TED日本語 - マルコ・テンペスト: 拡張現実がつくり出す魔法

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - マルコ・テンペスト: 拡張現実がつくり出す魔法

TED Talks

拡張現実がつくり出す魔法
A magical tale (with augmented reality)
マルコ・テンペスト
Marco Tempest

内容

マルコ・テンペストが紡ぎ出す美しい物語は、マジックとは何であり、それがいかに人々を楽しませ、いかに人間性に光を当てるかを語ります。自作の拡張現実マシンで作り出すものすごいイリュージョンとともに。

Script

Marco Tempest: What I'd like to show you today is something in the way of an experiment. Today's its debut. It's a demonstration of augmented reality. And the visuals you're about to see are not prerecorded. They are live and reacting to me in real time. I like to think of it as a kind of technological magic. So fingers crossed. And keep your eyes on the big screen.

Augmented reality is the melding of the real world with computer-generated imagery. It seems the perfect medium to investigate magic and ask, why, in a technological age, we continue to have this magical sense of wonder. Magic is deception, but it is a deception we enjoy. To enjoy being deceived, an audience must first suspend its disbelief. It was the poet Samuel Taylor Coleridge who first suggested this receptive state of mind.

Samuel Taylor Coleridge: I try to convey a semblance of truth in my writing to produce for these shadows of the imagination a willing suspension of disbelief that, for a moment, constitutes poetic faith.

MT: This faith in the fictional is essential for any kind of theatrical experience. Without it, a script is just words. Augmented reality is just the latest technology. And sleight of hand is just an artful demonstration of dexterity. We are all very good at suspending our disbelief. We do it every day, while reading novels, watching television or going to the movies. We willingly enter fictional worlds where we cheer our heroes and cry for friends we never had. Without this ability there is no magic.

It was Jean Robert-Houdin, France's greatest illusionist, who first recognized the role of the magician as a storyteller. He said something that I've posted on the wall of my studio.

Jean Robert-Houdin: A conjurer is not a juggler. He is an actor playing the part of a magician.

MT: Which means magic is theater and every trick is a story.

The tricks of magic follow the archetypes of narrative fiction. There are tales of creation and loss, death and resurrection, and obstacles that must be overcome. Now many of them are intensely dramatic. Magicians play with fire and steel, defy the fury of the buzzsaw, dare to catch a bullet or attempt a deadly escape. But audiences don't come to see the magician die, they come to see him live. Because the best stories always have a happy ending. The tricks of magic have one special element. They are stories with a twist. Now Edward de Bono argued that our brains are pattern matching machines. He said that magicians deliberately exploit the way their audiences think.

Edward de Bono: Stage magic relies almost wholly on the momentum error. The audience is led to make assumptions or elaborations that are perfectly reasonable, but do not, in fact, match what is being done in front of them.

MT: In that respect, magic tricks are like jokes. Jokes lead us down a path to an expected destination. But when the scenario we have imagined suddenly flips into something entirely unexpected, we laugh. The same thing happens when people watch magic tricks. The finale defies logic, gives new insight into the problem, and audiences express their amazement with laughter. It's fun to be fooled.

One of the key qualities of all stories is that they're made to be shared. We feel compelled to tell them. When I do a trick at a party -- (Laughter) that person will immediately pull their friend over and ask me to do it again. They want to share the experience. That makes my job more difficult, because, if I want to surprise them, I need to tell a story that starts the same, but ends differently -- a trick with a twist on a twist. It keeps me busy.

Now experts believe that stories go beyond our capacity for keeping us entertained. We think in narrative structures. We connect events and emotions and instinctively transform them into a sequence that can be easily understood. It's a uniquely human achievement. We all want to share our stories, whether it is the trick we saw at the party, the bad day at the office or the beautiful sunset we saw on vacation.

Today, thanks to technology, we can share those stories as never before, by email, Facebook, blogs, tweets, on TED.com. The tools of social networking, these are the digital campfires around which the audience gathers to hear our story. We turn facts into similes and metaphors, and even fantasies. We polish the rough edges of our lives so that they feel whole. Our stories make us the people we are and, sometimes, the people we want to be. They give us our identity and a sense of community. And if the story is a good one, it might even make us smile.

Thank you.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

今日お見せするのは まだ実験中のものです 今日が初披露になります 拡張現実の実演です ご覧になる映像は録画されたものではありません ライブで 私の動作に リアルタイムで反応しています いわばテクノロジーによるマジックです それでは幸運を祈りつつ 皆さんは大きな画面を見ていてください

拡張現実は 現実と コンピュータの生成した イメージを融合させたものです これはマジック研究のための 理想的なメディアです このテクノロジーの時代にあって なぜ私達は 不思議な魔法に 惹かれ続けるのかを問うのです マジックは欺きですが みんなが楽しめるような欺きです 欺かれることを楽しむには 観客は疑いを 一時保留する必要があります この心の受容的状態に初めて言及したのは 詩人のサミュエル・テイラー・コールリッジでした

「私が書くときには 真実の見かけを与えるべく努め 想像力の幻を生み出し ひと時の間 疑念を 保留しようと思わせることで 詩的な信頼を築くのだ」

このフィクションの中における信頼は あらゆる劇場的体験の本質となるものです それなくしては 台本は ただの言葉になり 拡張現実は 単なる新技術となり 手品は 指先の器用さの単なる 技巧的実演になってしまいます 私達はみんな疑いを保留することに? 長けていて 毎日行っています 小説を読むときにも テレビを見るときにも 映画を見に行くときにも 喜んで架空の世界に入り込んで ヒーローを応援し 会ったこともない友人のために泣きます この能力なくして マジックは成り立たないのです

マジシャンのストーリーテラーとしての 役割を最初に認識したのは フランス最大のイリュージョニスト ジャン・ロベール=ウーダンでした 私は彼の言葉を自分のスタジオの壁に掲げています

「手品師は曲芸師ではない 手品師とは魔法使いを演じる役者である」

この意味は マジックは劇場であり トリックはストーリー だということです

マジックのトリックは 物語の原型に従っています 創造と喪失や 死と復活の話があり 越えなければならない障害の話があります その多くはとてもドラマチックです マジシャンは火と鉄を使いこなし 唸る丸鋸に挑み 弾丸を捕まえようとし 命がけの脱出を試みます しかし観客はマジシャンが死ぬのを見に来るわけではありません 生き延びるのを見に来るのです 一番いいストーリーは いつもハッピーエンドだからです マジックには1つ特別な要素があります ひねったストーリーです エドワード・デ・ボノは 人の脳はパターン照合装置であり マジシャンは観客の考え方を 逆手に取るのだと言っています

「舞台奇術がもっぱら頼りとするのは 心理的誤謬だ 観客はまったく合理的な仮定や理解へと 誘導されるが それは 目の前で実際に起きていることに 一致していないのだ」

その点で マジックはジョークに似ています ジョークは期待される目的地へと 導いていきますが 想像していたシナリオから 突然 まったく予想外のものへと転換し そのためみんな笑うのです 同じことが マジックを見ている時にも起こります 結末は 論理を裏切り 問題の新たな見方を与え 観客は笑いによって 驚きを表すのです これは欺かれることの喜びです

ストーリーの重要な要素は それが 共有されるべく作られていることです 話さずにいられなくなるのです 私がパーティでマジックをすると・・・ (笑い声) 相手はすぐさま友達を引っ張ってきて もう一度見せてと言います 体験を共有したいのです これは私の仕事を難しくします 彼らを驚かせようと思ったら 同じストーリーで始めながら 違った結末を見せる必要があります トリックに もうひとひねり 加えるわけです こっちは大忙しです

専門家によると 楽しませ続けるためには ストーリーが相手の能力の上を行く必要があるそうです 私達は物語の枠組みの中で考えます 出来事や感情をつなぎ合わせ 容易に理解できるよう 直感で 1つの流れに変えるのです これはとても人間的な行為です 私達はみんなストーリーを 共有したいと思っています パーティで見たマジックであれ 仕事でのひどい一日であれ 休日に見た美しい夕日であれ

今日ではテクノロジーのおかげで そういったストーリーをかつてなかった方法で共有できます メールに Facebookに ブログに ツイートに TED.comも ソーシャルネットのツールは デジタルのキャンプファイアであり そのまわりに人々が集まって ストーリーに耳を傾けるのです 私達は事実を直喩や隠喩や ファンタジーに変えます ギザギザな人生の縁を磨いて 全体として感じられるようにするのです ストーリーは私達を本当の自分にし 時には なりたい自分にします ストーリーは私達に アイデンティティを与え コミュニティの感覚を与えます そしてストーリーが良いものであるなら それは私達を笑顔にするのです

ありがとうございました

(拍手)

ありがとうございます

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画