TED日本語 - サング・デリ: メンタルヘルスを気遣うのは恥ずかしくなんかない

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - サング・デリ: メンタルヘルスを気遣うのは恥ずかしくなんかない

TED Talks

メンタルヘルスを気遣うのは恥ずかしくなんかない
There's no shame in taking care of your mental health
サング・デリ
Sangu Delle

内容

起業家サング・デリは、ストレス過多になったとき、自身の奥深くにあった偏見に直面せざるを得ませんでした。「男性はメンタルヘルスを気遣うべきではない」というものです。個人的な語りで、デリは、感情にふれることを良しとしない社会のなかで不安に対処することをどのようにして学んだかを教えてくれます。彼が言うように、「どう感じているかに正直であっても弱いわけではありません。そうすることで私たちは人間らしくいられるのです」。

Script

Last year ... was hell.

(Laughter)

It was my first time eating Nigerian "jollof."

(Laughter)

Actually, in all seriousness, I was going through a lot of personal turmoil. Faced with enormous stress, I suffered an anxiety attack. On some days, I could do no work. On other days, I just wanted to lay in my bed and cry.

My doctor asked if I'd like to speak with a mental health professional about my stress and anxiety. Mental health? I clammed up and violently shook my head in protest. I felt a profound sense of a shame. I felt the weight of stigma. I have a loving, supportive family and incredibly loyal friends, yet I could not entertain the idea of speaking to anyone about my feeling of pain. I felt suffocated by the rigid architecture of our African masculinity. "People have real problems, Sangu. Get over yourself!"

The first time I heard "mental health," I was a boarding school student fresh off the boat from Ghana, at the Peddie School in New Jersey. I had just gone through the brutal experience of losing seven loved ones in the same month. The school nurse, concerned about what I'd gone through -- God bless her soul -- she inquired about my mental health. "Is she mental?" I thought. Does she not know I'm an African man?

(Laughter)

Like Okonkwo in "Things Fall Apart," we African men neither process nor express our emotions. We deal with our problems.

(Applause)

We deal with our problems. I called my brother and laughed about "Oyibo" people -- white people -- and their strange diseases -- depression, ADD and those "weird things." Growing up in West Africa, when people used the term "mental," what came to mind was a madman with dirty, dread-locked hair, bumbling around half-naked on the streets. We all know this man. Our parents warned us about him. "Mommy, mommy, why is he mad?" "Drugs! If you even look at drugs, you end up like him."

(Laughter)

Come down with pneumonia, and your mother will rush you to the nearest hospital for medical treatment. But dare to declare depression, and your local pastor will be driving out demons and blaming witches in your village.

According to the World Health Organization, mental health is about being able to cope with the normal stressors of life; to work productively and fruitfully; and to be able to make a contribution to your community. Mental health includes our emotional, psychological and social well-being. Globally,75 percent of all mental illness cases can be found in low-income countries. Yet most African governments invest less than one percent of their health care budget in mental health.

Even worse, we have a severe shortage of psychiatrists in Africa. Nigeria, for example, is estimated to have 200 -- in a country of almost 200 million. In all of Africa,90 percent of our people lack access to treatment. As a result, we suffer in solitude, silenced by stigma.

We as Africans often respond to mental health with distance, ignorance, guilt, fear and anger. In a study conducted by Arboleda-Florez, directly asking, "What is the cause of mental illness?" 34 percent of Nigerian respondents cited drug misuse; 19 percent said divine wrath and the will of God --

(Laughter)

12 percent, witchcraft and spiritual possession. But few cited other known causes of mental illness, like genetics, socioeconomic status, war, conflict or the loss of a loved one. The stigmatization against mental illness often results in the ostracizing and demonizing of sufferers. Photojournalist Robin Hammond has documented some of these abuses ... in Uganda, in Somalia, and here in Nigeria.

For me, the stigma is personal. In 2009, I received a frantic call in the middle of the night. My best friend in the world -- a brilliant, philosophical, charming, hip young man -- was diagnosed with schizophrenia. I witnessed some of the friends we'd grown up with recoil. I heard the snickers. I heard the whispers. "Did you hear he has gone mad?" (Kru English) "He has gone crazy!" Derogatory, demeaning commentary about his condition -- words we would never say about someone with cancer or someone with malaria. Somehow, when it comes to mental illness, our ignorance eviscerates all empathy. I stood by his side as his community isolated him, but our love never wavered.

Tacitly, I became passionate about mental health. Inspired by his plight, I helped found the mental health special interest alumni group at my college. And during my tenure as a resident tutor in graduate school, I supported many undergraduates with their mental health challenges. I saw African students struggle and unable to speak to anyone. Even with this knowledge and with their stories in tow, I, in turn, struggled, and could not speak to anyone when I faced my own anxiety, so deep is our fear of being the madman.

All of us -- but we Africans especially -- need to realize that our mental struggles do not detract from our virility, nor does our trauma taint our strength. We need to see mental health as important as physical health. We need to stop suffering in silence. We must stop stigmatizing disease and traumatizing the afflicted.

Talk to your friends. Talk to your loved ones. Talk to health professionals. Be vulnerable. Do so with the confidence that you are not alone. Speak up if you're struggling. Being honest about how we feel does not make us weak; it makes us human.

It is time to end the stigma associated with mental illness. So the next time your hear "mental," do not just think of the madman. Think of me.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

去年は… 最悪でした

(笑)

初めてナイジェリア料理の ジョロフ・ライスを食べたんです

(笑)

いや 本当に真面目な話 私は 滅茶苦茶な状態でした 甚大なストレスに直面し 不安発作に苦しめられていました 全く働けない日もあれば ただベッドに横になり 泣いていたかった日もありました

主治医には メンタルヘルスの専門家に 話をしたらと言われました 自分のストレスと不安を相談するのです メンタルヘルス? 私は口を真一文字に結び 抵抗して頭をぶんぶん振りました とてつもない恥ずかしさを覚えました それは重たい不名誉の烙印でした 私には愛おしく 支えてくれる家族があり とても誠実な友達がいましたが 自分の苦しい感情について 誰かに話すという考えを 全く受け入れられませんでした 私は硬直した建築物のような アフリカ的「男らしさ」に 息がつまりそうでした 「皆 本当に問題を抱えてるんだ そんなことくらいで なんだよ」

「メンタルヘルス」という言葉を 初めて耳にしたのは ガーナから来てすぐに 寄宿学校に入学した時です ニュージャージーのペディ・スクールです 私はちょうど過酷な経験を したところでした 同じ月に 愛する人を 7人も失ったのです 保健室の先生は 私の経験したことを心配して ― なんてありがたい ― 私のメンタルヘルスについて尋ねました 「彼女こそ病気なんじゃ?」と思いました 僕がアフリカの男だと 知らないんじゃないの?

(笑)

小説『崩れゆく絆』のオコンクウォのように アフリカの男は 感情など構いやしないし それを表現することもしないんです 自分の問題は自分で対処できるんです

(拍手)

自分で対処できるんです 私は きょうだいに電話し 「オイボ」(白人)を笑いました そして彼らの奇妙な病気 ― 抑うつとかADD その類の「変なもの」もです 西アフリカで育った者にとって 「メンタル」という言葉を聞いて 思い浮かぶのは狂人でした 汚くなったドレッドヘアで 半裸の姿で道を フラフラ歩いているような人 こんな人物を 皆知っています 親は警告しました 「ママ なんであの人 おかしくなったの?」 「薬のせいよ! 薬を見ただけでも ああなっちゃうわよ」

(笑)

子どもが肺炎になったら 母親は最寄りの病院に 急いで連れてゆき 医学的治療を受けさせるでしょう でも抑うつだと打ち明けようものなら 地元の牧師が悪魔祓いをし 村の魔女のせいにするでしょう

世界保健機関によると 精神的に健康な状態とは 人生の通常のストレスに対処でき 生産的で実りある仕事ができて コミュニティに貢献できることです 精神的健康とは 感情的、心理的、社会的にも良好な状態を指すのです 世界規模で見ると 精神疾患症例の75%は 低所得国で見られるそうです それでも大半のアフリカ諸国では メンタルヘルス対策に政府があてる予算は ヘルスケア全体の 1%未満です

さらに悪いことに アフリカの精神科医不足は深刻です 例えばナイジェリアにいる精神科医は 200名と言われています 国民は 2億人近くいるのにです アフリカ全体では 90%の人々が 治療を受けられていません 結果的に 私たちは 一人で苦しみ 不名誉の烙印により 口を閉ざしています

私たちアフリカ人は往々にして メンタルヘルスの問題から距離を取り 無視し 罪悪感をもち 恐れ 怒りを覚えます アルボレダ・フロレスの研究では 「精神疾患の原因は何でしょう?」 という直接的な質問に対し ナイジェリア人の回答者 34%は 薬物の誤用と答えています 19%は 天罰であり神の御意志だと ―

(笑)

12%は 魔女や霊の憑依だと回答しました しかしその他の精神疾患の原因を 挙げた人は まれでした 遺伝や 社会経済的地位 戦争 葛藤 愛する人の喪失などです 精神疾患が 社会的に不名誉なこととされた結果 患者たちは しばしば疎外され 悪魔として扱われるようになりました フォトジャーナリストのロビン・ハモンドは こうした酷い仕打ちを記録しています ウガンダや ソマリア そしてここナイジェリアで

私の場合は その不名誉の烙印は 自分の手によるものです 2009年 真夜中に尋常ならぬ電話を受けました 世界でいちばんの親友が ― 聡明で 哲学的で 魅力的で カッコいい若者が ― 統合失調症と診断されたのです 幼なじみたちが 遠ざかっていくのを目にしました クスクス笑いや ひそひそ話を耳にしました 「彼が狂ったって聞いた?」 (クル族英語で)「狂っちゃったんだぜ あいつ!」 彼の状態に対する 軽蔑的で屈辱的なコメントです ガンやマラリアに かかった人には 決して言わない言葉です どういうわけか 精神疾患となると 無知が 共感を 丸ごと取り去ってしまいます 周囲は彼から距離をとりましたが 私は彼のそばにいました 愛情は決して揺らぎませんでした

私はメンタルヘルスに情熱を 燃やすようになりました 苦しむ彼の姿に触発され 大学の同窓生たちで メンタルヘルスに関心をもつグループを 立ち上げるのを手伝いました また大学院で住み込みスタッフを していた時期には メンタルヘルスの問題を抱えた 多くの学部生を支援しました アフリカの学生たちが苦しみ 誰にも話せずにいるのを 目にしました しかしこの知識や彼らの経験を 踏まえてもなお 私自身も もがき苦しむこととなり 不安に直面しても 誰にも話せませんでした 狂ってしまうのではという恐れは 非常に根深いものなのです

私たちは皆 ― 特に私たちアフリカ人ですが ― 精神的に苦しんでいても 男らしさは損なわれないこと トラウマで 強さが損なわれたりしないことを 認識する必要があります 精神の健康は 身体の健康と同じく 重要だと見るべきなのです ただ黙って苦しむのを 終わりにせねばなりません 疾患を不名誉の烙印にすることや 苦しむ人を傷つけるのを 止めねばなりません

友達に話しましょう 愛する人に話しましょう 専門家に話しましょう 弱さを受け入れましょう 堂々とそうしましょう あなたは 独りではないのですから 苦しい時は それを口にしましょう どう感じているかに正直であっても 弱いわけではありません そうすることで 私たちは 人間らしくいられるのです

精神疾患にまつわる不名誉の烙印は もうおしまいにしましょう 今度「メンタル」と耳にした時 単純に狂った人を 思い浮かべないでくださいね 私のことだと思ってください

(拍手)

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画