TED日本語 - ヘールト・チャトロウ: ちょっと聞いたことのない口笛の妙技

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ヘールト・チャトロウ: ちょっと聞いたことのない口笛の妙技

TED Talks

ちょっと聞いたことのない口笛の妙技
World champion whistler
ヘールト・チャトロウ
Geert Chatrou

内容

口笛の世界チャンピオンであるヘールト・チャトロウが、TEDxRotterdamでA・ホンホフの気まぐれな曲「エレオノーラ」と、彼自身の曲「美の饗宴」を披露します。そして素敵な幕間の語りでは、彼がこの道へと導かれた顛末を聞かせてくれます。

Script

(Whistling)

(Applause)

Thank you. (Applause) Thank you very much. That was whistling. I'm trying to do this in English. What is a chubby, curly-haired guy from Holland -- why is he whistling? Well actually, I've [ been ] whistling since the age of four, about four. My dad was always whistling around the house, and I just thought that's part of communication in my family. So I whistled along with him. And actually, till I was 34, I always annoyed and irritated people with whistling, because, to be honest, my whistling is a kind of deviant behavior. I whistled alone. I whistled in the classroom. I whistled on [ my ] bike. I whistled everywhere.

And I also whistled at a Christmas Eve party with my family-in-law. And they had some, in my opinion, terrible Christmas music. And when I hear music that I don't like, I try to make it better. So "Rudolph the Red-Nosed Reindeer" -- you know it? (Whistling) But it can also sound like this. (Whistling) But during a Christmas party -- at dinner actually -- it's very annoying. So my sister-in-law asked me a few times, "Please stop whistling." And I just couldn't. And at one point -- and I had some wine, I have to admit that -- at one point I said, "If there was a contest, I would join."

And two weeks later I received a text message: "You're going to America." (Laughter) So, okay, I'm going to America. I would love to, but why? So I immediately called her up, of course. She Googled, and she found this World Whistling Championship in America, of course. She didn't expect me to go there. And I would have lost my face. I don't know if that's correct English. But the Dutch people here will understand what I mean. (Laughter) I lost my face.

(Applause) And she thought, "He will never go there." But actually I did. So I went to Louisburg, North Carolina, southeast United States, and I entered the world of whistling. And I also entered the world championship, and I won there in 2004. (Applause)

That was great fun, of course. And to defend my title -- like judokas do and sportsmen -- I thought, well let's go back in 2005, and I won again. Then I couldn't participate for a few years. And in 2008 I entered again in Japan, Tokyo, and I won again. So what happened now is I'm standing here in Rotterdam, in the beautiful city, on a big stage, and I'm talking about whistling. And actually I earn my money whistling at the moment. So I quit my day job as a nurse. (Applause) And I try to live my dream -- well, actually, it was never my dream, but it sounds so good.

(Laughter)

Okay, I'm not the only one whistling here. You say, "Huh, what do you mean?" Well actually, you are going to whistle along. And then always the same thing happens: people are watching each other and think, "Oh, my God. Why? Can I go away?" No, you can't. Actually it's very simple. The track that I will whistle is called "Fete de la Belle." It's about 80 minutes long. No, no, no. It's four minutes long. And I want to first rehearse with you your whistling. So I whistle the tone.

(Whistling) (Laughter) Sorry. I forgot one thing. You whistle the same tone as me. (Laughter) I heard a wide variety of tones. (Whistling)

This is very promising. This is very promising. I'll ask the technicians to start the music. And if it's started, I just point where you whistle along, and we will see what happens. Oh, hah. I'm so sorry, technicians.

(Laughter) I'm so used to that. I start it myself. Okay, here it is. (Laughter)

(Music)

(Whistling)

Okay.

(Whistling)

It's easy, isn't it?

(Whistling)

Now comes the solo. I propose I do that myself.

(Whistling)

(Applause)

Max Westerman: Geert Chatrou, the World Champion [ of ] Whistling.

Geert Chatrou: Thank you. Thank you.

(口笛)

(拍手)

ありがとうございます (拍手) どうもありがとうございます 口笛をお聞きいただきました どうにか英語でお話ししようとしています 「なんだこの丸ぽちゃ巻き毛のオランダ人は? なんで口笛吹いてるんだ?」 そう お思いかもしれませんね 私は実際4歳の頃から口笛ばかり吹いていました 父はいつも家で口笛を吹いていて 私はそれをコミュニケーションの一種だと思い 一緒になって口笛を吹いていたのです そして34になった私はいつも 口笛で周りの人を煩わせ 苛立たせていました 正直 私の口笛は ちょっと常軌を逸していました 1人の時も口笛 教室でも口笛 自転車に乗っても口笛 どこにいても口笛を吹いていたのです

義姉の家でクリスマスパーティがあったときにも 口笛を吹いていました 彼らのかけるクリスマス音楽は 私に言わせると ひどいものでした そして気に入らない曲を聴くと もっと改善してやろうと思うのです 「赤鼻のトナカイ」はご存じですね? (口笛) これは こんな風にだってできるのです (口笛) でもクリスマスの ディナーの場では 耳障りだったようです それで義姉に何度か 「口笛やめてくれない?」と注意されました でもやめられなかったのです そしてワインで酔っていたこともあって 「もし口笛コンテストがあったら出てやるのにな」と言いました

その2週間後に義姉から メールを受け取りました 「アメリカには行くのよね?」 (笑) 「アメリカなら行ってみたいけど なんでまた?」 不思議に思って電話しました 義姉はGoogleで調べて 世界口笛選手権が アメリカであるのを見つけたのです 義姉は私が行くとは思っておらず 私は顔をなくすことになるわけです 英語で正しい言い方なのか分かりませんが オランダ人なら言いたいこと分かりますよね (笑) 私は顔をなくすのです

(拍手) 「本当に行くわけがない」と思っているので 行ってやることにしました ノースカロライナ州ルイスバーグ アメリカの南東部にある町です そして「口笛の世界」に参加し 口笛世界選手権2004に出場して 優勝しました (拍手)

もちろんそれは すごく楽しい経験でした そして柔道家やスポーツマンみたいに タイトルを防衛するため 2005年にも参加して また優勝しました その後何年かは参加できなかったのですが 2008年に東京であった大会に また参加して 再び優勝しました そして今 この美しい街ロッテルダムで 大きなステージに立ち 口笛の話をしているわけです 実際私は口笛で収入を得るようになり 看護師の仕事は辞めました (拍手) そして夢にかけようとしています・・・ 別に夢じゃなかったんですが そう言うと何かかっこいいでしょう?

(笑)

さて 口笛を吹くのは私だけじゃありませんよ 「どういう意味?」とお思いですか? 皆さんにも一緒に吹いていただきます こう言うといつも同じ反応が起きます 互いに顔を見合わせて 「おいおい 勘弁してくれよ」と思うのです 駄目 逃げられませんよ 実際簡単です 吹くのは 「美の饗宴」という 80分ほどの曲です 冗談です 4分の曲です 最初にちょっと口笛の練習をしましょう こう吹いてください

(口笛) (笑) すいません 1つ言い忘れていました 私と音程を合わせてください (笑) 随分いろんな音がありましたよ (口笛)

すごく有望ですね 有望ですよ 技師の方に音楽をスタートしてもらいましょう 始まったら 口笛を吹く部分をお教えします どうなるかお楽しみ おっと しまった 技師は私でした

(笑) いつもやってもらっていたものですから 自分でやります さあ 始めましょう (笑)

(音楽)

(口笛)

どうぞ

(口笛)

簡単でしょう

(口笛)

ここからソロです 私が吹かせていただきます

(口笛)

(拍手)

口笛世界チャンピオンのヘールト・チャトロウでした

どうもありがとうございました

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画