TED日本語 - ゲイル・リード: 世界の医師たちを訓練するにはどこがいい?それはキューバ

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ゲイル・リード: 世界の医師たちを訓練するにはどこがいい?それはキューバ

TED Talks

世界の医師たちを訓練するにはどこがいい?それはキューバ
Where to train the world's doctors? Cuba.
ゲイル・リード
Gail Reed

内容

大きな問題には、大きな解決策が必要です。大きなアイデアや想像力、そして大胆さも。医師を最も必要とする地域社会で働けるように、世界の医師達を育成する「費用のかからない大きな解決策」ハバナのラテンアメリカ医科大学を、ジャーナリストであるゲイル・リードが紹介するトークです。

Script

I want to tell you how 20,000 remarkable young people from over 100 countries ended up in Cuba and are transforming health in their communities. Ninety percent of them would never have left home at all if it weren't for a scholarship to study medicine in Cuba and a commitment to go back to places like the ones they'd come from -- remote farmlands, mountains, ghettos -- to become doctors for people like themselves, to walk the walk.

Havana's Latin American Medical School: It's the largest medical school in the world, graduating 23,000 young doctors since its first class of 2005, with nearly 10,000 more in the pipeline. Its mission, to train physicians for the people who need them the most: the over one billion who have never seen a doctor, the people who live and die under every poverty line ever invented. Its students defy all norms. They're the school's biggest risk and also its best bet. They're recruited from the poorest, most broken places on our planet by a school that believes they can become not just the good but the excellent physicians their communities desperately need, that they will practice where most doctors don't, in places not only poor but oftentimes dangerous, carrying venom antidotes in their backpacks or navigating neighborhoods riddled by drugs, gangs and bullets, their home ground. The hope is that they will help transform access to care, the health picture in impoverished areas, and even the way medicine itself is learned and practiced, and that they will become pioneers in our global reach for universal health coverage, surely a tall order. Two big storms and this notion of "walk the walk" prompted creation of ELAM back in 1998. The Hurricanes Georges and Mitch had ripped through the Caribbean and Central America, leaving 30,000 dead and two and a half million homeless. Hundreds of Cuban doctors volunteered for disaster response, but when they got there, they found a bigger disaster: whole communities with no healthcare, doors bolted shut on rural hospitals for lack of staff, and just too many babies dying before their first birthday. What would happen when these Cuban doctors left? New doctors were needed to make care sustainable, but where would they come from? Where would they train?

In Havana, the campus of a former naval academy was turned over to the Cuban Health Ministry to become the Latin American Medical School, ELAM. Tuition, room and board, and a small stipend were offered to hundreds of students from the countries hardest hit by the storms. As a journalist in Havana, I watched the first 97 Nicaraguans arrive in March 1999, settling into dorms barely refurbished and helping their professors not only sweep out the classrooms but move in the desks and the chairs and the microscopes. Over the next few years, governments throughout the Americas requested scholarships for their own students, and the Congressional Black Caucus asked for and received hundreds of scholarships for young people from the USA. Today, among the 23,000 are graduates from 83 countries in the Americas, Africa and Asia, and enrollment has grown to 123 nations. More than half the students are young women. They come from 100 ethnic groups, speak 50 different languages. WHO Director Margaret Chan said, "For once, if you are poor, female, or from an indigenous population, you have a distinct advantage, an ethic that makes this medical school unique."

Luther Castillo comes from San Pedro de Tocamacho on the Atlantic coast of Honduras. There's no running water, no electricity there, and to reach the village, you have to walk for hours or take your chances in a pickup truck like I did skirting the waves of the Atlantic. Luther was one of 40 Tocamacho children who started grammar school, the sons and daughters of a black indigenous people known as the Garifuna,20 percent of the Honduran population. The nearest healthcare was fatal miles away. Luther had to walk three hours every day to middle school. Only 17 made that trip. Only five went on to high school, and only one to university: Luther, to ELAM, among the first crop of Garifuna graduates. Just two Garifuna doctors had preceded them in all of Honduran history. Now there are 69, thanks to ELAM.

Big problems need big solutions, sparked by big ideas, imagination and audacity, but also solutions that work. ELAM's faculty had no handy evidence base to guide them, so they learned the hard way, by doing and correcting course as they went. Even the brightest students from these poor communities weren't academically prepared for six years of medical training, so a bridging course was set up in sciences. Then came language: these were Mapuche, Quechuas, Guarani, Garifuna, indigenous peoples who learned Spanish as a second language, or Haitians who spoke Creole. So Spanish became part of the pre-pre-med curriculum. Even so, in Cuba, the music, the food, the smells, just about everything was different, so faculty became family, ELAM home. Religions ranged from indigenous beliefs to Yoruba, Muslim and Christian evangelical. Embracing diversity became a way of life.

Why have so many countries asked for these scholarships? First, they just don't have enough doctors, and where they do, their distribution is skewed against the poor, because our global health crisis is fed by a crisis in human resources. We are short four to seven million health workers just to meet basic needs, and the problem is everywhere. Doctors are concentrated in the cities, where only half the world's people live, and within cities, not in the shantytowns or South L.A. Here in the United States, where we have healthcare reform, we don't have the professionals we need. By 2020, we will be short 45,000 primary care physicians. And we're also part of the problem. The United States is the number one importer of doctors from developing countries.

The second reasons students flock to Cuba is the island's own health report card, relying on strong primary care. A commission from The Lancet rates Cuba among the best performing middle-income countries in health. Save the Children ranks Cuba the best country in Latin America to become a mother. Cuba has similar life expectancy and lower infant mortality than the United States, with fewer disparities, while spending per person one 20th of what we do on health here in the USA.

Academically, ELAM is tough, but 80 percent of its students graduate. The subjects are familiar -- basic and clinical sciences -- but there are major differences. First, training has moved out of the ivory tower and into clinic classrooms and neighborhoods, the kinds of places most of these grads will practice. Sure, they have lectures and hospital rotations too, but community-based learning starts on day one. Second, students treat the whole patient, mind and body, in the context of their families, their communities and their culture. Third, they learn public health: to assess their patients' drinking water, housing, social and economic conditions. Fourth, they are taught that a good patient interview and a thorough clinical exam provide most of the clues for diagnosis, saving costly technology for confirmation. And finally, they're taught over and over again the importance of prevention, especially as chronic diseases cripple health systems worldwide.

Such an in-service learning also comes with a team approach, as much how to work in teams as how to lead them, with a dose of humility. Upon graduation, these doctors share their knowledge with nurse's aids, midwives, community health workers, to help them become better at what they do, not to replace them, to work with shamans and traditional healers.

ELAM's graduates: Are they proving this audacious experiment right? Dozens of projects give us an inkling of what they're capable of doing. Take the Garifuna grads. They not only went to work back home, but they organized their communities to build Honduras' first indigenous hospital. With an architect's help, residents literally raised it from the ground up. The first patients walked through the doors in December 2007, and since then, the hospital has received nearly one million patient visits. And government is paying attention, upholding the hospital as a model of rural public health for Honduras.

ELAM's graduates are smart, strong and also dedicated. Haiti, January 2010. The pain. People buried under 30 million tons of rubble. Overwhelming. Three hundred forty Cuban doctors were already on the ground long term. More were on their way. Many more were needed. At ELAM, students worked round the clock to contact 2,000 graduates. As a result, hundreds arrived in Haiti,27 countries' worth, from Mali in the Sahara to St. Lucia, Bolivia, Chile and the USA. They spoke easily to each other in Spanish and listened to their patients in Creole thanks to Haitian medical students flown in from ELAM in Cuba. Many stayed for months, even through the cholera epidemic.

Hundreds of Haitian graduates had to pick up the pieces, overcome their own heartbreak, and then pick up the burden of building a new public health system for Haiti. Today, with aid of organizations and governments from Norway to Cuba to Brazil, dozens of new health centers have been built, staffed, and in 35 cases, headed by ELAM graduates.

Yet the Haitian story also illustrates some of the bigger problems faced in many countries. Take a look: 748 Haitian graduates by 2012, when cholera struck, nearly half working in the public health sector but one quarter unemployed, and 110 had left Haiti altogether. So in the best case scenarios, these graduates are staffing and thus strengthening public health systems, where often they're the only doctors around. In the worst cases, there are simply not enough jobs in the public health sector, where most poor people are treated, not enough political will, not enough resources, not enough anything -- just too many patients with no care. The grads face pressure from their families too, desperate to make ends meet, so when there are no public sector jobs, these new MDs decamp into private practice, or go abroad to send money home.

Worst of all, in some countries, medical societies influence accreditation bodies not to honor the ELAM degree, fearful these grads will take their jobs or reduce their patient loads and income. It's not a question of competencies. Here in the USA, the California Medical Board accredited the school after rigorous inspection, and the new physicians are making good on Cuba's big bet, passing their boards and accepted into highly respected residencies from New York to Chicago to New Mexico. Two hundred strong, they're coming back to the United States energized, and also dissatisfied. As one grad put it, in Cuba, "We are trained to provide quality care with minimal resources, so when I see all the resources we have here, and you tell me that's not possible, I know it's not true. Not only have I seen it work, I've done the work."

ELAM's graduates, some from right here in D.C. and Baltimore, have come from the poorest of the poor to offer health, education and a voice to their communities. They've done the heavy lifting. Now we need to do our part to support the 23,000 and counting, All of us -- foundations, residency directors, press, entrepreneurs, policymakers, people -- need to step up. We need to do much more globally to give these new doctors the opportunity to prove their mettle. They need to be able to take their countries' licensing exams. They need jobs in the public health sector or in nonprofit health centers to put their training and commitment to work. They need the chance to be the doctors their patients need.

To move forward, we may have to find our way back to that pediatrician who would knock on my family's door on the South Side of Chicago when I was a kid, who made house calls, who was a public servant. These aren't such new ideas of what medicine should be. What's new is the scaling up and the faces of the doctors themselves: an ELAM graduate is more likely to be a she than a he; In the Amazon, Peru or Guatemala, an indigenous doctor; in the USA, a doctor of color who speaks fluent Spanish. She is well trained, can be counted on, and shares the face and culture of her patients, and she deserves our support surely, because whether by subway, mule, or canoe, she is teaching us to walk the walk.

Thank you. (Applause)

聞いて下さい 100カ国以上から来た 2万人の優れた若者達が キューバに辿り着き 彼らのコミュニティーで 医療を改革しています 90%以上の者は国を出たこともなく キューバで医療を学ぶ奨学金を得て 元々来た所へいずれ戻ると心に決め ― そこは田舎の農村や山、そしてゲットー 彼ら自身と同じような 人々のための医師となるために 「歩むべくを歩み」― やるべきことをやるために

ハバナにあるラテンアメリカ医科大学は 世界で一番大きな医科大学です 2005年に開校して以来 2万3千人の若い医師達を輩出してきました そして尚、更に1万人の卒業を控えています ここのミッションは 最も必要としている人々のために 医師を育てることです それは1度も医者に かかったことがない 10億人もの人々 あらゆる貧困ラインの下で 生きて死んでいく人々です 個々の学生たちはあらゆる 「常識」に挑みます 彼らは学校の最も危険な リスクであり希望です 彼らは地球上で最も貧しく 荒んだ場所から 集められてきました 優秀なだけでなく 彼らはコミュニティーが 切実に必要とする医師となるだろうと 信じる学校の期待を託され 多くの医師が行かないような 貧しい地域や危険な地域で 多くの医師が行かないような 貧しい地域や危険な地域で リュックに解毒剤を運び 故郷で麻薬やギャングや 弾丸のはびこる界隈を くぐり抜ける医師たちです 彼らにかかっている期待は 医療のアクセスを改革し 貧困に喘ぐ地域での 健康状況を塗り替え 医療自体が学ばれ 実践される方法を 変えてしまう事です そして私たちの皆保険制度が 世界中に広がるための 開拓者となる事です もちろん高望みでしょう 1998年の2つの大きな嵐と この「歩むべくを歩む」 と言う事がELAMの設立につながりました ハリケーンのジョージとミッチは カリブと中央アメリカを直撃して 3万人の死者を出し 250百万人のホームレスを生み出しました 何百人ものキューバ人医師たちが 災害救援ボランティアに志願しましたが 現場に着いたとき より大きな災害を目にしました 全コミュニティーが 医療へのアクセスも無く 地域の病院のドアは物資の不足のために 堅く閉ざされ あまりにも多くの赤ちゃんが 最初の誕生日を迎える前に 死んでいきました このキューバ人医師達が去った時 どうなるというのでしょう? 治療を持続可能にするために 新たに医師達が必要でした でも一体どこから 来てくれるというのでしょう? どこで研修をすれば?

そこでハバナでは前海軍学校が キューバ厚生省に委譲され ラテンアメリカ医科大学 ELAMとなりました 嵐により最も激しく被災した国々からの 数百人の学生たちに 学費、寮、それに諸費が与えられました ハバナのジャーナリストとして私は 1999年3月に最初の 97人のニカラグア人達が 到着するのを見届けました 彼らはほとんど改装されていない 寮に引越し 教授達が教室の床を掃き 机や椅子や顕微鏡を 運び入れるのを手伝いました それから数年 アメリカ大陸の政府は それぞれ自国の学生のための奨学金を要求し 黒人議員連盟は アメリカの若者のために 何百もの奨学金を獲得しました 今日2万3千人の 卒業生の中にはアメリカ大陸や アフリカそしてアジアの 83カ国からの出身者がいて そしてそれは123カ国へと拡大しました 半数以上の学生は若い女性です 彼らは100の民族から成り立ち 50カ国の言葉を話します WHO事務局長のマーガレット・チャンは こう言いました 「もしあなたが貧しく女性で 先住民族の出身だったら それは明らかな利点なのです あなたはこの学校を ユニークにする民族の一員ですから」

ルーサー・カスティーヨは ホンジュラスの太平洋岸にある サン・ペドロ・デ・トカマチョ出身です そこには流れる飲み水もなく 電気もなく村へたどりつくには 何時間も歩くか 私のように思い切ってトラックに運を任せて 大西洋の波打ち際を走り続けるのです ルーサーはホンジュラスの人口の 20%を占めるガリフナと呼ばれる 黒人の土着民族の子供たち ― その中でも学校へ行った 40人の1人でした 一番近い病院は生死を分ける 何マイルも先にありました ルーサーは中学校へ通うために 毎日3時間歩きました 17人だけが通学し 5人が高校に進み 1人だけ大学に進みました ELAMへ行ったルーサーは 最初のガリフナの卒業生の1人です それ以前のガリフナの卒業生は ホンジュラス史上たった2人だけでした ELAMのお蔭で今日では69人になりました

大きな問題には大きな解決策が必要です 大きなアイデアや想像力 そして大胆さも しかしまた有用な解決策も必要です ELAMの教授陣は あらかじめ用意された資料もなく 苦労して学びながら学生を指導し 軌道修正をしながら試行錯誤を続けました 貧困層コミュニティーから来た 最も優秀な学生でさえも 6年間の医療トレーニングのための 知識は十分でなく そんな彼らのために 科学の授業が用意されました 次に必要なのは マプチェ、ケチュア、グアラニ、ガリフナ といったスペイン語を 第二言語として学んだ原住民たちや クレオール語を話す ハイチ人たちのための語学教育で スペイン語が 学部に入る前のカリキュラムに 組み込まれました キューバでは 音楽、食、におい あらゆる全てが違っていましたが 教師たちは家族のようになり ELAMは我が家になりました 宗教は土着信仰から ヨルバ、ムスリム教、キリスト教、福音主義 と多岐に渡りました 異質なものを受け入れることは そこでの生き方となりました

なぜそんなにも多くの国々が この奨学金を求めたのでしょうか? まず十分な医師がいないということ いたとしても 貧困層には行き渡っていません 地球規模の医療危機 ― 人的資源の欠乏の為に ますます悪化しているからです 基本的ニーズを満たす為だけにも 4~7百万人の 医療従事者たちが不足しています この問題は至る所で見られます 医者たちは世界の半分の人口が住む 都市に集中しており 貧民街や南LAには十分いません アメリカでは 医療制度改革がありますが 医療従事者たちは不足しています 2020年までに 4万5千人のプライマリーケア医師が 不足するでしょう 我々は問題の一部でもあります アメリカは発展途上国からの 医師の第一の輸入国でもあります

キューバに学生たちが集まる第二の理由は この島独自の健康レポートカードで それはしっかりとした プライマリーケアに依存しています ランセット誌の委員会は キューバを健康において 最も良い成果を上げている 中所得国のひとつと評価しています NGOセーブ・ザ・チルドレンは キューバをラテンアメリカで最も 母親にやさしい国だと評価しています キューバはアメリカと同程度の寿命と より低い新生児死亡率を誇ります 地域でのばらつきも比較的低く しかも一人当たりの医療コストは アメリカの20分の1です

ELAMの教育は厳しいですが 80%の学生は卒業します 科目はごく一般的なもので ― 基礎そして臨床科学などです 大きな違いは次の点にあります トレーニングは象牙の塔の外で行われ 授業では診療を近隣住区で実地するのです ほとんどの卒業生が将来 実際に働くような場所です もちろん彼らは講義や 病院でのシフトもありますが コミュニティーベースの学習は 第1日目から始まります 次に学生たちは患者のすべてと向き合います 心そして身体です 家族やコミュニティー そして文化の関連の中で 患者を診察します 3つ目に彼らは公衆衛生を学びます 彼らの両親が飲む水や家の状況 そして社会的経済的状況を 評価する為です 4つ目に彼らはしっかりとした問診と 徹底的な臨床検査によって 診断に必要なヒントの殆どを得られるので 高額な技術で確認する必要がありません 最後に彼らは何度も何度も 予防の大切さを教えこまれます 特に慢性疾患が 世界中で医療制度を硬直させているからです

このような実地教育は チームアプローチと共に行われ チームとしての働き方 チームの指揮の取り方 少しの謙虚さの必要性も学びます 卒業してからこれらの医師たちは その知識を看護師や助産婦 地域医療従事者と共有します それは彼らがより良い仕事を するように育てるためで 新たな代わりと 交代させるのではありません 彼らは伝統的な呪術師や 治癒師と協力もします

ELAMの卒業生たち ― この大胆な試みが正しいと実証しているでしょうか 数十のプロジェクトから それを実証できそうだと分かります ガリフナの卒業生たち 彼らは故郷で働く為に帰っただけでなく 自分たちでコミュニティーを動かし ホンジュラス初の先住民の病院を建てました 建築家の助けを借り 現地の人々は文字通り1から立ち上げ 2007年12月に最初の患者がそのドアから 足を踏み入れました その時以来 病院は 100万人近くの来院数を記録しました 政府も注目し この病院をホンジュラス農村地の 公衆衛生モデルとして掲げました

ELAMの卒業生たちは頭脳明晰で 強く そして熱心です ハイチ 2010年1月 痛みが国を襲いました 人々は3千万トンの瓦礫の下に埋もれました 圧倒される光景でした 340人のキューバ人医師達が 既に長期に渡り現地で働いていました 増員が予定されていましたが より多くの医師が必要でした ELAMでは、学生達が24時間体制で 2千人の卒業生達に連絡をとっていました 結果として数百名がハイチに着き その内訳は27カ国 サハラにあるマリ共和国からセントルシア、ボリビア、チリ、アメリカまで様々でした みんなスペイン語で互いに会話し キューバのELAMからきた ハイチの医学生のおかげで 患者がクレオール語で 話すのを聞き取りました 彼らの多くはコレラの流行にも関わらず 数ヶ月残りました

何百人ものハイチ人卒業生たちが 瓦礫のかけらを拾い 心痛を乗り越え ハイチの新しい公共医療制度を作るという 重荷を背負うと決めました 今日ノルウェーからキューバ、ブラジルまでの 政府や団体の助けを借り 数十の新たな医療センターが建てられました そのうち35はELAM卒業生が指揮を取ります

しかしこのハイチの物語は 多くの国々が直面する より大きな問題を描き出しています みて下さい 2012年コレラが襲った時 748名のハイチ人卒業生たちがいましたが 半分は公共の医療セクターで働き 4分の1は職がなく 110名はハイチを離れていました 最良のシナリオでは これらの卒業生は続々と職に就き 公共医療システムを強化します 往々にして彼らしか 医師になる者はいない状況です 最悪のケースでは 最貧民層が治療を受ける 公共医療セクターに 十分な働き口が無く 政治の活力も資源も 何もかもが足りず ― ただ溢れる患者が ケアを受けられずにいます 卒業生たちは家族からの プレッシャーにも直面します 生活するのに必死で 公共セクターの働き口がない場合は これらの新人医師たちは 個人開業医に落ち着いてしまったり 仕送りをするために 海外へ出稼ぎに出たりしてしまうのです

最悪の例では ある国々では 医学会が免許認定機関に影響を及ぼし ELAM の学位を認めさせません 彼らが自分たちの働き口や 患者を奪い 生活を脅かすのではないかという 焦りに駆られるのです これは能力の問題ではありません ここアメリカでは カリフォルニア州医事審議会が 厳しい審査の後にELAMを認定し 新たに医師になった卒業生たちは 次々と審査を通過し ニューヨーク、シカゴ、ニューメキシコ等 誉高い場所での臨床研修へ受け入れられ ― キューバの大いなる賭けに 良い結果をもたらしています 200人ものそうした卒業生たちが アメリカに戻り やる気に溢れて 同時に不満を抱えています 卒業生の1人が言ったように キューバでは「私たち医師は最小限の資源で 質の良いケアを提供するように 訓練されています だからこれだけの資源を目にして それができないと言うのが信じられません それは間違いです そうするのを見てきただけでなく 自分でもやってきたのですから」

ELAM卒業生たちは ワシントンDCやボルチモアの 非常に貧しい家庭から 彼らのコミュニティーに医療、教育 声を届けにやって来ました 彼らは力を尽くしてきました さあ私たちも2万3千人を超え 増え続ける彼らに力を貸すべきです 私たち皆 ― 基金、臨床研修プログラムディレクター、メディア 起業家、政治家、一般の人々 ― 皆が立ち上がる時です 私たちはもっと世界規模で これらの新しい医師たちに 彼らの気概を活かすチャンスを与えるべきです 彼らは それぞれの国の資格試験を 受けることができなければなりません 彼らは公共医療セクターや 非営利医療センターのような場所で 学んだ事や献身を 活かせる仕事に就くべきなのです 彼らは患者に求められている医師となるための チャンスが必要なのです

前進するためには 始めに戻ることも必要かもしれません 私が子供の頃 シカゴの南の 貧しい地区にある 我が家のドアをノックした あの小児科医 患者の家々を見て回ってくれた 私達のための公僕だったあの医師を 思い出します これらは医療のあるべき姿として それほど新しいアイデアではありません 新しいのはプログラムが 育ち進化していること そして医師たちの顔ぶれです ELAM卒業生は女性である確率のほうが 高くなりますし ― アマゾン、ベルー、グァテマラの 土着民族の医師 あるいは アメリカではスペイン語を流暢に話す 有色人種の医師が増えるのですから そうした女医達は よく訓練され 頼りになる 彼女の診る患者と同じ 顔つきや文化を共有している 実に私達がサポートするべき相手です 彼女たちは 地下鉄やロバやカヌーに乗って ― 私達に「歩むべき歩み」を 教えてくれているのですから

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画