TED日本語 - レイラ・ホテイト: アラブのビジネスウーマンが教える、成功のための3つの教訓

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - レイラ・ホテイト: アラブのビジネスウーマンが教える、成功のための3つの教訓

TED Talks

アラブのビジネスウーマンが教える、成功のための3つの教訓
3 lessons on success from an Arab businesswoman
レイラ・ホテイト
Leila Hoteit

内容

アラブの働く女性は、男性よりもずっと多くの責務に追われ、欧米の女性よりも多くの文化的な保守性に直面してきました。アラブの女性たちが成し遂げたことから、粘り強さ、競争、優先順位、進歩について私たちは何を学べるでしょうか。アブダビでのエンジニア、活動家、そして母親としての自身の道のりを辿りながら、レイラ・ホテイトが、現代社会で活躍するための3つの教訓を紹介します。

Script

"Mom, who are these people?" It was an innocent question from my young daughter Alia around the time when she was three. We were walking along with my husband in one of Abu Dhabi's big fancy malls. Alia was peering at a huge poster standing tall in the middle of the mall. It featured the three rulers of the United Arab Emirates. As she tucked in my side, I bent down and explained that these were the rulers of the UAE who had worked hard to develop their nation and preserve its unity. She asked, "Mom, why is it that here where we live, and back in Lebanon, where grandma and grandpa live, we never see the pictures of powerful women on the walls? Is it because women are not important?"

This is probably the hardest question I've had to answer in my years as a parent and in my 16-plus years of professional life, for that matter. I had grown up in my hometown in Lebanon, the younger of two daughters to a very hard-working pilot and director of operations for the Lebanese Airlines and a super-supportive stay-at-home mom and grandma. My father had encouraged my sister and I to pursue our education even though our culture emphasized at the time that it was sons and not daughters who should be professionally motivated. I was one of very few girls of my generation who left home at 18 to study abroad. My father didn't have a son, and so I, in a sense, became his.

Fast-forward a couple of decades, and I hope I didn't do too badly in making my father proud of his would-be son. As I got my Bachelor's and PhD in electrical engineering, did R & D in the UK, then consulting in the Middle East, I have always been in male-dominated environments. Truth be told, I have never found a role model I could truly identify with. My mother's generation wasn't into professional leadership. There were some encouraging men along the way, but none knew the demands and pressures I was facing, pressures that got particularly acute when I had my own two beautiful children. And although Western women love to give us poor, oppressed Arab women advice, they live different lives with different constraints.

So Arab women of my generation have had to become our own role models. We have had to juggle more than Arab men, and we have had to face more cultural rigidity than Western women. As a result, I would like to think that we poor, oppressed women actually have some useful, certainly hard-earned lessons to share, lessons that might turn out useful for anyone wishing to thrive in the modern world. Here are three of mine.

[ "Convert their sh*t into your fuel." ]

(Laughter)

(Applause)

There is this word that everybody is touting as the key to success: resilience. Well, what exactly is resilience, and how do you develop it? I believe resilience is simply the ability to transform shit into fuel.

In my previous job, well before my current firm, I was working with a man we will call John. I had teamed up with John and was working hard, hoping he would notice how great I was and that he would come to support my case to make partner at the firm. I was, in addition to delivering on my consulting projects, writing passionately on the topic of women economic empowerment. One day, I got to present my research to a roomful of MBA students. John was part of the audience listening for the first time to the details of my study. As I proceeded with my presentation, I could see John in the corner of my eye. He had turned a dark shade of pink and had slid under his chair in apparent shame.

I finished my presentation to an applauding audience and we rushed out and jumped into the car. There he exploded. "What you did up there was unacceptable! You are a consultant, not an activist!" I said, "John, I don't understand. I presented a couple of gender parity indices, and some conclusions about the Arab world. Yes, we do happen to be today at the bottom of the index, but what is it that I said or presented that was not factual?"

To which he replied, "The whole premise of your study is wrong. What you are doing is dangerous and will break the social fabric of our society." He paused, then added, "When women have children, their place is in the home."

Time stood still for a long while, and all I could think and repeat in the chaos of my brain was: "You can forget about that partnership, Leila. It's just never going to happen." It took me a couple of days to fully absorb this incident and its implications, but once I did, I reached three conclusions. One, that these were his issues, his complexes. There may be many like him in our society, but I would never let their issues become mine. Two, that I needed another sponsor, and fast.

(Laughter)

I got one, by the way, and boy, was he great. And three, that I would get to show John what women with children can do. I apply this lesson equally well to my personal life. As I have progressed in my career, I have received many words of encouragement, but I have also often been met by women, men and couples who have clearly had an issue with my husband and I having chosen the path of a dual-career couple.

So you get this well-meaning couple who tells you straight out at a family gathering or at a friends gathering, that, come on, you must know you're not a great mom, given how much you're investing in your career, right? I would lie if I said these words didn't hurt. My children are the most precious thing to me, and the thought that I could be failing them in any way is intolerable. But just like I did with John, I quickly reminded myself that these were their issues, their complexes. So instead of replying, I gave back one of my largest smiles as I saw, in flashing light, the following sign in my mind's eye.

[ Be happy, it drives people crazy. ]

(Applause)

You see, as a young woman in these situations, you have two options. You can either decide to internalize these negative messages that are being thrown at you, to let them make you feel like a failure, like success is way too hard to ever achieve, or you can choose to see that others' negativity is their own issue, and instead transform it into your own personal fuel. I have learned to always go for option two, and I have found that it has taken me from strength to strength. And it's true what they say: success is the best revenge.

Some women in the Middle East are lucky enough to be married to someone supportive of their career. Correction: I should say "smart enough," because who you marry is your own choice, and you'd better marry someone supportive if you plan to have a long career. Still today, the Arab man is not an equal contributor in the home. It's simply not expected by our society, and even frowned upon as not very manly. As for the Arab woman, our society still assumes that her primary source of happiness should be the happiness and prosperity of her children and husband. She mostly exists for her family. Things are changing, but it will take time.

For now, it means that the professional Arab woman has to somehow maintain the perfect home, make sure that her children's every need is being taken care of and manage her demanding career. To achieve this, I have found the hard way that you need to apply your hard-earned professional skills to your personal life. You need to work your life.

Here is how I do this in my personal life. One thing to know about the Middle East is that nearly every family has access to affordable domestic help. The challenge therefore becomes how to recruit effectively. Just like I would in my business life, I have based the selection of who would support me with my children while I'm at work on a strong referral. Cristina had worked for four years with my sister and the quality of her work was well-established. She is now an integral member of our family, having been with us since Alia was six months old. She makes sure that the house is running smoothly while I'm at work, and I make sure to empower her in the most optimal conditions for her and my children, just like I would my best talent at work. This lesson applies whatever your childcare situation, whether an au pair, nursery, part-time nanny that you share with someone else. Choose very carefully, and empower.

If you look at my calendar, you will see every working day one and a half hours from 7pm to 8: 30pm UAE time blocked and called "family time." This is sacred time. I have done this ever since Alia was a baby. I do everything in my power to protect this time so that I can be home by then to spend quality time with my children, asking them about their day, checking up on homework, reading them a bedtime story and giving them lots of kisses and cuddles. If I'm traveling, in whatever the time zone, I use Skype to connect with my children even if I am miles away. Our son Burhan is five years old, and he's learning to read and do basic maths.

Here's another confession: I have found that our daughter is actually more successful at teaching him these skills than I am.

(Laughter)

It started as a game, but Alia loves playing teacher to her little brother, and I have found that these sessions actually improve Burhan's literacy, increase Alia's sense of responsibility, and strengthen the bonding between them, a win-win all around.

The successful Arab women I know have each found their unique approach to working their life as they continue to shoulder the lion's share of responsibility in the home.

But this is not just about surviving in your dual role as a career woman and mother. This is also about being in the present. When I am with my children, I try to leave work out of our lives. Instead of worrying about how many minutes I can spend with them every day, I focus on turning these minutes into memorable moments, moments where I'm seeing my kids, hearing them, connecting with them.

[ "Join forces, don't compete." ]

Arab women of my generation have not been very visible in the public eye as they grew up. This explains, I think, to some extent, why you find so few women in politics in the Arab world. The upside of this, however, is that we have spent a lot of time developing a social skill behind the scenes, in coffee shops, in living rooms, on the phone, a social skill that is very important to success: networking. I would say the average Arab woman has a large network of friends and acquaintances. The majority of those are also women.

In the West, it seems like ambitious women often compare themselves to other women hoping to be noticed as the most successful woman in the room. This leads to the much-spoken-about competitive behavior between professional women. If there's only room for one woman at the top, then you can't make room for others, much less lift them up.

Arab women, generally speaking, have not fallen for this psychological trap. Faced with a patriarchal society, they have found that by helping each other out, all benefit.

In my previous job, I was the most senior woman in the Middle East, so one could think that investing in my network of female colleagues couldn't bring many benefits and that I should instead invest my time developing my relationships with male seniors and peers. Yet two of my biggest breaks came through the support of other women. It was the head of marketing who initially suggested I be considered as a young global leader to the World Economic Forum. She was familiar with my media engagements and my publications, and when she was asked to voice her opinion, she highlighted my name. It was a young consultant, a Saudi lady and friend, who helped me sell my first project in Saudi Arabia, a market I was finding hard to gain traction in as a woman. She introduced me to a client, and that introduction led to the first of very many projects for me in Saudi. Today, I have two senior women on my team, and I see making them successful as key to my own success. Women continue to advance in the world, not fast enough, but we're moving.

The Arab world, too, is making progress, despite many recent setbacks. Just this year, the UAE appointed five new female ministers to its cabinet, for a total of eight female ministers. That's nearly 28 percent of the cabinet, and more than many developed countries can claim. This is today my daughter Alia's favorite picture. This is the result, no doubt, of great leadership, but it is also the result of strong Arab women not giving up and continuously pushing the boundaries. It is the result of Arab women deciding every day like me to convert shit into fuel, to work their life to keep work out of their life, and to join forces and not compete.

As I look to the future, my hopes for my daughter when she stands on this stage some 20,30 years from now are that she be as proud to call herself her mother's daughter as her father's daughter.

My hopes for my son are that by then, the expression "her mother's son" or "mama's boy" would have taken on a completely different meaning.

Thank you.

(Applause)

「ママ この人たち誰?」 娘のアリアが 3歳くらいの頃の 無邪気な質問でした アブダビの大きなショッピングモールで 夫も一緒にいたときのことです 娘はモールの中にそびえ立つ 大きなポスターをじっと見ていました アラブ首長国連邦の 3人の首長のものでした 寄ってきた娘に 身をかがめ説明しました 「この人たちは 国を発展させながら 1つにまとめるために 一生懸命に働いた 首長さんなんだよ」 すると娘は「ママ どうして 私たちの住んでいるところでも レバノンのおじいちゃん おばあちゃんのところでも 偉い女の人の写真は壁に飾ってないの? 女の人は重要じゃないってこと?」 と言いました

親としてこれまで答えた中で 最も難しい質問だった気がします 16年以上の社会経験の中でも トップクラスの難しさでした 私はレバノンで育ちました 姉が1人いて 父は勤勉なパイロットで レバノンの航空会社の 業務部長でもありました 母と祖母は主婦で 私たちをいつも支えてくれていました 父は私と姉の進学を 応援してくれました 当時の私たちの文化では キャリアに意欲を持つのは 女子ではなく男子であるべきだという 風潮が強いのにもかかわらずです 私は同世代の女子の中で 海外で学ぶために 18才で家を出た ごく少数の内の1人でした 父には息子がいなかったので ある意味 私がそんな存在となりました

時は流れ 数十年後の今 父が「自慢の息子」と思える程度には よくやってきたと 思いたいところです 電気工学で学士と博士号を取得し 英国での研究開発を経て 中東ではコンサル業に携わる中 私は常に男性優位な環境にいました 正直な話 自分を重ねて見れるような 手本となる人に出会ったことがありません 母の世代は社会での出世などには 関心がありませんでした 励ましてくれるような 男の人たちもいましたが 私が直面していた 責任やプレッシャーのことも 特に2人の子供が生まれてから 厳しくなったことなども誰も知りませんでした 欧米の女性は抑圧された可哀想な アラブの女性に助言したがりますが そもそも制約の異なる 違う人生を生きているのです

私の世代のアラブ女性は自分が 自らの手本となるしかありませんでした アラブ男性よりも こなすべきことは多く 欧米の女性よりも多くの 文化的な保守性に直面してきました その結果 私たちのような 「抑圧された可哀想な女性」は 共有する価値のある実践的な教訓を 苦労して手にしたと思うのです おそらく現代社会で うまくやっていきたいと考える人 誰にとっても役立つでしょう 私からの教訓は3つです

[“クソ”な出来事を燃料へ変換せよ]

(笑)

(拍手)

誰もが口を揃えて成功の鍵だと言う ある言葉があります 「レジリエンス」です では レジリエンスとはどんなもので どう育てたらよいのでしょう 私はレジリエンスとはつまり イヤなことを 燃料に変換する能力だと考えています

現在の職場より かなり前の仕事でのことですが ある男性と働いていました ジョンとしましょう ジョンと組んで 一生懸命働いていました そのうち 私の実力に気づき 会社での出世の後ろ盾に なってくれればと願っていました 私はコンサルティング案件を やり遂げていくだけでなく 女性の経済力強化を題材にした研究にも 熱心に取り組んでいました ある日 MBA学生たちに 自分の研究について講義する機会がありました ジョンも聴講席にいて 私の研究の詳細については 初めて聴いていました プレゼンを進めていくと 視界の片隅にジョンが見えました 顔が真っ赤になっていて 明らかに恥じている様子で 椅子に沈み込んでいました

拍手喝采の中 私はプレゼンを終え 二人で急いで車に乗り込みました そこでジョンは怒りを爆発させました 「さっきのアレは一体何だったんだ! 君はコンサルタントで 活動家じゃないだろう!」 私は「ジョン 意味がわからないわ 私は男女の教育格差指数と アラブ諸国について 研究結果をいくつか 話しただけじゃないの 確かに この国の指数は 今は最下位レベルだけど でも 事実じゃないことなんて 言ってはいないでしょう?」

返ってきた答えは 「君の研究の前提すべてが間違っている 君がしていることは危険で 我々の社会構造を壊しかねない」 ジョンは少し黙ってから こう言い足しました 「女が子供を持ったら それからの居場所は家なんだ」

長いこと時間が止まったように感じ 混乱する頭の中は こんなことでいっぱいでした 「出世のことなんか 忘れたらいいのよ 絶対無理なんだから」 この出来事とその含みを理解し 完全に消化するのに数日かかりましたが いったんしてしまうと 3つの結論が出てきました 1つめ これはジョンの問題で 彼のコンプレックスだということ このような人は社会には沢山いますが 彼らの問題を決して 自分のものとはしないこと 2つめ 新たなスポンサーが必要 それもすぐにです

(笑)

スポンサーは見つかり とっても良い人でした 3つめ 子持ちの女として成功することで ジョンを見返してやろうと思ったのです 私はこの教訓を私生活でも活用しています キャリアを築いてきた中で 励ましの言葉も沢山もらいましたが 同時に 私と夫が 共働きの道を選んだことに 明らかに不服である女性や男性夫婦に 頻繁に出くわしました

家族の集まりや友達の集まりで 悪気はないのでしょうが 遠慮なくこんなことを 言う夫婦がいたりします 「いいお母さんじゃないって 自分でわかってるわよね そこまで仕事にかまけているんだから」 こういう言葉に傷つかないといえば 嘘になります 子供たちは私にとって 何よりも大切なものです 親の務めを果たしていないとなど 考えるだけで耐えられません ですが ジョンと同じように その人たち自身の問題であり コンプレックスであると すぐに気がつきました そこで 言い返す代わりに 自分の最高の笑顔を返しました 心の中でこんなサインが 光って見えたからです

[幸せでいることで見せつけよう]

(拍手)

若い女性なら こんな状況では 選択肢は2つしかありません 自分に投げつけられた ネガティブな言葉を 自分の中に取り入れ そのせいで落伍者のように感じ 成功は決して手が届かぬものであるとするか 他者のネガティブさを 彼らの問題であると認識し 自分の燃料に変換することを 選ぶかのどちらかです 私は常に2つめの選択肢を 選ぶことを学び おかげで成功に一歩ずつ 近づいてきたことがわかりました よく言われるように 成功は最大の復讐なのです

中東の女性の一部は 「幸運にも」働くことを応援してくれる 男性と結婚しています 訂正します 「賢く」と言うべきでしょうね 誰と結婚するかは自らの選択であり 長く働くことを考えるのなら 支えてくれる人と結婚しないとダメです 現代でも アラブの男性は 家事を平等に分担することはありません 単に社会から期待されていないのと 男らしくないと 冷たい目で見られたりさえするからです アラブの女性に対しては 夫と子供たちの幸せと成功を 幸せの第一条件とするべきと 決めつける社会です 女性は家族のために 存在しているという考え方です 変化は起こりつつありますが 時間がかかります

今のところ 仕事を持つアラブ女性は 何とかして家を完璧に整え 子供たちの世話もすべて済ませ 忙しい仕事もこなさなければなりません 苦労の末に分かったのですが これを成し遂げるには 自分が頑張って身につけた専門スキルを 私生活にも活かす必要があります 人生自体を仕事にするのです

私がどうしているかをお見せします 中東の家庭の特徴として ほとんどの家庭でお手伝いさんを 手ごろに雇えます 問題はどうやって いい人を雇うかです 職場での人選も同じですが しっかりとした推薦に基づいて 私が仕事をしている間 子供たちの面倒を見てくれる人を 選びました クリスティーナは 私の姉のところで4年間勤め 仕事の質は申し分ないものでした アリアが6ヶ月の時から 我が家で働いていて 今や家族の一員として 欠かせない存在です 私が働いている間 責任持って 家のことをしてくれています 私は クリスティーナと うちの子たちにとって 最も良い形で 本人が力を発揮できるよう心がけています 職場の優秀な社員に対しても同じ対応です この教訓は 保育の形態が 何であろうと使えます 住み込みのシッターでも、託児所でも 他の家でも働く パートタイムの子守でも ごく慎重に選んで 力を発揮してもらうのです

私のカレンダーを見ると 仕事のある日はいつも UAE時間の夜7時から8時半の 1時間半は必ず 「家族の時間」になっています これは神聖な時間です アリアが赤ちゃんの時から こうしています この時間を守るため できる限りのことをして 時間までに家に戻り 子供たちと充実した時間を過ごしています どんな1日だったか聞いたり 宿題をみたり 寝る前にお話を読んであげたり 沢山のキスをして 沢山抱き締めてあげています 出張中で どんなタイムゾーンにいようと スカイプを使って 遠くからでも 子供たちと繋がるようにします 5歳の息子ブハンは 文字の読み方と基本の算数を 学んでいます

もう1つ白状すると 実は 息子にとって 私よりも娘のほうがずっと 良い先生であることが判明しました

(笑)

初めはごっこ遊びでしたが アリアは先生役がとても気に入り 結果 気づいたことがあります 実際にブハンの読み書き能力も アリアの責任感も増すだけでなく 姉弟の絆も強くなり 誰もが得をするということです

私の知っている 成功しているアラブ女性は皆 生活自体を仕事とするための 独自のやり方を見つけています 家庭の中で一番大きな役割を 担い続けるわけですから

これは 単なるキャリアウーマンと 母親の一人二役を 何とかこなすだけの話ではなく 精一杯その瞬間を 生きることでもあります 子供たちと一緒にいる時は 仕事を生活の外に 置いてくるようにしています 毎日何分 子供たちと過ごせるか 心配するのではなく この時間を記憶に残るひと時に することに力を入れます 子供たちと過ごすひと時 話を聞き つながるひと時です

[力を合わせて 競わない]

私の世代のアラブ女性は 成長の過程でそれほど世間から 注目される存在ではありませんでした このことから なぜアラブ諸国では 政界に女性がこんなに少ないのか 説明がつくと思います 利点としては 私たちが そんな中でも 舞台裏で ある社会的スキルの向上に 多くの時間を費やしてきたことです 喫茶店や、家の居間 電話で鍛えてきた ― 成功するためにはとても重要な 社会的スキル ネットワーキングです 平均的なアラブ女性は 友人知人の 大きなネットワークを 持っていると言えます 大多数は同じく女性です

欧米では 野心的な女性は しばしば他の女性と自分を比べ 自分が誰よりも最も成功した女性だと 認識されたがるようです これが よく取り上げられる 働く女性の間での 競争的な態度へとつながるのです トップに1人の女性しか 立てないとしたら 他の人を入れたり ましてや引き上げるなんて無理です

アラブ女性は 一般的に この心理的罠には はまりません 男性上位の社会と対峙し お互い助け合うことが 皆の利益となることを 学んできたのです

私は前職で 女性の中では 中東地域で最上位の役職にいました ここでは女性の同僚との ネットワークに力を注いでも あまり利益にはなり得ず それより男性上司や同僚との 人間関係作りに 時間を使うべきだと考えても おかしくありません でも 私の最大の出世の2つは 他の女性たちの支えを通じて起きました まず 広報部の主任の女性が 世界経済フォーラムの 若いリーダーの役割に 私を検討してはどうかと提案しました 私のメディア対応や 書いた記事について よく知っており 意見を聞かれた時に 私の名前を挙げたのです また 友人でサウジアラビア人の コンサルタントの女性は 女性として難しい市場だと 感じていたサウジアラビアで 初めてのプロジェクトを売り込むのを 助けてくれました 顧客を紹介してくれて それがサウジでの沢山の プロジェクトの始まりとなったのです 現在 私のチームには 2人の女性管理職がいます 彼女たちの成功は 私自身の成功の鍵でもあると考えています 女性は世界でさらに前進を続けています 十分な速さではありませんが 動いてはいます

アラブ諸国も 近年の障害を いくつも乗り越えて進歩しています ちょうど今年 UAEは内閣で 5名の女性を新たに大臣として指名しました 女性の大臣は合計8名になりました 内閣の28パーセント近くにあたります 多くの先進国での数字を超えています この写真は娘のアリアの 今のお気に入りです これは 疑いもなく 優れたリーダーシップの結果です それと同時に 強いアラブ女性が 諦めずに限界を押し広げてきた 結果でもあるのです アラブ女性が 毎日 私のように イヤなことを燃料に変換し 仕事を私生活に持ち込まないために 人生を仕事とし 競わずに協力し合ってきた 結果なのです

これからの未来で 私が娘に願うのは 20年か30年後 娘自身がこのステージに立った時 父親に対しての思いと同じく 私が母親であることを 誇りに思ってくれることです

息子に関しては その時までには 「マザコン」のような言葉の意味が 完全に違うものになっているよう 願っています

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画