医学研究

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
フランツ・フロイデンタール: 手術せずに心臓疾患を治す方法
医用品の発明とその国特有の文化とが交差する場所で、小児循環器科の医師、フランツ・フロイデンタールは伝統的なボリビアの機織りから生まれた器具を使って世界中の子ども達の心臓に開いた穴を修復しています。彼はこう言います。「今の時代が抱える最も複雑な問題も、もし夢を見る事が出来るなら、簡単なテクニックで解決出来るのです。」
サラ・グレイ: 短命だった息子は新しい未来への道を開く
サラ・グレイの胎内に宿った小さな命、トーマスは無脳症で手の施しようのない状態と診断されました。ところが彼女は、自分と家族が直面したこの悲劇を天からの特別な贈り物と捉えて、トーマスの体の一部を研究機関に提供する決断を下しました。このような形で生命科学に貢献した彼女は、その決断に至った心の旅路を、このトークで明らかにします。また同時に、彼女と同じような悲しみを抱えた家族に対する配慮を求めて、メッセージを投...
ラス・オルトマン: 薬を併用したときに何が起きるか?
2つの薬を別々の理由で飲んでいるのなら、1つ怖いことをお教えしましょう。薬の相互作用は研究が極めて難しいため、医者は薬を組み合わせたとき何が起こるかすっかり理解しているわけではないということです。ラス・オルトマンがこの大変刺激的かつ分かりやすい講演で聞かせてくれるのは、薬の予期せぬ相互作用を見つけるために、ちょっと意外な方法 ― 検索語を使うという話です。
アリソン・マッグレガー: 女性にとって医学に危険な面があるのは何故か?
20世紀の大部分で、承認され、市場に出回った薬は男性患者にのみ試験され、それが女性に不適切な服薬量や、容認出来ない副作用を引き起こす結果となりました。男女間の重要な生理学的差異は、ようやく最近になって、医学研究において考慮されるようになってきました。救急医療に携わる医師のアリソン・マッグレガーは、これらの差異を研究しています。彼女はこの魅力的なトークの中で、いかに男性モデルが医学研究の枠組みであったか、...
シッダールタ・ムカジー: 疾病が薬ではなく細胞によって治療される近未来
現在の疾病治療は、6つの言葉に集約される ― 「病気に・なる・薬を・飲む・病原体を・殺す」。これに対してシッダールタ・ムカジー医師は、病気を治癒する方法がすっかり変わってしまうであろう医学の未来を紹介します。
サミュエル・コーエン: アルツハイマー病は正常な老化ではありません ― それは治ります
世界中で4千万人以上の人がアルツハイマー病にかかっています。近い将来に、この数字はさらに大幅に増加するでしょう。100年以上も前に分類されて以来、この病気の治療には進歩が見られません。科学者のサミュエル・コーエンは、彼の研究室からの最近のアルツハイマー病研究の大躍進を紹介し、アルツハイマー病は治癒可能な病気であるとのメッセージを送ります。
ペイシェンス・ムトゥンジ: レーザー技術でエイズは治せるのか?
病気になった際に、錠剤を飲むのは手っ取り早く痛みも伴いませんが、それは、全面的に効果的な治療法とは言えません。なにかもっと効果的な方法はないものだろうか?そうだ、レーザーだ!TED仲間であるペイシェンス・ムトゥンジが、レーザーを用いて、直接薬をエイズウイルスに感染した細胞に送り込むアイデアを熱弁します。まだ初期の段階ですが、この技術が日の目を見る日は来るのでしょうか?
マリーン・マッケーナ: 抗生物質が効かなくなったらどうすればよいのか?
ペニシリンは全てを変えました。かつては死に至っていた感染症が、迅速に治療出来るようになったのです。しかし、マリーン・マッケーナがこの真剣なトークの中で語っているように、私たちは、ペニシリンと後継の抗生物質によって獲得した利点を無駄遣いしてしまいました。耐性菌の存在は、私たちが「抗生物質以後の世界」に入りつつあることを意味しています。それは快い世界ではありません。しかしながら、私たちには出来る事があるの...
ロブ・ナイト: 微生物がどのようにして私達を作っているのか
ロブ・ナイトは、人体内の微生物研究におけるパイオニアです。私達の体内に宿る小さな単細胞生物群は、私達の健康において、極めて大きな役割を担っています。そして、この分野は未だに良く知られていません。「私達が体内に抱えている3ポンドの微生物は、ゲノム内のどの遺伝子よりも重要かもしれません」と言う、その彼の理由を聴いてみましょう。
ラマナン・ラクシュミーナラヤン: 迫り来る抗生物質の危機
抗生物質は人々の命を救っています。しかし、命に関わらない季節性インフルエンザの様な病気や、鶏肉産業で肉の値段を下げる為、鶏の飼育などに濫用され、その結果バクテリアは次第に耐性を持ち始め、誰にでも効かなくなっています。ラマナン・ラクシュミーナラヤンは抗生物質のあり方、限りある資源の使い方を考え直すべきだと、私達、患者や医師に呼びかけています。私達一人一人が直接影響を受けるこの世界的な医療傾向は、粛然たる...
ステファン・フレンド: 「知られざるヒーロー遺伝子たち」を探して
私たちは病気になる遺伝学を持つけれども病気にならない人々から、何を学ぶことができるでしょう?同じ遺伝疾患のリスクを持つ家族でも、全員では無く、一部だけが病気を発症します。ステファン・フレンドが、私たちは健康でありつづける人々を研究するべきだと示唆します。遺伝性疾患の秘密を解読する為の大規模な「レジリエンス・プロジェクト」に参加してみては?
モリー・スティーブンス: 新しい骨再生法
まとまった量の骨を再生するのに、何が必要なのでしょうか。典型的な骨の再生法では、患者の腰から採骨し、損傷した所に埋め込むのですが、限界もあり、手術後2、3年でかなりの痛みが生じうるのです。情報を豊かに織り込み、モリー・スティーブンスは、骨生来の能力を使い、痛みを伴わず骨組織の再生をする新しい幹細胞応用法を紹介します。
ジュラルディン・ハミルトン: 「臓器チップ」がもたらす未来
新しい薬や病気の治療法を考え出すのは、比較的簡単です。難しいのはその試験で、それによって、将来性のある治療法が何年も使うことができないこともあります。この詳細に語られるトークで、ジュラルディン・ハミルトンは、彼女の研究所がチップ上にどう臓器や体の一部を作りだしたか紹介します。新薬を試験するのに必要な部分だけを備えたシンプルな構造のチップによって、その人だけに合った治療法を探し出すこともできます。(TEDxB...
ステファン・ラーソン: 医師たちが互いに学び合うものは
病院はそれぞれの手法を用いて医療を行う為、病院間での治療結果にはばらつきが生じます。患者はそうした情報を知り得ないので、病院を選択するという行為自体が危険な賭けとなってしまっています。ステファン・ラーソンは医師達が共に人工股関節手術の結果を測り、最も効果的な手法を共有しはじめた時何が起こるか、に目を向けてみました。医師が継続的な情報の学び合いと改善の仕組みの中で互いから学び合うことで、医療の質は向上し...
フランシス・コリンズ: より良い薬が必要です - 今すぐに
現在分子的な原因が分かっている病気は4000種類ありますが、治療法が確立されているのはそのうちたった250種類です。どうしてこんなにも時間がかかるのでしょうか?遺伝学者であり医師でもあるフランシス・コリンズが、希少で複雑な病気に対してもなぜ系統的な創薬プロセスが急を要するのか説明し、既存の薬を活用するというような解決策を提案します。
リー・クローニン: 自分専用の薬を印刷しよう
化学者リー・クローニンは、物体ではなく、分子を印刷することができる3Dプリンターの開発に取り組んでいます。これが応用できれば将来は化学物質をインクとして自分専用の薬を印刷するという驚くべき可能性も期待できそうです。
ニナ・タンダン: 再生医学でオーダーメイド医療が実現する?
我々の体はそれぞれ完全に唯一無二です。それは素晴らしいことなのですが、病気を治療するとなると話は別です。体は標準的な治療に対してそれぞれ違った、しばしば予想外の反応を示します。再生医学者ニナ・タンダンは解決案について話します。多能性幹細胞(iPS細胞)を用いて各個人の体内器官のモデルをチップ上に構築し、新薬や治療法の実験を行うのです(究極のオーダーメイド医療とでも呼びましょう)
ジョン・ウィルバンクス: 医療記録をプールしよう
医療や検査を受けるときプライバシーは重要です。研究者は厳格な法律により、個人情報の収集を制限されています。しかし、仮説を検証しようとする人が誰でも、あなたの匿名化した医療記録を使えるとしたらどうなるでしょう。ジョン・ウィルバンクスは、プライバシー保護が研究を遅らせており、医療記録のオープン化がヘルスケアの革新の波を促しうるのではないかと考えています。
スーザン・ソロモン: 幹細胞研究の将来
スーザン・ソロモンは幹細胞を「私たちの体の修理道具」と呼び、研究室で育てた幹細胞を用いた研究を提唱します。彼女のチームは多能性幹細胞株(iPS細胞株)を育てることで、疾患治療に関する研究を促進し得る試験環境を作り上げました。これは将来的には特定の疾患でなく特定の人を対象としたオーダーメード医療につながります。
ダイアン・ケリー: 知られざるペニスの解剖学
解剖学は終わった訳ではありません。 ゲノム、プロテオミクス、それに細胞生物学の研究はとても進んでいます、しかし、 TEDMEDにおいてダイアン・ケリーは身体の基本的な部分にすら未だ知られていないことがあるのだと提唱します。例題「哺乳類の勃起はどのようにおこるのでしょうか?」
ジャック・チョイ: バーチャル解剖台
TED2012のステージで、ジャック・チョイが医学生のための強力なツールのデモンストレーションをします。 解剖台と同じ大きさのマルチタッチスクリーンに映される検体を 開腹し 解剖することで人体の各部分と仕組みを理解することができるのです
ノエル・ベアリー・マーズ: 女性が直面する最大の健康リスク
驚くべき真実です。長年の心臓病に関する研究の対象は男性ですが、現在、男性よりも女性の方が心臓病で多く亡くなっています。草分けであるC・ノエル・ベアリー・マーズ博士が、女性の心臓発作の症状やなぜ見過ごしがちなのかを含めて、女性の心臓病について私たちが知っていること、知らないことについて話してくれます。
ブライアン・ゴールドマン: 医師も失敗する。そのことを語ってもよいだろうか?
どんな医師も失敗することがあります。それなのに、医療の文化は失敗を恥ずべきものと否定してしまうため、医師は失敗について語ることも、そこから学ぶことも改善することもできない、とブライアン・ゴールドマン医師は述べます。医師としての長い経歴のなかからエピソードを語り、失敗について語ることを始めようと医師達に呼びかけます。
シーラ・ニーレンバーグ: 失明した網膜への新たな補綴治療
TEDMEDにて、特定の失明状態を抱える患者に対して視覚回復が望める大胆なアプローチを、シーラ・ニーレンバーグがご紹介します。補綴装置を視神経に直接つないで、網膜から電気信号を脳に送信するという方法です。
ヨアヴ・メダン: 超音波手術―切らずに治療する
切られないで手術を受けられるとしたら…。TEDMEDにて、ヨアヴ・メダンがMRIを使って病変部位を見つけ、脳腫瘍、子宮筋腫、数種の癌性増殖などの細胞を集束超音波で治療する技法を紹介します。
チャールズ・リム: 音楽芸術のための聴力回復
チャールズ・リムは聴力を失った人が会話を聞けるように、人工内耳移植手術を行っています。その一方で、リムは演奏者としての立場から移植に何が欠けているか考え、「移植は完璧に音楽を楽しめるようにすることはできないと教えてくれます。(身の毛がよだつような例が出てきます)。 TEDMED にて、リムは美に対する最先端と未来をご紹介します。
アレグザンダー・シアラス: 受胎から誕生までを可視化する
アレグザンダー・シアラスが受胎から誕生までの人の成長を例に、強力な医療可視化技術をご覧にいれます。(画像注意)
ニーナ・タンドン: 人工生体組織の育て方
生体組織工学研究者であり、TEDフェローでもあるニーナ・タンドンは、心臓や骨を人工的に培養しています。そのためには人工細胞培養のための新しい方法が必要でした。自然環境をまねて開発した、シンプルながら強力な技法です。
アリス・ドレジャー: 性差は解剖学的宿命か?
アリス・ドレジャーは結合双生児や半陰陽者など身体に問題を抱える人たちに関わる仕事をしています。体にまつわる区別の中でも、男と女の区別はあいまいなものが多いと彼女は言います。そこから生じるのは、なぜ我々は解剖学的な特徴を宿命としてしまうのか、という大きな問題です。
フランツ・フロイデンタール: 手術せずに心臓疾患を治す方法
09:28
2016/09/30
医用品の発明とその国特有の文化とが交差する場所で、小児循環器科の医師、フランツ・フロイデンタールは伝統的なボリビアの機織りから生まれた器具を使って世界中の子ども達の心臓に開いた穴を修復しています。彼はこう言います。「今の時代が抱える最も複雑な問題も、もし夢を見る事が出来るなら、簡単なテクニックで解決出来るのです。」
サラ・グレイ: 短命だった息子は新しい未来への道を開く
10:17
2016/05/25
サラ・グレイの胎内に宿った小さな命、トーマスは無脳症で手の施しようのない状態と診断されました。ところが彼女は、自分と家族が直面したこの悲劇を天からの特別な贈り物と捉えて、トーマスの体の一部を研究機関に提供する決断を下しました。このような形で生命科学に貢献した彼女は、その決断に至った心の旅路を、このトークで明らかにします。また同時に、彼女と同じような悲しみを抱えた家族に対する配慮を求めて、メッセージを投げかけます。
ラス・オルトマン: 薬を併用したときに何が起きるか?
14:41
2016/03/23
2つの薬を別々の理由で飲んでいるのなら、1つ怖いことをお教えしましょう。薬の相互作用は研究が極めて難しいため、医者は薬を組み合わせたとき何が起こるかすっかり理解しているわけではないということです。ラス・オルトマンがこの大変刺激的かつ分かりやすい講演で聞かせてくれるのは、薬の予期せぬ相互作用を見つけるために、ちょっと意外な方法 ― 検索語を使うという話です。
アリソン・マッグレガー: 女性にとって医学に危険な面があるのは何故か?
15:29
2015/11/05
20世紀の大部分で、承認され、市場に出回った薬は男性患者にのみ試験され、それが女性に不適切な服薬量や、容認出来ない副作用を引き起こす結果となりました。男女間の重要な生理学的差異は、ようやく最近になって、医学研究において考慮されるようになってきました。救急医療に携わる医師のアリソン・マッグレガーは、これらの差異を研究しています。彼女はこの魅力的なトークの中で、いかに男性モデルが医学研究の枠組みであったか、男女間の差異を理解することが双方の性にとって、より効果的な治療に繋がる可能性があるかという話の裏側にある歴史を語っています。
シッダールタ・ムカジー: 疾病が薬ではなく細胞によって治療される近未来
17:31
2015/10/28
現在の疾病治療は、6つの言葉に集約される ― 「病気に・なる・薬を・飲む・病原体を・殺す」。これに対してシッダールタ・ムカジー医師は、病気を治癒する方法がすっかり変わってしまうであろう医学の未来を紹介します。
サミュエル・コーエン: アルツハイマー病は正常な老化ではありません ― それは治ります
07:53
2015/10/16
世界中で4千万人以上の人がアルツハイマー病にかかっています。近い将来に、この数字はさらに大幅に増加するでしょう。100年以上も前に分類されて以来、この病気の治療には進歩が見られません。科学者のサミュエル・コーエンは、彼の研究室からの最近のアルツハイマー病研究の大躍進を紹介し、アルツハイマー病は治癒可能な病気であるとのメッセージを送ります。
ペイシェンス・ムトゥンジ: レーザー技術でエイズは治せるのか?
04:25
2015/08/14
病気になった際に、錠剤を飲むのは手っ取り早く痛みも伴いませんが、それは、全面的に効果的な治療法とは言えません。なにかもっと効果的な方法はないものだろうか?そうだ、レーザーだ!TED仲間であるペイシェンス・ムトゥンジが、レーザーを用いて、直接薬をエイズウイルスに感染した細胞に送り込むアイデアを熱弁します。まだ初期の段階ですが、この技術が日の目を見る日は来るのでしょうか?
マリーン・マッケーナ: 抗生物質が効かなくなったらどうすればよいのか?
16:59
2015/06/25
ペニシリンは全てを変えました。かつては死に至っていた感染症が、迅速に治療出来るようになったのです。しかし、マリーン・マッケーナがこの真剣なトークの中で語っているように、私たちは、ペニシリンと後継の抗生物質によって獲得した利点を無駄遣いしてしまいました。耐性菌の存在は、私たちが「抗生物質以後の世界」に入りつつあることを意味しています。それは快い世界ではありません。しかしながら、私たちには出来る事があるのです・・・今すぐに始めるのであれば。
ロブ・ナイト: 微生物がどのようにして私達を作っているのか
17:28
2015/02/23
ロブ・ナイトは、人体内の微生物研究におけるパイオニアです。私達の体内に宿る小さな単細胞生物群は、私達の健康において、極めて大きな役割を担っています。そして、この分野は未だに良く知られていません。「私達が体内に抱えている3ポンドの微生物は、ゲノム内のどの遺伝子よりも重要かもしれません」と言う、その彼の理由を聴いてみましょう。
ラマナン・ラクシュミーナラヤン: 迫り来る抗生物質の危機
14:46
2014/11/10
抗生物質は人々の命を救っています。しかし、命に関わらない季節性インフルエンザの様な病気や、鶏肉産業で肉の値段を下げる為、鶏の飼育などに濫用され、その結果バクテリアは次第に耐性を持ち始め、誰にでも効かなくなっています。ラマナン・ラクシュミーナラヤンは抗生物質のあり方、限りある資源の使い方を考え直すべきだと、私達、患者や医師に呼びかけています。私達一人一人が直接影響を受けるこの世界的な医療傾向は、粛然たる現実です。
ステファン・フレンド: 「知られざるヒーロー遺伝子たち」を探して
10:39
2014/05/29
私たちは病気になる遺伝学を持つけれども病気にならない人々から、何を学ぶことができるでしょう?同じ遺伝疾患のリスクを持つ家族でも、全員では無く、一部だけが病気を発症します。ステファン・フレンドが、私たちは健康でありつづける人々を研究するべきだと示唆します。遺伝性疾患の秘密を解読する為の大規模な「レジリエンス・プロジェクト」に参加してみては?
モリー・スティーブンス: 新しい骨再生法
14:52
2014/02/18
まとまった量の骨を再生するのに、何が必要なのでしょうか。典型的な骨の再生法では、患者の腰から採骨し、損傷した所に埋め込むのですが、限界もあり、手術後2、3年でかなりの痛みが生じうるのです。情報を豊かに織り込み、モリー・スティーブンスは、骨生来の能力を使い、痛みを伴わず骨組織の再生をする新しい幹細胞応用法を紹介します。
ジュラルディン・ハミルトン: 「臓器チップ」がもたらす未来
13:24
2013/12/03
新しい薬や病気の治療法を考え出すのは、比較的簡単です。難しいのはその試験で、それによって、将来性のある治療法が何年も使うことができないこともあります。この詳細に語られるトークで、ジュラルディン・ハミルトンは、彼女の研究所がチップ上にどう臓器や体の一部を作りだしたか紹介します。新薬を試験するのに必要な部分だけを備えたシンプルな構造のチップによって、その人だけに合った治療法を探し出すこともできます。(TEDxBostonで撮影)
ステファン・ラーソン: 医師たちが互いに学び合うものは
12:56
2013/11/14
病院はそれぞれの手法を用いて医療を行う為、病院間での治療結果にはばらつきが生じます。患者はそうした情報を知り得ないので、病院を選択するという行為自体が危険な賭けとなってしまっています。ステファン・ラーソンは医師達が共に人工股関節手術の結果を測り、最も効果的な手法を共有しはじめた時何が起こるか、に目を向けてみました。医師が継続的な情報の学び合いと改善の仕組みの中で互いから学び合うことで、医療の質は向上し、医療費は削減されるのではないでしょうか?(TED@BCG)
フランシス・コリンズ: より良い薬が必要です - 今すぐに
14:41
2013/03/21
現在分子的な原因が分かっている病気は4000種類ありますが、治療法が確立されているのはそのうちたった250種類です。どうしてこんなにも時間がかかるのでしょうか?遺伝学者であり医師でもあるフランシス・コリンズが、希少で複雑な病気に対してもなぜ系統的な創薬プロセスが急を要するのか説明し、既存の薬を活用するというような解決策を提案します。
リー・クローニン: 自分専用の薬を印刷しよう
03:07
2013/02/07
化学者リー・クローニンは、物体ではなく、分子を印刷することができる3Dプリンターの開発に取り組んでいます。これが応用できれば将来は化学物質をインクとして自分専用の薬を印刷するという驚くべき可能性も期待できそうです。
ニナ・タンダン: 再生医学でオーダーメイド医療が実現する?
06:20
2012/12/06
我々の体はそれぞれ完全に唯一無二です。それは素晴らしいことなのですが、病気を治療するとなると話は別です。体は標準的な治療に対してそれぞれ違った、しばしば予想外の反応を示します。再生医学者ニナ・タンダンは解決案について話します。多能性幹細胞(iPS細胞)を用いて各個人の体内器官のモデルをチップ上に構築し、新薬や治療法の実験を行うのです(究極のオーダーメイド医療とでも呼びましょう)
ジョン・ウィルバンクス: 医療記録をプールしよう
16:25
2012/10/16
医療や検査を受けるときプライバシーは重要です。研究者は厳格な法律により、個人情報の収集を制限されています。しかし、仮説を検証しようとする人が誰でも、あなたの匿名化した医療記録を使えるとしたらどうなるでしょう。ジョン・ウィルバンクスは、プライバシー保護が研究を遅らせており、医療記録のオープン化がヘルスケアの革新の波を促しうるのではないかと考えています。
スーザン・ソロモン: 幹細胞研究の将来
14:59
2012/09/13
スーザン・ソロモンは幹細胞を「私たちの体の修理道具」と呼び、研究室で育てた幹細胞を用いた研究を提唱します。彼女のチームは多能性幹細胞株(iPS細胞株)を育てることで、疾患治療に関する研究を促進し得る試験環境を作り上げました。これは将来的には特定の疾患でなく特定の人を対象としたオーダーメード医療につながります。
ダイアン・ケリー: 知られざるペニスの解剖学
11:20
2012/06/05
解剖学は終わった訳ではありません。 ゲノム、プロテオミクス、それに細胞生物学の研究はとても進んでいます、しかし、 TEDMEDにおいてダイアン・ケリーは身体の基本的な部分にすら未だ知られていないことがあるのだと提唱します。例題「哺乳類の勃起はどのようにおこるのでしょうか?」
ジャック・チョイ: バーチャル解剖台
06:37
2012/04/05
TED2012のステージで、ジャック・チョイが医学生のための強力なツールのデモンストレーションをします。 解剖台と同じ大きさのマルチタッチスクリーンに映される検体を 開腹し 解剖することで人体の各部分と仕組みを理解することができるのです
ノエル・ベアリー・マーズ: 女性が直面する最大の健康リスク
16:00
2012/03/21
驚くべき真実です。長年の心臓病に関する研究の対象は男性ですが、現在、男性よりも女性の方が心臓病で多く亡くなっています。草分けであるC・ノエル・ベアリー・マーズ博士が、女性の心臓発作の症状やなぜ見過ごしがちなのかを含めて、女性の心臓病について私たちが知っていること、知らないことについて話してくれます。
ブライアン・ゴールドマン: 医師も失敗する。そのことを語ってもよいだろうか?
19:29
2012/01/25
どんな医師も失敗することがあります。それなのに、医療の文化は失敗を恥ずべきものと否定してしまうため、医師は失敗について語ることも、そこから学ぶことも改善することもできない、とブライアン・ゴールドマン医師は述べます。医師としての長い経歴のなかからエピソードを語り、失敗について語ることを始めようと医師達に呼びかけます。
シーラ・ニーレンバーグ: 失明した網膜への新たな補綴治療
10:06
2011/12/20
TEDMEDにて、特定の失明状態を抱える患者に対して視覚回復が望める大胆なアプローチを、シーラ・ニーレンバーグがご紹介します。補綴装置を視神経に直接つないで、網膜から電気信号を脳に送信するという方法です。
ヨアヴ・メダン: 超音波手術―切らずに治療する
16:14
2011/12/08
切られないで手術を受けられるとしたら…。TEDMEDにて、ヨアヴ・メダンがMRIを使って病変部位を見つけ、脳腫瘍、子宮筋腫、数種の癌性増殖などの細胞を集束超音波で治療する技法を紹介します。
チャールズ・リム: 音楽芸術のための聴力回復
16:00
2011/12/02
チャールズ・リムは聴力を失った人が会話を聞けるように、人工内耳移植手術を行っています。その一方で、リムは演奏者としての立場から移植に何が欠けているか考え、「移植は完璧に音楽を楽しめるようにすることはできないと教えてくれます。(身の毛がよだつような例が出てきます)。 TEDMED にて、リムは美に対する最先端と未来をご紹介します。
アレグザンダー・シアラス: 受胎から誕生までを可視化する
09:38
2011/11/14
アレグザンダー・シアラスが受胎から誕生までの人の成長を例に、強力な医療可視化技術をご覧にいれます。(画像注意)
ニーナ・タンドン: 人工生体組織の育て方
04:14
2011/07/09
生体組織工学研究者であり、TEDフェローでもあるニーナ・タンドンは、心臓や骨を人工的に培養しています。そのためには人工細胞培養のための新しい方法が必要でした。自然環境をまねて開発した、シンプルながら強力な技法です。
アリス・ドレジャー: 性差は解剖学的宿命か?
18:49
2011/06/10
アリス・ドレジャーは結合双生児や半陰陽者など身体に問題を抱える人たちに関わる仕事をしています。体にまつわる区別の中でも、男と女の区別はあいまいなものが多いと彼女は言います。そこから生じるのは、なぜ我々は解剖学的な特徴を宿命としてしまうのか、という大きな問題です。