TED日本語 - ヘルダー・ギマレス: マジックでたどる「偶然」を探す旅

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ヘルダー・ギマレス: マジックでたどる「偶然」を探す旅

TED Talks

マジックでたどる「偶然」を探す旅
A magical search for a coincidence
ヘルダー・ギマレス
Helder Guimaraes

内容

小さな偶然は、身近で絶えず起こっています。でも、私たちは気付きません。偶然は探さなければならないのです。マジシャンのヘルダー・ギマレスは、一組のトランプ、1ドル札1枚、キリンのぬいぐるみを手に、楽しく繊細なトリックで、「小さな偶然」をあぶり出します。

Script

I'd like to start my performance by saying 90 percent of everything is crap. (Laughter) It's called Sturgeon's law, and what that means is that the majority of anything is always bad.

I have a giraffe here. I'm going to throw the giraffe behind my back and whoever catches it is going to help me on this next thing. Sir, you caught the giraffe. I have a playing card in my hand. Freely name any card in the deck. Audience member: 10 of hearts. Helder Guimaraes: 10 of hearts. You could have named any card in the deck, but you said the 10 of hearts. Ninety percent of everything is crap, so there's this to prove that Sturgeon was correct. (Laughter) (Applause) (Laughter) Sir, this is not your show. (Laughter) Keep the giraffe for a moment, okay? Jesus. (Laughter) Crazy people.

Well, the truth is, why is the majority of everything bad? And my answer is: I think we stop thinking too soon. I'll give you a clear little example, something that people used to do around the turn of the century -- not this century, the other one. The idea was to take a piece of paper and fold it inside out using only your weaker hand, in my case, the left hand. Something that would look like this. By the way you reacted, I can see your lack of interest. (Laughter) But that's okay, I understand why. We stop thinking too soon.

But if we give it a little bit more thought, like a paper clip. A paper clip makes this a little bit more interesting. Not only that, if instead of using my hand with the fingers, I use my hand closed into a fist, that makes this even a little bit more interesting. Not only that, but I will impose myself a time limit of one second, something that would look like this. Now -- no, no, no. Sturgeon may be correct. But he doesn't have to be correct forever. Things can always change. Sir, what was the card? The 10 of hearts? There's this to prove that things can always change -- the 10 of hearts. (Applause)

Secrets are important. And secrets are valuable. And this is the best secret I've ever experienced. It starts with a deck of cards onto the table, an old man and a claim, "I will not touch the deck till the end." It doesn't matter who the man was, all that matters was that sentence ringing in my head: "I will not touch the deck till the end."

Now, during all this time, he was holding a small notebook that sometimes he would open and flip through the pages and look at something. But I was not really paying attention to the book because I was paying attention the deck and the claim he had made before, "I will not touch the deck till the end."

Now sir, you have the giraffe. Go ahead, throw it in any direction so that you can find someone else at random. Perfect. Sir, you're going to play my role in this story. The old man turned to me and he said, "You could pick a red card or a black card." My answer was ... Audience member 2: The black card. HG: Indeed! It was a black card. He said, "It could be a club or a spade," and my answer was ... Audience member 2: Spade. HG: Indeed! It was a spade. He said, "It could be a high spade or a low spade." And my answer was ... Audience member 2: A high spade. HG: Indeed! It was a high spade. Since it's a high spade, it could be a nine, a 10, a jack, king, queen or the ace of spades. And my answer was ... Audience member 2: The king. HG: The king of spades, indeed. Now sir, let's be fair. You selected black, you selected spade, you selected the high spade, and you selected -- sorry? Audience member 2: King. HG: King of spades. Did you feel I influenced you in any decision? Audience member 2: No, I just felt your energy. HG: But it was a free choice, correct? Because if not, we could start all over again. But it was really fair? Audience member 2: Absolutely.

HG: Now, the old man turned to me and he asked me one more question, a number between one and 52. And the first number I thought of was ... Audience member 2: 17. HG: Indeed! It was the 17. The old man only said one more thing: "This is the end." And I knew exactly what that meant. I knew that he was going to touch the deck. Everything that you're about to see is exactly as it looked. He took the deck out of the box. Nothing in the box. He counted, "One,two,three,four,five,six,seven,eight,nine,10." The tension was building. (Laughter) "11,12,13,14,15,16,17." And on the 17, instead of the king of spades, something appeared in the middle of the deck, that later, I would realize was actually a secret.

The old man stood up, he left. I never saw him again. But he left his notebook that was there from the beginning. And when I picked it up, that was the best secret I've ever experienced. We are defined by the secrets we keep and by the secrets we share. And this was his way of sharing a secret with me. (Applause) Crazy shit! Now -- (Laughter)

I believe that amazing things happen all the time. I really do. And the reason why we don't see them as often, it's because we don't place ourselves in a position to search for those amazing things. But what if we decided to search for those amazing things, for those small coincidences in life that are truly amazing? So you have the giraffe, go ahead, throw it in any direction so you find one last person at random. Sir, I'm going to ask you, do you have, with you, a United States $ 1 bill? Audience member 3: I think so. HG: Yes? You see, a coincidence! (Laughter) Let's make sure you have it. Do you have it? Audience member 3: Yes. HG: Yes! Perfect. Now, I want you to do exactly the same thing I am about to do. I have a dollar bill here to explain. I want you to take the dollar bill, and fold the Washington part inside, like this. So you get this kind of big square, okay? Now, I want you to take the bill and fold it like this, lengthwise, so it becomes like a rectangle, and then again -- really fold it, really crease it -- and when you have it, please fold the bill again into a little square like this and let me know when you have it. Do you have it? Perfect.

Now, I'm going to approach, and before we start, I want to make sure that we do this in very, very serious conditions. First of all, I want to ensure that we have a marker and we have a paper clip. First of all, take the marker and go ahead and sign the bill. And this is the reason why: later, I'm going to be doing a bunch of stuff on stage and I don't want you to think, oh, while I was distracted by Helder, someone came onstage and swapped the bill. So I want to make sure it's exactly the same bill. Now not only that, I want you to take the paper clip and put it around the bill. So even if nobody comes onstage and switches the bill, I don't have enough time to go open the bill and close it and see what I don't want to see. Is that fair? Now you can give me the marker back.

And just like that, very clearly, I want to make sure that we place this in full view from the beginning of this experience and to make sure that everyone is going to see it, we're going to actually have a camera man onstage. Yes, perfect, so that you can see. That's your signature? Yes? Perfect. Now, we're going to use also the deck and a glass for this. And we're going to put ourselves in a position to search for an amazing coincidence.

Do you mind, can you help me with this? Go ahead and take some cards and shuffle. And do you mind, can you take some cards and shuffle? You can take some cards and shuffle. You can shuffle cards in a variety of ways. You can shuffle cards like this. You can shuffle cards in a more messed up way, something like this. You can shuffle cards in the American way. As a Portuguese, I don't feel entitled to teach you guys how to do it. But the important part is after shuffling the cards, always remember to cut and complete the cards.

Do you mind doing that for me, sir? Please cut and complete. And when you have it, place the cards up in the air. And you too, cut and complete and up in the air. Up in the air. A deck of cards cut and shuffled by one,two,three,four and five people.

Now, very clearly, I'm going to gather the deck together. And just like that. I'm going to search for a coincidence in front of everyone. I'm going to try. I have some cards that maybe, maybe they don't mean anything. But maybe that's because we are not paying close attention. Because maybe, maybe they mean a lot. Before we start, sir, you gave me a dollar bill. Is that your signature? Audience member 3: Yes it is. HG: I want you to see very clearly that I'm going to open your bill and reveal a small secret that we created. And the secret of this dollar bill is the serial number.

Madam, can you take the dollar bill? In the serial number, there is a letter. What is the first number after the letter? Audience member 4: Seven. HG: Seven. Seven. But, that's maybe just one coincidence. What is the second number? Audience member 4: Nine. So after the seven, we have a nine. And after the nine? Audience member 4: Two. HG: The two. And after the two? Audience member 4: Three. HG: Three, and after? Audience member 4: Three. HG: Three. Audience member 4: Seven. HG: Seven. Audience member 4: Four. HG: Four. Audience member 4: Two. HG: Two, and? Audience member 4: Q. HG: Q like in queen?

(Applause) The queen of clubs! All the cards in order, just for you.

And that's my show. Thank you very much and have a nice night.

(Applause)

まずは この格言から ― 「どんなものも その90%はガラクタである」 (笑) これは スタージョンの法則と呼ばれ 何でも 大多数は常に悪いものだ という意味です

こちらの キリンのぬいぐるみ これを 後ろ向きで 会場に投げます 受け取られた方は ちょっとお手伝いをお願いします キリンを受け取られましたね ここに トランプのカードが 1枚あります お好きなカードを 言ってください ― ハートの10 ハートの10ですね あまたある選択肢から ハートの10を選ばれました どんなものも その90%はガラクタである ご覧のとおり スタージョンは ― 正しかった (笑) (拍手) (笑) あなたの出番じゃありませんよ (笑) ちゃんとキリンを 持っておいてくださいね なんてこった (笑) 困った人たちだ

でも そもそも ― なぜ物事の大多数は 悪いとされるのでしょう それは 私たちが 思考停止するのが早すぎるからです 簡単な例をお見せしましょう 世紀末の頃に 人々がしていたことです 今世紀ではないほうの世紀ね 紙を1枚用意して 利き手でないほうの手で 裏返しに折るのです 私の場合は 左手で こんな感じですね 皆さんの関心のなさが 手に取るように分かりますよ (笑) でも いいんです 理由は分かっています 思考停止するのが 早すぎるんです

少しだけ考えを 凝らしてみてください 例えば ペーパー・クリップ ペーパー・クリップ 1つで 面白みが少し増します それだけではなく 指を使うのをやめて 手はゲンコツに してしまいましょう これだけでも さらに面白くなりますよ さらに 1秒という 時間制限を設けましょう こんな感じでね さて ちょっと待って ― スタージョンは 正しいのかもしれません でも 永遠に 正しいとは限りません 物事は常に変わります さて あなたのカードは何でしたか? ハートの10? これで 物事が常に変わりうることが 証明されましたね ハートの10です (拍手)

さて 秘密は重要です 秘密には価値があります これから 私が経験したなかで 一番の秘密をご覧に入れましょう 始まりは テーブルに置かれた1組のトランプと ある老人の言葉でした 「わしは 終いまでトランプには一切触らんぞ」 その老人が何者かはともかく 大事なのは 私の頭から離れなかった その言葉です 「わしは 終いまでトランプには一切触らんぞ」

さて この間 老人は小さなメモ帳を手に 時々開けてはページをめくり 何やら見ていました でも 私はメモ帳のことは あまり気にかけていませんでした トランプとその老人の言葉で 頭がいっぱいだったからです 「わしは 終いまでトランプには一切触らんぞ」

さて キリンをお持ちの方 好きな方向に キリンを投げてください 無作為に つぎの方を 選ぶのです あなたには この物語における 私の役をしていただきます その老人は私のほうを向き 言いました 「赤と黒のカード どちらを選ぶかね」 私の答えは ― 黒のカード まさに その通り 黒のカードを選びました 老人は「クラブとスペードのどちらかね」と言い 私は ― スペード まさに その通り スペードを選びました 老人はさらに 「大きな数字か 小さな数字か」と言います 私の答えは ― 大きな数字 まさに その通り 大きな数字を選びました 大きな数字のスペードですから 9、10 ジャック、キング、クイーン、エースの どれかですね 私の答えは ― キング スペードのキング まさに その通り さて 公正に参りましょう あなたは 黒のカードを選び スペードを選び そして大きな数字を選び 最後に選んだのが? ― キング ― そう スペードのキングでした 私が誘導しましたか? ― いいえ あなたのエネルギーを感じただけです 自由に選びましたね? ― 間違いなく でなければ 最初からやり直しです 本当に公正でしたか? ― 間違いなく

さて かの老人は私に もう1つ質問をしました 「1から52のなかで 数字を1つ選ぶのだ」 私が思いついた最初の数字は ― 17 まさに その通り 17でした 老人は最後に こう言いました 「これで終いだ」 私はピンと来ました 老人は あのトランプに ついに触れるのです ここで皆さんにご覧いただくのは 当時の状況そのままです 老人は 箱から トランプを取り出しました 箱には何も 残っていません 彼は数えます 「1、2、3、4、5、6、7、8、9、10」 高まる緊張 ― (笑) 「11、12、13、14、15、16、17」 17枚目のカードが スペードのキングである代わりに 何やら挟まっていました あとで気づくのですが 実は これが秘密でした

老人は立ち上がり その場を去って行き もう会うこともありませんでした 老人はメモ帳を 置いていきました 最初から 置いてありましたね 私がそれを取り上げると そこには 私が経験したなかで 一番の秘密がありました どんな秘密を持ち それをどう人と共有するかで 人となりが 決まるものですが これが老人なりの 秘密の共有の仕方でした (拍手) なんとまあ! さて ― (笑)

素晴らしいことは常にそばにある と信じています 本当に そう信じています 私たちが あまり気付かないのは こうした素晴らしいことを 探そうとしていないからです でも 日々起こっている 素晴らしいこと ― 本当に素晴らしい小さな偶然を 探したらどうでしょうか? キリンをお持ちのあなた お好きな方向に投げてください 次の方が 最後の協力者になります さて お尋ねします 今 手元に1米ドル札を お持ちですか? ― あると思います そう なんて偶然! (笑) ご確認いただけますか? お持ちですか? ― はい ― 完ぺきです これから 私がするのと 同じことをしてください ここに1ドル札1枚を 用意しました この1ドル札を 手に取り ワシントンの絵がある面が 内側になるように折ります こんな大きな四角形に なりますね さらに このように折ってください 縦方向に 長方形になりますね さらに しっかり折って 折り目を付けてください できたら そのお札をさらに折り 小さな四角形にしてください できたら 教えてください できましたか? 完ぺきです

さて 近くに参りますね 始めるにあたって 非常に厳格な条件のもとで 進めるための準備をします まず マーカーと ペーパー・クリップを用意します マーカーで お札にサインをしてください というのも これから ― ステージで 私は色々なことをしますので 「気を散らされている間に 誰かがステージで お札を取り換えた」なんて 思われたくありません そこで 同じお札と確認できるように しておきます それだけでなく ペーパー・クリップで お札をとめましょう たとえ誰かがステージで お札を取り換えたとしても 私にはお札を開いて さらに閉じる時間もなければ わざわざ中を見る余裕もありません 公正でしょうか? マーカーを返してください

こんな風に つまびらかに 衆人環視のなか 進めたいのです 最初から すべてお見せします 全員が見ることが できるよう カメラマンにもステージに 上がってもらいます さて完ぺきです これで皆さん見えますね こちらは あなたのサインですね? よろしい トランプ1箱と グラス1個を使います さあ 素晴らしい偶然を探す旅に 出かけましょう

すみませんが 手を貸してください トランプを何枚か取って シャッフルしてください あなたも トランプを何枚か取って シャッフルしてください トランプを何枚か取って シャッフルしてください 好きなように 切ってもらってよいですよ こんな風にシャッフルしても もっと ぐちゃぐちゃにしても こんな感じ アメリカ風のシャッフルです ポルトガル人の私が 教えるまでもないですね 重要なのは カードをシャッフルしたあとです 必ず カットして トランプをそろえてください

お願いできますか? カットして そろえます できたら トランプを上に カットして そろえたら トランプを上に 上に上げてください トランプが1、2、3、4、5人に カットしてシャッフルされました

見てください トランプを回収してまとめます こんな風に これから 皆さんの目の前で 偶然を探しますよ さあ行きますよ こちらのカードは ひょっとしたら 何の意味も 持たないかもしれません でも それは よく見ていないからかもしれません 実は すごい意味が あるかもしれません 始める前に 1ドル札を下さいましたね これは あなたのサインですか? ― はい そうです よく見てください これからお札を広げると 私たちの小さな秘密が 露わになります この1ドル札の秘密は シリアル番号です

こちらの1ドル札を 取ってください シリアル番号は 文字から始まりますね 文字のあとの 最初の数字は何ですか? ― 7です 7 7 たった1つの偶然 それだけかもしれません 2番目の数字は? ― 9です 7のあとは 9ですね 9のあとは何ですか? ― 2です 2ですね 2のあとは? ― 3 3 それから ― 3です ― 3ですね ― 7です ― 7です ― 4です ― 4です ― 2です ― 2です そして? ― Qです クイーンのQですね

(拍手) クラブのクイーンです あなたが選んだ順番どおり カードが並んでいました

これでお終いです ありがとうございました 素敵な夜を

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画