TED日本語 - マックス・リトル: 電話で行うパーキンソン病のテスト

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - マックス・リトル: 電話で行うパーキンソン病のテスト

TED Talks

電話で行うパーキンソン病のテスト
A test for Parkinson's with a phone call
マックス・リトル
Max Little

内容

パーキンソン病による衰弱や震えに苦しむ人は世界中でに630万人にのぼりますが、早期発見につながる客観的な診断方法はありませんでした。しかし、応用数学者でTEDフェローのマックス・リトルが目下実験中の方法では、電話を使ったわずか30秒のテストで、99%の精度でパーキンソン病を診断できるというのです。

Script

So, well, I do applied math, and this is a peculiar problem for anyone who does applied math, is that we are like management consultants. No one knows what the hell we do. So I am going to give you some -- attempt today to try and explain to you what I do.

So, dancing is one of the most human of activities. We delight at ballet virtuosos and tap dancers you will see later on. Now, ballet requires an extraordinary level of expertise and a high level of skill, and probably a level of initial suitability that may well have a genetic component to it. Now, sadly, neurological disorders such as Parkinson's disease gradually destroy this extraordinary ability, as it is doing to my friend Jan Stripling, who was a virtuoso ballet dancer in his time. So great progress and treatment has been made over the years. However, there are 6.3 million people worldwide who have the disease, and they have to live with incurable weakness, tremor, rigidity and the other symptoms that go along with the disease, so what we need are objective tools to detect the disease before it's too late. We need to be able to measure progression objectively, and ultimately, the only way we're going to know when we actually have a cure is when we have an objective measure that can answer that for sure.

But frustratingly, with Parkinson's disease and other movement disorders, there are no biomarkers, so there's no simple blood test that you can do, and the best that we have is like this 20-minute neurologist test. You have to go to the clinic to do it. It's very, very costly, and that means that, outside the clinical trials, it's just never done. It's never done.

But what if patients could do this test at home? Now, that would actually save on a difficult trip to the clinic, and what if patients could do that test themselves, right? No expensive staff time required. Takes about $ 300, by the way, in the neurologist's clinic to do it.

So what I want to propose to you as an unconventional way in which we can try to achieve this, because, you see, in one sense, at least, we are all virtuosos like my friend Jan Stripling.

So here we have a video of the vibrating vocal folds. Now, this is healthy and this is somebody making speech sounds, and we can think of ourselves as vocal ballet dancers, because we have to coordinate all of these vocal organs when we make sounds, and we all actually have the genes for it. FoxP2, for example. And like ballet, it takes an extraordinary level of training. I mean, just think how long it takes a child to learn to speak. From the sound, we can actually track the vocal fold position as it vibrates, and just as the limbs are affected in Parkinson's, so too are the vocal organs. So on the bottom trace, you can see an example of irregular vocal fold tremor. We see all the same symptoms. We see vocal tremor, weakness and rigidity. The speech actually becomes quieter and more breathy after a while, and that's one of the example symptoms of it.

So these vocal effects can actually be quite subtle, in some cases, but with any digital microphone, and using precision voice analysis software in combination with the latest in machine learning, which is very advanced by now, we can now quantify exactly where somebody lies on a continuum between health and disease using voice signals alone.

So these voice-based tests, how do they stack up against expert clinical tests? We'll, they're both non-invasive. The neurologist's test is non-invasive. They both use existing infrastructure. You don't have to design a whole new set of hospitals to do it. And they're both accurate. Okay, but in addition, voice-based tests are non-expert. That means they can be self-administered. They're high-speed, take about 30 seconds at most. They're ultra-low cost, and we all know what happens. When something becomes ultra-low cost, it becomes massively scalable. So here are some amazing goals that I think we can deal with now. We can reduce logistical difficulties with patients. No need to go to the clinic for a routine checkup. We can do high-frequency monitoring to get objective data. We can perform low-cost mass recruitment for clinical trials, and we can make population-scale screening feasible for the first time. We have the opportunity to start to search for the early biomarkers of the disease before it's too late.

So, taking the first steps towards this today, we're launching the Parkinson's Voice Initiative. With Aculab and PatientsLikeMe, we're aiming to record a very large number of voices worldwide to collect enough data to start to tackle these four goals. We have local numbers accessible to three quarters of a billion people on the planet. Anyone healthy or with Parkinson's can call in, cheaply, and leave recordings, a few cents each, and I'm really happy to announce that we've already hit six percent of our target just in eight hours. Thank you. (Applause) (Applause)

Tom Rielly: So Max, by taking all these samples of,

let's say,10,000 people, you'll be able to tell who's healthy and who's not? What are you going to get out of those samples?

Max Little: Yeah. Yeah. So what will happen is that, during the call you have to indicate whether or not you have the disease or not, you see. TR: Right. ML: You see, some people may not do it. They may not get through it. But we'll get a very large sample of data that is collected from all different circumstances, and it's getting it in different circumstances that matter because then we are looking at ironing out the confounding factors, and looking for the actual markers of the disease.

TR: So you're 86 percent accurate right now?

ML: It's much better than that. Actually, my student Thanasis, I have to plug him, because he's done some fantastic work, and now he has proved that it works over the mobile telephone network as well, which enables this project, and we're getting 99 percent accuracy.

TR: Ninety-nine. Well, that's an improvement. So what that means is that people will be able to - ML: (Laughs) TR: People will be able to call in from their mobile phones and do this test, and people with Parkinson's could call in, record their voice, and then their doctor can check up on their progress, see where they're doing in this course of the disease.

ML: Absolutely.

TR: Thanks so much. Max Little, everybody.

ML: Thanks, Tom. (Applause)

私は応用数学をやっています 応用数学をやっている人間には 特有の問題がありまして 経営コンサルタントのように 一体何をやっているのかわからないのです そこで本日は皆さんに 私の仕事を知っていただきたいと思います

さて ダンスは最も人間味のある活動の一つです 美しいバレエやタップダンスを見ると 心が躍りますよね 美しいバレエやタップダンスを見ると 心が躍りますよね バレエには非常に高度な知識と技術が必要とされます バレエには非常に高度な知識と技術が必要とされます さらに遺伝による適正も必要かもしれません さらに遺伝による適正も必要かもしれません パーキンソン病などの神経変成疾患は残念なことに こうした素晴らしい能力を徐々に奪っていきます かつてのバレエのトップダンサーで私の友人である ジャン・ストリップリングにもこの悲劇が襲いました 技術の進歩は目覚ましく何年も治療の努力は続いていますが それでも世界で630万人が この病を患っており 不治の衰弱・震え・硬直などといった この病気の症状に苦しんでいます そこで必要なのが手遅れになる前に 病気を診断できる客観的な方法です 病気の進行を客観的に測ること そして最終的には いつ治療法が 得られるのかを知る唯一の方法は 客観的な判定しかないのです

しかし口惜しいことにパーキンソン病や 他の運動障害は生体指標がなく 血液検査で簡単にわかるものでもありません 目下 最良の方法とされているのが 神経学者による20分間のテストですが これは病院に行く必要があり費用もかかり つまり臨床試験以外では 誰もやる人がいません

もし患者がこのテストを家でできるとしたら? わざわざ病院に行く必要もなくなります そして自分でこのテストを行えるとしたら? 高い診療費も浮くわけです 神経科でのテストは 300ドルくらいかかります

そこで今日ご紹介したいのがちょっと変わった判定方法です そこで今日ご紹介したいのがちょっと変わった判定方法です 私たちは皆ある意味で 私の友人ジャン・ストリップリングのような「名手」です

この動画は発話によって声帯が振動している様子です この声帯の持ち主は健康体です 私たちは皆 声のバレエダンサーと言えます 人が発話をする際には 全ての声帯組織の調整が必要です このためにFoxP2のような遺伝子があるのです 声帯振動はバレエ同様 激しい訓練の賜物です 赤ん坊が話し始めるまでには長い時間がかかりますね 私たちは音を聴いて 声帯の動きを追うことができます パーキンソン病は四肢だけでなく 声帯組織にも影響を与えます 下の線が声帯の正常でない動きを追ったものです 下の線が声帯の正常でない動きを追ったものです 震え・衰弱・硬直といった 四肢と同じ症状が声帯にも見られます 病気の症状としてしばらくすると 声が小さくなり息継ぎが増えます

場合によってこの声の変化は非常に微かなものですが どんなデジタルマイクでも 精密音声分析のソフトと 最新の学習型の機械を用いて 最新の学習型の機械を用いて 発話者の病気の進行状況を 正確に知ることができます 必要なのは音声信号だけです

さてこの音声によるテストは 専門家のテストに太刀打ちできるでしょうか 両方とも何かを身体に突っ込んだりしませんし既存のインフラを使います どちらも専用の病院施設を作る必要はありません そしてどちらも正確な診断が可能ですが 音声テストでは専門家は必要ありません 自分で検査を実施できます 時間もかからず 長くても30秒で事足ります 更にコストはほぼゼロです そうすると何が起こるかというと 非常に大きな規模で検査を実施できるようになります そして私たちが目指す4つの目標がこちらです 「患者の負担を軽減すること」 「定期検診のための通院は不要にすること」 「高い頻度でデータを取ること」 「臨床試験の大量動員を低コストで実施すること」 こうして初めて大規模なスクリーニングが可能になります こうして初めて大規模なスクリーニングが可能になります 診断可能な生体指標を 手遅れになる前に探し始めることが可能になります

今日はそのための第一歩としてパーキンソン・ボイス・イニシアティブを立ち上げます 今日はそのための第一歩としてパーキンソン・ボイス・イニシアティブを立ち上げます "aculab''や''patientslikeme''と協力し 世界中で大量の音声データを収集することで 4つの目標に挑戦することができます 7億5千万人がアクセス可能な電話番号を 地域毎に用意し パーキンソン症候群を煩っている人 健康な人でも誰もが 数セントで気軽に録音をできます 嬉しいことにこの8時間で 既に目標の6%に到達しています ありがとうございます(拍手) (拍手)

(トム・ライリー):例えば1万人分のサンプル音声を

採取して 病気に罹っているか否かわかるのですか?サンプルからは実際に何がわかるのですか? 病気に罹っているか否かわかるのですか?サンプルからは実際に何がわかるのですか?

(マックス・リトル):つまりこうです 電話で人は病気か否かを 言う必要があります もちろんそれが正確にできない場合もあるでしょうが 様々な環境において 非常に膨大なサンプルを集めます このサンプルの数が重要なのです それによって交絡因子を排除して この病気の本当の兆候を探すことができます

(トム・ライリー):精度は86%でしたか?

(マックス・リトル):改善しています 私の学生サナシスのことを宣伝しないといけないですね 素晴らしい働きをしてくれました 彼は携帯電話のネットワークでもサンプル採取が可能であることを証明しました 更にその精度は99%に達しています

(トム・ライリー):それはすごい進歩だ つまり誰もが― (マックス・リトル):(笑) パーキンソン病の人でも誰でも 携帯電話から電話をしてテストのために 自分の声を録音すると専門家がチェックして 進行度を調べてくれるということですね

(マックス・リトル):その通りです

(トム・ライリー):ありがとうございました

(マックス・リトル):ありがとうございました(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画