TEDおすすめ 4

TEDのプレゼンテーションを初めて見るという方におすすめの動画の一覧です。

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
エイミー・カディ: ボディランゲージが人を作る
私たちのするボディランゲージは、自分に対する他の人の見方に影響しますが、自分自身の見方にも影響します。社会心理学者のエイミー・カディは、自信のないときでも自信に溢れる「力のポーズ」を取ることで、脳内のテストステロンやコルチゾールのレベルが変化し、成功できる見込みも変わるのだと言います。
ジュリアン・トレジャー: なぜ建築家に耳が必要なのか?
粗末な音響特性が原因で、就学児童は教師の話の半分を聞き落しています。また、入院患者は病院の騒音に絶えずストレスを感じて 睡眠障害に陥っています。 音の専門家ジュリアン・トレジャーは音響特性を考慮した”見えない建築術”に注目するようデザイナーに呼びかけます。
リサ・クリスティン: 現代奴隷の目撃写真
この2年あまり写真家のリサ・クリスティンは世界中を旅して、我慢できないほど過酷な現代の奴隷の現実を記録してきました。彼女はガーナの鉱夫やネパールでレンガを運び出す人々等、心に残る写真を紹介しながら、世界中で奴隷扱いされる2千7百万人に上る人々の窮状を訴えます。
パム・ワーハースト: 食べられる景色がある町づくり
空き地をどう使うべきか?もちろん、食べられる植物を植えて下さいとパム・ワーハーストは言います。地域のボランティアと共に空き地を野菜畑に変え、地元の食に対する意識まで変えてしまった彼女の、ユーモアたっぷりのエネルギッシュなトークをお聞き下さい。
シーラ・エルワージー: 非暴力で戦う方法
正々堂々と暴力に対抗するには?平和活動家のシーラ・エルワージーが見識と人間味に溢れる話を通して、我々が国や個人として身につける必要がある、力に頼らずに激しい暴力と戦う方法を教えてくれます。アウン・サン・スー・チー、マハトマ・ガンジー、ネルソン・マンデラといった歴史に名を刻む英雄たち、そして彼らの平和的抗議活動を支えた哲学を例に挙げながら、彼女は非暴力の力とその理由について語ります。(撮影 TEDxエクセター)
ニール・ハービソン: 僕は色を聴いている
アーティストのニール・ハービソンは完全な色盲として生まれました。しかし、頭に装着したデバイスが、色を音に変換してくれます。ハービソンの目に映る世界はグレイスケールですが、彼の耳は常に色彩に溢れたシンフォニーを聴いています。人の顔や絵画も、彼は耳で聴いているのです。
ミナ・ビッセル: 癌の新しい理解につながる実験
乳癌研究者のミナ・ビッセルは、癌細胞はどれもが腫瘍になるのではなく 周囲の環境(微小環境)の送る信号によって腫瘍化が左右されると信じ、この画期的な考えを証明するための研究を数十年に渡って続けてきました。癌の増殖に対する定説の間違いを示した二つの実験について話します。
ターリ・シャーロット: 楽観主義バイアス
人間は生まれつき現実的ではなく楽観的なのでしょうか?ターリ・シャーロットは、新しい研究結果により、人間の脳が明るい面を見るように作られていることを示唆し、これが危険であると同時に利点でもあることを説明します。
ジョー・スミス: 紙タオルの正しい使い方
皆さん手を乾かすのに紙タオルをよく使うことでしょう。しかし、皆さんの使い方は間違っているかもしれません。この笑いあり、新発見ありの短いトークの中で、ジョー・スミスが紙タオルを完璧に使いこなすテクニックをご紹介します。(撮影: TEDxConcordiaUPortland)
マイケル・ノートン: 幸せを買う方法
TEDxケンブリッジにおいて、幸せはお金で買うことができるという興味深い研究についてマイケル・ノートンが話します。その方法とは自分以外のためにお金を使うことなのです。様々な向社会的なお金の使い方があなたや、あなたの仕事、そして(もちろん)他の人に恩恵をもたらすという驚きのデータをお聞き下さい。
フランス・ドゥ・ヴァール: 良識ある行動をとる動物たち
共感、協力、公平さ そして互恵--われわれは他人の幸せを思いやるという行為を、とても人間臭いものだと思いがちです。しかし人間と動物の行動が、モラルという面でいかに共通したものであるのか。フランス・ドゥ・ヴァール博士は、霊長類や他の哺乳類達の行動実験の様子をとらえた驚きに満ちた映像を通して明らかにします。
ラリー・スミス: あなたに夢の仕事ができない理由
情熱を追えない人が口にするくだらない言い訳を、ジョークを交えつつ率直な口調で、ラリー・スミスがバッサリ斬ります。
スーザン・ケイン: 内向的な人が秘めている力
社交的で活動的であることが何より評価される文化において、内向的であることは肩身が狭く、恥ずかしいとさえ感じられます。しかしスーザン・ケインはこの情熱的な講演で、内向的な人は世界にものすごい才能と能力をもたらしているのであり、内向性はもっと評価され奨励されてしかるべきだと言っています。
ポール・コネリー: デジタル式人道主義
ハイチでの破滅的な地震により、人道支援団体は思いがけない教訓を学ぶこととなりました。それは携帯端末が調整役となり、情報を発信し、援助活動を導く能力です。TEDxRC2のステージで、ポール・コネリーがソーシャルメディアの驚くべき活用例と、人道支援の中核として台頭しつつある新たなテクノロジーを紹介します。
タイロン・ヘイズとペネロピ・ジャゲッサー・シェイファー: 赤ちゃんが汚染される?
映画監督のペネロピ・ジャゲッサー・シェイファーは、妊娠中に自分自身が晒された化学物質について関心を持ちました。それらは、胎児に影響があるのだろうか?彼女は、コーンに使われる農薬、アトラジンの研究を行う科学者のタイロン・ヘイズに、説明を求めています。(両生類の専門家ヘイズは、カエルの発達に悪影響を及ぼすアトラジンの問題を指摘しています) TEDWomen でヘイズとシェイファーが共にステージに立ち、この問題につい...
ショーン・エイカー: 幸福と成功の意外な関係
私たちは幸福になるために努力し成功しなければならないと思っていますが、逆だとしたらどうでしょう? このTEDxBloomingtonでの目まぐるしくも楽しい講演で心理学者のショーン・エイカーは、幸福は実際生産性や成功の可能性を押し上げるのだと言っています。
ジュリアン・バジーニ: 「本当の自分」は存在するか?
「あなた」を、「あなた」たらしめているものは何でしょうか?あなたの思う自分でしょうか?周囲の人の思うあなたでしょうか?それとも、まったく違う何かでしょうか?このトークでジュリアン・バジーニは、哲学と神経科学から驚きの答えを導きます。(TEDxYouth@Manchester にて収録)
シーナ・アイエンガー: 選択をしやすくするには
カスタマイズされた体験や製品は誰もが望むものですが、膨大な数の選択肢を目にすると消費者はどうしていいのか分からなくなります。興味深い新しい研究調査をもとに、シーナ・アイエンガーが企業(またその他の団体・人々)がいかに選択体験を改善できるか説明します。
パディ・アッシュダウン: 世界的な権力の移行
パディ・アッシュダウンは、私たちは今までなかった形で権力が変化している時代に生きていると言います。TEDxブリュッセルでの聞く者を魅了するスピーチの中で、彼は今起こりつつある3つの大きな世界の変動について述べています。
アントニオ・ダマシオ: 意識の理解はどこまで進んだか
毎朝起きると意識が戻ってくるのは驚くべきことです。ここで実際に回復している意識とは何でしょう。脳神経科学者のアントニオ・ダマシオは、こんな単純な問いを糸口にして脳が自己を認知する仕組みの一端を論じます。
パヴァン・スクデフ: 自然に値札をつけろ!
私たちは毎日、考えも無しに地球の資源を無料で使用しています。もし、こうした資源の本当の価値に対して支払をしなければならないとしたら?私たちはもっと無駄遣いに敏感になるのではないでしょうか?パヴァン・スクデフは大自然の管財人のような存在です-彼は自然の持つ資産に評価額をつけます。彼が提示する空気の、水の、そして森の値段についてのチャートに、みなさん驚かれることでしょう。
アレグザンダー・シアラス: 受胎から誕生までを可視化する
アレグザンダー・シアラスが受胎から誕生までの人の成長を例に、強力な医療可視化技術をご覧にいれます。(画像注意)
バンカー・ロイ: 「裸足の大学」から学べること
インドのラジャスタンに、驚くべき学校があります。大半は読み書きもできない地元の女性や男性を訓練して、村で働く太陽光発電の技術者や職人、歯科医や医者にするのです。「裸足の大学」と呼ばれるその学校の創始者であるバンカー・ロイが、その仕組みを語ります。
エイブラハム・バルギーズ: 医師の手が持つ力
近代医療は、人の手が持つ力という、昔からある強力なツールを失いつつあります。医師であり作家でもあるエイブラハム・バルギーズは、患者がもはやパソコン上のデータに過ぎなくなった現代社会の奇妙さを描き、昔ながらの一対一の診察への回帰を呼びかけます。
マット・カッツ: 30日間チャレンジ
ずっとするつもりでいたこと、したいと思っていたことなのに、なかなかやれないでいることはありませんか?マット・カッツは試しに30日間だけやってみてはと言います。この短い軽妙な講演では、目標の設定と達成について考えるための素敵な方法が提案されています。
ダニエル・タメット: 異なる認識の仕方
ダニエル・タメットには言語・数値・視覚的な共感覚能力があります。つまり、彼の言葉・数字・色彩に対する知覚は、完全に違った形で世界を感じて理解する組み合わせなのです。「ぼくには数字が風景に見える」の著者であるタメットが自分の絵や言語に対する思いを語り、その並外れた意識を垣間見せます。
ポール・ニックレン: 氷に閉ざされた不思議の国の話
とても恐れられている動物であるヒョウアザラシに近づくため北極海の氷の下へと潜ったポール・ニックレンは、そこで意外な友達を見つけることになります。不思議の地・北極で彼が体験した可笑しくも心温まる物語を、氷の上や下に生きる動物たちの見事な写真とともにお楽しみください。
イーライ・パリザー: 危険なインターネット上の「フィルターに囲まれた世界」
インターネット企業が私たちの好みに合わせてサービス(ニュースや検索など)をカスタマイズしようと努めるにしたがい、思いもよらぬ害が出てきています。私たちは「フィルターに囲まれた世界」に閉じ込められ、自己の世界観に疑問を投げかけたり視野を広める情報に触れる機会を失っているのです。結果的に私たちのためにならず、民主主義にも悪影響を及ぼすことになるとイーライ・パリザーが強く訴えます。
ジョン・ハンター: 世界平和ゲーム
ジョン・ハンターは世界中の問題を縦120センチ x 横150センチのべニヤ板の上に広げ、小学4年生の児童たちに解かせます。ジョンは、児童が世界平和ゲームにどのようにのめり込んでいるのかを話します。なぜ教室での授業よりも、自発的な行動や常に予期できないことばかりが起きる世界平和ゲームで深い学びが起こるのでしょうか。ジョンの話を聞いてみましょう。
デビッド・クリスチャン: ビッグ・ヒストリー
素晴しいイラストを使って、ビッグバンからインターネットまでの完全な宇宙の歴史を、デビッド・クリスチャンが18分間で見事に解説します。これが「ビッグ・ヒストリー」です。複雑性や生命そして人間性について広い視野からの啓発的な見解であり、宇宙の時間軸からすれば我々の存在は一瞬に過ぎないことに気付かされます。
エイミー・カディ: ボディランゲージが人を作る
21:03
2012/10/01
私たちのするボディランゲージは、自分に対する他の人の見方に影響しますが、自分自身の見方にも影響します。社会心理学者のエイミー・カディは、自信のないときでも自信に溢れる「力のポーズ」を取ることで、脳内のテストステロンやコルチゾールのレベルが変化し、成功できる見込みも変わるのだと言います。
ジュリアン・トレジャー: なぜ建築家に耳が必要なのか?
09:52
2012/09/18
粗末な音響特性が原因で、就学児童は教師の話の半分を聞き落しています。また、入院患者は病院の騒音に絶えずストレスを感じて 睡眠障害に陥っています。 音の専門家ジュリアン・トレジャーは音響特性を考慮した”見えない建築術”に注目するようデザイナーに呼びかけます。
リサ・クリスティン: 現代奴隷の目撃写真
19:22
2012/08/11
この2年あまり写真家のリサ・クリスティンは世界中を旅して、我慢できないほど過酷な現代の奴隷の現実を記録してきました。彼女はガーナの鉱夫やネパールでレンガを運び出す人々等、心に残る写真を紹介しながら、世界中で奴隷扱いされる2千7百万人に上る人々の窮状を訴えます。
パム・ワーハースト: 食べられる景色がある町づくり
13:21
2012/08/09
空き地をどう使うべきか?もちろん、食べられる植物を植えて下さいとパム・ワーハーストは言います。地域のボランティアと共に空き地を野菜畑に変え、地元の食に対する意識まで変えてしまった彼女の、ユーモアたっぷりのエネルギッシュなトークをお聞き下さい。
シーラ・エルワージー: 非暴力で戦う方法
15:48
2012/08/05
正々堂々と暴力に対抗するには?平和活動家のシーラ・エルワージーが見識と人間味に溢れる話を通して、我々が国や個人として身につける必要がある、力に頼らずに激しい暴力と戦う方法を教えてくれます。アウン・サン・スー・チー、マハトマ・ガンジー、ネルソン・マンデラといった歴史に名を刻む英雄たち、そして彼らの平和的抗議活動を支えた哲学を例に挙げながら、彼女は非暴力の力とその理由について語ります。(撮影 TEDxエクセター)
ニール・ハービソン: 僕は色を聴いている
09:36
2012/07/20
アーティストのニール・ハービソンは完全な色盲として生まれました。しかし、頭に装着したデバイスが、色を音に変換してくれます。ハービソンの目に映る世界はグレイスケールですが、彼の耳は常に色彩に溢れたシンフォニーを聴いています。人の顔や絵画も、彼は耳で聴いているのです。
ミナ・ビッセル: 癌の新しい理解につながる実験
16:18
2012/07/16
乳癌研究者のミナ・ビッセルは、癌細胞はどれもが腫瘍になるのではなく 周囲の環境(微小環境)の送る信号によって腫瘍化が左右されると信じ、この画期的な考えを証明するための研究を数十年に渡って続けてきました。癌の増殖に対する定説の間違いを示した二つの実験について話します。
ターリ・シャーロット: 楽観主義バイアス
17:41
2012/05/14
人間は生まれつき現実的ではなく楽観的なのでしょうか?ターリ・シャーロットは、新しい研究結果により、人間の脳が明るい面を見るように作られていることを示唆し、これが危険であると同時に利点でもあることを説明します。
ジョー・スミス: 紙タオルの正しい使い方
04:28
2012/04/30
皆さん手を乾かすのに紙タオルをよく使うことでしょう。しかし、皆さんの使い方は間違っているかもしれません。この笑いあり、新発見ありの短いトークの中で、ジョー・スミスが紙タオルを完璧に使いこなすテクニックをご紹介します。(撮影: TEDxConcordiaUPortland)
マイケル・ノートン: 幸せを買う方法
10:59
2012/04/24
TEDxケンブリッジにおいて、幸せはお金で買うことができるという興味深い研究についてマイケル・ノートンが話します。その方法とは自分以外のためにお金を使うことなのです。様々な向社会的なお金の使い方があなたや、あなたの仕事、そして(もちろん)他の人に恩恵をもたらすという驚きのデータをお聞き下さい。
フランス・ドゥ・ヴァール: 良識ある行動をとる動物たち
16:53
2012/04/10
共感、協力、公平さ そして互恵--われわれは他人の幸せを思いやるという行為を、とても人間臭いものだと思いがちです。しかし人間と動物の行動が、モラルという面でいかに共通したものであるのか。フランス・ドゥ・ヴァール博士は、霊長類や他の哺乳類達の行動実験の様子をとらえた驚きに満ちた映像を通して明らかにします。
ラリー・スミス: あなたに夢の仕事ができない理由
15:00
2012/03/10
情熱を追えない人が口にするくだらない言い訳を、ジョークを交えつつ率直な口調で、ラリー・スミスがバッサリ斬ります。
スーザン・ケイン: 内向的な人が秘めている力
19:04
2012/03/02
社交的で活動的であることが何より評価される文化において、内向的であることは肩身が狭く、恥ずかしいとさえ感じられます。しかしスーザン・ケインはこの情熱的な講演で、内向的な人は世界にものすごい才能と能力をもたらしているのであり、内向性はもっと評価され奨励されてしかるべきだと言っています。
ポール・コネリー: デジタル式人道主義
10:57
2012/02/17
ハイチでの破滅的な地震により、人道支援団体は思いがけない教訓を学ぶこととなりました。それは携帯端末が調整役となり、情報を発信し、援助活動を導く能力です。TEDxRC2のステージで、ポール・コネリーがソーシャルメディアの驚くべき活用例と、人道支援の中核として台頭しつつある新たなテクノロジーを紹介します。
タイロン・ヘイズとペネロピ・ジャゲッサー・シェイファー: 赤ちゃんが汚染される?
17:49
2012/02/13
映画監督のペネロピ・ジャゲッサー・シェイファーは、妊娠中に自分自身が晒された化学物質について関心を持ちました。それらは、胎児に影響があるのだろうか?彼女は、コーンに使われる農薬、アトラジンの研究を行う科学者のタイロン・ヘイズに、説明を求めています。(両生類の専門家ヘイズは、カエルの発達に悪影響を及ぼすアトラジンの問題を指摘しています) TEDWomen でヘイズとシェイファーが共にステージに立ち、この問題について語ります。
ショーン・エイカー: 幸福と成功の意外な関係
12:21
2012/02/01
私たちは幸福になるために努力し成功しなければならないと思っていますが、逆だとしたらどうでしょう? このTEDxBloomingtonでの目まぐるしくも楽しい講演で心理学者のショーン・エイカーは、幸福は実際生産性や成功の可能性を押し上げるのだと言っています。
ジュリアン・バジーニ: 「本当の自分」は存在するか?
12:13
2012/01/22
「あなた」を、「あなた」たらしめているものは何でしょうか?あなたの思う自分でしょうか?周囲の人の思うあなたでしょうか?それとも、まったく違う何かでしょうか?このトークでジュリアン・バジーニは、哲学と神経科学から驚きの答えを導きます。(TEDxYouth@Manchester にて収録)
シーナ・アイエンガー: 選択をしやすくするには
16:06
2012/01/19
カスタマイズされた体験や製品は誰もが望むものですが、膨大な数の選択肢を目にすると消費者はどうしていいのか分からなくなります。興味深い新しい研究調査をもとに、シーナ・アイエンガーが企業(またその他の団体・人々)がいかに選択体験を改善できるか説明します。
パディ・アッシュダウン: 世界的な権力の移行
18:29
2012/01/05
パディ・アッシュダウンは、私たちは今までなかった形で権力が変化している時代に生きていると言います。TEDxブリュッセルでの聞く者を魅了するスピーチの中で、彼は今起こりつつある3つの大きな世界の変動について述べています。
アントニオ・ダマシオ: 意識の理解はどこまで進んだか
18:42
2011/12/19
毎朝起きると意識が戻ってくるのは驚くべきことです。ここで実際に回復している意識とは何でしょう。脳神経科学者のアントニオ・ダマシオは、こんな単純な問いを糸口にして脳が自己を認知する仕組みの一端を論じます。
パヴァン・スクデフ: 自然に値札をつけろ!
11:13
2011/12/14
私たちは毎日、考えも無しに地球の資源を無料で使用しています。もし、こうした資源の本当の価値に対して支払をしなければならないとしたら?私たちはもっと無駄遣いに敏感になるのではないでしょうか?パヴァン・スクデフは大自然の管財人のような存在です-彼は自然の持つ資産に評価額をつけます。彼が提示する空気の、水の、そして森の値段についてのチャートに、みなさん驚かれることでしょう。
アレグザンダー・シアラス: 受胎から誕生までを可視化する
09:38
2011/11/14
アレグザンダー・シアラスが受胎から誕生までの人の成長を例に、強力な医療可視化技術をご覧にいれます。(画像注意)
バンカー・ロイ: 「裸足の大学」から学べること
19:08
2011/10/17
インドのラジャスタンに、驚くべき学校があります。大半は読み書きもできない地元の女性や男性を訓練して、村で働く太陽光発電の技術者や職人、歯科医や医者にするのです。「裸足の大学」と呼ばれるその学校の創始者であるバンカー・ロイが、その仕組みを語ります。
エイブラハム・バルギーズ: 医師の手が持つ力
18:33
2011/09/26
近代医療は、人の手が持つ力という、昔からある強力なツールを失いつつあります。医師であり作家でもあるエイブラハム・バルギーズは、患者がもはやパソコン上のデータに過ぎなくなった現代社会の奇妙さを描き、昔ながらの一対一の診察への回帰を呼びかけます。
マット・カッツ: 30日間チャレンジ
03:28
2011/07/01
ずっとするつもりでいたこと、したいと思っていたことなのに、なかなかやれないでいることはありませんか?マット・カッツは試しに30日間だけやってみてはと言います。この短い軽妙な講演では、目標の設定と達成について考えるための素敵な方法が提案されています。
ダニエル・タメット: 異なる認識の仕方
10:54
2011/06/22
ダニエル・タメットには言語・数値・視覚的な共感覚能力があります。つまり、彼の言葉・数字・色彩に対する知覚は、完全に違った形で世界を感じて理解する組み合わせなのです。「ぼくには数字が風景に見える」の著者であるタメットが自分の絵や言語に対する思いを語り、その並外れた意識を垣間見せます。
ポール・ニックレン: 氷に閉ざされた不思議の国の話
17:56
2011/05/11
とても恐れられている動物であるヒョウアザラシに近づくため北極海の氷の下へと潜ったポール・ニックレンは、そこで意外な友達を見つけることになります。不思議の地・北極で彼が体験した可笑しくも心温まる物語を、氷の上や下に生きる動物たちの見事な写真とともにお楽しみください。
イーライ・パリザー: 危険なインターネット上の「フィルターに囲まれた世界」
09:05
2011/05/02
インターネット企業が私たちの好みに合わせてサービス(ニュースや検索など)をカスタマイズしようと努めるにしたがい、思いもよらぬ害が出てきています。私たちは「フィルターに囲まれた世界」に閉じ込められ、自己の世界観に疑問を投げかけたり視野を広める情報に触れる機会を失っているのです。結果的に私たちのためにならず、民主主義にも悪影響を及ぼすことになるとイーライ・パリザーが強く訴えます。
ジョン・ハンター: 世界平和ゲーム
20:27
2011/04/24
ジョン・ハンターは世界中の問題を縦120センチ x 横150センチのべニヤ板の上に広げ、小学4年生の児童たちに解かせます。ジョンは、児童が世界平和ゲームにどのようにのめり込んでいるのかを話します。なぜ教室での授業よりも、自発的な行動や常に予期できないことばかりが起きる世界平和ゲームで深い学びが起こるのでしょうか。ジョンの話を聞いてみましょう。
デビッド・クリスチャン: ビッグ・ヒストリー
17:41
2011/04/11
素晴しいイラストを使って、ビッグバンからインターネットまでの完全な宇宙の歴史を、デビッド・クリスチャンが18分間で見事に解説します。これが「ビッグ・ヒストリー」です。複雑性や生命そして人間性について広い視野からの啓発的な見解であり、宇宙の時間軸からすれば我々の存在は一瞬に過ぎないことに気付かされます。