TED日本語 - ジャック・チョイ: バーチャル解剖台

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ジャック・チョイ: バーチャル解剖台

TED Talks

バーチャル解剖台
On the virtual dissection table
ジャック・チョイ
Jack Choi

内容

TED2012のステージで、ジャック・チョイが医学生のための強力なツールのデモンストレーションをします。 解剖台と同じ大きさのマルチタッチスクリーンに映される検体を 開腹し 解剖することで人体の各部分と仕組みを理解することができるのです

Script

You know, cadaver dissection is the traditional way of learning human anatomy. For students, it's quite an experience, but for a school, it could be very difficult or expensive to maintain. So we learned the majority of anatomic classes taught, they do not have a cadaver dissection lab. Maybe those reasons, or depending on where you are, cadavers may not be easily available. So to address this, we developed with a Dr. Brown in Stanford: virtual dissection table. So we call this Anatomage Table. So with this Anatomage Table, students can experience the dissection without a human cadaver. And the table form is important, and since it's touch-interactive, just like the way they do dissections in the lab, or furthermore just the way a surgeon operates on a patient you can literally interact with your table. Our digital body is one-to-one life size, so this is exactly the way students will see the real anatomy. I'm going to do some demonstrations. As you can see, I use my finger to interact with my digital body. I'm going to do some cuts. I can cut any way I want to, so I cut right here. Then it's going to show inside. And I can change my cut to see different parts. Maybe I can cut there, see the brain, and I can change my cut. You can see some internal organs. So we call this the slicer mode. OK, I'm going to do another cut. Right there. This shows a lot of internal structures. So if I want to see the back side, I can flip and see from behind. Like this. So if these images are uncomfortable to you or disturbing to you, that means we did the right job. So our doctors said these are eye candies. So instead of just butchering the body, I'd like to do more clinically meaningful dissections. What I'm going to do is I'm going to peel off all the skin, muscles and bones, just to see a few internal organs. Right here. Let's say I'm going to cut the liver right here. OK. Let's say I'm interested in looking at the heart. I'm going to do some surgery here. I'm going to cut some veins, arteries. Oops! ... You don't want to hear "oops" in real surgery. (Laughter) But fortunately, our digital man has "undo." (Laughter) OK. All right then. Let me zoom in. I'm going to make a cut right there. And then you can see the inside of the heart. You can see the atrium and the ventricles, how blood flows to our arteries and veins. Just like this, students can isolate anybody and dissect any way you want to. It doesn't have to be always dissection. Since it's digital, we can do reverse dissection. So let me show you, I'm going to start with the skeletal structure, and I can add a few internal organs. Yep. Maybe I can add quickly this way. And I can build muscles gradually, just like that. We can see tendons and muscles. Wish I could build my muscle this fast. (Laughter) And this is another way to learn anatomy. Another thing I can show you is, more often than not, doctors get to meet patients in X-ray form. So, Anatomage Table shows exactly how the anatomy will appear in X-ray. You can also interact with your X-ray, and also if you want, you can compare with how anatomy would appear in X-ray, too. So when you are done, just bring back the body and then it's ready for another session. It looks like our table also can transform gender, too. It's a female now. So this is Anatomage Table. Thank you. (Applause)

ご存じのように 死体解剖は 人間の生体構造を学ぶための伝統的な方法です 医学生にとっては非常に有意義な経験ですが 学校にとっては 死体解剖の実習を行うことは 非常に難しかったり 維持費が高すぎたりします そのため ほとんどの解剖学のクラスは座学で 解剖のためのラボを持っていません こうした理由のために もしくは国によっては 解剖を体験することは難しくなっています このため 私たちは スタンフォード大学の ブラウン博士と共に バーチャル解剖台を作りました 私たちはこれを「アナトメージ(解剖+イメージ) テーブル」と呼んでいます このアナトメージテーブルを使うことで 医学生は検体なしで 解剖を経験することができます そして この解剖台の形が重要です これはタッチパネル式で ラボでの解剖と全く同じ手順で さらには 外科医が患者に手術を行うのと全く同じように 文字通り この解剖台で解剖や手術を行うことができるのです 解剖に使うデジタル人体は実寸大なので これは 実際の解剖実習の際に 目にするものと全く同じです では少しデモンストレーションを お見せいたします ご覧のとおり 指を使ってデジタル人体を操作しています 何箇所か切ってみましょう このように どんな風にも切ることができます こうすると 内側を見ることができます 切り方を変えることで 見ることができる部分を変えることができます では ここを切ってみましょうか 脳の部分をご覧ください 切り口を変えると いくつかの臓器を見ることができます このモードを 輪切りモードと呼んでいます では 別の切り方をしてみましょう ここです たくさんの内部構造を見ることができます 後ろのほうを見たければ このように裏返して 後ろから見ることができます こんな感じです この画像をご覧になって 居心地が悪かったり 気持ち悪いと思われたとしたら これは成功だということです 医師にとっては 目の保養です では いたずらに人体を切り刻む代わりに 臨床的に有意義な解剖をしてみましょう これからやろうとしていることは 皮膚や筋肉 骨をすべて取り去って 内臓だけを見られるようにしてみます ここです たとえば ここにある 肝臓を切断してみましょう こうです 心臓を見てみたいと思ったら このあたりを切開します 静脈や動脈を切ってみましょうか しまった 実際の手術では聞きたくない言葉ですね (笑) 幸い デジタル人体には取り消し機能があるので (笑) はい いいでしょう ではズームしてみましょう ここの部分を切ってみます そうすると心臓の内側を見ることができます 心房と心室を見て どのように血液が動脈と静脈に流れるかを見ることができます こんな感じで 医学生は体のどの部分でも取り出すことができ 好きな方法で解剖することができるのです これは解剖以外にも使うことができます 電子化されているので 解剖を逆向きに行うこともできます お見せしましょう まず骨格構造から始めて 内臓を追加してみましょう うん こちらの方法のほうが早いかな そして筋肉をつけていきます 徐々に ちょうどこんな感じです 腱や筋肉が見えますね こんな簡単に筋肉隆々になれればいいんですけど (笑) これは解剖学を学ぶもう一つのやり方です もう一つお見せしましょう 少なからず 医師はX線写真で 患者を診察することがあります そのため アナトメージ・テーブルは 人体が X線ではどのように見えるのかを正確に示すことができます このX線写真を動かすこともできます もしやりたいと思えば X線写真と 解剖図を 重ねあわせて比較することもできます さて 解剖が終わったら こうして すぐ人体を元に戻して 次の解剖に入ることができます この解剖台では 性別も変えることができます 今度は女性になりました これがアナトメージ・テーブルです (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画