TED日本語 - ハース&ハーン: 色を塗って地域を変えるには

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ハース&ハーン: 色を塗って地域を変えるには

TED Talks

色を塗って地域を変えるには
How painting can transform communities
ハース&ハーン
Haas&Hahn

内容

アーティストのイェロン・クールハースとドレ・ウルハーンは、地域全体をペンキで塗装し、住民を巻き込みながらコミュニティ・アートを作っています。場所はリオデジャネイロのファヴェーラから、ノース・フィラデルフィアの街並みにまで及びます。どうして彼らのプロジェクトは成功したのでしょうか?この面白く感動的な話を通して2人が説明しているのは、アート優先のアプローチについて、そして、ご近所を誘ってバーベキューをすることの大切さです。

Script

Dre Urhahn: This theater is built on Copacabana, which is the most famous beach in the world, but 25 kilometers away from here in the North Zone of Rio lies a community called Vila Cruzeiro, and roughly 60,000 people live there. Now, the people here in Rio mostly know Vila Cruzeiro from the news, and unfortunately, news from Vila Cruzeiro often is not good news. But Vila Cruzeiro is also the place where our story begins.

Jeroen Koolhaas: Ten years ago, we first came to Rio to shoot a documentary about life in the favelas. Now, we learned that favelas are informal communities. They emerged over the years when immigrants from the countryside came to the cities looking for work, like cities within the cities, known for problems like crime, poverty, and the violent drug war between police and the drug gangs. So what struck us was that these were communities that the people who lived there had built with their own hands, without a master plan and like a giant work in progress. Where we're from, in Holland, everything is planned. We even have rules for how to follow the rules. (Laughter)

DU: So the last day of filming, we ended up in Vila Cruzeiro, and we were sitting down and we had a drink, and we were overlooking this hill with all these houses, and most of these houses looked unfinished, and they had walls of bare brick, but we saw some of these houses which were plastered and painted, and suddenly we had this idea: what would it look like if all these houses would be plastered and painted? And then we imagined one big design,one big work of art. Who would expect something like that in a place like this? So we thought, would that even be possible? So first we started to count the houses, but we soon lost count. But somehow the idea stuck.

JK: We had a friend. He ran an NGO in Vila Cruzeiro. His name was Nanko, and he also liked the idea. He said, "You know, everybody here would pretty much love to have their houses plastered and painted. It's when a house is finished." So he introduced us to the right people, and Vitor and Maurinho became our crew. We picked three houses in the center of the community and we start here. We made a few designs, and everybody liked this design of a boy flying a kite the best. So we started painting, and the first thing we did was to paint everything blue, and we thought that looked already pretty good. But they hated it. The people who lived there really hated it. They said, "What did you do? You painted our house in exactly the same color as the police station." (Laughter) In a favela, that is not a good thing. Also the same color as the prison cell. So we quickly went ahead and we painted the boy, and then we thought we were finished, we were really happy, but still, it wasn't good because the little kids started coming up to us, and they said, "You know, there's a boy flying the kite, but where is his kite?" We said, "Uh, it's art. You know, you have to imagine the kite." (Laughter) And they said, "No, no, no, we want to see the kite." So we quickly installed a kite way up high on the hill, so that you could see the boy flying the kite and you could actually see a kite. So the local news started writing about it, which was great, and then even The Guardian wrote about it: "Notorious slum becomes open-air gallery."

JK: So, encouraged by this success, we went back to Rio for a second project, and we stumbled upon this street. It was covered in concrete to prevent mudslides, and somehow we saw a sort of river in it, and we imagined this river to be a river in Japanese style with koi carp swimming upstream. So we decided to paint that river, and we invited Rob Admiraal, who is a tattoo artist, and he specialized in the Japanese style. So little did we know that we would spend almost an entire year painting that river, together with Geovani and Robinho and Vitor, who lived nearby. And we even moved into the neighborhood when one of the guys that lived on the street, Elias, told us that we could come and live in his house, together with his family, which was fantastic. Unfortunately, during that time, another war broke out between the police and the drug gangs. (Video) (Gunfire) We learned that during those times, people in communities really stick together during these times of hardship, but we also learned a very important element, the importance of barbecues. (Laughter) Because, when you throw a barbecue, it turns you from a guest into a host, so we decided to throw one almost every other week, and we got to know everybody in the neighborhood.

JK: We still had this idea of the hill, though.

DU: Yeah, yeah, we were talking about the scale of this, because this painting was incredibly big, and it was insanely detailed, and this process almost drove us completely insane ourselves. But we figured that maybe, during this process, all the time that we had spent in the neighborhood was maybe actually even more important than the painting itself.

JK: So after all that time, this hill, this idea was still there, and we started to make sketches, models, and we figured something out. We figured that our ideas, our designs had to be a little bit more simple than that last project so that we could paint with more people and cover more houses at the same time. And we had an opportunity to try that out in a community in the central part of Rio, which is called Santa Marta, and we made a design for this place which looked like this, and then we got people to go along with it because turns out that if your idea is ridiculously big, it's easier to get people to go along with this. (Laughter) And the people of Santa Marta got together and in a little over a month they turned that square into this. (Applause) And this image somehow went all over the world.

DU: So then we received an unexpected phone call from the Philadelphia Mural Arts Program, and they had this question if this idea, our approach, if this would actually work in North Philly, which is one of the poorest neighborhoods in the United States. So we immediately said yes. We had no idea how, but it seemed like a very interesting challenge, so we did exactly the same as we did in Rio, and we moved into the neighborhood and started barbecuing. (Laughter) So the project took almost two years to complete, and we made individual designs for every single house on the avenue that we painted, and we made these designs together with the local store owners, the building owners, and a team of about a dozen young men and women. They were hired, and then they were trained as painters, and together they transformed their own neighborhood, the whole street, into a giant patchwork of color. (Applause) And at the end, the city of Philadelphia thanked every single one of them and gave them a merit for their accomplishment.

JK: So now we had painted a whole street. How about we do this whole hill now? We started looking for funding, but instead, we just ran into questions, like, how many houses are you going to paint? How many square meters is that? How much paint are you going to use, and how many people are you going to employ? And we did try for years to write plans for the funding and answer all those questions, but then we thought, in order to answer all those questions, you have to know exactly what you're going to do before you actually get there and start. And maybe it's a mistake to think like that. It would lose some of the magic that we had learned about that if you go somewhere and you spend time there, you can let the project grow organically and have a life of its own.

DU: So what we did is we decided to take this plan and strip it away from all the numbers and all the ideas and presumptions and just go back to the base idea, which was to transform this hill into a giant work of art. And instead of looking for funding, we started a crowdfunding campaign, and in a little over a month, more than 1,500 people put together and donated over 100,000 dollars. So for us, this was an amazing moment, because now -- (Applause) -- because now we finally had the freedom to use all the lessons that we had learned and create a project that was built the same way that the favela was built, from the ground on up, bottom up, with no master plan.

JK: So we went back, and we employed Angelo, and he's a local artist from Vila Cruzeiro, very talented guy, and he knows almost everybody there, and then we employed Elias, our former landlord who invited us into his house, and he's a master of construction. Together with them, we decided where to start. We picked this spot in Vila Cruzeiro, and houses are being plastered as we speak. And the good thing about them is that they are deciding which houses go next. They're even printing t-shirts, they're putting up banners explaining everything to everybody, and talking to the press. This article about Angelo appeared.

DU: So while this is happening, we are bringing this idea all over the world. So, like the project we did in Philadelphia, we are also invited to do workshops, for instance in Curacao, and right now we're planning a huge project in Haiti.

JK: So the favela was not only the place where this idea started: it was also the place that made it possible to work without a master plan, because these communities are informal -- this was the inspiration -- and in a communal effort, together with the people, you can almost work like in an orchestra, where you can have a hundred instruments playing together to create a symphony.

DU: So we want to thank everybody who wanted to become part of this dream and supported us along the way, and we are looking at continuing.

JK: Yeah. And so one day pretty soon, when the colors start going up on these walls, we hope more people will join us, and join this big dream, and maybe one day, the whole of Vila Cruzeiro will be painted.

DU: Thank you.

(Applause)

(ドレ・ウルハーン) この会場が建っているのは 世界一有名なビーチ コパカバーナです 一方ここから25km離れた リオデジャネイロの北地区には ヴィラ・クルゼイロという貧民街があって およそ6万人が暮らしています リオの住人は ヴィラ・クルゼイロのことを 主にニュースで知ります ただ残念なことに そこからのニュースには 良くないものが多いんです でもそんなヴィラ・クルゼイロから 私たちの話は始まります

(イェロン・クールハース) 私たちは10年前に初めてリオに来ました ファヴェーラの暮らしを ドキュメンタリーに撮るためです それでファヴェーラが 不法居住者の街だと知りました 地方出身者が 仕事を求めて都会に出てきて 何年もかけて出来上がりました まるで都市の中の都市です 犯罪や貧困 それから警察と麻薬組織との 血みどろの 麻薬戦争で知られています 私たちはこう感じました この街は そこに暮らす人々が 全体計画なんか立てずに 自分たちの手で作り上げた 巨大な工事現場のようだと 私たちの出身地オランダでは すべてが計画されています 規則の守り方にまで 規則があるんですから (笑)

(ウルハーン)撮影最終日に ヴィラ・クルゼイロにたどり着き 腰を下ろしてお酒を飲みながら 家々が立ち並ぶ この丘を 眺めていました ほとんどの家は未完成のようで 壁のレンガはむき出しでしたが 何軒か 漆喰仕上げで ペンキを塗った家がありました その時急に思いついたんです この家々が全部 漆喰仕上げで 塗装されていたら どんな風になるだろう? こうして私たちは ひとつの大規模なデザイン ― ひとつの大規模な芸術作品を 思い描いたんです 誰がこんな場所で そんなことを考えるでしょう? そもそも そんなことが 出来るんだろうか? そこで まず家の軒数を数え始めましたが すぐに分からなくなりました でもなぜかこのアイデアが 頭から離れなかったんです

(クールハース) 私たちには友人がいました 彼はヴィラ・クルゼイロで NGOを運営していました 名前はナンコといいます 彼もこのアイデアを気に入って こう言いました 「ここの人はみんな ― 外壁を仕上げて 塗装したら大喜びするだろう それでやっと家が完成するんだから」 そして彼がふさわしい人々を 紹介してくれて ヴィトールとマウリーが スタッフになりました 私たちは街の中心にある 3軒を選びそこから始めました いくつかデザインしましたが みんなが気に入ったのは 凧をあげる少年のデザインでした それから色を塗り始めました まず全体をブルーで塗りました それだけでも結構いいと思ったのに 住民はひどく嫌がり こう言いました 「お前ら何てことしたんだ? 俺たちの家を 警察署と 同じ色に塗るなんて」 (笑) ファヴェーラには ふさわしくありません それに刑務所の監房も同じ色なんです だからすぐ作業を進めて 少年を描きあげました 完成したと思って 私たちは満足しましたが まだダメでした 子供たちがやって来て言うんです 「凧をあげてる子は見えるけど 凧はどこにあるの?」 私たちは こう答えました 「これはアートなんだ 凧は想像しなよ」 (笑) それでも子供たちは 「ダメだよ 凧が見たいよ」と言うんです それで 丘のずっと上の方に 凧を設置して 凧をあげる少年も 凧も見えるようにしました 地元の新聞が記事にしてくれました すごい事です ガーディアン紙にまで載りました 「悪名高いスラム街が 青空ギャラリーに」

(クールハース)私たちは この成功で自信をつけて 次のプロジェクトのために リオへ戻ってきました そして偶然 ある通りを見つけたんです 地滑り防止のコンクリートで覆われていて 何だか川みたいでした そこで私たちは この通りを 錦鯉が上っている ― 日本風の川に見立てたんです そんな川を描くことに決めて ロブ・アドミラールに声をかけました 彼はタトゥーアーティストで 日本風の刺青が専門です その川を描くのに 丸一年近くもかかるとは 思いもしませんでした 一緒に作業したのは近所に住む ジョバーニとロビーニョと ヴィトールでした さらに私たちは ここに引っ越して来ました この通りに住むエリアスという人が 自分の家族と一緒に住まないかと 誘ってくれたんです 素晴らしい経験でした ところが残念なことに この頃 警察と麻薬組織が また抗争を始めたんです (ビデオ)(銃声) この時 私たちが学んだのは こういう大変な時こそ地域の人々が 助け合うということです 他にも とても大切な事を学びました バーベキューの大切さです (笑) バーベキューをやれば 客である私たちも みんなをもてなせるんですから だからほぼ1週おきに バーベキューをやって 近所のみんなと知り合いになりました

(クールハース)ただ 丘の計画はまだ頭にありました

(ウルハーン)そうだね 2人でこの計画の 規模について話していました この作品は物凄く巨大で 呆れるほど細かいせいで 計画を立てていると すっかり頭が変になりそうでした ただ私たちは思いました このプロセス つまり 地域で過ごす時間が 色を塗ることそのものよりも 本当はずっと大事じゃないかって

(クールハース)その後もずっと 丘の計画は頭にあったので スケッチや模型を作り始めて ある結論に達しました アイデアやデザインを 前回のプロジェクトより 少しだけシンプルにすれば もっと多くの人が参加できるし 同時により多くの家を カバーできると考えたんです それを試す機会にも恵まれました リオの中心部にある ― サンタ・マルタという地域です 私たちはこの場所向けに こんなデザインをして 人々に協力を求めました 結局アイデアが呆れるほど大規模なら むしろ喜んで協力してくれるのです (笑) サンタ・マルタの人々が力を合わせて 1か月余りで 一区画を こんな風に仕上げました (拍手) この画像は なぜか世界中に広まりました

(ウルハーン)そして 思いがけない所から電話がきました それはフィラデルフィア 壁画アートプログラムからで 尋ねたいことがあると言うんです 私たちのアイデアや方法が アメリカ有数の貧困地区である ― ノース・フィラデルフィアでも 上手くいくだろうか という質問でした 私たちは即イエスと答えました 方法は決めていませんでしたが すごく面白そうだと思ったんです だからまずリオの時と全く同じように その地域に引っ越して バーベキューを始めました (笑) このプロジェクトは完成までに 約2年かかりました 色を塗った街路に面する家は 全部 1軒ずつデザインしました 地元の商店主や ビルの所有者や 十数人の若者達と 一緒になってデザインしたんです 彼らを雇って塗装の訓練をし みんなで自分たちの 地域の街並み全体を 巨大な色のパッチワークに変えたんです (拍手) 最終的にフィラデルフィア市は 彼ら一人ひとりに 感謝の意を表し功績を称えました

(クールハース)私たちは 街並み全体を塗りました じゃあ丘全体なら どうなるでしょう? 資金の調達先を探し始めてはみたものの たくさんの問題に 突き当たるばかりでした 例えば 家は何軒塗ればいいのか? どれ位の面積になるのか? ペンキはどれだけ必要になるのか? 何人雇えばいいのか? 私たちは実際に 何年もかけて資金計画を書き あらゆる疑問に答えを出そうとしました ただその一方で 疑問に全部答えるには 現場で作業を始める前に やろうとする事を正確に 知っている必要があるんです でも そんな考え方自体 間違っているのかも知れません 私たちが学んできた魔法 つまり どこかに出かけて行って そこで過ごしていれば 計画は自然に膨らんでいって 生命が宿るという 魔法が消えてしまうんじゃないか

(ウルハーン)だから私たちは この計画から数字も発想も仮定も 全部取り除いて 最初のアイデアに 立ち返ろうと決めたんです この丘を巨大な アートにするというアイデアです そしてスポンサーを探す代わりに クラウドファンディングの キャンペーンを始め 1か月ちょっとで 1,500人以上が協力して 10万ドル以上を寄付してくれました これは私たちにとって 素晴らしい瞬間でした なぜなら ― (拍手) なぜなら私たちはこの時やっと 学んできた事を生かして ― ファヴェーラが出来たのと同じ様に プロジェクトを進められるように なったんですから つまり全体計画など立てず 一からボトムアップで 作り上げるんです

(クールハース)私たちは戻って アンジェロを雇いました 彼はヴィラ・クルゼイロ出身の アーティストで 多才な上に顔が広いんです それからエリアスも雇いました 以前 私たちを自分の家に 住み込ませてくれた人で 大工の親方です 彼らと どこから着手するか決めました これはヴィラ・クルゼイロの 一画を選んで 漆喰を塗っているところです 彼らのいい所は 次にどの家にするか決めていることです さらにTシャツまで作り 誰にでも全てが分かるように 説明が書かれた横断幕を掲げ メディアの取材にも答えます アンジェロを取り上げた こんな記事も出ました

(ウルハーン)その一方で私たちは このアイデアを 世界中に広めています フィラデルフィアでの プロジェクトと同じ様に キュラソーなどに招かれて ワークショップを開催していますし ハイチでは大規模な プロジェクトを計画中です

(クールハース) ファヴェーラは このアイデアの 発信源というだけではありません そこは全体計画などなくても 作品を作れる場所でもあったんです それは ここが不法住居地域だからです これは啓示でした そして地域の人々と共に汗をかくことで オーケストラみたいに作業できます そこでは100種類の楽器を 一斉に奏でて シンフォニーを生み出せます

(ウルハーン)だから 私たちはこの夢に参加して ずっと支えてくれた みんなに感謝したいし これからも続けるつもりです

(クールハース)そうだね だから近い将来 ― いろんな色が 壁を彩り始める時には もっと多くの人々に この壮大な夢に加わって欲しいですね そうすれば いつか ヴィラ・クルゼイロ全体が 美しく彩られることになるでしょう

(ウルハーン)ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画