TED日本語 - ビリー・ジーン・キング: 伝説のテニス選手が切り拓いた女子スポーツの道

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ビリー・ジーン・キング: 伝説のテニス選手が切り拓いた女子スポーツの道

TED Talks

伝説のテニス選手が切り拓いた女子スポーツの道
This tennis icon paved the way for women in sports
ビリー・ジーン・キング
Billie Jean King

内容

伝説的テニス選手ビリー・ジーン・キングは、女子テニスの草分けであるだけでなく、女性に対する正当報酬においての先駆者でもあります。ビリーは、個人のアイデンティティー、社会的公正という視点で見たスポーツの役割、そしてボビー・リッグス相手に戦った男女間の対戦について、この闊達な対話を通して話してくれます。

Script

Billie Jean King: Hi, everyone!

(Applause)

Thanks, Pat. Thank you! Getting me all wound up, now!

(Laughter)

Pat Mitchell: Good! You know, when I was watching the video again of the match, you must have felt like the fate of the world's women was on every stroke you took. Were you feeling that?

BJK: First of all, Bobby Riggs -- he was the former number one player, he wasn't just some hacker, by the way. He was one of my heroes and I admired him. And that's the reason I beat him, actually, because I respected him.

(Laughter)

It's true -- my mom and especially my dad always said: "Respect your opponent, and never underestimate them, ever." And he was correct. He was absolutely correct. But I knew it was about social change. And I was really nervous whenever we announced it, and I felt like the whole world was on my shoulders. And I thought, "If I lose, it's going to put women back 50 years, at least." Title IX had just been passed the year before -- June 23,1972. And women's professional tennis -- there were nine of us who signed a one-dollar contract in 1970 -- now remember, the match is in '73. So we were only in our third year of having a tour where we could actually play, have a place to compete and make a living. So there were nine of us that signed that one-dollar contract. And our dream was for any girl, born any place in the world -- if she was good enough -- there would be a place for her to compete and for us to make a living. Because before 1968, we made 14 dollars a day, and we were under the control of organizations. So we really wanted to break away from that. But we knew it wasn't really about our generation so much; we knew it was about the future generations.

We do stand on the shoulders of the people that came before us, there is no question. But every generation has the chance to make it better. That was really on my mind. I really wanted to start matching the hearts and minds to Title IX. Title IX, in case anybody doesn't know, which a lot of people probably don't, said that any federal funds given to a high school, college or university, either public or private, had to -- finally -- give equal monies to boys and girls. And that changed everything.

(Applause)

So you can have a law, but it's changing the hearts and minds to match up with it. That's when it really rocks, totally. So that was on my mind. I wanted to start that change in the hearts and minds.

But two things came out of that match. For women: self-confidence, empowerment. They actually had enough nerve to ask for a raise. Some women have waited 10,15 years to ask. I said, "More importantly, did you get it?"

(Laughter)

And they did! And for the men? A lot of the men today don't realize it, but if you're in your 50s, 60s or whatever, late 40s, you're the first generation of men of the Women's Movement -- whether you like it or not!

(Laughter)

(Applause)

And for the men, what happened for the men, they'd come up to me -- and most times, the men are the ones who have tears in their eyes, it's very interesting. They go, "Billie, I was very young when I saw that match, and now I have a daughter. And I am so happy I saw that as a young man." And one of those young men, at 12 years old, was President Obama. And he actually told me that when I met him, he said: "You don't realize it, but I saw that match at 12. And now I have two daughters, and it has made a difference in how I raise them." So both men and women got a lot out of it, but different things.

PM: And now there are generations -- at least one or two -- who have experienced the equality that Title IX and other fights along the way made possible. And for women, there are generations who have also experienced teamwork. They got to play team sports in a way they hadn't before. So you had a legacy already built in terms of being an athlete, a legacy of the work you did to lobby for equal pay for women athletes and the Women's Sports Foundation. What now are you looking to accomplish with The Billie Jean King Leadership Initiative?

BJK: I think it goes back to an epiphany I had at 12. At 11, I wanted to be the number one tennis player in the world, and a friend had asked me to play and I said, "What's that?" Tennis was not in my family -- basketball was, other sports. Fast forward to 12 years old,

(Laughter)

and I'm finally starting to play in tournaments where you get a ranking at the end of the year. So I was daydreaming at the Los Angeles Tennis Club, and I started thinking about my sport and how tiny it was, but also that everybody who played wore white shoes, white clothes, played with white balls -- everybody who played was white. And I said to myself, at 12 years old, "Where is everyone else?" And that just kept sticking in my brain. And that moment, I promised myself I'd fight for equal rights and opportunities for boys and girls, men and women, the rest of my life. And that tennis, if I was fortunate enough to become number one -- and I knew, being a girl, it would be harder to have influence, already at that age -- that I had this platform. And tennis is global. And I thought, "You know what? I've been given an opportunity that very few people have had." I didn't know if I was going to make it -- this was only 12. I sure wanted it, but making it is a whole other discussion. I just remember I promised myself, and I really try to keep my word. That's who I truly am, just fighting for people.

And, unfortunately, women have had less. And we are considered less. And so my attentions, where did they have to go? It was just ... you have to. And learn to stick up for yourself, hear your own voice. You hear the same words keep coming out all the time, and I got really lucky because I had an education. And I think if you can see it you can be it, you know? If you can see it, you can be it. You look at Pat, you look at other leaders, you look at these speakers, look at yourself, because everyone -- everyone -- can do something extraordinary. Every single person.

PM: And your story, Billie, has inspired so many women everywhere. Now with the Billie Jean King Leadership Initiative, you're taking on an even bigger cause. Because one thing we hear a lot about is women taking their voice, working to find their way into leadership positions. But what you're talking about is even bigger than that. It's inclusive leadership. And this is a generation that has grown up thinking more inclusively --

BJK: Isn't it great? Look at the technology! It's amazing how it connects us all! It's about connection. It's simply amazing what's possible because of it. But the Billie Jean King Leadership Initiative is really about the workforce mostly, and trying to change it, so people can actually go to work and be their authentic selves.

Because most of us have two jobs: One, to fit in -- I'll give you a perfect example. An African American woman gets up an hour earlier to go to work, straightens her hair in the bathroom, goes to the bathroom probably four,five,six times a day to keep straightening her hair, to keep making sure she fits in. So she's working two jobs. She's got this other job, whatever that may be, but she's also trying to fit in. Or this poor man who kept his diploma -- he went to University of Michigan, but he never would talk about his poverty as a youngster, ever -- just would not mention it. So he made sure they saw he was well-educated. And then you see a gay guy who has an NFL -- which means American football for all of you out there, it's a big deal, it's very macho -- and he talked about football all the time, because he was gay and he didn't want anybody to know. It just goes on and on. So my wish for everyone is to be able to be their authentic self 24/7, that would be the ultimate. And we catch ourselves -- I mean, I catch myself to this day. Even being gay I catch myself, you know, like,

(Gasp)

a little uncomfortable, a little surge in my gut, feeling not totally comfortable in my own skin. So, I think you have to ask yourself -- I want people to be themselves, whatever that is, just let it be.

PM: And the first research the Leadership Initiative did showed that, that these examples you just used -- that many of us have the problem of being authentic. But what you've just looked at is this millennial generation, who have benefited from all these equal opportunities -- which may not be equal but exist everywhere --

BJK: First of all, I'm really lucky. Partnership with Teneo, a strategic company that's amazing. That's really the reason I'm able to do this. I've had two times in my life where I've actually had men really behind me with power. And that was in the old days with Philip Morris with Virginia Slims, and this is the second time in my entire life. And then Deloitte. The one thing I wanted was data -- facts. So Deloitte sent out a survey, and over 4,000 people now have answered, and we're continuing in the workplace.

And what do the millennials feel? Well, they feel a lot, but what they're so fantastic about is -- you know, our generation was like, "Oh, we're going to get representation." So if you walk into a room, you see everybody represented. That's not good enough anymore, which is so good! So the millennials are fantastic; they want connection, engagement. They just want you to tell us what you're feeling, what you're thinking, and get into the solution. They're problem-solvers, and of course, you've got the information at your fingertips, compared to when I was growing up.

PM: What did the research show you about millennials? Are they going to make a difference? Are they going to create a world where there is really an inclusive work force?

BJK: Well, in 2025,75 percent of the global workforce is going to be millennials. I think they are going to help solve problems. I think they have the wherewithal to do it. I know they care a lot. They have big ideas and they can make big things happen. I want to stay in the now with the young people, I don't want to get behind.

(Laughter)

PM: I don't think there's any chance! But what you found out in the research about millennials is not really the experience that a lot of people have with millennials.

BJK: No, well, if we want to talk -- OK, I've been doing my little mini-survey. I've been talking to the Boomers, who are their bosses, and I go, "What do you think about the millennials?" And I'm pretty excited, like it's good, and they get this face --

(Laughter)

"Oh, you mean the 'Me' generation?"

(Laughter)

I say, "Do you really think so? Because I do think they care about the environment and all these things." And they go, "Oh, Billie, they can not focus."

(Laughter)

They actually have proven

that the average focus for an 18-year-old is 37 seconds.

(Laughter)

They can't focus. And they don't really care. I just heard a story the other night: a woman owns a gallery and she has these workers. She gets a text from one of the workers, like an intern, she's just starting -- she goes, "Oh, by the way, I'm going to be late because I'm at the hairdresser's."

(Laughter)

So she arrives, and this boss says, "What's going on?" And she says, "Oh, I was late, sorry, how's it going?" She says, "Well, guess what? I'd like you leave, you're finished." She goes, "OK."

(Laughter)

No problem! PM: Now Billie, that story -- I know, but that's what scares the boomers -- I'm just telling you -- so I think it's good for us to share.

(Laughter)

No, it is good for us to share, because we're our authentic selves and what we're really feeling, so we've got to take it both ways, you know? But I have great faith because -- if you've been in sports like I have -- every generation gets better. It's a fact. With the Women's Sports Foundation being the advocates for Title IX still, because we're trying to keep protecting the law, because it's in a tenuous position always, so we really are concerned, and we do a lot of research. That's very important to us. And I want to hear from people. But we really have to protect what Title IX stands for worldwide. And you heard President Carter talk about how Title IX is protected. And do you know that every single lawsuit that girls, at least in sports, have gone up against -- whatever institutions -- has won? Title IX is there to protect us. And it is amazing. But we still have to get the hearts and minds -- the hearts and minds to match the legislation is huge.

PM: So what gets you up every morning? What keeps you sustaining your work, sustaining the fight for equality, extending it, always exploring new areas, trying to find new ways ...?

BJK: Well, I always drove my parents crazy because I was always the curious one. I'm highly motivated. My younger brother was a Major League Baseball player. My poor parents did not care if we were any good.

(Laughter)

And we drove them crazy because we pushed, we pushed because we wanted to be the best. And I think it's because of what I'm hearing today in TED talks. I think to listen to these different women, to listen to different people, to listen to President Carter -- 90 years old, by the way, and he we was throwing these figures out that I would never -- I'd have to go, "Excuse me, wait a minute, I need to get a list out of these figures." He was rattling off -- I mean, that's amazing, I'm sorry.

PM: He's an amazing man.

(Applause)

BJK: And then you're going to have President Mary Robinson, who's a former president -- Thank you, Irish! 62 percent! LGBTQ! Yes!

(Applause)

Congress is voting in June on same-sex marriage, so these are things that for some people are very hard to hear. But always remember, every one of us is an individual, a human being with a beating heart, who cares and wants to live their authentic life. OK? You don't have to agree with somebody, but everyone has the opportunity.

I think we all have an obligation to continue to keep moving the needle forward, always. And these people have been so inspiring. Everyone matters. And every one of you is an influencer. You out there listening, out there in the world, plus the people here -- every single person's an influencer. Never, ever forget that. OK? So don't ever give up on yourself.

PM: Billie, you have been an inspiration for us.

BJK: Thanks, Pat!

(Applause)

Thanks, TED!

(Applause)

Thanks a lot!

ビリー・ジーン・キング:こんにちは みなさん!

(拍手)

ありがとう パット ありがとう! 緊張してきちゃったわ!

(笑)

パット・ミッチェル:いいことね さて あなたの試合のビデオを 見返してたんだけど 世界中の女性の運命が あなたの一打一打に かかっているような そんな気持ちでしたか?

ビリー: そもそもボビー・リッグスは かつて No.1プレーヤーで 中途半端な選手じゃなかったわ 私のヒーローのひとりで 尊敬していました そう 彼を打ち負かした理由は 実際に 彼を尊敬していたからです

(笑)

本心ですよ 母そして特に父は 常に言ってました 「対戦相手に敬意を示し 決して見くびらないこと」と そして 父は全く正しかった でも これは社会変革だとも 分かっていたので 公表する時には いつも 非常にナーバスでしたし 全世界が私の肩に かかっているような気分でした 「負けたら 女性達を50年前に引き戻すようなことになりかねない」と思ったし 前年の1972年6月23日に 教育法第9編が可決されていました そして 女子プロテニスは 1970年には 私を含め9名が 1ドル契約を結んでいました 1973年の試合を思い出します ツアーがやっと3年目を迎えていました 実際 プレーができ 試合の場所があって それで生計を立てることができました だから 9名が その1ドル契約に サインした訳です 私達の夢は 世界のどこで 生まれようと その少女に 実力があれば 試合をする機会が与えられ 生活ができるようになることでした 1968年以前は1日の稼ぎが14ドルで そして 組織の管理下にありました 心底 そこから決別したいと思いました しかし それは私達の世代のためではなく 次世代のためでした

言うまでもなく 私達は 前の世代の上に 成り立っていますが どの世代も 前よりもっと良くする チャンスがあるのです そのことは いつも 念頭にありました 気持ちの上でも 教育法第9編の精神に 沿うようにしたかったのです 知らない方も多いかもしれませんが 教育法第9編では 高校や大学に提供された 連邦資金は 公立か私立かに関わらず 最終的に 男子生徒と女子生徒に 均等に 配分されなくてはならないと唱っています これが全てを変えました

(拍手)

法律ができると 要は それに合致するように 心の持ちようも 変わっていきます それこそ まさに 画期的な瞬間だと 思っていました 人々の心の中にまで この変化を 起こしたかったのです

そして意外にも その試合から 2つのことが得られました 女性にとっては 自信 と やる気の後押し 実際に 賃金引き上げを求める 度胸を得ましたね 声を上げるのに 10年も15年も 待っていた女性達もいました で 「兎にも角にも...昇給した?」

(笑)

昇給したんですよ! そして 男性にとっては? 今では ほとんどの男性は 意識していませんが 50代~60代 それに40代後半もそうね 彼らが 女性運動を経験した 最初の世代ということです 好むと好まざるに関わらずね!

(笑)

(拍手)

男性達に何が起こったかというと ― 私のところにやって来て 目に涙を浮かべるのは だいたい男性です とても面白いですね 彼らは言うんです「ビリー 自分はまだ若い時に あの試合を見ました 今では 娘がひとりいます 若い頃に あの試合を見られて 本当に幸せ者です」 その中に かつて12歳だった オバマ大統領もいるんです お会いした時に 彼は言ったんです 「想像にも及ばないでしょうが その時の私は12歳で 今は 娘が2人いて 自分の子育てにも 影響を 与えました」 つまり 女性と男性の双方に それぞれ 違った形で 多くの影響があったのです

パット: つまり 少なくとも1世代か2世代が 教育法第9編や その過程にあった 戦いの末に 実現した 男女同権を体験したということですね さらに 女性はチームワークまで 体験した世代が出てきました 以前ではあり得なかったチームスポーツが 女性でもできるようになりました あなたは アスリートとして 後世に名を残し さらに 女性アスリートへの対等な報酬を 実現する動きにおいても 功績を残されました あと 女性スポーツ基金もですね そして今 ビリー・ジーン・キング・リーダーシップ・イニシアチブでは どういったことを 目指していらっしゃるんですか?

ビリー: 12歳の時の 突然のひらめきを 思い出します 11歳で 世界No.1テニスプレーヤーを 目指しました 友達がテニスに誘ってくれた時は 「なにそれ?」という感じでした 私の家族は テニスに所縁がなく もっぱらバスケや他のスポーツで 詳細はスッ飛ばして 12歳の時

(笑)

ついに トーナメントで プレーし始めました 年の瀬にランキングがでますよね そして 私はロサンジェルスの テニスクラブで 空想にふけっては 考えていました テニスは なんてちっぽけかと それでも テニス選手は例外なく 白いシューズに 白いウェア テニスボールも白く 選手も全員 白人ということに 12歳ながらに 自問していました 「白人以外の選手はいないの?」 この考えは 頭から離れませんでした その時 少年少女、男女の同権と機会均等のために 生涯をかけて闘おうと 心に誓ったのです もし テニスでNo.1になれば ― 既にその年にして 女性の場合 影響力を持つことが 難しいと分かっていましたが ― それでも(闘争のための)基盤を 手にできると考えていました テニスは グローバルです 「きっと 私は 類い稀な機会に恵まれてる」 と思いました まだ12歳で 実現できるかなんて 分かりませんでした 絶対に実現したくても 実際にできるとは限りませんよね ただ 自分に誓ったことを覚えてますし 実現のために必死になりました 人々のために闘う自分が 私の本来の姿なのです

あいにく 女性の権利は 限られていましたし 軽視されていました 私は 「女性達は何をすべきか?」 について考えました それは とにかく やるっきゃない ― 自分を信じ 自分の声に 耳を傾けることを学ぶことです いつだって聞こえてくる声は同じです 私は 良い教育を受けられて 本当にラッキーでした あなたが目標をもてば それは実現できるのです 目標があれば 実現可能なのです パットや他のリーダーをご覧なさい TEDスピーカー達や あなた自身をご覧なさい なぜなら 全ての人が 何か素晴らしいことが出来るのです ひとりひとりが です

パット: あなたご自身があらゆる所で 多くの女性達のインスピレーションとなっていますが ビリー・ジーン・キング・リーダーシップ・イニシアチブでは もっと大きな運動に 取り組んでいますね よく聞くのは 女性が声を上げたり リーダー的立場を獲得する 道筋をつけることですが あなたが考えているのは もっと壮大なことではないですか インクルーシブ(巻き込み型)リーダーシップですね よりオープンに周りを巻込んで 物事を考え 成長してきた世代です

ビリー: 素晴らしいじゃない? テクノロジーだってそう! 人々を繋ぐ様は 素晴らしい 重要なのは『繋がる』ことです テクノロジーが可能にしたことは まさに驚異的ですが ビリー・ジーン・キング・リーダーシップ・イニシアチブでは 人材の活用という点にフォーカスし これを変えようとしています 人々が職場において 本来の自分でいられるようにすることです

というのも ほとんどの人には 2つの仕事があるんです ひとつは 職場で浮かないこと いい例がありますよ アフリカ系アメリカ人の女性が 毎朝 出勤前に1時間かけて 洗面所で髪を真っすぐにセットして そして 職場でも4回5回6回と 洗面所に行って 縮れ毛をストレートに整えて 職場で浮かないようにしているんです 彼女には2つの仕事があります 職場での本来の仕事と もうひとつは 懸命に 職場で浮かないように することです もう1つの例は 大学も卒業した この可哀想な男性で ミシガン大卒ですが 子供の時に貧しかったことは 決して口外せず ひた隠しにしています 十分な教育を受けた人という イメージを守るためです もう1つは NFLの選手でゲイの彼は ― かのアメフトですよ 大したもんですよね 逞しい男の世界で 彼はいつもアメフトの話ばかり していました 周りにゲイだと悟られないためです こんな話だらけです 私の願いは 皆が四六時中どこでも 本来の自分でいられるということです これが究極の願いです 我々は ― 私は今でも本来の自分に気づきハッと驚きます 私は 同性愛者の自分に ハッと気づきました

(ハッと息をのむ)

ちょっと心地悪く お腹の辺がソワソワして ありのままの姿が 完全に心地良いわけじゃないですから 自らに問いかけることが 必要だと思うのです いづれにせよ ありのまま 自然体でいてほしいのです

パット: リーダーシップ・イニシアチブの 最初の調査結果は 今 お話しされた例も含めて 私達の多くが 本来の自分であることが 難しいと示していますが (2000年前後に生まれた)ミレニアム世代に焦点を当てると 完全でないにしても 機会均等を あらゆる場面で 享受している世代ですね

ビリー: まず 非常にラッキーなことに これができたのは 戦略的で素晴らしいテネオ社との パートナーシップのおかげです 権力ある人々の支援を得られたことが 人生において2度ありました 一度は 昔々 バージニア・スリムの フィリップ・モリスでした これが人生で2度目で そして デロイト社でした 私がほしかったのはデータ つまり事実でした デロイト社は 世論調査を行い 今までに4000人以上の回答を集め 今も継続中です

ミレニアム世代は何を感じているか? まぁ 様々ですが 彼らの優れたところと言えば ― 我々の世代なら 「代弁者が語ってくれるよ」となりますが 彼らの場合 部屋にいる誰もが代弁者です 個々の能力は不十分ですが そこがいいのです! ミレニアム世代は 繋がりや関わりを 互いに求めます そこが素晴らしい お互いの 感覚や考えを交換して 問題に取り組み 解決していくのです もちろん 私の時代に比べると 手元の情報が多いのは確かです

パット: ミレニアム世代に関する 調査結果は何と? 彼らはいい変化を生むでしょうか? 多様な人材活用を実現した世界を 創ってくれるでしょうか?

ビリー: そうね 2025年には 世界の労働力の75%が ミレニアム世代になります 彼らは 問題解決にひと役買ってくれるでしょう 解決の鍵を握っていると 思っています 問題意識を持ち 大きなアイディアを持っていて 壮大なことを成し遂げる可能性を秘めています 私も若者と接点を持って 遅れをとりたくないですね

(笑)

パット: そんなことあり得ないでしょう! それにしても ミレニアム世代の 調査結果は 多くの人が彼らとの実体験から 感じとっていることとは違いますね

ビリー: そうですね 私もちょっとした ミニ調査をしているんですが 実際にミレニアム世代の上司の立場にある ブーマー世代に尋ねてみました 「ミレニアム世代をどう思う?」 いい答えを期待して 興奮ぎみにね 彼らはこんな顔してましたよ

(笑)

「おっと 『自己中』世代 のことかい?」

(笑)

「本当に そう思いますか? 彼らは環境問題や社会問題に きっと関心を示していると思いますよ」 「ビリー 彼らは集中力ってもんがないんだよ」 という答えが返ってきました

(笑)

確かに調査では

18歳が集中できるのは 平均37秒だと 証明されています

(笑)

集中力がない その上 実際は関心もない 先日 聞いた話では 画廊を経営している女性で 従業員もいますが 従業員のひとりから受けた 携帯メールが 研修生であるかのように その彼女が 「そういえば 今 美容院にいるので 仕事に遅れます」と

(笑)

彼女が仕事に現れた時に 上司が「どうなってるんだ?」と 問い詰めたところ 「遅れちゃって すみません それで?」と言ってのけ 上司が「それでって? あなたは クビです」と言うと 「OK」って

(笑)

構いませんって! パット: ビリー その話は ええ でもこれこそ ブーマー世代が恐れていることですね ただ 分かり合うことは 重要だと思うんですよ

(笑)

いや 相互理解が大切で というのも 皆が本来の自分であるべきと 考えているのだから 互いに相手の考えを 尊重すべきですよね? でも 私が強く信じていることは 私のようにスポーツの世界にいると 世代を追って 良くなってる これは事実です 女性スポーツ基金における 教育法第9編の推進者としては 法律を守り続けようとしているし それは 常に危うい状態にありますから 本当に憂慮していて 沢山のリサーチもします 我々にとって非常に重要ですし 人々の意見も聞きたいのです しかし 教育法第9編の精神を 世界的に守っていかなければなりません カーター大統領が教育法第9編の保護について 話すのを聞いたでしょ 女性が立ち上がって起こした訴訟は 少なくともスポーツ関連の訴訟では どの機関を相手取っても 全て 勝訴しているんですよ 教育法第9編が 私達を守ってくれます 素晴らしいことだと思います それでも 人々の考え方を 法律の精神に合うように 変えていくのは 至難です

パット: では あなたの 仕事に対する 日々の モチベーションは何ですか? 同権運動や その活動の延長線上にあること いつも新しい分野を模索し 新しい道を切り拓いていくその原動力は?

ビリー: そうね 子供の時から好奇心旺盛で 両親を困らせてたわね すごくエネルギーに溢れてるから 弟はメジャーリーグ選手だったので 可哀想な両親 手一杯で 私にまで手が回らなかったのね

(笑)

私も弟も 一番を目指して とにかく突き進んでたから 両親はてんやわんやでしたよ そして 今日のTEDトークも 原動力になると思います 様々な女性 様々な人々の声を 聞くことだと思います 先程のカーター大統領のトークもそうです 彼は90歳ですよ 沢山の数字データを盛り込んで 私だったら 「メモを見ますから ちょっと待ってください」って感じですが 彼は スラスラと数字を示して すごいわ 脱線ね 失礼

パット: 彼は本当に素晴らしい

(拍手)

ビリー: 次は メアリー・ロビンソン大統領の トーク登壇ですよね 彼女は アイルランドの元大統領で アイルランドの皆さん ありがとう! 同性婚に 賛成率62%で合法化! LGBTQ!

(拍手)

国会では6月に同性婚に対する 投票が行われます 一部の人々にとっては 聞きたくもない話ですね でも 皆 一人の独立した人間だと いうことを忘れないで 心臓が脈打つ人間で ありのままの自分でいることに こだわり そうありたいと思う いいですか 周りに 賛同しなくてもいいんです でも 誰にもチャンスがあります

私たちは 常に 前に向かって 変化を起こし続けるという 責任があると思うのです この場にいるスピーカー達は 皆 インスピレーションを与えてくれています 全員に価値があり 全員が 周りに影響を与えられる これを聞いている世界中の人々が もちろん ここにいる方々も 全ての人が 周りを感化できます 決して このことを忘れないでね いい? 決して自分をあきらめてはダメ

パット: ビリー あなたこそ 私達のインスピレーションだわ

ビリー: パッド ありがとう

(拍手)

TEDの皆さん ありがとう!

(拍手)

どうも ありがとう!

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画