TED日本語 - カリーム・アブルナガ: 子どもたちが本当に通いたくなるサマースクールを

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - カリーム・アブルナガ: 子どもたちが本当に通いたくなるサマースクールを

TED Talks

子どもたちが本当に通いたくなるサマースクールを
A summer school kids actually want to attend
カリーム・アブルナガ
Karim Abouelnaga

内容

アメリカの低所得層の子どもたちは、その学年で学んだことの約3ヶ月分を学年が終わったあとの夏休みの間に忘れてしまいます。教育起業家でTEDフェローのカリーム・アブルナガは、この「学習喪失」を逆転させ、「落ち込みの夏」を「明るい未来に進むチャンス」に変えようとしています。

Script

Getting a college education is a 20-year investment. When you're growing up poor, you're not accustomed to thinking that far ahead. Instead, you're thinking about where you're going to get your next meal and how your family is going to pay rent that month. Besides, my parents and my friends' parents seemed to be doing just fine driving taxis and working as janitors. It wasn't until I was a teenager when I realized I didn't want to do those things. By then, I was two-thirds of the way through my education, and it was almost too late to turn things around.

When you grow up poor, you want to be rich. I was no different. I'm the second-oldest of seven, and was raised by a single mother on government aid in Queens, New York. By virtue of growing up low-income, my siblings and I went to some of New York City's most struggling public schools. I had over 60 absences when I was in seventh grade, because I didn't feel like going to class. My high school had a 55 percent graduation rate, and even worse, only 20 percent of the kids graduating were college-ready.

When I actually did make it to college, I told my friend Brennan how our teachers would always ask us to raise our hands if we were going to college. I was taken aback when Brennan said, "Karim, I've never been asked that question before." It was always, "What college are you going to?" Just the way that question is phrased made it unacceptable for him not to have gone to college.

Nowadays I get asked a different question. "How were you able to make it out?" For years I said I was lucky, but it's not just luck. When my older brother and I graduated from high school at the very same time and he later dropped out of a two-year college, I wanted to understand why he dropped out and I kept studying. It wasn't until I got to Cornell as a Presidential Research Scholar that I started to learn about the very real educational consequences of being raised by a single mother on government aid and attending the schools that I did. That's when my older brother's trajectory began to make complete sense to me.

I also learned that our most admirable education reformers, people like Arne Duncan, the former US Secretary of Education, or Wendy Kopp, the founder of Teach For America, had never attended an inner city public school like I had. So much of our education reform is driven by a sympathetic approach, where people are saying, "Let's go and help these poor inner city kids, or these poor black and Latino kids," instead of an empathetic approach, where someone like me, who had grown up in this environment, could say, "I know the adversities that you're facing and I want to help you overcome them."

Today when I get questions about how I made it out, I share that one of the biggest reasons is that I wasn't ashamed to ask for help. In a typical middle class or affluent household, if a kid is struggling, there's a good chance that a parent or a teacher will come to their rescue even if they don't ask for help. However, if that same kid is growing up poor and doesn't ask for help, there's a good chance that no one will help them. There are virtually no social safety nets available.

So seven years ago, I started to reform our public education system shaped by my firsthand perspective. And I started with summer school. Research tells us that two-thirds of the achievement gap, which is the disparity in educational attainment between rich kids and poor kids or black kids and white kids, could be directly attributed to the summer learning loss. In low-income neighborhoods, kids forget almost three months of what they learned during the school year over the summer. They return to school in the fall, and their teachers spend another two months reteaching them old material. That's five months. The school year in the United States is only 10 months. If kids lose five months of learning every single year, that's half of their education. Half.

If kids were in school over the summer, then they couldn't regress, but traditional summer school is poorly designed. For kids it feels like punishment, and for teachers it feels like babysitting. But how can we expect principals to execute an effective summer program when the school year ends the last week of June and then summer school starts just one week later? There just isn't enough time to find the right people, sort out the logistics, and design an engaging curriculum that excites kids and teachers.

But what if we created a program over the summer that empowered teachers as teaching coaches to develop aspiring educators? What if we empowered college-educated role models as teaching fellows to help kids realize their college ambitions? What if empowered high-achieving kids as mentors to tutor their younger peers and inspire them to invest in their education? What if we empowered all kids as scholars, asked them what colleges they were going to, designed a summer school they want to attend to completely eliminate the summer learning loss and close two-thirds of the achievement gap?

By this summer, my team will have served over 4,000 low-income children, trained over 300 aspiring teachers and created more than 1,000 seasonal jobs across some of New York City's most disadvantaged neighborhoods.

(Applause)

And our kids are succeeding. Two years of independent evaluations tell us that our kids eliminate the summer learning loss and make growth of one month in math and two months in reading. So instead of returning to school in the fall three months behind, they now go back four months ahead in math and five months ahead in reading.

(Applause)

Ten years ago, if you would have told me that I'd graduate in the top 10 percent of my class from an Ivy League institution and have an opportunity to make a dent on our public education system just by tackling two months of the calendar year, I would have said, "Nah. No way." What's even more exciting is that if we can prevent five months of lost time just by redesigning two months, imagine the possibilities that we can unlock by tackling the rest of the calendar year.

Thank you.

(Applause)

大学を出るとは つまり 20年を投資するということです 貧しい家庭に育つと そんな先のことまで 考えることがありません 考えるのは つぎのご飯をどうするか その月の家賃を どうやって工面するかです さらに 私の両親や 友だちの両親は タクシー運転手や用務員の仕事で 満足しているように見えました 自分は同じ道を歩みたくないのだと 私が気づいたのは 10代になってからでした ただ その頃には 学校教育の3分の2を終えており 挽回するには ほぼ手遅れといった状況でした

貧しい家庭に育つと お金持ちに憧れるものですが 私もそうでした 生活扶助に頼る母子家庭で 7人兄弟の2番目として生まれ 育ちはニューヨークのクイーンズです 低所得者層であるがゆえ 私たち兄弟が通ったのは ニューヨーク市でも 困難校とされる公立学校でした 私は 中学1年のとき 60日以上 欠席しました 単に学校に行きたくなかったからです 私の通った高校は 卒業率が55%でしたが さらに悪いことに 卒業生のうち 大学に行ける学力があったのは たった20%でした

やっと進学にこぎつけた大学で 友人のブレナンに 「大学に行きたい者は手を上げろと 先生にいつも言われていたよ」と 話したことがあります ブレナンの反応には驚きました 「僕はそんなこと 言われたことないな いつだって『どこの大学に 行きたいんだ?』だったよ」 そんな風に聞かれれば 進学しないなんて ありえないでしょう

最近 私は別の質問を されるようになりました 「どうやって その境遇から抜け出したの?」 何年もの間 「運が良かった」と答えていましたが 実は運だけではありません 兄と私は 高校を 同時に卒業しましたが 兄は2年制大学を中退しました なぜ彼が中退したのか理解したくて 勉強を続けました コーネル大学に特待研究生として 入学して初めて 生活扶助に頼る母子家庭で育ち 自分が通ったような学校に行くことが 実際に子どもの教育に どんな影響をもたらすのか知りました 兄が たどった軌跡についても それでやっと腑に落ちました

さらに知ったのは 教育改革の最高権威たる人たち 例えば 元米国教育長官の アーン・ダンカンや ティーチ・フォー・アメリカ創設者 ウェンディー・コップは 私のように貧困地区の 公立校に通ったことがないことです 多くの教育改革は 同情的な考えで動かされているのです つまり こんな感じです 「さあ かわいそうな貧困地区の子どもや 黒人、ラテン系の子どもを助けよう」 本人に寄り添った 取組みではないのです 私のような境遇で育った人なら こう言うはずです 「君らが直面している困難は分かる それを乗り越える手助けをしたいんだ」

どうやって乗り越えたのか ― 今の私の答えはこうです 「最大の理由の一つは 恥ずかしがらずに 助けを求めたことです」 一般的な中産階級や富裕層では 子どもが困っていれば たいていは 親や先生が 助けに来てくれます たとえ助けを求めなくともです でも 家が貧しい子の場合 助けを求めなければ 救いの手が差し伸べられることは まずありません 社会的なセーフティネットなど ないも同然なのです

そんなわけで 7年前 私は 自らの経験にもとづき 公教育制度の改革に乗り出しました まずはサマースクールから始めました 研究によれば 学習到達度の差 すなわち 学業成績において 豊かな子と貧しい子 黒人や白人の子の間で生まれる差は その3分の2が 夏休み中の学習喪失によるものなのです 低所得地区に住む子どもたちは その学年で学んだことの約3ヶ月分を 夏休みに忘れてしまいます ですから 秋に学校に戻ったら 前に教えたことを また2ヶ月かけて 教え直さないといけません あわせて5ヶ月のロスです アメリカで学校があるのは 一学年でたった10ヶ月です そのうちの5ヶ月を 毎年 失っていたら 就学期間の半分が無駄になります 半分ですよ

子どもたちが夏の間 学校に行けば こんな後戻りはしないでしょう でも 従来のサマースクールは 不十分なものです 子どもにとっては おしおき 教員にとっては 子守りのようなものでした でも 効果的なプログラムなど 学校側は準備できるわけがありません 6月の最終週で学年が終わってから サマースクールが始まるまで たったの1週間です それだけの時間では ふさわしい人を探して 運営まわりを調整し 子どもも教員も熱が入るような カリキュラム作りは無理です

では 教員がコーチとして 教育者の卵を育成する側に回る ― そんな夏のプログラムを 私たちの手で 作り出したらどうでしょうか? ロールモデルとなるような大卒の人に 指導助手として 子どもたちが 大学に行けるよう 手伝ってもらったら? 成績優秀な子どもたちに メンターになってもらい 下級生の勉強を見ることで 学習に対するやる気を 育てることができたとしたら? 子どもたち みんなに 「研究生」として自信を持たせ どこの大学に行きたいか聞き 子どもたちが行きたくなる サマースクールを考え 勉強したことを 夏の間に忘れることがないようにし 格差を生む理由の3分の2をなくしたら どうでしょう?

この夏までに 私たちは 低所得層の子ども4千名以上を手助けし 教師の卵 3百名以上の訓練をし 1千以上の季節労働を生み出しました ニューヨーク市で最も恵まれない地区の いくつかで実現したことです

(拍手)

私たちの教え子たちは 成功しつつあります 2年にわたる第三者評価によると 子どもたちは 夏に勉強で後れをとることがなくなり 数学で1ヶ月分 読解で2ヶ月分も 学習が進みました ですから 秋に学校に戻っても 3ヶ月遅れということはなく 数学では4ヶ月 進んでおり 読解では5ヶ月も進んでいるわけです

(拍手)

もしも10年前に 「年に2ヶ月間 頑張るだけで君も アイビー・リーグの大学を 上位10%の成績で卒業して 学校教育制度を良くできるかもしれない」 そんなことを言われていたとしたら 私はこう答えたでしょう 「まさか ありえないよ」 さらに胸が高鳴ることがあります 2ヶ月間の過ごし方を変えるだけで 5ヶ月の遅れを防げるんです 1年の残りも同じように取り組んだら すごい可能性が開けてくるでしょう

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画