TED日本語 - マイケル・ボッティチェリ: 依存症も疾病の1つだ。他の疾病と同様に扱われるべきだ

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - マイケル・ボッティチェリ: 依存症も疾病の1つだ。他の疾病と同様に扱われるべきだ

TED Talks

依存症も疾病の1つだ。他の疾病と同様に扱われるべきだ
Addiction is a disease. We should treat it like one
マイケル・ボッティチェリ
Michael Botticelli

内容

アメリカ合衆国では依存症や薬物乱用に必要な医療ケアや治療を9人に1人しか受けることができません。前薬物管理対策局長であるマイケル・ボッティチェリは、この「流行」を終わらせるために活動し、依存症の人々に親身に寄り添って、同情と公平で接しています。自身の思いを込めたトークでは、彼らの声を届け、薬物依存症患者に押される烙印と向き合うように現在回復期にいる何百人ものアメリカ人を励まします。

Script

Twenty-eight years ago, I was a broken man. And you probably wouldn't be able to tell that if you met me. I had a good job at a well-respected academic institution. I dressed well, of course. But my insides were rotting away. You see, I grew up in a family riddled with addiction, and as a kid, I also struggled with coming to terms with my own sexuality. And even though I couldn't name it then, growing up as a gay kid just compounded my issues of isolation and insecurities. But drinking took all of that away.

Like many, I drank at an early age. I continued to drink my way through college. And when I finally did come out in the early 1980s, about the only places to meet other gay people, to socialize, to be yourself, were gay bars. And what do you do in gay bars? You drink. And I did -- a lot.

My story is not unique. Like millions of Americans, my disease progressed undiagnosed. It took me to people and places and things that I never would have chosen. It wasn't until an intersection with the law gave me an "opportunity" to get care, that I began my journey of recovery.

My journey of recovery has been filled with love and with joy, but it hasn't been without pain. Like many of you, I've lost too many friends and family to this disease. I've heard too many heartbreaking stories of people who've lost loved ones to addiction. And I've also lost countless friends to HIV and AIDS.

Our current opioid epidemic and the AIDS epidemic tragically have much in common. Right now, we are in the midst of one of the greatest health crises of our time. During 2014 alone,28,000 people died of drug overdoses associated with prescription drugs and heroin. During the 1980s, scores of people were dying from HIV and AIDS. Public officials ignored it. Some wouldn't even utter the words. They didn't want treatment. And tragically, there are many parallels with our current epidemic. Some called it the gay plague. They called for quarantines. They wanted to separate the innocent victims from the rest of us. I was afraid we were losing this battle because people were blaming us for being sick. Public policy was being held hostage by stigma and fear, and also held hostage were compassion, care, research, recovery and treatment.

But we changed all that. Because out of the pain of those deaths, we saw a social and political movement. AIDS galvanized us into action; to stand up, to speak up and to act out. And it also galvanized the LGBT movement. We knew we were in a battle for our lives because silence equaled death, but we changed, and we made things happen. And right now, we have the potential to see the end of HIV/AIDS in our lifetime. These changes came in no small part by the courageous, yet simple decision for people to come out to their neighbors, to their friends, to their families and to their coworkers.

Years ago, I was a volunteer for the Names Project. This was an effort started by Cleve Jones in San Francisco to show that people who died of AIDS had names and faces and families and people who loved them. I still recall unfolding the AIDS memorial quilt on the National Mall on a brilliant day in October,1988.

So fast forward to 2015. The Supreme Court's decision to strike down the ban on same-sex marriage. My husband, Dave, and I walk over to the steps of the Supreme Court to celebrate that decision with so many other people, and I couldn't help but think how far we came around LGBT rights and yet how far we needed to go around issues of addiction.

When I was nominated by President Obama to be his Director of Drug Policy, I was very open about my recovery and about the fact that I was a gay man. And at no point during my confirmation process -- at least that I know of -- did the fact that I was a gay man come to bear on my candidacy or my fitness to do this job. But my addiction did. At one point, a congressional staffer said that there was no way that I was going to be confirmed by the United States Senate because of my past, despite the fact that I had been in recovery for over 20 years, and despite the fact that this job takes a little bit of knowledge around addiction.

(Laughter)

So, you know, this is the stigma that people with substance use disorders face every single day, and you know, I have to tell you it's still why I'm more comfortable coming out as a gay man than I am as a person with a history of addiction.

Nearly every family in America is affected by addiction. Yet, unfortunately, too often, it's not talked about openly and honestly. It's whispered about. It's met with derision and scorn. We hear these stories, time and time again, on TV, online, we hear it from public officials, and we hear it from family and friends. And those of us with an addiction, we hear those voices, and somehow we believe that we are less deserving of care and treatment. Today in the United States, only one in nine people get care and treatment for their disorder. One in nine. Think about that.

Generally, people with other diseases get care and treatment. If you have cancer, you get treatment, if you have diabetes, you get treatment. If you have a heart attack, you get emergency services, and you get referred to care. But somehow people with addiction have to wait for treatment or often can't get when they need it. And left untreated, addiction has significant, dire consequences. And for many people that means death or incarceration. We've been down that road before.

For too long our country felt like we could arrest our way out of this problem. But we know that we can't. Decades of scientific research has shown that this is a medical issue -- that this is a chronic medical condition that people inherit and that people develop.

So the Obama administration has taken a different tack on drug policy. We've developed and implemented a comprehensive plan to expand prevention services, treatment services, early intervention and recovery support. We've pushed criminal justice reform. We've knocked down barriers to give people second chances. We see public health and public safety officials working hand in hand at the community level. We see police chiefs across the country guiding people to treatment instead of jail and incarceration. We see law enforcement and other first responders reversing overdoses with naloxone to give people a second chance for care. The Affordable Care Act is the biggest expansion of substance use disorder treatment in a generation, and it also calls for the integration of treatment services within primary care. But fundamentally, all of this work is not enough. Unless we change the way that we view people with addiction in the United States.

Years ago when I finally understood that I had a problem and I knew that I needed help, I was too afraid to ask for it. I felt that people would think I was stupid, that I was weak-willed, that I was morally flawed. But I talk about my recovery because I want to make change. I want us to see that we need to be open and candid about who we are and what we can do. I am public about my own recovery not to be self-congratulatory. I am open about my own recovery to change public opinion, to change public policy and to change the course of this epidemic and empower the millions of Americans who struggle with this journey to be open and candid about who they are. People are more than their disease. And all of us have the opportunity to change public opinion and to change public policy.

All of us know someone who has an addiction, and all of us can do our part to change how we view people with addiction in the United States. So when you see someone with an addiction, don't think of a drunk or a junkie or an addict or an abuser -- see a person; offer them help; give them kindness and compassion. And together, we can be part of a growing movement in the United States to change how we view people with addiction.

Together we can change public policy. We can ensure that people get care when they need it, just like any other disease. We can be part of a growing, unstoppable movement to have millions of Americans enter recovery, and put an end to this epidemic.

Thank you very much.

(Applause)

28年前 私の心は病んでいました おそらく 私と会っても そうとは気づかなかったでしょう 私は権威ある 教育機関に勤めていました もちろん きちんとした服装で しかし 内面は腐りきっていました お察しのように 私は依存症の巣食う家庭で育ち 子どもながらに 自分の性を受け入れるのに 悩み苦しみました 当時は自分でも何と呼んだらいいか 分からないまま ― 同性愛者として成長しましたが それはただ孤独と不安の問題を 悪化させるだけでした 酒を飲むとすべて忘れられました

多くの人と同様 私も若い頃に飲みはじめ 大学時代もずっと飲み続けました そして 1980年代前半にやっと カムアウトしたのです 他の同性愛者の人々と会い 知り合い 仲間となじめる ― 唯一の場所がゲイ・バーでした ゲイ・バーで何をするのか? 酒を飲みます 私も飲みました たくさん飲みました

ありふれた話です 多くのアメリカ人同様 私の病気は診断されずに進行しました 流されるままに いろんな人々や場所 事柄へと 導かれました 治療を受ける「機会」を与えてくれる ― 法律に出会うまで 私の回復への旅は 始まりませんでした

回復への旅は 愛と喜びにあふれていましたが 痛みを伴うものでした 皆さんのように 私は数多くの友人 家族を この病気で失いました 依存症のために愛する人を失った人々の悲話を 数多く聞いてきました そして 数えきれないほどの友人を HIV/AIDSで失いました

現在のオピオイドの濫用やAIDS流行には 悲しいことに多くの共通点があります 今 われわれはこの時代最大の 公衆衛生の危機の真っただ中にいます 2014年の1年だけで 2万8千人が 処方薬やヘロインの過剰摂取により 亡くなっています 1980年代には 多くの人々が HIV/AIDSで死んでいきました 役人たちはそれを無視したのです そのことに言及しない人さえいました 治療したくなかったのです そして悲しいことに現在の流行には 多くの類似点があります ゲイの疫病だという人もいます 隔離を要求してきます 私たちから罪のない犠牲者を 隔離したいのです 人々は私たちを 病気であると非難するので 私はこの戦いに敗れるのではないかと 心配していました 公共政策は汚名や恐怖で 人質に取られました そしてまた 同情、医療ケア 研究、回復、治療も人質にされています

しかしすべてが変わりました それらの死の痛みの中に 社会的で政治的な運動の始まりが 見出されたからです AIDSは私たちを行動へと駆り立てました 立ち上がり、声をあげ、行動で示しました LGBT運動も活気づけました 沈黙は死と等しいのだから 自分の命のために 闘うのだと分かっていました そして 私たちは変化をもたらし 多くのことを成功させました 今では 私たちが生きている間に HIV/AIDSの終焉がやってくる 兆しが見えてきました これらの変化は少なからず カミングアウトして戦うという 勇敢でシンプルな決断によって もたらされました 近所の人々や友人 家族 同僚に対しての カミングアウトです

何年も前 私はNamesプロジェクトで ボランティアをしていました クリーブ・ジョーンズが サンフランシスコで始めた取り組みで AIDSで亡くなった人々にも名前があり 顔があり 家族はもちろん 彼らを愛する人々がいることを 訴えるものです 1988年10月の快晴の日に ナショナル・モールで行われた AIDS記念キルト披露式は 記憶に新しいものです

2015年まで話を進めましょう 最高裁判所の結審は 同性婚の禁止を無効としました 私は夫のデイブと最高裁判所への階段を歩み その他大勢の人々とこの結果を喜びました LGBTの権利が認められるまで 長い道のりだった一方で 依存症問題については どれほど長い道のりが 必要なのかを考えずにいられませんでした

私がオバマ前大統領によって 薬物対策管理局長に任命されたときは 自分の回復や自分がゲイである事実について とてもオープンでした 上院での承認の過程において 少なくとも私の知る限り 私の局長職への候補資格や適正に関わって ゲイであることは 問題にされませんでした しかし依存症歴は問題でした ある時点で 議会職員からは その過去を理由に 上院での承認を得る可能性はまったくないと 言われたほどです 私が依存症から立ち直って 20年以上も経ているにもかかわらず この仕事では依存症の知識が 少し必要であるにもかかわらずです

(笑)

だからこれは 薬物依存症の人々が 日々 直面している ― 「烙印」なのです それでも なぜ私は 依存症の過去を持つ人間であるというより ゲイであると告白する方が 苦にならないのかを 話しておきましょう

アメリカでは ほぼすべての家庭が 依存症に悩まされています 残念ながら 往々にして それが 率直に正直に語られることはありません ささやかれます 軽蔑をもって扱われ 冷笑されるのです そんなことが繰り返し テレビやネットから聞こえてきます 役人からも家族や友人からも 聞こえてきます 依存症を持つ私たちは それらの声を聞いて 何となく医療ケアや治療を受ける 資格はないと思ってしまうのです 現在 アメリカでは 9人に1人しか この「病気」への治療を受けていません 9人に1人です 考えてみて下さい

一般的に その他の病気の人々は 医療ケアや治療を受けています がんが見つかれば 治療を受けます 糖尿病でも治療を受けます 心臓発作が起きれば 救命医療が施されます しかし どういうわけか 依存症の人々は治療を待たされ 必要なときに受けられないことも多いのです 治療されず放置されると 依存症は重症になり 悲惨な結果に至ります 多くが死んだり 収監されたりすることになります 私たちはその道を辿ってきました

あまりにも長い間 国家は 私たちが自力で依存症から 抜けだせるとみなしているようでした そんなことはできません 数十年に及ぶ科学研究により これは医学の問題であり 遺伝性の慢性疾患であり 遺伝的に受け継ぐことも 生後 発症することがあることも分かりました

そこで オバマ政権は薬物管理政策で 今までとは異なる方針を取りました 包括的な計画を立て 実行し 予防サービスや治療サービス 早期治療介入や 回復支援を拡大しました 刑法改革も推し進めました 第2のチャンスを与えるために 障壁を取り除きました 公衆衛生や市民の安全を担当する役人が 地域社会規模で手に手をとって 取り組みました 全国の警察署長が 人々を刑務所や収監所でなはく 治療へと導きました 警察やその他の第一対応者は ナロキソン(麻薬拮抗薬)を投与して 中毒症状を除き再起のチャンスを与えました 医療費負担適正化法は 薬物使用障害の治療に関して この時代で最も大きな進展であり かかりつけ医に 薬物使用障害の治療の役目を兼ねることを要請しました しかし 根本的に 依存症の人々への見方を ここアメリカで変えない限り この活動は 十分とは言えません

以前 私が問題を抱えていると やっと自覚し 助けが必要だと思ったとき 怖くて助けを求められませんでした 愚かで意志が弱く 道徳的に欠陥があると 思われることを恐れたのです でも私は 変化を起こしたいので 自分の回復について話をします 私たちの在り方やできることに オープンに そして率直になるべきだと 気づいて欲しいのです 自己満足にならないよう 私は自らの回復を公表します 世論を変えるために 政策を変えるために この「流行病」の進路が変わり 彼らの在り方をオープンで 率直にしようと悩んでいる ― 何百万人ものアメリカ人を力づけるために 自らの回復を公表しています 人々は 彼らの持つ疾患以上の存在です 私たちには 世論を変える機会 政策を変える機会があります

皆 依存症の誰かを知っています 依存症を持つ人々への見方を 変えるために それぞれに役割を果たすことができます だから 依存症を持つ人に会ったら 酔っぱらいや麻薬常習者 中毒者や薬物乱用者だと思わず その人を見てください 手を差し伸べてください 思いやりや同情を与えてください そして共にアメリカで 拡大している運動の一部になりましょう 依存症を持つ人々への偏見を変えるのです

共に政策を変えましょう 他の病気と同様 必要なときに治療を受けられることを 保証するのです 私たちは成長し 止めることのできない 運動の一部になるのです 何百万人ものアメリカ人を 回復へと導きましょう そして この「流行病」を終わらせるのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画