TED日本語 - ジュード・ケリー: 女性たちが人間の物語を語るべき理由

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジュード・ケリー: 女性たちが人間の物語を語るべき理由

TED Talks

女性たちが人間の物語を語るべき理由
Why women should tell the stories of humanity
ジュード・ケリー
Jude Kelly

内容

何世紀もの間(そしてさまざまな理由によって)高い評価を得た芸術作品は男性の視点から描かれて来ました。舞台演出家ジュード・ケリーが情熱的かつ論理的に指摘するように、それは現実の女性の物語や権利についての私たちの考え方にすら影響を与えてしまいます。彼女は、より有用でインクルーシブな世界の見方があると考えています。女性と男性のアーティストたちに、性別による不平等の無い社会を想像してそれを絵や小説や映画にしようと彼女は呼びかけます。

Script

Why do we think that stories by men are deemed to be of universal importance, and stories by women are thought to be merely about women?

My grandmother left school when she was 12. She had 14 children. My mother left school when she was 15. She was a secretary. I graduated from university to become a theater director, and that progress is entirely to do with the fact that people I'll never meet fought for women to have rights, get the vote, get education, have progress. And I'm determined to do the same, and obviously you are, too. Why not?

(Applause)

So I started a festival called WOW, Women of the World,seven years ago, and it's now in 20 countries across five continents. And one of those countries is Somaliland in Africa. So I traveled there last year, and part of the joy I had in going there was going to these caves. The Laas Geel caves. Now, these caves contain some of the oldest cave paintings in the world. These paintings are thought to be round about 9,000 to 11,000 years old. Art: what humanity has done ever since it evolved. It's how we speak about ourselves, how we understand our identity, how we look at our surroundings, who we find out about each other because of the meaning of our lives. That's what art is for.

So look at this little picture. I think it's a little girl. I thought it was a bit like me when I was a little girl. And I thought, well, who painted this joyful, youthful figure? And I asked the curator of the caves. I said, "Tell me about the men and women who painted these." And he looked at me absolutely askance, and he said, "Women didn't paint these pictures." And I said, "Well, it was 11,000 years ago." I said, "How do you know?"

(Laughter)

And he said, "Women don't do these things. Men made these marks. Women don't."

Now, I wasn't really surprised, because that's an attitude that I've seen continuously all my life as a theater maker. We are told that divine knowledge comes down through the masculine, whether it be to the imam, the priest, the rabbi, the holy man. Similarly, we're told that creative genius resides in the masculine, that it is the masculine that will be able to tell us about who we really are, that the masculine will tell the universal story on behalf of all of us, whereas women artists will really just talk about women's experiences, women's issues only really relevant to women and of passing interest to men -- and really only some men. And it's that conviction, that that we are taught, that I think colors so much of whether we're prepared to believe that women's stories really matter. And unless we're prepared to believe that women's stories really matter, then women's rights don't really matter, and then change can't really come.

I want to tell you about two examples of stories that are thought to be of universal importance: "E.T." and "Hamlet."

(Laughter)

So I took my two children when they were little -- Caroline was eight and Robby was five -- to see "E.T." And it's a fantastic story of this little alien who ends up in an American family with a mum,two brothers and a sister, but he wants to go home. Not only that, but some really bad scientists want to do some experiments on him, and they're looking for him. So the children have a plot. They decide they're going to take him back to his spaceship as soon as they can, and they plop him in a bicycle basket, and off they ride. But unfortunately, the baddies have found out, and they're catching up and they've got sirens and they've got their guns, they've got the loud-hailers, it's terribly frightening, and they're closing up on the children, and the children are never going to make it. And then all of a sudden, magically, the bikes fly up in the air, over the clouds, over the moon, and they're going to save "E.T."

So I turn to see my children's faces, and Robby is enraptured, he's there with them, he's saving E.T., he's a happy boy. And I turn to Caroline, and she's crying her eyes out. And I said, "What's the matter?" And she said, "Why can't I save E.T.? Why can't I come?" And then all of a sudden I realized: they weren't children; they were boys -- all boys. And Caroline, who had invested so much in E.T., well, she wasn't invited to save him, and she felt humiliated and spurned.

So I wrote to Steven Spielberg --

(Laughter) (Applause)

and I said, "I don't know if you understand the psychological importance of what's happened, and are you prepared to pay for the therapy bills?"

(Laughter)

Twenty years later, I haven't had a word back from him, but I'm still hopeful.

(Laughter)

But I thought it was interesting, because if you read reviews of what he intended with E.T., he says very specifically, "I wanted the world to understand that we should love and embrace difference." But somehow he didn't include the idea of girls' difference in this thinking. He thought he was writing a story about all humanity. Caroline thought he was marginalizing half of humanity. He thought he was writing a story about human goodness; she thought he was writing a lad's heroic adventure.

And this is common. Men feel they have been given the mantle for universal communication, but of course, how could they be? They are writing from male experience through male's eyes. We have to have a look at this ourselves. We have to be prepared to go back through all our books and our films, all our favorite things, and say, "Actually, this is written by a male artist -- not an artist. We have to see that so many of these stories are written through a male perspective. Which is fine, but then females need to have 50 percent of the rights for the stage, the film, the novel, the place of creativity.

Let me talk about "Hamlet." To be or not to be. That is the question. But it's not my question. My question is: Why was I taught as a young woman that this was the quintessential example of human dilemma and human experience? It's a marvelous story, but actually, it's about a young man fearful that he won't be able to make it as a powerful figure in a male world unless he takes revenge for his father's murder. He talks a great deal to us about suicide being an option, but the reality is that the person who actually commits suicide, Ophelia, after she's been humiliated and abused by him, never gets a chance to talk to the audience about her feelings. And then when he's finished with Ophelia, he turns on his mum, because basically she has the audacity to fall in love with his uncle and enjoy sex.

(Laughter)

It is a great story, but it is a story about male conflict, male dilemma, male struggle. But I was told this was the story of human beings, despite the fact that it only had two women in it. And unless I reeducate myself, I am always going to think that women's stories matter less than men's. A woman could have written "Hamlet," but she would have written it differently, and it wouldn't have had global recognition. As the writer Margaret Atwood says, "When a man writes about doing the dishes, it's realism. When a woman writes about doing it, it's an unfortunate genetic disposition."

(Laughter)

Now, this is not just something that belongs to then. I mean, when I was a young girl, wanting desperately to be a theater director, this is what my male lecturer said to me: "Well, there are three women directors in Britain," he said, "Jude." "There's Joan Knight, who's a lesbian, there's Joan Littlewood, who's retired, and there's Buzz Goodbody, who's just killed herself. So, which of those three would you like to be?"

(Laughter)

Now, leaving aside the disgusting slur on gay women, the fact is, he wanted to humiliate me. He thought it was silly that I wanted to be a director. And I told my friend Marin Alsop, the conductor, and she said, "Oh yes, well, my music teacher said exactly the same. He said, 'Women don't conduct.'" But all these years later, we've made our mark. You think, "Well, it'll be different now." I'm afraid it's not different now. The current head of the Paris Conservatoire said recently, "It takes great physical strength to conduct a symphony, and women are too weak."

(Laughter)

The artist George Baselitz said, "Well, the fact is women can't paint. Well -- they can't paint very well."

The writer V.S. Naipaul said two years ago, "I can read two paragraphs and know immediately if it's written by a woman, and I just stop reading, because it's not worthy of me."

Audience: Whoa!

And it goes on.

We have to find a way of stopping young girls and women feeling not only that their story doesn't matter, but they're not allowed to be the storyteller. Because once you feel that you can't stand in the central space and speak on behalf of the world, you will feel that you can offer your goods up to a small, select group. You will tend to do smaller work on smaller stages, your economic power will be less, your reach of audiences will be less, and your credit will be less as an artist. And we do finally give artists these incredible, prominent spaces in the world, because they are our storytellers.

Now, why should it matter to you if you're not an artist? Supposing you're an accountant or an entrepreneur or a medic or a scientist: Should you care about women artists? Absolutely, you must, because as you can see from the cave paintings, all civilizations, all of humanity have relied upon artists to tell the human story, and if the human story is finally told by men, take my word for it, it will be about men.

So let's make a change. Let's make a change to all our institutions, and not just in the West. Don't forget -- this message of incapability of women to hold creative genius is being told to girls and women in Nigeria, in China, in Russia, in Indonesia. All over the world, girls and women are being told that they can't finally hold the idea of creative inspiration. And I want to ask you: Do you believe that? Do you believe that women can be a creative genius?

(Applause and cheers)

Well then, please go forward, support women artists, buy their work, insist that their voices are heard, find platforms on which their voices will be made. And remember this: that in a sense, if we're going to get past this moment of a world where we know that we are unequal, it's artists who have to imagine a different world. And I'm calling on all artists, women and men, to imagine a gender-equal world. Let's paint it. Let's draw it. Let's write about it. Let's film it. And if we could imagine it, then we would have the energy and the stamina to work towards it.

When I see this little girl,11,000 years ago, I want to know that the little girl now can stand there and think she's entitled to her dreams, she's entitled to her destiny and she's entitled to speak on behalf of the whole world, be recognized for it and applauded.

Thank you.

(Applause)

何故私たちは 男性の語る物語が 皆にとって均しく重要な物語で 女性の語る物語は女性だけに 関係あるものだと考えるのでしょう?

祖母は12歳の時に学校を退学し 14人の子供をもうけました 母は15歳の時に退学し 秘書になりました 私は舞台演出家になるために 大学に進みました この進歩は 私が決して出会うことのない人々が 女性の権利の為に闘い 投票権や教育の権利を獲得し 進歩をもたらした事実と 深い関係を持つからです 私も同じことをすると決意してますし 皆さんもそのつもりですね そうでしょう?

(拍手)

それで私は「Women of the World (WOW)」 という祭典を7年前 始めました 今やそれは5大陸にまたがり 20カ国で開催されています その1つはアフリカの ソマリランドですが 昨年そこを訪れました そこでの楽しみの1つは ラース・ゲールという 洞窟を訪れることでした 世界で最も古い壁画の いくつかがあり それらは9千~1万1千年も 前のものだと考えられています アート 人類が誕生してから ずっと創られてきたものです 私たち自身をどう語るか ということであり 私たちのアイデンティティをどう理解するか 周囲をどう見るか 人生の意味に照らして 互いに何を見出し合うか そのためにアートは存在します

この絵を見てください 小さな女の子でしょう 小さな頃の私みたいだと 思いました そして 誰がこの楽しげな 若々しい姿を描いたんだろうと思い 洞窟のキュレーターに こう聞きました 「これを描いた男性や 女性のことを教えてください」 彼は私をジロリと見て言いました 「女性は描いていませんよ」 「でも1万1千年も前の話でしょう どうしてわかるんです?」

(笑)

彼は言いました「女性は こうした作業はしないものです 男性がこれらを描いたんです 女性ではありません」

私は大して 驚きもしませんでした これは私が舞台人生で ずっと目にして来た 態度だったからです 神の知恵は男性を通して 降りてくると私たちは教えられます イマームや牧師、ラビ ホーリーマンなどいずれも男性です 同じく 創造性は男性性に宿る と教えられます 私たち自身が何者であるのかを 結論づけることができるのは 男性性であり 人類の普遍的な物語を代弁するのは 男性だと 女性のアーティストたちは 女性の体験だけ ― 女性だけに意味ある 女性たち特有の問題や ほんの少数の男性が 束の間興味を持つことだけを 語るとされます 私たちが教え込まれた その思い込みは 女性の物語は重要なのだと 私たちが信じられるかどうかに 大きく影響すると思うのです 私たちが女性たちの語る物語も 重要なのだと信じる準備がない限り 女性の権利には意味がありません 変化も起きることはありません

誰にとっても重要だと 考えられている 二つの物語を例として お話しします 『E.T.』と『ハムレット』です

(笑)

子供たち2人が小さな頃 映画に連れて行きました キャロラインは8歳で ロビーは5歳でした ― 『E.T.』を観に これは小さなエイリアンが登場する 素敵な物語で 母親、2人の兄弟、妹がいる アメリカ人家族に救われます でも彼は故郷に帰りたいのです それだけでなく 悪い科学者たちが 実験をしようと企み 彼を捕まえようとしています 子供たちは考えます このエイリアンを 宇宙船に乗せて 急いで帰してあげようと それで彼を自転車の前カゴに入れて 走り出します 残念ながら悪者たちは これに気づいて追ってきます サイレンが鳴り 銃を持って 彼らはメガホンも持っていて 凄く恐いのです 子供たちに追手が迫ります ― もうダメかと思ったところ 突然 奇跡のように 自転車が宙に浮かびます 雲を越え 月を越えて そうして彼らは E.T.を救い出します

私の子供たちの顔を見てみると ロビーはうっとりして皆と一緒に E.T.を救い出しているつもりで 満足げです 一方キャロラインは大泣きです 「どうしたの?」 「どうして私はE.T.を助けられないの? どうして私は来ちゃいけないの?」 そこでハッと気づきました 「子供たち」ではなかったのです 彼らは全員 ― 全員が男の子たちでした キャロラインはとっても E.T.のことを心配していたけれど E.T.を救う旅には 呼ばれていませんでした 侮辱され 門前払いされた気分でした

それで私は スピルバーグ監督に手紙を ―

(笑)(拍手)

書いたんです 「貴方が子供に起こったことの 心理的な重大さを 理解されているかは存じませんが 子供のセラピー代を払う 用意はおありですか?」と

(笑)

20年経っても まだ返事がありませんが そのうち来るかも知れません

(笑)

でも 面白いと思ったんです だってインタビューによると 監督が『E.T.』で言いたかったのは こういうことだったからです 「 私たちは『違い』を愛し 慈しむべきなのだと 世界中の皆に 理解して欲しかったんです」 でも彼は何故だか 女の子たちのことを すっかり忘れてしまっていました 彼は全人類の物語を 書いていると思っていたのに キャロラインは人類の半分が のけ者にされていると感じました 彼は人類の善意の映画だと考え 彼女は男の子たちの ヒーロー的な冒険の物語だと思いました

これはありふれた事態です 男性たちは皆のことを語る 権威を与えられていると感じています 当然 ― でもどうして? 彼らは男性の目を通した 男性の経験に基づいて描きます 私たちは女性の視点を 持たなければなりません あらゆる本や映画といった お気に入りの作品を 改めて見直して 「これは『男性の』作品だった」 と気づくのです 作者の性別に気づくんです 多くの物語が男性の視点で 描かれていることを 再認識しなければなりません 男性の視点 それ自体は構いません でもそれなら女性は視点の半分を 占めていなければいけません 舞台、映画、小説といった 創作の場において半分を

『ハムレット』について お話しさせてください 「生きるべきか死ぬべきか それが問題だ」 でもそれは私の疑問ではなく 私の疑問は 「何故私は若い頃この物語が 人間の経験やジレンマの真髄を 描いたものだと教えられたのだろうか?」 ということです これは素晴らしい物語です でもこれは若い男性が 彼の父親の死の復讐を成し遂げない限り 男性社会の有力者として 認められないだろうと 恐れる話でした 彼は自殺が手段の1つだと 延々と語るのですが 実際に自殺をしてしまうのは オフィーリアです 彼に侮辱され無下に扱われて 彼女がその気持ちを 観客に語る場面はありません そしてオフィーリアと別れた後 彼は母親を責め立てます 何故なら彼女は叔父と 恋に落ちてセックスを楽しむ 厚かましさがあったからです

(笑)

素晴らしい物語ですが これは男性社会の衝突や ジレンマ、苦悩についての物語です でも私はこの話が普遍的な 物語だと教えられました 女性の登場人物は たった2人だとしてもです 自分を再教育しない限り いつまでも私は 女性の物語は男性の物語に比べ 重要ではないと思うところでした 女性も『ハムレット』を書けたはずです でもその物語は 違ったものになったでしょうし 世界的に認められることも 無かったでしょう 作家マーガレット・アトウッドが言うように 「男性が皿洗いについて書くと それはリアリズムの表現であり 女性が書く時には それは不幸な遺伝子の結果である」

(笑)

状況は今も同じです 私が若くて 舞台演出家になりたくて たまらなかった頃 男性講師は 私にこう聞きました 「ジュード この3人の イギリス人女性ディレクター レズビアンのジョアン・ナイト 引退したジョアン・リトルウッド 最近自殺したバズ・グッドバディ この3人のうちの 誰になりたいと思う?」

(笑)

ゲイの女性への 最低な侮辱は置いておいて あの時 彼は私を 侮辱したかったんです 私が演出家になりたいなんて 馬鹿げた話だと彼は考えたので 友達の指揮者マリン・オールソップに 話すと彼女は言いました 「私の音楽の先生も 全く同じことを言ったの」 「女性は指揮をしないものだ」 でも何年も経って 私たちは足跡を残しました あなたはこう思うでしょう 「これからは変わるだろう」 残念ながら 変わっていないんです パリ国立高等音楽・舞踊学校の 現校長の最近の言葉です 「交響曲を指揮するのには 大変な体力が必要だ 女性はか弱すぎる」

(笑)

画家ゲオルグ・バゼリッツは こう言いました 「女性は絵が描けない それが真実だ ― 女性はあまり絵が上手ではない」

作家V・S・ナイポールは 2年前にこう言いました 「2段落読めば それが 女性が書いたものかどうかわかる そして読むのを止めるのだ 私の時間を割く価値も無い」

(観客)エエッ

そういう話が多々あります

私たちは何か方法を見つけなければ 少女や女性たちが 自分たちの物語に価値が無く 語り部とはなれないのだと 思い込むことの無いように 主流派の立場から世界を語ることが 自分には許されないと 一度思ってしまったら 自分の才能を小さな集団に提供してしまおう と考えるようになります より小さな仕事を選び より小さな舞台を選ぶようになります そして経済力も小さくなり 語りかける観客の 規模も小さくなり アーティストとしての 実績も小さくなります 私たちはいま アーティストたちに 素晴らしい発表の場を 世界中で提供しています それは彼らが語り部だからです

アーティストでないあなたには 何の関係があるのでしょう? 例えばあなたが会計士だったり 起業家あるいは医療従事者 または科学者だったら 女性アーティストたちの事を わざわざ考えるべきでしょうか? もちろん そうするべきなのです 洞窟の壁画からもわかるように あらゆる文明 あらゆる民族で アーティストたちが 人類の歴史を語っていたのです 男性だけが人類の歴史を 語るとすれば 信じてください ― 男性についてだけの歴史になるでしょう

だからこれを変えましょう あらゆる場所で変化を起こしましょう 西洋社会だけでなく 忘れないでください ― 女性は創造性や才能が無いという メッセージは あらゆる国で語られています ナイジェリア、中国、ロシア インドネシアでも 世界中で少女たちや女性たちは 女性には創造性が無い と教えられています みなさんに伺います それを信じますか? 女性にも創造性は あるでしょうか?

(拍手喝采)

もしそう信じるなら 女性のアーティストたちを支援してください 作品を購入し 彼女たちの声は届いてると応え 彼女たちが声を届ける場所を 見つけてください そしてこれを忘れないでください ある意味 女性を不平等に扱う世界から 私たちが抜け出すために アーティストたちには そうでは無い世界を 思い描き表現する 役割があるのです あらゆるアーティストや 女性、男性に呼びかけます どのジェンダーも平等な世界を 心に思い描いて 実際に描き 彩りましょう 言葉にし 映像にしましょう もし私たちが その姿を思い描けたなら 世界にはそれに向けて歩む エネルギーとスタミナがあります

1万1千年前に描かれた 少女の絵を見る時思うんです その子が現代に来て こう思えるでしょうか 彼女の描いた夢を 見られるのだと 自分の運命を決める 権利があるのだと 彼女は世界の物語を表現し それを認められ 拍手を送られることができるのだと

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画