TED日本語 - リズ・コールマン: 今こそ革新的なリベラル・アーツ教育を

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - リズ・コールマン: 今こそ革新的なリベラル・アーツ教育を

TED Talks

今こそ革新的なリベラル・アーツ教育を
A call to reinvent liberal arts education
リズ・コールマン
Liz Coleman

内容

ベニントン大学学長リズ・コールマンが、大学教育における抜本的な改革の必要性を訴えます。彼女は、学生たちをますます狭い専門分野に押しやる風潮に反対し、全専門分野をダイナミックに連結させて現代の重大な問題に対処するような、真の学際的教育を提唱しています。

Script

College presidents are not the first people who come to mind when the subject is the uses of the creative imagination. So I thought I'd start by telling you how I got here.

The story begins in the late '90s. I was invited to meet with leading educators from the newly free Eastern Europe and Russia. They were trying to figure out how to rebuild their universities. Since education under the Soviet Union was essentially propaganda serving the purposes of a state ideology, they appreciated that it would take wholesale transformations if they were to provide an education worthy of free men and women. Given this rare opportunity to start fresh, they chose liberal arts as the most compelling model because of its historic commitment to furthering its students' broadest intellectual, and deepest ethical potential.

Having made that decision they came to the United States, home of liberal arts education, to talk with some of us most closely identified with that kind of education. They spoke with a passion, an urgency, an intellectual conviction that, for me, was a voice I had not heard in decades, a dream long forgotten. For, in truth, we had moved light years from the passions that animated them. But for me, unlike them, in my world, the slate was not clean, and what was written on it was not encouraging.

In truth, liberal arts education no longer exists -- at least genuine liberal arts education -- in this country. We have professionalized liberal arts to the point where they no longer provide the breadth of application and the enhanced capacity for civic engagement that is their signature. Over the past century the expert has dethroned the educated generalist to become the sole model of intellectual accomplishment. (Applause)

Expertise has for sure had its moments. But the price of its dominance is enormous. Subject matters are broken up into smaller and smaller pieces, with increasing emphasis on the technical and the obscure. We have even managed to make the study of literature arcane. You may think you know what is going on in that Jane Austen novel -- that is, until your first encounter with postmodern deconstructionism.

The progression of today's college student is to jettison every interest except one. And within that one, to continually narrow the focus, learning more and more about less and less; this, despite the evidence all around us of the interconnectedness of things. Lest you think I exaggerate, here are the beginnings of the A-B-Cs of anthropology. As one moves up the ladder, values other than technical competence are viewed with increasing suspicion. Questions such as, "What kind of a world are we making? What kind of a world should we be making? What kind of a world can we be making?" are treated with more and more skepticism, and move off the table.

In so doing, the guardians of secular democracy in effect yield the connection between education and values to fundamentalists, who, you can be sure, have no compunctions about using education to further their values: the absolutes of a theocracy. Meanwhile, the values and voices of democracy are silent. Either we have lost touch with those values or, no better, believe they need not or can not be taught. This aversion to social values may seem at odds with the explosion of community service programs. But despite the attention paid to these efforts, they remain emphatically extracurricular. In effect, civic-mindedness is treated as outside the realm of what purports to be serious thinking and adult purposes. Simply put, when the impulse is to change the world, the academy is more likely to engender a learned helplessness than to create a sense of empowerment.

This brew -- oversimplification of civic engagement, idealization of the expert, fragmentation of knowledge, emphasis on technical mastery, neutrality as a condition of academic integrity -- is toxic when it comes to pursuing the vital connections between education and the public good, between intellectual integrity and human freedom, which were at the heart -- (Applause) -- of the challenge posed to and by my European colleagues. When the astronomical distance between the realities of the academy and the visionary intensity of this challenge were more than enough, I can assure you, to give one pause, what was happening outside higher education made backing off unthinkable.

Whether it was threats to the environment, inequities in the distribution of wealth, lack of a sane policy or a sustainable policy with respect to the continuing uses of energy, we were in desperate straits. And that was only the beginning. The corrupting of our political life had become a living nightmare; nothing was exempt -- separation of powers, civil liberties, the rule of law, the relationship of church and state. Accompanied by a squandering of the nation's material wealth that defied credulity. A harrowing predilection for the uses of force had become commonplace, with an equal distaste for the alternative forms of influence. At the same time, all of our firepower was impotent when it came to halting or even stemming the slaughter in Rwanda, Darfur, Myanmar.

Our public education, once a model for the world, has become most noteworthy for its failures. Mastery of basic skills and a bare minimum of cultural literacy eludes vast numbers of our students. Despite having a research establishment that is the envy of the world, more than half of the American public don't believe in evolution. And don't press your luck about how much those who do believe in it actually understand it.

Incredibly, this nation, with all its material, intellectual and spiritual resources, seems utterly helpless to reverse the freefall in any of these areas. Equally startling, from my point of view, is the fact that no one was drawing any connections between what is happening to the body politic, and what is happening in our leading educational institutions. We may be at the top of the list when it comes to influencing access to personal wealth. We are not even on the list when it comes to our responsibility for the health of this democracy. We are playing with fire. You can be sure Jefferson knew what he was talking about when he said, "If a nation expects to be ignorant and free in a state of civilization, it expects what never was, and never will be." (Applause)

On a more personal note, this betrayal of our principles, our decency, our hope, made it impossible for me to avoid the question, "What will I say, years from now, when people ask, 'Where were you?'" As president of a leading liberal arts college, famous for its innovative history, there were no excuses. So the conversation began at Bennington. Knowing that if we were to regain the integrity of liberal education, it would take radical rethinking of basic assumptions, beginning with our priorities. Enhancing the public good becomes a primary objective. The accomplishment of civic virtue is tied to the uses of intellect and imagination at their most challenging.

Our ways of approaching agency and authority turn inside out to reflect the reality that no one has the answers to the challenges facing citizens in this century, and everyone has the responsibility for trying and participating in finding them. Bennington would continue to teach the arts and sciences as areas of immersion that acknowledge differences in personal and professional objectives. But the balances redressed, our shared purposes assume an equal if not greater importance.

When the design emerged it was surprisingly simple and straightforward. The idea is to make the political-social challenges themselves -- from health and education to the uses of force -- the organizers of the curriculum. They would assume the commanding role of traditional disciplines. But structures designed to connect, rather than divide mutually dependent circles, rather than isolating triangles. And the point is not to treat these topics as topics of study, but as frameworks of action. The challenge: to figure out what it will take to actually do something that makes a significant and sustainable difference.

Contrary to widely held assumptions, an emphasis on action provides a special urgency to thinking. The importance of coming to grips with values like justice, equity, truth, becomes increasingly evident as students discover that interest alone can not tell them what they need to know when the issue is rethinking education, our approach to health, or strategies for achieving an economics of equity. The value of the past also comes alive; it provides a lot of company. You are not the first to try to figure this out, just as you are unlikely to be the last. Even more valuable, history provides a laboratory in which we see played out the actual, as well as the intended consequences of ideas.

In the language of my students, "Deep thought matters when you're contemplating what to do about things that matter." A new liberal arts that can support this action-oriented curriculum has begun to emerge. Rhetoric, the art of organizing the world of words to maximum effect. Design, the art of organizing the world of things. Mediation and improvisation also assume a special place in this new pantheon. Quantitative reasoning attains its proper position at the heart of what it takes to manage change where measurement is crucial. As is a capacity to discriminate systematically between what is at the core and what is at the periphery.

And when making connections is of the essence, the power of technology emerges with special intensity. But so does the importance of content. The more powerful our reach, the more important the question "About what?" When improvisation, resourcefulness, imagination are key, artists, at long last, take their place at the table, when strategies of action are in the process of being designed. In this dramatically expanded ideal of a liberal arts education where the continuum of thought and action is its life's blood, knowledge honed outside the academy becomes essential. Social activists, business leaders, lawyers, politicians, professionals will join the faculty as active and ongoing participants in this wedding of liberal education to the advancement of the public good. Students, in turn, continuously move outside the classroom to engage the world directly.

And of course, this new wine needs new bottles if we are to capture the liveliness and dynamism of this idea. The most important discovery we made in our focus on public action was to appreciate that the hard choices are not between good and evil, but between competing goods. This discovery is transforming. It undercuts self-righteousness, radically alters the tone and character of controversy, and enriches dramatically the possibilities for finding common ground. Ideology, zealotry, unsubstantiated opinions simply won't do. This is a political education, to be sure. But it is a politics of principle, not of partisanship. So the challenge for Bennington is to do it.

On the cover of Bennington's 2008 holiday card is the architect's sketch of a building opening in 2010 that is to be a center for the advancement of public action. The center will embody and sustain this new educational commitment. Think of it as a kind of secular church. The words on the card describe what will happen inside. We intend to turn the intellectual and imaginative power, passion and boldness of our students, faculty and staff to developing strategies for acting on the critical challenges of our time.

So we are doing our job. While these past weeks have been a time of national exhilaration in this country, it would be tragic if you thought this meant your job was done. The glacial silence we have experienced in the face of the shredding of the constitution, the unraveling of our public institutions, the deterioration of our infrastructure is not limited to the universities. We the people have become inured to our own irrelevance when it comes to doing anything significant about anything that matters concerning governance, beyond waiting another four years. We persist also in being sidelined by the idea of the expert as the only one capable of coming up with answers, despite the overwhelming evidence to the contrary.

The problem is there is no such thing as a viable democracy made up of experts, zealots, politicians and spectators. (Applause) People will continue and should continue to learn everything there is to know about something or other. We actually do it all the time. And there will be and should be those who spend a lifetime pursuing a very highly defined area of inquiry. But this single-mindedness will not yield the flexibilities of mind, the multiplicity of perspectives, the capacities for collaboration and innovation this country needs. That is where you come in. What is certain is that the individual talent exhibited in such abundance here, needs to turn its attention to that collaborative, messy, frustrating, contentious and impossible world of politics and public policy. President Obama and his team simply can not do it alone.

If the question of where to start seems overwhelming you are at the beginning, not the end of this adventure. Being overwhelmed is the first step if you are serious about trying to get at things that really matter, on a scale that makes a difference. So what do you do when you feel overwhelmed? Well, you have two things. You have a mind. And you have other people. Start with those, and change the world.

(Applause)

豊かな想像力を用いることが話題になった時 大学の学長は 真っ先に 頭に浮かぶ部類の人間ではありません そこで私がこの取り組みに 携わるようになった経緯をお話しします

話は90年代後半にさかのぼります 私は 民主化されたばかりの ロシアや東欧の第一流の教育者と 会談する機会が与えられました 彼らは 自国の大学を いかに再建すべきか考えようとしていました 旧ソ連における教育は 事実上 国家のイデオロギーにかなうような プロパガンダだったので 彼らは 大規模な変革がなければ 自由な男女にふさわしい教育を 提供できないと理解していました 新しく始めるこの貴重な機会を受けて 彼らは最も説得的な 教育モデルとして リベラル・アーツを選んだのです というのは リベラル・アーツが 歴史的に 学生の幅広い知的能力と 深い倫理素質を最大限に 伸ばすものだったからです

彼らはそう決定し リベラル・アーツ教育の本場である アメリカにやって来て リベラル・アーツに最も密接に関わっている 私たち教育者の 何名かと会談しました 彼らは 情熱的にかつ切迫感をもって 知的信念を語りました それは 私にとって 過去数十年で聞いたことのなかった強い声であり 長いこと忘れ去られていた夢のようでした というのは 実際 アメリカの大学教育は 彼らを勇気づけた情熱からは ずっと遠ざかってしまっていたからなのです しかし 私の場合 白紙から教育改革をする彼らとは違って 既に「石板」に少なからず 書き込みがされており その内容は勇気づけられるようなものでは ありませんでした

実際 リベラル・アーツ教育は もはや存在しません 少なくとも 真のリベラル・アーツ教育は この国に存在しないのです 私たちは リベラル・アーツを専門化してしまい 固有の特徴である 応用性の幅広さと 市民参画を行う高い能力を もはや提供し得なくなっています 過去100年にわたり 専門家は教養ある一般職を退かせ 自分たちが知的成果の 唯一のモデルとなりました (拍手)

確かに 専門知識は重要です しかし その支配に伴って 大学が払う犠牲は大きなものです 学問分野は ますます細分化され 専門的で曖昧な知識が いっそう重要視されます 私たちは 文学研究さえも 難解にしてしまっています 皆さんは ジェイン・オースティンの小説を 理解していると思われるかもしれませんが それも ポストモダニズムの脱構築主義に 出会うまでのことなのです

現在の大学生は その進む道として 1つの専門以外のあらゆる興味を捨て その1つの専門の中でも絶えず焦点を狭め より少ない事に関して より多くを学んでいます いろいろな事柄が相互に 関わっているという証拠が 溢れているにもかかわらず このような事になっているのです 私が大袈裟に言っていると 思われてはいけませんから こちらの人類学入門の冒頭をご覧下さい 大学という組織で昇進するにつれ 専門的な能力以外の価値観には ますます疑いの眼が向けられます 例えば 研究課題として 「私たちはどんな世界を創っているのか? どんな世界を創るべきなのか? どんな世界を創ることができるのか?」 といった論点は ますます懐疑的な態度であしらわれ 取り上げられないのです

そうすることで 非宗教的な民主主義を守る私たちは 事実上 教育と価値観との 関連性を 原理主義者に譲り渡しています もちろん 原理主義者は なんの良心の呵責もなく 教育を用いて その価値観 すなわち 神権政治の絶対的価値観を広めているのです その一方 民主主義の 価値観と声は沈黙しています 私たちが そうした価値観との 接触を失ったか それとも 教える必要がない あるいは 教えることができないと信じているのでしょう この社会的価値観への忌避は 大学で爆発的に増えつつある 社会貢献構想と食い違うように 思えるかもしれません 今挙げた取り組みに 注目が集まっているにもかかわらず それらは ほぼ例外なく 課外活動にとどまっています 基本的に 公共心は 真剣な思考と成熟した目的とされるものの 領域外として扱われているのです 手短に言えば 世界を変えようという 動機を前にして 大学のような高等教育機関は おそらく エンパワーメントを生み出すよりも 学識ゆえの無力感を生じさせる 可能性の方が高いでしょう

以下のような混交 つまり 市民参画の単純化 専門性の理想化 知識の断片化 専門技術への熟達の強調 学術規範の条件としての中立性は 教育と公共の利益や 知的規範と人間の自由などといった 重要な関係を 追求するということになると 非常に危険です そして これらはまさに ― (拍手) ヨーロッパの同僚たちが直面し 提示した課題の核心でした 高等教育機関の現実と この課題における将来を予見する力の けた外れなまでの乖離は 考え直すように促すのに 十分であるといえますが 大学教育の外側で起きていたことによって 後退など考えられなくなったのでしょう

環境への脅威に関してであれ 富の分配における 不公平についてであれ 絶え間ないエネルギー使用に関する ― 健全あるいは持続可能な政策の 不在についてであれ 私たちはひどく困っていました しかも それはほんの始まりだったのです 私たちの政治的生活の頽廃が 現実の悪夢となってしまいました 免れたものは何一つありませんでした 権限の分離 市民的自由 法の支配 教会と国家の関係もそうです さらには信じがたいような 国家の物質的な富の浪費も 伴いました 武力行使を 悲惨なまでに偏好することが ごく普通になり 別形態の影響力に対する 同様の嫌悪を伴いました それと同時に 我々の軍事力は 全く無力でした ルワンダ ダルフール ミャンマーでの大量殺戮を 中止どころか抵抗することさえ できませんでした

私たちの公的教育は かつて世界の規範でしたが 今や その失敗が 非常に顕著になっています 私たちの学生の大多数は 基本技能と 最小限の文化的教養さえ 身につけていないのです 世界の羨望の的となる 研究機関があるにもかかわらず アメリカ国民の半分以上が 「進化論」を信じていません またそれを信じている人のうちの どのくらいが実際に 理解しているのか はなはだ疑問です

信じられないことに この国は その物質的 知的 精神的な資源の全てをもってしても これらのどの分野における 急な落ち込みも 覆すことは全くできないように思われます さらに驚くべきなのは 私の考えでは 誰一人として 国家に起こっていることと 主導的な教育機関に 起こっていることの間に 関係を見出してこなかった という事実です 個人的な富の利用に対する 影響力においては 私たちは最上位に 位置しているかもしれません しかし この民主主義を 健全に保つ責任においては 一覧に名を連ねすらしないのです 私たちは 危険を冒しているのです 第3代大統領のトマス・ジェファソンは その意味を理解して こう述べました 「国家が 文明の状態に無知であり そこに囚われないつもりならば その国は 過去にも未来にも 決して生じ得ないものを 期待していることになる」と (拍手)

より個人的な観点から言えば このように私たちの主義や 品位 希望が裏切られることで 次のような問いを 避けられなくなってきました 「何年も後になって 『何をしていたのか?』と訊かれたら どう答えるだろうか」という問いです 革新的な歴史で有名であり 主導的なリベラル・アーツの 大学の学長として 弁解の余地は全くありませんでした そこで ベニングトン大学で 話し合いが始まりました 仮に リベラル・アーツ教育の 健全性を取り戻そうとするなら 私たちの優先事項を始めとして 基本的前提を 抜本的に考え直す必要があると わかっていました 公共の利益を高めることが 主要な目的になりました 市民に相応しい美徳の達成は 最もやりがいのある方法で 知性と想像力を 使うことに結びついているのです

リベラル・アーツ教育を通じて 行為主体性や影響力を取り扱うことで 物事は完全にひっくり返り 今世紀の市民が直面する課題に対する答えを 誰一人として持っておらず 1人ひとりが それを見つけることに努力し 参加する責任を持っているという 現実が反映されるのです ベニングトン大学では 個人的な目的と 専門的な目的との違いを認める イマージョン教育の分野として 引き続き人文科学と 自然科学を教えていきます ただ 均衡は取り戻されるので 私たちの共通目的には さらに重要とはいわずとも 同等の重要性が想定されているのです

計画が表に出た時 それは 驚くほど単純ですっきりしていました 理念は 政治的・社会的課題そのもの ― すなわち 健康や教育から 武力行使に至るまでを ― 教育課程の構成要素にすることなのです 従来の学問分野を指揮する役割を 持つものとなるでしょう しかし 分割するというよりも 結びつけようと計画しています つまり 排除的な三角形というよりは 互いに依存しあう円ということです そして 大切なのは これらの項目を 研究課題としてではなく 行動の枠組として扱うということです 従って 課題となるのは 重要かつ持続可能な 違いを生み出すような事柄を 実際に行うには 何が必要かを考えることなのです

広く受け入れられている前提とは逆に 行動を強調することで 思考に格別な切迫感が加わります 正義 公正 真実のような価値観を 理解する重要性は 論点が教育の再考や 健康への取り組みや 公正な経済学を達成するための 戦略などである場合に 興味だけでは 知っておくべき事を学ぶことができないのだと 学生たちが発見するにつれて だんだん明らかになってくるのです 過去の価値観もよみがえるでしょう そこに多くの仲間を見出せます これを解明しようとしたのは 皆さんが最初ではありませんし 最後でもないでしょう さらに貴重なことに 歴史は 実験室となって 見解について意図された結果と 実際の結果が展開されるのを 見せてくれるのです

うちの学生たちが言うように 「重大な事柄について 何をすべきか熟考している時 深く考えることが大事」なのです このような行動志向の教育課程を 支えることができるような 新しいリベラル・アーツ教育が出現しています 修辞法は最大限の効果で 言葉の世界を編成する技巧です デザインは事物の世界を編成する技巧です 調停や即興も この新しいリベラル・アーツ教育において 特別の役割を担っています 測定することが重要な意味を持つような 変革を起こすための中心となる 定量的な議論も きちんと据えられています 中心にあるものと 周辺にあるものとを 体系的に 区別する能力もまた同様です

そして 関わりあうことが極めて重要な場合 技術の力は 格段に強く現われます しかし 中身の重要性も然りです 私たちの関与がより強力になると 「何についてか?」という問いが ますます重要になってきます 即興 機転 想像力が鍵になると 芸術家は とうとう 行動戦略が 計画されている その過程で その存在を認められるのです この劇的に拡大された リベラル・アーツ教育の理念においては 思考と行動とが連続していることが 生命となり そこでは学外で磨かれた知識が 不可欠になります 社会活動家 企業のトップ 弁護士 政治家 専門家などが リベラル・アーツ教育と 公的利益の促進とが結びつく中で 積極的な現役の参加者として 教員に加わることでしょう 学生たちも同様に 世界と直接関わろうと 絶えず教室の外へと活動を広げます

そしてもちろん この新しいワインには 新しい容れ物が必要です 私たちがこの着想の 活発さと力強さを表現したいなら 新たな枠組みが要るのです 公的活動に関して 私たちがなし得た最も重要な発見は 難しい選択は 善か悪かではなく 拮抗する価値同士にあると 正しく理解することでした この発見は意識を変化させています そのことで独善性は弱まり 論争の調子と特徴が根本的に変わり 共通点を見つける可能性が 劇的に向上します イデオロギーや熱狂 あるいは実証されていない持論では 絶対にそうならないでしょう これは 確かに政治教育です しかし それは信念の政治であり 派閥の政治ではありません そこで ベニングトン大学での課題は それを実行に移すことなのです

ベニングトン大学の 2008年のグリーティングカードには 建築家の手で 2010年に完成し 公的活動の向上にとって中心的存在となる 建物のスケッチが描かれています その施設は この新しい教育的な責任を 具体化し維持することでしょう 例えるなら 非宗教的な 教会といったところでしょうか カードに書かれた言葉は この中で行われることを表現しています 私たちは 学生や教職員の 知力と想像力 情熱と大胆さを 現代の重大な課題に取り組むための 成長戦略に変えるつもりです

そこで 私たちは自らの仕事に取り組んでいます ここ数週間 我が国では 国中が活気だっていましたが その一方で これで仕事は終わったと考えるなら 悲劇的なことになるでしょう 私たちが経験してきたような冷淡な沈黙 ― それも法制度の分裂や 公的機関の崩壊 インフラの劣化に直面した時の沈黙は なにも大学に限定されないのです 私たちアメリカ国民は 無関係というものに慣れてしまい もう4年間待つということ以上に 統治に関する重大なことについて 何か有意味なことを 行うことができないでいます 私たちはまた そうでないという 圧倒的な証拠にも関わらず 専門家だけが 答えを見つけ出せるものとして 議論の中心から外され続けています

問題は 専門家 熱狂者 政治家 傍観者から構成される 実現可能な民主主義など 存在しないということです (拍手) 人々は 絶えず 何かを知るために 存在する全てのものを学び続けるでしょうし そうあるべきなのです 実際 私たちは常にそれを行っています そして 当然のことながら 一生をかけて かなり限定された研究分野に 従事する人も出てくるでしょう しかし このような視野の狭さは この国が必要としている心の柔軟性 視点の多様性 協力や革新を受け入れる能力を 生み出しはしないでしょう そこにこそ 皆さんが必要になるのです 明白なのは ここにいらっしゃる 皆さんの個性的な才能が その注意を 協力的で 面倒で 苛立たしく 議論を呼び 手に負えない 政治と公共政策の世界に 向ける必要があるということです オバマ大統領とそのチームだけでは 絶対にそうすることはできないのです

どこから始めればいいのかという問題が 大変に思えても 皆さんは この冒険の 終着点ではなく 出発点にいるのです もし真に重要なものを 本気で手に入れようとするなら 圧倒されて苦しむことは第一段階なのです 圧倒されて苦しいと感じた時 何をしますか? そうですね 皆さんには2つあります 1つは考える力 そして もう1つは協力してもらえる他者 そうしたところから始め 世界を変えようではありませんか

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画