TED日本語 - レシュマ・サジャーニ: 女の子は完璧さよりも勇気を

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - レシュマ・サジャーニ: 女の子は完璧さよりも勇気を

TED Talks

女の子は完璧さよりも勇気を
Teach girls bravery, not perfection
レシュマ・サジャーニ
Reshma Saujani

内容

女子は完璧であるように、男子は勇敢であるように育てられると、Girls Who Codeの創業者レシュマ・サジャーニは言います。若い女性がリスクを取り、プログラミングを学ぼうとする空気を作ろうと彼女は試みてきました。どちらも、女性が社会を前進させるために必要となるスキルです。彼女は言います。「真に革新していこうとするなら、人口の半分を無駄にするわけにはいかないのです。皆さんには知り合いの若い女性すべてに言って欲しいんです。不完全であることを受け入れなさいと」

Script

So a few years ago, I did something really brave, or some would say really stupid. I ran for Congress.

For years, I had existed safely behind the scenes in politics as a fundraiser, as an organizer, but in my heart, I always wanted to run. The sitting congresswoman had been in my district since 1992. She had never lost a race, and no one had really even run against her in a Democratic primary. But in my mind, this was my way to make a difference, to disrupt the status quo. The polls, however, told a very different story. My pollsters told me that I was crazy to run, that there was no way that I could win.

But I ran anyway, and in 2012, I became an upstart in a New York City congressional race. I swore I was going to win. I had the endorsement from the New York Daily News, the Wall Street Journal snapped pictures of me on election day, and CNBC called it one of the hottest races in the country. I raised money from everyone I knew, including Indian aunties that were just so happy an Indian girl was running. But on election day, the polls were right, and I only got 19 percent of the vote, and the same papers that said I was a rising political star now said I wasted 1.3 million dollars on 6,321 votes. Don't do the math. It was humiliating.

Now, before you get the wrong idea, this is not a talk about the importance of failure. Nor is it about leaning in. I tell you the story of how I ran for Congress because I was 33 years old and it was the first time in my entire life that I had done something that was truly brave, where I didn't worry about being perfect.

And I'm not alone: so many women I talk to tell me that they gravitate towards careers and professions that they know they're going to be great in, that they know they're going to be perfect in, and it's no wonder why. Most girls are taught to avoid risk and failure. We're taught to smile pretty, play it safe, get all A's. Boys, on the other hand, are taught to play rough, swing high, crawl to the top of the monkey bars and then just jump off headfirst. And by the time they're adults, whether they're negotiating a raise or even asking someone out on a date, they're habituated to take risk after risk. They're rewarded for it. It's often said in Silicon Valley, no one even takes you seriously unless you've had two failed start-ups. In other words, we're raising our girls to be perfect, and we're raising our boys to be brave.

Some people worry about our federal deficit, but I, I worry about our bravery deficit. Our economy, our society, we're just losing out because we're not raising our girls to be brave. The bravery deficit is why women are underrepresented in STEM, in C-suites, in boardrooms, in Congress, and pretty much everywhere you look.

In the 1980s, psychologist Carol Dweck looked at how bright fifth graders handled an assignment that was too difficult for them. She found that bright girls were quick to give up. The higher the IQ, the more likely they were to give up. Bright boys, on the other hand, found the difficult material to be a challenge. They found it energizing. They were more likely to redouble their efforts.

What's going on? Well, at the fifth grade level, girls routinely outperform boys in every subject, including math and science, so it's not a question of ability. The difference is in how boys and girls approach a challenge. And it doesn't just end in fifth grade. An HP report found that men will apply for a job if they meet only 60 percent of the qualifications, but women, women will apply only if they meet 100 percent of the qualifications. 100 percent. This study is usually invoked as evidence that, well, women need a little more confidence. But I think it's evidence that women have been socialized to aspire to perfection, and they're overly cautious.

(Applause)

And even when we're ambitious, even when we're leaning in, that socialization of perfection has caused us to take less risks in our careers. And so those 600,000 jobs that are open right now in computing and tech, women are being left behind, and it means our economy is being left behind on all the innovation and problems women would solve if they were socialized to be brave instead of socialized to be perfect.

(Applause)

So in 2012, I started a company to teach girls to code, and what I found is that by teaching them to code I had socialized them to be brave. Coding, it's an endless process of trial and error, of trying to get the right command in the right place, with sometimes just a semicolon making the difference between success and failure. Code breaks and then it falls apart, and it often takes many, many tries until that magical moment when what you're trying to build comes to life. It requires perseverance. It requires imperfection.

We immediately see in our program our girls' fear of not getting it right, of not being perfect. Every Girls Who Code teacher tells me the same story. During the first week, when the girls are learning how to code, a student will call her over and she'll say, "I don't know what code to write." The teacher will look at her screen, and she'll see a blank text editor. If she didn't know any better, she'd think that her student spent the past 20 minutes just staring at the screen. But if she presses undo a few times, she'll see that her student wrote code and then deleted it. She tried, she came close, but she didn't get it exactly right. Instead of showing the progress that she made, she'd rather show nothing at all. Perfection or bust.

It turns out that our girls are really good at coding, but it's not enough just to teach them to code.

My friend Lev Brie, who is a professor at the University of Columbia and teaches intro to Java tells me about his office hours with computer science students. When the guys are struggling with an assignment, they'll come in and they'll say, "Professor, there's something wrong with my code." The girls will come in and say, "Professor, there's something wrong with me."

We have to begin to undo the socialization of perfection, but we've got to combine it with building a sisterhood that lets girls know that they are not alone. Because trying harder is not going to fix a broken system. I can't tell you how many women tell me,

"I'm afraid to raise my hand, I'm afraid to ask a question, because I don't want to be the only one who doesn't understand, the only one who is struggling. When we teach girls to be brave and we have a supportive network cheering them on, they will build incredible things, and I see this every day. Take, for instance,two of our high school students who built a game called Tampon Run -- yes, Tampon Run -- to fight against the menstruation taboo and sexism in gaming. Or the Syrian refugee who dared show her love for her new country by building an app to help Americans get to the polls. Or a 16-year-old girl who built an algorithm to help detect whether a cancer is benign or malignant in the off chance that she can save her daddy's life because he has cancer. These are just three examples of thousands, thousands of girls who have been socialized to be imperfect, who have learned to keep trying, who have learned perseverance. And whether they become coders or the next Hillary Clinton or Beyonce, they will not defer their dreams.

And those dreams have never been more important for our country. For the American economy, for any economy to grow, to truly innovate, we can not leave behind half our population. We have to socialize our girls to be comfortable with imperfection, and we've got to do it now. We can not wait for them to learn how to be brave like I did when I was 33 years old. We have to teach them to be brave in schools and early in their careers, when it has the most potential to impact their lives and the lives of others, and we have to show them that they will be loved and accepted not for being perfect but for being courageous. And so I need each of you to tell every young woman you know -- your sister, your niece, your employee, your colleague -- to be comfortable with imperfection, because when we teach girls to be imperfect, and we help them leverage it, we will build a movement of young women who are brave and who will build a better world for themselves and for each and every one of us.

Thank you.

(Applause) Thank you.

Chris Anderson: Reshma, thank you. It's such a powerful vision you have. You have a vision. Tell me how it's going. How many girls are involved now in your program?

Reshma Saujani: Yeah. So in 2012, we taught 20 girls. This year we'll teach 40,000 in all 50 states.

(Applause)

And that number is really powerful, because last year we only graduated 7,500 women in computer science. Like, the problem is so bad that we can make that type of change quickly.

CA: And you're working with some of the companies in this room even, who are welcoming graduates from your program?

RS: Yeah, we have about 80 partners, from Twitter to Facebook to Adobe to IBM to Microsoft to Pixar to Disney, I mean, every single company out there. And if you're not signed up, I'm going to find you, because we need every single tech company to embed a Girls Who Code classroom in their office.

CA: And you have some stories back from some of those companies that when you mix in more gender balance in the engineering teams, good things happen.

RS: Great things happen. I mean, I think that it's crazy to me to think about the fact that right now 85 percent of all consumer purchases are made by women. Women use social media at a rate of 600 percent more than men. We own the Internet, and we should be building the companies of tomorrow. And I think when companies have diverse teams, and they have incredible women that are part of their engineering teams, they build awesome things, and we see it every day.

CA: Reshma, you saw the reaction there. You're doing incredibly important work. This whole community is cheering you on. More power to you. Thank you.

RS: Thank you.

(Applause)

数年前 私はすごく 勇気のいることをしました 馬鹿なことをした という人もいますけど 下院選に出馬したのです

私は長いこと基金調達者や 世話人として働いてきて 政治からは距離を 置いていましたが 心の底ではずっと 政治に関わりたかったんです 私の選挙区の現職議員は 1992年以来ずっと在任していて 選挙に一度も 負けたことがなく 民主党予備選で彼女に 本気で挑もうとする人はいませんでした でも私は これこそが 進む道だと思ったんです 違いを生み出し 現状を変えるんだと ただ世論調査結果は 芳しくありませんでした 選挙に打って出るなんて 狂気の沙汰で 勝ち目はないと うちの世論調査員に言われましたが

それでも私は 出ることにしました 2012年 ニューヨーク市での選挙戦で 私は新人候補になり きっと勝ってみせると 誓いました ニューヨーク・デイリーニューズ紙の 支持を受け 選挙の日にはウォールストリート ジャーナル紙が 私の写真を撮り CNBCは 全国で最も熱い 選挙戦だと報じました 私はあらゆる知人から お金を集めました インド女性が選挙に出るというだけで 喜んでくれた インド人のおば様たちまで含めて しかし選挙では 世論調査が正しかったことが示され 私は19%しか 得票できませんでした 「政治の希望の星」と 私を持ち上げていた新聞が たった 6,321票のために 130万ドルをドブに捨てたと 報じました お願いだから 計算はしないで 屈辱的でした

念のために 言っておきますと これは失敗の大切さの 話ではありません 踏み出すことについての 話でもありません 私が議員選の話をしたのは その時 33歳にして 私の全人生で初めて 本当に勇気のいることを したからです 完璧かどうかなんて 気にもしませんでした

これは私に限った 話ではありません 私の話した 女性の多くは 自分が確実にうまく やれるものだけを 仕事として選んできたと 言っていました 不思議なことではありません 女の子の多くは リスクや失敗を 避けるよう教え込まれるからです 可愛らしく微笑み 安全第一で オールAの成績を取る それに対して男の子は やんちゃに遊ぶように教えられます ブランコを高くこぎ ジャングルジムのてっぺんによじ登り 頭から飛び込む 大人になる頃には 昇給交渉するにせよ デートに誘うにせよ リスクを取る習慣が 身についていて それによって 報われています 「シリコンバレーでは スタートアップを 2つ失敗させた後でなければ まじめに取り合ってもらえない」 などとさえ言われています つまるところ 女の子は完璧であるように 男の子は勇敢になるように 育てられているんです

政府の赤字を 懸念する人もいますが 私はむしろ 「勇気の赤字」を懸念します 経済にしても社会にしても うまくいっていないのは 女の子に勇気を持つよう 教えていないからだと思います この勇気の不足のために 科学技術分野や 経営幹部職や 重役会議や 議会や およそ重要な場所のほとんどで 女性が少ないんです

1980年代に心理学者の キャロル・ドウェックが 頭の良い小学5年生の子が 難しすぎる課題にどう対処するか 調べたところ 頭の良い女子は諦めるのが 早いことが分かりました IQが高いほど 諦めやすいのです 一方で 頭の良い男子の場合 難しい問題に挑戦心を 掻き立てられます やり甲斐を感じて 努力を倍増するんです

どういうことなのでしょう? 5年生では女子が 理科や数学を含め あらゆる科目で 男子を凌駕しています だからこれは 能力の問題ではないのです 挑戦に対して男子と女子が取る 態度の違いの問題なんです そしてこれは 5年生で終わる話ではありません HPの調査によると 男性の場合 必要条件を6割充たしていれば 求人に応募するのに 女性の場合は 必要条件を100%充たしていないと 応募しないんです 100%です この研究は 女性がもっと自信を持つ 必要がある証拠として よく引き合いに出されますが 私はむしろ 女性が 完璧であることを求め 過剰に慎重であるよう 社会的に条件付けられている 証拠だと思います

(拍手)

女性が意欲的で 踏み出そうと している時でさえ 完璧であるよう 社会的に 条件付けられていることにより 仕事の選択において リスクを避けがちになります 現在コンピューターや テクノロジーの分野で 60万の求人があるというのに 女性は取り残されたままです もし女性が 完璧さではなく 勇気を持つよう社会的に 条件付けられていたら 女性が解決していたであろう イノベーションや問題を 我々の経済は 取りこぼしているんです

(拍手)

2012年に私は 女性にプログラミングを 教える会社を 立ち上げたんですが プログラミングを 教えることによって 彼女たちに勇気を持てと 社会的に条件付けているのだと気付きました プログラミングというのは 際限のない試行錯誤です 正しいコマンドを 正しい場所に置く必要があり たった1つのセミコロンが 失敗と成功を分けたりします プログラムは絶えず躓いたり 破綻したりします そして作ろうと していたものが 命を持ち始める 魔法の瞬間まで 数多くの試行が 必要になります 忍耐が必要とされ 不完全さと折り合うことが 求められます

教えていると 女子の持っている 正しくないこと 完璧でないことへの恐れが すぐ見て取れます Girls Who Code の教師は みんな同じ話を聞かせてくれるでしょう プログラミングを学び始めた 最初の週に 女生徒が言ってきます 「どうプログラムを書いたら いいのか分かりません」 画面を見ると 空のテキストエディタが あるだけです 教師が何も 分かっていなければ その女生徒が 20分間 ただ画面を 見つめていたんだと思うことでしょう でも「元に戻す」ボタンを 何度かクリックすると その生徒がプログラムを途中まで書いて 消していたことが分かるでしょう その子は書いてみて いいところまで行ったのに 何かが うまく いかなかったのです そして それまでに できたことを見せるよりは 何も見せないことの方を 選んだのです 完璧か無かです

女の子たちが本当はプログラミングに 向いていることが分かりました でもプログラミングを教えるだけでは 駄目なんです

私の友人で Java入門の授業を教えている コロンビア大教授の レヴ・ブリーが 学生の相談を受けた時の話を してくれました 男子生徒の場合 課題で躓いた時 こう相談しにきます 「先生 私のプログラムには どこか駄目なところがあるようです」 それが女子の場合には 「先生 私には どこか駄目なところが あるようです」と言うんです

この完璧であろうとする 社会的条件付けを打ち消すと同時に 自分だけではないと 分かるように 女性の連帯を 築く必要があります 構造的な問題は もっと頑張れば直る というものではないからです どれほど多くの女性が言うのを 聞いたか分かりません

「手を挙げられません 質問するのが怖いんです 分からないのが 自分だけ 苦労しているのが 自分だけだったら 恥ずかしいから」 勇気を持つように教え 応援する 支援ネットワークがあれば 彼女たちは すごいものを 作れるんです 私は毎日それを 目にしています たとえば うちで学んでいる 2人の女子高生は 「タンポン・ラン」 という ゲームを作りました ええ あのタンポンです それで生理のタブーと ゲームにおける性差別に 挑んでいます シリア難民の子は 新しい祖国への 愛を示したくて アメリカ人が投票に行くのを 支援するアプリを作りました ある16歳の女の子は 腫瘍が良性か悪性か調べるための アルゴリズムを作りました もしかしたらガンの父親を 助けられるかもしれない という思いからです これは何千という女の子たちの中の 3つの例にすぎません 不完全でもいいんだと 社会的に条件付けられ 試み続けること 忍耐することを 学んだ女の子たちです 彼女たちの成ろうとしているのが プログラマであろうと 次のヒラリー・クリントンや ビヨンセであろうと 夢をぐずぐず後回しに することはないでしょう

そして この国にとって そういう夢が 今ほど重要な時はありません アメリカの経済にとって あるいはどこの経済であれ 成長し 真に革新して いこうとするなら 人口の半分を無駄にするわけには いかないのです 不完全でもいいんだと 女の子たちを 社会的に条件付けなければなりません それも今すぐにです 彼女たちが勇気を 持つようになるのを 私のように33歳まで 待っているわけにはいきません 学校や仕事人生の 早い時点で 勇気を持つことを 教える必要があります 自分の人生や 他の人の人生に 影響を与えられる可能性の 最も高い時にです 周りが示してやる 必要があります 愛され 受け入れられるのは 完璧であることによってではなく 勇気を持つこと によってなのだと だから皆さんには 知り合いの若い女性 すべてに言って欲しいんです 姉妹にも 姪にも 従業員にも 同僚にも 不完全であることを 受け入れなさいと 不完全でいいんだと教え それを生かす 手助けをしてやることで 若い女性が 勇気を持ち 自分や 他のみんなにとって より良い世界を築く 流れを作り出せるはずです

ありがとうございました

(拍手) ありがとうございます

(クリス・アンダーソン)ありがとう レシュマ すごく強いビジョンをお持ちですね あなたにはビジョンがある どんな状況か聞かせてください 現在 参加している女の子は どれくらいいるんですか?

(レシュマ・サジャーニ)2012年には 20人の女の子を教えていました 2016年の今は 全米50州で 4万人に教えています

(拍手)

本当に心強い数字です 去年コンピュータ科学科を卒業した女子は 7,500人しかいませんでした 現状があまりに ひどいからこそ そういう大きな変化を 短期間で起こすことができるんです

(クリス)この場にいる人たちの会社と 協力しているんですってね 卒業生の受け入れ先には どこがあるんですか?

(レシュマ)協賛企業が 80社ほどあります Twitter Facebook Adobe IBM Microsoft Pixar Disney みんなそうです 皆さんの会社がまだなら 私が捕まえにいきますから すべての技術系企業に ぜひ Girls Who Code の教室を 取り込んでほしいんです

(クリス)採用した企業からの評判も 良いそうですね 技術部門で 男女のバランスを取ると 良い結果が得られるのだと

(レシュマ)素晴らしい結果が 得られます 女性を取り込まないなんて 馬鹿げています 消費者購入の85%が 女性によってなされ 女性は男性の6倍の割合で ソーシャルメディアを使っているというのに インターネットはむしろ 女性のものなんです 明日の企業を 作っていかなければなりません 多様性に富むチームを持ち 技術部門に 素晴らしい女性がいれば すごいものを作り出すはずです 私は毎日目にしています

(クリス)みんなの反応を見たでしょう あなたのしていることはすごく重要だと思います コミュニティの全員が応援しています 頑張ってください

(レシュマ)ありがとうこざいます

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画