TED日本語 - レジー・ワッツ: ビートボックスをも凌ぐビート

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - レジー・ワッツ: ビートボックスをも凌ぐビート

TED Talks

ビートボックスをも凌ぐビート
Beats that defy boxes
レジー・ワッツ
Reggie Watts

内容

レジー・ワッツの刻むビートは、ビートボックスをも凌ぎます。論理をいったんオフにして、彼が詩を織り交ぜながら、音楽のジャンルを飛びこえて、スケールの大きなパフォーマンスを見せてくれるのをご覧ください。

Script

(Non English)

(French) Mais Des fois on peut voir parce Que Les gens ici faire Des choses on peut manger.

(French) Mais quand tu es fache avec quelqu'un c'est pas passe the first time.

(British English) And that's one of the things that I enjoy most about this convention. It's not so much, as so little has to do with what everything is.

(Laughter)

But it is within our self-interest to understand the topography of our lives unto ourselves.

(Laughter)

The future states that there is no time other than the collapsation of that sensation of the mirror of the memories in which we are living.

(Laughter)

Common knowledge, but important nonetheless.

(Laughter)

As we face fear in these times, and fear is all around us, we also have anti-fear. It's hard to imagine or measure. The background radiation is simply too static to be able to be seen under the normal spectral analysis.

(American accent) But we feel as though there are times when a lot of us -- you know what I'm saying? But -- you know what I'm saying? Because, as a hip hop thing, you know what I'm saying, TED be rocking -- you know what I'm saying. Like so I wrote a song, and I hope you guys dig it. It's a song about people and sasquatches --

(Laughter)

And other French science stuff. That's French science. Okay, here we go.

(Singing) I've been trying inside I know that I'm in trouble

(Applause)

that I'm in trouble by myself But every time it gets me

(Vocalization)

(Beatbox)

(Singing) And I've been trying to be the one that you believe in And you're the one that I want to be so saucy And you're the one I want to [ unclear ], baby And you can do anything as long as you don't get hurt along the way back

(Beatbox)

If I survive, I'm going to tell you what is wrong Because if you were [ unclear ] And I think that you're looking like a [ unclear ] I give you what I want to be

(Music)

(Music ends abruptly)

(British accent) And it's like, you could use as many of those things that you want.

(Applause) And the computer models, no matter how many that you have and how many people that you use, are never going to be able to arrive at the same conclusions. Four years ago I worked with a few people at the Brookings Institute, and I arrived at a conclusion.

(Laughter)

Tomorrow is another day.

(Laughter)

Not just any day, but it is a day. It will get here, there's no question.

And the important thing to remember is that this simulation is a good one. It's believable, it's tactile. You can reach out -- things are solid. You can move objects from one area to another. You can feel your body. You can say, "I'd like to go over to this location," and you can move this mass of molecules through the air over to another location, at will.

(Laughter)

That's something you live inside of every day. Now with the allocation and the understanding of the lack of understanding, we enter into a new era of science in which we feel nothing more than so much so as to say that those within themselves, comporary or non-comporary, will figuratively figure into the folding of our non-understanding and our partial understanding to the networks of which we all draw our source and conclusions from.

(Laughter)

So, as I say before the last piece, feel not as though it is a sphere we live on, rather an infinite plane which has the illusion of leading yourself back to the point of origin.

(Laughter)

Once we understand that all the spheres in the sky are just large infinite planes, it will be plain to see.

(Laughter)

(Audience) (Laughter)

This is my final piece. And just remember, everything you are -- it's more important to realize the negative space, as music is only the division of space; it is the space we are listening to divided as such, which gives us the information in comparison to something other that gives us the idea of what the idea that wants to be transmitted wants to be. So please, without further ado.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

This is a fun one. It goes like this.

(Beatbox)

(Gibberish)

(Music ends)

Okay, for the last piece I'd like to do, this one goes very similar to this. I hope you guys recognize it. Here we go. Okay, that still works. Okay, good. All right, here we go.

(Laughter)

(Beatbox)

Here we go.

(Beatbox)

Yeah, yo, yo, yo

(Gibberish)

(Music fades out)

Thank you. Enjoy the rest.

(Applause)

[スペイン語風の言語]

[仏語]たまに見えるはず 周りの人々が... ここで何かをするから 食べられる

[仏語]でも君が誰かに怒っていれば [仏語]許さんだろう [英語]最初は

[イギリス英語]これがTEDで 一番楽しい事だと思います 世の中のこととの関係は 深くも浅くもありません

(笑)

でもこれは 私利私欲で 自分たちのためだけに 人生設計を理解するようなものです

(笑)

未来はこう語りかけています 我々が生きている記憶という鏡 ― その感覚が崩れ去ってしまう以外に 何も残されないのだと

(笑)

常識であるとはいえ やはり重要です!

(笑)

こんな時代に恐怖に直面し 恐怖に囲まれていると 反恐怖性も生まれます 想像したり計るのは難しいものです 背景放射はあまりにも動きがないため 普通のスペクトル解析では 見えないのです

[アメリカ英語]でも私たちは まるでこれまでに何度も 私たちのほとんどが ― 言っていることが分かりますか? でも ― 本当に分かるのか? ほらよ ヒップホップみたいに 分かるだろ TEDはすげえっての 分かるだろ? 俺が歌を作ったから 気に入ってくれるといいな この歌は人々と あとビッグフットについての歌だ

(笑)

それとフランスの科学のこともね フランスの科学だよ じゃあ はじめようか

(歌)自分の中で 試してる ちょっと困ったことになった

(拍手)

困ったことになった 俺のせいなんだ でも逃れられない

(発声)

(ビートボックス)

(歌)お前に信じてもらえる人間に なろうとしてる お前は俺を粋がらせる お前のためなら ベイビー お前なら何だってできるさ 帰る途中でケガしなければな

(ビートボックス)

生き延びられたら どこが悪かったか言うよ だって もしお前が[不明瞭] お前は[不明瞭]のようさ お前に俺のなりたいものを教えるよ

(音楽)

(音楽が突然やむ)

[イギリス英語]それに 皆さんは望むままに 欲しい物を使えますよね?

(拍手) コンピュータのモデルは どんなに多く持っていても どれほど多くの人々が使っても 決して同じ結論に到達できないのです 4年前ブルッキングズ研究所で 数人と一緒に研究し 結論を導き出しました

(笑)

明日は新しい日なのです

(笑)

どんな日でもいいわけではなく ある1日なのです 明日がやってくることは 間違いありません

覚えておいてほしい重要なことは このシミュレーションが 良いものであることです 信じられるし触れられます 手を伸ばすことができ 頑丈です 物をある場所から 別の場所に動かせるし 自分の体を感じることもできます 「この場所に行きたい」と言えるし この分子の塊を気の向くままに 空気の中を通って動かせます

(笑)

毎日その空気の中で生きているのです さて理解が欠如しているということに関する 配分と理解をもって 私たちは科学の新しい時代に突入します 私たちが次のように語る以上には 感じることはありません それらはそれら自身の中で コンポラリーであれ 非コンポラリーであれ 私たちがソースとしたり 結論を導き出すような ネットワークに対する 私たちの無理解と 部分的な理解の組み合わせへと 比喩的に 描かれるのだと

(笑)

先ほどの曲の前に言った通り 感じるのです 我々が暮らしているのは球体ではなく 無限に広がる平面であり 自分の起源に戻れるという幻想に 憑りつかれていることを

(笑)

空に広がるすべての天体が 無限に広がる ― プレーン(平面)だとわかれば プレーンに(たやすく)わかります

(笑)

(聴衆)(笑)

最後の曲です 覚えておいてください あなた自身という概念を ネガティブなスペースに気付くことが より重要なのは 音楽はスペースを 分割するに過ぎないからです 私たちが耳を澄ますスペースこそ 分割されているものであり 伝えられたいアイディアが どうなりたいと考えているかを 教えてくれるような 他の何かと比較することで 私たちに情報を与えてくれます このくらいにしましょうか

(拍手)

ありがとう

(拍手)

これは楽しいよ こうするんだ

(ビートボックス)

(ちんぷんかんぷん)

(音楽終わり)

さて 最後の曲も これによく似ているんだ どの曲か気付いてくれよ やるぞ! 調子いいですね オッケー それではやるぞ!

(笑)

(ビートボックス)

やるぞ!

(ビートボックス)

イェイ ヨ ヨ ヨ

(ちんぷんかんぷん)

(音楽が小さくなる)

ありがとう 次のトークも楽しんでくれ

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画