TED日本語 - ポーラ・ジョンソン: 彼、そして彼女の…ヘルスケア

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ポーラ・ジョンソン: 彼、そして彼女の…ヘルスケア

TED Talks

彼、そして彼女の...ヘルスケア
His and hers ... healthcare
ポーラ・ジョンソン
Paula Johnson

内容

すべての細胞において、性の違いが存在します。これは男女間は細胞レベルにおいて異なるということを意味しています。しかし、往々にして研究、あるいは医療の現場では、この本質が見過ごされてきました。両性で病気や治療のはたらき方に大きな違いがあることについてもです。パイオニアとしてポーラ・ジョンソン博士は全員をひとまとめとして扱うことは女性の健康を運まかせにすることなのだと述べています。このことについてもう一度考え直す必要があるでしょう。

Script

Some of my most wonderful memories of childhood are of spending time with my grandmother, Mamar, in our four-family home in Brooklyn, New York. Her apartment was an oasis. It was a place where I could sneak a cup of coffee, which was really warm milk with just a touch of caffeine. She loved life. And although she worked in a factory, she saved her pennies and she traveled to Europe. And I remember poring over those pictures with her and then dancing with her to her favorite music.

And then, when I was eight and she was 60, something changed. She no longer worked or traveled. She no longer danced. There were no more coffee times. My mother missed work and took her to doctors who couldn't make a diagnosis. And my father, who worked at night, would spend every afternoon with her, just to make sure she ate.

Her care became all-consuming for our family. And by the time a diagnosis was made, she was in a deep spiral.

Now many of you will recognize her symptoms. My grandmother had depression. A deep, life-altering depression, from which she never recovered. And back then, so little was known about depression.

But even today,50 years later, there's still so much more to learn. Today, we know that women are 70 percent more likely to experience depression over their lifetimes compared with men. And even with this high prevalence, women are misdiagnosed between 30 and 50 percent of the time.

Now we know that women are more likely to experience the symptoms of fatigue, sleep disturbance, pain and anxiety compared with men. And these symptoms are often overlooked as symptoms of depression.

And it isn't only depression in which these sex differences occur, but they occur across so many diseases.

So it's my grandmother's struggles that have really led me on a lifelong quest. And today, I lead a center in which the mission is to discover why these sex differences occur and to use that knowledge to improve the health of women.

Today, we know that every cell has a sex. Now, that's a term coined by the Institute of Medicine. And what it means is that men and women are different down to the cellular and molecular levels. It means that we're different across all of our organs. From our brains to our hearts, our lungs, our joints.

Now, it was only 20 years ago that we hardly had any data on women's health beyond our reproductive functions. But then in 1993, the NIH Revitalization Act was signed into law. And what this law did was it mandated that women and minorities be included in clinical trials that were funded by the National Institutes of Health. And in many ways, the law has worked. Women are now routinely included in clinical studies, and we've learned that there are major differences in the ways that women and men experience disease. But remarkably, what we have learned about these differences is often overlooked.

So, we have to ask ourselves the question: Why leave women's health to chance? And we're leaving it to chance in two ways. The first is that there is so much more to learn and we're not making the investment in fully understanding the extent of these sex differences. And the second is that we aren't taking what we have learned, and routinely applying it in clinical care. We are just not doing enough.

So, I'm going to share with you three examples of where sex differences have impacted the health of women, and where we need to do more.

Let's start with heart disease. It's the number one killer of women in the United States today. This is the face of heart disease. Linda is a middle-aged woman, who had a stent placed in one of the arteries going to her heart. When she had recurring symptoms she went back to her doctor. Her doctor did the gold standard test: a cardiac catheterization. It showed no blockages. Linda's symptoms continued. She had to stop working. And that's when she found us. When Linda came to us, we did another cardiac catheterization and this time, we found clues. But we needed another test to make the diagnosis. So we did a test called an intracoronary ultrasound, where you use soundwaves to look at the artery from the inside out.

And what we found was that Linda's disease didn't look like the typical male disease. The typical male disease looks like this. There's a discrete blockage or stenosis. Linda's disease, like the disease of so many women, looks like this. The plaque is laid down more evenly, more diffusely along the artery, and it's harder to see. So for Linda, and for so many women, the gold standard test wasn't gold.

Now, Linda received the right treatment. She went back to her life and, fortunately, today she is doing well. But Linda was lucky. She found us, we found her disease.

But for too many women, that's not the case. We have the tools. We have the technology to make the diagnosis. But it's all too often that these sex diffferences are overlooked.

So what about treatment? A landmark study that was published two years ago asked the very important question: What are the most effective treatments for heart disease in women? The authors looked at papers written over a 10-year period, and hundreds had to be thrown out. And what they found out was that of those that were tossed out,65 percent were excluded because even though women were included in the studies, the analysis didn't differentiate between women and men. What a lost opportunity. The money had been spent and we didn't learn how women fared. And these studies could not contribute one iota to the very, very important question, what are the most effective treatments for heart disease in women?

I want to introduce you to Hortense, my godmother, Hung Wei, a relative of a colleague, and somebody you may recognize -- Dana, Christopher Reeve's wife. All three women have something very important in common. All three were diagnosed with lung cancer, the number one cancer killer of women in the United States today. All three were nonsmokers. Sadly, Dana and Hung Wei died of their disease. Today, what we know is that women who are nonsmokers are three times more likely to be diagnosed with lung cancer than are men who are nonsmokers. Now interestingly, when women are diagnosed with lung cancer, their survival tends to be better than that of men. Now, here are some clues. Our investigators have found that there are certain genes in the lung tumor cells of both women and men. And these genes are activated mainly by estrogen. And when these genes are over-expressed, it's associated with improved survival only in young women. Now this is a very early finding and we don't yet know whether it has relevance to clinical care. But it's findings like this that may provide hope and may provide an opportunity to save lives of both women and men.

Now, let me share with you an example of when we do consider sex differences, it can drive the science. Several years ago a new lung cancer drug was being evaluated, and when the authors looked at whose tumors shrank, they found that 82 percent were women. This led them to ask the question: Well, why? And what they found was that the genetic mutations that the drug targeted were far more common in women. And what this has led to is a more personalized approach to the treatment of lung cancer that also includes sex.

This is what we can accomplish when we don't leave women's health to chance. We know that when you invest in research, you get results. Take a look at the death rate from breast cancer over time. And now take a look at the death rates from lung cancer in women over time. Now let's look at the dollars invested in breast cancer -- these are the dollars invested per death -- and the dollars invested in lung cancer. Now, it's clear that our investment in breast cancer has produced results. They may not be fast enough, but it has produced results. We can do the same for lung cancer and for every other disease.

So let's go back to depression. Depression is the number one cause of disability in women in the world today. Our investigators have found that there are differences in the brains of women and men in the areas that are connected with mood. And when you put men and women in a functional MRI scanner -- that's the kind of scanner that shows how the brain is functioning when it's activated -- so you put them in the scanner and you expose them to stress. You can actually see the difference. And it's findings like this that we believe hold some of the clues for why we see these very significant sex differences in depression.

But even though we know that these differences occur,66 percent of the brain research that begins in animals is done in either male animals or animals in whom the sex is not identified.

So, I think we have to ask again the question: Why leave women's health to chance? And this is a question that haunts those of us in science and medicine who believe that we are on the verge of being able to dramatically improve the health of women. We know that every cell has a sex. We know that these differences are often overlooked. And therefore we know that women are not getting the full benefit of modern science and medicine today. We have the tools but we lack the collective will and momentum.

Women's health is an equal rights issue as important as equal pay. And it's an issue of the quality and the integrity of science and medicine. (Applause) So imagine the momentum we could achieve in advancing the health of women if we considered whether these sex differences were present at the very beginning of designing research. Or if we analyzed our data by sex.

So, people often ask me: What can I do? And here's what I suggest: First, I suggest that you think about women's health in the same way that you think and care about other causes that are important to you. And second, and equally as important, that as a woman, you have to ask your doctor and the doctors who are caring for those who you love: Is this disease or treatment different in women? Now, this is a profound question because the answer is likely yes, but your doctor may not know the answer, at least not yet. But if you ask the question, your doctor will very likely go looking for the answer. And this is so important, not only for ourselves, but for all of those whom we love. Whether it be a mother, a daughter, a sister, a friend or a grandmother.

It was my grandmother's suffering that inspired my work to improve the health of women. That's her legacy. Our legacy can be to improve the health of women for this generation and for generations to come.

Thank you. (Applause)

子供の頃の最高の思い出の一つは 祖母のママールと過ごした時のことです ニューヨークのブルックリンで4世代が暮らしていました 祖母の部屋はオアシスでした そこで こっそり コーヒーを飲んだりしました といっても暖めた牛乳にカフェインが 少し入った程度のものでしたが 祖母は心から人生を楽しんでいました 工場勤めではありましたが 節約して ヨーロッパを旅しました 祖母とおびただしい数の写真を眺めたり 祖母のお気に入りの音楽にあわせて 踊ったりもしました

私が8才で祖母が60才の時に 変化が訪れました 祖母は勤めを辞め旅行をしなくなり 踊ることもやめました コーヒータイムもなくなりました 母は勤めを休み祖母を医者に診せました 医者にも原因はわからず 夜勤をしていた父は午後を 祖母の世話に費やしました 食事の世話をしたのです

祖母の介護で家族は疲れ切りました 診断が出た頃には 既に泥沼にはまっていました

さて もう祖母の症状に お気づきの方もいるでしょう 祖母は鬱病だったのです 人生を変えるような重い鬱でした 最後までこの鬱を 克服することができませんでした 当時 鬱病については ほとんど何もわかっていませんでした

50年が経った今日でさえ まだまだわからないことが多いのですが 生涯のうちに女性が 鬱病を発症する可能性は 男性に比べると70パーセントも高い ということが分かっています 発症率はこれほど高くても いまだに女性を診断すると 3割から5割は誤診が起きています

男性に比べると 女性の場合は疲労や睡眠障害 痛み 不安などにさいなまれる 可能性が高いようです これらは往々にして鬱の症状としては 見過ごされがちです

こうした性別の違いは 鬱病に限ったことではなく 数多くの病で生じるものです

祖母の苦しみを目の当たりにして 私は生涯に渡る探求の道に出たのでした 今日 私は女性の健康促進を ミッションに掲げている 施設のリーダーとして 性差が生じる原因究明につとめています そしてそこで得た知識を使って 女性の健康促進に役立てています

今日 米国医学研究所によって " Every cell has a sex " つまり 「全ての細胞には性がある」 ということが分っています それは男と女は細胞レベルや 分子レベルにおいて 異なるということを意味しています 私達は脳、心臓、肺、関節など すべての臓器において違うということです

わずか20年前まで 女性の健康については生殖機能以外に ほとんどデータがありませんでした しかし、1993年にNIH活性化法が 法律として成立しました この法律によって アメリカ国立衛生研究所からの資金で 行われる臨床研究には 女性や少数民族を含むことが義務付けられました この法律はいくつもの形で 良い影響をもたらしました 今では女性が臨床研究の対象に いつも含まれるようになったことで 病気による影響は 男性と女性では 大きく異なることが分かっています しかし 驚くことに こうした違いは往々にして 見過ごされてきました

従って 私達は「なぜ女性の健康を 運に任せておくのか?」と 自分達に問いかけなくてはいけません 私達は二つのやり方で 管理を放棄しています 一つ目は性の違いを 完全に理解するためには 知らねばいけないことが まだ沢山あるのに そこへの十分な投資を 怠ってしまっていることです 二つ目は 今までに発見してきたことを 今の日常の医療現場では 活かせていないことです 私達にはすべきことが まだまだあるのです

今日、性の違いが女性の健康に 影響を及ぼす領域 更には私達がもっと 注力しなければいけない領域を 三つの例でご紹介します

まずは心臓病です 心臓病はアメリカの女性にとって 最大の死因となっています これが心臓病の正体です リンダは中年の女性です 心臓に通じる動脈の一本に ステント治療を受けたことがあります 症状が再発したため 担当医のところを訪れました 担当医は最も適当と考えられる 心臓カテーテル検査を行いました その結果 血栓は見つかりませんでした リンダの症状は止むことがなく 彼女は仕事を 辞めなければいけませんでした このとき 彼女は私達を見つけたんです リンダが最初に来たとき 私達は 再び心臓カテーテル検査をしました すると手がかりが見つかりました ただ 診断を下すには また別の検査を 行う必要がありました 冠動脈内エコーと呼ばれる 超音波を使って 動脈を内側から検査する手法です

そして私達はリンダの病気が 一般的に男性に見られるものと 異なることを特定しました 男性患者に見られる病は このような形状をしています あちらこちらに血栓や狭窄が見られます 一方でリンダの病は 多くの女性に見られるのと同様に このような形をしています 男性に比べ、プラークは動脈に沿って より均等に拡散しています そして 男性の場合よりも 見つけづらいのです つまりは リンダを含めて女性にとっては 最適と思われていた 判断基準が 適切ではなかったんです

リンダはきちんと治療を受けて 幸いに現在は 元気に暮らしています しかし リンダは運が良かっただけです 彼女は私達を見つけ 彼女の病を特定できました

しかし、残念ながら そういう女性は多くありません 私達には診断するためのツールや テクノロジーがあります しかし こうした性による違いは 往々にして 見過ごされてしまっています

治療はどうでしょうか? 二年前に発表された ある画期的な研究により とても重要な問いが提起されました 「女性の心臓疾患にとって 最も有効な治療法は何であるか?」 十年間の研究論文についての調査の中で 何百もの論文を却下しました なんと却下された論文の65パーセントは 女性が研究対象に 含まれているにも関わらず 分析結果を男性と女性に 分けていなかったため 却下されていたのです なんてもったいないことでしょう お金を費やしたのに 女性について知ることができませんでした これらの研究は 「女性の心臓疾患にとって 最も有効な治療法とは?」 という極めて重要な問いへの回答について 貢献することはありませんでした

私の名付け親であるホーテンス 同僚の親戚であるヒュンウェイ そして皆さんご存知かもしれませんが クリストファー・リーヴの妻である ダナについてご紹介します この3人にはあるとても重要な 共通点があります 3人とも肺癌だと診断されました アメリカの女性にとって 肺癌は癌の中でも 一番の死亡原因となっています 3人とも非喫煙者でした 悲しいことにダナとヒュンウェイは この病により亡くなりました 非喫煙者の女性は 非喫煙者の男性に比べて 3倍も肺がんと診断されやすい ということが判明しています しかし興味深いことに 肺癌だと診断された女性の生存率は 男性よりも高いのです 謎解きの鍵があるんです 肺腫瘍細胞には男女を問わず 特定の遺伝子があることに 私達の研究員は気づきました これらの遺伝子は主に エストロゲンによって活性化されます これらの遺伝子が過剰発現したときに、 若い女性にのみ 生存率の増加が見られました これは研究初期の所見であり 治療の現場で活かせるかは まだわかりません しかしこうした発見は人々に希望を与え 更には男性 女性を問わず 人の命を救えるかもしれないのです

次に 性の違いを考えると 科学を前進させられる例を 紹介したいと思います 数年前 肺癌向けの新薬が 調査対象になりました 著者が縮小した腫瘍を調べたとき、 82パーセントが女性だったのです そこで彼らは思いました「なぜだ?」 そして薬が狙っていた 遺伝子変異は女性に圧倒的に 多くみられることがわかりました この発見により 肺癌治療は性の違いを含めて さらに個々人に合わせたアプローチが 可能となりました

これが女性の健康を 運任せにしなかった結果 成し得たことです 研究に投資すれば 結果がついてくることを 私達は知っています 乳癌による死亡率の推移を見てみましょう そして女性の肺癌による死亡率の変動も 見てみましょう 次に乳癌への投資額を見てみましょう このグラフは亡くなった患者 一人当たりの投資額を表しています こちらが肺癌への投資額です 乳癌の研究への投資が 功を成したと言えるでしょう ゆっくりではあるかもしれませんが 確実に成果は出ています 肺癌を含めて その他のどんな疾患にも 同じことができます

鬱病の話に戻りましょう 鬱病は世界的に見て 女性の障害の一番の原因となっています 私達の調査では 脳内の感情と関連する部分において 男女間に違いがあることが 分かっています ファンクショナル MRI と呼ばれる 脳が活性化されたときの動きを 見るための装置に男性と女性を通します そこで彼ら、彼女らにストレスを与えると 違いを実際に見ることができます このような発見こそが 鬱病にこんなにも 大きな性差が生じる原因を 突き止める手掛かりを与えてくれると 私達は信じています

こうした違いがあるのを 知っているにも関わらず 動物の脳の研究では その66パーセントが 雄の個体もしくは 性別が特定されていない個体を 対象に行われています

ですから もう一度あの質問に 立ち戻らなければいけません 「なぜ女性の健康を 運に任せておくのか」と この質問こそが 女性の健康を 大きく改善するための 鍵を握っていると信じている 科学、医療に携わる私達の頭の 片隅から離れません 一つ一つの細胞に性があることは 分かっています これらの違いが往々にして 見過ごされているのを知っています 従って 女性が 現代科学や現代医療の恩恵を 十分に受けていないのを知っています 私達にはツールこそあれど 集団としての意志や勢いが まだまだ足りません

女性の健康は男女間の平等権問題であり 男女同一賃金と同じくらい重要なのです そしてそれは科学や医療の質 更にはそれらの 健全性の問題でもあるのです (拍手) もし私達が研究を始める最初の段階で これらの性の違いが考慮されていたら または性の違いを考慮してデータを分析していたら どれだけ女性の健康を促進できたか 想像してみてください

人々はよく私にこう尋ねます 「私に何ができるの?」と 私の答えはこうです まず 女性の健康を大事に考えてください あなたが気にする他の問題と 同じように大切なことと考えてください そして二つ目も同じくらい大切です 一人の女性として あなたの担当医と あなたの愛する人の担当医に 聞いてください 「この病と その治療法は 男女間で違うんでしょうか?」 これはとても意義のある質問です 大抵は「はい」と答えるでしょうが しかし あなたの医者は まだ答えを知らないかもしれません もしそうでも この質問を きっかけにして 医者は答えを 知ろうとする可能性は高いはずです これは私達自身だけでなく 私達が愛する人にとっても 非常に大切なことなのです 母親、娘、姉妹、友達 そして祖母にとっても 意味のあることです

私を女性の健康促進という 仕事に駆り立てたのは まさに祖母の苦しみでした これは彼女が私に遺してくれた遺産です 今の世代の女性の健康だけでなく 次世代の女性の健康をも改善すること それが私達が未来に 引き継ぐべき遺産なんです

ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画