TED日本語 - エリ・ビア: 最速の救急車はバイク型

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - エリ・ビア: 最速の救急車はバイク型

TED Talks

最速の救急車はバイク型
The fastest ambulance? A motorcycle
エリ・ビア
Eli Beer

内容

若き救急医療技士としてエルサレムの救急車に乗るエリ・ビアは救急車が都会のひどい交通渋滞に巻き込まれ、助けに行くのが遅すぎる事に気がつきました。そこで、彼は救急医療技士のボランティア・チームを結成しました。彼らはいつでも全てを放り出して、自らの足で近所の人命救助へ駆けつけます。今日、United Hatzlah はスマートフォンのアプリや「ambucycle」という乗り物を駆使して救急車が来るまで近くの患者を助けます。平均到着時間は3分で、昨年イスラエルでは207,000人もの人を救いました。そして今、そのアイデアは世界的なものとなっています。

Script

This is an ambucycle. This is the fastest way to reach any medical emergency. It has everything an ambulance has except for a bed. You see the defibrillator. You see the equipment.

We all saw the tragedy that happened in Boston. When I was looking at these pictures, it brought me back many years to my past when I was a child. I grew up in a small neighborhood in Jerusalem. When I was six years old, I was walking back from school on a Friday afternoon with my older brother. We were passing by a bus stop. We saw a bus blow up in front of our eyes. The bus was on fire, and many people were hurt and killed. I remembered an old man yelling to us and crying to help us get him up. He just needed someone helping him. We were so scared and we just ran away.

Growing up, I decided I wanted to become a doctor and save lives. Maybe that was because of what I saw when I was a child. When I was 15, I took an EMT course, and I went to volunteer on an ambulance. For two years, I volunteered on an ambulance in Jerusalem. I helped many people, but whenever someone really needed help, I never got there in time. We never got there. The traffic is so bad. The distance, and everything. We never got there when somebody really needed us.

One day, we received a call about a seven-year-old child choking from a hot dog. Traffic was horrific, and we were coming from the other side of town in the north part of Jerusalem. When we got there,20 minutes later, we started CPR on the kid. A doctor comes in from a block away, stop us, checks the kid, and tells us to stop CPR. That second he declared this child dead.

At that moment, I understood that this child died for nothing. If this doctor, who lived one block away from there, would have come 20 minutes earlier, not have to wait until that siren he heard before coming from the ambulance, if he would have heard about it way before, he would have saved this child. He could have run from a block away. He could have saved this child.

I said to myself, there must be a better way. Together with 15 of my friends -- we were all EMTs - we decided, let's protect our neighborhood, so when something like that happens again, we will be there running to the scene a lot before the ambulance. So I went over to the manager of the ambulance company and I told him, "Please, whenever you have a call coming into our neighborhood, we have 15 great guys who are willing to stop everything they're doing and run and save lives. Just alert us by beeper. We'll buy these beepers, just tell your dispatch to send us the beeper, and we will run and save lives."

Well, he was laughing. I was 17 years old. I was a kid. And he said to me - I remember this like yesterday - he was a great guy, but he said to me, "Kid, go to school, or go open a falafel stand. We're not really interested in these kinds of new adventures. We're not interested in your help." And he threw me out of the room. "I don't need your help," he said.

I was a very stubborn kid. As you see now, I'm walking around like crazy, meshugenah.

(Laughter) (Applause)

So I decided to use the Israeli very famous technique you've probably all heard of, chutzpah. (Laughter) And the next day, I went and I bought two police scanners, and I said, "The hell with you, if you don't want to give me information, I'll get the information myself." And we did turns, who's going to listen to the radio scanners.

The next day, while I was listening to the scanners, I heard about a call coming in of a 70-year-old man hurt by a car only one block away from me on the main street of my neighborhood. I ran there by foot. I had no medical equipment. When I got there, the 70-year-old man was lying on the floor, blood was gushing out of his neck. He was on Coumadin. I knew I had to stop his bleeding or else he would die. I took off my yarmulke, because I had no medical equipment, and with a lot of pressure, I stopped his bleeding. He was bleeding from his neck. When the ambulance arrived 15 minutes later, I gave them over a patient who was alive.

(Applause)

When I went to visit him two days later, he gave me a hug and was crying and thanking me for saving his life. At that moment, when I realized this is the first person I ever saved in my life after two years volunteering in an ambulance, I knew this is my life's mission.

So today,22 years later, we have United Hatzalah.

(Applause)

"Hatzalah" means "rescue," for all of you who don't know Hebrew. I forgot I'm not in Israel. So we have thousands of volunteers who are passionate about saving lives, and they're spread all around, so whenever a call comes in, they just stop everything and go and run and save a life. Our average response time today went down to less than three minutes in Israel.

(Applause)

I'm talking about heart attacks, I'm talking about car accidents, God forbid bomb attacks, shootings, whatever it is, even a woman 3 o'clock in the morning falling in her home and needs someone to help her. Three minutes, we'll have a guy with his pajamas running to her house and helping her get up.

The reasons why we're so successful are because of three things.

Thousands of passionate volunteers who will leave everything they do and run to help people they don't even know. We're not there to replace ambulances. We're just there to get the gap between the ambulance call until they arrive. And we save people that otherwise would not be saved.

The second reason is because of our technology. You know, Israelis are good in technology. Every one of us has on his phone, no matter what kind of phone, a GPS technology done by NowForce, and whenever a call comes in, the closest five volunteers get the call, and they actually get there really quick, and navigated by a traffic navigator to get there and not waste time. And this is a great technology we use all over the country and reduce the response time.

And the third thing are these ambucycles. These ambucycles are an ambulance on two wheels. We don't transfer people, but we stabilize them, and we save their lives. They never get stuck in traffic. They could even go on a sidewalk. They never, literally, get stuck in traffic. That's why we get there so fast.

A few years after I started this organization, in a Jewish community,two Muslims from east Jerusalem called me up. They ask me to meet. They wanted to meet with me. Muhammad Asli and Murad Alyan. When Muhammad told me his personal story, how his father,55 years old, collapsed at home, had a cardiac arrest, and it took over an hour for an ambulance arrive, and he saw his father die in front of his eyes, he asked me, "Please start this in east Jerusalem."

I said to myself, I saw so much tragedy, so much hate, and it's not about saving Jews. It's not about saving Muslims. It's not about saving Christians. It's about saving people. So I went ahead, full force -- (Applause)- and I started United Hatzalah in east Jerusalem, and that's why the names United and Hatzalah match so well. We started hand in hand saving Jews and Arabs. Arabs were saving Jews. Jews were saving Arabs. Something special happened. Arabs and Jews, they don't always get along together, but here in this situation, the communities, literally, it's an unbelievable situation that happened, the diversities, all of a sudden they had a common interest: Let's save lives together. Settlers were saving Arabs and Arabs were saving settlers. It's an unbelievable concept that could work only when you have such a great cause. And these are all volunteers. No one is getting money. They're all doing it for the purpose of saving lives.

When my own father collapsed a few years ago from a cardiac arrest,one of the first volunteers to arrive to save my father was one of these Muslim volunteers from east Jerusalem who was in the first course to join Hatzalah. And he saved my father. Could you imagine how I felt in that moment?

When I started this organization, I was 17 years old. I never imagined that one day I'd be speaking at TEDMED. I never even knew what TEDMED was then. I don't think it existed, but I never imagined, I never imagined that it's going to go all around, it's going to spread around, and this last year we started in Panama and Brazil. All I need is a partner who is a little meshugenah like me, passionate about saving lives, and willing to do it. And I'm actually starting it in India very soon with a friend who I met in Harvard just a while back. Hatzalah actually started in Brooklyn by a Hasidic Jew years before us in Williamsburg, and now it's all over the Jewish community in New York, even Australia and Mexico and many other Jewish communities. But it could spread everywhere. It's very easy to adopt. You even saw these volunteers in New York saving lives in the World Trade Center. Last year alone, we treated in Israel 207,000 people. Forty-two thousand of them were life-threatening situations. And we made a difference. I guess you could call this a lifesaving flash mob, and it works.

When I look all around here, I see lots of people who would go an extra mile, run an extra mile to save other people, no matter who they are, no matter what religion, no matter who, where they come from. We all want to be heroes. We just need a good idea, motivation and lots of chutzpah, and we could save millions of people that otherwise would not be saved.

Thank you very much.

(Applause)

これは救急バイクです どんな緊急事態にも 何よりも早く駆けつけ ベッド以外なら 救急車ある設備が全て備え付けてあります ほらAED(心細動除去装置)が見えるでしょ?

ボストンで起こった惨劇を見ましたよね その写真を見た時 子供の頃の遠い記憶が よみがえって来ました エルサレムの小さな町で育ちました 私は6歳で 下校途中でした 金曜の午後で 兄と一緒でした バス停に通りかかると 目の前でバスが爆発したのです バスが燃え 多くの人が負傷し 亡くなりました ある1人のおじいさんを覚えています 私たちに向かって 「体を起こしてくれ」と助けを求めていました 彼はとにかく 助けが必要だったのです 私たちはとても恐ろしくて逃げてしまいました

大人になったら医者になって命を救おうと決意しました たぶん 子供の頃にあの事故を見たからでしょう 15歳の時 救急医療技師のコースを取得し 救急車でボランティアをしました 2年間 エルサレムでやっていました たくさんの方々を助けました しかし 本当に助けが必要な時 一度も到着が間に合いませんでした一度もです 渋滞がひどかったり遠かったり 原因はすべてです 本当に助けを必要としていたのに行けなかったのです

ある日 「7歳の子がホットドッグを詰まらせている」 との電話がありました 交通状態が悪い上に エルサレム北部の町の反対側から向かっていました 現場に着いたのは20分後 その子供に心肺蘇生を始めました 1ブロック先から医者が来て 我々を制止し 子供の容態を調べ心肺蘇生を止めるよう告げました 子供の死を 宣告した瞬間でした

その時 分かったのです この子の死は無駄だったと もし 1ブロック離れた所に住むこの医者が 20分早くに来れていたら 救急車のサイレンの音が聞こえるまで 待っていなかったら もっと早く子供のことを聞きつけていたら 医者は あの子供を救えていた 1ブロック離れた所から走ってきて この子を助けれただろう

心の中で言いましたもっといい方法があるはずだ 友人15人と決めました 我々は皆 救急医療技師でした 近隣の皆さんを守ろう 同じようなことが起こったら 救急車より早く 現場に駆けつけようと そして私は救急車のサービス会社に行き マネージャーに言いました 「我々の近所で要請があれば15人の男が 喜んで― 何もかも放り出し駆けつけて 救助しますから ポケベルで呼んでください」 「皆ポケベルを買うので出動を知らせてください」 「知らせがあれば 助けに駆けつけます」

彼は笑っていました私は当時 17歳の子供でした まるで 昨日の事の様に覚えています 彼は素晴らしい方でしたが こう言いました 「君 学校に行くか 店でも始めなさい」 「君たちの新しい試みにも助けにも興味ないよ」 私は部屋を追い出されました 「君たちの助けなんて要らない」と彼が言いました

私は非常に頑固な子供でした ご覧の通り 狂ったように歩き回りました

(笑) (拍手)

そこで 私はイスラエルの 常とう手段に出ました 皆さんも聞いた事があるでしょうChutzpah( 図太さ)です (笑) 翌日 警察無線を2つ買いに行きました 「勝手にしろ 情報をくれないなら自分で手に入れてやる」と言いました 「いいだろう 情報をくれないなら自分で手に入れてやる」と言いました 我々は交代で 警察無線を聞きました

次の日 私が聞いていたところ 70歳の男性から 電話が入りました 私のいた所から1ブロック先で 自動車事故にあったそうで 近所の大通りでした 私は走って行きました 医療道具はなく 現場に着くと 70歳の男性は― 路上に倒れ 首から血が流れ出て 抗凝結剤を服用していたんです 流血を止めなければ死んでしまうと分かっていました 医療器具がなかったので被っていたヤムルカ帽を使い 強い圧力をかけて出血を止めました 首から出血していたのです 15分後に 救急車が着くと 私は生きている患者を 引き渡しました

(拍手)

2日後 お見舞いに行くと 彼は抱擁をしてくれ 泣きながら 命を救った事に感謝してくれました その時 2年間の救急車でのボランティアの後― 初めて人を救ったのだと気づきました これは私の人生の使命です

22年後の現在はUnited Hatzalahがあります

(拍手)

〝Hatzalah〟とはヘブライ語で〝救助〟という意味です ここがイスラエルでない事を忘れていました 何千人ものボランティアがいます 人命救助に情熱を注ぎ どこにでもいるので呼べばいつでも駆けつけます すべてを投げ出して走っていき 命を救うのです 現在の平均到着時刻は― イスラエルでは 3分以下となりました

(拍手)

心臓発作のお話をしました 自動車事故のお話も とんでもない爆弾攻撃であれ発砲事件であれ 何であれ 午前3時に女性が― 自宅で倒れて 助けが要るのであれば 3分で パジャマ姿のまま女性の家までかけつけ 体を起こすのを手伝う男たちがいます

我々が成功したのには 3つの理由があります

何千人もの熱意のあるボランティアの皆さんです やっていることを全て置いて 知らない人でも助けにいきます 我々は 救急車の代わりとしてではなく 電話してから― 救急車が来るまでの時間を埋めるために行くのです ややもすれば 助からない人を助けるんです

2つ目は テクノロジーのおかげです イスラエル人はテクノロジーに強いです みんな 携帯電話を持っていてどんな機種でも― NowForceのGPS機能が備わっており いつ電話が入っても 一番近くにいる5名のボランティアに掛かり 非常に早く現場に到着します カーナビを使って行くので 時間の無駄もありません これは我が国にある素晴らしいテクノロジーです 到着までの時間も減りました

3つ目は この救急バイクです 救急バイクとは 二輪車の救急車です 人を運んだりはしませんが 容態を安定させ 命を救います これなら渋滞に巻き込まれても歩道も走れるので 渋滞に足止めされる事はありません だから早く到着できます

ユダヤ人のコミュニティで この組織を始めて 数年後 2人のエルサレムのイスラム教徒から電話があり 私に会いたいとの事でした ムハンマド・アスリ氏 とミュラド・アリヤン氏 ムハンマドさんは身の上話をしてくださいました 55歳の父親が心停止に陥り 家で倒れました 救急車が来るまで 1時間もかかり 目の前で 父親が亡くなられたそうです 「この活動を東エルサレムでもやって下さい」と頼まれました

私は自分に言い聞かせましたたくさんの惨劇や嫌なものを見てきた それに ユダヤ人だとかイスラム教徒だとか キリスト教徒でもなく私は人を救うためにやってきたんだ そして引き受けました (拍手) そして 東エルサレムでUnited Hatzalahを始めました United(団結した)と Hatzalah(救助)という名前がぴったりでした 手に手を取り合ってユダヤ人とアラブ人を救い始めました アラブ人がユダヤ人を助けユダヤ人がアラブ人を助ける 特別な事が起こりました 決して上手く行かない アラブ人とユダヤ人が 同じ場所に居るんです 文字通りコミュニティ(共同社会)です 信じられない状況です 違う人種が突然 共に命を救おうというー 共通の興味をもったのです 移住民がアラブ人を救いアラブ人が移住民を救う そのような大義がある時にだけー 成り立つ信じられないコンセプトなのです ボランティアのみだけで みんな無償で働いているんですよ ただ 人命を救助するという目的のために働いています

数年前 私の父が心停止で倒れた時 駆けつけてくれた最初のボランティアは 東イスラエルのイスラム教徒の1人でした Hatzalahに参加するための 第1回目の講座を受けた方でしたそして 父を救ってくれたんです その時の私の気持ちが分かりますか?

この組織を始めた時 私は17歳でした いつか TEDMEDでお話しさせて頂くなんて想像していなかったですし その時はTEDMEDが何かすら知りませんでしたし その時はなかったかなでも想像もしませんでした 世界に広まって行くなんて 想像できませんでしたが 昨年はパナマとブラジルでもこの活動を始めました 必要なのは 私のように少しクレイジーなパートナーです 人命救助に熱心で進んでやってくれるような方 実は近々インドでも始めます 最近ハーバードで出会った 友人と一緒にです 実はHatzalaは敬虔派ユダヤ教徒によって― 何年も前からブルックリンのウィリアムズバーグで始まっていました 今では ニューヨークのユダヤ社会でも広まり オーストラリアやメキシコ他の多くの国々のユダヤ社会でも広まっています どこででも広められるのです 非常に簡単です ニューヨークにあるワールドトレードセンターでも 人命救助に当たるボランティアを見たでしょう 去年だけで 207,000 人のイスラエル人を救助しました その内の42,000人が命に危険のある状況でした 成果を上げています これは人命救助のフラッシュ・モブ だと言えるでしょう しかも 効果てき面

会場を見回すと 人を救うため もっと力を尽くせるであろう方々が― たくさん見えます どんな人でも 宗教が何であれ どこから来たかも関係ない 誰もがヒーローになりたいんです 我々に必要なのは良いアイデアとモチベーション そしてたくさんの"厚かましさ"です それがあれば 救われなかったかもしれない― 何百万人の命を救えるんです

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画