TED日本語 - レベッカ・オニー: 私たちの健康を維持する医療システムとは?

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - レベッカ・オニー: 私たちの健康を維持する医療システムとは?

TED Talks

私たちの健康を維持する医療システムとは?
What if our healthcare system kept us healthy?
レベッカ・オニー
Rebecca Onie

内容

レベッカ・オニーは、観客に質問を投げかけます。もし病院の待合室が、毎日の健康習慣を改善する場所だったらどうでしょう?もし医師が、食事や住まい、冬には暖房を処方出来たとしたら?TEDMEDのステージで彼女は、そうした活動を、カレッジ・スポーツチームのようにプロ意識と熱意を持つ学生ボランティア達によって行う組織「ヘルス・リーズ」を紹介します。

Script

So my freshman year of college I signed up for an internship in the housing unit at Greater Boston Legal Services. Showed up the first day ready to make coffee and photocopies, but was paired with this righteous, deeply inspired attorney named Jeff Purcell, who thrust me onto the front lines from the very first day.

And over the course of nine months I had the chance to have dozens of conversations with low-income families in Boston who would come in presenting with housing issues, but always had an underlying health issue. So I had a client who came in, about to be evicted because he hasn't paid his rent. But he hasn't paid his rent, of course, because he's paying for his HIV medication and just can't afford both. We had moms who would come in, daughter has asthma, wakes up covered in cockroaches every morning. And one of our litigation strategies was actually to send me into the home of these clients with these large glass bottles. And I would collect the cockroaches, hot glue-gun them to this poster board that we'd bring to court for our cases. And we always won because the judges were just so grossed out. Far more effective, I have to say, than anything I later learned in law school.

But over the course of these nine months, I grew frustrated with feeling like we were intervening too far downstream in the lives of our clients -- that by the time they came to us, they were already in crisis. And at the end of my freshman year of college, I read an article about the work that Dr. Barry Zuckerman was doing as Chair of Pediatrics at Boston Medical Center. And his first hire was a legal services attorney to represent the patients.

So I called Barry, and with his blessing, in October 1995 walked into the waiting room of the pediatrics clinic at Boston Medical Center. I'll never forget, the TVs played this endless reel of cartoons. And the exhaustion of mothers who had taken two,three, sometimes four buses to bring their child to the doctor was just palpable.

The doctors, it seemed, never really had enough time for all the patients, try as they might. And over the course of six months, I would corner them in the hallway and ask them a sort of naive but fundamental question: "If you had unlimited resources, what's the one thing you would give your patients?"

And I heard the same story again and again, a story we've heard hundreds of times since then. They said, "Every day we have patients that come into the clinic -- child has an ear infection, I prescribe antibiotics. But the real issue is there's no food at home. The real issue is that child is living with 12 other people in a two-bedroom apartment. And I don't even ask about those issues because there's nothing I can do. I have 13 minutes with each patient. Patients are piling up in the clinic waiting room. I have no idea where the nearest food pantry is. And I don't even have any help." In that clinic, even today, there are two social workers for 24,000 pediatric patients, which is better than a lot of the clinics out there.

So Health Leads was born of these conversations -- a simple model where doctors and nurses can prescribe nutritious food, heat in the winter and other basic resources for their patients the same way they prescribe medication. Patients then take their prescriptions to our desk in the clinic waiting room where we have a core of well-trained college student advocates who work side by side with these families to connect them out to the existing landscape of community resources.

So we began with a card table in the clinic waiting room -- totally lemonade stand style. But today we have a thousand college student advocates who are working to connect nearly 9,000 patients and their families with the resources that they need to be healthy.

So 18 months ago I got this email that changed my life. And the email was from Dr. Jack Geiger, who had written to congratulate me on Health Leads and to share, as he said, a bit of historical context. In 1965 Dr. Geiger founded one of the first two community health centers in this country, in a brutally poor area in the Mississippi Delta. And so many of his patients came in presenting with malnutrition that be began prescribing food for them. And they would take these prescriptions to the local supermarket, which would fill them and then charge the pharmacy budget of the clinic. And when the Office of Economic Opportunity in Washington, D.C. -- which was funding Geiger's clinic -- found out about this, they were furious. And they sent this bureaucrat down to tell Geiger that he was expected to use their dollars for medical care -- to which Geiger famously and logically responded, "The last time I checked my textbooks, the specific therapy for malnutrition was food."

(Laughter)

So when I got this email from Dr. Geiger, I knew I was supposed to be proud to be part of this history. But the truth is I was devastated. Here we are,45 years after Geiger has prescribed food for his patients, and I have doctors telling me, "On those issues, we practice a 'don't ask, don't tell' policy." Forty-five years after Geiger, Health Leads has to reinvent the prescription for basic resources. So I have spent hours upon hours trying to make sense of this weird Groundhog Day. How is it that if for decades we had a pretty straightforward tool for keeping patients, and especially low-income patients, healthy, that we didn't use it? If we know what it takes to have a healthcare system rather than a sick-care system, why don't we just do it?

These questions, in my mind, are not hard because the answers are complicated, they are hard because they require that we be honest with ourselves. My belief is that it's almost too painful to articulate our aspirations for our healthcare system, or even admit that we have any at all. Because if we did, they would be so removed from our current reality. But that doesn't change my belief that all of us, deep inside, here in this room and across this country, share a similar set of desires. That if we are honest with ourselves and listen quietly, that we all harbor one fiercely held aspiration for our healthcare: that it keep us healthy.

This aspiration that our healthcare keep us healthy is an enormously powerful one. And the way I think about this is that healthcare is like any other system. It's just a set of choices that people make. What if we decided to make a different set of choices? What if we decided to take all the parts of healthcare that have drifted away from us and stand firm and say, "No. These things are ours. They will be used for our purposes. They will be used to realize our aspiration"? What if everything we needed to realize our aspiration for healthcare was right there in front of us just waiting to be claimed?

So that's where Health Leads began. We started with the prescription pad -- a very ordinary piece of paper -- and we asked, not what do patients need to get healthy -- antibiotics, an inhaler, medication -- but what do patients need to be healthy, to not get sick in the first place? And we chose to use the prescription for that purpose. So just a few miles from here at Children's National Medical Center, when patients come into the doctor's office, they're asked a few questions. They're asked, "Are you running out of food at the end of the month? Do you have safe housing?" And when the doctor begins the visit, she knows height, weight, is there food at home, is the family living in a shelter. And that not only leads to a better set of clinical choices, but the doctor can also prescribe those resources for the patient, using Health Leads like any other sub-specialty referral.

The problem is, once you get a taste of what it's like to realize your aspiration for healthcare, you want more. So we thought, if we can get individual doctors to prescribe these basic resources for their patients, could we get an entire healthcare system to shift its presumption? And we gave it a shot.

So now at Harlem Hospital Center when patients come in with an elevated body mass index, the electronic medical record automatically generates a prescription for Health Leads. And our volunteers can then work with them to connect patients to healthy food and excercise programs in their communities. We've created a presumption that if you're a patient at that hospital with an elevated BMI, the four walls of the doctor's office probably aren't going to give you everything you need to be healthy. You need more.

So on the one hand, this is just a basic recoding of the electronic medical record. And on the other hand, it's a radical transformation of the electronic medical record from a static repository of diagnostic information to a health promotion tool. In the private sector, when you squeeze that kind of additional value out of a fixed-cost investment, it's called a billion-dollar company. But in my world, it's called reduced obesity and diabetes. It's called healthcare -- a system where doctors can prescribe solutions to improve health, not just manage disease.

Same thing in the clinic waiting room. So every day in this country three million patients pass through about 150,000 clinic waiting rooms in this country. And what do they do when they're there? They sit, they watch the goldfish in the fish tank, they read extremely old copies of Good Housekeeping magazine. But mostly we all just sit there forever, waiting. How did we get here where we devote hundreds of acres and thousands of hours to waiting? What if we had a waiting room where you don't just sit when you're sick, but where you go to get healthy. If airports can become shopping malls and McDonald's can become playgrounds, surely we can reinvent the clinic waiting room.

And that's what Health Leads has tried to do, to reclaim that real estate and that time and to use it as a gateway to connect patients to the resources they need to be healthy. So it's a brutal winter in the Northeast, your kid has asthma, your heat just got turned off, and of course you're in the waiting room of the ER, because the cold air triggered your child's asthma. But what if instead of waiting for hours anxiously, the waiting room became the place where Health Leads turned your heat back on?

And of course all of this requires a broader workforce. But if we're creative, we already have that too. We know that our doctors and nurses and even social workers aren't enough, that the ticking minutes of health care are too constraining. Health just takes more time. It requires a non-clinical army of community health workers and case managers and many others.

What if a small part of that next healthcare workforce were the 11 million college students in this country? Unencumbered by clinical responsibilities, unwilling to take no for an answer from those bureaucracies that tend to crush patients, and with an unparalleled ability for information retrieval honed through years of using Google.

Now lest you think it improbable that a college volunteer can make this kind of commitment, I have two words for you: March Madness. The average NCAA Division I men's basketball player dedicates 39 hours a week to his sport. Now we may think that's good or bad, but in either case it's real. And Health Leads is based on the presumption that for too long we have asked too little of our college students when it comes to real impact in vulnerable communities. College sports teams say, "We're going to take dozens of hours at some field across campus at some ungodly hour of the morning and we're going to measure your performance, and your team's performance, and if you don't measure up or you don't show up, we're going to cut you off the team. But we'll make huge investments in your training and development, and we'll give you an extraordinary community of peers." And people line up out the door just for the chance to be part of it.

So our feeling is, if it's good enough for the rugby team, it's good enough for health and poverty. Health Leads too recruits competitively, trains intensively, coaches professionally, demands significant time, builds a cohesive team and measures results -- a kind of Teach for America for healthcare.

Now in the top 10 cities in the U.S. with the largest number of Medicaid patients, each of those has at least 20,000 college students. New York alone has half a million college students. And this isn't just a sort of short-term workforce to connect patients to basic resources, it's a next generation healthcare leadership pipeline who've spent two,three,four years in the clinic waiting room talking to patients about their most basic health needs. And they leave with the conviction, the ability and the efficacy to realize our most basic aspirations for health care. And the thing is, there's thousands of these folks already out there.

So Mia Lozada is Chief Resident of Internal Medicine at UCSF Medical Center, but for three years as an undergraduate she was a Health Leads volunteer in the clinic waiting room at Boston Medical Center. Mia says, "When my classmates write a prescription, they think their work is done. When I write a prescription, I think, can the family read the prescription? Do they have transportation to the pharmacy? Do they have food to take with the prescription? Do they have insurance to fill the prescription? Those are the questions I learned at Health Leads, not in medical school."

Now none of these solutions -- the prescription pad, the electronic medical record, the waiting room, the army of college students -- are perfect. But they are ours for the taking -- simple examples of the vast under-utilized healthcare resources that, if we reclaimed and redeployed, could realize our most basic aspiration of healthcare.

So I had been at Legal Services for about nine months when this idea of Health Leads started percolating in my mind. And I knew I had to tell Jeff Purcell, my attorney, that I needed to leave. And I was so nervous, because I thought he was going to be disappointed in me for abandoning our clients for some crazy idea. And I sat down with him and I said, "Jeff, I have this idea that we could mobilize college students to address patients' most basic health needs." And I'll be honest, all I wanted was for him to not be angry at me. But he said this, "Rebecca, when you have a vision, you have an obligation to realize that vision. You must pursue that vision." And I have to say, I was like "Whoa. That's a lot of pressure." I just wanted a blessing, I didn't want some kind of mandate. But the truth is I've spent every waking minute nearly since then chasing that vision.

I believe that we all have a vision for healthcare in this country. I believe that at the end of the day when we measure our healthcare, it will not be by the diseases cured, but by the diseases prevented. It will not be by the excellence of our technologies or the sophistication of our specialists, but by how rarely we needed them. And most of all, I believe that when we measure healthcare, it will be, not by what the system was, but by what we chose it to be.

Thank you.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

私は大学一年生の時に グレーターボストン法律サービス住宅部門の インターンシップに応募しました 初日私がお茶酌みやコピーの 手伝いをするつもりでやってくると 正義感が強く 非常に志の高い 弁護士とペアになりました ジェフ・パーセルは 初日から私を最前線で 働かせてくれたのです 初日から私を最前線で働かせてくれたのです

次の九ヶ月間 私は ボストンの低所得世帯の人々と 話をする機会を 得ることが出来ました 彼らは住宅問題を 相談に来るのですが それらには必ず健康問題が つきものでした あるクライアントは 家賃滞納のため立ち退きを迫られていました 彼にはHIV治療の薬の支払いもあり 両方払うようなお金もなく 家賃を滞納するしかなかったのです ある母親は娘が喘息を 患っているのにもかかわらず 毎朝ゴキブリに覆われて目を覚ますような ところに住んでいました 私たちの訴訟戦略のひとつでは 私が大きなガラス瓶を持って クライアントの家を訪ねます そしてゴキブリをビンの中に集め 接着剤でポスターボードに貼り付け 標本にし これを証拠品として裁判所へ持ち込みます するとそれを見た裁判官は 気分が悪くなり 私たちはいつも勝訴しました ロースクールで学んだどんなことよりも 効率の良い方法だと言えますね

しかしこの九ヶ月の間 私は クライアントの生活に 我々が介入するのが 遅すぎたと感じ苛立ちを 覚えることが多くなりました 彼らが相談に来る頃には 危機的な状態に陥っていたのです 大学一年の終わり頃に 私はバリー・ザッカーマン医師の ボストン・メディカル・センターの 小児科長としての取り組みについて書かれた 記事を読みました まず彼が採用したのは 患者の代理人となる 法律相談の弁護士を雇うことでした

そこで私はバリーに連絡を入れ 彼の許可を得た上で1995年の10月 ボストン・メディカル・センター小児科クリニックの 待合室に足を踏み入れたのです 忘れもしません テレビの画面には延々とアニメが流れていました 2、3本、中には4本もバスを乗り継いで 子供を医者に見せに来ていた お母さん方の疲労は 手に取るようにわかりました

医師たちにはどんなに頑張っても すべての患者に十分な時間を割くことは 不可能に見えました 次の六ヶ月間私は 廊下でお医者さんに詰め寄り ナイーブだけれど基本的な質問をしました 「もし無制限のリソースがあったとしたら あなたは患者にまず何を与えますか」

答えはいつも同じでした 以来同じ答えを何百回も聞きました 『毎日患者がクリニックにやってきます 子供が耳の感染症を起こしているので 抗生物質を処方します しかし本当の問題は 家に食べるものが無いことです 本当の問題は その子が3部屋のアパートに12 人もの 人々と住んでいることです これらの問題について問うこともしません 何故なら私にはどうすることも出来ないからです 私が各患者に割くことができるのは13分 患者は診療所の待合室に溢れかえっています 最寄りの売店がどこにあるかもわからない 人も足りないんです 』 その診療所では今現在も 24,000 の小児患者につき ソーシャルワーカーが2人 他の診療所よりもまだましな状況です

ヘルス・リーズはこういった 会話から生まれました それは医師や看護師が 栄養価の高い食品を処方し 冬には暖房や 他の基本的なリソースを 薬を処方するように配布できると言う 簡単なモデルです 患者は自分の処方せんを クリニックの待合室にあるデスクに持って行き 私たちの活動の支持者である よく訓練された大学生が これらの家族と向き合い 数々の既存の コミュニティリソースを 紹介していくのです

我々の活動はクリニックの待合室の トランプ用テーブルで始まりました まるで道端のレモネードスタンドです しかし現在は大学生の参加者が千人おり 約 9千人の患者と その家族が健康に暮らすための リソースを紹介しています

18 ヶ月前私の元に 私の人生を変える電子メールが届きました それはジャック・ガイガー博士からでした そこには「ヘルス・リーズ」への称賛と 彼の言うちょっとした 歴史的背景が書かれていました 1965年ガイガー博士は我が国で最初に開設された 2つのコミュニティヘルスセンターのうち 1 つを ミシシッピ デルタの極貧地区に建てました 彼の患者の多くは 栄養失調の症状を呈していたので 食べ物を処方したのです 患者がこの処方箋を近所の スーパー マーケットに持っていくと スーパーは彼らに 食品を提供し クリニックの薬局予算へ請求しました ガイガー博士のクリニックに資金を出していた ワシントンD.C.にある経済機会局が このことについて知った時 彼らは激怒しました 経済機会局は官僚を一人よこして 彼らの資金は医療に使われるべきだと ガイガー博士に伝えたのです この時ガイガー博士は論理的な名言で答えました 「この間私が教科書で確認した時には 栄養失調の治療には 食べ物がいいと書かれていたが」

(笑)

だからガイガー博士からこの電子メールを頂いた時 私はこの歴史の一部になれたことを 誇りに思うべきだとわかっていました でも実際 私は打ちのめされていました なぜなら ガイガーが彼の患者に食品を処方してから45年 「これらの問題には『聞かざる・言わざる方針』 を実践している」 と医師たちは言います ガイガーの一件から45年も経ち 基本的なリソースを処方できるよう ヘルス・リーズはもういちど やり直さなければならないのです だから私は長い時間を費やし この妙な冬眠からの目覚めの意味を考えました 何十年もの間 特に低所得層の患者の健康を保つための 非常にシンプルなツールが あったのにもかかわらず なぜ我々 はそれを利用しなかったのでしょう? もし病人のケアシステムというより ヘルスケアシステムに 必要なものは分かっているのに なぜ行動に移さないのでしょう?

これらの問題の答えが出ないのは 答えが複雑だからではありません 私たちが自分に正直に ならなければならないからです 私は医療システムに求める 理想をはっきりと述べたり むしろそうした改善を 望んでいると認めることは あまりにも苦痛であると思っています 何故なら 私たちが理想とする医療は私たちの現状から あまりにもかけ離れたものだからです しかし 私の考えは変わりません この部屋にいる人々 全国民 誰もが 心の奥では同じような望みを持っていると そう思っています 自分自身に正直になり 静かに耳をすませば 私たちは皆 医療に対して 同じ高い理想をもっているのです それは皆が健康でいられる医療です

私たちが健康でいられるヘルスケアへの切望は 非常に強力なものです このことについて考えるとき 私は ヘルスケアも他の制度と同じように 人々の一連の選択によって 出来ているのだと思います もし我々が違う選択をしたならば どうなるでしょう? 医療本来の目的から 離れてしまった部分を選択して きっぱりと言ったらどうでしょう 「いいや これは私たちのものだ これらは 私たちのために使用される 私たちの理想を実現するために 使われるべきだ」と 私たちの望む医療を実現するために 必要なものがすべて 私たちの目の前に あったとしたらどうでしょう?

こうしてヘルス・リーズは始まりました 普通の紙で出来た処方箋用紙から それは始まりました 患者が良くなる為に ― 抗生物質、吸入器、薬など ― 何が必要か でなく 健康でいる為には何が必要かを問いました まず病気にならない為にどうしたらいいか? 我々はそうした目的に 処方箋を使うことにしました ここから数マイル先にある 国立子ども医療センターでは 患者が診察にやってくると いくつかの質問をされます 「月末に食べるものが なくなったりしませんか? 安全な住宅に住んでいますか?」 つまり医者は診察を始める前に 患者の身長、体重、家に十分な食べ物があるか 家族が保護施設に住んでいるかを 把握しているわけです よって医者が 正しい臨床的選択が出来るだけでなく ヘルス・リーズを他の専門医への 紹介と同じように利用して 患者にそれらのリソースを 処方することができます

問題は ― 医療における目標をひとつ達成してしまうと 次から次へともっとやりたくなる ということです そこでこう思いました もし一人ひとりの医者が これらの基本的なリソースを 患者に処方できるなら 医療システム全体の前提を 変えることができるのではないか そう思ったのです なのでとりあえずやってみました

もし今ハーレム病院センターに BMI値の高い患者がやってきた場合 病院の電子カルテは 自動的にヘルス・リーズの 処方箋を発行します そしてボランティア達が患者と そのコミュニティーでアクセスできる 健康な食生活と運動プログラムとを 結びつけるのです 私たちは病院に やってきたBMI値の高い患者が 医者のオフィスの壁に囲まれた部屋では 健康になるための全ての答えを 得ることなどできないはずだという 仮説を立てました それ以上が必要です

ある意味これは 単なる電子カルテの分類替えだとも 言えますが 電子カルテは 単に診断情報を記録しておく 保管庫としての機能から 健康のプロモーションツールになったのです 根本的な変貌です 民間セクターでは 固定費投資からそのような 付加価値を絞り出すと 「10億ドル価値企業」と呼ばれます ですが医療の世界では 肥満の削減とか糖尿病の削減 と呼ばれます それは医療と呼ばれ ― 医師達が健康を改善する為の ソリューションを 処方することができるシステムです 疾患の管理をするだけではありません

診療所の待合室でも同じです 毎日のこの国では 3百万人の患者が 約15万のクリニックの 待合室を訪れます 彼らはそこで何をするのでしょう? 座り、水槽の金魚を見たり とても古くなった 「グッド ハウスキーピング」といった雑誌を読み でもほとんどが長い間待ち時間で座っています 一体どうして ただ待つことに 何平方㎞もの場所と何千もの時間を 費やしているのでしょうか? もし風邪で来院した時に ただ座っているだけでなく 実際に健康になれる待合室があったら? いまや空港はショッピングモールになり マクドナルドは子供の遊び場になっています 医院の待合室は生まれ変われるのです

そういうことがヘルス・リーズが試みたことです そんな場所と時間を再利用したのです 患者が健康でいるための リソースを繋げる 場所として使うために 北東部の厳しい冬 あなたの子供は喘息持ちで 部屋の暖房は切られてしまいました 救急室の待合室にいます 冷気が子供の喘息を誘発したからです でも何時間も不安の中で待っているより 待合室でヘルス・リーズがあなたの家の 暖房が再び点くように 手続きをするのはどうですか?

もちろんこれには 広範な働き手が必要です でももし私たちがクリエイティブになれば もうそうした人員は確保できます 医師や看護師 ソーシャルワーカーだけでは 足りないのは分かっています 一分でも惜しい 医療の世界では 制約が多すぎます 医療は多くの時間を必要とするのです 臨床家でない人々の一群が必要です 地域ヘルスワーカーやケースマネージャー その他大勢です

次世代の医療従業者の一部が この国の千百万人の大学生だったら? 臨床業務に煩わされず 患者に負担を強いる傾向のある 官僚からの拒否にもめげず グーグルを使用して培った 比類無き情報検索の才能 そういったものを持つ 彼らだったとしたらどうでしょう?

大学生ボランティアが こんな献身をするわけが無いと 思うでしょうか それならこの言葉です: 「マーチ・マッドネス」 3月から始まる全米大学体育協会 男子バスケットボールトーナメントのあいだ 選手は1週間で39時間をスポーツに費やします それが良いか悪いかは別として いずれにしろそれは本当のことです ヘルス・リーズはこうした仮定に基づき ― あまりにも長くの間 助けが必要な地域へ 実際に影響をもたらすという時に 我々は大学生の可能性を見過ごしてきました 大学スポーツのチームなら こう言うでしょうね「何十時間かかけて とんでもなく朝早くに キャンパスのフィールドで 君と君のチームのパフォーマンスを測定する もし基準に満たなかったり来なかったりすれば 君はチームから脱落する しかし私達はトレーニングと能力開発に 大きな投資をするし 素晴らしい仲間たちの コミュニティを提供しよう」 その仲間になるために多くの応募者が ドアの前に列を作るでしょう

だからこう考えています ラグビー チームに使える手段は 健康と貧困についても使えるだろうと ヘルス・リーズも良い採用条件を示し 集中して訓練し プロフェッショナルにコーチングし 多くの時間を割くことを求め 結束の強いチームを作ります そして結果を測定します ― ティーチ・フォー・アメリカの医療版ですね

全米メディケイド患者数が上位10都市では それぞれ少なくとも2万人の大学生がいます ニューヨークだけでも50万人の大学生がいます これは患者たちと基本的な リソースを結びつける為の 短期的な労働力ではなく 次世代の医療におけるリーダーシップへの パイプラインなのです 2,3,4年間をクリニックの 待合室で 患者たちに最も基本的な健康ニーズに ついての話をした人々です そして彼らは私たちのヘルスケアの 最も基本的な理想を実現する為の 信念と能力と実力を身につけて ここを卒業していきます これらの人々はすでに何千人も存在しているのです

ミア・ロザダは UCSFメディカルセンターで内科の チーフ・レジデントをしています 学部の3年間は ヘルス・リーズのボランティアをして ボストンメディカルセンターの 診療所の待合室で働きました ミアは言います 「私のクラスメートが処方すると 彼らは仕事は終わりだと思います 私が処方箋を書くとき 家族は処方を読むことが できるかしら? 薬局への交通手段があるかしら? 薬と一緒に食べる 食べ物はあるかしら? 処方箋を支払う為の保険は? そんなヘルス・リーズで学んだ疑問が浮かびます 医学部では教えられませんでした」

これらの解決法のどれもが ― 処方箋、電子カルテ、 待合室、 大勢の大学生ボランティア ― 完璧ではありません しかし皆私たちが自由にできます これらは医療で十分に活用されていない ぼう大なリソースの簡単な例で 必要だと認識し 再配備すれば 私たちの医療の 最も基本的な理想を実現できます

ヘルス・リーズのアイデアが 私の頭に生まれたころ 私が法律サービスで働き始めて9ヶ月経っていました 私は弁護士のジェフ・パーセルに 辞めたいと 伝えなければなりませんでした このとんでもない考えのために 患者さんたちを見捨て 彼を失望させてしまうんじゃないかと 私は非常に緊張していました 私は彼に言いました 「ジェフ 私には大学生を動員し 患者の根本的な 健康ニーズに対応しようと言う アイデアがあります」 正直に言って 怒らないでほしいと ただそれだけを思っていました でも彼はこう言ったのです 「レベッカ、ビジョンがあるのならば あなたにはそのビジョンを 実現する義務があります あなたは そのビジョンを 追求しなければならないよ」 私は「うわあ プレッシャーだなあ」と 思いました 私は理解してほしかったけれど このような指令を 望んでいませんでした しかし本当のところ 私はそれ以来ほぼ毎日 起きている時間のほとんどを費やして そのビジョンを追って来ました

私たちは皆この国の医療について ビジョンを持っていると思っています そして最終的には ― 医療の質を測るならば 治した病気の数でなく 予防に成功した病気によってでしょう 私たちの技術の卓越性でもなければ 専門医がいかに 洗練されているかでもありません どれ程私たちがそういったものの 必要が無く過ごせたかなのです そして何よりも 私たちが医療の質を測るとき それは一体どんなシステムだったのかと 語られるので無く どんなシステムを私たちが選んだか で語られるべきでしょう

ありがとう

(拍手)

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画