パフォーマンス

パフォーマンス
エンターテイメント

パフォーマンス

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
サラ・ジョーンズ: 一人5役の女性による、セックスについての未来の授業
このパフォーマンスで、サラ・ジョーンズは未来の教室の最前列に皆さんを誘います。そこでは、教師が2016年から来たさまざまな人物を演じ、セックス・ワークに関するさまざまな見方を示します。ジョーンズは役を替えながら、年配の家政婦、「セックス・ワーク学」専攻学生、コールガール、修道女から売春婦に転身した女性、そして、独身最後のパーティーにストリップクラブへ行く男性を表現します。それらはタブーである話題を興味深く...
ヘルダー・ギマレス: マジックでたどる「偶然」を探す旅
小さな偶然は、身近で絶えず起こっています。でも、私たちは気付きません。偶然は探さなければならないのです。マジシャンのヘルダー・ギマレスは、一組のトランプ、1ドル札1枚、キリンのぬいぐるみを手に、楽しく繊細なトリックで、「小さな偶然」をあぶり出します。
ジル・シャーガー: どうか皆さんお願いします “awesome”に本来のawe(畏敬)の意味を取り戻し...
次のうち、どちらがawesome(すごい)でしょうか。あなたが食べるランチでしょうか、ギザの大ピラミッドでしょうか。コメディアンであるジル・シャーガーは、“awesome”という言葉を本来の意味である「畏敬の念をかきたてる」ものだけに使おうと、ユーモアたっぷりに呼びかけます。
ゼイ・フランク: あなたは人間ですか?
あなたは「自分は人間なのか?」という疑問を抱いたことはありますか?ゼイ・フランクはこれを判断する簡単な質問を次々に投げかけます。リラックスして彼の言うことに従ってください。では始めましょう・・・
デヴィッド・クォン: 2つのマニアックなこだわりが出会うところ ― それはマジック
デヴィッド・クォンはマジシャンですが、クロスワードも作っています。つまり、相当マニアックな人間なのです。さて、彼が次に仕掛けるトリックとは・・・。
マルコ・テンペスト: これぞ史上最高のロボットのデモ(かも)
マルコ・テンペストは、人間と一緒に働けるようデザインされた多目的ロボットのエディ(EDI)を素敵な演出でご紹介します。今回はマジックよりは、よく計算された振り付けによるパフォーマンスが中心です。ロボットの知覚技術、安全機能、強みを示し、人間とロボットのより近い関係の可能性を示します(それにマジックも少し)。
サラ・ジョーンズ: どんな未来が待っているか? 予測不能な11人の回答
サラ・ジョーンズは衣装を替えるだけで、たちまち人格を変えることができます。笑いにあふれたこのパフォーマンスで、彼女は未来から11人の「友達」をステージに招きます。早口のラテンアメリカ系女性もいれば、率直に語る警察官もいます。彼らにちょっと未来の様子を聞いてみましょう。
アポロ・ロビンス: 注意をそらすテクニック
世界一のスリとして名高いアポロ・ロビンスは、時計を盗みとりつつ、人間の興味深い反応を研究しています。抱腹絶倒の実演では、バイキング料理でも選ぶようにTEDGlobal 2013の参加者から一人を選びます。そして見せてくれるのは、人間の知覚の弱点を利用して、財布を抜き取り、持ち主の肩に載せても全く気づかない様子です。
トム・サム: 口で奏でるオーケストラ
ビートボクサーのトム・サムの魅力全開のパフォーマンス。彼の口からは、ビート、ユーモアいっぱいのトークの他、様々な楽器の音色が奏でられます。創造性と笑いが溢れる11分間を、お楽しみください。(TEDxSydney にて収録)
BLACK: ヨーヨーの達人への道
ヨーヨーをただ回らせるだけでも四苦八苦していた日を覚えていますか? うまい人なら「犬の散歩」もできたかもしれませんね。でも、あなたはまだ本当のヨーヨーを知りません。日本から来たヨーヨー世界チャンピオンのBLACKが、人生の情熱を見出した心に響く話とともに、息をのむパフォーマンスをお目にかけます。これを見たら、引き出しの奥からまたヨーヨーを引っ張り出そうという気になるかもしれません。
マズ・ジョブラニ: サウジアラビア人、インド人、イラン人が カタールのバーにやって来て…
イラン系アメリカ人でコメディアンのマズ・ジョブラニがカタールで開かれたTEDxSummit、ドーハのステージで中東の抱える深刻な問題について語ります。挨拶の時の頬へのキスは何回?アメリカの航空機の中でのタブーって何?
マルコ・テンペスト: 空前絶後のサイバー・カードマジック
カードの種類や数字や色は,季節,月の周期,暦を表しています。マルコ・テンペストが拡張現実ゴーグルをつけて,詩的な語りとともに見たこともないようなカードマジックを披露します。(このバージョンは,当初のパフォーマンスで見られた技術上の問題を修正しています。それ以外はTEDGlobalで披露されたものと同一で,見事な拡張現実の効果もご覧いただけます。)
マルコ・テンペスト: ニコラ・テスラ ― 電気にかけた波乱の人生
マルコ・テンペストが,プロジェクション・マッピングと飛び出す絵本を組み合わせて、視覚的で魅力あふれる話を聞かせてくれます。「史上最大のギーク」と言われるニコラ・テスラの、交流電流発明の成功から貧しい晩年までの物語です。
レジー・ワッツ: ビートボックスをも凌ぐビート
レジー・ワッツの刻むビートは、ビートボックスをも凌ぎます。論理をいったんオフにして、彼が詩を織り交ぜながら、音楽のジャンルを飛びこえて、スケールの大きなパフォーマンスを見せてくれるのをご覧ください。
マルコ・テンペスト: 拡張現実がつくり出す魔法
マルコ・テンペストが紡ぎ出す美しい物語は、マジックとは何であり、それがいかに人々を楽しませ、いかに人間性に光を当てるかを語ります。自作の拡張現実マシンで作り出すものすごいイリュージョンとともに。
コリン・ロバートソン: TED講演者をおそった最大の悪夢
太陽光発電クラウドソーシング健康管理システムを世界に向け紹介するため、コリン・ロバートソンがTEDの舞台で与えられた3分間。そこで起こったのは・・・
ロビン・インス: 科学は驚きを失わせてしまうのか?
科学は命の魔法を台無しにしてしまうのでしょうか?気難しいけれど魅力的な独白を通じて、ロビン・インスはそうではないと語ります。宇宙の驚くべき性質を知れば知るほど、私たちは畏怖の念に打たれてしまうのです。
マルコ・テンペスト: 拡張現実的テクノマジック
華麗な指先のテクニックと魅力的な語りで、イリュージョニストのマルコ・テンペストがTEDGlobalの舞台で絵の中の棒人間に命を吹き込みます。
マルコ・テンペスト: 嘘と真実とiPodのマジック
3つのiPodをマジックの小道具として使い、マルコ・テンペストが嘘と真実、芸術と感情についての巧妙で驚くほど心温まる省察を展開します。
ヘールト・チャトロウ: ちょっと聞いたことのない口笛の妙技
口笛の世界チャンピオンであるヘールト・チャトロウが、TEDxRotterdamでA・ホンホフの気まぐれな曲「エレオノーラ」と、彼自身の曲「美の饗宴」を披露します。そして素敵な幕間の語りでは、彼がこの道へと導かれた顛末を聞かせてくれます。
ミワ・マトレイェク: 魅惑の幻想
ミワ・マトレイェクは、内面と外面の発見の旅をアニメーションにプロジェクション(投映)、それに自分の影の動きを使って演じていく。それはとても素敵な瞑想的な作品になっている。アンナ・オキシジェン、ミラ、キャロライン・ラフキン、そしてマイリースの音楽とともに静かな10分間を楽しもう。
ジャミール・アブ=ワーダ: 悪の枢軸中東コメディーツアー
ジャミール・アブ=ワーダは悪の枢軸コメディーツアーを創設しアラブ界でコメディーを始動させました、こうしてい中東中で観衆を笑わすピンのコメディアンが誕生しました。彼は三つのB--(Blue material) (Beliefs)と("Bolitics")を避けることで、悪の枢軸コミックは国境の垣根を越えた笑いを生み出せることに気づきました。
マズ・ジョブラニ: イラン系アメリカ人の噂聞いてる?
悪の枢軸コメディツアーの初期メンバーでソロ喜劇者であるマズ・ジョブラニがイラン系アメリカ人である苦悩や葛藤を語ります。「核計画は必要と感じながら 信頼は置けないなと思う私がいます・・・」
ジュリア・スウィーニ: 「談話」
コメディアンのジュリア・スウィーニは、彼女の努力とは逆に、8歳の娘さんが蛙に生殖について学び始めた時ちょっとした嘘をつかなくてはなりません。というのも娘さんがとても機転の利いた質問をし始めるからです。
エリック・ミード: プラシーボマジック
砂糖の錠剤、偽の注射など、偽薬(プラシーボ)は想像以上に実際に効果を発揮することが研究で明らかになっています。TEDMEDでマジシャンのエリック・ミードはあなたが本物ではないと認識している時でさえ、効果があるかの様な反応を見せることを証明してみせます。(注意: この公演は注射器や血に拒絶反応を示す方には好ましくない内容を含んでいます。)
ナターシャ・ザコス: マルチメディア劇場アドベンチャー
ナターシャ・ザコスが自己の一人芝居であるマルチメディアショー「Upwake」の一部をお届けします。3Dアニメーションと電子音に包まれた独創的な仮想世界の中でキャラクターのZeroに扮した彼女が夢と現実を織り交ぜます。
ナチュラリー7: 7人のビートボックス
独自のスタイルを持ったR&Bグループのナチュラリー7が、ビートボックスでオーケストラ並みの楽器のグルーヴをパフォーマンスします。曲は"Fly Baby"です。
サラ・ジョーンズ: グローバル・ビレッジの1人の女性として
サラ・ジョーンズは、意固地な年配のユダヤ人女性、早口のドミニカ人の大学生などを陽気で生き生きと演じます。彼女が持つ幅広いキャラクターのほんの一例をTED2009で紹介します。
ジェームズ・バーチフィールド: (見えざる)ターンテーブル演奏
「オーディオ・ポエット」ことジェームズ・バーチフィールド が、複雑な3分間のヒューマンビートボックスの演奏を披露します。熱い ダイナミックなヒップホップのリズムから、ターンテーブルのスクラッチ音まで、そのすべてが彼の声だけによるものです。
サラ・ジョーンズ: 一人5役の女性による、セックスについての未来の授業
25:28
2015/06/09
このパフォーマンスで、サラ・ジョーンズは未来の教室の最前列に皆さんを誘います。そこでは、教師が2016年から来たさまざまな人物を演じ、セックス・ワークに関するさまざまな見方を示します。ジョーンズは役を替えながら、年配の家政婦、「セックス・ワーク学」専攻学生、コールガール、修道女から売春婦に転身した女性、そして、独身最後のパーティーにストリップクラブへ行く男性を表現します。それらはタブーである話題を興味深く描き出し、セックスにまつわる文化規範を完全にひっくり返すものです。
ヘルダー・ギマレス: マジックでたどる「偶然」を探す旅
13:15
2015/02/27
小さな偶然は、身近で絶えず起こっています。でも、私たちは気付きません。偶然は探さなければならないのです。マジシャンのヘルダー・ギマレスは、一組のトランプ、1ドル札1枚、キリンのぬいぐるみを手に、楽しく繊細なトリックで、「小さな偶然」をあぶり出します。
ジル・シャーガー: どうか皆さんお願いします “awesome”に本来のawe(畏敬)の意味を取り戻しましょう
06:17
2014/08/29
次のうち、どちらがawesome(すごい)でしょうか。あなたが食べるランチでしょうか、ギザの大ピラミッドでしょうか。コメディアンであるジル・シャーガーは、“awesome”という言葉を本来の意味である「畏敬の念をかきたてる」ものだけに使おうと、ユーモアたっぷりに呼びかけます。
ゼイ・フランク: あなたは人間ですか?
04:32
2014/07/18
あなたは「自分は人間なのか?」という疑問を抱いたことはありますか?ゼイ・フランクはこれを判断する簡単な質問を次々に投げかけます。リラックスして彼の言うことに従ってください。では始めましょう・・・
デヴィッド・クォン: 2つのマニアックなこだわりが出会うところ ― それはマジック
11:43
2014/07/11
デヴィッド・クォンはマジシャンですが、クロスワードも作っています。つまり、相当マニアックな人間なのです。さて、彼が次に仕掛けるトリックとは・・・。
マルコ・テンペスト: これぞ史上最高のロボットのデモ(かも)
06:18
2014/05/06
マルコ・テンペストは、人間と一緒に働けるようデザインされた多目的ロボットのエディ(EDI)を素敵な演出でご紹介します。今回はマジックよりは、よく計算された振り付けによるパフォーマンスが中心です。ロボットの知覚技術、安全機能、強みを示し、人間とロボットのより近い関係の可能性を示します(それにマジックも少し)。
サラ・ジョーンズ: どんな未来が待っているか? 予測不能な11人の回答
18:36
2014/05/02
サラ・ジョーンズは衣装を替えるだけで、たちまち人格を変えることができます。笑いにあふれたこのパフォーマンスで、彼女は未来から11人の「友達」をステージに招きます。早口のラテンアメリカ系女性もいれば、率直に語る警察官もいます。彼らにちょっと未来の様子を聞いてみましょう。
アポロ・ロビンス: 注意をそらすテクニック
08:48
2013/09/13
世界一のスリとして名高いアポロ・ロビンスは、時計を盗みとりつつ、人間の興味深い反応を研究しています。抱腹絶倒の実演では、バイキング料理でも選ぶようにTEDGlobal 2013の参加者から一人を選びます。そして見せてくれるのは、人間の知覚の弱点を利用して、財布を抜き取り、持ち主の肩に載せても全く気づかない様子です。
トム・サム: 口で奏でるオーケストラ
11:42
2013/07/19
ビートボクサーのトム・サムの魅力全開のパフォーマンス。彼の口からは、ビート、ユーモアいっぱいのトークの他、様々な楽器の音色が奏でられます。創造性と笑いが溢れる11分間を、お楽しみください。(TEDxSydney にて収録)
BLACK: ヨーヨーの達人への道
10:29
2013/04/19
ヨーヨーをただ回らせるだけでも四苦八苦していた日を覚えていますか? うまい人なら「犬の散歩」もできたかもしれませんね。でも、あなたはまだ本当のヨーヨーを知りません。日本から来たヨーヨー世界チャンピオンのBLACKが、人生の情熱を見出した心に響く話とともに、息をのむパフォーマンスをお目にかけます。これを見たら、引き出しの奥からまたヨーヨーを引っ張り出そうという気になるかもしれません。
マズ・ジョブラニ: サウジアラビア人、インド人、イラン人が カタールのバーにやって来て…
07:12
2012/12/12
イラン系アメリカ人でコメディアンのマズ・ジョブラニがカタールで開かれたTEDxSummit、ドーハのステージで中東の抱える深刻な問題について語ります。挨拶の時の頬へのキスは何回?アメリカの航空機の中でのタブーって何?
マルコ・テンペスト: 空前絶後のサイバー・カードマジック
06:36
2012/10/26
カードの種類や数字や色は,季節,月の周期,暦を表しています。マルコ・テンペストが拡張現実ゴーグルをつけて,詩的な語りとともに見たこともないようなカードマジックを披露します。(このバージョンは,当初のパフォーマンスで見られた技術上の問題を修正しています。それ以外はTEDGlobalで披露されたものと同一で,見事な拡張現実の効果もご覧いただけます。)
マルコ・テンペスト: ニコラ・テスラ ― 電気にかけた波乱の人生
06:06
2012/06/20
マルコ・テンペストが,プロジェクション・マッピングと飛び出す絵本を組み合わせて、視覚的で魅力あふれる話を聞かせてくれます。「史上最大のギーク」と言われるニコラ・テスラの、交流電流発明の成功から貧しい晩年までの物語です。
レジー・ワッツ: ビートボックスをも凌ぐビート
09:43
2012/05/25
レジー・ワッツの刻むビートは、ビートボックスをも凌ぎます。論理をいったんオフにして、彼が詩を織り交ぜながら、音楽のジャンルを飛びこえて、スケールの大きなパフォーマンスを見せてくれるのをご覧ください。
マルコ・テンペスト: 拡張現実がつくり出す魔法
06:32
2012/03/30
マルコ・テンペストが紡ぎ出す美しい物語は、マジックとは何であり、それがいかに人々を楽しませ、いかに人間性に光を当てるかを語ります。自作の拡張現実マシンで作り出すものすごいイリュージョンとともに。
コリン・ロバートソン: TED講演者をおそった最大の悪夢
03:50
2012/03/09
太陽光発電クラウドソーシング健康管理システムを世界に向け紹介するため、コリン・ロバートソンがTEDの舞台で与えられた3分間。そこで起こったのは・・・
ロビン・インス: 科学は驚きを失わせてしまうのか?
08:39
2011/11/18
科学は命の魔法を台無しにしてしまうのでしょうか?気難しいけれど魅力的な独白を通じて、ロビン・インスはそうではないと語ります。宇宙の驚くべき性質を知れば知るほど、私たちは畏怖の念に打たれてしまうのです。
マルコ・テンペスト: 拡張現実的テクノマジック
05:45
2011/11/04
華麗な指先のテクニックと魅力的な語りで、イリュージョニストのマルコ・テンペストがTEDGlobalの舞台で絵の中の棒人間に命を吹き込みます。
マルコ・テンペスト: 嘘と真実とiPodのマジック
05:07
2011/08/12
3つのiPodをマジックの小道具として使い、マルコ・テンペストが嘘と真実、芸術と感情についての巧妙で驚くほど心温まる省察を展開します。
ヘールト・チャトロウ: ちょっと聞いたことのない口笛の妙技
15:06
2011/02/15
口笛の世界チャンピオンであるヘールト・チャトロウが、TEDxRotterdamでA・ホンホフの気まぐれな曲「エレオノーラ」と、彼自身の曲「美の饗宴」を披露します。そして素敵な幕間の語りでは、彼がこの道へと導かれた顛末を聞かせてくれます。
ミワ・マトレイェク: 魅惑の幻想
11:43
2010/11/01
ミワ・マトレイェクは、内面と外面の発見の旅をアニメーションにプロジェクション(投映)、それに自分の影の動きを使って演じていく。それはとても素敵な瞑想的な作品になっている。アンナ・オキシジェン、ミラ、キャロライン・ラフキン、そしてマイリースの音楽とともに静かな10分間を楽しもう。
ジャミール・アブ=ワーダ: 悪の枢軸中東コメディーツアー
09:15
2010/08/19
ジャミール・アブ=ワーダは悪の枢軸コメディーツアーを創設しアラブ界でコメディーを始動させました、こうしてい中東中で観衆を笑わすピンのコメディアンが誕生しました。彼は三つのB--(Blue material) (Beliefs)と("Bolitics")を避けることで、悪の枢軸コミックは国境の垣根を越えた笑いを生み出せることに気づきました。
マズ・ジョブラニ: イラン系アメリカ人の噂聞いてる?
09:45
2010/08/19
悪の枢軸コメディツアーの初期メンバーでソロ喜劇者であるマズ・ジョブラニがイラン系アメリカ人である苦悩や葛藤を語ります。「核計画は必要と感じながら 信頼は置けないなと思う私がいます・・・」
ジュリア・スウィーニ: 「談話」
09:26
2010/05/14
コメディアンのジュリア・スウィーニは、彼女の努力とは逆に、8歳の娘さんが蛙に生殖について学び始めた時ちょっとした嘘をつかなくてはなりません。というのも娘さんがとても機転の利いた質問をし始めるからです。
エリック・ミード: プラシーボマジック
09:06
2010/03/12
砂糖の錠剤、偽の注射など、偽薬(プラシーボ)は想像以上に実際に効果を発揮することが研究で明らかになっています。TEDMEDでマジシャンのエリック・ミードはあなたが本物ではないと認識している時でさえ、効果があるかの様な反応を見せることを証明してみせます。(注意: この公演は注射器や血に拒絶反応を示す方には好ましくない内容を含んでいます。)
ナターシャ・ザコス: マルチメディア劇場アドベンチャー
15:13
2009/08/31
ナターシャ・ザコスが自己の一人芝居であるマルチメディアショー「Upwake」の一部をお届けします。3Dアニメーションと電子音に包まれた独創的な仮想世界の中でキャラクターのZeroに扮した彼女が夢と現実を織り交ぜます。
ナチュラリー7: 7人のビートボックス
03:57
2009/05/15
独自のスタイルを持ったR&Bグループのナチュラリー7が、ビートボックスでオーケストラ並みの楽器のグルーヴをパフォーマンスします。曲は"Fly Baby"です。
サラ・ジョーンズ: グローバル・ビレッジの1人の女性として
21:01
2009/04/29
サラ・ジョーンズは、意固地な年配のユダヤ人女性、早口のドミニカ人の大学生などを陽気で生き生きと演じます。彼女が持つ幅広いキャラクターのほんの一例をTED2009で紹介します。
ジェームズ・バーチフィールド: (見えざる)ターンテーブル演奏
04:44
2008/10/13
「オーディオ・ポエット」ことジェームズ・バーチフィールド が、複雑な3分間のヒューマンビートボックスの演奏を披露します。熱い ダイナミックなヒップホップのリズムから、ターンテーブルのスクラッチ音まで、そのすべてが彼の声だけによるものです。