TED日本語 - ジョッシュ・シルバー: 度数調製型液体レンズ眼鏡のデモ

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジョッシュ・シルバー: 度数調製型液体レンズ眼鏡のデモ

TED Talks

度数調製型液体レンズ眼鏡のデモ
Josh Silver demos adjustable liquid-filled eyeglasses
ジョッシュ・シルバー

内容

ジョッシュ・シルバーが出来るだけ低コストで視力矯正を可能にするためのシンプルな解決方法を紹介します。自分で度数調製できる液体レンズの眼鏡です。TEDGlobal 2009では、その低価格な眼鏡を調製して見せ、2020年までに10億人に流通させるという国際的なプランを発表します。

Script

I'm going to tell you about one of the world's largest problems and how it can be solved.

I'd like to start with a little experiment. Could you put your hand up if you wear glasses or contact lenses, or you've had laser refractive surgery? Now, unfortunately, there are too many of you for me to do the statistics properly. But it looks like -- I'm guessing -- that it'll be about 60 percent of the room because that's roughly the fraction of developed world population that have some sort of vision correction.

The World Health Organization estimates -- well, they make various estimates of the number of people who need glasses -- the lowest estimate is 150 million people. They also have an estimate of around a billion. But in fact, I would argue that we've just done an experiment here and now, which shows us that the global need for corrective eyewear is around half of any population. And the problem of poor vision, is actually not just a health problem, it's also an educational problem, and it's an economic problem, and it's a quality of life problem.

Glasses are not very expensive. They're quite plentiful. The problem is, there aren't enough eye care professionals in the world to use the model of the delivery of corrective eyewear that we have in the developed world. There are just way too few eye care professionals.

So this little slide here shows you an optometrist and the little blue person represents about 10,000 people and that's the ratio in the U.K. This is the ratio of optometrists to people in sub-Saharan Africa. In fact, there are some countries in sub-Saharan Africa where there's one optometrist for eight million of the population.

How do you do this? How do you solve this problem? I came up with a solution to this problem, and I came up with a solution based on adaptive optics for this. And the idea is you make eye glasses, and you adjust them yourself and that solves the problem.

What I want to do is to show you that one can make a pair of glasses. I shall just show you how you make a pair of glasses. I shall pop this in my pocket. I'm short sighted. I look at the signs at the end, I can hardly see them. So -- okay, I can now see that man running out there, and I can see that guy running out there. I've now made prescription eyewear to my prescription. Next step in my process. So, I've now made eye glasses to my prescription. Okay, so I've made these glasses and ... Okay, I've made the glasses to my prescription and ... ... I've just ... And I've now made some glasses. That's it.

(Applause)

Now, these aren't the only pair in the world. In fact, this technology's been evolving. I started working on it in 1985, and it's been evolving very slowly. There are about 30,000 in use now. And they're in fifteen countries. They're spread around the world.

And I have a vision, which I'll share with you. I have a global vision for vision. And that vision is to try to get a billion people wearing the glasses they need by the year 2020. To do that -- this is an early example of the technology. The technology is being further developed -- the cost has to be brought down. This pair, in fact, these currently cost about 19 dollars. But the cost has to be brought right down. It has to be brought down because we're trying to serve populations who live on a dollar a day.

How do you solve this problem? You start to get into detail. And on this slide, I'm basically explaining all the problems you have. How do you distribute? How do you work out how to fit the thing? How do you have people realizing that they have a vision problem? How do you deal with the industry? And the answer to that is research.

What we've done is to set up the Center for Vision in the Developing World here in the university. If you want to know more, just come have a look at our website. Thank you.

(Applause)

世界最大級の難問とその解決策について お話したいと思います。

まず最初にちょっとした実験をしてみましょう。 メガネをやコンタクトレンズをつけていたり レーシックを受けたことがある人は手を挙げてください。 残念なことに該当者が多すぎて正確な統計がとれませんね。 しかしおそらく推測によると、該当者は60%程度でしょう。 先進国で視力を矯正している人の割合が だいたいこのくらいですからね。

世界保健機構の試算によると・・・まぁ、 世界保健機構では眼鏡を必要とする人の数について様々な試算をしていますが 少なく見積もって1億5千万人であると言われています。 10億程度という試算もあります。 しかし、実際、今ここで行った実験によって 視覚矯正器具は世界の約半数の人から 需要があるとわかりました。 そして視力低下の問題は、単に健康上の問題にとどまらず 教育上の問題、 経済的な問題、そして生活の質の問題でもあるのです。

眼鏡はそんなに高価ではありませんし、大量に生産されています。 問題は、視力矯正器具を正しく装着できるような アイケアの専門家が不足していることです。 彼等は先進国にしかいないのです。 この深刻な専門家不足に対応する方法もあります。

ではスライドを見てください。これが眼鏡調製の専門家で、 青く小さい人は約1万人を表しています。 これがイギリスでの比率です。 こちらがサハラ以南のアフリカでの眼鏡調製の専門家と人口の比率です。 実際、サハラ以南のアフリカには 800万人を1人の眼科医が診ているような国もあるのです。

どうでしょう。どうすれば解決できるでしょうか。 私はこの問題を解決する方法を思いつきました。 そして補償光学を基礎にした解決策に行きついたのです。 その解決策とは、自分で眼鏡を作成し、 これにより眼鏡調整士不足という問題が解決できるのです。

それでは今から1人で眼鏡が作成できることを証明してみせましょう。 眼鏡の作り方をお見せします。これをポケットに入れます。 私は近視でね。一番後ろのサインを見ても、ほとんど見えません。 では・・・よし、これであそこを走っている人が見えるようになりました。 あそこで走っている人も。 これで私の処方に合った眼鏡が調製できました。 では次のステップに移りましょう。 私の処方に合った眼鏡が調製できました。 はい。眼鏡を調製したら はい。私の処方に合ったこの眼鏡を調製したら あとはこうして・・・ これで眼鏡のできあがりです。

(拍手)

世界には他にもこのように調製できる眼鏡が存在します。 この技術は日々進歩してきています。 1985年の開発以来 非常にゆっくりではありますが進歩してきています。 現在、使用されているのは約30000組。 15カ国で使用されており、世界中に広まりつつあります。

私はひとつのビジョンをもっています。それをこれからお話しましょう。 視力に関する国際的なビジョンです。 そのビジョンとは2020年までに10億人の人が それぞれ必要とする眼鏡をかけられるようにすることです。 これは、まだ始まったばかりの技術でしかありません。 技術はさらに進化を続けています。 コストも低減しなければなりません。 現在ではこの眼鏡は19ドルの費用がかかっています。 しかし、コストは低減しなければなりません。 1日1ドルで生活しているような貧しい人々に使ってもらうためには コスト削減が必要不可欠なのです。

この問題はどうすれば解決するでしょうか? さらに詳しく見てみましょう。 スライドを診てください。あらゆる問題を簡単に説明しています。 配布方法は?フィッティング方法は? 視力に問題があることに気付いてもらうには? メーカーへの対応は? その答えが調査です。

私たちは発展途上国視覚支援センターを この大学に創設したのです。 詳細については、ウェブサイトをご覧下さい。ご清聴ありがとうございました。

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画