TED日本語 - ナンシー・フレイツ: 私の家族がアイスバケツチャレンジを始めた理由、そしてその歴史

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ナンシー・フレイツ: 私の家族がアイスバケツチャレンジを始めた理由、そしてその歴史

TED Talks

私の家族がアイスバケツチャレンジを始めた理由、そしてその歴史
Why my family started the ALS Ice Bucket Challenge. The rest is history
ナンシー・フレイツ
Nancy Frates

内容

27歳の時、ピート・フレイツは野球の試合で手首を怪我しました。彼は予想もしなかった診断を受けました。それは骨折ではなくALSだったのです。ルー・ゲーリッグ病として良く知られている病気で、治療法はありません。ALSは神経が麻痺し、死に至ります。それでもピートは、病気の認知度を高める機会を捉えました。勇気のあるトークの中で、彼の母ナンシー・フレイツは、どうやって家族がALSアイスバケツチャレンジの始まりと、ジャスティン・ティンバーレイクからビル・ゲイツに至るまでのあらゆる人たちが、この企画に参加したことがどれほど嬉しかったかを話しています。もしこのチャレンジを受けて立つというなら、チャレンジのビデオと同じように、このトークを誰かに広めてください。

Script

Well, good afternoon. How many of you took the ALS Ice Bucket Challenge? (Applause) Woo hoo! Well, I have to tell you, from the bottom of our hearts, thank you so very, very much. Do you know to date the ALS Association has raised 125 million dollars? Woo hoo! (Applause)

It takes me back to the summer of 2011. My family, my kids had all grown up. We were officially empty nesters, and we decided, let's go on a family vacation. Jenn, my daughter, and my son-in-law came down from New York. My youngest, Andrew, he came down from his home in Charlestown where he was working in Boston, and my son Pete, who had played at Boston College, baseball, had played baseball professionally in Europe, and had now come home and was selling group insurance, he also joined us. And one night, I found myself having a beer with Pete, and Pete was looking at me and he just said, "You know, Mom, I don't know, selling group insurance is just not my passion." He said, "I just don't feel I'm living up to my potential. I don't feel this is my mission in life." And he said, "You know, oh by the way, Mom, I have to leave early from vacation because my inter-city league team that I play for made the playoffs, and I have to get back to Boston because I can't let my team down. I'm just not as passionate about my job as I am about baseball."

So off Pete went, and left the family vacation -- break a mother's heart -- and he went, and we followed four days later to see the next playoff game. We're at the playoff game, Pete's at the plate, and a fastball's coming in, and it hits him on the wrist. Oh, Pete. His wrist went completely limp, like this. So for the next six months, Pete went back to his home in Southie, kept working that unpassionate job, and was going to doctors to see what was wrong with this wrist that never came back.

Six months later, in March, he called my husband and me, and he said, "Oh, Mom and Dad, we have a doctor that found a diagnosis for that wrist. Do you want to come with the doctor's appointment with me?" I said, "Sure, we'll come in." That morning, Pete, John and I all got up, got dressed, got in our cars -- three separate cars because we were going to go to work after the doctor's appointment to find out what happened to the wrist. We walked into the neurologist's office, sat down,four doctors walk in, and the head neurologist sits down. And he says, "Well, Pete, we've been looking at all the tests, and I have to tell you, it's not a sprained wrist, it's not a broken wrist, it's not nerve damage in the wrist, it's not an infection, it's not Lyme disease." And there was this deliberate elimination going up, and I was thinking to myself, where is he going with this? Then he put his hands on his knees, he looked right at my 27-year-old kid, and said, "I don't know how to tell a 27-year-old this: Pete, you have ALS." ALS? I had had a friend whose 80-year-old father had ALS. I looked at my husband, he looked at me, and then we looked at the doctor, and we said, "ALS? Okay, what treatment? Let's go. What do we do? Let's go." And he looked at us, and he said, "Mr. and Mrs. Frates, I'm sorry to tell you this, but there's no treatment and there's no cure." We were the worst culprits. We didn't even understand that it had been 75 years since Lou Gehrig and nothing had been done in the progress against ALS.

So we all went home, and Jenn and Dan flew home from Wall Street, Andrew came home from Charlestown, and Pete went to B.C. to pick up his then-girlfriend Julie and brought her home, and six hours later after diagnosis, we're sitting around having a family dinner, and we're having small chat. I don't even remember cooking dinner that night. But then our leader, Pete, set the vision, and talked to us just like we were his new team. He said, "There will be no wallowing, people." He goes, "We're not looking back, we're looking forward. What an amazing opportunity we have to change the world. I'm going to change the face of this unacceptable situation of ALS. We're going to move the needle, and I'm going to get it in front of philanthropists like Bill Gates." And that was it. We were given our directive.

So in the days and months that followed, within a week, we had our brothers and sisters and our family come to us, that they were already creating Team Frate Train. Uncle Dave, he was the webmaster; Uncle Artie, he was the accountant; Auntie Dana, she was the graphic artist; and my youngest son, Andrew, quit his job, left his apartment in Charlestown and says, "I'm going to take care of Pete and be his caregiver." Then all those people, classmates, teammates, coworkers that Pete had inspired throughout his whole life, the circles of Pete all started intersecting with one another, and made Team Frate Train.

Six months after diagnosis, Pete was given an award at a research summit for advocacy. He got up and gave a very eloquent speech, and at the end of the speech, there was a panel, and on the panel were these pharmaceutical executives and biochemists and clinicians and I'm sitting there and I'm listening to them and most of the content went straight over my head. I avoided every science class I ever could. But I was watching these people, and I was listening to them, and they were saying, "I, I do this, I do that," and there was a real unfamiliarity between them. So at the end of their talk, the panel, they had questions and answers, and boom, my hand went right up, and I get the microphone, and I look at them and I say, "Thank you. Thank you so much for working in ALS. It means so very much to us." I said, "But I do have to tell you that I'm watching your body language and I'm listening to what you're saying. It just doesn't seem like there's a whole lot of collaboration going on here. And not only that, where's the flip chart with the action items and the follow-up and the accountability? What are you going to do after you leave this room?"

And then I turned around and there was about 200 pairs of eyes just staring at me. And it was that point that I realized that I had talked about the elephant in the room. Thus my mission had begun. So over the next couple of years, Pete -- we've had our highs and our lows. Pete was put on a compassionate use drug. It was hope in a bottle for the whole ALS community. It was in a phase III trial. Then six months later, the data comes back: no efficacy. We were supposed to have therapies overseas, and the rug was pulled out from under us. So for the next two years, we just watched my son be taken away from me, little by little every day. Two and a half years ago, Pete was hitting home runs at baseball fields. Today, Pete's completely paralyzed. He can't hold his head up any longer. He's confined to a motorized wheelchair. He can no longer swallow or eat. He has a feeding tube. He can't speak. He talks with eye gaze technology and a speech generating device, and we're watching his lungs, because his diaphragm eventually is going to give out and then the decision will be made to put him on a ventilator or not. ALS robs the human of all their physical parts, but the brain stays intact.

So July 4th,2014, 75th year of Lou Gehrig's inspirational speech comes, and Pete is asked by MLB.com to write an article in the Bleacher Report. And it was very significant, because he wrote it using his eye gaze technology.

Twenty days later, the ice started to fall. On July 27th, Pete's roommate in New York City, wearing a Quinn For The Win shirt, signifying Pat Quinn, another ALS patient known in New York, and B.C. shorts said, "I'm taking the ALS Ice Bucket Challenge," picked up the ice, put it over his head. "And I'm nominating ..." And he sent it up to Boston. And that was on July 27th. Over the next couple of days, our news feed was full of family and friends. If you haven't gone back, the nice thing about Facebook is that you have the dates, you can go back. You've got to see Uncle Artie's human Bloody Mary. I'm telling you, it's one of the best ones, and that was probably in day two. By about day four, Uncle Dave, the webmaster, he isn't on Facebook, and I get a text from him, and it says, "Nancy, what the hell is going on?" Uncle Dave gets a hit every time Pete's website is gone onto, and his phone was blowing up. So we all sat down and we realized, money is coming in -- how amazing.

So we knew awareness would lead to funding, we just didn't know it would only take a couple of days. So we got together, put our best 501 (c) (3) s on Pete's website, and off we went. So week one, Boston media. Week two, national media. It was during week two that our neighbor next door opened up our door and threw a pizza across the kitchen floor, saying, "I think you people might need food in there." (Laughter) Week three, celebrities -- Entertainment Tonight, Access Hollywood. Week four, global -- BBC, Irish Radio. Did anyone see "Lost In Translation"? My husband did Japanese television. It was interesting. (Laughter) And those videos, the popular ones. Paul Bissonnette's glacier video, incredible. How about the redemption nuns of Dublin? Who's seen that one? It's absolutely fantastic. J.T., Justin Timberlake. That's when we knew, that was a real A-list celebrity. I go back on my texts, and I can see "JT! JT!" My sister texting me. Angela Merkel, the chancellor of Germany. Incredible. And the ALS patients, you know what their favorite ones are, and their families'? All of them. Because this misunderstood and underfunded "rare" disease, they just sat and watched people saying it over and over: "ALS, ALS." It was unbelievable.

And those naysayers, let's just talk a couple of stats, shall we? Okay, so the ALS Association, they think by year end, it'll be 160 million dollars. ALS TDI in Cambridge, they raised three million dollars. Well, guess what? They had a clinical trial for a drug that they've been developing. It was on a three-year track for funding. Two months. It's coming out starting in two months. (Applause) And YouTube has reported that over 150 countries have posted Ice Bucket Challenges for ALS. And Facebook,2.5 million videos, and I had the awesome adventure visiting the Facebook campus last week, and I said to them, "I know what it was like in my house. I can't imagine what it was like around here." All she said was, "Jaw-dropping."

And my family's favorite video? Bill Gates. Because the night Pete was diagnosed, he told us that he was going to get ALS in front of philanthropists like Bill Gates, and he did it. Goal number one, check. Now on to the treatment and cure. (Applause)

So okay, after all of this ice, we know that it was much more than just pouring buckets of ice water over your head, and I really would like to leave you with a couple of things that I'd like you to remember. The first thing is, every morning when you wake up, you can choose to live your day in positivity. Would any of you blame me if I just was in the fetal position and pulled the covers over my head every day? No, I don't think anybody would blame me, but Pete has inspired us to wake up every morning and be positive and proactive. I actually had to ditch support groups because everybody was in there saying that spraying their lawns with chemicals, that's why they got ALS, and I was like, "I don't think so," but I had to get away from the negativity.

The second thing I want to leave you with is the person at the middle of the challenge has to be willing to have the mental toughness to put themselves out there. Pete still goes to baseball games and he still sits with his teammates in the dugout, and he hangs his gravity feed bag right on the cages. You'll see the kids, they're up there hanging it up. "Pete, is that okay?" "Yup." And then they put it right into his stomach. Because he wants them to see what the reality of this is, and how he's never, ever going to give up.

And the third thing I want to leave you with: If you ever come across a situation that you see as so unacceptable, I want you to dig down as deep as you can and find your best mother bear and go after it. (Applause) Thank you. (Applause)

I know that I'm running over, but I've got to leave you with this: the gifts that my son has given me. I have had 29 years of having the honor of being the mother of Pete Frates. Pete Frates has been inspiring and leading his whole life. He's thrown out kindness, and all that kindness has come back to him. He walks the face of the Earth right now and knows why he's here. What a gift.

The second thing that my son has given me is he's given me my mission in life. Now I know why I'm here. I'm going to save my son, and if it doesn't happen in time for him, I'm going to work so that no other mother has to go through what I'm going through.

And the third thing, and last but not least gift that my son has given me, as an exclamation point to the miraculous month of August 2014: That girlfriend that he went to get on the night of diagnosis is now his wife, and Pete and Julie have given me my granddaughter, Lucy Fitzgerald Frates. Lucy Fitzgerald Frates came two weeks early as the exclamation point on August 31st,2014.

And so -- (Applause) -- And so let me leave you with Pete's words of inspiration that he would use to classmates, coworkers and teammates. Be passionate. Be genuine. Be hardworking. And don't forget to be great.

Thank you. (Applause)

皆さん こんにちは アイスバケツチャレンジに参加した人は この中に どれ位いらっしゃいますか? (拍手) まあ 凄いですね! さて皆さんに心の底から 感謝を申し上げます ALS協会には1億2千5百万ドルが 凄いでしょう!(拍手)

それは2011年の夏に遡ります うちの子どもたちは皆大きくなり 我々夫婦は傍から見ると 空の巣族でした そこで 家族揃って バケーションを過ごそうと決めたのです 娘のジェンとその夫が ニューヨークから帰って来ました 末っ子のアンドリューは ボストンで働いていましたので チャールズタウンの自分の家から帰り そして息子のピートは ボストン大学で野球をし ヨーロッパでプロ野球の選手としてプレーをした後 当時帰郷して団体保険の営業をしており 彼もこの計画に加わりました こうしてある夜 私は ピートとビールを飲んでいました ピートは私を見て こう言いました 「ねえママ 僕 保険の営業は どうしても好きになれないんだ」 彼は言いました「自分の能力を 十分発揮していない気がするんだよ この仕事が 自分の天職ではないと思うんだ」 そして彼は「ところでママ 少し早く帰らなきゃいけないんだ プレーしている都市リーグチームの 決勝戦があって 自分のチームを負けさせる訳にいかないから ボストンに戻らなきゃいけないんだよ 野球にかけるほどの情熱が 仕事にはないんだよ」

それで家族のバケーションから ピートを送り出し 母親の私はがっかりです 彼が去った4日後に その決勝戦を見るため ピートの後を追うようにして 決勝戦に行きました ピートが打席に入ると 豪速球が投げられて 手首を直撃したのです あぁ ピート 彼の手首は完全にこんな風に だらんとしていました その後6か月間 ピートはサウジーの自分の家に戻り 気乗りのしない仕事を続け 医者に その手首が どうなったかを診てもらいに行き 復帰できなくなりました

6か月後の3月 彼は私と夫に電話で こう言いました 「ああ ママ パパ この手首の診断をしてくれる ドクターがいるんだ その診察に一緒に行くかい?」 私は「ええ 私たちも行くわ」と言いました その朝 ピート ジョンと私は 皆 起きて着替えをし 3台の別々の車に乗りました 私たちは彼の手首の診断を聞きに 病院の診察に行った後 仕事に行くつもりだったからです 私たちは神経内科医の 診察室に入り座りました 4人の医師が入って来て 主任の専門医が座ってこう言いました 「ピート 私たちは 全ての検査結果から判断して 言わなければならない事がある これは捻挫でもなく 骨折でもなく 手首の神経の損傷でもなく 感染症でもなく ライム病でもないんだ」 こんな遠回しな消去法を聞いて 私は心の中で考えました どういう話になるのだろう? 医師は手を膝の上に置き 私の27歳の子どもの目を まっすぐ見て言いました 「27歳の君にこれを どう言えばいいのか分からないんだが ピート 君はALSなんだ」 ALSですって? 80歳のALSの父親を持つ友人ならいました 私と夫は互いに顔を見合わせました それから医師に向かって言いました 「ALSなんですか? 分かりました 何か治療法は?やりましょう 何をするんですか?やってみましょう」 医師は私たちを見て言いました 「フレイツさん これは 申し上げにくいのですが 治療法は全くありません」 私たちは最悪の運命に見舞われたのです ルー・ゲーリッグが罹患して以来 75年を経ても ALSの事は何も分かっておらず 何の進歩もしてはいないのです

私たちは家に帰り ジェンとダンは ウォール街から飛行機で戻って来ました アンドリューは チャールズタウンから帰り ピートは当時のガールフレンドの ジュリーを迎えに ボストンに行き 彼女を家に連れてきました そして診断の6時間後 皆で腰を落ち着けて 夕食を囲み 少しおしゃべりをしました その夜 何を夕食に作ったのか 覚えてもいませんが その時私たちのリーダー ピートは 将来を見通して 私たちが彼の 新たなチームであるかのように話しました 彼は言いました 「皆 もう感情に溺れることはないだろう」 こう続けました「僕たちは 後ろを振り返らないし先も見ない なんて素晴らしいチャンスなんだろう 僕たちは世界を変えなきゃいけないんだ 僕はALSのこの受入れ難い状況の 様相を変えようとしているんだ 僕たちが針を動かす ビル・ゲイツのような慈善家に ALS のことを伝えたいと思うんだ」 まさに これでした やることは決まりました

その後数か月と数日 話は続きます 一週間以内に 兄弟姉妹や家族に 私たちの元まで来てもらい フレイツ隊が出来上がりました ウェブマスターのデイブおじさん 会計士のアーティーおじさん ダナおばさんは グラフィックデザイナーです そして私の末息子のアンドリューは 仕事を辞めチャールズタウンの アパートを出て 「ピートの世話をして 彼のホームヘルパーになるよ」と言いました クラスメイトやチームメート 職場の同僚たちは ピートの全人生に触発され ピートの仲間は皆 互いに交わり始め チームフレイト隊が出来ました

診断の6か月後 ピートは支援団体の研究サミットで 受賞をしました 彼はとても雄弁なスピーチをしました そのスピーチの最後に 公開討論がありました その討論会には製薬会社の重役や 生化学者 臨床医がいました 私はそこに座ってそれを聴いていました その内容の殆どは 私の頭の上をかすめて行きました 私は出来るだけこれまで 理科の授業を避けてきました でもその人たちを見て 彼らの言う事を聴きました 彼らは言っていました 「私はこうする 私はああする」と 彼らの言っている事は まるでバラバラでした そして討論会の最後に 質疑応答がありました 「ハイ 」私は手を真っ直ぐに挙げ マイクを取り 彼らを見て 言いました 「ありがとうございました ALSに取り組んでいただき感謝します 私たちにとって大変意義のある事です」 「でも言わなければならない事があります 取り組みの姿勢を拝見し 言われている事を伺っても ここで十分な共同研究が できているようには思えません それだけでなく 方針説明や進捗確認 行動項目もありませんでした この会議の後 皆さんは 何をするつもりですか?」

そして 振り向くと 200人の目が ただ私に注がれていました この時点で私は気がついたのです 見て見ぬふりをされていた問題を 語ってしまったと そこで 私の使命は始まったのです その後数年に渡り ピート いいえ私たちは 山や谷を繰り返しました ピートは未承認薬の 例外使用リストに載りました それは全ALSコミュニティにとっての 一握りの希望でした 第Ⅲ相の試験中で 6か月後そのデータが返ってきます ― 効果なし 海外で治療を 受ける予定だったのですが 私たちの計画は狂ってしまいました その後2年間 私たちは毎日少しずつ ただ息子が自分たちから 離れていくのを見ているだけでした 2年半前 ピートは野球場でホームランを 打っていました 今 ピートの体は完全に麻痺しています 彼はもう 頭を持ち上げることも 出来ません 電動車椅子に括り付けられています もはや飲み込む事も食べる事も 出来ません チューブから食事を摂っています 彼は話すことが出来ません 目線で文字を起こす機械と 合成音声を使って話します 私たちは彼の肺を見守っています それは彼の横隔膜が 最終的に動きを停止したら 人工呼吸器を装着するかどうかの 決断がなされるからです ALSは人間から全ての身体器官の活動を 奪いますが脳は損なわれないままです

2014年7月4日 ルー・ゲーリッグの感動的な スピーチから75年を経て ピートはMLB.comのBleacher Reportの 記事を書くよう頼まれました 彼は目線で字を起こす機械で それを書くのですから とても大変なことでした

20日後 氷が降り始めました 7月27日ピートの ニューヨークのルームメイトが パット・クィンの応援Tシャツを身につけて ― それはNYで有名な ALS患者の応援シャツです ― 応援ショーツも着て 「ALSアイスバケツチャレンジを やるよ」と言いました 氷を持ち上げて それを頭からかぶるんです 「次に指名するのは・・・」 彼はボストンにまでそれを送って来たのです それは7月27日の事でした 次の数日間 私たちのニュースフィードは 家族や友人で一杯でした もしアクセス出来なかったら フェイスブックが都合良く 特定の日付に戻ることができます アーティーおじさんの 人間ブラッディーマリーを見るでしょう 言っておきますが それはベスト画像の一つです それはおそらく2日目でした 4日目頃迄には ウェブマスターの デイブおじさんから ― 彼はフェイスブックをやっていません メールがありました 「ナンシー 一体何が起きてるんだい?」 と書いてありました ピートのウェブサイトにアクセスがある度 デイブおじさんの携帯が鳴るのでした 皆で集まると 気づきました お金が集まっている ― 凄いことだ

認知度向上が 資金提供につながると思っていましたが わずか2、3日で 広まるとは思っていなかったのです そこで私たちはみんなで 内国歳入法501条(c)(3) NPO団体として ピートのウェブサイトを登録して待ちました 1週目 ボストンメディア 2週目 国内メディア 2週目の間 我が家の隣人は 家の玄関ドアを開け キッチンの床めがけてピザを投げ込んで こう言いました 「ここで食事が必要かもね」 (笑) 3週目 セレブ ― エンターテイメント・トゥナイト ハリウッドにアクセスしました 4週目 国際メディアーBBC アイルランドラジオ局 どなたか『ロスト・イン・トランスレーション』は見ましたか? 夫は日本のテレビで見ましたよ 面白かったです (笑) このビデオは有名なものです ポール・ビソネットのビデオですよ 信じられません ダブリンの修道女の贖罪はどうですか? どなたかご覧になりましたか? 本当に素晴らしいですよ J.T.ジャスティン・ティンバーレイク あの時は本当にAクラスのセレブだと 分かりました その時もらったメールといえば 「JT! JTよ!」姉がメールを送ってきました アンゲラ・メルケル ドイツの首相です 信じられません そしてALSの患者たちです 彼らのお気に入りは? その家族のお気に入りはどれですか? 全部です この誤解され 資金不足の 「珍しい」病気に対して 皆が「ALS ALS」と繰り返し言うのを 患者たちはただ座って見ていました 信じられない事でした

何にでも反対する人たちに 結果を少し話してみましょう ALS協会に集まる寄付は 年末までに 1億6千万ドルになる 見込みです ケンブリッジのALS TDIでは 300万ドルが集まりました 何だと思いますか? 開発を進めていた薬の 臨床試験がありました 3年分の資金を調達したのです 2か月です 始めて2か月でこれだけ集まったのです (拍手) YouTubeのレポートによれば 150ヶ国以上の国々で ALSの アイスバケツチャレンジが投稿され フェイスブックでは 250万件のビデオが投稿されました 先週 フェイスブック本社キャンパスを訪れる という珍しい経験をしました 私は言いました 「地元でどうなっているかは分かっています このあたりでどうなっているのかは 想像も出来ません」 彼女は「開いた口がふさがらない」 としか言いませんでした

我が家のお気に入りビデオですか? ビル・ゲイツです 何故ならピートが診断を受けた夜 彼はビル・ゲイツのような慈善家に ALSのことを伝えたいと言ったからです まさにそうなりました 最初のゴール 完了 現在 治療に着手しています (拍手)

そう この氷は全てその後 単に頭から氷水をかぶる 以上のものになりました 心から皆さんに覚えておいて欲しい事を お伝えしておきたいと思います 一つ目は 目を覚ましたら 毎朝 前向きにその日を生きると 決めることが出来るという事です もし私が胎児のように丸くなって寝ていて 毎日シーツに隠れようとしたとしても どなたか私を責められますか? いいえ どなたも 私を責めはしないと思います でもピートは私たちに毎朝目を覚まし 前向きに先を読んで行動するよう 促してきました 私は実際 患者家族の会を 見限りました そこにいた誰もがこう言っていたからです 芝に化学肥料を撒いていた だからALSになったのだ と 「そうは思いません」と申し上げると 後ろ向きの集まりからは 距離を置きました

2つ目に皆さんにお伝えしたいのは 挑戦している最中の人間は 快く精神的な強さを持ち 挑戦するという事です ピートはまだ野球の試合に行き ベンチでチームメートと 一緒に座っています そして胃ろうの袋をケージにかけるのです 皆が見えますよね 掛けているところが 「ピートこれでいいかい?」 「あぁ」 そうやって皆はチューブの食事を 上手く彼のお腹に収めてくれました 彼はチームメートに現実を 見て欲しかったのです そんな風に彼は決して 諦めようとしません

3つ目にお伝えしたいのは もし自分が受け入れられない状況に 見舞われたら 出来るだけ深く穴を掘り あなたの最愛のお母さん熊を見つけ その後について行くのです (拍手) ありがとう (拍手)

予定の時間を越えそうなのは 分かっています でもこれを言っておかなければなりません 息子が私にくれた贈り物の事です 29年間の栄誉を私はもらったのです ピート・フレイツの母であるという栄誉を ピート・フレイツは 自分の全人生を鼓舞し導いてきました 彼が示してきた思いやり その思いやりのすべてが 彼に返って来ました 彼は今 地表を歩き 何故自分がここにいるのかを知っています なんという贈り物でしょう

息子が私にくれた2つ目のものは 私が人生をかける使命です 今私は何故ここにいるのか 分かっています 息子を助ける為です そしてもし彼を助けるのに 間に合わなかったら 自分が経験している事を 他のどの母親も 経験しなくてすむように 私は働くつもりです

3つ目は 最後になりましたが 2014年8月の驚くべき月に 驚きと共に息子が私にくれた 最高のものです 診断された夜一緒にいた当時の ガールフレンドは現在彼の妻です そしてピートとジュリーは私に 孫の ルーシー・F・フレイツを与えてくれました ルーシーは驚いた事に 2週間早く生まれて来ました 2014年8月31日でした

それでは ― (拍手)― それではピートがクラスメイトや同僚 チームメイトに 言っていた元気な言葉をお伝えします 情熱を持て 賢くあれ 勤勉であれ そして夢を追い求めよ

ありがとう (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画