TED日本語 - キム・ゴーゴンズ: 脳震盪を防ぐための脳の保護術

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - キム・ゴーゴンズ: 脳震盪を防ぐための脳の保護術

TED Talks

脳震盪を防ぐための脳の保護術
Protecting the brain against concussion
キム・ゴーゴンズ
Kim Gorgens

内容

神経心理学者のキム・ゴーゴンズが、子供達のヘルメット着用を強調する話口で、脳震盪の危険性に対抗する脳の保護術を享受します。

Script

So, a funny thing happened on my way to becoming a brilliant, world-class neuropsychologist: I had a baby. And that's not to say I ever went on to become a brilliant, world-class neuropsychologist. Sorry, TED. But I did go on to be a reasonably astute, arguably world-class worrier. One of my girlfriends in graduate school, Marie, said, "Kim, I figured it out. It's not that you're more neurotic than everyone else; it's just that you're more honest about how neurotic you are."

So in the spirit of full disclosure, I brought some pictures to share. Awwww. I'll just say, July. (Laughter) Zzzzzzip for safety. Water wings -- an inch of water. And then, finally, all suited up for the 90-minute drive to Copper Mountain. So you can get kind of a feel for this. So my baby, Vander, is eight years old now. And, despite being cursed with my athletic inability, he plays soccer. He's interested in playing football. He wants to learn how to ride a unicycle.

So why would I worry? Because this is what I do. This is what I teach. It's what I study. It's what I treat. And I know that kids get concussed every year. In fact, more than four million people sustain a concussion every year, and these data are just among kids under 14 who were seen in emergency rooms. And so when kids sustain a concussion, we talk about them getting dinged or getting their bell rung, but what is it that we're really talking about? Let's take a look.

All right. "Starsky and Hutch," arguably, yes. So a car accident. Forty miles an hour into a fixed barrier -- 35 Gs. A heavy weight boxer punches you straight in the face -- 58 Gs. In case you missed it, we'll look again. So look to the right-hand side of the screen. What would you say? How many Gs? Close. Seventy-two. Would it be crazy to know,103 Gs. The average concussive impact is 95 Gs. Now, when the kid on the right doesn't get up, we know they've had a concussion.

But how about the kid on the left, or the athlete that leaves the field of play? How do we know if he or she has sustained a concussion? How do we know that legislation that would require that they be pulled from play, cleared for return to play, applies to them? The definition of concussion doesn't actually require a loss of consciousness. It requires only a change in consciousness, and that can be any one of a number of symptoms, including feeling foggy, feeling dizzy, hearing a ringing in your ear, being more impulsive or hostile than usual.

So given all of that and given how darn neurotic I am, how do I get any sleep at all? Because I know our brains are resilient. They're designed to recover from an injury. If, God forbid, any of us left here tonight and sustained a concussion, most of us would go on to fully recover inside of a couple hours to a couple of weeks. But kids are more vulnerable to brain injury. In fact, high school athletes are three times more likely to sustain catastrophic injuries relative even to their college-age peers, and it takes them longer to return to a symptom-free baseline. After that first injury, their risk for second injury is exponentially greater. From there, their risk for a third injury, greater still, and so on.

And here's the really alarming part: we don't fully understand the long-term impact of multiple injuries. You guys may be familiar with this research that's coming out of the NFL. In a nutshell, this research suggests that among retired NFL players with three or more career concussions, the incidents of early-onset dementing disease is much greater than it is for the general population. So you've all seen that -- New York Times, you've seen it. What you may not be familiar with is that this research was spearheaded by NFL wives who said, "Isn't it weird that my 46-year-old husband is forever losing his keys? Isn't it weird that my 47-year-old husband is forever losing the car? Isn't it weird that my 48-year-old husband is forever losing his way home in the car, from the driveway?" So I may have forgotten to mention that my son is an only child. So it's going to be really important that he be able to drive me around some day.

So how do we guarantee the safety of our kids? How can we 100 percent guarantee the safety of our kids? Let me tell you what I've come up with. (Laughter) If only. My little boy's right there, and he's like, "She's not kidding. She's totally not kidding." So in all seriousness, should my kid play football? Should your kid play football? I don't know. But I do know there are three things you can do. The first: study up. You have to be familiar with the issues we're talking about today. There are some great resources out there.

The CDC has a program, Heads Up. It's at CDC.gov. Heads Up is specific to concussion in kids. The second is a resource I'm personally really proud of. We've just rolled this out in the last couple months -- CO Kids With Brain Injury. This is a great resource for student athletes, teachers, parents, professionals, athletic and coaching staff. It's a great place to start if you have questions. The second thing is: speak up. Just two weeks ago, a bill introduced by Senator Kefalas that would have required athletes, kids under 18, to wear a helmet when they're riding their bike died in committee. It died in large part because it lacked constituent buy-in; it lacked stakeholder traction. Now I'm not here to tell you what kind of legislation you should or shouldn't support, but I am going to tell you that, if it matters to you, your legislators need to know that.

Speak up also with coaching staff. Ask about what kind of protective equipment is available. What's the budget for protective equipment? How old it is? Maybe offer to spearhead a fundraiser to buy new gear -- which brings us to suit up. Wear a helmet. The only way to prevent a bad outcome is to prevent that first injury from happening. Recently,one of my graduate students, Tom said, "Kim, I've decided to wear a bike helmet on my way to class." And Tom knows that that little bit of foam in a bike helmet can reduce the G-force of impact by half. Now I thought that it was because I have this totally compelling helmet crusade, right, this epiphany of Tom's. As it turns out, it occurred to Tom that a $ 20 helmet is a good way to protect a $ 100,000 graduate education.

(Laughter)

So, should Vander play football? I can't say no, but I can guarantee that every time he leaves the house that kid's wearing a helmet -- like to the car, or at school. So whether athlete, scholar, over-protected kid, neurotic mom, or otherwise, here's my baby, Vander, reminding you to mind your matter.

Thank you.

(Applause)

私が素晴らしい世界クラスの 神経心理学者になる過程で 面白いことが起こりました 子供が産まれたのです でもこれは素晴らしい 世界クラスの神経心理学者に なった理由ではありませんよ TED ごめん しかし かなり抜け目のない 正真正銘の心配性になりました 大学院の友達 マリーは言いました 「キム わかったよ 君が皆より神経症なんじゃなくてね 君は自分の神経症に 本当に正直なんだ」

情報開示の精神に基づき 数枚写真をお見せします うー 七月のものとだけ言っておきます (笑) (ファスナーの音) 安全の為にね 両腕に 浮き袋を付けたり 最後はカッパーマウンテンへの 90分のドライブの準備が整った状態です なんとなく感じはわかるでしょ 私の赤ちゃん ヴァンダーは 今8歳です 私の運動音痴という 呪いをはねのけ 彼はサッカーをしています サッカーを楽しんでいますし 一輪車にも興味を示しています

なんで心配してるかって? これが私の仕事 教えていることで これが私の研究と治療法であり 毎年子供達が脳震盪を起こすのを知っているからです 事実 毎年4百万人以上が脳震盪を起こしており これは14歳以下の緊急治療室に 運び込まれた人だけのデータです 子供が脳震盪を起こすと 「火花が散る」「鐘が鳴る」などと言いますが 具体的にはどういうことでしょう? これをみて下さい

「刑事スタスキー&ハッチ」です 当にその通り 車両事故もそうですが 静止物に時速64kmの自動車が 衝突した際の衝撃は35Gです ヘビー級ボクサーのパンチが 顔面に直撃すると 58Gです 念のためもう一度見てみましょう スクリーン右側に注意してください どうでしょう? 衝撃力はどれほどでしょう? 惜しい 72 なんと103G とんでもないことになります 脳震盪を起こすには 大抵95Gが必要です 右側の少年は起き上がらないことから 脳震盪を起こしたと理解できます

左の少年 またはフィールドを 離れたアスリートはどうでしょうか? 脳震盪を起こしていたか どうすれば分かるのでしょうか? プレイ中止で退場になったり プレイに復帰する際のルールが 適用されるかどうか どうすれば分かるのでしょうか? 意識不明にならずとも 脳震盪であることはありえます ぼんやりする くらくらする 耳鳴りがする 通常よりも 衝動的になる 好戦的になるなどの 症状と意識の変化が その条件として挙げられます

これらと私の心配性が合併したら 寝付くことができないなんて? 私は脳に回復力があることを 知っているから大丈夫です 脳は負傷から 回復する仕組みを持っています ない方がいいですが 仮に 誰かが脳震盪を患ったとしたら ほとんどの場合 数時間から 数週間の間で 完治することでしょう しかし 子供の脳はもっと繊細です 高校生アスリートは大学生と比べて 死に至るような損傷を 被る確率が 実際3倍も高い上に 症状を脱するのに 長い時間を要します 一回損傷を負うと 二度目の損傷を負う 危険率も急増します 更に 三度目以降の 危険性も増加していきます

ここからは特に注意すべき話です 長期に渡り蓄積する 損傷の影響は完璧には理解されていません このNFLでの研究を ご存知の方もおられるでしょう 簡単に言うと この研究によると 3回かそれ以上脳震盪を 経験して引退したNFL選手は 一般の人との比較では 若年性痴呆症が 現れる可能性が非常に高くなるそうです ニューヨークタイムズは読まれたことがありますよね 馴染みのないだろう点は この研究を広めたのは 元NFL選手の妻の発言です 「46歳の夫がいつも鍵を失くすのは 変じゃないかしら? 47歳の夫がいつも 車を見失うなんて変じゃない? 48歳の夫が私有地で 駐車場から家までが 分からなくなるなんて変じゃない?」 言い忘れていたかもしれませんが 私の息子は一人っ子なんです ですから彼が私の代わりに 運転できることは将来重要になるでしょう

子供達の安全確保はどうすればいいでしょう? どうすれば100%安全を 保障することができるでしょうか? 私の思いついた案を紹介します (笑) こうだったらな 最愛の息子はこんな感じで 「冗談じゃないよ 違うよ」 真面目な話 息子はサッカーをするべきなのか? 皆さんの息子は? わかりません しかし誰でもできることが3つあります まず初めに 学びです 今日話していることについてもっと精通するべきです よい資料もたくさん出回っています

米国疾病予防管理センターの プログラムをCDC.govで確認いただけます Heads Upは子供の脳震盪に的を絞ったものです 二つ目は個人的に誇りに思う情報源についてです ここ数か月で完成させた cokidswithbraininjury.comです 学生アスリート 教師 両親 専門家 コーチにとっても 有益な情報源です 疑問を抱える人は まずここからあたって下さい 第二に話をして下さい 上院のケファラズ氏が導入した 18歳以下の児童が自転車に 載る際にはヘルメットの着用を 義務付けていた法案が ちょうど2週間前に委員会で 失効とされました 大部分で失効した理由は 選挙区民の賛同や 利権者の牽引力を 欠いたからです これは 特定の法案を 支持するしないと言う話ではなく あなたの問題であり 支持する議員が知っている必要があります

コーチ陣とも話をしましょう どんな保護具があるか聞いてください 保護具の費用はいくら? 何年間使われているの? 資金団体を立ち上げて 新しく購入するという手もありですね このことから相応しい案は ヘルメットをかぶることです 最悪の結果を避ける唯一の 方法は第一損傷を防ぐことです 最近 大学院の私の生徒の一人 トムが言いました 「キム先生 おれ学校行くとき 自転車用ヘルメットかぶるよ」 トムはヘルメット内部の衝撃吸収材が 負荷を半減することを理解しています 私はこのヘルメット半強制― キャンペーンが功を奏したと思ったのですが これはトムはひらめきだったのです この20ドルのヘルメットは実は10万ドルの 教育を守る最適な防具だと理解したのです

(笑)

さて ヴァンダーはサッカーをするべき? だめとは言えませんが 言えることは 家を出て車へ向かったり 学校へ行く際には 必ず ヘルメットを 着用させています 運動選手 学者 過保護にされた子供 神経症の母 もしくは 私の赤ちゃん ヴァンダーが 私達の問題であると 思い起こさせてくれるのです

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画