TED日本語 - シャイ・レシェフ: 超・低コストでとれる大学の学位

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - シャイ・レシェフ: 超・低コストでとれる大学の学位

TED Talks

超・低コストでとれる大学の学位
An ultra-low-cost college degree
シャイ・レシェフ
Shai Reshef

内容

オンラインの「ユニバーシティ・オブ・ザ・ピープル」では、高卒の人なら誰でも経営学又はコンピュータサイエンスの学位に向けて授業を受講することができます ― 標準的な授業料は不要です(ただし試験は有料です)。創立者のシャイ・レシェフ氏は、高等教育が「少数の人の特権からすべての人にとっての権利であり、手頃でアクセスしやすいもの」へと変化することを期待しています。

Script

I would like to share with you a new model of higher education, a model that, once expanded, can enhance the collective intelligence of millions of creative and motivated individuals that otherwise would be left behind. Look at the world. Pick up a place and focus on it. You will find humans chasing higher education. Let's meet some of them.

Patrick. Patrick was born in Liberia to a family of 20 children. During the civil war, he and his family were forced to flee to Nigeria. There, in spite of his situation, he graduated high school with nearly perfect grades. He wanted to continue to higher education, but due to his family living on the poverty line, he was soon sent to South Africa to work and send back money to feed his family. Patrick never gave up his dream of higher education. Late at night, after work, he surfed the Net looking for ways to study.

Meet Debbie. Debbie is from Florida. Her parents didn't go to college, and neither did any of her siblings. Debbie has worked all her life, pays taxes, supports herself month to month, proud of the American dream, a dream that just won't be complete without higher education. But Debbie doesn't have the savings for higher education. She can't pay the tuition. Neither could she leave work.

Meet Wael. Wael is from Syria. He's firsthand experiencing the misery, fear and failure imposed on his country. He's a big believer in education. He knew that if he would find an opportunity for higher education, an opportunity to get ahead of the rest, he has a better chance to survive in a world turned upside down.

The higher education system failed Patrick, Debbie and Wael, exactly as it is failing millions of potential students, millions that graduate high school, millions that are qualified for higher education, millions that want to study yet can not access for various reasons. First, financial. Universities are expensive. We all know it. In large parts of the world, higher education is unattainable for an average citizen. This is probably the biggest problem facing our society. Higher education stopped being a right for all and became a privilege for the few. Second, cultural. Students who are qualified for higher education, can afford, want to study, can not because it is not decent, it is not a place for a woman. This is the story of countless women in Africa, for example, prevented from higher education because of cultural barriers. And here comes the third reason: UNESCO stated that in 2025,100 million students will be deprived from higher education simply because there will not be enough seats to accommodate them, to meet the demand. They will take a placement test, they will pass it, but they still won't have access because there are no places available.

These are the reasons I founded University of the People, a nonprofit, tuition-free, degree-granting university to give an alternative, to create an alternative to those who have no other, an alternative that will be affordable and scalable, an alternative that will disrupt the current education system, open the gates to higher education for every qualified student regardless of what they earn, where they live, or what society says about them. Patrick, Debbie and Wael are only three examples out of the 1,700 accepted students from 143 countries.

We -- (Applause) -- Thank you.

We didn't need to reinvent the wheel. We just looked at what wasn't working and used the amazing power of the Internet to get around it. We set out to build a model that will cut down almost entirely the cost of higher education, and that's how we did it. First, bricks and mortar cost money. Universities have expenses that virtual universities don't. We don't need to pass these expenses onto our students. They don't exist. We also don't need to worry about capacity. There are no limits of seats in virtual university. Actually, nobody needs to stand at the back of the lecture hall. Textbooks is also something our students don't need to buy. By using open educational resources and the generosity of professors who are putting their material free and accessible, we don't need to send our students to buy textbooks. All of our materials come free. Even professors, the most expensive line in any university balance sheet, come free to our students, over 3,000 of them, including presidents, vice chancellors, professors and academic advisors from top universities such as NYU, Yale, Berkeley and Oxford, came on board to help our students. Finally, it's our belief in peer-to-peer learning. We use this sound pedagogical model to encourage our students from all over the world to interact and study together and also to reduce the time our professors need to labor over class assignments.

If the Internet has made us a global village, this model can develop its future leadership. Look how we do it. We only offer two programs: business administration and computer science, the two programs that are most in demand worldwide, the two programs that are likeliest to help our students find a job. When our students are accepted, they are placed in a small classroom of 20 to 30 students to ensure that those who need personalized attention get it. Moreover, for every nine weeks' course, they meet a new peer, a whole new set of students from all over the world. Every week, when they go into the classroom, they find the lecture notes of the week, the reading assignment, the homework assignment, and the discussion question, which is the core of our studies. Every week, every student must contribute to the class discussion and also must comment on the contribution of others. This way, we open our students' minds, we develop a positive shift in attitude toward different cultures. By the end of each week, the students take a quiz, hand in their homework, which are assessed by their peers under the supervision of the instructors, get a grade, move to the next week. By the end of the course, they take the final exam, get a grade, and follow to the next course.

We opened the gates for higher education for every qualified student. Every student with a high school diploma, sufficient English and Internet connection can study with us. We don't use audio. We don't use video. Broadband is not necessary. Any student from any part of the world with any Internet connection can study with us. We are tuition-free. All we ask our students to cover is the cost of their exams,100 dollars per exam. A full-time bachelor degree student taking 40 courses, will pay 1,000 dollars a year,4,000 dollars for the entire degree, and for those who can not afford even this, we offer them a variety of scholarships. It is our mission that nobody will be left behind for financial reasons. With 5,000 students in 2016, this model is financially sustainable.

Five years ago, it was a vision. Today, it is a reality. Last month, we got the ultimate academic endorsement to our model. University of the People is now fully accredited. (Applause)

Thank you.

With this accreditation, it's our time now to scale up. We have demonstrated that our model works. I invite universities and, even more important, developing countries' governments, to replicate this model to ensure that the gates of higher education will open widely. A new era is coming, an era that will witness the disruption of the higher education model as we know it today, from being a privilege for the few to becoming a basic right, affordable and accessible for all.

Thank you.

(Applause)

高等教育の新しいモデルについて お話ししたいと思います そのモデルは いったん広まれば それがなければ置き去りに されていたはずの 何百万人もの 創造的で 意欲的な人々の 集合的知性を高めることが出来るのです 世界を見まわして 一か所を選び そこに注目してみてください 皆さんは人々が高等教育を 追い求めていることに気づくでしょう そのうちの何人かと会ってみましょう

パトリックです パトリックはリベリアで 20人の子どもがいる家庭に生まれました 内戦の間 彼とその家族は ナイジェリアに逃れる事を強いられました その地で 彼はその状況にもかかわらず ほぼ完璧な成績で高校を卒業しました 彼は高等教育に進みたいと思いましたが 家族が 貧困線上で生活していたために 南アフリカへ労働の為に送られました 家族を養い 仕送りをするためです パトリックは高等教育への夢を 諦めませんでした 仕事の後 夜遅く 彼は勉強する方法を インターネットで探しました

デビーに会ってみましょう デビーはフロリダ出身です 彼女の両親も きょうだいも皆 誰一人大学に行っていません 彼女はずっと働きづめでした アメリカンドリームを誇りに思いながら 税金を払い 毎月の生活を やりくりしていましたが その夢は高等教育なしでは かなわないものでした しかしデビーには高等教育のための 蓄えがありません 彼女は授業料を払えません しかも仕事をやめることもできないでしょう

ワエルに会ってみましょう ワエルはシリア出身です 彼はその国が強いられた 悲劇 恐怖や失敗を 直に経験してきました 彼は教育の持つ力を 大いに信じています もし高等教育を受ける 機会を見出せば ― それは他の人に先んじる機会です ― 世界の上下をひっくり返して 生き残れる より良いチャンスが 得られる事を 彼は知っていました

高等教育のシステムは パトリックやデビー ワエルの場合 うまく機能しませんでした それとまさに同じように 何百万人もの潜在的な学生 何百万人もの高校の卒業生 何百万人もの高等教育を受ける資格のある人たち 何百万人もの勉強したがっている人たちが さまざまな理由でアクセスできないでいるのです 第一に 経済的理由です 大学教育は高価です 我々は皆それを知っています 世界の大部分において 高等教育は 平均的な市民には高嶺の花なのです これは我々の社会が直面している 最大の問題です 高等教育は全ての人の権利ではなく 少数の人の特権になっています 第二に 文化的理由です 高等教育を受ける資格のある学生で 経済的余裕があり勉強したいと思っていても できない人がいます 社会的にふさわしくないという理由からです 教育は女性の場ではないのです これは例えばアフリカの 無数の女性のケースに該当します 彼女たちは文化的な障壁のために 高等教育を受ける機会を奪われています そして第三の理由です ユネスコは 2025年には 1億人の学生が 高等教育の機会を奪われるだろうと述べています それは単に彼らを収容するだけの 充分な座席がなく 需要に応えられないという理由からです 彼らはクラス分けテストに 合格したとしても 教育を受けられないのです なぜなら授業に使える場所が ないからです

これらの理由から 私は「ユニバーシティ・オブ・ザ・ピープル」を 創設したのです これは非営利で授業料無料 かつ学位を授与可能な大学であり 通常の大学の代わりとなって 他の方法がない人たちに代わりの手段を 作るためのものです この代用手段は手頃で 大規模に実現可能なものであり 現在の教育システムを破壊し 入学資格のある全ての学生のための 高等教育の門を開きます 収入や住んでいる場所 社会からの評価とは 関係ありません パトリックやデビー ワエルは 143か国からの 1700人の受け入れ学生のうち たった3名の例にすぎません

私たちは ―(拍手)― ありがとうございます

私たちは全く新しいものを 考え出す必要はありませんでした 何がうまくいっていないかを見極め それを広めるために インターネットの驚くべき力を 使っただけです 私たちはほぼ全ての 高等教育のコストをカットできる モデルの構築に着手しました 私たちがしたのはこういうことです 第一に 煉瓦とモルタルはお金がかかります 通常の大学は バーチャルな大学には必要のない 支出をしなければならないのです 私たちはこれらの支出分の費用を 学生に課す必要がありません その支出は存在しないのです 収容力についても 心配する必要がありません バーチャルな大学では 座席の制限はありません 実際に誰も 講堂の後ろに立つ必要がないのです 学生は教科書を買う必要もありません 誰でも自由に使える教材の使用と 教授たちが寛大にも 無料で教材にアクセスできるように してくれているおかげで 学生に教科書を買わせる必要がありません ここでの教材は全て無料です 全ての大学の貸借対照表で 最も大きな額を占める教授達でさえ 学生のために無料で来てくれます その内 3000人以上が ニューヨーク、イェール、バークレイ、オックスフォードといった トップレベル大学の学長や副学長 教授やアカデミックアドバイザーで 学生を支援するために 参加してくれています 最後に 仲間同士の相互学習への信頼です 私たちはこの素晴らしい教育学上の モデルを使って 世界中の学生が交流し 一緒に学習することを勧めています そしてそれはまた 教授達の 授業課題に関わる時間的負担を 減らすためでもあります

インターネットが地球村(世界規模の共同体)を 作るとすれば このモデルは将来をリードするものに なり得ます 私たちのしていることをお見せしましょう ここで提供されるプログラムは2つだけです 経営学とコンピュータサイエンスです この2つのプログラムは 世界中で最も需要のあるものであり 学生が仕事を得る上で 最も役立つものです 学生が受け入れられると 彼らは20から30人の学生からなる 小さな教室に配置されます それは必要な場合きちんと個人的配慮を 受けられるようにするためです さらに9週間のコースごとに 彼らは世界中の 全く新しい学生たちと 次々に出会います 毎週 教室に入ると 彼らは今週の講義ノートを目にします 読書課題 宿題 そしてディスカッション用の質問 それらは学習の中核です 毎週 すべての学生が 教室での議論に参加し さらに他の人の意見に コメントしなければなりません このようにして私たちは学生の心を開き さまざまな文化に対する肯定的な 態度を育みます 週末までに 学生は小テストを受け 宿題を提出し それらはインストラクターの監督のもと 仲間によって評価され 点数を獲得し 次の週に進みます コースが終わるまでに 最終試験を受け そして成績をとり 次のコースに続きます

私たちは高等教育への門を その資格のある全ての学生に開きました 高校の卒業証書と充分な英語の能力 そしてインターネット環境を持つすべての学生が ここで 私たちと共に学べます 音声教材も ビデオも使いません ブロードバンドは必須ではないのです 世界のあらゆる地域のあらゆる学生が どんなインターネット環境下でも ここで共に学ぶことができます 授業料は無料です 学生が負担を求められるのは 試験の費用だけです 試験一つにつき100ドルです フルタイムの学士課程の学生は 40コース受講しますが 1年に1000ドル支払います 学位課程全体で4000ドルです これでさえ払えない人たちには さまざまな奨学金を提供しています 経済的理由で置き去りにされる人が 誰もいないようにするのが 私たちの使命です 2016年には5000人の学生を擁し このモデルは経済的に持続可能となります

それは5年前には 未来像でした 今日 それが現実になったのです 先月 このモデルは 最終段階の学問的保証を得ました 「ユニバーシティ・オブ・ザ・ピープル」は 今や完全に認証されたのです (拍手)

ありがとうございます

この認証によって 今こそ事業を拡大する時です 私たちはこのモデルの有効性を示してきました 大学や さらに重要な 発展途上国の政府の方々には このモデルを繰り返して 高等教育への門戸を開くことを 保証していただきたいと考えています 新しい時代が来ています この時代に 私たちは今日知る 高等教育のモデルが 崩壊し 少数者の特権から 全ての人にとっての基本的権利で 手頃で アクセス出来るものになるのを 目の当たりにするでしょう

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画