TED日本語 - ペイシェンス・ムトゥンジ: レーザー技術でエイズは治せるのか?

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ペイシェンス・ムトゥンジ: レーザー技術でエイズは治せるのか?

TED Talks

レーザー技術でエイズは治せるのか?
Could we cure HIV with lasers?
ペイシェンス・ムトゥンジ
Patience Mthunzi

内容

病気になった際に、錠剤を飲むのは手っ取り早く痛みも伴いませんが、それは、全面的に効果的な治療法とは言えません。なにかもっと効果的な方法はないものだろうか?そうだ、レーザーだ!TED仲間であるペイシェンス・ムトゥンジが、レーザーを用いて、直接薬をエイズウイルスに感染した細胞に送り込むアイデアを熱弁します。まだ初期の段階ですが、この技術が日の目を見る日は来るのでしょうか?

Script

What do you do when you have a headache? You swallow an aspirin. But for this pill to get to your head, where the pain is, it goes through your stomach, intestines and various other organs first.

Swallowing pills is the most effective and painless way of delivering any medication in the body. The downside, though, is that swallowing any medication leads to its dilution. And this is a big problem, particularly in HIV patients. When they take their anti-HIV drugs, these drugs are good for lowering the virus in the blood, and increasing the CD4 cell counts. But they are also notorious for their adverse side effects, but mostly bad, because they get diluted by the time they get to the blood, and worse, by the time they get to the sites where it matters most: within the HIV viral reservoirs. These areas in the body -- such as the lymph nodes, the nervous system, as well as the lungs -- where the virus is sleeping, and will not readily get delivered in the blood of patients that are under consistent anti-HIV drugs therapy. However, upon discontinuation of therapy, the virus can awake and infect new cells in the blood.

Now, all this is a big problem in treating HIV with the current drug treatment, which is a life-long treatment that must be swallowed by patients. One day, I sat and thought, "Can we deliver anti-HIV directly within its reservoir sites, without the risk of drug dilution?" As a laser scientist, the answer was just before my eyes: Lasers, of course. If they can be used for dentistry, for diabetic wound-healing and surgery, they can be used for anything imaginable, including transporting drugs into cells.

As a matter of fact, we are currently using laser pulses to poke or drill extremely tiny holes, which open and close almost immediately in HIV-infected cells, in order to deliver drugs within them. "How is that possible?" you may ask. Well, we shine a very powerful but super-tiny laser beam onto the membrane of HIV-infected cells while these cells are immersed in liquid containing the drug. The laser pierces the cell, while the cell swallows the drug in a matter of microseconds. Before you even know it, the induced hole becomes immediately repaired.

Now, we are currently testing this technology in test tubes or in Petri dishes, but the goal is to get this technology in the human body, apply it in the human body. "How is that possible?" you may ask. Well, the answer is: through a three-headed device. Using the first head, which is our laser, we will make an incision in the site of infection. Using the second head, which is a camera, we meander to the site of infection. Finally, using a third head, which is a drug-spreading sprinkler, we deliver the drugs directly at the site of infection, while the laser is again used to poke those cells open.

Well, this might not seem like much right now. But one day, if successful, this technology can lead to complete eradication of HIV in the body. Yes. A cure for HIV. This is every HIV researcher's dream -- in our case, a cure lead by lasers.

Thank you.

(Applause)

皆さんは 頭痛がある時どうしますか? アスピリンを飲みますよね でも この錠剤が頭痛に 効果をもたらすために 最初に胃 そして腸や その他様々な内臓器官を通ります

錠剤を飲む事は 薬を 体内に取り込む為の 最も効果的で 痛みを伴わない方法です ただ 飲み薬は体内で希釈されて しまうという欠点があります これは エイズ患者に とっては大きな問題です エイズ治療薬を飲むと その薬は血液中の ウイルス濃度を低め CD4細胞の数を増やしますが 有害な副作用がある事でも有名です それだけではなく 薬が血液に 到達するまでの間に さらに悪い事に 体内で最も肝心な部位 つまり エイズウイルスが巣くう場所に 到達する前に希釈されてしまうのです 体内のリンパ節や 神経系 そして肺に エイズウイルスは眠っていますが 継続的に抗エイズ薬を 摂取していても 血液を介してでは 成分がうまく運ばれないのです しかし その治療を中断すると 今度はウイルスが覚醒し 血中の 細胞に感染してしまいます

これは 現代の抗エイズ薬による 治療法においてとても大きな問題です 患者は 一生その薬を飲み続けなければ ならないのです ある日私は じっくり考えてみました 「エイズウイルスの巣くう場所に 効果が弱まるというリスク無しで なんとか直接到達し 撃退する 方法はないのだろうか?」 私はレーザー科学者です ですので 答えはすぐ目の前にありました そうだ レーザーを使えばいいんだ! もし レーザーが歯科治療や 糖尿患者の創傷治癒遅延の対策や 手術に使えるのならば 沢山の事に応用できるはず たとえば薬品の成分を細胞まで 届ける事も可能かもしれない

実際のところ現在 超短パルスレーザー というものを使い ウイルスに感染した細胞に 微小な穴を 開ける実験が行われています レーザーを用いて 瞬間的に 開閉する穴をつくることで 有効成分を細胞内に 送り込む仕組みです それが いかにして可能なのか? つまりこういう事です 非常に強力で尚且つ微小なレーザーを エイズウイルスに感染した 細胞膜に照射します それらの細胞は 薬を含む液体に 浸っているところを照射されるので レーザーで穴をあけることで 成分が中まで浸透するのです それは一瞬のうちに起こります あっという間に 細胞にあいた穴は修復されます

この技術は現在 まだ試験管や ペトリ皿上で実験されている段階ですが 私たちの目標は この技術を 人体のために利用する事 実際に人間の体に この技術を活かす事です それが いかにして可能なのか? 三又の器具 これが答えです 一つ目の道具は レーザーです 感染している部位を切り開きます 二つ目の道具 カメラを使い 感染部位までなんとか 蛇行し たどり着きます そして最後の道具 薬を撒き散らす スプリンクラーを利用し 感染部位に直接薬を送り込みます その間レーザーが照射し 細胞に微小な穴をあけるのです

現時点ではまだ初期の 段階にありますが もし成功すれば この技術はいつか エイズウイルスを完全に撃退する事を 可能にしてくれる事でしょう そう エイズの治療法です これは 全てのエイズ研究者たちの夢であり 私たちにおいて言えば レーザーが 導き出してくれる治療法なのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画