TED日本語 - ロクサーヌ・ゲイ: バッド・フェミニストの告白

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ロクサーヌ・ゲイ: バッド・フェミニストの告白

TED Talks

バッド・フェミニストの告白
Confessions of a bad feminist
ロクサーヌ・ゲイ
Roxane Gay

内容

作家のロクサーヌ・ゲイが、自らを「バッド・フェミニスト」と名付けたのは、フェミニスト運動の期待に添えるような完璧な行為ができないことを笑ったジョークのつもりでした。しかし、彼女はそれがジョークになっていなかった事に気がつきます。この思慮深く、刺激あるトークの中で、彼女は幅広いフェミニズムの解釈を祝福し、小さな選択の積み重ねによって、実際の変革につなげることを呼びかけます。

Script

I am failing as a woman, I am failing as a feminist.

I have passionate opinions about gender equality, but I worry that to freely accept the label of "feminist," would not be fair to good feminists.

I'm a feminist, but I'm a rather bad one. Oh, so I call myself a Bad Feminist. Or at least, I wrote an essay, and then I wrote a book called "Bad Feminist," and then in interviews, people started calling me The Bad Feminist. (Laughter)

So, what started as a bit of an inside joke with myself and a willful provocation, has become a thing.

Let me take a step back. When I was younger, mostly in my teens and 20s, I had strange ideas about feminists as hairy, angry, man-hating, sex-hating women -- as if those are bad things. (Laughter) These days, I look at how women are treated the world over, and anger, in particular, seems like a perfectly reasonable response.

But back then, I worried about the tone people used when suggesting I might be a feminist. The feminist label was an accusation, it was an "F" word, and not a nice one. I was labeled a woman who doesn't play by the rules, who expects too much, who thinks far too highly of myself, by daring to believe I'm equal -- (Coughs) -- superior to a man. You don't want to be that rebel woman, until you realize that you very much are that woman, and can not imagine being anyone else.

As I got older, I began to accept that I am, indeed, a feminist, and a proud one. I hold certain truths to be self-evident: Women are equal to men. We deserve equal pay for equal work. We have the right to move through the world as we choose, free from harassment or violence. We have the right to easy, affordable access to birth control, and reproductive services. We have the right to make choices about our bodies, free from legislative oversight or evangelical doctrine. We have the right to respect.

There's more. When we talk about the needs of women, we have to consider the other identities we inhabit. We are not just women. We are people with different bodies, gender expressions, faiths, sexualities, class backgrounds, abilities, and so much more. We need to take into account these differences and how they affect us, as much as we account for what we have in common. Without this kind of inclusion, our feminism is nothing.

I hold these truths to be self-evident, but let me be clear: I'm a mess. I am full of contradictions. There are many ways in which I'm doing feminism wrong.

I have another confession. When I drive to work, I listen to thuggish rap at a very loud volume. (Laughter) Even though the lyrics are degrading to women -- these lyrics offend me to my core -- the classic Yin Yang Twins song "Salt Shaker" -- it is amazing. (Laughter) "Make it work with your wet t-shirt. Bitch, you gotta shake it 'til your camel starts to hurt!" (Laughter) Think about it. (Laughter) Poetry, right? I am utterly mortified by my music choices. (Laughter)

I firmly believe in man work, which is anything I don't want to do, including -- (Laughter) -- all domestic tasks, but also: bug killing, trash removal, lawn care and vehicle maintenance. I want no part of any of that. (Laughter) Pink is my favorite color. I enjoy fashion magazines and pretty things. I watch "The Bachelor" and romantic comedies, and I have absurd fantasies about fairy tales coming true.

Some of my transgressions are more flagrant. If a woman wants to take her husband's name, that is her choice, and it is not my place to judge. If a woman chooses to stay home to raise her children, I embrace that choice, too. The problem is not that she makes herself economically vulnerable in that choice; the problem is that our society is set up to make women economically vulnerable when they choose. Let's deal with that. (Applause)

I reject the mainstream feminism that has historically ignored or deflected the needs of women of color, working-class women, queer women and transgender women, in favor of supporting white, middle- and upper-class straight women. Listen, if that's good feminism -- I am a very bad feminist. (Laughter)

There is also this: As a feminist, I feel a lot of pressure. We have this tendency to put visible feminists on a pedestal. We expect them to pose perfectly. When they disappoint us, we gleefully knock them from the very pedestal we put them on. Like I said, I am a mess -- consider me knocked off that pedestal before you ever try to put me up there. (Laughter)

Too many women, particularly groundbreaking women and industry leaders, are afraid to be labeled as feminists. They're afraid to stand up and say, "Yes, I am a feminist," for fear of what that label means, for fear of being unable to live up to unrealistic expectations.

Take, for example, Beyonce, or as I call her, The Goddess. (Laughter) She has emerged, in recent years, as a visible feminist. At the 2014 MTV Video Music Awards, she performed in front of the word "feminist" 10 feet high. It was a glorious spectacle to see this pop star openly embracing feminism and letting young women and men know that being a feminist is something to celebrate. As the moment faded, cultural critics began endlessly debating whether or not Beyonce was, indeed, a feminist. They graded her feminism, instead of simply taking a grown, accomplished woman at her word. (Laughter) (Applause)

We demand perfection from feminists, because we are still fighting for so much, we want so much, we need so damn much.

We go far beyond reasonable, constructive criticism, to dissecting any given woman's feminism, tearing it apart until there's nothing left. We do not need to do that. Bad feminism -- or really, more inclusive feminism -- is a starting point.

But what happens next? We go from acknowledging our imperfections to accountability, or walking the walk, and being a little bit brave. If I listen to degrading music, I am creating a demand for which artists are more than happy to contribute a limitless supply. These artists are not going to change how they talk about women in their songs until we demand that change by affecting their bottom line. Certainly, it is difficult. Why must it be so catchy? (Laughter) It's hard to make the better choice, and it is so easy to justify a lesser one. But -- when I justify bad choices, I make it harder for women to achieve equality, the equality that we all deserve, and I need to own that.

I think of my nieces, ages three and four. They are gorgeous and headstrong, brilliant girls, who are a whole lot of brave. I want them to thrive in a world where they are valued for the powerful creatures they are. I think of them, and suddenly, the better choice becomes far easier to make.

We can all make better choices. We can change the channel when a television show treats sexual violence against women like sport, Game of Thrones. We can change the radio station when we hear songs that treat women as nothing. We can spend our box office dollars elsewhere when movies don't treat women as anything more than decorative objects. We can stop supporting professional sports where the athletes treat their partners like punching bags. (Applause)

In other ways, men -- and especially straight white men -- can say, "No, I will not publish with your magazine, or participate in your project, or otherwise work with you, until you include a fair number of women, both as participants and decision makers. I won't work with you until your publication, or your organization, is more inclusive of all kinds of difference."

Those of us who are underrepresented and invited to participate in such projects, can also decline to be included until more of us are invited through the glass ceiling, and we are tokens no more.

Without these efforts, without taking these stands, our accomplishments are going to mean very little. We can commit these small acts of bravery and hope that our choices trickle upward to the people in power -- editors, movie and music producers, CEOs, lawmakers -- the people who can make bigger, braver choices to create lasting, meaningful change.

We can also boldly claim our feminism -- good, bad, or anywhere in between. The last line of my book "Bad Feminist" says, "I would rather be a bad feminist than no feminist at all." This is true for so many reasons, but first and foremost, I say this because once upon a time, my voice was stolen from me, and feminism helped me to get my voice back.

There was an incident. I call it an incident so I can carry the burden of what happened. Some boys broke me, when I was so young, I did not know what boys can do to break a girl. They treated me like I was nothing. I began to believe I was nothing. They stole my voice, and in the after, I did not dare to believe that anything I might say could matter.

But -- I had writing. And there, I wrote myself back together. I wrote myself toward a stronger version of myself. I read the words of women who might understand a story like mine, and women who looked like me, and understood what it was like to move through the world with brown skin. I read the words of women who showed me I was not nothing. I learned to write like them, and then I learned to write as myself. I found my voice again, and I started to believe that my voice is powerful beyond measure.

Through writing and feminism, I also found that if I was a little bit brave, another woman might hear me and see me and recognize that none of us are the nothing the world tries to tell us we are.

In one hand, I hold the power to accomplish anything. And in my other, I hold the humbling reality that I am just one woman.

I am a bad feminist, I am a good woman, I am trying to become better in how I think, and what I say, and what I do, without abandoning everything that makes me human. I hope that we can all do the same. I hope that we can all be a little bit brave, when we most need such bravery. (Applause)

私は女性として落第です フェミニストとしても落第です

男女同権には熱意ある意見を持っていますが 「フェミニスト」というレッテルを 簡単に受け入れては 素晴らしいフェミニスト達に申し訳ない気がします

フェミニストとはいえ 私は悪いフェミニストですから 自分のことを 「バッド・フェミニスト」と呼びます そうしたエッセイを書いて その後 『バッド・フェミニスト』を出版したら 皆も私を「例のバッド・フェミニスト」と 呼ぶようになりました (笑)

ちょっとした自虐ネタで 気の利いた挑発をしたつもりが 社会現象にまで なってしまいました

少し振り返ってみましょう もっと若い時 特に10代 20代の頃 フェミニストに先入観をもっていました 毛深くて 怒りっぽい 男性嫌悪で セックスの嫌いな女性達と まるで それが悪いことのように (笑) 最近では 世界の女性達が どのように扱われているかを知り 怒りを感じ それを表すことが 正当な対応と思えるようになりました

ただ 若い頃は 人々の口調が気になりました 私がフェミニストじゃないかと疑われる時です フェミニストというレッテルは 非難の対象でした “F”から始まる 良くない言葉でした ルールに従わない女性とレッテルを貼られ 要求ばかりして 自分を過大評価するような 男性と同等 ― (失礼) ― むしろ優れていると思い込んでいるような そんな反逆者にはなりたくないと思っていたら 自分が正にそんな女性であることに気づき そうでない自分でいることが 考えられなくなりました

年を重ねるとそんな自分を受け入れ 自分は正真正銘フェミニストと自覚し 誇りを感じるようになりました わかりきったことです 女性は男性と平等であります 同等の労働には同額の賃金を得るべきです 自分で選択肢を持って ハラスメントや暴力から逃れる権利があります 簡単で安価な避妊方法を使ったり 生殖に関するサービスを受ける権利があります 自分の身体のことは自分で決めることができます 法的な強制や宗教的な教義から離れて 敬意をもった扱いを要求する権利もある

さらに言うと 女性のニーズの話となると 私たちが持つ他の自己特性についても 考えなくてはなりません 私たちは女性であるだけではありません 一人一人違う身体を持ち どう自分の性を表現するか 信仰 性的志向も 社会的な地位 能力 その他多くの面で異なっています そんな違いが どのように私たちに影響するかを 私たちの共通点と同じように考える必要があります そのような受容性がなければ フェミニズムなど無意味です

当たり前のことですが あえてお話ししたいと思います 実は私も混乱しています 私の言動は矛盾だらけです フェミニズムを汚すような行為もしています

さらに白状すると 仕事にむかう車の中で 品の悪いラップを ボリューム上げて聞いています (笑) 女性を軽蔑した歌詞であることにもかかわらず ― 怒りで震えるような歌詞なのにです 例えばYin Yan Twins の“Salt Shaker”のようなラップです すごいんですよ (笑) 「濡れたTシャツでやってみろ ビッチ 食い込みが痛くなるまで腰振りやがれ」 (笑) 考えてみてください (笑) 実に詩的ですね 自分の音楽の選択に恥を感じます (笑)

私は男の仕事にも大いに賛成です 私がやりたくない事が全部含まれますが ― (笑) 例えば 家事全般 虫の退治 ゴミ捨て 芝生の手入れ 車の修理等も こういう責任からは一切解放されたいのです (笑) 私の一番すきな色はピンク ファッション誌も 可愛いものも全て好き テレビ番組の『The Bachelor』 ロマンチックコメディーも おとぎ話もハッピーエンディングを 信じるような妄想を描いてます

反男女同権的に思われるかもしれませんが もし女性が夫の姓に改姓したいならば それは個人の判断で 私が決めることではありません 女性が子育ての為に 家にいる事を選ぶのであれば その選択も祝福できます 問題は女性が自ら経済的に不安定な立場を 選択するかどうかではありません そうした選択をした女性を 社会が経済的に不安定な立場に 追い込んでしまうことです まずはその問題を解決しましょう (拍手)

私は従来のフェミニズムには 抵抗を感じます 有色人種の女性 労働階級の女性 や レズビアンやトランスジェンダーの女性のニーズを 無視したり捻じ曲げてきたフェミニズム 中流や上流階級で異性愛の白人女性を 支援するフェミニズムは拒否します それが優れたフェミニズムであれば 私はやはりフェミニストとして落第です (笑)

さらに こんなことも考えます フェミニストとして とてもプレッシャーを感じます 我々は目立つ活躍をしている フェミニストに 完璧であることを要求し それでいて 彼女達が期待に応えられないと 私達が祭り上げたところから 嬉々として彼女達を蹴落とすのです だから私は混乱するのです 私は蹴落とされた落ちこぼれです まだ乗せられてもいないのに (笑)

あまりにも多くの女性達が 特に画期的なことを成し遂げた女性や 産業界のリーダーたちが フェミ二ストと呼ばれることを避けるのです “私はフェミニストです”と公言するのを恐れているのです そう呼ばれるには代償が大き過ぎると恐れているのです 非現実的な期待に応えられないことを 怖がっているのです

例えば 歌手のビヨンセ The Goddess(女神)と私は呼んでいますが (笑) 最近では目に見える形で フェミニストとして活躍しています 2014年のテレビ大賞 MTV Video Music Awardsでは 高さ3メートル大に“フェミニスト”と描かれた文字の前で歌いました まさに目を見張るような光景でした ポップスターが フェミニズムを支援し 若い世代の男女に フェミニストが祝福されるべき存在だと伝えました そんな光景が記憶から薄れ始めた途端に 批評家の間で議論が交わされました ビヨンセは 本当にフェミニストとして 讃えるべきなのか フェミニストとしての 採点を下したのです 夢を実現した女性の 言葉を素直に受け入れずにです (笑) (拍手)

私たちはフェミニストに完璧性を求め過ぎます 私たちの戦いが終わっていないからです 多くの要求が満たされず さらに多くのものが必要だから

そのため 理性的で 建設的な批判を通り越し その女性のフェミニズムを分析し 意味がなくなるまで引き裂いてしまうのです そんな行動は必要ありません バッド・フェミニズム ― つまりより懐の広いフェミニズムが スタート地点になるのです

そこから次はどうなるかというと 自分の不完全さを認識し その責任をとります 有言実行し 少しだけ勇敢になります 私が低俗な音楽を聴いたら それは需要を生み出し アーティストはそれに応えて 大喜びで ― どんどんそういう曲を作ります 彼らの曲の中での 女性の描き方が変わるのは それを変えないと 曲が売れない事態に迫られたときです もちろん難しいことです 何故 音楽だからと許してしまうのでしょう (笑) 正しい選択をすることは勇気がいることです それ以下の選択を正当化することも簡単です でも ― 誤った選択を正当化することは 女性の平等の実現を妨げることになります 私達全員にふさわしく 私自身が必要としている平等を妨げます

私の姪は3歳と4歳ですが 美しく しっかりしていて 才能にあふれ 勇気いっぱいな子供達です 彼女達が正当に評価される世の中で 飛躍してほしいのです 実力を評価してほしいのです 彼女達のことを考えると 正しい選択をすることが楽になります

私たちは皆もっと優れた選択ができるのです 性的暴行を スポーツのように扱う 『ゲーム・オブ・スローンズ』のような番組の チャンネルを変えられます 女性に価値がないとする曲が流れたら 別のラジオ局を選べます 映画の中で女性の役が ただの装飾品のような扱いであれば その映画を見るお金を 他のことに使うことができます パートナーをサンドバッグのように扱うのであれば プロスポーツの観戦を止めることもできます (拍手)

男性 特に白人で ストレートの男性が 「いいえ あなたの雑誌には原稿を書きませんし あなたのプロジェクトには参加もしないし 一緒に仕事もしません 参加者としても 意思決定者としても 十分な人数の女性が加わるまでは」とか 「あなたの出版物や組織が 多様性を受け入れるまでは ご一緒に仕事はできません」 と言うこともできます

過小評価されている私たちのような者が 招待されたプロジェクトへの参加を 断ることもできます 更に多くの者が ガラスの天井をぬけ 名ばかりの女性参画ではなくなるまでは

このような努力がない限り このような主張をしない限り 今までの努力は無意味同様なのです 私達が小さな事柄に勇気を持って当たることで 権力ある人々の間にも浸透していくことを望んでいます 編集者 映画や音楽のプロデューサー 会社の社長や 政治家たち ― より大きな 勇気ある選択ができる人達に 広まれば 継続的で 意味ある変化を 作り出せるでしょう

自分たちのフェミニズムが グッドとか バッドとか その中間だとか 思い切って言ってもいいんです 「バッド・フェミニスト」の本を こう締めくくりました 「全くフェミニストでないよりも バッド・フェミニストでありたい」 この言葉は私にとっていろんな意味があります でも一番の理由は 過去のある経験にさかのぼります ある時 私は意見を言えなくなりましたが フェミニズムの信念のおかげで 自分の声を取り戻せたのです

ある事件がきっかけでした それを事件と呼ぶのは 辛さを忘れないためです 私は男の子達に暴行されました 幼くて 男の子達が女の子を暴行するために どんな事をするか知りませんでした 彼らは私が何者でもないように扱い 私自身も 自分は価値のない人間と思い始めました 私の意見を奪い そしてその後 私自身も自分の意見に意味があると 思えなくなりました

それでも 書くという表現は私の元に残りました 書きながら自分をとりもどしたのです 書きながら強い自分になれるよう 自分を鼓舞したのです 私の話をわかってくれそうな 女性達が書いたものも読みました 私と似たような褐色の肌をした女性達が 生きていくのがどんなに過酷かを書いたものも 読みました 私にも価値があることを 教えてくれる女性達の言葉も読み 彼女らと同じように書く技術を 身につけました そこから自分の声が生まれました 私の声を再発見したのです そして 私の意見にも 計り知れない力があると気づきました

書くことと フェミニズムにより 少しだけの勇気を持てば 他の女性が私の意見を見聞きし 気づき 私達の誰一人として価値のない女性は いないと伝えられる事を知りました

一方の手には 何事でも達成できる力を備え もう一方には 私もただ一人の女性に過ぎないという 現実を握りしめています

私はバッド・フェミニストですが 良心ある女性です 私は自分の人間性を潰さない範囲で どう考えるか 何を言うか 何をするか 良くしようとしています 皆さんも同じ事ができるはずです 皆さんが私と同じように あと少しの勇気を持てることを そんな勇気が必要な時に備えて (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画