TED日本語 - ジョン・レジェンド: 『リデンプション・ソング(あがないの歌)』

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ジョン・レジェンド: 『リデンプション・ソング(あがないの歌)』

TED Talks

『リデンプション・ソング(あがないの歌)』
"Redemption Song"
ジョン・レジェンド
John Legend

内容

ジョン・レジェンドはアメリカの刑事司法制度の改革を使命と負い活動しています。彼が主催する「Free America」キャンペーンを通し、受刑者の刑務所、拘置所、留置所内における罪の償いと社会復帰を促進し、刑期を終えた出所者が希望を持ち更生できるよう支援を訴えています。サン・クエンティン刑務所で服役中のジェームス・カヴィットの生の言葉がプレリュードとなり、レジェンド流にアレンジしたボブ・マーレーの『リデンプション・ソング』の演奏で観客を魅惑します。「一緒に歌ってくれないか、自由の歌を」と。

Script

At Free America, we've done a listening and learning tour. We visited not only with prosecutors but with legislators, with inmates in our state and local prisons. We've gone to immigration detention centers. We've met a lot of people. And we've seen that redemption and transformation can happen in our prisons, our jails and our immigration detention centers, giving hope to those who want to create a better life after serving their time.

Imagine if we also considered the front end of this prison pipeline. What would it look like if we intervened, with rehabilitation as a core value -- with love and compassion as core values? We would have a society that is safer, healthier and worthy of raising our children in.

I want to introduce you to James Cavitt. James served 12 years in the San Quentin State Prison and is being released in 18 months. Now James, like you and me, is more than the worst thing he's done. He is a father, a husband, a son, a poet. He committed a crime; he's paying his debt, and working hard to build the skills to make the transition back to a productive life when he enters the civilian population again.

Now James, like millions of people behind bars, is an example of what happens if we believe that our failings don't define who we are, that we are all worthy of redemption and if we support those impacted by mass incarceration, we can all heal together.

I'd like to introduce you to James right now, and he's going to share his journey of redemption through spoken word.

James Cavitt: Thanks, John. TED, welcome to San Quentin. The talent is abundant behind prison walls. Future software engineers, entrepreneurs, craftsmen, musicians and artists. This piece is inspired by all of the hard work that men and women are doing on the inside to create better lives and futures for themselves after they serve their time.

This piece is entitled, "Where I Live."

I live in a world where most people are too afraid to go. Surrounded by tall, concrete walls, steel bars, where razor wire have a way of cutting away at the hopes for a brighter tomorrow.

I live in a world that kill people who kill people in order to teach people that killing people is wrong. Imagine that.

Better yet, imagine a world where healed people helped hurt people heal and become strong. Maybe then we would all be singin' "Redemption Song."

I live in a world that has been called "hell on Earth" by those trapped inside. But I've come to the stark realization that prison -- it really is what you make it. You see, in spite of the harshness of my reality, there is a silver lining. I knew that my freedom was gonna come, it was just a matter of time. And so I treated my first steps as if they were my last mile, and I realized that you don't have to be free in order to experience freedom.

And just because you're free, doesn't mean that you have freedom. Many of us, for years, have been battling our inner demons. We walk around smiling when inside we're really screamin': freedom!

Don't you get it? We're all serving time; we're just in different places. As for me, I choose to be free from the prisons I've created. The key: forgiveness. Action's my witness. If we want freedom, then we gotta think different. Because freedom ... it isn't a place. It's a mind setting.

Thank you.

(Applause)

(Piano)

John Legend: Old pirates, yes, they rob I. Sold I to the merchant ships. Minutes after they took I from the bottomless pit.

My hands were made strong by the hand of the almighty. We forward in this generation triumphantly.

Won't you help to sing these songs of freedom? 'Cause all I ever had -- redemption songs. Redemption songs.

Emancipate yourselves from mental slavery. None but ourselves can free our minds. Have no fear for atomic energy 'cause none of them can stop the time.

How long shall they kill our prophets while we stand aside and look? Some say it's just a part of it, we've got to fulfill the book.

Won't you help to sing these songs of freedom? 'Cause all I ever had -- redemption songs. Redemption songs.

(Piano)

Emancipate yourselves from mental slavery. None but ourselves can free our minds. Have no fear for atomic energy 'cause none of them can stop the time.

How long shall they kill our prophets while we stand aside and look? Some say it's just a part of it, we've got to fulfill the book.

Won't you help to sing these songs of freedom?

'Cause all I ever had -- redemption songs. Redemption songs. These songs of freedom. 'Cause all I ever had -- redemption songs. Redemption songs. Redemption songs.

(Piano)

(Applause)

Thank you.

Thank you.

(Applause)

私の主催する「Free America」で 実態調査をしました 検察官と会談しただけではなく 立法府の議員や 州や自治体の刑務所で 服役中の受刑者とも会い 入国者収容所にも出向き 沢山の人の意見を聞きました その結果わかった事は 刑務所 拘置所 入国収容所内での 罪のあがないと更生は可能であり 服役終了後の 人生のやり直しに向けた 希望を与えられる ということです

収容制度の流れを 最初から考え直してみてください 冒頭から更生を一番の目的にした 対策をとり 愛情といたわりを ― 基本的な価値基準とすれば どうなるでしょう そうしたら もっと安全で 健全で 安心して子供を育てられる 社会になると確信しています

ここでジェームス・カヴィットを紹介します ジェームスはサン・クエンティン 州立刑務所で12年間服役し 18ヶ月後に出所します そんなジェームスも我々と同様の人間 ― 最悪の過ちも犯しましたが 罪そのものよりもましな人間です 彼は父親、夫、息子で 詩人でもあります 彼は罪を犯し その償いをしています 新たに社会に戻った時に 社会貢献ができるように 技術の習得を 熱心に行っています

ジェームスは ― 彼のような囚人は沢山いますが ― 過ちが人格を定義するのではなく 全ての者が 罪の償いをするに価すると 我々が信じたときに そして集団で服役生活を過ごす人々に 手を差し伸べたときに 私たちも共に癒されることができる という見本です

ではここで ジェームスと代わります 彼のあがないの旅についての スポークンワードポエムを 聞いてください

ジェームス・カヴィット:ジョン ありがとう サン・クエンティン州立刑務所へようこそ この刑務所の壁の中は 才能の宝庫です 将来のソフトウェア・エンジニア 起業家 職人 ミュージシャンや アーティスト この作品のインスピレーションの 源となったのは この中で暮らす男女が 服役後の再出発と自らの未来のために ひたする努力する姿です

作品の題名は 「俺が今 住んでいるところ」

俺の住むところには 誰も怖がって近寄らない 高いコンクリートの壁と 鉄格子で囲まれ かみそりのような有刺鉄線が 明日にむけた希望も 切り裂くようなところ

俺が住んでるところでは 人殺しの魂を殺す事で 殺人はいけないと 教えようとしている 考えてみろよ

そんなことより 傷が癒やされた人が 傷ついた人を癒して 強くなっていく世界を 想像してくれ そうなれば『リデンプション・ソング』を 皆で歌えるだろ

俺が住むのは 投獄された者が「地上の地獄」と 呼ぶところ でも そこで何を悟ったかと言うと 牢屋といっても 気持ちの持ちかたで変わる事 過酷な現実の中にも 実は 希望の光はある いつか自由もやってくる それは単に時間の問題だ だから最初の一歩から 最後の1マイルのように大事に歩んだ 自由の身にならなくても 自由を経験できることも学んだ

たとえ監禁されてなくても 自由だとは限らない 誰もが自分の中に潜む 悪魔と戦っている 笑顔の後ろには 耐え難い 苦痛が隠れていて こう叫んでいる 解放してくれ!

解らないのか? 人間はだれもが服役中だ 償っている場所が違うだけなんだ 俺自身は 自分で作った牢獄から脱出した 脱出の鍵は許しだ 行動が 俺の証人だ 自由を望むなら 考え方を変えてみよう なぜなら 自由とは どこにいるかではなく 考え方だからだ

ありがとう

(拍手)

(ピアノ)

ジョン・レジェンド:海賊が俺を力づくで捕らえ 奴隷商人の船に売っ払った 絶望のどん底から 俺は買い取られたばかり

だが 俺の手は頑丈にできている 全能の神が授けてくれた手 大いなる誇りを持ちながら この時代を進んでいく

一緒に歌ってくれないか 自由の歌の数々を 俺が今まで歌ってきた全てが ― あがないの歌 リデンプション・ソング

精神的奴隷の状態から 自分自身を解放しろ 原子力など恐れるな 時間を止めることができるものなど ないのだから

俺たちの預言者が殺されるのを いつまで傍観してるつもりか それも予言の書の一部だから その書を完成させねばならない などと言って

一緒に歌ってくれないか 自由の歌の数々を 俺が今まで歌ってきた全てが ― あがないの歌 リデンプション・ソング

(ピアノ)

精神的奴隷の状態から 自分自身を解放しろ 原子力など恐れるな 時間を止めることができるものなど ないのだから

俺たちの預言者が殺されるのを いつまで傍観してるつもりか それも予言の書の一部だから その書を完成させねばならない などと言って

一緒に歌ってくれないか 自由の歌の数々を

俺が今まで歌ってきた全てが ― あがないの歌 リデンプション・ソング 自由の歌を 俺が今まで歌ってきた全てが ― あがないの歌 リデンプション・ソング リデンプション・ソング

(ピアノ)

(拍手)

ありがとう

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画