TED日本語 - エルネスト・シロッリ: 人を助けたいなら 黙って聞こう!

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - エルネスト・シロッリ: 人を助けたいなら 黙って聞こう!

TED Talks

人を助けたいなら 黙って聞こう!
Want to help someone? Shut up and listen!
エルネスト・シロッリ
Ernesto Sirolli

内容

善意の活動家の多くは、自分達が解決できそうな問題を聞きつけては、すぐに出かけて活動を始めます。でもエルネスト・シロッリに言わせれば、それはいささか考えが甘いのです。可笑しくて熱意あふれる話を通して彼が提案するのは、まず支援する相手の話をよく聞くこと、そして起業する意欲を喚起することです。本当に役立つことに関する彼からのアドバイスは、すべての起業家の助けになるはずです。

Script

Everything I do, and everything I do professionally -- my life -- has been shaped by seven years of work as a young man in Africa. From 1971 to 1977 -- I look young, but I'm not - (Laughter) -- I worked in Zambia, Kenya, Ivory Coast, Algeria, Somalia, in projects of technical cooperation with African countries.

I worked for an Italian NGO, and every single project that we set up in Africa failed. And I was distraught. I thought, age 21, that we Italians were good people and we were doing good work in Africa. Instead, everything we touched we killed.

Our first project, the one that has inspired my first book, "Ripples from the Zambezi," was a project where we Italians decided to teach Zambian people how to grow food. So we arrived there with Italian seeds in southern Zambia in this absolutely magnificent valley going down to the Zambezi River, and we taught the local people how to grow Italian tomatoes and zucchini and ... And of course the local people had absolutely no interest in doing that, so we paid them to come and work, and sometimes they would show up. (Laughter) And we were amazed that the local people, in such a fertile valley, would not have any agriculture. But instead of asking them how come they were not growing anything, we simply said, "Thank God we're here." (Laughter) "Just in the nick of time to save the Zambian people from starvation."

And of course, everything in Africa grew beautifully. We had these magnificent tomatoes. In Italy, a tomato would grow to this size. In Zambia, to this size. And we could not believe, and we were telling the Zambians, "Look how easy agriculture is." When the tomatoes were nice and ripe and red, overnight, some 200 hippos came out from the river and they ate everything. (Laughter)

And we said to the Zambians, "My God, the hippos!"

And the Zambians said, "Yes, that's why we have no agriculture here." (Laughter)

"Why didn't you tell us?"" You never asked."

I thought it was only us Italians blundering around Africa, but then I saw what the Americans were doing, what the English were doing, what the French were doing, and after seeing what they were doing, I became quite proud of our project in Zambia. Because, you see, at least we fed the hippos.

You should see the rubbish - (Applause) -- You should see the rubbish that we have bestowed on unsuspecting African people. You want to read the book, read "Dead Aid," by Dambisa Moyo, Zambian woman economist. The book was published in 2009. We Western donor countries have given the African continent two trillion American dollars in the last 50 years. I'm not going to tell you the damage that that money has done. Just go and read her book. Read it from an African woman, the damage that we have done.

We Western people are imperialist, colonialist missionaries, and there are only two ways we deal with people: We either patronize them, or we are paternalistic. The two words come from the Latin root "pater," which means "father." But they mean two different things. Paternalistic, I treat anybody from a different culture as if they were my children. "I love you so much." Patronizing, I treat everybody from another culture as if they were my servants. That's why the white people in Africa are called "bwana," boss.

I was given a slap in the face reading a book, "Small is Beautiful," written by Schumacher, who said, above all in economic development, if people do not wish to be helped, leave them alone. This should be the first principle of aid. The first principle of aid is respect. This morning, the gentleman who opened this conference lay a stick on the floor, and said, "Can we -- can you imagine a city that is not neocolonial?"

I decided when I was 27 years old to only respond to people, and I invented a system called Enterprise Facilitation, where you never initiate anything, you never motivate anybody, but you become a servant of the local passion, the servant of local people who have a dream to become a better person. So what you do -- you shut up. You never arrive in a community with any ideas, and you sit with the local people. We don't work from offices. We meet at the cafe. We meet at the pub. We have zero infrastructure. And what we do, we become friends, and we find out what that person wants to do.

The most important thing is passion. You can give somebody an idea. If that person doesn't want to do it, what are you going to do? The passion that the person has for her own growth is the most important thing. The passion that that man has for his own personal growth is the most important thing. And then we help them to go and find the knowledge, because nobody in the world can succeed alone. The person with the idea may not have the knowledge, but the knowledge is available.

So years and years ago, I had this idea: Why don't we, for once, instead of arriving in the community to tell people what to do, why don't, for once, listen to them? But not in community meetings.

Let me tell you a secret. There is a problem with community meetings. Entrepreneurs never come, and they never tell you, in a public meeting, what they want to do with their own money, what opportunity they have identified. So planning has this blind spot. The smartest people in your community you don't even know, because they don't come to your public meetings.

What we do, we work one-on-one, and to work one-on-one, you have to create a social infrastructure that doesn't exist. You have to create a new profession. The profession is the family doctor of enterprise, the family doctor of business, who sits with you in your house, at your kitchen table, at the cafe, and helps you find the resources to transform your passion into a way to make a living.

I started this as a tryout in Esperance, in Western Australia. I was a doing a Ph.D. at the time, trying to go away from this patronizing bullshit that we arrive and tell you what to do. And so what I did in Esperance that first year was to just walk the streets, and in three days I had my first client, and I helped this first guy who was smoking fish from a garage, was a Maori guy, and I helped him to sell to the restaurant in Perth, to get organized, and then the fishermen came to me to say, "You the guy who helped Maori? Can you help us?" And I helped these five fishermen to work together and get this beautiful tuna not to the cannery in Albany for 60 cents a kilo, but we found a way to take the fish for sushi to Japan for 15 dollars a kilo, and the farmers came to talk to me, said, "Hey, you helped them. Can you help us?" In a year, I had 27 projects going on, and the government came to see me to say, "How can you do that? How can you do --" And I said, "I do something very, very, very difficult. I shut up, and listen to them." (Laughter)

So - (Applause) - So the government says, "Do it again." (Laughter) We've done it in 300 communities around the world. We have helped to start 40,000 businesses. There is a new generation of entrepreneurs who are dying of solitude.

Peter Drucker,one of the greatest management consultants in history, died age 96, a few years ago. Peter Drucker was a professor of philosophy before becoming involved in business, and this is what Peter Drucker says: "Planning is actually incompatible with an entrepreneurial society and economy." Planning is the kiss of death of entrepreneurship.

So now you're rebuilding Christchurch without knowing what the smartest people in Christchurch want to do with their own money and their own energy. You have to learn how to get these people to come and talk to you. You have to offer them confidentiality, privacy, you have to be fantastic at helping them, and then they will come, and they will come in droves. In a community of 10,000 people, we get 200 clients. Can you imagine a community of 400,000 people, the intelligence and the passion? Which presentation have you applauded the most this morning? Local, passionate people. That's who you have applauded.

So what I'm saying is that entrepreneurship is where it's at. We are at the end of the first industrial revolution -- nonrenewable fossil fuels, manufacturing -- and all of a sudden, we have systems which are not sustainable. The internal combustion engine is not sustainable. Freon way of maintaining things is not sustainable. What we have to look at is at how we feed, cure, educate, transport, communicate for seven billion people in a sustainable way. The technologies do not exist to do that. Who is going to invent the technology for the green revolution? Universities? Forget about it! Government? Forget about it! It will be entrepreneurs, and they're doing it now.

There's a lovely story that I read in a futurist magazine many, many years ago. There was a group of experts who were invited to discuss the future of the city of New York in 1860. And in 1860, this group of people came together, and they all speculated about what would happen to the city of New York in 100 years, and the conclusion was unanimous: The city of New York would not exist in 100 years. Why? Because they looked at the curve and said, if the population keeps growing at this rate, to move the population of New York around, they would have needed six million horses, and the manure created by six million horses would be impossible to deal with. They were already drowning in manure. (Laughter) So 1860, they are seeing this dirty technology that is going to choke the life out of New York.

So what happens? In 40 years' time, in the year 1900, in the United States of America, there were 1,001 car manufacturing companies -- 1,001. The idea of finding a different technology had absolutely taken over, and there were tiny, tiny little factories in backwaters. Dearborn, Michigan. Henry Ford.

However, there is a secret to work with entrepreneurs. First, you have to offer them confidentiality. Otherwise they don't come and talk to you. Then you have to offer them absolute, dedicated, passionate service to them. And then you have to tell them the truth about entrepreneurship. The smallest company, the biggest company, has to be capable of doing three things beautifully: The product that you want to sell has to be fantastic, you have to have fantastic marketing, and you have to have tremendous financial management. Guess what? We have never met a single human being in the world who can make it, sell it and look after the money. It doesn't exist. This person has never been born. We've done the research, and we have looked at the 100 iconic companies of the world -- Carnegie, Westinghouse, Edison, Ford, all the new companies, Google, Yahoo. There's only one thing that all the successful companies in the world have in common, only one: None were started by one person. Now we teach entrepreneurship to 16-year-olds in Northumberland, and we start the class by giving them the first two pages of Richard Branson's autobiography, and the task of the 16-year-olds is to underline, in the first two pages of Richard Branson's autobiography how many times Richard uses the word "I" and how many times he uses the word "we." Never the word "I," and the word "we" 32 times. He wasn't alone when he started. Nobody started a company alone. No one. So we can create the community where we have facilitators who come from a small business background sitting in cafes, in bars, and your dedicated buddies who will do to you, what somebody did for this gentleman who talks about this epic, somebody who will say to you, "What do you need? What can you do? Can you make it? Okay, can you sell it? Can you look after the money?" "Oh, no, I can not do this."" Would you like me to find you somebody?" We activate communities. We have groups of volunteers supporting the Enterprise Facilitator to help you to find resources and people and we have discovered that the miracle of the intelligence of local people is such that you can change the culture and the economy of this community just by capturing the passion, the energy and imagination of your own people.

Thank you. (Applause)

仕事も含めて私が今していること ― つまり私の人生の土台になっているのは 若い頃に7年間アフリカで働いた経験です 1971年から77年にかけて ― 実は 見かけほど若くないんです ―(笑) ザンビア ケニア コートジボワールアルジェリア ソマリアといった アフリカ各国で技術支援の活動をしていました

私はイタリアのNGOで 活動していましたがアフリカで立ち上げたプロジェクトは ことごとく失敗しました とても悩みました 当時21才だった私は自分達イタリア人は善良だし よくやっていると思っていたのです ところが やることなすこと全てがダメでした

最初のプロジェクトは私の初めての著書 ― 『ザンベジ川のさざ波』で書いたように 私達イタリア人が ザンビアの人々に食糧生産の技術を指導するプロジェクトでした イタリア産のタネを持ってザンビア南部に入りました 壮大な峡谷が ザンベジ川へと下っています 地元の人に教えたのはイタリアン・トマトや ズッキーニの育て方・・・ 当然 誰も興味をもちません だから来てもらうためにお金を渡したら 時々 人が来るようになりました (笑) 驚いたことに 彼らは 肥沃な大地があるのに農業をしません でも私達は農業をしない理由も聞かず 「来てよかった」と素直に喜んだんです (笑) 「国民が飢える前に助けに来られた」と

アフリカでは何でも見事に育ちました 大きなトマトも実りましたイタリアでは せいぜいこの大きさですがザンビアではとても大きくなります 信じられなかったけれどザンビアの人には 「農業なんて簡単でしょう」と言いました トマトが熟して真っ赤になった頃に 夜中 200頭のカバが河から現れて 全部 食べてしまいました (笑)

「なんてことだ カバが!」と言っていたら

彼らは答えて「だから 農業はしないのさ」(笑)

なぜ教えてくれない と聞くと「聞かないからさ」という答え

最初 失敗しているのは私達だけかと思っていました でもアメリカ人や イギリス人やフランス人が やっていることを見てからは 自分達のザンビアでの活動を自慢したくなりました だって 少なくともカバには食料を与えたんですから

私達がこれまで ―(拍手) 私達がこれまで純真なアフリカの人々に 与えたガラクタを見てください 本を読むなら ザンビアの女性エコノミストダンビサ・モヨの 『援助じゃアフリカは発展しない』がお勧めです 出版は2009年です 西洋諸国は この50年間アフリカ大陸向けに 2兆ドルもの資金援助をしました この資金が与えた損害は今はお話しません 彼女の本を読んでください アフリカの女性から私達が与えた損害を学ぶのです

西洋人は 帝国主義者で植民地主義者で 宣教師です そんな我々が知る人との接し方は2種類です 庇護を与えるか父親のように振る舞うか です どちらも ラテン語の"pater" 「父」という単語を 含む言葉で表されます でも2つの言葉の意味はかなり違います "paternalistic"が表すのは異なる文化圏の人々を まるで自分の子のように扱う態度です子どもを愛する態度です "patronizing"が表すのは異なる文化圏の人々を 自分の召使のように扱う態度です 白人がアフリカでは"bwana"「ボス」と呼ばれる理由が これです

私は『スモール イズビューティフル』を読んで 平手打ちされたような気がしました著者のシューマッハーは 経済発展の過程では 人々が支援を必要としないなら放っておくべきだと言います これが支援の第一原則です 支援の第一原則は「尊重」なのです 今朝のスピーチで男性が 私達に 挑むように言っていたではありませんか 「ネオコロニアル様式ではない街を 築けないものか」と

27才の時に 自分から行動せず 要請に応じるだけにしようと心に決めて 「事業促進」という仕組みを作りました この仕組みでは自分から行動を起こしません 人に何かをやらせる代わりに地元の有志や よりよい人間になりたいと考える ― 人々のための奉仕者として働きます だから大事なのは黙っていることです アイデアを与えるために出かけて行くのではなく 地元の人と話をしに行くのです オフィスで作業はしません カフェやパブで話をします インフラは持ちません 人と仲良くなって その人が何をしたいのかを探ります

大切なのは情熱です アイデアを与えるのは簡単ですが やりたくないと言われたら どうしようもありません 成長への情熱が 女性にとって 一番 大事です 成長への情熱は 男性にも 一番 大事です その後 必要な知識を得る手助けをします 誰しも1人では成功できないからです アイデアのある人が必要な知識を持つわけではなく 知識は手に入れるものです

だから こう考えるようになりました 「コミュニティーに入ってみんなに指示する代わりに みんなの話を聞こう」 でも公の集まりでは だめです

秘訣を教えましょう コミュニティーの集会には欠点があります 起業家が来ないのです それに みんなが集まる集会では 自分のお金を使ってやろうとしていることや 自分が見つけたチャンスを教えてくれるわけがない つまり発想自体に欠陥があります その土地の優れた人材を見つけられないのです 公の場に現れないのですから

そこで1人ずつあたっていくことにしました 1人ひとりと話すには 社会的インフラを一から作る必要があります 新しい職業が必要なのです その仕事は 企業やビジネス向けのファミリー・ドクターのようなもので 自宅のキッチンや カフェで話を聞き 情熱を 生活の糧へと替えるための 経営資源を探す 手伝いをします

西オーストラリア州エスぺランスで試しました その頃 私は博士号に取り組みながら 地元の人を守るために指示してやろうという態度を 捨てようとしていました エスぺランスでの1年目は 街を歩き回りました3日目に最初の依頼がありました その人はガレージで魚の燻製を作っている マオリの男性でした パースのレストランへの販売と組織作りを手伝いました すると今度は漁師が来て言うのです 「マオリを手伝った人かい?俺達も助けてくれないか」 だから 私は5人の漁師と協力して 見事なマグロを1キロ わずか60セントで アルバニーの缶詰工場に売るのではなく 1キロ15ドルで 寿司ネタ用に日本に売る方法を見つけました すると今度は農家が 助けを求めてやってくるのです 1年で27件のプロジェクトを立ち上げました すると政府の役人が来ました ノウハウを教えてほしいというのです だから 私は答えました「とても難しいことですが 黙って話を聞くんです」 (笑)

(拍手) そうしたら役人はまたやれと言うんです (笑) 私達は世界中 300か所で実践し 4万件の起業支援をしてきました 新世代の起業家たちは 孤立が原因で挫折していきます

史上最高の経営コンサルタントの1人 ピーター・ドラッカーが 96才で亡くなったのは数年前です 彼はビジネスに関わる以前は哲学の教授でした ドラッカーはこう言っています 「計画というものは 起業社会や起業経済とは相容れない」 計画は 起業家にとって致命的です

クライストチャーチは現在 復興中ですが 才能あふれる人たちが自分の金と精力を注いで やろうとしていることがわかっていません そういう人達がやって来て 自分から話しだす方法を学ぶ必要があります 秘密とプライバシーを守ると約束し 手助けの名人にならなければいけません そうすればみんな列をなしてやって来ます 人口1万人なら依頼者は200人です 人口40万人のクライストチャーチなら 相当の知性と情熱を秘めているはず 午前のプレゼンではどこで一番 拍手をしましたか? 地元の情熱的な人のプレゼンですね

今はまさしく 起業家の時代なのです 今 産業革命の第一波が終わろうとしています 再生不能な化石燃料や製造により システムは持続不能になっています 内燃エンジンは続けられないし フロンの使用も続けられません 考えなければならないことは 食料 医療 教育 交通コミュニケーション手段を 持続可能な形で地球上の70億人にどう与えるかです これを実現するテクノロジーはまだ存在しません では 誰が「グリーン革命」に向けた 技術を開発するのでしょう?大学? あてになりません 政府? それも無理でしょう 答えは起業家ですしかも 彼らはもう始めています

以前 未来がテーマの雑誌で 面白い記事を読みました 1860年に ニューヨークの 未来について議論するため専門家が招集されました 大勢で集まって 100年後のニューヨークが どうなるかを予測したのです 全員一致の結論は 100年後ニューヨークは存在しないというものでした 彼らはグラフを見てこう結論づけたのです もし今の割合で人口が増加したら 住人が市内を移動するために 600万頭の馬が必要になるだろう ただ600万頭分のフンは 処理しきれないだろう 街は すでに馬のフンだらけだったのです (笑) 1860年に専門家が注目したのは移動のための汚れた技術でした ニューヨークはそのせいで窒息寸前だったのです

その後どうなったか?40年後の1900年には アメリカに 1,001か所の 自動車製造会社が出来ていました1,001か所です 別の移動の技術を探るというアイデアが すっかり優勢になっていました だから辺鄙な場所に小さな工場がたくさんあったのです 例えばミシガン州ディアボーンにはヘンリー・フォードがいました

さて 起業家と仕事をするには秘訣があります まず秘密を守ることを約束する必要があります そうしないと話しに来てくれません 次に100%の献身と情熱を 約束しなければなりません さらに起業の実態を教える必要があります 小さな会社も大きい会社も 次の3つを完璧にできなければなりません 素晴らしい商品を作れること 素晴らしい営業ができること 優れた財務管理ができること ただ そうは言っても 製造と販売とお金の管理を 同時にこなせる人など見たことがありません そんな人はいないのです この世にはいません 私達は世界100の大企業 ― カーネギーやウェスティングハウスエジソンやフォード ― GoogleやYahooといった新興企業も含めて 調査をしました 世界の成功した企業に共通する点は たった ひとつでした どの企業も一人では始めていなかったのです ノーサンバーランドの高校生に向けた起業の授業では 1時間目にリチャード・ブランソンの 自伝の最初2ページを渡しています 生徒は その2ページを読んで ブランソンが「私」と書いているのが何回で 「私たち」と書いているのが何回かを 下線をひいて調べます 「私」はゼロで「私たち」が32回です ブランソンは独りで起業したわけではないのです 会社を一人で立ち上げる人はいません だからコミュニティーを作るのです 小規模ビジネスの経験をもつ世話役が カフェやバーで待っていて仲間が手を貸してくれます 自伝の著者ブランソンのために 仲間がしたのと同じように 声をかけてくれます「必要なものは? できることは?これを作れる? じゃあ 販売は?財務管理は?」と訊ね できないと言えば「誰か紹介しようか」と言ってくれます 私達はコミュニティーを活性化します 多くのボランティアが支える「事業促進」は 経営資源や人材を探す手伝いをします 私達が知ったことは 地元の人の知性が奇跡を起こし そのコミュニティーの文化と経済が変わることです 身近な人の情熱とエネルギーと想像力を きちんと捉えれば可能になるのです

どうもありがとう (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画