TED日本語 - アナン・アガワル: オープン・オンラインコースが今なお重要な意味をもつ訳は

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - アナン・アガワル: オープン・オンラインコースが今なお重要な意味をもつ訳は

TED Talks

オープン・オンラインコースが今なお重要な意味をもつ訳は
Why massively open online courses (still) matter
アナン・アガワル
Anant Agarwal

内容

2013年はMOOC(巨大オープン・オンラインコース)の年でした。最初は残念な結果でしたが、その後、成功を示す数字と大きな期待で一杯です。しかし、edXの学長、アナン・アガワルは、高次元の学びを広く共有し、伝統的教室を(多分、置き換わることはないですが)補完する手段であるMOOC の重要性はゆるがないことを論証します。アナン・アガワルは、21世紀の生徒にとって理想的な学習体験を創造する―彼の融合教育のビジョンも紹介します。

Script

I'd like to reimagine education. The last year has seen the invention of a new four-letter word. It starts with an M. MOOC: massive open online courses. Many organizations are offering these online courses to students all over the world, in the millions, for free. Anybody who has an Internet connection and the will to learn can access these great courses from excellent universities and get a credential at the end of it. Now, in this discussion today, I'm going to focus on a different aspect of MOOCs. We are taking what we are learning and the technologies we are developing in the large and applying them in the small to create a blended model of education to really reinvent and reimagine what we do in the classroom.

Now, our classrooms could use change. So, here's a classroom at this little three-letter institute in the Northeast of America, MIT. And this was a classroom about 50 or 60 years ago, and this is a classroom today. What's changed? The seats are in color. Whoop-de-do. Education really hasn't changed in the past 500 years. The last big innovation in education was the printing press and the textbooks. Everything else has changed around us. You know, from healthcare to transportation, everything is different, but education hasn't changed.

It's also been a real issue in terms of access. So what you see here is not a rock concert. And the person you see at the end of the stage is not Madonna. This is a classroom at the Obafemi Awolowo University in Nigeria. Now, we've all heard of distance education, but the students way in the back,200 feet away from the instructor, I think they are undergoing long-distance education. Now, I really believe that we can transform education, both in quality and scale and access, through technology. For example, at edX, we are trying to transform education through online technologies. Given education has been calcified for 500 years, we really can not think about reengineering it, micromanaging it. We really have to completely reimagine it. It's like going from ox carts to the airplane. Even the infrastructure has to change. Everything has to change. We need to go from lectures on the blackboard to online exercises, online videos. We have to go to interactive virtual laboratories and gamification. We have to go to completely online grading and peer interaction and discussion boards. Everything really has to change.

So at edX and a number of other organizations, we are applying these technologies to education through MOOCs to really increase access to education. And you heard of this example, where, when we launched our very first course -- and this was an MIT-hard circuits and electronics course -- about a year and a half ago,155,000 students from 162 countries enrolled in this course. And we had no marketing budget. Now,155,000 is a big number. This number is bigger than the total number of alumni of MIT in its 150-year history. 7,200 students passed the course, and this was a hard course. 7,200 is also a big number. If I were to teach at MIT two semesters every year, I would have to teach for 40 years before I could teach this many students.

Now these large numbers are just one part of the story. So today, I want to discuss a different aspect, the other side of MOOCs, take a different perspective. We are taking what we develop and learn in the large and applying it in the small to the classroom, to create a blended model of learning.

But before I go into that, let me tell you a story. When my daughter turned 13, became a teenager, she stopped speaking English, and she began speaking this new language. I call it teen-lish. It's a digital language. It's got two sounds: a grunt and a silence.

"Honey, come over for dinner."

"Hmm."

"Did you hear me?"

Silence. (Laughter)

"Can you listen to me?"

& quot; Hmm. & quot;

So we had a real issue with communicating, and we were just not communicating, until one day I had this epiphany. I texted her. (Laughter) I got an instant response. I said, no, that must have been by accident. She must have thought, you know, some friend of hers was calling her. So I texted her again. Boom, another response. I said, this is great. And so since then, our life has changed. I text her, she responds. It's just been absolutely great. (Applause)

So our millennial generation is built differently. Now, I'm older, and my youthful looks might belie that, but I'm not in the millennial generation. But our kids are really different. The millennial generation is completely comfortable with online technology. So why are we fighting it in the classroom? Let's not fight it. Let's embrace it. In fact, I believe -- and I have two fat thumbs, I can't text very well -- but I'm willing to bet that with evolution, our kids and their grandchildren will develop really, really little, itty-bitty thumbs to text much better, that evolution will fix all of that stuff. But what if we embraced technology, embraced the millennial generation's natural predilections, and really think about creating these online technologies, blend them into their lives. So here's what we can do. So rather than driving our kids into a classroom, herding them out there at 8 o'clock in the morning -- I hated going to class at 8 o'clock in the morning, so why are we forcing our kids to do that? So instead what you do is you have them watch videos and do interactive exercises in the comfort of their dorm rooms, in their bedroom, in the dining room, in the bathroom, wherever they're most creative. Then they come into the classroom for some in-person interaction. They can have discussions amongst themselves. They can solve problems together. They can work with the professor and have the professor answer their questions. In fact, with edX, when we were teaching our first course on circuits and electronics around the world, this was happening unbeknownst to us. Two high school teachers at the Sant High School in Mongolia had flipped their classroom, and they were using our video lectures and interactive exercises, where the learners in the high school, 15-year-olds, mind you, would go and do these things in their own homes and they would come into class, and as you see from this image here, they would interact with each other and do some physical laboratory work. And the only way we discovered this was they wrote a blog and we happened to stumble upon that blog.

We were also doing other pilots. So we did a pilot experimental blended courses, working with San Jose State University in California, again, with the circuits and electronics course. You'll hear that a lot. That course has become sort of like our petri dish of learning. So there, the students would, again, the instructors flipped the classroom, blended online and in person, and the results were staggering. Now don't take these results to the bank just yet. Just wait a little bit longer as we experiment with this some more, but the early results are incredible. So traditionally, semester upon semester, for the past several years, this course, again, a hard course, had a failure rate of about 40 to 41 percent every semester. With this blended class late last year, the failure rate fell to nine percent. So the results can be extremely, extremely good.

Now before we go too far into this, I'd like to spend some time discussing some key ideas. What are some key ideas that makes all of this work?

One idea is active learning. The idea here is, rather than have students walk into class and watch lectures, we replace this with what we call lessons. Lessons are interleaved sequences of videos and interactive exercises. So a student might watch a five-, seven-minute video and follow that with an interactive exercise. Think of this as the ultimate Socratization of education. You teach by asking questions. And this is a form of learning called active learning, and really promoted by a very early paper, in 1972, by Craik and Lockhart, where they said and discovered that learning and retention really relates strongly to the depth of mental processing. Students learn much better when they are interacting with the material.

The second idea is self-pacing. Now, when I went to a lecture hall, and if you were like me, by the fifth minute I would lose the professor. I wasn't all that smart, and I would be scrambling, taking notes, and then I would lose the lecture for the rest of the hour. Instead, wouldn't it be nice with online technologies, we offer videos and interactive engagements to students? They can hit the pause button. They can rewind the professor. Heck, they can even mute the professor. So this form of self-pacing can be very helpful to learning.

The third idea that we have is instant feedback. With instant feedback, the computer grades exercises. I mean, how else do you teach 150,000 students? Your computer is grading all the exercises. And we've all submitted homeworks, and your grades come back two weeks later, you've forgotten all about it. I don't think I've still received some of my homeworks from my undergraduate days. Some are never graded. So with instant feedback, students can try to apply answers. If they get it wrong, they can get instant feedback. They can try it again and try it again, and this really becomes much more engaging. They get the instant feedback, and this little green check mark that you see here is becoming somewhat of a cult symbol at edX. Learners are telling us that they go to bed at night dreaming of the green check mark. In fact,one of our learners who took the circuits course early last year, he then went on to take a software course from Berkeley at the end of the year, and this is what the learner had to say on our discussion board when he just started that course about the green check mark: & quot; Oh god; have I missed you. & quot; When's the last time you've seen students posting comments like this about homework? My colleague Ed Bertschinger, who heads up the physics department at MIT, has this to say about instant feedback: He indicated that instant feedback turns teaching moments into learning outcomes.

The next big idea is gamification. You know, all learners engage really well with interactive videos and so on. You know, they would sit down and shoot alien spaceships all day long until they get it. So we applied these gamification techniques to learning, and we can build these online laboratories. How do you teach creativity? How do you teach design? We can do this through online labs and use computing power to build these online labs. So as this little video shows here, you can engage students much like they design with Legos. So here, the learners are building a circuit with Lego-like ease. And this can also be graded by the computer.

Fifth is peer learning. So here, we use discussion forums and discussions and Facebook-like interaction not as a distraction, but to really help students learn. Let me tell you a story. When we did our circuits course for the 155,000 students, I didn't sleep for three nights leading up to the launch of the course. I told my TAs, okay,24/7, we're going to be up monitoring the forum, answering questions. They had answered questions for 100 students. How do you do that for 150,000? So one night I'm sitting up there, at 2 a.m. at night, and I think there's this question from a student from Pakistan, and he asked a question, and I said, okay, let me go and type up an answer, I don't type all that fast, and I begin typing up the answer, and before I can finish, another student from Egypt popped in with an answer, not quite right, so I'm fixing the answer, and before I can finish, a student from the U.S. had popped in with a different answer. And then I sat back, fascinated. Boom, boom, boom, boom, the students were discussing and interacting with each other, and by 4 a.m. that night, I'm totally fascinated, having this epiphany, and by 4 a.m. in the morning, they had discovered the right answer. And all I had to do was go and bless it, "Good answer." So this is absolutely amazing, where students are learning from each other, and they're telling us that they are learning by teaching.

Now this is all not just in the future. This is happening today. So we are applying these blended learning pilots in a number of universities and high schools around the world, from Tsinghua in China to the National University of Mongolia in Mongolia to Berkeley in California -- all over the world. And these kinds of technologies really help, the blended model can really help revolutionize education. It can also solve a practical problem of MOOCs, the business aspect. We can also license these MOOC courses to other universities, and therein lies a revenue model for MOOCs, where the university that licenses it with the professor can use these online courses like the next-generation textbook. They can use as much or as little as they like, and it becomes a tool in the teacher's arsenal.

Finally, I would like to have you dream with me for a little bit. I would like us to really reimagine education. We will have to move from lecture halls to e-spaces. We have to move from books to tablets like the Aakash in India or the Raspberry Pi,20 dollars. The Aakash is 40 dollars. We have to move from bricks-and-mortar school buildings to digital dormitories.

But I think at the end of the day, I think we will still need one lecture hall in our universities. Otherwise, how else do we tell our grandchildren that your grandparents sat in that room in neat little rows like cornstalks and watched this professor at the end talk about content and, you know, you didn't even have a rewind button?

Thank you.

(Applause)

Thank you. Thank you. (Applause)

教育について再考してみたいと思います 昨年 4文字の新しい発明がありました Mから始まります MOOC 巨大オープン・オンラインコースです 沢山の組織が これらのオンラインコースを 世界中の学生たちに 数百万人の規模で無償提供しています インターネット接続環境があって 学ぶ意志さえあれば 秀逸な大学の この素晴らしい過程を受講でき 修了時に認定書の取得さえできます さて 本日のお話の中で MOOCを違う角度から見てみます 私達は大きなスケールで 学び開発している技術を 小さいスケールにあてはめ 教育の混合モデルを作り 教室で行っていることを 本気で作り直し再考しています

私達の教室ではその変革を利用できました そう これがその教室 アメリカ北東部の三文字の大学 MITです そう これが50年か60年前の教室 そしてこれが今の教室 違いは何でしょう? 席の色がカラーですね おっと それはどうでもいい話ですね 過去500年の間 教育は全く変わっていません 教育界に起きた最後の大きな革新は 印刷機と教科書です 身辺の他の物は変化しました そう 健康管理から輸送に至るまで 総ての物は様変わりしていますが 教育は変わっていません

距離のこともはずっと現実的問題でした これをご覧ください ロックコンサートではありません ステージの一番隅に見える人は マドンナではないですよ ナイジェリアの オバフェミ・アオロオ大学の教室です さて 遠隔教育というのは 聞いたことがあると思いますけど しかし一番うしろの生徒は 先生から70メートルほど離れて 遠距離教育を 受けているのでしょうね さて 私は本当に信念として 教育は質と規模と距離の総てにおいて 技術を使って変えられると思います 例えば edXでは 教育をオンライン技術で 変えようとしています 教育が500年間 固定化されたままだということは 教育の再構成や細部統制を 本気で考えていないのです 本気で教育を完全に再考すべきです それは丁度 牛車が飛行機になるようなものです 基本的な仕組みを変えるべきです 総てを変えねばなりません 黒板の前の講義から離れて オンライン演習やオンラインビデオへ 移行が必要です 対話形式の架空ラボで ゲーム的学習へ移行すべきです 完全なオンライン評価と生徒相互の交流と 掲示板での議論へと移行すべきです 全てを本当に変えるのです

ですから edXと他の沢山の組織で MOOCsを通じ 教育にこの技術を応用し 教育を身近なものにしてきました この事例をご存じでしょうが 我々はここで 最初のコースを 立ち上げました MITのハードな電子回路と電子工学の講義で 約1年半前に 162カ国 155,000人の生徒が この講義に登録しました 宣伝の予算はありませんでしたから 155,000人は凄い数です この人数は 過去150年のMIT卒業生の総数より 多いのです 修了認定を受けた生徒は7,200人で ハードな講義でした 7,200人でも凄い数です MITで毎年2コマの講義で教えたとしたら これだけ沢山の生徒を教えるには 40年かかります

さてこの大きな数の話は 前置きみたいなものです そう今日は違う面から 議論したいと思います MOOCsの別な面 違う見方をしてみましょう 私たちは大きな規模で開発し 学んだ事を 教室という小さいスケールにあてはめ 学習の融合モデルを創っています

でもその話の前に少し聞いて下さい 私の娘が13歳になって ティーンズになった時 イングリッシュを話すのをやめて こんな新言語を喋りはじめたんです ティーンリッシュと呼んでいます デジタル言語です 二つの音 ブツブツと沈黙で出来ています

「おーい ご飯だよ」

「うーん」

「聞こえてる?」

沈黙(笑)

「聞いてる?」

「うーん」

コミュニケーション上の大問題を抱え ある神がかり的な日が来るまでは 話が通じなかったんです ショートメールを送ったんです(笑) すぐさま返事が来ました いやいや 何かの間違いでしょう 友達が送ったんだと勘違いしているに違いない だからもう一回送ったら ビュンとまた返事がありました これは凄いと思いました それ以来 私たちの仲は変わりました 彼女にメールすると返事がある 全くもって本当に凄いことです (拍手)

そう2000年世代は違うのです 私は歳をとっていて 一見若作りですけど 2000年世代の仲間ではありません でも子供たちは本当に違うんです 2000年世代はオンライン技術に 完璧に馴染んでいます どうして教室で もめているんでしょう? もめ事はやめて受け入れましょう 実際 私の親指は太くて メールするのには向いていません でも きっと進化すると 私たちの子供やその世代はきっと ホントにホントにちいちゃい親指で 上手にメールを打てるようになって 進化の結果 全部がうまく行くはずです でも 我々は技術を受け入れ 2000年世代の自然な未来への流れを受け入れ オンライン技術の創造について本気で考え 実際の授業に融合させましょう そこに可能性があります 子供を教室へと駆り立てて 朝の8時に集合をかけるより-- 私も朝の8時学校には行くのは嫌でした それなら何故自分の子供に強要するのでしょうか? その代わりにすべきことは 彼らにビデオを見させて インタラクティブな演習をさせるなら 居心地の良い寮や寝室 台所 風呂場 一番クリエティブになれる場所なら 何処でもいいのです それで教室へ来るのは 何か個人同士の交流のためだけにすればいいのです 彼らは仲間で議論ができます 彼らは一緒に問題解決ができます 彼らは教授と協働できるし 自分たちの問に対し 教授から解答を得られます 実際 私たちがedXで 最初のクラスである 回路と電気のコースで 世界を相手に教えていた時 この事は人知れず起きていたのです モンゴルのサント高校の 二人の高校教師が 自分たちの講義のやり方を変え 彼らは私たちのビデオ講義を使い 対話式演習をしていて そこの高校の生徒は -いいですか 15歳なんですよ- 自分の家でこんなことをやって 教室へやって来るんです そしてこの写真のように お互いに協働して 身体を動かして実験作業をするのです そしてこの事を知ったのは 彼らがブログを書いていて たまたまそのブログを見つけたからなのです

他にも試験的な演習をやっていました そう試験的な実験の融合コースで カリフォルニア州のサンノゼ大学と また 回路と電気の講義です ご存知の方も多いでしょう この講義は 学習の培養試験のようなものになりました そこに生徒はいますが やはり先生は講義のやり方を変え オンラインと実講義を融合し びっくりするような結果が出ました この結果だけでは まだ安心できません この実験的試みに もう少し時間をかけるべきですが でも結果は予想外でした 伝統的に 毎期毎期ごと 過去数年間 このコースもまた 難しいコースで 毎期の落第率は約40から41%でした 昨年のこの融合クラスでは 落第率は9%に落ちました そう結果は凄く凄く良いのです

さてお話を進める前に キーになるアイデアについて いくつかお話をしたいと思います 何のアイデアがキーになり この事がうまく言っているのでしょう?

一つはアクティブ・ラーニングです 考え方はこうです 生徒に教室へ行かせ 講義を受けさせるのではなく 我々が言うところのレッスンに置き換えます レッスンはビデオと対話式演習の 二つで構成されています 生徒は5分か7分のビデオを見て 対話式演習で復習します 究極のソクラテス的対話教育だと 思ってください 皆さんは質問することで教えます そしてこの学習形式がいわゆる アクティブ・ラーニングで 1972年のとても初期の論文で 推奨されていますが 著者はクレイクとロックハートで そこで言及し発見しているのが 学習と記憶は心的深層過程で 深く関連しているということです 生徒は教材との相互的な関わりにより より良く学べます

二番目のアイデアは自分のペースです さて私が大講義室へ行って もし私の様な感じなら 5分後には教授の話について行けないでしょう 私は全く要領が悪くて ノートを書くので精一杯で 残りの時間は講義のことが頭に入っていません でもオンライン技術であれば問題なくて 生徒にはビデオと インタラクティブな課題が与えられます 生徒は中断ボタンを押せるし 教授の話を巻き戻すこともできますし なんてたって 教授の声を 消すことだってできるんです この自分のペースで進める方法は 学習にはとても役に立ちます

3つの目のアイデアは 瞬時のフィードバックです 瞬時のフィードバックで コンピュータは演習に成績をつけます 15万人の生徒に教える方法が 他にありますか? コンピュータが総ての演習の成績をつけます そう私達の時は課題を提出したら 成績は2週間後に戻ってきたもので 全部忘れてしまっています 私の大学時代の課題が 全ては返却されていないと思います いくつかは評価されていません そう即答のフィードバックで 学生は答えを試しに提出できます もし間違っていれば 直ちにフィードバックが得られます 何度でも何度でもトライできて 実にしっかりした取り組みができるのです 彼らは即座のフィードバックを得て ここにある小さい緑のチェックマークが edXのカルト的シンボルのようなものになっています 学習者の話では夜ベッドで 緑のチェックマークの夢を見るそうです 実際 昨年初めの回路講座受講生の一人は その年の暮れに バークレイソフトウェア講座も受講して 掲示板に彼が書いたのは 受講開始に際して 緑のチェックマークについて 「あ~会いたかった」でした 課題について生徒のこんなコメントを ついぞ見た記憶はありません 私の同僚のエド・バートシンガーは MITで物理部門の学長ですが 即答のフィードバックについて こんな事を言っています 彼が言わんとすることは 即答のフィードバックは教える瞬間を 学びの成果に変えるということです

次の大きなアイデアは ゲーム的学習です そうそう 受講生はみんな 相互学習ビデオ等々に夢中です エイリアンの宇宙船撃破なら 一日中座って終わるまでやっています それでこのゲーム的学習技法を 学習に当てはめて オンライン上の研究所が作れます 創造性の教授方法は? デザインの教授方法は? オンライン・ラボではこれらに取り組み コンピュータの力を使い このオンライン・ラボを作りました この短編ビデオを見ればわかるように 学生にレゴブロックでデザインさせるのと 大差ありません そうここではレゴのように簡単に 回路の組み立てができるのです そして同時にコンピュータで評価ができます

5つ目は仲間同士の学習です そうここでは 討論用のフォーラムを使って 討論と Facebook風の対話を 気晴らし用に使うのではなく 本当に生徒の学習に役立てています お話をご紹介しましょう 回路コースを 155,000人の学生に開講していた時 3日間徹夜で 講座開講を主導していました アシスタントの学生に さぁ休みなしで フォーラムをチェックして 質問に答えるぞと言いました 100人からの質問に答えた事もありました でも150,000人をどうやれば さばけるのでしょう? ある晩 夜中の2時に座っていたら この質問は確か パキスタンの学生からだったと思いますが 質問があったので OK 答えをタイプすると言いました 私はタイプが全然速くないのです そして答えをタイプし始めると 私が打ち終わる前に 別のエジプトの生徒が 別ウィンドウで答えました 完全な正解ではないので 答えを修正し始めました そしてそれが終わる前に アメリカ人の生徒が 違う解答を出してきました だから私は静観して見入っていました ブン ブン ブン ブン 生徒は お互いの討論と対話が続けていて その夜4時まで 私は本当に見入っていました この神がかり的出来事があって 朝の4時までに 彼らは正しい答えに辿り着いたのです 私の仕事はその場にいて 見守り 「正解」と言うだけでした これは本当に驚きで その場で生徒はお互いから学び 彼らは教える事で学んだと 述べています

これは未来の話では全くありません 今まさに起きていることなんです それでこの融合学習実験を 世界中の沢山の大学と高校 中国の清華大学から モンゴルのモンゴル国立大学や カリフォルニア州のバークレイに至るまで 世界中で行っています そしてこの種の技術は― 融合モデルは 本当に有用で 教育に改革を後押しするものです 融合モデルを教育に改革を起こす 一役を実際に担っています 同時にMOOCが抱えるビジネス面の問題にも 現実的解決策を与えています 私達はこのMOOCのライセンスを 他の大学に対して MOOCの収入モデルを組み込んで供与し 教授と一緒にライセンス供与された大学は このオンライン上の講義を 次世代の教科書のように使えるのです 彼らは沢山でも少量でも好きな分だけ使えて 先生達の懐刀のような道具になるのです

最後に私と一緒にちょっと お伽話の世界を見てみましょう 皆さんに真剣に教育について再考して欲しいのです 大講義室から電脳スペースへシフトしましょう 本からシフトして インドのAakashnのようなタブレットや 本からシフトして インドのAakashやようなタブレットや 20ドルのRaspberry Piの世界へです Aakashは40ドルです 我々はレンガとモルタルの校舎から デジタル宿舎へとシフトするのです

でも思うに結局のところ 一つだけ講義ホールが 大学には必要でしょうね そうでないと 自分の孫に話をする時 お爺ちゃんたちはあの部屋に座って トウモロコシみたいに狭い列になって座って 教授が端っこで話をするのを見たもんだとか 講義の内容を語ってみたり そして 巻き戻しボタンも無かったんだよと 言えませんからね

有難うございます

(拍手)

有難う(拍手)有難う(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画