TED日本語 - カリーダ・ブロヒ: 「名誉の殺人」から女性を守る為にどう動くのか

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - カリーダ・ブロヒ: 「名誉の殺人」から女性を守る為にどう動くのか

TED Talks

「名誉の殺人」から女性を守る為にどう動くのか
How I work to protect women from honor killings
カリーダ・ブロヒ
Khalida Brohi

内容

毎年千件もの「名誉の殺人」が、パキスタンで報告されています。それは結婚外での性的関係といった「恥ずべき」と考えられる行為のため、家族の一員によって行われる殺人です。カリーダ・ブロヒが、この風習で親友を失った時、それに反対する運動をしようと決意しました。しかし、彼女は、思いもよらない所からの抵抗にあったのです。彼女が守ろうとしていた正にそのコミュニティからの抵抗です。この力強く、偽りのないトークの中で、ブロヒは自身の辿って来た道のりを厳しい目で振り返り、他の情熱的な活動家に鋭い洞察を与えています。

Script

While preparing for my talk I was reflecting on my life and trying to figure out where exactly was that moment when my journey began. A long time passed by, and I simply couldn't figure out the beginning or the middle or the end of my story. I always used to think that my beginning was one afternoon in my community when my mother had told me that I had escaped three arranged marriages by the time I was two. Or one evening when electricity had failed for eight hours in our community, and my dad sat, surrounded by all of us, telling us stories of when he was a little kid struggling to go to school while his father, who was a farmer, wanted him to work in the fields with him. Or that dark night when I was 16 when three little kids had come to me and they whispered in my ear that my friend was murdered in something called the honor killings.

But then I realized that, as much as I know that these moments have contributed on my journey, they have influenced my journey but they have not been the beginning of it, but the true beginning of my journey was in front of a mud house in upper Sindh of Pakistan, where my father held the hand of my 14-year-old mother and they decided to walk out of the village to go to a town where they could send their kids to school. In a way, I feel like my life is kind of a result of some wise choices and decisions they've made.

And just like that, another of their decisions was to keep me and my siblings connected to our roots. While we were living in a community I fondly remember as called Ribabad, which means community of the poor, my dad made sure that we also had a house in our rural homeland. I come from an indigenous tribe in the mountains of Balochistan called Brahui. Brahui, or Brohi, means mountain dweller, and it is also my language. Thanks to my father's very strict rules about connecting to our customs, I had to live a beautiful life of songs, cultures, traditions, stories, mountains, and a lot of sheep. But then, living in two extremes between the traditions of my culture, of my village, and then modern education in my school wasn't easy. I was aware that I was the only girl who got to have such freedom, and I was guilty of it. While going to school in Karachi and Hyderabad, a lot of my cousins and childhood friends were getting married off, some to older men, some in exchange, some even as second wives. I got to see the beautiful tradition and its magic fade in front of me when I saw that the birth of a girl child was celebrated with sadness, when women were told to have patience as their main virtue.

Up until I was 16, I healed my sadness by crying, mostly at nights when everyone would sleep and I would sob in my pillow, until that one night when I found out my friend was killed in the name of honor.

Honor killings is a custom where men and women are suspected of having relationships before or outside of the marriage, and they're killed by their family for it. Usually the killer is the brother or father or the uncle in the family. The U.N. reports there are about 1,000 honor murders every year in Pakistan, and these are only the reported cases.

A custom that kills did not make any sense to me, and I knew I had to do something about it this time. I was not going to cry myself to sleep. I was going to do something, anything, to stop it. I was 16 -- I started writing poetry and going door to door telling everybody about honor killings and why it happens, why it should be stopped, and raising awareness about it until I actually found a much, much better way to handle this issue.

In those days, we were living in a very small, one-roomed house in Karachi. Every year, during the monsoon seasons, our house would flood up with water -- rainwater and sewage -- and my mom and dad would be taking the water out. In those days, my dad brought home a huge machine, a computer. It was so big it looked as if it was going to take up half of the only room we had, and had so many pieces and wires that needed to be connected. But it was still the most exciting thing that has ever happened to me and my sisters. My oldest brother Ali got to be in charge of taking care of the computer, and all of us were given 10 to 15 minutes every day to use it. Being the oldest of eight kids, I got to use it the last, and that was after I had washed the dishes, cleaned the house, made dinner with my mom, and put blankets on the floor for everyone to sleep, and after that, I would run to the computer, connect it to the Internet, and have pure joy and wonder for 10 to 15 minutes.

In those days, I had discovered a website called Joogle. [ Google ] (Laughter) In my frantic wish to do something about this custom, I made use of Google and discovered Facebook, a website where people can connect to anyone around the world, and so, from my very tiny, cement-roofed room in Karachi, I connected with people in the U.K., the U.S., Australia and Canada, and created a campaign called WAKE UP Campaign against Honor Killings. It became enormous in just a few months. I got a lot of support from all around the world. Media was connecting to us. A lot of people were reaching out trying to raise awareness with us. It became so big that it went from online to the streets of my hometown, where we would do rallies and strikes trying to change the policies in Pakistan for women's support. And while I thought everything was perfect, my team -- which was basically my friends and neighbors at that time -- thought everything was going so well, we had no idea a big opposition was coming to us.

My community stood up against us, saying we were spreading un-Islamic behavior. We were challenging centuries-old customs in those communities. I remember my father receiving anonymous letters saying, "Your daughter is spreading Western culture in the honorable societies." Our car was stoned at one point. One day I went to the office and found our metal signboard wrinkled and broken as if a lot of people had been hitting it with something heavy. Things got so bad that I had to hide myself in many ways. I would put up the windows of the car, veil my face, not speak while I was in public, but eventually situations got worse when my life was threatened, and I had to leave, back to Karachi, and our actions stopped.

Back in Karachi, as an 18-year-old, I thought this was the biggest failure of my entire life. I was devastated. As a teenager, I was blaming myself for everything that happened. And it turns out, when we started reflecting, we did realize that it was actually me and my team's fault.

There were two big reasons why our campaign had failed big time. One of those, the first reason, is we were standing against core values of people. We were saying no to something that was very important to them, challenging their code of honor, and hurting them deeply in the process. And number two, which was very important for me to learn, and amazing, and surprising for me to learn, was that we were not including the true heroes who should be fighting for themselves. The women in the villages had no idea we were fighting for them in the streets. Every time I would go back, I would find my cousins and friends with scarves on their faces, and I would ask, "What happened?" And they'd be like, "Our husbands beat us." But we are working in the streets for you! We are changing the policies. How is that not impacting their life?

So then we found out something which was very amazing for us. The policies of a country do not necessarily always affect the tribal and rural communities. It was devastating -- like, oh, we can't actually do something about this? And we found out there's a huge gap when it comes to official policies and the real truth on the ground.

So this time, we were like, we are going to do something different. We are going to use strategy, and we are going to go back and apologize. Yes, apologize. We went back to the communities and we said we are very ashamed of what we did. We are here to apologize, and in fact, we are here to make it up to you. How do we do that? We are going to promote three of your main cultures. We know that it's music, language, and embroidery.

Nobody believed us. Nobody wanted to work with us. It took a lot of convincing and discussions with these communities until they agreed that we are going to promote their language by making a booklet of their stories, fables and old tales in the tribe, and we would promote their music by making a CD of the songs from the tribe, and some drumbeating. And the third, which was my favorite, was we would promote their embroidery by making a center in the village where women would come every day to make embroidery.

And so it began. We worked with one village, and we started our first center. It was a beautiful day. We started the center. Women were coming to make embroidery, and going through a life-changing process of education, learning about their rights, what Islam says about their rights, and enterprise development, how they can create money, and then how they can create money from money, how they can fight the customs that have been destroying their lives from so many centuries, because in Islam, in reality, women are supposed to be shoulder to shoulder with men. Women have so much status that we have not been hearing, that they have not been hearing, and we needed to tell them that they need to know where their rights are and how to take them by themselves, because they can do it and we can't.

So this was the model which actually came out -- very amazing. Through embroidery we were promoting their traditions. We went into the village. We would mobilize the community. We would make a center inside where 30 women will come for six months to learn about value addition of traditional embroidery, enterprise development, life skills and basic education, and about their rights and how to say no to those customs and how to stand as leaders for themselves and the society. After six months, we would connect these women to loans and to markets where they can become local entrepreneurs in their communities.

We soon called this project Sughar. Sughar is a local word used in many, many languages in Pakistan. It means skilled and confident women. I truly believe, to create women leaders, there's only one thing you have to do: Just let them know that they have what it takes to be a leader. These women you see here, they have strong skills and potential to be leaders. All we had to do was remove the barriers that surrounded them, and that's what we decided to do.

But then while we were thinking everything was going well, once again everything was fantastic, we found our next setback: A lot of men started seeing the visible changes in their wife. She's speaking more, she's making decisions -- oh my gosh, she's handling everything in the house. They stopped them from coming to the centers, and this time, we were like, okay, time for strategy two. We went to the fashion industry in Pakistan and decided to do research about what happens there. Turns out the fashion industry in Pakistan is very strong and growing day by day, but there is less contribution from the tribal areas and to the tribal areas, especially women.

So we decided to launch our first ever tribal women's very own fashion brand, which is now called Nomads. And so women started earning more, they started contributing more financially to the house, and men had to think again before saying no to them when they were coming to the centers.

(Applause) Thank you, thank you.

In 2013, we launched our first Sughar Hub instead of a center. We partnered with TripAdvisor and created a cement hall in the middle of a village and invited so many other organizations to work over there. We created this platform for the nonprofits so they can touch and work on the other issues that Sughar is not working on, which would be an easy place for them to give trainings, use it as a farmer school, even as a marketplace, and anything they want to use it for, and they have been doing really amazingly. And so far, we have been able to support 900 women in 24 villages around Pakistan. (Applause)

But that's actually not what I want. My dream is to reach out to one million women in the next 10 years, and to make sure that happens, this year we launched Sughar Foundation in the U.S. It is not just going to fund Sughar but many other organizations in Pakistan to replicate the idea and to find even more innovative ways to unleash the rural women's potential in Pakistan.

Thank you so much.

(Applause) Thank you. Thank you. Thank you.

Chris Anderson: Khalida, you are quite the force of nature. I mean, this story, in many ways, just seems beyond belief. It's incredible that someone so young could do achieve this much through so much force and ingenuity. So I guess one question: This is a spectacular dream to reach out and empower a million women -- how much of the current success depends on you, the force of this magnetic personality? How does it scale?

Khalida Brohi: I think my job is to give the inspiration out, give my dream out. I can't teach how to do it, because there are so many different ways. We have been experimenting with three ways only. There are a hundred different ways to unleash potential in women. I would just give the inspiration and that's my job. I will keep doing it. Sughar will still be growing. We are planning to reach out to two more villages, and soon I believe we will be scaling out of Pakistan into South Asia and beyond.

CA: I love that when you talked about your team in the talk, I mean, you were all 18 at the time. What did this team look like? This was school friends, right?

KB: Do people here believe that I'm at an age where I'm supposed to be a grandmother in my village? My mom was married at nine, and I am the oldest woman not married and not doing anything in my life in my village.

CA: Wait, wait, wait, not doing anything?

KB: No. CA: You're right.

KB: People feel sorry for me, a lot of times.

CA: But how much time are you spending now actually back in Balochistan? KB: I live over there. We live between, still, Karachi and Balochistan. My siblings are all going to school. I am still the oldest of eight siblings.

CA: But what you're doing is definitely threatening to some people there. How do you handle safety? Do you feel safe? Are there issues there?

KB: This question has come to me a lot of times before, and I feel like the word "fear" just comes to me and then drops, but there is one fear that I have that is different from that. The fear is that if I get killed, what would happen to the people who love me so much? My mom waits for me till late at night that I should come home. My sisters want to learn so much from me, and there are many, many girls in my community who want to talk to me and ask me different things, and I recently got engaged. (Laughs) (Applause)

CA: Is he here? You've got to stand up. (Applause)

KB: Escaping arranged marriages, I chose my own husband across the world in L.A., a really different world. I had to fight for a whole year. That's totally a different story. But I think that's the only thing that I'm afraid of, and I don't want my mom to not see anyone when she waits in the night.

CA: So people who want to help you on their way, they can go on, they can maybe buy some of these clothes that you're bringing over that are actually made, the embroidery is done back in Balochistan?

KB: Yeah.

CA: Or they can get involved in the foundation.

KB: Definitely. We are looking for as many people as we can, because now that the foundation's in the beginning process, I am trying to learn a lot about how to operate, how to get funding or reach out to more organizations, and especially in the e-commerce, which is very new for me. I mean, I am not a fashion person, believe me.

CA: Well, it's been incredible to have you here. Please go on being courageous, go on being smart, and please stay safe.

KB: Thank you so much. CA: Thank you, Khalida. (Applause)

このトークの準備をしている間 私は自分の人生を思い起こし この旅が始まったのは いつで 正確にはどこだったのかを知ろうとしました 長い時間が過ぎ去り 私は単に自分の物語の 始まり 半ば 終わりが分からなかったのです 始まりは私が2歳までに 3つの決められた結婚を逃れたと 母から聞かされた コミュニティでのある午後だったと いつも思っていました 又はコミュニティで8時間 電気がつかなくなって 父が私たち皆に囲まれて座り 自分が 子どもの頃苦学した話を してくれた夜だったかも知れません 祖父は農夫で 父に畑で 働かせたかったのです 16歳だった時の ある暗い夜 3人の子どもが私の元に来て 耳元でこう囁きました あなたの友達が「名誉の殺人」 とやらで殺されたよ

しかしその時 私は はっきりと分かりました これらのことが 私の旅の 最大のきっかけとなったのだと その出来事は私を旅へと つき動かしたのです しかしそこが始まりではありませんでした 私の本当の旅の始まりは パキスタンの奥地シンドにある 泥で出来た家の前でした そこで父は14歳の母の手を取って 歩いて村を出て 子供を学校に行かせられる町まで 行こうと決めたのです ある意味で 私の人生は 両親が下したある賢明な選択と 判断の結果のようだと感じています

それと全く同様に 両親のもう一つの決断は 私やきょうだいを故郷と繋げておく事でした 私たちは たわいなく 貧乏人の町 という意味のリババッドと呼ばれていた コミュニティに 住んでいましたが 父は必ず田舎の故郷の家を持つと 決めていました 私はブラフイというバロキスタンの山奥の 極貧の部族出身でした ブラフイやブロヒは 山の住人という意味で 私たちの言語の名前でもあります 父の 自分たちの慣習に従う 非常に厳格な習わしのお蔭で 歌、文化、伝統、物語、山、沢山の羊が 身近な 素晴らしい 生活をする事が出来ました 当時の私には 自分の村の伝統的な生活と 現代的な学校で教育を受ける 両極端な生活を送ることは大変でした 私は自分がそんな自由を持つ唯一の 女子だと気づいていました そしてそのことに罪悪感を持っていました 私がカラチやハイデラバードの 学校に通っている間 多くの従妹や幼なじみは 結婚していきました 年上の男性と結婚する人 「償いの結婚」をする人 第二夫人となる人もいました 美しい伝統も目にしましたが その魅力も 女の子が産まれたら落胆されることや 女性は忍耐が美徳とされることで 消えていきました

16歳になるまで 私は悲しみを 泣くことで癒していました 皆が寝静まった夜は大抵 枕に顔を埋め むせび泣いていました 友人が「名誉の殺人」という名の下で 殺されたと分かった あの夜まではです

「名誉の殺人」は慣習です 男女が婚外又は婚前に関係を疑われたら 彼女の家族によって殺されるのです 普通殺すのは その家族の 兄弟や父や叔父です 国連の報告によると 毎年パキスタンでは 約千件の「名誉の殺人」が行われています しかもその件数は報告されたものだけです

私にはその殺人の意味が全く分からず これをどうにかしなければ ならないと思いました 寝床で 一人泣くのではなく それを止める為に何かをしようと 思いました 私は16歳--詩を書き 一軒一軒家を回り 皆に 「名誉の殺人」 が何故起きたのか 何故それを止めさせるべきなのかを語り 意識を高める運動を起こし始めました 実際この問題を扱うもっと ずっと良い方法を見出すまで続けました

当時私たちはカラチにある 一部屋の とても小さな家に住んでいました 毎年モンスーンの季節の間 私たちの家は水に浸かっていました 雨水と下水です 母と父でその水を外に掻き出したものです その頃 父は家に大きな機械 コンピューターを持ち込んで来ました それはとても大きくて まるで 部屋の半分を占領するかに見えました 又それに接続するのに必要な 沢山の部品やワイヤーが付いていました それは私や妹たちにとってそれまでの中で 最もワクワクするものだったのです 一番上の弟 アリは コンピューターを 管理する担当になり 私たちは皆 毎日それを 10分から15分使いました 8人の子供たちの長子として 私はそれを最後に使いました 母と皿を洗い家の掃除をし 食事の用意をし 床に皆が寝る毛布を敷き その後ようやくコンピューターに向かい それをインターネットに繋ぎました そして10分から15分の純粋な 喜びと驚きの時間を過ごしたのです

その時「ジーグル」というウェブサイトを発見しました [ グーグル ] (笑) 私はこの慣習に関して何かを 行いたいと心から願っていた中で グーグルを利用し フェイスブックを見つけました 人々が世界中の誰かと 繋がる事の出来るウェブサイトです 私のカラチにあるとても小さな セメントで出来た屋根の家から イギリス、アメリカ、オーストラリアそして カナダの人たちとつながりました そこで「名誉の殺人」に反対する WAKE UP運動という 活動組織を立ち上げたのです それはわずか数か月で 巨大なものになりました 世界中から多くの支援を受けました メディアから取材されるようになり 多くの人々が私たちの意識を高めようと 支援の手を差し伸べて来ました その動きはとても大きくなり オンラインから故郷の隅々まで広がり 私たちは女性の支援の為に 故郷でも 集会やストライキを行い パキスタンの政策を変えようとしました 全てが上手くいったと思っていた時 私のチーム つまり基本的には 当時私の友人や近所の人たちは 万事上手くいっていると思っていましたが 大きな反対勢力が 近づいているとは知りませんでした

私のコミュニティが 反イスラム的な行動を 広げていると言って 私たちの団体に向かって立ち上がったのです 私たちはこの地区に伝わる 何世紀も続く慣習に異議を唱えていました 父が匿名の手紙を受け取ったのを 覚えています それには こう書いてありました 「お前の娘はこの誉れ高き社会に 西洋の文化を広めようとしている」 我が家の車には石がぶつけられました ある日事務所に行くと 金属の看板が 沢山の人から何か重い物を 投げつけられたように壊されていました 事態は悪化して来たので私は様々な方法で 身を隠さなければなりませんでした 車の窓ガラスを閉めて 公の前では顔をベールで纏い しゃべりませんでした しかし結局状況はより悪化し 私は命を脅かされ そこから撤退しカラチに戻り 私たちは活動を停止せざるを得なくなりました

18歳でカラチに戻り これは自分の人生における 最大の失敗だと思いました 私は打ちのめされました ティーンエイジャーの私は起こった 全ての事を自分のせいだと責めました そして振り返ってみると 確かにそれは 私や私のグループのせいだったと 分かりました

私たちの活動が大きな失敗となった 大きな理由が2つありました その内 1つ目の理由は 人々の核となる価値感に反して 立ち上がったという事です 私たちは彼らにとって非常に重要なものに 対してノーを突き付けたのです 彼らの名誉の習慣に異議を唱え その過程で彼らを深く傷つけていたのです そして2つ目はとても私にとって重要で 驚くべき 意外なものだったのですが 本来 自ら立ち上がるべき 真の英雄たちを この活動に 巻き込んでいなかったのです 村の女性たちは 地域で自分たちの為に 戦っていた事を知りませんでした ― 戻って来る度に 顔に傷のある従妹や友人を 見つけました 私は尋ねました「何が起こったの?」 すると彼女たちは言いました 「夫が私たちに暴力を振るうのよ」 でも私たちはあなたたちの為に 地元で運動しているのよ! 私たちは政策を変えようとしている それなのに何故彼女たちの 生活が変わらないのだろう?

そこで私たちは とても驚くべきことに 気づきました 国の政策が必ずしも部族や地方の コミュニティに 影響を与えるとは限らないのです それは衝撃的でした ― 私たちは実際 何も出来てないのではないだろうか? 私たちは公的な政策と現場での本当の真実には 大きなギャップがある事に気づきました

それで今度は何か違う事を しようと思いました 戦略を使おうとしました 戻って謝ろうとしました そうです 謝るのです 私たちはコミュニティに戻って 自分たちがやってきた事をとても 恥ずかしく思うと言いました 私たちは謝りに来たし 実際あなたたちに 償いをしに来たのだと言いました それをどんな風にしたのでしょうか? 3つの主な文化を推進しようと思っています それは音楽、言語 そして刺繍だと思います

初めは誰も私たちを 信じてくれませんでした 誰も私たちと共に 運動したがりませんでした これらのコミュニティと時間をかけて 話し合い 皆を納得させました その部族の伝説 昔話や 彼らの 語りを冊子にして 彼らの言語を促進し 彼らの太鼓の音や 部族の歌のCDを作り 彼らの音楽を売り込む事に 同意を取り付けるまで話し合ったのです 3つ目は私が気に入っている事なのですが 村にセンターを作り 彼女らの刺繍を 販売促進するようにしています そこに女性が毎日刺繍をしに来るのです

これはそうやって始まりました 私たちはある村と協力し 最初のセンターを開設しました 良い天気に恵まれた その日 センターを開きました 女性たちは刺繍をしにやって来ました そして人生を変える教育の過程を通して 自分たちの権利や イスラム教が女性の権利について 何と言っているのか 事業を発展させ どうやってお金を稼ぐのか そこからどうやって更に利益を上げるのか 彼女らがどうやって自分たちの生活を 何世紀も前から破壊し続けている 習慣と戦えるのかを学んでいます 何故なら 現実にイスラム社会では 女性は男性と肩を並べて 然るべきだからです 女性には 私たちが そして彼女らが 聞かされていない数多くの 社会的地位があります そして彼女らには知る必要があると 言わなければなりません 自分たちの権利がどこにあるのか それを自分で掴み取るやり方を 彼女らには出来て 私たちには出来ない事だからです

だからこれは実際に広まった見本でした?? とても驚くべき事です 刺繍を通して私たちは 彼女らの伝統を奨励しました 私たちは村に入りコミュニティを 結集させました 私たちはセンターを作り その中で やって来た30人の女性に 6ヶ月間 伝統的な刺繍の さらなる価値についてを学ばせました 事業の発展 生活技術と 基本的な教育について 又自分たちの権利と 悪習に対しノーとどうやって言うのか 自分たちそして社会の為に リーダーとしてどうやって立ち上がるのか 6ヶ月後私たちは 借り入れを手助けし 彼らが自分たちのコミュニティで 地元の起業家になれる市場に繋げました

私たちは程なく このプロジェクトを スガーと呼びました スガーはパキスタンの数多くの 言語の中で使われる地元の言葉です それは技術と自信を持った女性 という意味です 女性のリーダーを作る為にしなければ ならない事はただ一つだと心から信じています つまり彼女たちにはリーダーとなる 資質があるのだと知らせる事です ここで皆さんがご覧の女性たちは リーダーとなるべき 力強い技術と可能性を持っています 私たちは彼女らを阻む障壁を 取り除きさえすれば良いのです 私たちはそれをしようと決めました

しかしその後全てが 上手くいっていると思っている内に 再び全てがとんでもない事になりました 次なるつまずきが待ち受けていました 多くの男性が自分たちの妻の 目に見える変化に気づき始めたのです 妻が意見するようになり 決定を下すようになり 大変!妻は家の問題全てを 仕切るようになったのです 夫は妻をセンターに 行かせないようにしました 2つ目の戦略を使う時がきました 私たちはパキスタンの ファッション業界に赴きました そしてそこで何が起こっているのか 調査する事に決めました パキスタンでのファッション業界は日増しに とても強力に発展していると分かりますが 部族地区からの協力はあまり得られません 部族地区の特に女性に対しての 協力が得られないのです

それで私たちは現在「ノマド」と呼ばれる 正に部族女性自身の初の ファッションブランドに着手しました そして女性たちはより多くの 収入を得始めたのです 彼女たちは家庭により多くの 経済的貢献をするようになりました それで男性は センターに行こうとする妻に 駄目だと言う前に 考え直さなければならなくなったのです

(拍手) ありがとう ありがとう

2013年に私たちはセンターの代わりに 最初のスガーハブを開始しました トリップアドバイザーと共同で 村の中心部に セメントで出来たホールを作り そこで働く他の多くの組織を招き入れました 私たちはこの非営利団体の拠り所を作り スガーが取り組んでいない他の問題を扱い 取り組めるようにしました そこは彼女たちに訓練を 施し易い場所となり 農業訓練や商品の売買の場として 又やりたい事を何でも出来る場所 としてそこを使い 本当に驚く程皆はその場を使っています 今の所 パキスタン周辺の24の村の900人の 女性を支援する事が出来ています (拍手)

しかし実はそれが 私のやりたい事ではないのです 私の夢はあと10年で 百万人の女性に援助の手を差し伸べる事で それを確実にする為に 今年私たちはアメリカで スガー基金を開始しました それは単にスガーに資金を提供しようと するのではなくパキスタンの他の多くの組織が アイディアを再現し パキスタンに住む農村の女性の束縛を解く より刷新的な方法を見い出す為です

どうも有難うございました

(拍手) 有難うございました

(クリス・アンダーソン)カリーダ あなたは本当に凄い力の持ち主ですね 色んな意味で この話は 信じられないくらいです こんなに若い人が非常に 多くの力や創意をもって 沢山の事を成し遂げられるなんて 信じられません そこで一つ質問ですが これは百万人の女性に支援の手を差し伸べ 力を与える壮大な夢ですが 現時点での成功はどれ位あなたに つまり あなたのその人間的魅力の力に よるのでしょうか? その夢をどこまで広げるおつもりですか?

(カリーダ・ブロヒ)私の仕事は素晴らしい着想を皆に与え 自分の夢を発信する事なのです 多くの違う方法があるので やり方を教える事は出来ません 私たちは3つの方法だけで試みています 女性の可能性を押し進める 沢山の異なる方法があります ただ着想を与えるだけなのです それが私の仕事です それをやり続けるつもりです スガーは拡大し続けるでしょう 私たちはもう2つの村に 支援の手を差し伸べる予定です 間もなくパキスタンからアジア南部 そしてその先にも 支援が広がるだろうと信じています

トークの中で自分のチームの事を 話しているのが素晴らしかったのですが 当時あなたは18歳でしたよね そのチームとはどんなものですか? これは学校の友人ですよね?

皆さん 村では私が おばあさんになるような年だと 思っているんですよ 私の母は9歳で結婚しました 私は村で一番年長の未婚女性で 人生で何も成し遂げていないのですよ

ちょっと待って下さい 「何も」ですって?

カリーダ: 何もしていません クリス: 伝統的にはそうですね

皆私を気の毒に思ってくれていますよ 大抵ね

しかし実際現在バロキスタンで どれ位の時間を過ごされていますか? そこに住んでいますよ まだカラチとバロキスタンを 行ったり来たりです きょうだいは皆学校に行っています 私は未だに8人きょうだいの長子なのです

でもあなたがやっている事を 確実に脅威と捉える人もいる訳ですよね どうやって安全を確保していますか? 安心できますか? 危険が迫っていますか?

その質問はこれまで 何度も訊かれた事なのですが 「恐怖」という言葉がただ私に襲って来て その後見えなくなるという感じですが それとは異なる恐怖 というものがあります その恐怖とはもし私が殺されたら 私を心から愛してくれている人たちが どうなるだろうかというものです 母は 夜遅くまで私の帰りを待っています 妹たちは私からもっと多くの事を 学びたがっています それに私のコミュニティには 私と話し 色々な事を 聞きたがってる多くの少女たちがいます それに私は最近婚約しました (笑) (拍手)

彼はここに来ていますか? 立って下さい (拍手)

決められた結婚から逃れて 本当に違う世界LAに渡って 私は自分で夫を選びました 丸一年戦わなければなりませんでした それは全く別の話です でもそれは私が恐れる唯一の事だと 思っていますし 夜 母が私の帰りを待っている時 危ない目に遭って欲しくありません

あなたを助けようとする人たちは 彼らは支援を続けられますね おそらくあなたが持ち込み バロキスタンで実際作られ 刺繍が施された 服を買ってくれるかもしれませんね

そうです

その人たちは財団に 関わる事も出来ますよね

もちろんです 私たちは出来るだけ 多くの人の助けが必要です 現在 財団は設立の初期の段階ですし 私はその運営の仕方について 色々と学ばなければなりません 資金を得る方法 より多くの組織との コミュニケーションの取り方 特にネット販売は私にとって とても目新しいものです 私はファッションに 詳しい人間ではないのです 本当です

登壇していただけて光栄です どうぞ勇敢で 賢明であり続け どうかご無事でいて下さい

(カリーダ)有難うございました (クリス)ありがとう カリーダ(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画