TED日本語 - マリーン・マッケーナ: 抗生物質が効かなくなったらどうすればよいのか?

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - マリーン・マッケーナ: 抗生物質が効かなくなったらどうすればよいのか?

TED Talks

抗生物質が効かなくなったらどうすればよいのか?
What do we do when antibiotics don't work any more?
マリーン・マッケーナ
Maryn McKenna

内容

ペニシリンは全てを変えました。かつては死に至っていた感染症が、迅速に治療出来るようになったのです。しかし、マリーン・マッケーナがこの真剣なトークの中で語っているように、私たちは、ペニシリンと後継の抗生物質によって獲得した利点を無駄遣いしてしまいました。耐性菌の存在は、私たちが「抗生物質以後の世界」に入りつつあることを意味しています。それは快い世界ではありません。しかしながら、私たちには出来る事があるのです・・・今すぐに始めるのであれば。

Script

This is my great uncle, my father's father's younger brother. His name was Joe McKenna. He was a young husband and a semi-pro basketball player and a fireman in New York City. Family history says he loved being a fireman, and so in 1938, on one of his days off, he elected to hang out at the firehouse. To make himself useful that day, he started polishing all the brass, the railings on the fire truck, the fittings on the walls, and one of the fire hose nozzles, a giant, heavy piece of metal, toppled off a shelf and hit him. A few days later, his shoulder started to hurt. Two days after that, he spiked a fever. The fever climbed and climbed. His wife was taking care of him, but nothing she did made a difference, and when they got the local doctor in, nothing he did mattered either.

They flagged down a cab and took him to the hospital. The nurses there recognized right away that he had an infection, what at the time they would have called "blood poisoning," and though they probably didn't say it, they would have known right away that there was nothing they could do.

There was nothing they could do because the things we use now to cure infections didn't exist yet. The first test of penicillin, the first antibiotic, was three years in the future. People who got infections either recovered, if they were lucky, or they died. My great uncle was not lucky. He was in the hospital for a week, shaking with chills, dehydrated and delirious, sinking into a coma as his organs failed. His condition grew so desperate that the people from his firehouse lined up to give him transfusions hoping to dilute the infection surging through his blood.

Nothing worked. He died. He was 30 years old.

If you look back through history, most people died the way my great uncle died. Most people didn't die of cancer or heart disease, the lifestyle diseases that afflict us in the West today. They didn't die of those diseases because they didn't live long enough to develop them. They died of injuries -- being gored by an ox, shot on a battlefield, crushed in one of the new factories of the Industrial Revolution -- and most of the time from infection, which finished what those injuries began.

All of that changed when antibiotics arrived. Suddenly, infections that had been a death sentence became something you recovered from in days. It seemed like a miracle, and ever since, we have been living inside the golden epoch of the miracle drugs.

And now, we are coming to an end of it. My great uncle died in the last days of the pre-antibiotic era. We stand today on the threshold of the post-antibiotic era, in the earliest days of a time when simple infections such as the one Joe had will kill people once again.

In fact, they already are. People are dying of infections again because of a phenomenon called antibiotic resistance. Briefly, it works like this. Bacteria compete against each other for resources, for food, by manufacturing lethal compounds that they direct against each other. Other bacteria, to protect themselves, evolve defenses against that chemical attack. When we first made antibiotics, we took those compounds into the lab and made our own versions of them, and bacteria responded to our attack the way they always had.

Here is what happened next: Penicillin was distributed in 1943, and widespread penicillin resistance arrived by 1945. Vancomycin arrived in 1972, vancomycin resistance in 1988. Imipenem in 1985, and resistance to in 1998. Daptomycin,one of the most recent drugs, in 2003, and resistance to it just a year later in 2004.

For 70 years, we played a game of leapfrog -- our drug and their resistance, and then another drug, and then resistance again -- and now the game is ending. Bacteria develop resistance so quickly that pharmaceutical companies have decided making antibiotics is not in their best interest, so there are infections moving across the world for which, out of the more than 100 antibiotics available on the market,two drugs might work with side effects, or one drug, or none.

This is what that looks like. In 2000, the Centers for Disease Control and Prevention, the CDC, identified a single case in a hospital in North Carolina of an infection resistant to all but two drugs. Today, that infection, known as KPC, has spread to every state but three, and to South America, Europe and the Middle East. In 2008, doctors in Sweden diagnosed a man from India with a different infection resistant to all but one drug that time. The gene that creates that resistance, known as NDM, has now spread from India into China, Asia, Africa, Europe and Canada, and the United States.

It would be natural to hope that these infections are extraordinary cases, but in fact, in the United States and Europe,50,000 people a year die of infections which no drugs can help. A project chartered by the British government known as the Review on Antimicrobial Resistance estimates that the worldwide toll right now is 700,000 deaths a year.

That is a lot of deaths, and yet, the chances are good that you don't feel at risk, that you imagine these people were hospital patients in intensive care units or nursing home residents near the ends of their lives, people whose infections are remote from us, in situations we can't identify with.

What you didn't think about, none of us do, is that antibiotics support almost all of modern life.

If we lost antibiotics, here's what else we'd lose: First, any protection for people with weakened immune systems -- cancer patients, AIDS patients, transplant recipients, premature babies.

Next, any treatment that installs foreign objects in the body: stents for stroke, pumps for diabetes, dialysis, joint replacements. How many athletic baby boomers need new hips and knees? A recent study estimates that without antibiotics,one out of ever six would die.

Next, we'd probably lose surgery. Many operations are preceded by prophylactic doses of antibiotics. Without that protection, we'd lose the ability to open the hidden spaces of the body. So no heart operations, no prostate biopsies, no Cesarean sections. We'd have to learn to fear infections that now seem minor. Strep throat used to cause heart failure. Skin infections led to amputations. Giving birth killed, in the cleanest hospitals, almost one woman out of every 100. Pneumonia took three children out of every 10.

More than anything else, we'd lose the confident way we live our everyday lives. If you knew that any injury could kill you, would you ride a motorcycle, bomb down a ski slope, climb a ladder to hang your Christmas lights, let your kid slide into home plate? After all, the first person to receive penicillin, a British policeman named Albert Alexander, who was so ravaged by infection that his scalp oozed pus and doctors had to take out an eye, was infected by doing something very simple. He walked into his garden and scratched his face on a thorn. That British project I mentioned which estimates that the worldwide toll right now is 700,000 deaths a year also predicts that if we can't get this under control by 2050, not long, the worldwide toll will be 10 million deaths a year.

How did we get to this point where what we have to look forward to is those terrifying numbers? The difficult answer is, we did it to ourselves. Resistance is an inevitable biological process, but we bear the responsibility for accelerating it. We did this by squandering antibiotics with a heedlessness that now seems shocking. Penicillin was sold over the counter until the 1950s. In much of the developing world, most antibiotics still are. In the United States,50 percent of the antibiotics given in hospitals are unnecessary. Forty-five percent of the prescriptions written in doctor's offices are for conditions that antibiotics can not help. And that's just in healthcare. On much of the planet, most meat animals get antibiotics every day of their lives, not to cure illnesses, but to fatten them up and to protect them against the factory farm conditions they are raised in. In the United States, possibly 80 percent of the antibiotics sold every year go to farm animals, not to humans, creating resistant bacteria that move off the farm in water, in dust, in the meat the animals become. Aquaculture depends on antibiotics too, particularly in Asia, and fruit growing relies on antibiotics to protect apples, pears, citrus, against disease. And because bacteria can pass their DNA to each other like a traveler handing off a suitcase at an airport, once we have encouraged that resistance into existence, there is no knowing where it will spread.

This was predictable. In fact, it was predicted by Alexander Fleming, the man who discovered penicillin. He was given the Nobel Prize in 1945 in recognition, and in an interview shortly after, this is what he said:

"The thoughtless person playing with penicillin treatment is morally responsible for the death of a man who succumbs to infection with a pencillin-resistant organism." He added, "I hope this evil can be averted."

Can we avert it? There are companies working on novel antibiotics, things the superbugs have never seen before. We need those new drugs badly, and we need incentives: discovery grants, extended patents, prizes, to lure other companies into making antibiotics again.

But that probably won't be enough. Here's why: Evolution always wins. Bacteria birth a new generation every 20 minutes. It takes pharmaceutical chemistry 10 years to derive a new drug. Every time we use an antibiotic, we give the bacteria billions of chances to crack the codes of the defenses we've constructed. There has never yet been a drug they could not defeat.

This is asymmetric warfare, but we can change the outcome. We could build systems to harvest data to tell us automatically and specifically how antibiotics are being used. We could build gatekeeping into drug order systems so that every prescription gets a second look. We could require agriculture to give up antibiotic use. We could build surveillance systems to tell us where resistance is emerging next.

Those are the tech solutions. They probably aren't enough either, unless we help. Antibiotic resistance is a habit. We all know how hard it is to change a habit. But as a society, we've done that in the past. People used to toss litter into the streets, used to not wear seatbelts, used to smoke inside public buildings. We don't do those things anymore. We don't trash the environment or court devastating accidents or expose others to the possibility of cancer, because we decided those things were expensive, destructive, not in our best interest. We changed social norms. We could change social norms around antibiotic use too.

I know that the scale of antibiotic resistance seems overwhelming, but if you've ever bought a fluorescent lightbulb because you were concerned about climate change, or read the label on a box of crackers because you think about the deforestation from palm oil, you already know what it feels like to take a tiny step to address an overwhelming problem. We could take those kinds of steps for antibiotic use too. We could forgo giving an antibiotic if we're not sure it's the right one. We could stop insisting on a prescription for our kid's ear infection before we're sure what caused it. We could ask every restaurant, every supermarket, where their meat comes from. We could promise each other never again to buy chicken or shrimp or fruit raised with routine antibiotic use, and if we did those things, we could slow down the arrival of the post-antibiotic world.

But we have to do it soon. Penicillin began the antibiotic era in 1943. In just 70 years, we walked ourselves up to the edge of disaster. We won't get 70 years to find our way back out again.

Thank you very much.

(Applause)

これは私の大叔父です 私の父の父の弟で 名前は ジョー・マッケーナでした 彼は若い夫で セミプロのバスケの選手でした そしてニューヨーク市の消防士でした 家族の記録によると 大の仕事好きだったようで 1938年に非番だったある日も 消防署で時間をつぶすことにしました その日を無駄にしないように 彼は全ての真鍮 ― トラック車体の手すり 壁面の付属器具 ― を磨き始めました すると 消火用のホースの先端の 大きく重い金属片が 棚から落ちて 彼を直撃しました 数日後 彼の肩は痛み始めました その2日後 熱が急に出ました 熱はどんどん上昇し 妻は彼の看病をしましたが 容体は全く変わらず 地元の医師に診てもらっても 何の変化も見られませんでした

家族はタクシーを止め 彼を病院まで連れて行きました 看護師は即座に彼が感染症に 罹患していると判断しました 当時病院では「敗血症」と 呼んでいたかもしれません おそらく口には出さなかったでしょうが 医師たちはすぐに 自分たちに出来る事は何もないと 分かったででしょう

それは現在私たちが 感染症を治療するために 使用しているものが まだ存在しなかったからです ペニシリンや抗生物質の最初の実験は 3年後だったのです 感染症に罹患した人々は 幸運にも回復するか 死亡するかでした 私の大叔父は運に恵まれませんでした 彼は一週間入院し 寒気に震え 脱水症状となり 錯乱状態でした 臓器不全となり昏睡状態に陥りました 状態が非常に絶望的になった為 消防署の人々が列をなして 彼に輸血をしました 血液中に急増している細菌を 少しでも薄めようとしましたが

何の効果も見られず 彼は亡くなりました 30歳でした

歴史を溯ってみれば 殆どの人々が 私の大叔父のように亡くなっていきました 殆どの人々は 今日西洋で私たちを苦しめている 癌や心臓病といった生活習慣病で 亡くなることはありませんでした 彼らが こうした病気で亡くならなかったのは その病気に罹る程 長生きをしなかったからです 彼らは負傷によって死んだのです ― おので怪我をしたり 戦場で銃撃されたり 産業革命の新しい工場の一つで 事故をおこしたりすると たいていの場合 その傷から始まる感染症が 命を奪ったのです

抗生物質が登場してから この全てが変わりました 「死の宣告」であった感染症が 突然 数日で回復するものとなったのです 奇跡のように思われました それ以来私たちは奇跡の薬による 黄金期の中で 生き続けてきました

そして今 その時代も 終わりを迎えようとしています 私の大叔父は「抗生物質以前の時代」 の最後に亡くなったのです 私たちは今日「抗生物質以後が終わった時代」 との境界に立っています それはジョー叔父さんが 罹ったような単純な感染が 再び人を死に至らしめる時代の始まりです

現にそれは既に存在しているのです 薬剤耐性と呼ばれる現象の為に 再び感染症で死んでいく人がいるのです 端的に言うと それはこういう事です バクテリアは 互いを阻害する 致死性の化合物を作る事によって 互いにエサや供給源を求めて 争うものです バクテリアの中には 身を守る為に この化学物質による攻撃に対する 防衛を進化させるものもあります 私たちが初めて抗生物質を作った時 それらの化合物を実験室に持ち込み その誘導体を作りました するとバクテリアはいつものように 我々の攻撃に反応しました

次に起こったのは これです 1943年にペニシリンが使用されると その耐性菌が1945年までに現れ あまねく広がりました バンコマイシンは1972年に登場し 1988年にはその耐性菌が出現しました イミペネムは1985年に登場し 1998年には耐性菌が出現しました 最も新しい薬の一つである ダプトマイシンは2003年に作られ 翌年の2004年には その耐性菌が出来ました

70年間 私たちは いたちごっこをしてきました 我々の薬に耐性菌が現れ ― 次の薬 次の耐性菌 今ゲームは終わりかけています バクテリアが あまりにも早く耐性を獲得するので 製薬会社は抗生剤を作る事が 自分たちの利益にならないと判断したのです それで感染症が世界中に広まり その為市場に流通する 100種類以上の 抗生物質の中で 2種類が効くけれど副作用がある感染症 1種類しか効かないもの ひとつも効かないものもあります

それはこんな状況です 2000年にアメリカ疾病管理予防センター(CDC)は ノースカロライナ州の病院で ある一つの症例を確認しました それは2つの薬以外の全てに 耐性菌を示す感染症でした 今日 KPCとして知られるその感染症は 3つの州を除くアメリカ全土 南アメリカ、ヨーロッパ、中東の あらゆる場所に広がっています 2008年にスウェーデンの医師は インド出身の男性に当時 一つの薬を除くすべてに 耐性を示す 別の感染症の診断を下しました その耐性を生み出す遺伝子は NDMとして知られていますが 現在インドから中国、アジア、アフリカ ヨーロッパ、カナダ、アメリカ合衆国に 広がっています

その感染症が特殊な症例であると 願うのは当然かもしれません しかし実際は アメリカとヨーロッパにおいて 年間5万人の人々が どんな薬も効かない感染症で 亡くなっているのです イギリス政府によって 支援されたプロジェクトである Review on Antimicrobial Resistance の推計によると 今現在の世界中の犠牲者は 年間70万人で

それは大変な数なのですが 私たちには 危険を感じない可能性が 十分あるのです 犠牲者の方々は病院のICUに 入院する患者や 終末期のホスピスに入った患者であって その感染症は私たちから隔たったところで生じ 自分たちとは縁遠いと思いがちなのです

私たちが考えたこともなく 思いもよらないことに 抗生物質は現代の生活の殆ど全てを 支えているのです

もし抗生物質がなければ失うものを 挙げてみます まず免疫システムが弱い人への保護があります 癌患者、エイズ患者 臓器移植患者、未熟児等に対する保護

次にその体内に異物を留置する治療 ― 梗塞に対するステント治療 糖尿病に対するポンプ治療 透析、関節置換術です 逞しいベビーブーマーたちが新たな 人工股関節や人工膝関節を必要とします 最近の研究によると 抗生物質がなければ 6人に1人は命を落とすだろうと 言われています

次に来るのは おそらく手術が出来なくなることです 多くの手術は抗生物質の 予防投与がされています その保護がなければ 私たちは体の内部を 切開する能力を失うでしょう 心臓手術も出来なければ 前立腺生検も出来ず 帝王切開も出来ません 私たちは現在些細なものと考えている 感染症に注意するようにしなければなりません かつて 溶連菌喉頭炎は 心不全を引き起こしていました 皮膚感染症が肢切断に繋がりました 最も清潔な病院での 感染症による産婦の死亡は 100例に1例の割合で起こりました 肺炎では10人に3人の子供たちが 死亡しました

他の何よりも 私たちは日常生活を生きる上で 信頼できる方法を失うでしょう どんな怪我も死に繋がる 可能性があると知っているなら モーターバイクに乗ったり スキーでゲレンデを滑降したり クリスマスの照明を装飾するのに 梯子を上ったり 子どもに本塁まで滑り込ませますか? ペニシリン接種を最初に受けた アルバート・アレキサンダーという名の イギリスの警察官は 何しろ 至極簡単なことが原因で 感染しましたが 感染症がひどくなり 頭皮から膿が滲み出ており 眼球を摘出しなければなりませんでした 彼は 自分の庭に入っていくときに 棘で顔を引っかいたのです 前に挙げたイギリスのプロジェクトによると 現在世界中で死者が 年間70万人と推定され 2050年迄にこれを鎮圧出来なければ 間もなく死者は年間1千万人に 達するだろうとのことでした

こんな恐ろしい数字を 予見せざるを得ない状況に 至ったのはどうしてでしょう? 難解な答えですが 自分たちで行った事です 耐性獲得は生物的な過程として不可避ですが 私たちはそれを加速させた事に対する 責任があります 加速させたのは抗生物質の浪費によってです 今から振り返ると 恐ろしいほど無頓着でした ペニシリンは1950年代まで 店頭で販売されていました 開発途上国の多くでは 未だに大半の抗生物質を店で買えます アメリカでは病院で渡される 抗生物質の50%が 不必要なものです 医師の書く処方箋の45%が 抗生物質の効かない 状態に対するものです それは医療についてだけです この惑星に住むほとんどの食肉動物に 日常的に抗生物質が与えられています それは病気を治療するためではなく 動物を太らせ 飼育施設の環境から保護するためなのです アメリカでは毎年 売られた抗生物質の80%が 人間にではなく農場の動物に使われており 農場から流れ出る 水、ちり そして出荷される肉の中に 耐性菌が生まれるのです 特にアジアでは 魚介類の養殖も 抗生物質に頼っています りんご、梨、柑橘類を病気から守る為に 果実の生育を抗生物質に頼っています まるで旅行者が 空港で荷物を預けるように バクテリアは互いのDNAを 受け渡す事が出来るので 一旦私たちがその耐性を作らせてしまうと それがどこに広がるかは 分からないのです

これは予想可能な事でした 実際 それはペニシリンを発見した アレキサンダー・フレミングが 予測した事でした 彼は1945年にその発見が評価され ノーベル賞を受賞しました そのすぐ後のインタビューで 彼はこう語っています

「ペニシリン治療を弄ぶ 思慮のない人間は 道徳的見地から ペニシリン耐性菌による 感染症に倒れる人の死に責任を持っている」 又こう続けています 「この悪弊が避けられることを願う」

私たちはそれを回避 出来るでしょうか? 新しい抗生物質に 取り組んでいる会社があります それは「抗生物質が効かない菌」が 目にしたことのない程 強力な薬です そのような新薬がとても必要なのです 私たちにはインセンティブ ― 開発に対する助成金、特許条件の優遇 褒賞、他の会社が再び抗生物質を 作るように誘導すること等 ― が必要なのです

でもそれだけでは十分ではありません 何故か ― それはバクテリアの進化が 必ず勝利するからです バクテリアは20分ごとに 新しい世代を生み出しています 薬学が新たな薬を得るのには 10年かかります 私たちは抗生物質を使うたびに 耐性を獲得する何百万回もの機会を バクテリアに与えています バクテリアが打ち負かすことの 出来なかった薬は 未だに一つもないのです

これは非対称な戦いですが 結果を変えることは出来るのです 抗生物質の使われ方についてのデータを 自動的かつ具体的に 収集するシステムを 確立することが出来ます 私たちは薬剤注文システムに 関門を設定出来ます どの処方箋も 二重チェックされるようにです 私たちは農業に抗生物質を使うのを 止めるよう要求出来ます 何処に耐性菌が現れたかを 知らせる監視システムを 作ることが出来ます

これらは技術的な解決策です 皆さんの支援がなければ これだけでは不十分です 抗生物質の耐性は習慣から生じました 習慣を変えるのが至難の技なのは 周知のことです しかし実社会で 私たちはそれを過去に行ってきました 人々は街頭にゴミを放り投げ シートベルトを締めず 公共の建物の中で喫煙をしていました 今はそんな事はしません 私たちは環境を汚したり みすみす重大事故を起こしたり 他人を癌の可能性に曝したりしません それはこれらには金がかかり 有害で 自分たちにとって 都合が良いものではないと判断したからです 私たちは社会規範を変えたのです 抗生物質の規範も変える事が 出来るのです

抗生物質に対する耐性菌の出現は 圧倒的に大きな問題に思えますが 温暖化問題が心配だから 蛍光灯を買った事があったり パーム油のための 森林破壊が気になるから クラッカーの箱のラベルを 読んだことがあるなら 圧倒的な問題に立ち向かう 小さなステップを 歩む事がどんなものか 既に分かっているでしょう 私たちは抗生物質の使用に於いても このステップを歩む事が出来るのです 効果が確かでないなら 抗生物質なしで済ます事も出来るのです 子供の耳の感染症の原因が はっきりするまでは 抗生物質を求めるのを 控えることも出来ます どのレストランでも スーパーでも この肉はどこから来たのかと 尋ねることが出来ます 私たちは互いに こう約束します 抗生物質を常用して育ったチキンや 海老、果物は決して買わないと もしそれをするなら 「抗生物質が終わった世界」の到来を 遅らせる事が出来るのです

しかし私たちは迅速に それを行わなければなりません ペニシリンは1943年に 抗生物質の時代を開きました たった70年で 私たちは 大災害の縁まで歩んで来ました この困難を切り抜けるのに 私たちに70年という時間はないのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画