TED日本語 - キャンディ・チャン: 死ぬ前にしたいこと

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - キャンディ・チャン: 死ぬ前にしたいこと

TED Talks

死ぬ前にしたいこと
Before I die I want to...
キャンディ・チャン
Candy Chang

内容

TEDフェローでアーティストのキャンディ・チャンは、ニューオーリンズの自宅の近所にある見捨てられた家を大きな伝言板に改造し、穴埋め式の質問で人々に問いかけました。「死ぬ前に私は___したい」。すると驚くような答や、感動的な答、あるいは滑稽な答が近所の人たちから寄せられて、そこはコミュニティを映す意外な鏡となったのです。(あなたなら何と答えますか?)

Script

There are a lot of ways the people around us can help improve our lives. We don't bump into every neighbor, so a lot of wisdom never gets passed on, though we do share the same public spaces.

So over the past few years, I've tried ways to share more with my neighbors in public space, using simple tools like stickers, stencils and chalk. And these projects came from questions I had, like, how much are my neighbors paying for their apartments? (Laughter) How can we lend and borrow more things without knocking on each other's doors at a bad time? How can we share more of our memories of our abandoned buildings, and gain a better understanding of our landscape? And how can we share more of our hopes for our vacant storefronts, so our communities can reflect our needs and dreams today?

Now, I live in New Orleans, and I am in love with New Orleans. My soul is always soothed by the giant live oak trees, shading lovers, drunks and dreamers for hundreds of years, and I trust a city that always makes way for music. (Laughter) I feel like every time someone sneezes, New Orleans has a parade. (Laughter) The city has some of the most beautiful architecture in the world, but it also has one of the highest amounts of abandoned properties in America.

I live near this house, and I thought about how I could make it a nicer space for my neighborhood, and I also thought about something that changed my life forever.

In 2009, I lost someone I loved very much. Her name was Joan, and she was a mother to me, and her death was sudden and unexpected. And I thought about death a lot, and this made me feel deep gratitude for the time I've had, and brought clarity to the things that are meaningful to my life now. But I struggle to maintain this perspective in my daily life. I feel like it's easy to get caught up in the day-to-day, and forget what really matters to you.

So with help from old and new friends, I turned the side of this abandoned house into a giant chalkboard and stenciled it with a fill-in-the-blank sentence: "Before I die, I want to ... "So anyone walking by can pick up a piece of chalk, reflect on their lives, and share their personal aspirations in public space.

I didn't know what to expect from this experiment, but by the next day, the wall was entirely filled out, and it kept growing. And I'd like to share a few things that people wrote on this wall.

"Before I die, I want to be tried for piracy." (Laughter) "Before I die, I want to straddle the International Date Line." "Before I die, I want to sing for millions." "Before I die, I want to plant a tree." "Before I die, I want to live off the grid." "Before I die, I want to hold her one more time." "Before I die, I want to be someone's cavalry." "Before I die, I want to be completely myself."

So this neglected space became a constructive one, and people's hopes and dreams made me laugh out loud, tear up, and they consoled me during my own tough times. It's about knowing you're not alone. It's about understanding our neighbors in new and enlightening ways. It's about making space for reflection and contemplation, and remembering what really matters most to us as we grow and change.

I made this last year, and started receiving hundreds of messages from passionate people who wanted to make a wall with their community, so my civic center colleagues and I made a tool kit, and now walls have been made in countries around the world, including Kazakhstan, South Africa, Australia, Argentina and beyond. Together, we've shown how powerful our public spaces can be if we're given the opportunity to have a voice and share more with one another.

Two of the most valuable things we have are time and our relationships with other people. In our age of increasing distractions, it's more important than ever to find ways to maintain perspective and remember that life is brief and tender. Death is something that we're often discouraged to talk about or even think about, but I've realized that preparing for death is one of the most empowering things you can do. Thinking about death clarifies your life.

Our shared spaces can better reflect what matters to us as individuals and as a community, and with more ways to share our hopes, fears and stories, the people around us can not only help us make better places, they can help us lead better lives. Thank you. (Applause)

(Applause) Thank you. (Applause)

(Applause)

まわりの人は様々な形で人生を豊かなものに してくれるものですが でも同じ場所に 住んでいても みんなに行き会えるわけではなく 多くの知恵が 受け渡されずに過ぎてしまいます

だからこの何年か ラベルやステンシルやチョークのような シンプルな道具を使い 公共の場で近所の人と もっと多くのことを共有できないものかと試みてきました それはみんな 私の素朴な疑問に端を発していました たとえば 近所の人のアパートの家賃はいくらなんだろう とか (笑) 間の悪い時にドアをノックすることなく ものを貸し借りのできる方法はないか とか うち捨てられた建物について みんなで思い出を共有し 身の回りの風景をもっと理解できるようにする方法はないか とか 空き家になった店の 使い道についてみんなで望みを共有し 自分たちの必要や夢をコミュニティに反映させることはできないか とか

私はニューオーリンズに住んでいて この町がとても好きです 恋人たちや酔っ払いや夢見る人たちに何百年も安らぎの場を与えてきた あの大きな樫の木には いつもほっとした気持ちになります 絶えず音楽をやる機会を与えてくれる この町を 私は信じています 誰かがくしゃみをするたびに ニューオーリンズでパレードを やっているんじゃないかと思います (笑) この町にはとても美しい建物がありますが 空き家の数もアメリカで最も多いんです 空き家の数もアメリカで最も多いんです

この家は 私の家の近くにあるんですが これを使って 近所を もっと素敵な空間にできないかと思い また自分の人生を何か永遠に 変えるようなものはないかと考えていました

2009年に 私は大切な人をなくしました ジョーンという名の私にとって母のような人で それは予期しない突然の死でした それから死についてよく考えるようになって 自分に与えられた時間をありがたく感じ 自分に与えられた時間をありがたく感じ 自分の人生にとって 大切なものが何なのか はっきり見えるようになりました でも日常生活の中で その視点を維持するのを難しく感じてもいました 日々の些事に追われて 大切なものを見失いがちだったんです

それで 古い友達や 新しい友達の助けを借りて この見捨てられた家の壁を 大きな伝言板に変え こんな穴埋め式の問で満たしたんです 「死ぬ前に私は<u><u><u>したい」</u></u></u> 通りがかった人がチョークを手にとって 自分の人生を振り返り 個人的な望みを公共の場で 共有できるようにしたわけです

それがどんな結果になるのかは予想もできませんでしたが 翌日には壁がすっかり埋まっていて さらに広がり続けていたのです 人々がどんなことを 書いていたのかいくつかご紹介しましょう

「死ぬ前に 海賊として裁かれたい」(笑) 「死ぬ前に 日付変更線をまたぎたい」 「死ぬ前に 何百万人を前に歌いたい」 「死ぬ前に 木を植えたい」 「死ぬ前に 自給自足生活をしてみたい」 「死ぬ前に 彼女をもう一度抱きしめたい」 「死ぬ前に 誰かの騎兵隊になりたい」 「死ぬ前に 本当の自分になりたい」

この見捨てられた場所が意味を持つようになったんです みんなの夢や希望を見て すごく笑い 涙を流し 辛い時にも慰められました 自分は一人ではないんだと分かります 近所に住む人たちを 新たな 開かれた目で見られるようになります 振り返って深く考えることを促し 成長し変わっていく中で何が本当に大事なのか 思い出せる場所を作るんです

これを作ったのは去年ですが 自分のコミュニティにも この壁を作りたいという熱心な人たちから 何百というメッセージを受け取りました 市民センターの同僚と一緒にこのツールキットを用意し 今ではこの壁が世界中に作られています カザフスタン南アフリカ オーストラリア アルゼンチン その他 もし人々が伝えたいことを表現し 互いに共有できる方法を用意したなら 公共の場がいかに強い力を持ちうるものか示せました

私たちの持つ一番大切なものは 時間と 他の人との関わりです 気をそらされる要素の多いこの時代にあって 全体を見失うことなく人生はもろく短いことを 忘れずにいるのはすごく大事だと思います 死というのは 話すのはもちろん 考えることすら避けがちなものですが 死に備えることはこれ以上なく力を 与えてくれるものだと気付きました 死について考えることは自分の人生をはっきり見せてくれます

私たちが共有する場所は 個人として またコミュニティとして 私たちにとって何が大切なのかをもっと良く反映できるはずです そして希望や恐れや体験を共有することで より良い場所を作りさらには より良い人生を歩めるよう助け合うことができるでしょう どうもありがとうございました (拍手)

(拍手) ありがとうございます (拍手)

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画