TED日本語 - ジャミール・アブ=ワーダ: 悪の枢軸中東コメディーツアー

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ジャミール・アブ=ワーダ: 悪の枢軸中東コメディーツアー

TED Talks

悪の枢軸中東コメディーツアー
The Axis of Evil Middle East Comedy Tour
ジャミール・アブ=ワーダ
Jamil Abu-Wardeh

内容

ジャミール・アブ=ワーダは悪の枢軸コメディーツアーを創設しアラブ界でコメディーを始動させました、こうしてい中東中で観衆を笑わすピンのコメディアンが誕生しました。彼は三つのB - (Blue material) (Beliefs)と(Bolitics)を避けることで、悪の枢軸コミックは国境の垣根を越えた笑いを生み出せることに気づきました。

Script

This talk is about righting writing wrongs. No, the sound's not faulty -- righting writing wrongs. The Middle East is huge, and with all our problems,one thing's for sure: we love to laugh. I think humor is a great way to celebrate our differences. We need to take our responsibilities seriously, but not ourselves. Don't get me wrong: it's not like we don't have comedy in the Middle East. I grew up at a time when iconic actors from Kuwait, Syria, Egypt used laughter to unite the region, just as football can. (Laughter) Now is the time for us to laugh at ourselves, before others can laugh with us. This is the story of the rise and rise of stand-up comedy in the Middle East -- a stand-up uprising, if you will.

Working in London as TV maker and writer, I quickly realized that comedy connects audiences. Now, the best breeding ground for good comic writing is the stand-up comedy circuit, where they just happen to say that you kill when you do well and you bomb when you do badly. An unfortunate connection for us maybe, but it reminds me that we'd like to thank one man for, over the past decade, working tirelessly to support comedians all around the world, specifically comedians with a Middle Eastern background. (Applause) Like my good friends, Dean and Maysoon, at the bottom of the screen, who,two years after 9/11, started a festival to change the way Middle Easterners are perceived in the world. It's still going strong, with positive press to die for. Also,three guys working for years in Los Angeles, an Iranian, a Palestinian and an Egyptian, created the aptly named Axis of Evil comedy act. And wherever they went, they killed.

Now, I didn't start this fire, but I did pour petrol on it. I moved to Dubai as the head of original content for a Western TV network. My job was to connect the brand with a Middle Eastern audience. Now, the American head of programming wanted new local Arabic comedy. In a thick Arabic accent, my brain went, "Berfect." (Laughter) Now, I had friends in the U.S. who had started a successful new tribe. And I had every intention of taking this tribe from being outliers in the Middle East and pushing them over the tipping point towards success. Now, as with any new idea, it wasn't easy. I had four phases to this plan. First, we'd need to buy content from the West and air it. Then I'd bring my friends, and we'd show local amateurs how it's done. We would film that and air it, and then I could work with the local amateurs and write new comedy.

I excitedly presented this to the big boss, and his reaction was, "Um, I don't get it." So I retreated back to my cave and continued to support and produce comedy and let my friends use my couch as a regional operations hub. Now, fast forward two years, to early 2007. The earth rotated, as did our management, (Laughter) and as if by divine intervention, things came together to help this revolution take shape. Here's how the dots connected. First, the Axis guys recorded a Comedy Central special that aired in the States, and it was getting great hits on YouTube. Our new French CEO believed in the power of positive PR ... (Laughter) and ideas du bon marche. Let's just say "value for money." I produced in Dubai a show for Ahmed Ahmed to showcase his new Axis special to a packed room. I invited our new CEO, and as soon as he realized we had a room packed full of laughing infidels, his reaction was very simple: "Let's make this happen. And one more thing: No, don't F it up." So I quickly went to work with a great team around me. I happened to find a funny guy to present it in Arabic, who is originally Korean, a perfect fit for the Axis of Evil. This is all true.

Now, while preparing for the tour, I had to remind the guys to be culturally sensitive. I used the three Bs of stand-up don'ts as I call them in the Middle East: blue content, keep it clean; beliefs, not religion; and the third B, bolitics. Stay away from bolitics in the Middle East. Oh course, you might think, what's left without bolitics, sex and religion, how can you make people laugh? I'd say, watch any successful well-written, family-friendly sitcom in the West for your answers.

Now, were the Axis successful? In five countries, in just under a month, we had thousands of fanatical fans come and see them live. We had millions see them on TV and on TV news. In Jordan, we had His Majesty the King come and see them. In fact, they were so successful that you could buy a pirated copy of their DVD, even before it was released in the Middle East. Anywhere you go. So everywhere we went, we auditioned amateurs. We filmed that process and aired a documentary. I called it "Three Guys and Wonho." It really is his name. And all this TV and Internet exposure has led to a great many recruits to our cause. In Dubai this year, we've just had the first all-women's, homegrown stand-up show. And notice two of them are wearing headscarves, and yes, even they can laugh.

Dubai, to me, is like a hand that supports anyone who wants to make things happen. 20 years ago, no one had heard of it. Look at it now. With an inspirational leader, I think this year, the opening of the tallest tower in the world is like adding a finger to that hand, that points at all those who spread fallacious stories about us.

(Laughter)

(Applause)

Now, in three short years, we've come a long way with stand-up comedy shows happening even in Saudi Arabia. These comics are now going to the New York festival. And the Lebanese, brilliant Lebanese, Nemr Abou Nassar, we featured in our first tour, has just been performing in L.A.'s legendary comedy clubs. So clearly, from the inside, we are doing our best to change our image, and it's exploding. (Laughter) So, as for the outsiders looking in, watch the CNN report on the second Amman Comedy Festival. The reporter did a great job, and I thank her, but somebody forgot to send the positive PR email to the person operating the automatic news ticker that appears at the bottom. For example, when Dean talks, the ticker says, "U.S.: Suspect gave 'actionable intel." Well, if you're used to listening to comedians, then I'm not surprised.

Sadly, this leads me to another three Bs that represents how the media in the West talks about us as bombers, billionaires and belly dancers. Enough. We're not all angry fanatics who want to kill the infidel. We have a positive story to tell and image to sell. In fact,one thing's for sure, in my experience, we love to laugh like hell.

(Laughter)

Here are three questions that I like to use to test the truthiness of our representation in any media story. One: Is the Middle East being shown in a current time and correct context? (Laughter) Two: Do the Middle Eastern characters laugh or smile without showing the whites of their eyes? (Laughter) Three: Is the Middle Eastern character being played by one? Clearly, there are wrongs that need to be righted. We've started in our region. My challenge to the rest of the world is please, start using positive Middle Eastern images in your stories. For inspiration, go to one of our festivals, go online, drop us a line. Let's change the narrative together and let's start righting writing wrongs.

I'd like to end, before going back to the Middle East, with a quote from one of the greatest Sheikhs to put quill to parchment. As my father likes to call him, "Asheikh Azubare;" as my mother would say, "Shakespeare." (Laughter) "And now we go in content to liberty and not to banishment."

Thank you.

(Applause)

今日はライティングライティングロングの話をします 発音は間違っていません 「過ちを正す」ということです 中東は巨大です あらゆる問題の中でも 一つ確かなことは 笑いが大好きなことです ユーモアは人の差異を称える素敵な方法です 私達は真剣に責任を負う必要があります しかし責任の所存は私達ではありません 中東にコメディがないなんて誤解しないで下さい 私はクウェート シリア エジプト 出身のアイドル達が サッカーのように地域を団結させる為の 笑われ役だった頃に育ちました (笑) 今こそ私達自身を笑う時です 周囲が我々と共に笑う前にです これは中東でのスタンダップコメディ始まりの話です 立ち上がりの発起と言ってもいいでしょう

ロンドンで作家兼著者として働いていて すぐに気が付きました コメディーは人々を繋ぎます よいお笑いの執筆に最適な場所とは 調子のいい時は大ヒットし 調子の悪い時はさっぱり といったスタンダップコメディです 我々の不運な結びつきには 思い返されます ここ10年疲れも見せず世界中で コメディアンを 特に中東の彼らを支援してきた ある男性への 感謝の意です (拍手) 画面下に映る親友 ディーンとメイスーンは 9・11テロの二年後に 世界中での中東の見方を 変えるための祭りを始めました 今でもしっかりと続いています ロサンゼルスで働く三人組の イラン人 パレスチナ人とエジプト人は 悪の枢軸コメディーを始めました どこへ行っても 彼らは大成功です

私が点けた火ではありませんが 油を注いでいます 私はオリジナル版のリーダーとして ドバイに移動しました 私の仕事はブランドを中東の観客と繋ぐことでした アメリカの局長が新たに地方の アラビアコメディーを求めていました 強いアラビア訛りだと こんな感じ 「かんべきだぁ」 (笑) 私の友人はアメリカで 新たな部族を成功させました 私は中東で隠遁する 彼らを連れ出して 成功の頂点まで 押し上げたいと考えています 簡単ではありませんでした この計画には4つの段階がありました まずウエストからコンテンツを買い 放送する必要します 次に友達を呼び 地方のアマチュアに流れを示します そして録画し放送します こうしてアマチュアとの新たなコメディができたのです

わくわくしてボスにプレゼンをしたら 「んー よくわからんな」という反応でした そこで作業室に戻り コメディの支援と制作をしていると 私のソファは半ば友人の 活動拠点とかしていました 2007年の頭まで二年分飛ばしましょう 地球と共に我々も歩みを進めました (笑) 神の調停を受けたかのように 物事がまとまっていき この革命が形となりました 点が線になりました まず アメリカで放送されたコメディセントラルの 特番をメンバーが録画したものが まずYouTubeで大ヒットしました フランス人の新しい最高経営責任者は 前向きなPRと... (笑) "Bon marche"のおかげと思ったそうです 「お金の価値」とでも言っておきましょう ドバイの満員の会場で枢軸の新作を披露に向けて アフメッドの為にショーを制作しました 私が招待した新最高経営責任者は 笑い転げる異端者で溢れかえる部屋を見るや否や 分かりやすい反応をしました 「やろうじゃないか それから もう一つ 台無ししないでくれよ」 こういして素晴らしいチームと 共に作業に向かいました 偶然にも アラビア語でこれができる 韓国出身の面白いやつを見つけました 悪の枢軸に完璧な人材です これは全て真実です

さて ツアーの準備中に 文化に配慮するよう彼らに喚起しました タブーである三つのBを教えました 中東ではこう呼ばれています 性問題(Bleu content) 宗教(Beliefs) と政治批判(Bolitics) 中東での政治批判はやめておけ 政治批判 性 宗教なくして どうやって笑わせるのかとお思いでしょう その答えとしては 西欧のよく書かれた ホームコメディを例にあげておきます

悪の枢軸は成功したのでしょうか? 一か月以内に五か国で 何千人もの熱狂的なファンがライブに足を運んでくれました TV上での視聴者も数百万獲得しました ヨルダンでは国王も見に来てくれました 実際 大成功で 中東でDVDの発売前に 海賊版が手に入るほどでした どこへいってもです 行くとこ行くとこで アマチュアのオーディションをしました その光景をドキュメンタリとして放送しました 「悪の三人組とワンホー」と名付けました ワンホーは実名です TVとインターネット上の露出のおかげで 我々の大義達成のための 優れた新人を獲得できました 今年ドバイでは女性専用の ライブショーを行ったばかりです 見て下さい ヘッドスカーフをしている 二人の女性も そう 笑っているでしょ

私にとってドバイとは 夢を叶えたい 人に差し伸べらえる手のようなものです 20年前は 無名の場所でした でも今はというと 革新的なリーダーと共に 幕あける世界一高いビルは この手が誤った話を 広める人たちを指す 指なのだと思います

(笑)

(拍手)

この短い三年間で長き道を経て 我々はサウジアラビアでもを講演するに至りました ニューヨークフェスティバルでの講演も決まっています 第一講演では我々がフィーチャーした レバノンが生んだ天才ネムル・アブ・ナーサが ロスのコメディクラブの聖地で講演をしたばかりです 我々が払拭のために最善をつくすイメージが まさに爆発しているのです (笑) つまり 外部の見解については 第二回アンマンコメディ祭のCNNらのレポートをご覧ください リポーターの仕事は素晴らい 感謝したいと思いますが 画面下部に表示する自動ニュースチッカーの 担当者への広告メールは忘れられていたようです 例えばディーンが話す際は チッカーが出ます 「米国: 決定的証拠自供」 皆さんコメディに慣れているなら 私は驚きませんが

悲しくもこのことは別のBを思わせます 西欧のメディアが伝える中東 自爆者(Bomber) 億万長者(Billionaires) ベリーダンサー(Belly dancers)です もう沢山です 私達が皆 背徳者を 殺す狂信者ではないのです 私達にも前向きな話や イメージはあるのです 事実 経験から言って私達は 笑い狂うことが大好きです

(笑)

メディアで伝えられている 中東の描写の信憑性を確かめる 3つの質問を用意しました 1. 正しい脈絡の中に 現在の正しい中東が 伝えられているでしょうか? (笑) 2. 中東のキャラクターが 白目を向かずに 笑うことはあるでしょうか? (笑) 3. この中東のキャラクターは一人で 演じられているのでしょうか? 明らかに解かれるべき誤解があります 我々は地元から活動を始めました 世界に対する私の挑戦は 中東の前向きなイメージを 物語の中で使っていくことです フェスティバルやオンラインに行ったり 問い合わせをしてインスピレーションを感じて下さい 語り手を共に変えていきましょう 過ちを正していきましょう

中東に戻る前に偉大なシェイクの 一人の言葉をお借りして 終わりにしたいと思います 私の父は彼を「アルシェー・アズベル」と呼びますが 母なら「シェイクスピア」と呼ぶでしょうね (笑) 「喜んで行こう 追放ではなく 自由のために」

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画