TED日本語 - ナターシャ・ザコス: マルチメディア劇場アドベンチャー

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ナターシャ・ザコス: マルチメディア劇場アドベンチャー

TED Talks

マルチメディア劇場アドベンチャー
Natasha Tsakos' multimedia theatrical adventure
ナターシャ・ザコス

内容

ナターシャ・ザコスが自己の一人芝居であるマルチメディアショー「Upwake」の一部をお届けします。3Dアニメーションと電子音に包まれた独創的な仮想世界の中でキャラクターのZeroに扮した彼女が夢と現実を織り交ぜます。

Script

I love theater. I love the idea that you can transform, become somebody else and look at life with a completely new perspective. I love the idea that people will sit in one room for a couple of hours and listen. The idea that in that room at that moment, everyone, regardless of their age, their gender, their race, their color, their religion, comes together. At that moment, we transcend space and time together. Theater awakens our senses and opens the door to our imagination. And our ability to imagine is what makes us explorers. Our ability to imagine makes us inventors and creators and unique. I was commissioned in 2003 to create an original show, and began developing "Upwake." "Upwake" tells the story of Zero, a modern-day business man, going to work with his life in a suitcase, stuck between dream and reality and not able to decipher the two. I wanted "Upwake" to have the same audiovisual qualities as a movie would. And I wanted to let my imagination run wild. So I began drawing the story that was moving in my head. If Antoine de Saint-Exupery, the author of "The Little Prince," were here, he would have drawn three holes inside that box and told you your sheep was inside. Because, if you look closely enough, things will begin to appear. This is not a box; these are the renderings of my imagination from head to paper to screen to life. In "Upwake" buildings wear suits, Zero tap dances on a giant keyboard, clones himself with a scanner, tames and whips the computer mice, sails away into dreamscape from a single piece of paper and launches into space. I wanted to create environments that moved and morphed like an illusionist. Go from one world to another in a second. I wanted to have humor, beauty, simplicity and complexity and use metaphors to suggest ideas. At the beginning of the show, for example, Zero deejays dream and reality. Technology is an instrument that allowed me to manifest my visions in high definition, live, on stage. So today, I would like to talk to you about the relationship between theater and technology. Let's start with technology. (Fuse blowing) All right. Let's start with theater. (Laughter) (Buzzing) (Click, click, bang) (Laughter) (Applause) Thank you. "Upwake" lasts 52 minutes and 54 seconds. I project 3D animation on all the four surfaces of the stage which I interact with. The use of animation and projection was a process of discovery. I didn't use it as a special effect, but as a partner on stage. There are no special effects in "Upwake," no artifice. It's as lavish and intricate as it is simple and minimal. Three hundred and forty-four frames,four and a half years and commissions later, what started as a one person show became a collaborative work of nineteen most talented artists. And here are some excerpts. (Applause) Thank you. So this is, relatively, a new show that we're now beginning to tour. And in Austin, Texas, I was asked to give small demonstrations in schools during the afternoon. When I arrived at one of the schools, I certainly did not expect this: Six hundred kids, packed in a gymnasium, waiting. I was a little nervous performing without animation, costume -- really -- and make-up. But the teachers came to me afterward and told me they hadn't seen the kids that attentive. And I think the reason why is that I was able to use their language and their reality in order to transport them into another. Something happened along the way. Zero became a person and not just a character in a play. Zero does not speak, is neither man nor woman. Zero is Zero, a little hero of the 21st Century, and Zero can touch so many more people than I possibly could. It's as much about bringing new disciplines inside this box as it is about taking theater out of its box. As a street performer, I have learned that everybody wants to connect. And that usually, if you're a bit extraordinary, if you're not exactly of human appearance, then people will feel inclined to participate and to feel out loud. It's as though you made something resonate within them. It's as though the mystery of the person they're interacting with and connecting allows them to be themselves just a bit more. Because through your mask, they let theirs go. Being human is an art form. I know theater can improve the quality of people's lives, and I know theater can heal. I've worked as a doctor clown in a hospital for two years. I have seen sick kids and sad parents and doctors be lifted and transported in moments of pure joy. I know theater unites us. Zero wants to engage the generation of today and tomorrow, tell various stories through different mediums. Comic books. Quantum physics video games. And Zero wants to go to the moon. In 2007, Zero launched a green campaign, suggesting his friends and fans to turn off their electricity every Sunday from 7: 53 to 8: 00 p.m. The idea is simple, basic. It's not original, but it's important, and it's important to participate. There is a revolution. It's a human and technological revolution. It's motion and emotion. It's information. It's visual. It's musical. It's sensorial. It's conceptual. It's universal. It's beyond words and numbers. It's happening. The natural progression of science and art finding each other to better touch and define the human experience. There is a revolution in the way that we think, in the way that we share, and the way that we express our stories, our evolution. This is a time of communication, connection and creative collaboration. Charlie Chaplin innovated motion pictures and told stories through music, silence, humor and poetry. He was social, and his character, The Tramp, spoke to millions. He gave entertainment, pleasure and relief to so many human beings when they needed it the most. We are not here to question the possible; we are here to challenge the impossible. In the science of today, we become artists. In the art of today, we become scientists. We design our world. We invent possibilities. We teach, touch and move. It is now that we can use the diversity of our talents to create intelligent, meaningful and extraordinary work. It's now. (Ringing) Thank you. (Applause)

私は演劇が大好きです 自分とは別の誰かを演じて全く別の視点から 人生を眺められることに魅力を感じます 人々が一ヶ所に集まって数時間劇に耳を傾けることもいいですね 年齢 人種 肌の色 宗教などに拘らず その時間その場所では皆が一体となれるということは 素晴しいことです その時私達は空間と時間を共に超えるのです 演劇は私達のセンスを呼び覚まし イマジネーションへの扉を開いてくれます この想像力が私達を新たなことに挑ませるのです この想像力が私達を発明家や創作者にし 私達に個性を与えるのです 私は2003年にオリジナルのショーの創作の依頼を受けて 「Upwake」の制作に取り掛かりました 「Upwake」はスーツケースを片手に出社する 現代のビジネスマンZeroの話です Zeroは夢と現実の間にはまり込んで2つの区別がつけられません Upwakeの視覚聴覚効果に映画と同じクオリティを求めて また私は自由に想像を膨らませたかったのです そこで頭を駆け巡っていた話を絵に起こし始めました 星の王子様の著者サン テグジュペリがここにいたら 箱の中に3つの穴を描いて 羊は中にいますよと言ったでしょうね 十分注意して見れば物事は浮かび上がってくるからです これは箱ではなく 私の頭から紙 紙からスクリーンそして それが現実化されるまでの私の空想を表現したものです 「Upwake」では建物がスーツを着用し Zeroは巨大キーボード上で タップダンスしたり スキャナでクローンを作ったり マウスを飼いならしたり 紙切れから夢にスリップしたり 宇宙へと飛び出したりします 私は動きと変化のある舞台空間を奇術師のように演出したいと思いました 一瞬で別の世界へワープするのです ユーモア 美しさ 単純さ 複雑さがあり 思想が比喩的に表現されている ショーにしたかったのです 例えばショー序盤ではZeroは夢と現実をDJになって演奏します 技術は私のビジョンを高画質でライブステージ上に 映し出させてくれる道具です そこで今日は皆さんに演劇と技術の 関係について話をしたいと思います 技術の方から始めましょう (ヒューズ音) そういうことなら演劇からを始めましょう (笑) (ブーン) (ヒュッ ヒュッ バン) (笑) (拍手) ありがとうございます 「Upwake」の上演時間は52分54秒です 3Dアニメーションをステージの4面全部に投影し 私がその映像とやりとりするわけです 動画と投影を使うやり方では発見の連続でした 特殊効果としてではなく 舞台上のパートナーとして利用しました 「Upwake」には特殊効果は使われていません 技巧なしです 最小限かつ単純であると同時に複雑で深みがあります 一人芝居として始めたものが 344フレームといくつかの委託と4年半の時を経て 才能溢れる19人のアーティスト達との 共同作品となりました いくつかのシーンをお見せします (拍手) ありがとうございます これはツアーを始めたばかりの比較的新しいショーです テキサス州のオースティンの学校で 午後に簡単な実演を行なう依頼を受けたのですが そのうち一校を訪れた際 予期していなかった光景が目に飛び込んできました 体育館いっぱいに600人の生徒が待っていたのです アニメーション コスチューム 更にメイクもなしで演じるのは少し不安でした しかし後から先生方がここまで集中している子供達を 見たことがなかったと話してくれました これは彼らの言葉や現実で演じて彼らを別の世界に 連れて行くことができたからだと思っています このような中 あることが起こりました Zeroは劇中の登場人物でなく1人の人間になったのです Zeroは喋りませんし性別もありません ZeroはZeroで 21世紀の小さなヒーローなのです そしてZeroは私がするよりももっと多くの人々の心にふれることができます それはこの枠組みに新たな領域を導入すると同時に 演劇を枠組みから取り出すということです 私は大道芸人をしていて 人は皆分かり合いたいのだと学びました 私が少し変わっていて人間のような見かけでなければ 人は大抵積極的に参加し楽しもうとします 観客との間に共鳴する何かが芽生えているみたいです 謎の人物と接して交流することが観客が少し心を開く 手助けになっているようです こちらがマスクをしていると向こうはマスクを外すからです 人間でいることは芸術の1つの形です 私は演劇が人の人生を豊かにしたり 人を癒したり出来ると知っています 以前2年間病院で臨床道化師として働いていました 病気の子供と悲しげなその子らの親と医師が 屈託なく笑う瞬間救われているのを見てきています 演劇は人と人を繋げることができるのです Zeroは今日と明日の世代に行動を起こしてもらおうと 異なる媒体から多種多様な話を語ります 漫画本 量子物理学テレビゲーム そしてZeroは月に行きたいと思っています 2007年に緑のキャンペーンを開始し 仲間やファンに毎週日曜日7:53pmから8:00pmまで 電気を消すことを提案しました 単純で基本的な考えで オリジナリティは ありませんが重要です 参加することが大切なのです 革命が起こっています これは人類と技術の革命なのです 動きと感情であり 情報でもあります 視覚的で音楽的 感覚的かつ概念的 普遍的な言葉や数字を超越したものです この革命が今起こっているのです 科学と芸術が互いに歩み寄る自然な発展が 人間の経験をより良いものにしています 私たちの考え方 ものごとの 共有の仕方 そして私たちの物語や発展の表現の仕方にも 革命が見られます コミュニケーション コネクション 創造的なコラボレーションの時代です チャーリー チャップリンは映画の革新を行い 物語を音楽 沈黙 ユーモア 詩 を通じて伝えました 彼は社交的で 彼のキャラクターTrampは何百万もの人に訴えかけました エンターテイメント 歓楽 安心が最も必要とされた時代に 多くの人々にそれを与えました 何が可能か問うのではなく不可能に挑戦するために私たちはいるのです 今日の科学界では私たちは芸術家になり 今日の芸術界では科学者になります 私達は世界をデザインし可能性を創作しています 私達は指導し ふれ合い 人の心を動かします 今こそ私達の多様な才能を大いに発揮して 知的で有意義なすばらしいものを創作する時なのです (リンリン) ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画