TED日本語 - エリザベス・ニャマヤロ: 女性にとってよりよい世界を望む男性を「招き入れる」ということ

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - エリザベス・ニャマヤロ: 女性にとってよりよい世界を望む男性を「招き入れる」ということ

TED Talks

女性にとってよりよい世界を望む男性を「招き入れる」ということ
An invitation to men who want a better world for women
エリザベス・ニャマヤロ
Elizabeth Nyamayaro

内容

世界を見渡すと、女性は未だに基本的な事柄 ― 運転をする権利や時を選んで結婚する権利 ― に於いて平等を求めて闘っています。しかし改革の盟友として、全員つまり男女に、どうやって協力を求めているのでしょうか?「HeForShe」Twitter運動の創始者であるエリザベス・ニャマヤロをご紹介しましょう。この運動では、より平等な世界についての12億件ものツイートが寄せられています。彼女は私たち男女双方を、同じ人間性を分かち合う盟友として、この運動に招き入れています。

Script

I will always remember the first time I met the girl in the blue uniform. I was eight at the time, living in the village with my grandmother, who was raising me and other children. Famine had hit my country of Zimbabwe, and we just didn't have enough to eat. We were hungry. And that's when the girl in the blue uniform came to my village with the United Nations to feed the children.

As she handed me my porridge, I asked her why she was there, and without hesitation, she said, "As Africans, we must uplift all the people of Africa." I had absolutely no idea what she meant.

(Laughter)

But her words stuck with me.

Two years later, famine hit my country for the second time. My grandmother had no choice but to send me to the city to live with an aunt I had never met before. So at the age of 10, I found myself in school for the very first time. And there, at the city school, I would experience what it was to be unequal. You see, in the village, we were all equal. But in the eyes and the minds of the other kids, I was not their equal. I couldn't speak English, and I was way behind in terms of reading and writing. But this feeling of inequality would get even more complex. Every school holiday spent back in the village with my grandmother made me consciously aware of the inequalities this incredible opportunity had created within my own family. Suddenly, I had much more than the rest of my village. And in their eyes, I was no longer their equal.

I felt guilty. But I thought about the girl in the blue uniform, and I remember thinking, "That's who I want to be -- someone like her, someone who uplifts other people." This childhood experience led me to the United Nations, and to my current role with UN Women, where we are addressing one of the greatest inequalities that affects more than half of the world's population -- women and girls.

Today, I want to share with you a simple idea that seeks to uplift all of us together. Eight months ago, under the visionary leadership of Phumzile Mlambo-Ngcuka, head of UN Women, we launched a groundbreaking initiative called HeForShe, inviting men and boys from around the world to stand in solidarity with each other and with women, to create a shared vision for gender equality. This is an invitation for those who believe in equality for women and men, and those who don't yet know that they believe.

The initiative is based on a simple idea: that what we share is much more powerful than what divides us. We all feel the same things. We all want the same things, even when those things sometimes remain unspoken. HeForShe is about uplifting all of us, women and men together. It's moving us towards an inflection point for gender equality.

Imagine a blank page with one horizontal line splitting it in half. Now imagine that women are represented here, and men are represented here. In our current population, HeForShe is about moving the 3.2 billion men,one man at a time, across that line, so that ultimately, men can stand alongside women and be on the right side of history, making gender equality a reality in the 21st century.

However, engaging men in the movement would prove quite controversial. Why invite men? They are the problem.

(Laughter)

In fact, men don't care, we were told.

But something incredible happened when we launched HeForShe. In just three days, more than 100,000 men had signed up and committed to be agents of change for equality. Within that first week, at least one man in every single country in the world stood up to be counted, and within that same week, HeForShe created more than 1.2 billion conversations on social media. And that's when the emails started pouring in, sometimes as many as a thousand a day. We heard from a man out of Zimbabwe, who, after hearing about HeForShe, created a "husband school."

(Laughter)

He literally went around his village, hand-picking all of the men that were abusive to their partners, and committed to turn them into better husbands and fathers. In Pune, India, a youth advocate organized an innovative bicycle rally, mobilizing 700 cyclists to share the HeForShe messages within their own community.

In another impact story, a man sent a very personal note of something that had happened in his own community. He wrote, "Dear Madam, I have lived all of my life next door to a man who continuously beats up his wife. Two weeks ago, I was listening to my radio, and your voice came on, and you spoke about something called the HeForShe, and the need for men to play their role. Within a few hours, I heard the woman cry again next door, but for the first time, I didn't just sit there. I felt compelled to do something, so I went over and I confronted the husband. Madam, it has been two weeks, and the woman has not cried since. Thank you for giving me a voice."

(Applause)

Personal impact stories such as these show that we are tapping into something within men, but getting to a world where women and men are equal is not just a matter of bringing men to the cause. We want concrete, systematic, structural change that can equalize the political, economic and social realities for women and men. We are asking men to make concrete actions, calling them to intervene at a personal level, to change their behavior. We are calling upon governments, businesses, universities, to change their policies. We want male leaders to become role models and change agents within their own institutions.

Already, a number of prominent men and leaders have stepped up and made some concrete HeForShe commitments. In a few early success stories, a leading French hospitality company, Accor, has committed to eliminate the pay gap for all of its 180,000 employees by 2020.

(Applause)

The government of Sweden, under its current feminist government, has committed to close both the employment and the pay gap for all of its citizens within the current electoral term. In Japan, the University of Nagoya is building, as part of their HeForShe commitments, what will become one of Japan's leading gender-research centers.

Now,eight months later, a movement is building. We are seeing men sign up from every single walk of life, and from every single corner in the world, from the United Nations' own Secretary-General Ban Ki-moon to the Secretary-Generals of NATO and the EU Council, from the prime minister of Bhutan to the president of Sierra Leone.

In Europe alone, all the male EU Commissioners and the members of Parliament of the Swedish and Iceland governments have signed up to be HeForShe. In fact,one in 20 men in Iceland has joined the movement. The rallying call of our passionate goodwill ambassador, Emma Watson, has garnered more than five billion media impressions, mobilizing hundreds and thousands of students around the world to create more than a hundred HeForShe student associations.

Now this is the beginning of the vision that HeForShe has for the world that we want to see. Einstein once said, "A human being is part of the whole ... but he experiences himself, his thoughts and feelings, as something separate from the rest ... This delusion is a kind of prison for us ... Our task must be to free ourselves from this prison by widening our circle of compassion."

If women and men are part of a greater whole, as Einstein suggests, it is my hope that HeForShe can help free us to realize that it is not our gender that defines us, but ultimately, our shared humanity. HeForShe is tapping into women's and men's dreams, the dreams that we have for ourselves, and the dreams that we have for our families, our children, friends, communities.

So that's what it is about. HeForShe is about uplifting all of us together.

Thank you.

(Applause)

いつまでも忘れないでしょう 青いユニフォームを着た少女に初めて 出会った時のことを 当時私は8歳で 祖母と村で暮らしていました 祖母は私と他の子供たちを育てていました 飢饉が私の国ジンバブエを襲い 私たちには十分な食料もありませんでした 私たちは飢えていました そんな時青いユニフォームを着た少女が 国連から私たちの村にやって来て 食糧を配ってくれました

彼女が私にオートミールを手渡した時 何故ここに来たのか聞いてみました ためらわず 彼女はこう言いました 「アフリカ人として 私たちはアフリカの すべての人々に希望を持たせなければいけないの」 何を言っているのか 全く分かりませんでした

(笑)

でもその言葉は心に残りました

その2年後 飢饉が再び祖国を襲いました 祖母は私を町に送り出すしか ありませんでした それまで会った事もない叔母と 暮らす為です 10歳で私は 初めて学校に行くことになりました その町の学校で 私は「平等でない」という経験をしました ご存知のように村では みんなが平等でした しかし学校の子どもたちの心の中では 私は同じではなかったのです 私は英語が話せませんでした 読み書きという点で遅れていました そしてこの不平等という感情は より複雑なものとなりました 学校が休みになる度に 村に戻って祖母と過ごすことで 不平等をはっきり自覚したのです 私だけ学校へ行ける機会は 家族が与えてくれたのです おかげで私は他の村人より 遥かに恵まれた状況になりました 村人にとって 私はもう同じではありません

罪悪感を感じました しかし青いユニフォームの 少女の事を考えて こう思ったのを覚えています 「あんな風になりたい ― あの子みたいな人に 他の人たちに希望を持たせる人に」 子ども時代のこの経験で 国連での仕事にあこがれ 今はUN Womenで働いています そこでは大きな不平等について 取り組んでいます 世界の人口の半分以上 ― 女性に影響する 不平等の問題です

今日 お話しするのは 私たち皆が一緒に希望を持とうという シンプルなアイディアについてです 今から8か月前 UN Womenのトップ プムズィレ・ムランボ=ヌクカの 先見的なリーダーシップの下 私たちは革新的な計画に取り掛かりました 「HeForShe」という名称で 世界中の男性や少年を招き入れ 互いや女性との団結の下に立ち上がり ジェンダーの平等の 共有ビジョンを作るのです これは男女の平等を信じる人々と それを未だ信じない人々の為の 「招き」なのです

この構想は「男女が共有しているものは 男女を分けているものより ずっと強大だ」というシンプルなアイディアを 基にしています 私たちは同じ事を感じています 私たちは同じものを求めています たとえ口には出さないとしてもです 「HeForShe」は全ての男女に 希望を与えようとしています ジェンダーの平等の転換点に 向かわせています

何も書かれていないページがあり 横一直線で半分に分かれています 女性がここにいるとしましょう そして男性がここにいます 現在の人口の中で 「HeForShe」は32億人の男性を 一度に一人ずつ ラインの向こうへ動かしています 最終的には男性が女性と並んで立ち 歴史の正しい側に存在し 21世紀中にジェンダーの平等を 実現する為です

しかし この運動に男性を巻き込もうとすると 議論が起こります 何故男性を招くのか?彼らが問題なのに

(笑)

実際 男性は関係ないと 言われていました

しかし信じられない事に 「HeForShe」を始めてみると わずか3日で10万人以上の男性が登録し 平等への変革に関わることを 宣言したのです 最初の一週間で 世界中のあらゆる国から 少なくとも1人の男性が 立ち上がり 同じ週の間に 「HeForShe」に関わる ソーシャルメディアでの発信は12億件以上でした それから Eメールが届き始めたのです 一日に千通も届く事がありました ジンバブエ出身の男性から話を聞きました 彼は「HeForShe」の事を聞き 「夫の学校」を作ったのです

(笑)

彼は自分の村を巡り 妻に虐待を行った男性を全て洗い出し 良き夫、父親となるよう 約束させたのです インドのプネーでは青年支持者が 自転車ラリーを組織して 700名のサイクリストを動員し 「HeForShe」のメッセージを 地域に広めました

こんな印象的な話もあります コミュニティの出来事を書いた 私的な手紙をくれた 男性がいました それには こう書いてありました 「拝啓 ここに住んでから 隣に住む男性が絶えず 彼の妻に暴力を働いているのです 今から2週間前 ラジオを聞いていると あなたの声が 聞こえてきてました 『HeForShe』 という何かと 男性の役割の話をしていました 数時間後 隣家から又 女性の叫び声が聞こえてきました しかし今回は私も じっとしていませんでした 何かをしなければならないと感じたのです そこで隣家へ行き 夫に立ち向かいました それから2週間 女性の叫び声は聞こえていません 私に声を届けてくれて有難うございました」

(拍手)

こうした個人の強く印象に残る話は 私たちが男性の中の何かを引き出している 証なのですが 男女が平等な社会に 到達するという事は 男性に行動理由を示す事ではありません 私たちは男女の政治的、経済的な 社会実現が平等になる 具体的で体系的な構造の 変革を求めているのです 私たちは男性に具体的な行動を求め 個人的なレベルで 男性たちの行動を変えるよう 呼びかけています 私たちは政府、ビジネス界、大学に 政策の変革を呼びかけています 男性リーダーに手本になってもらい 彼らの組織の主体を 変えてもらいたいのです

既に多くの有名な男性やリーダーが 行動を促し 「HeForShe」に 具体的な参加をしています 初期の成功談に こんなものがあります フランスの一流の接客会社「アコール」では 2020年までに18万人の従業員の全てから 賃金の格差を取り除くと約束しました

(拍手)

スウェーデンの政府は 男女同権主義の方針で 全ての市民の為 現在の選挙期間に 仕事と賃金の不均衡の双方に 決着をつけると約束しました 日本では名古屋大学が自分たちの 「HeForShe」の共同参画室を作っています それは日本で先導的なジェンダー 研究センターとなるでしょう

8か月後の今 運動は確立しつつあります あらゆる立場の男性が この運動に参加しています 世界中のあらゆる地域 ― 国連事務総長パン・ギムンから NATOの事務総長、EU評議会まで ブータンの首相から シエラレオネの大統領まで

ヨーロッパだけでも 全ての男性のEUの理事や スウェーデンやアイスランド政府の 議会のメンバーたちが 「HeForShe」に参加しています アイスランドの20名に1人の男性が 運動に参加しています 親善大使エマ・ワトソンの情熱的な スローガンが 50億回以上も表示され 何十万という世界中の学生たちを 結集させました 「HeForShe」の学生連合は 100か所以上も結成されました

これは私たちが見たい世界に 向かう「HeForShe」が持つ 先見性の兆しです アインシュタインは言いました 「人間は完全体の一部だが... 自分自身、自分の思考、感情を体験する 他の切り離されたものとして... この妄想は 私たちにとって監獄だ... 私たちの仕事はこの監獄から 解き放たれることである 思いやりの輪を大きく広げることによって」

アインシュタインが示唆しているように 男女が偉大な完全体の一部なら 性別ではなく 分かち合った人間性で 人格が決まると理解し 「HeForShe」が 我々の解放の手助けとなる事が 私の望みなのです 「HeForShe」は男女の夢を引き出しています 自分たち自身の夢を 家族、子供たち、友人、コミュニティの持つ夢を

つまりこういう事です 「HeForShe」は私たち皆に共に 希望を与えようとしているのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画