TED日本語 - ロビン・インス: 科学は驚きを失わせてしまうのか?

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ロビン・インス: 科学は驚きを失わせてしまうのか?

TED Talks

科学は驚きを失わせてしまうのか?
Science versus wonder?
ロビン・インス
Robin Ince

内容

科学は命の魔法を台無しにしてしまうのでしょうか?気難しいけれど魅力的な独白を通じて、ロビン・インスはそうではないと語ります。宇宙の驚くべき性質を知れば知るほど、私たちは畏怖の念に打たれてしまうのです。

Script

I'd like to apologize, first of all, to all of you because I have no form of PowerPoint presentation. So what I'm going to do is, every now and again, I will make this gesture, and in a moment of PowerPoint democracy, you can imagine what you'd like to see.

I do a radio show. The radio show is called "The Infinite Monkey Cage." It's about science, it's about rationalism. So therefore, we get a lot of complaints every single week -- complaints including one we get very often, which is to say the very title, "Infinite Monkey Cage," celebrates the idea of vivisection. We have made it quite clear to these people that an infinite monkey cage is roomy.

(Laughter)

We also had someone else who said, "'The Infinite Monkey Cage' idea is ridiculous. An infinite number of monkeys could never write the works of Shakespeare. We know this because they did an experiment." Yes, they gave 12 monkeys a typewriter for a week, and after a week, they only used it as a bathroom.

(Laughter)

So the main element though, the main complaint we get -- and one that I find most worrying -- is that people say, "Oh, why do you insist on ruining the magic? You bring in science, and it ruins the magic." Now I'm an arts graduate; I love myth and magic and existentialism and self-loathing. That's what I do. But I also don't understand how it does ruin the magic. All of the magic, I think, that may well be taken away by science is then replaced by something as wonderful.

Astrology, for instance: like many rationalists, I'm a Pisces. (Laughter) Now astrology -- we remove the banal idea that your life could be predicted; that you'll, perhaps today, meet a lucky man who's wearing a hat. That is gone. But if we want to look at the sky and see predictions, we still can. We can see predictions of galaxies forming, of galaxies colliding into each other, of new solar systems. This is a wonderful thing. If the Sun could one day -- and indeed the Earth, in fact -- if the Earth could read its own astrological, astronomical chart,one day it would say, "Not a good day for making plans. You'll been engulfed by a red giant."

And that to me as well, that if you think I'm worried about losing worlds, well Many Worlds theory -- one of the most beautiful, fascinating, sometimes terrifying ideas from the quantum interpretation -- is a wonderful thing. That every person here, every decision that you've made today, every decision you've made in your life, you've not really made that decision, but in fact, every single permutation of those decisions is made, each one going off into a new universe. That is a wonderful idea. If you ever think that your life is rubbish, always remember there's another you that's made much worse decisions than that. (Laughter) If you ever think, "Ah, I want to end it all," don't end it all. Remember that in the majority of universes, you don't even exist in the first place. This to me, in its own strange way, is very, very comforting.

Now reincarnation, that's another thing gone -- the afterlife. But it's not gone. Science actually says we will live forever. Well, there is one proviso. We won't actually live forever. You won't live forever. Your consciousness, the you-ness of you, the me-ness of me -- that gets this one go. But every single thing that makes us, every atom in us, has already created a myriad of different things and will go on to create a myriad of new things. We have been mountains and apples and pulsars and other people's knees. Who knows, maybe one of your atoms was once Napoleon's knee. That is a good thing. Unlike the occupants of the universe, the universe itself is not wasteful. We are all totally recyclable. And when we die, we don't even have to be placed in different refuse sacs. This is a wonderful thing.

Understanding, to me, does not remove the wonder and the joy. For instance, my wife could turn to me and she may say, "Why do you love me?" And I can with all honesty look her in the eye and say, "Because our pheromones matched our olfactory receptors." (Laughter) Though I'll probably also say something about her hair and personality as well. And that is a wonderful thing there. Love does not die because of that thing.

Pain doesn't go away either. This is a terrible thing, even though I understand pain. If someone punches me -- and because of my personality, this is recently a regular occurrence -- I understand where the pain comes from. It is basically momentum to energy where the four-vector is constant -- that's what it is. But at no point can I react and go, "Ha! Is that the best momentum-to-energy fourth vector constant you've got?" No, I just spit out a tooth.

(Laughter)

And that is all of these different things -- the love for my child. I have a son. His name is Archie. I'm very lucky, because he's better than all the other children. Now I know you don't think that. You may well have your own children and think, "Oh no, my child's best." That's the wonderful thing about evolution -- the predilection to believe that our child is best. Now in many ways, that's just a survival thing. The fact we see here is the vehicle for our genes, and therefore we love it. But we don't notice that bit; we just unconditionally love. That is a wonderful thing. Though I should say that my son is best and is better than your children. I've done some tests.

And all of these things to me give such joy and excitement and wonder. Even quantum mechanics can give you an excuse for bad housework, for instance. Perhaps you've been at home for a week on your own. You house is in a terrible state. Your partner is about to return. You think, what should I do? Do nothing. All you have to do is, when she walks in, using a quantum interpretation, say, "I'm so sorry. I stopped observing the house for a moment, and when I started observing again, everything had happened." (Laughter) That's the strong anthropic principle of vacuuming.

For me, it's a very, very important thing. Even on my journey up here -- the joy that I have on my journey up here every single time. If you actually think, you remove the myth and there is still something wonderful. I'm sitting on a train. Every time I breathe in, I'm breathing in a million-billion-billion atoms of oxygen. I'm sitting on a chair. Even though I know the chair is made of atoms and therefore actually in many ways empty space, I find it comfortable. I look out the window, and I realize that every single time we stop and I look out that window, framed in that window, wherever we are, I am observing more life than there is in the rest of the known universe beyond the planet Earth. If you go to the safari parks on Saturn or Jupiter, you will be disappointed. And I realize I'm observing this with the brain, the human brain, the most complex thing in the known universe. That, to me, is an incredible thing. And do you know what, that might be enough.

Steven Weinberg, the Nobel laureate, once said, "The more the universe seems comprehensible, the more it seems pointless." Now for some people, that seems to lead to an idea of nihilism. But for me, it doesn't. That is a wonderful thing. I'm glad the universe is pointless. It means if I get to the end of my life, the universe can't turn to me and go, "What have you been doing, you idiot? That's not the point." I can make my own purpose. You can make your own purpose. We have the individual power to go, "This is what I want to do." And in a pointless universe, that, to me, is a wonderful thing. I have chosen to make silly jokes about quantum mechanics and the Copenhagen interpretation. You, I imagine, can do much better things with your time.

Thank you very much. Goodbye.

(Applause)

まず皆さんにお詫びします 私はパワーポイントを 使わないんです 代わりに時々 こんな仕草をしますから パワーポイント民主主義に基づき 好きなようにスライドを思い浮かべて下さい

私はラジオ番組の司会をしています 「無限の猿の檻」という番組で 科学や合理主義がテーマです だから 毎週 たくさんの苦情が来ます 絶えず寄せられる文句の一つは 「無限の猿の檻」という題名が 生体解剖を支持しているのではないかというものです そう言う人にははっきりとこう答えます 無限の猿の檻はとても広いのだと

(笑)

こんな声も聞きました 「無限の猿の檻」なんて馬鹿らしい 猿が無限にいても シェイクスピアの作品は書けないんだ 実験をしたから知ってるんだぞ」 確かに 12匹の猿に1週間タイプライターを与える実験があり 1週間後にはトイレとして使われていました

(笑)

でも一番多い苦情は -私たちもそれを心配していますが- 「なぜ君たちは 魔法を台無しにすることにこだわるんだ 君たちが科学を持ちこむと 魔法が壊れてしまうんだ」というものです 私は文系の学位を持っていて 神話や魔法 実存主義や自己嫌悪が大好きです それが私の専門です でもそれがなぜ 魔法を台無しにするのかはわかりません 私が思うに 科学で壊される魔法は 同じぐらい素敵な何かに 取って代わられるだけなのです

例えば占星術 多くの合理主義者と同様 私は魚座です (笑) さて 占星術について言えば それで人生が予言できるだとか 今日 帽子をかぶった 素敵な人に会うだろうなんていう 陳腐な考えはもう廃れて 過去のものになっています でも大空に予言を見出すことは今でもできます 銀河の形成についての予測 銀河が衝突するという予測や 新たな太陽系の見通し これらは素晴らしいものです もし太陽 そして地球が 自らの天文図を読み取ることができたなら こう言うでしょう 「計画を立てるのに向いた日じゃないな 赤色巨星に飲みこまれてしまう」

私にとっても同じことです 世界の終末を心配しているように見えるかもしれませんが 多世界論は - 量子の解釈から生まれた 最も美しく魅力的で 時に恐ろしい理論ですが - 素晴らしいものです ここにいる皆さんがこれまでの人生で下した 全ての決断が 実は自分で下したものではなく 全ての選択肢が選ばれた上で その一つひとつが新しい宇宙に分岐するというのです 素晴らしいアイデアです もし自分の人生が屑のようなものだと思うなら もっとずっとひどい決断をした 別の自分がいることを思い出してください (笑) もし「もう終わりにしたい」と思っても 全然終わりではありません 大多数の宇宙では あなたはそもそも 存在さえしていないのですから 奇妙ですが このことは私を とても安心させてくれます

再生とは現世から来世に行くことですが 現世がなくなってしまう訳ではありません 科学は実のところ 私たちが永遠に生き続けると言っていますが 一つ但し書きがあります 実際には終わりのない命を持つ訳ではなく 人の意識 つまりあなたらしさや私らしさが 受け継がれていくのです 一方で私たちを形作る全てのもの 全ての原子は 過去に数え切れないほど様々なものを作ってきましたし これからも作り続けます 私たちを形成する原子は 以前には 山やリンゴやパルサー そして誰かの膝だったのです あなたの原子は かつてナポレオンの膝だったかもしれません これは良いことです 宇宙に間借りする我々とは違い 宇宙自身には無駄などありません 私たちは完全に再利用可能なのです 死んだ時には ゴミ袋に入れる必要すらありません 素晴らしいですね

私にとっては 理解するということは 驚きや喜びを失わせるものではありません 例えば 妻が私を見てこう言ったとします 「どうして私を愛してるの?」 私は彼女の目を見て 心の底からこう言うこともできます 「僕たちのフェロモンが 互いの嗅覚受容体と適合してるからだよ」 (笑) まあ多分 彼女の髪や性格のことにも 触れると思います これは素晴らしいことです 知ることで愛が消えることはありません

痛みが消えることもありません これは嫌ですね 誰かが私を殴ったとすると - 私の性格のおかげで 最近よくそうなるのですが - 痛みがどこから来るのかわかります 痛みとは 常に4元ベクトルである エネルギーの運動量です でも私がこう言うことはできません 「ふん それがお前の生み出せる精一杯の4元ベクトルか?」 私はただ折れた歯を吐き出すだけです

(笑)

それとは全く別なのが 子どもへの愛です 私にはアーチーという息子がいます 私は運のいい男です 彼はどの子より優れているのですから 皆さんはそうは思っていませんね お子さんがいる方は 「自分の子どもこそ最高だ」と考えることでしょう そこが進化の素晴らしいところです 進化とは 自らの子どもが最高だと 信じる 偏愛のことです 多くの点でこれは生存に関わることです 子どもは自らの遺伝子を受け継ぐ者だという事実があり それゆえ私たちは子どもを愛するのです でもそんなことには気づかず ただ無条件に愛します 素晴らしいことです でも私の子どもは 本当に誰よりも最高なんですよ 幾つか実験を行ったことがありますが

その全てが 大きな喜びと興奮 そして驚きを与えてくれました 例えば量子力学でさえ 宿題の出来が悪いことの 言い訳に使えるのです 1週間 家に1人でいて 散らかし放題になっている時に 奥さんが帰って来そうだという場合は どうすれば良いのでしょう? 何もしないことです 奥さんが戻って来た時に 量子的な解釈をしてこう言うのです 「ごめんよ しばらく家のことを考えてなくて ふと我に返ったら こんなことになってた」 (笑) これが真空化という強い人間原理です

私にとってはとても大切なことです ここへ来る道中ですら - 来る度にその途中に喜びを感じます 神話が無くなってもまだ不思議なことはあるのです 電車に乗っている時 息を吸い込む度に 測り知れないほどの数の 酸素の原子を吸い込んでいます 椅子に座っている時 その椅子が原子で出来ていて 隙間だらけだと知っているにも関わらず 心地よく感じます 窓の外を見ると気づきます 立ち止まって窓の外を見る度に 自分がどこにいようとも その窓から見える景色には 我々が知る宇宙にいる あらゆる生命体よりも多くの生物が いることを 土星や木星のサファリパークに 行ったとしても がっかりするだけです こうしたことは 脳で考えています 脳は 我々が知る中で最も複雑な器官です それは素晴らしいことなのです それで十分なのかもしれません

ノーベル賞受賞者のスティーブ・ワインバーグの言葉です 「宇宙とは 理解を深めれば深めるほど 無意味に見えるものだ」 それを虚無主義と 結びつける人もいるでしょう でも私はそうは思いません これは素晴らしいことです 宇宙が無意味なのは喜ばしいことです 自分が人生の終わりを迎えても 宇宙はこんなことは言いません「お馬鹿さん 何してるんだい?的外れだよ」 私は自分で目標を作れますし 皆さんもそうです 私たちは「これが自分のしたいことだ」 という個々の力を持っています 無意味な宇宙において これは素晴らしいことです 量子力学とコペンハーゲン解釈についての 下らないジョークでした 皆さんは もっと意味のあることができるでしょう

どうもありがとう さようなら

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画