TED日本語 - ロージー・キング: 自閉症がいかに私を解き放ち、私らしく感じさせてくれるか

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ロージー・キング: 自閉症がいかに私を解き放ち、私らしく感じさせてくれるか

TED Talks

自閉症がいかに私を解き放ち、私らしく感じさせてくれるか
How autism freed me to be myself
ロージー・キング
Rosie King

内容

「人々は普通と違うことを恐れるあまり、特定のラベルを貼った小さな箱に、あらゆるものを押し込んでしまおうとする」と、16歳のロージー・キングは言います。大胆でおてんばで、そして自閉症でもある彼女は知りたがっています ― なぜ皆は普通であることにそれほどこだわるのか?彼女はすべての子供や親、教師その他の人々に、独自性を讃え大切にしようと明るく響き渡る声で呼びかけています。それは人間のもつ潜在的な多様性を志高く証明するものです。

Script

I haven't told many people this, but in my head, I've got thousands of secret worlds all going on all at the same time. I am also autistic.

People tend to diagnose autism with really specific check-box descriptions, but in reality, it's a whole variation as to what we're like. For instance, my little brother, he's very severely autistic. He's nonverbal. He can't talk at all. But I love to talk. People often associate autism with liking maths and science and nothing else, but I know so many autistic people who love being creative. But that is a stereotype, and the stereotypes of things are often, if not always, wrong. For instance, a lot of people think autism and think "Rain Man" immediately. That's the common belief, that every single autistic person is Dustin Hoffman, and that's not true.

But that's not just with autistic people, either. I've seen it with LGBTQ people, with women, with POC people. People are so afraid of variety that they try to fit everything into a tiny little box with really specific labels. This is something that actually happened to me in real life: I googled "autistic people are ..." and it comes up with suggestions as to what you're going to type. I googled "autistic people are ..." and the top result was "demons." That is the first thing that people think when they think autism. They know. (Laughter)

One of the things I can do because I'm autistic -- it's an ability rather than a disability -- is I've got a very, very vivid imagination. Let me explain it to you a bit. It's like I'm walking in two worlds most of the time. There's the real world, the world that we all share, and there's the world in my mind, and the world in my mind is often so much more real than the real world. Like, it's very easy for me to let my mind loose because I don't try and fit myself into a tiny little box. That's one of the best things about being autistic. You don't have the urge to do that. You find what you want to do, you find a way to do it, and you get on with it. If I was trying to fit myself into a box, I wouldn't be here, I wouldn't have achieved half the things that I have now. There are problems, though. There are problems with being autistic, and there are problems with having too much imagination. School can be a problem in general, but having also to explain to a teacher on a daily basis that their lesson is inexplicably dull and you are secretly taking refuge in a world inside your head in which you are not in that lesson, that adds to your list of problems. (Laughter) Also, when my imagination takes hold, my body takes on a life of its own. When something very exciting happens in my inner world, I've just got to run. I've got to rock backwards and forwards, or sometimes scream. This gives me so much energy, and I've got to have an outlet for all that energy. But I've done that ever since I was a child, ever since I was a tiny little girl. And my parents thought it was cute, so they didn't bring it up, but when I got into school, they didn't really agree that it was cute. It can be that people don't want to be friends with the girl that starts screaming in an algebra lesson. And this doesn't normally happen in this day and age, but it can be that people don't want to be friends with the autistic girl. It can be that people don't want to associate with anyone who won't or can't fit themselves into a box that's labeled normal. But that's fine with me, because it sorts the wheat from the chaff, and I can find which people are genuine and true and I can pick these people as my friends.

But if you think about it, what is normal? What does it mean? Imagine if that was the best compliment you ever received. "Wow, you are really normal." (Laughter) But compliments are, "you are extraordinary" or "you step outside the box." It's "you're amazing." So if people want to be these things, why are so many people striving to be normal? Why are people pouring their brilliant individual light into a mold? People are so afraid of variety that they try and force everyone, even people who don't want to or can't, to become normal. There are camps for LGBTQ people or autistic people to try and make them this "normal," and that's terrifying that people would do that in this day and age.

All in all, I wouldn't trade my autism and my imagination for the world. Because I am autistic, I've presented documentaries to the BBC, I'm in the midst of writing a book, I'm doing this -- this is fantastic -- and one of the best things that I've achieved, that I consider to have achieved, is I've found ways of communicating with my little brother and sister, who as I've said are nonverbal. They can't speak. And people would often write off someone who's nonverbal, but that's silly, because my little brother and sister are the best siblings that you could ever hope for. They're just the best, and I love them so much and I care about them more than anything else. I'm going to leave you with one question: If we can't get inside the person's minds, no matter if they're autistic or not, instead of punishing anything that strays from normal, why not celebrate uniqueness and cheer every time someone unleashes their imagination?

Thank you.

(Applause)

あまり多くの人に話してはいませんが 私の頭の中では 何千もの秘密の世界が 同時に進行中です 私は自閉症でもあります

人々は自閉症という診断に 特殊なチェックリストのような解説を 結び付ける傾向があります しかし実際には 私たちの姿は多種多様です 例えば 私の弟は 非常に重度の自閉症で 全く話せません ですが私は話すのが大好きです 自閉症の人は 数学と理科を好み 他は見向きもしないと連想されがちです しかし私は創造的なことが大好きな 自閉症の人をたくさん知っています しかしそれはステレオタイプであり 物事に関するステレオタイプは 常にとは言わないまでも しばしば間違っているものです 例えば 多くの人は自閉症と聞くと 即座に 『レインマン』 を思い浮かべます 「自閉症の人は皆 あのダスティン・ホフマンみたいだ」 という通説です これは真実ではありません

しかしこれは自閉症の人々だけに 限った話ではありません LGBTQ(性的少数派)や 女性 POC(有色人種)の 人々の場合もそうです 人々は普通と違うことを恐れるあまり 特定のラベルを貼った 小さな箱に あらゆるものを 押し込んでしまおうとします これは実際に私の身に起きたことです ある時「自閉症の人々は…」と グーグルで検索してみると ― 次に予想される文字の候補が出ます ― 私が「自閉症の人々は…」と入れた時 トップの結果は「悪魔だ」でした 人々が自閉症と聞いて 最初に思い浮かぶのはこれなのです よく分かってますね (笑)

私が自閉症だからこそできることの1つは ― これは障害というより能力ですね ― とても生き生きとした 想像力を持っていることです 少し説明させて下さい これは大半の時間 2つの世界を渡り歩くようなものです 私たちが共有している現実の世界と 心の中の世界とがあり しばしば この心の中の世界は 現実世界よりも遥かにリアルです 例えば 私はとても簡単に 心を解き放てます 自分を小さな箱に 押し込もうとしていないからです これは自閉症である 最も素晴らしい点の一つです 皆さんは そんな衝動に 駆られることはないでしょう 皆さんは自分のしたいことや それを実現する方法を見つけて どんどん取り組んでいきます もし私が自分を箱の中に 押し込もうとしていたら 私は今ここにいないでしょう 今まで成し遂げたことの 半分もできなかったでしょう しかし問題もあります 自閉症だと問題があるのです それは想像力が豊かすぎることです 学校生活はたいてい 問題になりやすいのですが 授業が説明しがたいほど退屈で 自分は密かに頭の中の世界に逃避して 現実の教室の中にはいないのだと 毎日のように 先生に 説明しなければならないのは 新たな悩みの種になります (笑) また私が想像力に支配されてしまうと 身体が独り歩きを始めます 心の中の世界で 何かとても わくわくすることが起こった時 私は走り出します 前後に身体を揺すったり 時には叫びます 想像力は私に とてつもないエネルギーをもたらすので そのエネルギーのはけ口が 必要なのです しかし私は子供の頃からこうしてきました 幼い少女の頃からです 両親はそれを可愛いと思ってくれ 特に問題にしていませんでした しかし私が学校に入学すると もう可愛いとは言えなくなりました 代数学の授業中に叫び出す少女と 友達になりたくない人もいるかもしれません これは今時 起こりそうにないことですが 自閉症の少女と友達になりたくない人も いるかもしれません 「普通」というラベルを貼った箱に 収まりきらない人と つきあいたくない人もいるかもしれません でも私はそれで構いません なぜならそれによって人を 選り分けることができ 誰が本当にいい人か 分かるので そういう人たちを友達に選べるのです

しかし考えてみれば 「普通」とは何でしょう? 「普通」とはどういう意味でしょうか? それが今までで受けた 最高の褒め言葉だと想像して下さい 「君は実に普通だね」 (笑) しかし褒め言葉って こうですよね 「君は人並み外れているね」 「型破りだね」とか これは「素晴らしい」という意味です では もしそう褒められたいのなら なぜ多くの人は懸命に 普通になろうとするのでしょう? なぜ人々は キラキラした個性を 型にはめ込んでしまうのでしょうか? 人々はあまりにも違いを恐れるあまり 全ての人を ― そうなりたいと思わない人や そうなれない人をも ― 普通にしようとします LGBTQや自閉症の人々を 「普通」にしようとする訓練が存在します 今時 そんなことをするなんて 恐ろしいことです

私は自閉症であることや 想像力を犠牲にして 生きようとは一切しません 私は自閉症のおかげで BBCのドキュメンタリーに出演したし 本を執筆している真っ最中だし この場でお話までしている ― 素晴らしいわ ― 私が達成した またはたぶん達成した 最高な事の一つは 弟や妹とのコミュニケーション方法を 見つけたことです 先ほどお話ししたように 2人は話せません そして人々は言葉を話せない人を しばしば駄目だと見なします 馬鹿みたい なぜなら私の弟や妹は 皆さんが望みうる 最高のきょうだいだからです 2人はとにかく最高 私は大好きです 彼らを他の何よりも 大事にしています 最後に 皆さんに1つだけ 問いかけたいと思います 私たちが人の心の内に 触れることができないのなら ― 自閉症の人でも そうでなくても構いませんが ― 普通から外れていることを とがめるのではなく その独自性を讃え 彼らが想像力を解き放てたことを 喜んではどうでしょうか?

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画