TED日本語 - ヴィクター・リオス: 教育システムから取り残された子供たちを助けよう

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ヴィクター・リオス: 教育システムから取り残された子供たちを助けよう

TED Talks

教育システムから取り残された子供たちを助けよう
Help for kids the education system ignores
ヴィクター・リオス
Victor Rios

内容

学生たちに対しては、彼らに欠けているものではなく、彼らが貢献することに目を向けよう ― 厳しい家庭環境にいる子たちには特に。教育者ヴィクター・リオスは街で貧しく育った自分自身の経験から、教育における姿勢を変えるための3つの直接的な戦略を提示し、仲間の教育者たちには「問題児」の生徒たちを、忍耐力と人格とグリット(やり遂げる気骨)を持つ「有望株」の生徒たちとして見るように呼びかけます。

Script

For over a decade, I have studied young people that have been pushed out of school, so called "dropouts." As they end up failed by the education system, they're on the streets where they're vulnerable to violence, police harassment, police brutality and incarceration. I follow these young people for years at a time, across institutional settings, to try to understand what some of us call the "school-to-prison pipeline."

When you look at a picture like this, of young people who are in my study ... you might see trouble. I mean one of the boys has a bottle of liquor in his hand, he's 14 years old and it's a school day. Other people, when they see this picture, might see gangs, thugs, delinquents -- criminals. But I see it different. I see these young people through a perspective that looks at the assets that they bring to the education system. So will you join me in changing the way we label young people from "at-risk" to "at-promise?"

(Applause)

How do I know that these young people have the potential and the promise to change? I know this because I am one of them. You see, I grew up in dire poverty in the inner city, without a father -- he abandoned me before I was even born. We were on welfare, sometimes homeless, many times hungry. By the time I was 15 years old, I had been incarcerated in juvy three times for three felonies. My best friend had already been killed. And soon after, while I'm standing next to my uncle, he gets shot. And as I'm waiting for the ambulance to arrive for over an hour ... he bleeds to death on the street. I had lost faith and hope in the world, and I had given up on the system because the system had failed me. I had nothing to offer and no one had anything to offer me. I was fatalistic. I didn't even think I could make it to my 18th birthday.

The reason I'm here today is because a teacher that cared reached out and managed to tap into my soul. This teacher, Ms. Russ ... she was the kind of teacher that was always in your business.

(Laughter)

She was the kind of teacher that was like, "Victor, I'm here for you whenever you're ready."

(Laughter)

I wasn't ready. But she understood one basic principle about young people like me. We're like oysters. We're only going to open up when we're ready, and if you're not there when we're ready, we're going to clam back up. Ms. Russ was there for me. She was culturally relevant, she respected my community, my people, my family. I told her a story about my Uncle Ruben. He would take me to work with him because I was broke, and he knew I needed some money. He collected glass bottles for a living. Four in the morning on a school day, we'd throw the glass bottles in the back of his van, and the bottles would break. And my hands and arms would start to bleed and my tennis shoes and pants would get all bloody. And I was terrified and in pain, and I would stop working. And my uncle, he would look me in the eyes and he would say to me, "Mijo, estamos buscando vida." "We're searching for a better life, we're trying to make something out of nothing."

Ms. Russ listened to my story, welcomed it into the classroom and said, "Victor, this is your power. This is your potential. Your family, your culture, your community have taught you a hard-work ethic and you will use it to empower yourself in the academic world so you can come back and empower your community."

With Ms. Russ's help, I ended up returning to school. I even finished my credits on time and graduated with my class.

(Applause)

But Ms. Russ said to me right before graduation, "Victor, I'm so proud of you. I knew you could do it. Now it's time to go to college."

(Laughter)

College, me? Man, what is this teacher smoking thinking I'm going to college? I applied with the mentors and support she provided, got a letter of acceptance, and one of the paragraphs read, "You've been admitted under probationary status." I said, "Probation? I'm already on probation, that don't matter?"

(Laughter)

It was academic probation, not criminal probation. But what do teachers like Ms. Russ do to succeed with young people like the ones I study? I propose three strategies. The first: let's get rid of our deficit perspective in education. "These people come from a culture of violence, a culture of poverty. These people are at-risk; these people are truant. These people are empty containers for us to fill with knowledge. They have the problems, we have the solutions." Number two. Let's value the stories that young people bring to the schoolhouse. Their stories of overcoming insurmountable odds are so powerful. And I know you know some of these stories. These very same stories and experiences already have grit, character and resilience in them. So let's help young people refine those stories. Let's help them be proud of who they are, because our education system welcomes their families, their cultures, their communities and the skill set they've learned to survive. And of course the third strategy being the most important: resources. We have to provide adequate resources to young people. Grit alone isn't going to cut it. You can sit there and tell me all you want, "Hey man, pick yourself up by the bootstraps." But if I was born without any straps on my boots --

(Laughter)

How am I supposed to pick myself up?

(Applause)

Job training, mentoring, counseling ... Teaching young people to learn from their mistakes instead of criminalizing them, and dragging them out of their classrooms like animals. How about this? I propose that we implement restorative justice in every high school in America.

(Applause)

So we went out to test these ideas in the community of Watts in LA with 40 young people that had been pushed out of school. William was one of them. William was the kind of kid that had been given every label. He had dropped out, he was a gang member, a criminal. And when we met him he was very resistant. But I remember what Ms. Russ used to say. "Hey, I'm here for you whenever you're ready."

(Laughter)

So over time -- over time he began to open up. And I remember the day that he made the switch. We were in a large group and a young lady in our program was crying because she told us her powerful story of her dad being killed and then his body being shown in the newspaper the next day. And as she's crying, I don't know what to do, so I give her her space, and William had enough. He slammed his hands on the desk and he said, "Hey, everybody! Group hug! Group hug!"

(Applause)

This young lady's tears and pain turned into joy and laughter knowing that her community had her back, and William had now learned that he did have a purpose in life: to help to heal the souls of people in his own community. He told us his story. We refined his story to go from being the story of a victim to being the story of a survivor that has overcome adversity. We placed high value on it. William went on to finish high school, get his security guard certificate to become a security guard, and is now working at a local school district.

(Applause)

Ms. Russ's mantra -- her mantra was always, "when you teach to the heart, the mind will follow." The great writer Khalil Gibran says, "Out of suffering have emerged the greatest souls. The massive characters are seared with scars." I believe that in this education revolution that we're talking about we need to invite the souls of the young people that we work with, and once they're able to refine -- identify their grit, resilience and character that they've already developed -- their academic performance will improve.

Let's believe in young people. Let's provide them the right kinds of resources. I'll tell you what my teacher did for me. She believed in me so much that she tricked me into believing in myself.

Thank you.

(Applause)

私は10年以上 学校から追い出された若者たち いわゆる「ドロップアウト」を 見守って来ました 彼らは教育のシステムから はじき出されてしまい 街をうろついて 暴力や 警察の嫌がらせ 残虐行為 投獄などに直面しやすくなります これらの若者たちを 施設の垣根を越えて 何年も続けて追跡し 「学校から刑務所へのパイプライン」と呼ぶ 流れを理解しようとしてきました

私が研究する若者たちの こんな姿を目にすると 見えて来るのは トラブルでしょうね この内1人は 片手に酒瓶を持っていますが まだ14才で この日は平日なんです 見る人によっては この写真に映っているのは ギャングたち ならず者 不良 犯罪者たちでしょう 私には違って見えます 私にとっては 彼らが 教育システムにいずれ貢献する かけがえのない人材に見えます 若者たちのレッテルを 一緒に変えませんか? 「問題児」から「有望株」へ

(拍手)

どうして私に 彼らが変われる見込みがあると わかるのかって? 私自身がそうだったからです 私は街中の貧困地帯で育ちました 父親は 私が生まれる前に家族を捨て 私たちは生活保護を受けたり 時々ホームレス生活をして いつも腹を空かせていました 15才になった頃には 重罪で少年院に3度も入り 親友は殺されてしまいました それからこんどは 隣に立っていた叔父が 銃弾に倒れ 私は救急車が来るのを待ちました 1時間以上も・・・ 彼は 路上で失血死しました 希望を失い 何も信じられなくなり 社会を見捨てました 社会から裏切られたから 私には 何も貢献できる事もなく 誰も何の手も差し伸べてくれませんでした こんな運命なのだと諦め 自分が18才の誕生日を 迎える事もないと思っていました

今日ここでお話しできているのは ある教師が昔 そんな私に手を差し伸べ 心を開いてくれたからです この教師は ラス先生と言い いつも人の事に 鼻を突っ込んで来るタイプの先生でした

(笑)

こんな感じです 「ヴィクター 私ならここにいるからね 待ってるわよ~」

(笑)

私には心の準備が できていませんでした でも先生は私のような 若者がわかっていたんです まるで固く殻を閉じた牡蠣です 心の準備ができた時しか開かない 開いた時に傍に誰もいなければ また閉じてしまうんです 先生は私の傍にいてくれました 先生は私と同じ文化で育ち 私のコミュニティー、仲間、家族を尊重していました 私は先生に ルーベンおじさんの話をしました おじさんは私が無一文で 収入が必要だったのを知っていて 仕事に連れて行ってくれました ガラス瓶の回収で 生計を立てていたんです 学校がある日の朝4時 バンの荷台にガラス瓶を積み込むと 割れた瓶の破片で 私の手や腕からは血が流れ テニスシューズとズボンは血まみれ 私は恐ろしくなって 仕事を中断すると おじさんは私の目を覗き込んで こう言うのです 「(スペイン語で)Mijo, estamos buscando vida.」 「俺たちはすっからかんだが もっとマシな生活をするために がんばるんだ」

ラス先生は私の話を聞いてくれて クラスに迎えて こう言ったんです 「ヴィクター これがあなたの力よ あなたの能力なの あなたの家族、文化、コミュニティーが 勤勉さを教えてくれたの 今度はそれを学業で活かすのよ そうしたら あなたのコミュニティーに 戻って 皆を力づけられるでしょう」

先生の助力によって 私は学校に戻りました 単位も 期間内に取ることが出来て クラスメートたちと一緒に卒業しました

(拍手)

でもラス先生は 卒業の直前に言ったんです 「ヴィクター あなたをとても誇りに思うわ~ あなたなら やれると思っていたわよ~ さあ 今度は大学に行くのよ~」

(笑)

ええっ大学?俺が? おい この先生 俺が大学に行くだなんて 何考えちゃってんだよ? 先生が用意したメンター達や サポートに頼って 願書を提出しました すると合格通知が来たのですが その一節にこう書いてありました 「補欠合格(probation)です」 保護観察(probation)? もう俺は保護観察処分中なんだけど それが何か?

(笑)

完全に勘違いしてしまってたんです ラス先生のような教師たちは どうやってこんな若者たちと 協力するのでしょう? 3つの戦略を提案します まず1つめ 間違った引き算だらけのこんな目線を 教育から無くすんです 「この子たちは 暴力的な文化から来た 貧困の文化だ 彼らは問題児で 怠け者の集団だ いわば知識で満たすことのできる 空っぽな容れ物で 彼らは問題を抱えていて 解決法を知るのは我々なんだ」 2つ目です 若者たちの話を学校で共有し 尊重しましょう 彼らの忍耐と克服の物語は とてもパワフルです 皆さんの中にもこうした物語があったり 聞いたことがある人がいますね こうした体験や物語には 正に すでにグリット(やり抜く気骨)や人格 逆境に立ち向かう精神があります だから 若者たちが自らの物語を 精錬する手助けをしましょう 彼らが自分自身を 誇りに思えるように ― それは 私たちの教育システムは 彼らの家族や文化 コミュニティー そして 彼らが生きる為に学んだ スキルも受容するからです 3つめの戦略は最も重要です リソース(資源)です 私たちは若者たちに適切な リソースを提供しなければ グリット(やり抜く気骨)だけでは無理です 誰だってそこに座って 何とでも言えるでしょう 「しっかり靴紐締め直して 気を取り直せよ」 でも もし私が 靴紐も無い家庭で生まれたなら

(笑)

どうやって それを締め直せば?

(拍手)

職業訓練 メンタリング カウンセリング 若者たちに 失敗から学ぶことを教えるのです 失敗したら彼らを罰し 彼らをまるで動物のように 教室から引きずり出すのではなく こうするのはどうでしょう? 「修復的司法」のやり方を アメリカ全土の高校で取り入れるんです

(拍手)

このアイデアを試す為に LAのワッツ地区にあるコミュニティーの 学校を退学した40人の 若者たちに会いました ウィリアムはその中の1人でした あらゆるレッテルを 貼られたような子で ドロップアウトしており ギャングの一員で 犯罪者でした 出会った時 彼はとても反抗的でした でも私はラス先生の 口癖を思い出しましたよ 「私ならここにいるからね 待ってるわよ~」

(笑)

それから段々 ― 彼は心を開き始めました 彼の気持ちが 切り替わった日を覚えています 大きなグループの中で プログラムの生徒の 若い女性が泣いていました お父さんが殺されたという 衝撃的な話をしたところだったからです その遺体の写真は 翌日の新聞に載ったということでした 彼女は泣き続け 私はどうすればいいかわからず 彼女をそっと見守っていると 我慢を切らしたウィリアムが突然 机に両手を叩きつけて 言ったんです 「おいみんな!ハグしようぜ! グループハグだ!」

(拍手)

彼女の涙と痛みは 喜びと笑い声に変わりました このコミュニティーが彼女を 支えているとわかったからです ウィリアムはそうして 人生の目的を見つけました 彼のコミュニティーの 傷ついた人々を癒すことです 彼は自分自身の物語を話し 私たちは彼の話を精錬しました 単なる被害者としての物語から 逆境を乗り越えた サバイバーとしての物語へと その体験を強調しました その後ウィリアムは高校を卒業し 資格試験に合格し 警備員になり 今 地域の校区で 活躍しています

(拍手)

ラス先生はいつも こう言っていました 「ハートに教えると 心がついて来るの」 偉大な作家 カリール・ジブラーンは こう言いました 「最も偉大な魂は苦悩から現れる 揺るぎない人格は 傷跡を持っているものだ」 私が信じているのは この教育改革で 若者たちを巻き込み 彼らがすでに持っていた やり抜く力、逆境への忍耐力 そして人格が精錬された時 学業成績も向上するはずだ ということです

若者たちを信じましょう そして 正しいリソースを 提供しましょう 先生が私にしてくれたのは これです 先生がとことん 私を信じ抜いてくれたから 私も思わず自分を 信じられるようになったのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画