TED日本語 - キャロライン・ポール: 勇敢な女の子を育てる為に 冒険に挑戦させよう

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - キャロライン・ポール: 勇敢な女の子を育てる為に 冒険に挑戦させよう

TED Talks

勇敢な女の子を育てる為に 冒険に挑戦させよう
To raise brave girls, encourage adventure
キャロライン・ポール
Caroline Paul

内容

勇気のある女の子はスケートボードに乗り、木登りをし、木から落ちて膝を擦りむいても、再び立ち上がります。そうやって勇敢な女性へと成長するのです。消防士にしてパラグライダー乗り ― 公私にわたって冒険心を発揮するキャロライン・ポールが、自身の体験やアドバイスを交えながら教えてくれるのは、小さなリスクをとって何かを生み出す姿勢と、自信に溢れた女の子の育て方です。

Script

When I was a kid, I was obsessed with the Guinness Book of World Records, and I really wanted to set a world record myself. But there was just one small problem: I had absolutely no talent. So I decided to set a world record in something that demanded absolutely no skill at all. I decided to set a world record in crawling.

(Laughter)

Now, the record at the time was 12 and a half miles, and for some reason, this seemed totally manageable.

(Laughter)

I recruited my friend Anne, and together we decided, we didn't even need to train.

(Laughter)

And on the day of our record attempt, we put furniture pads on the outside of our good luck jeans and we set off, and right away, we were in trouble, because the denim was against our skin and it began to chafe, and soon our knees were being chewed up. Hours in, it began to rain. Then, Anne dropped out. Then, it got dark. Now, by now, my knees were bleeding through my jeans, and I was hallucinating from the cold and the pain and the monotony. And to give you an idea of the suffer-fest that I was undergoing, the first lap around the high school track took 10 minutes. The last lap took almost 30.

After 12 hours of crawling, I stopped, and I had gone eight and a half miles. So I was short of the 12-and-a-half-mile record.

Now, for many years, I thought this was a story of abject failure, but today I see it differently, because when I was attempting the world record, I was doing three things. I was getting outside my comfort zone, I was calling upon my resilience, and I was finding confidence in myself and my own decisions. I didn't know it then, but those are not the attributes of failure. Those are the attributes of bravery.

Now, in 1989, at the age of 26, I became a San Francisco firefighter, and I was the 15th woman in a department of 1,500 men.

(Applause)

And as you can imagine, when I arrived there were many doubts about whether we could do the job. So even though I was a 5'10", 150-pound collegiate rower, and someone who could endure 12 hours of searing knee pain --

(Laughter)

I knew I still had to prove my strength and fitness.

So one day a call came in for a fire, and sure enough, when my engine group pulled up, there was black smoke billowing from a building off an alleyway. And I was with a big guy named Skip, and he was on the nozzle, and I was right behind, and it was a typical sort of fire. It was smoky, it was hot, and all of a sudden, there was an explosion, and Skip and I were blown backwards, my mask was knocked sideways, and there was this moment of confusion. And then I picked myself up, I groped for the nozzle, and I did what a firefighter was supposed to do: I lunged forward, opened up the water and I tackled the fire myself. The explosion had been caused by a water heater, so nobody was hurt, and ultimately it was not a big deal, but later Skip came up to me and said, "Nice job, Caroline," in this surprised sort of voice.

(Laughter)

And I was confused, because the fire hadn't been difficult physically, so why was he looking at me with something like astonishment? And then it became clear: Skip, who was by the way a really nice guy and an excellent firefighter, not only thought that women could not be strong, he thought that they could not be brave either. And he wasn't the only one. Friends, acquaintances and strangers, men and women throughout my career ask me over and over, "Caroline, all that fire, all that danger, aren't you scared?" Honestly, I never heard a male firefighter asked this. And I became curious. Why wasn't bravery expected of women?

Now, the answer began to come when a friend of mine lamented to me that her young daughter was a big scaredy-cat, and so I began to notice, and yes, the daughter was anxious, but more than that, the parents were anxious. Most of what they said to her when she was outside began with, "Be careful," "Watch out," or "No." Now, my friends were not bad parents. They were just doing what most parents do, which is cautioning their daughters much more than they caution their sons.

There was a study involving a playground fire pole, ironically, in which researchers saw that little girls were very likely to be warned by both their moms and dads about the fire pole's risk, and if the little girls still wanted to play on the fire pole, a parent was very likely to assist her. But the little boys? They were encouraged to play on the fire pole despite any trepidations that they might have, and often the parents offered guidance on how to use it on their own. So what message does this send to both boys and girls? Well, that girls are fragile and more in need of help, and that boys can and should master difficult tasks by themselves. It says that girls should be fearful and boys should be gutsy.

Now, the irony is that at this young age, girls and boys are actually very alike physically. In fact, girls are often stronger until puberty, and more mature. And yet we adults act as if girls are more fragile and more in need of help, and they can't handle as much. This is the message that we absorb as kids, and this is the message that fully permeates as we grow up. We women believe it, men believe it, and guess what? As we become parents, we pass it on to our children, and so it goes.

Well, so now I had my answer. This is why women, even firewomen, were expected to be scared. This is why women often are scared.

Now, I know some of you won't believe me when I tell you this, but I am not against fear. I know it's an important emotion, and it's there to keep us safe. But the problem is when fear is the primary reaction that we teach and encourage in girls whenever they face something outside their comfort zone.

So I was a paraglider pilot for many years --

(Applause)

and a paraglider is a parachute-like wing, and it does fly very well, but to many people I realize it looks just like a bedsheet with strings attached.

(Laughter)

And I spent a lot of time on mountaintops inflating this bedsheet, running off and flying. And I know what you're thinking. You're like, Caroline, a little fear would make sense here. And you're right, it does. I assure you, I did feel fear. But on that mountaintop, waiting for the wind to come in just right, I felt so many other things, too: exhilaration, confidence. I knew I was a good pilot. I knew the conditions were good, or I wouldn't be there. I knew how great it was going to be a thousand feet in the air. So yes, fear was there, but I would take a good hard look at it, assess just how relevant it was and then put it where it belonged, which was more often than not behind my exhilaration, my anticipation and my confidence. So I'm not against fear. I'm just pro-bravery.

Now, I'm not saying your girls must be firefighters or that they should be paragliders, but I am saying that we are raising our girls to be timid, even helpless, and it begins when we caution them against physical risk. The fear we learn and the experiences we don't stay with us as we become women and morphs into all those things that we face and try to shed: our hesitation in speaking out, our deference so that we can be liked and our lack of confidence in our own decisions.

So how do we become brave? Well, here's the good news. Bravery is learned, and like anything learned, it just needs to be practiced. So first, we have to take a deep breath and encourage our girls to skateboard, climb trees and clamber around on that playground fire pole. This is what my own mother did. She didn't know it then, but researchers have a name for this. They call it risky play, and studies show that risky play is really important for kids, all kids, because it teaches hazard assessment, it teaches delayed gratification, it teaches resilience, it teaches confidence. In other words, when kids get outside and practice bravery, they learn valuable life lessons.

Second, we have to stop cautioning our girls willy-nilly. So notice next time you say, "Watch out, you're going to get hurt," or, "Don't do that, it's dangerous." And remember that often what you're really telling her is that she shouldn't be pushing herself, that she's really not good enough, that she should be afraid.

Third, we women have to start practicing bravery, too. We can not teach our girls until we teach ourselves. So here's another thing: fear and exhilaration feel very similar -- the shaky hands, the heightened heart rate, the nervous tension, and I'm betting that for many of you the last time you thought you were scared out of your wits, you may have been feeling mostly exhilaration, and now you've missed an opportunity. So practice. And while girls should be getting outside to learn to be gutsy, I get that adults don't want to get on hoverboards or climb trees, so we all should be practicing at home, in the office and even right here getting up the guts to talk to someone that you really admire.

Finally, when your girl is, let's say, on her bike on the top of the steep hill that she insists she's too scared to go down, guide her to access her bravery. Ultimately, maybe that hill really is too steep, but she'll come to that conclusion through courage, not fear. Because this is not about the steep hill in front of her. This is about the life ahead of her and that she has the tools to handle and assess all the dangers that we can not protect her from, all the challenges that we won't be there to guide her through, everything that our girls here and around the world face in their future.

So by the way, the world record for crawling today --

(Laughter)

is 35.18 miles, and I would really love to see a girl go break that.

(Applause)

子供の頃 ギネス世界記録に すっかりハマっていました そして 記録を作ってみたいと 本気で思っていましたが ちょっとした問題が 1つだけありました 全くもって特技がなかったのです だから決めたんです これといった特技がなくとも 世界記録を残せるものを 見つけようと そんな私がたどり着いたのは 「四足歩行耐久レース」でした

(笑)

当時の世界記録は 距離にして約20㎞でしたが どういう訳か 自分でも 簡単に破れそうだと感じました

(笑)

友人のアンを仲間に誘い 話し合いの結果 訓練するまでもない ということになりました

(笑)

そして 大会当日 お気に入りのジーンズに 家具用の保護パッドを付け レースに臨みましたが すぐに困った事態に陥りました ジーンズが肌に食い込み 擦り傷ができ始め 程なく膝の調子が 悪くなりました そして 数時間後 雨が降り出しました それから アンが脱落し 辺りは暗くなりました この頃になると 膝には血が滲み 寒さや膝の痛み、倦怠感から 幻覚まで見えてきたのです 参考までにお伝えしますが 苦しい戦いの結果 トラックを1周するのに 最初は10分だったのが 最終周では約30分も かかってしまいました

12時間に及ぶ四足歩行の結果 ついに諦め 14㎞の記録に終わりました ギネス記録の20㎞には 及ばなかったのです

この経験は 無残な失敗だったと 長い間 思っていましたが 今では 違った風に とらえています 私がギネス記録に挑んだとき 次の3つのことをしていました 居心地の良い環境を抜け出し 持てる体力を振り絞り 自分自身とその決断に 自信を感じていました 今だからこそ言えるのは この3つは 失敗に由来するものではなく 勇敢さから来るものです

1989年 26歳の私は サンフランシスコの消防士になり 1500人の男性がいる部門に 配属された15番目の女性となりました

(拍手)

ご想像の通り 当初は 女性に務まる仕事かと 疑問視する声が多かったのです 身長155㎝ 体重68Kg 大学ではボート部に所属し 12時間も膝の痛みに 耐え抜いた私ですら ―

(笑)

自分の強さと適性を 証明しなくてはと思っていました

ある日 火事の知らせが入り 当然のごとく 消防隊が到着すると ビルの路地から 黒い煙が 立ち上がっていました 一緒にいたのは スキップという大柄の男性で ホースの先端を抱え 私はそのすぐ後ろにいました 良くありがちな火事でした 煙と熱が物凄く ― そして 突然 爆発が起こりました スキップと私は 後方へ吹き飛ばされ マスクは顔から外れ 一瞬の混乱がありました それから 私は立ち上がって ノズルをたぐり寄せて 消防士として やるべきことをしました 前に向かって進み 消火栓を開き 自分1人で 火災に立ち向かいました 爆発の原因は 湯沸かし器でした 負傷者はゼロで 大惨事にはいたりませんでしたが あとでスキップが こう言いました 「キャロライン よくやったな」 何だか驚いたような口調で ―

(笑)

大規模な火事でもなかったので 私は困惑しました どうしてスキップは 驚きの眼差しを向けているのかと それで はっきり自覚しました スキップは とても素晴らしい男性で 優秀な消防士でもありましたが 彼は女性が 強くなれないだけでなく 勇敢にもなれないと 考えていたのでした スキップだけじゃありません 私が働いていた間 ずっと 性別に限らず 友人や知り合い 他人までが 私に何度もこう尋ねるのです 「キャロラインって 火事や危険な状況で 怖くないの?」 はっきり言って 男性消防士は聞かれない質問です 私は知りたくなりました なぜ女性には 勇敢さが求められないのでしょう?

その答えが見えてきたのは 友人が自分の幼い娘について 気弱な猫のようだと 愚痴をこぼしたときでした それで気づくようになったんです 友人の言う通り 彼女は臆病でしたが それ以上に 彼女の両親も 臆病だったのです 彼女が外にいると 両親は いつもこう声をかけていました 「気をつけて」「危ない」「やめなさい」 友人に非があるとは言いません 親として一般的なことを していただけです 息子よりも 娘に対して 頻繁に注意を促すようなしつけです

面白いことに 昇り棒の遊具に関する 調査があります 昇り棒で遊ぼうとするする女の子は 怪我をするからやめなさいと 親から注意を受ける可能性が 非常に高いそうです また それでも女の子がポールに 興味を示し続ける場合は 親が手を貸してくれるのです 男の子はどうでしょうか? ポールで遊びたくないと 怖がっている場合でも 遊ぶようにと 親から勧められ しかも 1人でどう遊べばいいか 教えてもらうことが多いのです ここから どんなメッセージが 伝わるでしょうか? 女の子はか弱くて 助けが必要な存在で 男の子は自力で困難な状況も 乗り越えるべきだと思われているのです つまり 女の子は 臆病であるべきで 男の子は勇敢であるべきだ ということです

面白いことに 幼少期の子供は 性別に関係なく 同じくらいの体力があります 実際 思春期を迎えるまでは 女の子の方が強くて 大人びています それなのに 大人は 女の子が か弱くて 助けが必要な存在で 1人ではできないことも多いと考えます 子供の頃に聞いた こんなメッセージは 大きくなるにつれて 当たり前のことになります 私たち女性も男性も そう信じます それからどうなるでしょう? 私たちが親になったとき 同じことを子供に教えるのです これが延々と続きます

私は答えにたどり着きました こういう訳で 女性は消防士であっても 怖がるだろうと思われていたのです こういう訳で 女性に怖がりが多いのです

こう申し上げると 信じられない方もいるかと思いますが 恐れることは悪くないと思います 人間として抱く大切な感情であり 恐れを抱くことで身を守れるのです それでも問題なのは 女の子が落ち着かない環境に陥ったとき まずは恐れる気持ちを抱くよう 刷り込まれるのです

私は長年 パラグライダーに乗っており ―

(拍手)

パラグライダーの翼は パラシュートのようで 非常によく飛びますが ベッドのシーツに 紐がついただけの乗り物に 見えるかとも思います

(笑)

山の頂上へは何度も赴き このシーツを膨らませながら 地面を蹴って飛び上がりました 皆さんはこうお考えでしょう 「キャロライン こんな状況だと 怖くて当然じゃない?」 ええ 皆さん その通りです 私にも 恐れの感情はありました でも 山の頂に立って ちょうどいい風が訪れる瞬間を待っていると 高揚感や自信といった 色んな感情に包まれます 私は優秀なパイロットですが 状況次第では 飛べないことだって知ってますし 地上1000メートルを飛ぶのが どんなに爽快なのか知っています だから 恐れの感情はありましたが 私はその感情とよく向き合い 自分の状況との 関係性を見極め また元の場所へと 戻してやります と言っても大抵は 高揚感や期待 自信の方が勝ります 恐れの感情自体は 悪くありませんが 勇敢であることを 尊重しているのです

消防士になるべきだとか パラグライダーに乗るべきだと 娘さん方に 勧める訳ではありませんが 女の子は 怖がりで無力な存在になるよう 育てられていると思います それは怪我をするよといった 注意の仕方に始まります 子供の頃に学んだ 恐れの感情や 体験しなかった出来事は 大きくなっても 記憶に残り 私たちが止めたいと思う あらゆることにつながります はっきりと意見を 言いたくない気持ちや 他人から好かれようと 大人しくすること 自分の決断に自信を持てない といったものです

では どうしたら 勇敢になれるでしょう? いいお知らせがあります 勇敢さは習得するものです あらゆるものと同じように 練習が必要なのです まずは 深呼吸をして 女の子を 後押ししましょう スケートボードや木登りをしたり 遊び場の滑り棒に よじ登れるようにと ― 私の母は そうしてくれました 当時の母は 知りもしませんでしたが こういう専門用語が あるそうです 「危険な」遊びと呼ばれ それは すべての子どもにとって 欠かせないものとされています 危険を判断できるようになり 目先の欲求を 我慢できるようになり 根気強さが身につき 自信が生まれます つまりは 子供が外で遊び 勇気を出す練習をすると 貴重な人生の教訓を 学ぶことになります

2つ目に 女の子に何でもかんでも 注意するのはやめましょう 今度 注意するときには 気を配りましょう 「気をつけないと 怪我をするよ」 「やめなさい 危ないんだから」 こういった注意には 大抵 次のような真意が隠されています あなたは努力の限界まで 頑張るべきではないし そんなに努力できるほど 強くはないし 怖がるべきだと

3つ目に 私たちも女性として 勇気を出す練習を始めましょう 自分が学ばない限りは 娘に勇気を出せと教えられません それからもう1つ 恐れの感情と高揚感は 非常に似ています 手が震え 心拍数が高まり 神経が圧迫されます 皆さんも経験がおありでしょう 死ぬほど怖かった かつての経験を思い出すと 心の大部分を占めるのは 高揚感ではなかったでしょうか そんな経験が無くなるのも 残念なことです だから 練習しましょう 女の子は外で遊んで 勇気を身に付けるべきとする一方で 大人はホバーボードに乗ったり 木登りをしたいとは思わないでしょう 大人の私たち全員も 練習として 自宅でも 職場でも この会場でも 勇気を振り絞って 自分が心から尊敬する人に 話しかけましょう

最後に 皆さんの娘さんが 自転車に乗って ― 急な丘の頂上にいて 怖くて降りられないと 訴えてきたとしたら 勇気を出せるよう 手を差し伸べましょう 結果として 丘が 本当に急なこともあるでしょうが 恐れからではなく勇気から その結論に至ることでしょう ここでの問題は 目の前の 急な丘ではなく 皆さんの娘さんが これから先も続く人生を うまく判断して 進んでいく方法です 親たちが守ってあげられない あらゆる危険や 最後まで手を差し伸べられない あらゆる困難に対する手段であり これから先 いたるところで経験する いろんな状況への手段でもあります

ちなみにですが 四足歩行耐久レースの 現在の世界記録は ―

(笑)

56.6㎞だそうです ぜひとも 女の子に 破ってもらいたい記録です

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画