TED日本語 - ケヴィン・ブリッグス: 生と自殺の間に架かる橋

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ケヴィン・ブリッグス: 生と自殺の間に架かる橋

TED Talks

生と自殺の間に架かる橋
The bridge between suicide and life
ケヴィン・ブリッグス
Kevin Briggs

内容

長年に渡り、ケヴィン・ブリッグス巡査部長は、陰鬱ながら、時に奇妙にもやりがいのある珍しい仕事についてきました。自殺の名所として知られる、サンフランシスコのゴールデン・ゲートブリッジのパトロールです。この講演において、ブリッグス氏は、生死の境目に立った人々との会話を実体験に基づいてありのままに語ります。そして、愛する人を自殺で失いかねない人達に対して、力強い助言を与えます。

Script

I recently retired from the California Highway Patrol after 23 years of service. The majority of those 23 years was spent patrolling the southern end of Marin County, which includes the Golden Gate Bridge. The bridge is an iconic structure, known worldwide for its beautiful views of San Francisco, the Pacific Ocean, and its inspiring architecture.

Unfortunately, it is also a magnet for suicide, being one of the most utilized sites in the world. The Golden Gate Bridge opened in 1937. Joseph Strauss, chief engineer in charge of building the bridge, was quoted as saying, "The bridge is practically suicide-proof. Suicide from the bridge is neither practical nor probable." But since its opening, over 1,600 people have leapt to their death from that bridge. Some believe that traveling between the two towers will lead you to another dimension -- this bridge has been romanticized as such -- that the fall from that frees you from all your worries and grief, and the waters below will cleanse your soul.

But let me tell you what actually occurs when the bridge is used as a means of suicide. After a free fall of four to five seconds, the body strikes the water at about 75 miles an hour. That impact shatters bones, some of which then puncture vital organs. Most die on impact. Those that don't generally flail in the water helplessly, and then drown. I don't think that those who contemplate this method of suicide realize how grisly a death that they will face. This is the cord. Except for around the two towers, there is 32 inches of steel paralleling the bridge. This is where most folks stand before taking their lives. I can tell you from experience that once the person is on that cord, and at their darkest time, it is very difficult to bring them back. I took this photo last year as this young woman spoke to an officer contemplating her life. I want to tell you very happily that we were successful that day in getting her back over the rail.

When I first began working on the bridge, we had no formal training. You struggled to funnel your way through these calls. This was not only a disservice to those contemplating suicide, but to the officers as well. We've come a long, long way since then. Now, veteran officers and psychologists train new officers.

This is Jason Garber. I met Jason on July 22 of last year when I get received a call of a possible suicidal subject sitting on the cord near midspan. I responded, and when I arrived, I observed Jason speaking to a Golden Gate Bridge officer. Jason was just 32 years old and had flown out here from New Jersey. As a matter of fact, he had flown out here on two other occasions from New Jersey to attempt suicide on this bridge. After about an hour of speaking with Jason, he asked us if we knew the story of Pandora's box. Recalling your Greek mythology, Zeus created Pandora, and sent her down to Earth with a box, and told her, "Never, ever open that box." Well one day, curiosity got the better of Pandora, and she did open the box. Out flew plagues, sorrows, and all sorts of evils against man. The only good thing in the box was hope. Jason then asked us, "What happens when you open the box and hope isn't there?" He paused a few moments, leaned to his right, and was gone. This kind, intelligent young man from New Jersey had just committed suicide.

I spoke with Jason's parents that evening, and I suppose that, when I was speaking with them, that I didn't sound as if I was doing very well, because that very next day, their family rabbi called to check on me. Jason's parents had asked him to do so. The collateral damage of suicide affects so many people.

I pose these questions to you: What would you do if your family member, friend or loved one was suicidal? What would you say? Would you know what to say? In my experience, it's not just the talking that you do, but the listening. Listen to understand. Don't argue, blame, or tell the person you know how they feel, because you probably don't. By just being there, you may just be the turning point that they need. If you think someone is suicidal, don't be afraid to confront them and ask the question. One way of asking them the question is like this: "Others in similar circumstances have thought about ending their life; have you had these thoughts?" Confronting the person head-on may just save their life and be the turning point for them. Some other signs to look for: hopelessness, believing that things are terrible and never going to get better; helplessness, believing that there is nothing that you can do about it; recent social withdrawal; and a loss of interest in life.

I came up with this talk just a couple of days ago, and I received an email from a lady that I'd like to read you her letter. She lost her son on January 19 of this year, and she wrote this me this email just a couple of days ago, and it's with her permission and blessing that I read this to you.

"Hi, Kevin. I imagine you're at the TED Conference. That must be quite the experience to be there. I'm thinking I should go walk the bridge this weekend. Just wanted to drop you a note. Hope you get the word out to many people and they go home talking about it to their friends who tell their friends, etc. I'm still pretty numb, but noticing more moments of really realizing Mike isn't coming home. Mike was driving from Petaluma to San Francisco to watch the 49ers game with his father on January 19. He never made it there. I called Petaluma police and reported him missing that evening. The next morning,two officers came to my home and reported that Mike's car was down at the bridge. A witness had observed him jumping off the bridge at 1 : 58 p.m. the previous day. Thanks so much for standing up for those who may be only temporarily too weak to stand for themselves. Who hasn't been low before without suffering from a true mental illness? It shouldn't be so easy to end it. My prayers are with you for your fight. The GGB, Golden Gate Bridge, is supposed to be a passage across our beautiful bay, not a graveyard. Good luck this week. Vicky."

I can't imagine the courage it takes for her to go down to that bridge and walk the path that her son took that day, and also the courage just to carry on.

I'd like to introduce you to a man I refer to as hope and courage. On March 11 of 2005, I responded to a radio call of a possible suicidal subject on the bridge sidewalk near the north tower. I rode my motorcycle down the sidewalk and observed this man, Kevin Berthia, standing on the sidewalk. When he saw me, he immediately traversed that pedestrian rail, and stood on that small pipe which goes around the tower. For the next hour and a half, I listened as Kevin spoke about his depression and hopelessness. Kevin decided on his own that day to come back over that rail and give life another chance. When Kevin came back over, I congratulated him. "This is a new beginning, a new life." But I asked him, "What was it that made you come back and give hope and life another chance?" And you know what he told me? He said, "You listened. You let me speak, and you just listened."

Shortly after this incident, I received a letter from Kevin's mother, and I have that letter with me, and I'd like to read it to you.

"Dear Mr. Briggs, Nothing will erase the events of March 11, but you are one of the reasons Kevin is still with us. I truly believe Kevin was crying out for help. He has been diagnosed with a mental illness for which he has been properly medicated. I adopted Kevin when he was only six months old, completely unaware of any hereditary traits, but, thank God, now we know. Kevin is straight, as he says. We truly thank God for you. Sincerely indebted to you, Narvella Berthia." And on the bottom she writes, "P.S. When I visited San Francisco General Hospital that evening, you were listed as the patient. Boy, did I have to straighten that one out."

Today, Kevin is a loving father and contributing member of society. He speaks openly about the events that day and his depression in the hopes that his story will inspire others.

Suicide is not just something I've encountered on the job. It's personal. My grandfather committed suicide by poisoning. That act, although ending his own pain, robbed me from ever getting to know him. This is what suicide does. For most suicidal folks, or those contemplating suicide, they wouldn't think of hurting another person. They just want their own pain to end. Typically, this is accomplished in just three ways: sleep, drugs or alcohol, or death. In my career, I've responded to and been involved in hundreds of mental illness and suicide calls around the bridge. Of those incidents I've been directly involved with, I've only lost two, but that's two too many. One was Jason. The other was a man I spoke to for about an hour. During that time, he shook my hand on three occasions. On that final handshake, he looked at me, and he said, "Kevin, I'm sorry, but I have to go." And he leapt. Horrible, absolutely horrible.

I do want to tell you, though, the vast majority of folks that we do get to contact on that bridge do not commit suicide. Additionally, that very few who have jumped off the bridge and lived and can talk about it, that one to two percent, most of those folks have said that the second that they let go of that rail, they knew that they had made a mistake and they wanted to live. I tell people, the bridge not only connects Marin to San Francisco, but people together also. That connection, or bridge that we make, is something that each and every one of us should strive to do. Suicide is preventable. There is help. There is hope.

Thank you very much.

(Applause)

私は 最近まで カリフォルニア・ハイウェイ・パトロールに 務めていました 在職 23年間の大半で ゴールデン・ゲート・ブリッジを含む マリーン郡南部のパトロールを担当しました ゴールデン・ゲート・ブリッジは ベイ・エリアのシンボル的な存在で 橋から見渡せるサンフランシスコと 大西洋の眺望や 橋そのものの美しさが 世界的に知られています

残念なことに この橋は自殺の名所でもあり 世界中で最も自殺が多発する 場所の一つです ゴールデン・ゲート・ブリッジは 1937年に開通しました 設計技師のジョゼフ・ストラウスは 当時こう言ったと伝えられています 「自殺に関連する問題は生じないだろう」 「飛び降り自殺は不可能だし 起こりそうにない」と しかし 開通以後 1,600人以上の人々が 橋からの飛び降りで亡くなっています 橋を支える二つのタワー間を 行き来することで 異次元の世界に辿り着けると 信じる人もいます 橋から飛び降りることで 全ての心配や悩みから解放され 下を流れる水が魂を浄化してくれるのだと この橋は美化されてきました 下を流れる水が魂を浄化してくれるのだと この橋は美化されてきました

しかし 橋から飛び降りた際に 実際に起きることをお伝えしましょう しかし 橋から飛び降りた際に 実際に起きることをお伝えしましょう 4.5秒ほど自由落下した後 時速120kmで身体が水面に激突します 衝撃で身体中の骨が粉々になり 破片の一部が主要な臓器に突き刺さります ほとんどの場合 即死しますが 衝突を生き延びたとしても たいていは 水中でどうしようもないまま 衰弱し溺れ死にます 私が思うに 飛び降り自殺の志願者は 自身の最期がどれだけ恐ろしいものに なるのか理解していないのです これが橋の外側の桁です 二つのタワー付近を除いて 80cm幅の梁が橋と並行に走っています 二つのタワー付近を除いて 80cm幅の梁が橋と並行に走っています ほとんどの自殺者は 自殺直前にこの上に立ちます 私の経験から言うと 真っ暗闇の中で いったん自殺志願者が この上に立つと 自殺を食い止めるのは非常に難しいです この写真は 去年 私が撮影したものですが 自殺志願者の若い女性が警察官相手に 自らの人生を振り返っているところです 自殺志願者の若い女性が警察官相手に 自らの人生を振り返っているところです 幸運なことに 我々は なんとか彼女を 引き止める事に成功しました

私がゴールデン・ゲート・ブリッジでの 仕事を始めた時には 体系だった研修が存在しませんでした 苦労を重ねながら 自分なりの対処方法を 生み出さざるを得なかったのです こういった研修の欠如は 自殺志願者のみならず 警察官にとっても不幸な状況でした 我々はそれ以来 大きな進歩を遂げています 今では 熟練した警察官と精神科医が 新入りの警察官の研修を担当します

彼の名は ジェイソン・ガーバーです 昨年の6月22日に私は彼と出会いました 彼が 橋中央部のパイプに座って 自殺を企てているという 連絡を受けたのです 彼が 橋中央部のパイプに座って 自殺を企てているという 連絡を受けたのです 要請に応じ 私が現場に駆けつけた時 ジェイソンは別の警察官に 話しかけていました 弱冠32歳の彼は 飛行機で遠く ニュー・ジャージーからやってきたのです 実を言うと 彼は自殺を図ろうとして 既に2回ここを訪れていました 実を言うと 彼は自殺を図ろうとして 既に2回ここを訪れていました 1時間ほど会話した後 彼は パンドラの箱の 話を知っているかと 我々に尋ねました ギリシャ神話によると ゼウスはパンドラという名の女性を創り 彼女を一つの箱とともに 地球に送り込みます そして 「決して その箱を開けてはならない」 と命令します しかしある日 パンドラは好奇心に負けて その箱を開けてしまいます 箱からは 厄災や悲哀など ありとあらゆる悪が飛び出しますが 希望だけが唯一の救いとして残されました ジェイソンは 続けてこう問いました 「パンドラの箱を開けて 希望すら 残されていなかったらどうなるだろう?」 彼は 何度かためらいつつも 身体を右側に傾けて 飛び降りました この心優しく知的な ニュー・ジャージーの若者が 今まさに自らを殺めてしまったのです

その日の夕方 私はジェイソンの両親と会話をしました 彼の両親には 私がひどく 落ち込んでいるように聞こえたようで その翌日に 彼の家族が慕うユダヤ教のラビが 気にかけて私に電話してきました ジェイソンの両親がそう頼んだのです 自殺は 多くの人々に二次的な 影響を及ぼします

ここで聴衆の皆さんに質問です もしあなたの家族や友人 最愛の人が 自殺を考えていたらどうしますか? なんと声をかけますか? なんと声をかけるべきか 知っていますか? 私の経験によると 声をかけるだけでなく 耳を傾けることが重要です 理解しようと 耳を傾けるのです 言い返したり 非難してはいけません また「あなたの気持ちがわかる」 と言ってもいけません 恐らくあなたはその人の気持ちを 理解していないからです 単にそこにいるというだけで あなたの存在自体が 彼らの人生に必要な 転機になりえるのかもしれません もし誰かが自殺を企てていると思ったなら 恐れずに向き合って 尋ねかけるべきです 一つの尋ね方は次のようなものです 「同様の状況で自ら命を断とうとした人が いるけれど」 「あなたはどうなの?」 真正面から本人に向き合うことが 彼らの命を救い人生の 転機になるかもしれないのです 他に見られる兆候は 状況がどうにもならなくて 良くなる見込みも決して無いという絶望 自分の力ではどうにもならないという絶望 他人との付き合いを避けるようになること そして 人生に対する興味を失うこと

私は このトークの内容を ほんの数日前に思いつきましたが ある女性から受け取ったメールを 皆さんに読み聞かせたいと思います 彼女は今年の1月19日に息子を失いました このメールは彼女がほんの数日前に 私に送ってきたものです 彼女の承諾のもとで このメールを 皆さんに読み聞かせたいと思います

「ケヴィンさんへ 今あなたがTED コンファレンスに参加していると想像します それは素晴らしい経験に違いないでしょう 私は今週末にゴールデン・ゲート・ブリッジを 歩いて渡ろうと考えています 一言 あなたに連絡しておきたいと思いました あなたが たくさんの人にメッセージを届け それが友人から友人へと 更に多くの人々に 伝わって行くことを期待しています 未だに呆然としています けれど 息子のマイクは もう家に戻ってこないのだと はっと気づく瞬間が増えています 1月19日 マイクは 49ersの試合を父親と見るために ペタルーマからサンフランシスコへ向けて ドライブしていましたが そこに辿り着くことは決してありませんでした その日の午後 私はペタルーマ警察署に 電話し 彼が行方不明だと連絡しました 翌朝 2人の警察官が我が家を訪れ マイクの車が 橋のたもとに 放置されていると報告しました 前日の午後1:58に彼が橋から 飛び降りるのが目撃されていました 一時とはいえ 自分では立てないほどに 弱ってしまった人々のために 声を上げていただき 本当に感謝しています 精神障害を患わなくても 誰しも気分が 落ち込む経験はあるはずです 気持ちの落ち込みを止めることは 容易ではありません あなたの取り組みに 神のご加護を祈ります ゴールデン・ゲート・ブリッジは 美しいサンフランシスコ湾を越える 通り道であって 墓場ではありません それでは良い一週間を ヴィッキーより」

その橋に行き あの日の 息子の足取りを辿ることや 今後の人生を生き続けようとする その勇気の大きさは 私の想像の及ぶところではありません

私が「希望と勇気」と呼ぶ男性を 皆さんに紹介したいと思います 2005年の3月11日 北側のタワー付近の歩道に 自殺志願者と見られる人物がいるとの 無線連絡を私は受けました 私はバイクで現場に趣き この男性 ケヴィン・ベルシアが 歩道に立っているのを見つけました 私を見るやいなや 彼はすぐに柵を乗り越えて タワーの周りに設置してある 細いパイプ上に立ちました それから一時間半の間 ケヴィンが 鬱と絶望について語るのを 私は聞き続けました その日 ケヴィンは ふたたび柵を乗り越え 新しく人生を やり直すという決断を自分自身で下しました そして 戻ってきた彼を 私はこう祝福しました 「これは新しい人生の門出なのだ」と けれど 私はこうも尋ねました 「人生を希望と共にやり直したいと 考え直すきっかけは何だったのか」と 彼が何と答えたか皆さんはわかりますか? 「自分の言うことに あなたが耳を傾けてくれたからだ」

その一件のすぐ後 私は ケヴィンの母親から 手紙を受け取りました 今ここにある手紙を 皆さんに読み聞かせたいと思います

「親愛なる ブリグスさんへ 3月11日に起きた出来事を忘れることは 決して出来ませんが あなたの存在こそ ケヴィンが今も私たちと 共に生きている理由の一つです ケヴィンは救いを求めて叫んでいたのだと 私は心から思います 彼は精神障害の診断を受けており 適切な治療を受けていました 私はケヴィンを生後間もない6か月の時に 養子にとりましたが その際は 彼の遺伝的な特徴に 全く気づきませんでした けれど 神様のおかげで 今やそれは明らかです ケヴィン曰く 彼は普通に 生活できているようです 私たちはあなたの存在を 心から神様に感謝すると同時に あなたに深い恩義を感じています ナヴェラ・ベルシア」 そして 手紙の一番下に 彼女はこう書いています 「PS その日の午後に私が サンフランシスコ総合病院を訪れた際 あなたの名前を患者リストに見つけました あなたと息子の名前を 取り違えないようにしないといけませんね」

今日 ケヴィンは愛情あふれる父親であり 社会に貢献する一人でもあります 彼は あの日の出来事や鬱病について 人前で話をすることで 自身の体験談が 他の人達のために なることを期待しています

私にとって 自殺は単に職業上 関わっているだけではありません 個人的な問題でもあります 私の祖父は 服毒自殺で亡くなりました そうすることで 祖父は自らの苦しみに 終止符を打ちましたが 一方で 私は祖父について知ることが できなくなりました これこそが 自殺の結末なのです 自殺者や自殺志願者の多くは 他人を傷つけようと 考えているわけではありません 単に自らの苦しみを終えたいだけなのです 3つの典型的な方法があります 睡眠 薬物あるいはアルコール そして自殺です これまで私は 橋周辺で数百人の 自殺志願者に対処してきましたが これまで私は 橋周辺で数百人の 自殺志願者に対処してきましたが 直接携わった事件のうち 自殺の引き止めに 失敗したのは たった2人だけです しかし 二人というのは多すぎます 一人はジェイソンです もう一人の男性と私は 1時間ほど話し続けました その間 彼は3回にわたって 私に握手を求めてきました 最後の握手の際に 彼は 私を見つめながらこう言いました 「ケヴィン 悪いんだが 俺はもう行かなければならない」と そして 彼は飛び降りました 本当に 本当に 悲惨な出来事です

しかし 是非とも お伝えしておきたいのは 我々が橋で語り合った自殺志願者の多くは 自殺しなかったということです 我々が橋で語り合った自殺志願者の多くは 自殺しなかったということです 更に言うなら 橋から飛び降りたものの 生き残ったわずか1~2%の人々は たいていこう言います 生き残ったわずか1~2%の人々は たいていこう言います 橋から飛び降りた瞬間に 自分が間違いを犯したことを理解し 生き続けたいと思ったのだと この橋は マリーンとサンフランシスコの間を 地理的にだけでなく 人々の心を繋げています その繋がりこそが 我々一人一人が努力して 作り出さなければいけないものです 自殺は防ぐことができます 救うことが出来ます 希望はあります

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画