収集されたデータが、患者を癒し、病状を説明し、予測するのにどれだけ大きな威力を発揮するか二人は知ることになる。
ジェーン・チェン: 命を救う暖かい抱擁
07:19
2010/01/28
発展途上国では、コストと距離のために保育器の使用は限られており、そのため毎年何百万という未熟児が死んでいきます。TED仲間のジェーン・チェンがそういう何百万という赤ちゃんを暖かく保てる発明を披露します。それは安全で、携帯可能で、安価で、命を救うデザインです。
ビル・ダベンホール: 健康はあなたの住む場所次第
09:26
2010/01/25
あなたの住む場所は遺伝や食習慣と同じようにあなたの健康に大きな影響を与えます。しかしそれはカルテには載っていません。TEDMEDでビル・ダベンホールは地理データ(心臓発作レートから有害廃棄物の情報まで)がどのように携帯電話のGPSと組み合わさり、医者たちにその情報を与えれるかを説明します。それを“地理医学”と呼びます。
マーク・コスカ: 注射器を再発明する130万の理由
06:44
2009/10/22
毎年130万人が、運営資金の少ないクリニックでよく見かける注射器の再使用で犠牲になっています。マーク・コスカは、事実、写真、隠しカメラで捉えた映像と共に、この世界的な問題を伝え、再使用出来ない低コストの注射器を紹介します。
ジョッシュ・シルバー: 度数調製型液体レンズ眼鏡のデモ
07:35
2009/09/01
ジョッシュ・シルバーが出来るだけ低コストで視力矯正を可能にするためのシンプルな解決方法を紹介します。自分で度数調製できる液体レンズの眼鏡です。TEDGlobal 2009では、その低価格な眼鏡を調製して見せ、2020年までに10億人に流通させるという国際的なプランを発表します。