TED日本語 - チェルシー・シールズ: 自分の教会を内部から変化させるための取り組み

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - チェルシー・シールズ: 自分の教会を内部から変化させるための取り組み

TED Talks

自分の教会を内部から変化させるための取り組み
How I'm Working for Change Inside My Church
チェルシー・シールズ
Chelsea Shields

内容

宗教がもたらす影響に対する宗教の責任を明確にしながら、他者の宗教的信条を尊重するためにはどうすればよいのでしょう?チェルシー・シールズは、この問いに対して力強い答えを示しています。シールズは、正統派モルモン教の伝統の中で育てられました。その過程で、モルモン教会の中で、女性が重要な地位から除外されるのを目にしてきました。彼女は、現在は文化人類学者で、アクティビストでTED フェローでもあり、教会内の制度における男女差別の是正のために活動しています。「宗教は、自由を与え、従属させ、力を与え、搾取し、慰め、破壊することも可能です。安息日の教えが、政治や保健政策、世界の暴力にも影響を与えるのです」とシールズは述べています。

Script

Religion is more than belief. It's power, and it's influence. And that influence affects all of us, every day, regardless of your own belief. Despite the enormous influence of religion on the world today, we hold them to a different standard of scrutiny and accountability than any other sector of our society. For example, if there were a multinational organization, government or corporation today that said no female could be on a leadership board, not one woman could have a decision-making authority, not one woman could handle any financial matter, we would have outrage. There would be sanctions. And yet this is a common practice in almost every world religion today.

We accept things in our religious lives that we do not accept in our secular lives, and I know this because I've been doing it for three decades. I was the type of girl that fought every form of gender discrimination growing up. I played pickup basketball games with the boys and inserted myself. I said I was going to be the first female President of the United States. I have been fighting for the Equal Rights Amendment, which has been dead for 40 years. I'm the first woman in both sides of my family to ever work outside the home and ever receive a higher education.

I never accepted being excluded because I was a woman, except in my religion. Throughout all of that time, I was a part of a very patriarchal orthodox Mormon religion. I grew up in an enormously traditional family. I have eight siblings, a stay-at-home mother. My father's actually a religious leader in the community. And I grew up in a world believing that my worth and my standing was in keeping these rules that I'd known my whole life. You get married a virgin, you never drink alcohol, you don't smoke, you always do service, you're a good kid. Some of the rules we had were strict, but you followed the rules because you loved the people and you loved the religion and you believed.

Everything about Mormonism determined what you wore, who you dated, who you married. It determined what underwear we wore. I was the kind of religious where everyone I know donated 10 percent of everything they earned to the church, including myself. From paper routes and babysitting, I donated 10 percent. I was the kind of religious where I heard parents tell children when they're leaving on a two-year proselytizing mission that they would rather have them die than return home without honor, having sinned. I was the type and the kind of religious where kids kill themselves every single year because they're terrified of coming out to our community as gay. But I was also the kind of religious where it didn't matter where in the world I lived, I had friendship, instantaneous mutual aid. This was where I felt safe. This is certainty and clarity about life. I had help raising my little daughter. So that's why I accepted without question that only men can lead, and I accepted without question that women can't have the spiritual authority of God on the Earth, which we call the priesthood. And I allowed discrepancies between men and women in operating budgets, disciplinary councils, in decision-making capacities, and I gave my religion a free pass because I loved it.

Until I stopped, and I realized that I had been allowing myself to be treated as the support staff to the real work of men. And I faced this contradiction in myself, and I joined with other activists in my community. We've been working very, very, very hard for the last decade and more.

The first thing we did was raise consciousness. You can't change what you can't see. We started podcasting, blogging, writing articles. I created lists of hundreds of ways that men and women are unequal in our community.

The next thing we did was build advocacy organizations. We tried to do things that were unignorable, like wearing pants to church and trying to attend all-male meetings. These seem like simple things, but to us, the organizers, they were enormously costly. We lost relationships. We lost jobs. We got hate mail on a daily basis. We were attacked in social media and national press. We received death threats. We lost standing in our community. Some of us got excommunicated. Most of us got put in front of a disciplinary council, and were rejected from the communities that we loved because we wanted to make them better, because we believed that they could be.

And I began to expect this reaction from my own people. I know what it feels like when you feel like someone's trying to change you or criticize you. But what utterly shocked me was throughout all of this work I received equal measures of vitriol from the secular left, the same vehemence as the religious right. And what my secular friends didn't realize was that this religious hostility, these phrases of, "Oh, all religious people are crazy or stupid." "Don't pay attention to religion." "They're going to be homophobic and sexist." What they didn't understand was that that type of hostility did not fight religious extremism, it bred religious extremism. Those arguments don't work, and I know because I remember someone telling me that I was stupid for being Mormon. And what it caused me to do was defend myself and my people and everything we believe in, because we're not stupid.

So criticism and hostility doesn't work, and I didn't listen to these arguments. When I hear these arguments, I still continue to bristle, because I have family and friends. These are my people, and I'm the first to defend them, but the struggle is real. How do we respect someone's religious beliefs while still holding them accountable for the harm or damage that those beliefs may cause others? It's a tough question. I still don't have a perfect answer. My parents and I have been walking on this tightrope for the last decade. They're intelligent people. They're lovely people. And let me try to help you understand their perspective. In Mormonism, we believe that after you die, if you keep all the rules and you follow all the rituals, you can be together as a family again. And to my parents, me doing something as simple as having a sleeveless top right now, showing my shoulders, that makes me unworthy. I won't be with my family in the eternities. But even more, I had a brother die in a tragic accident at 15, and something as simple as this means we won't be together as a family. And to my parents, they can not understand why something as simple as fashion or women's rights would prevent me from seeing my brother again. And that's the mindset that we're dealing with, and criticism does not change that. And so my parents and I have been walking this tightrope, explaining our sides, respecting one another, but actually invalidating each other's very basic beliefs by the way we live our lives, and it's been difficult. The way that we've been able to do that is to get past those defensive shells and really see the soft inside of unbelief and belief and try to respect each other while still holding boundaries clear.

The other thing that the secular left and the atheists and the orthodox and the religious right, what they all don't understand was why even care about religious activism? I can not tell you the hundreds of people who have said, "If you don't like religion, just leave." Why would you try to change it? Because what is taught on the Sabbath leaks into our politics, our health policy, violence around the world. It leaks into education, military, fiscal decision-making. These laws get legally and culturally codified. In fact, my own religion has had an enormous effect on this nation. For example, during Prop 8, my church raised over 22 million dollars to fight same-sex marriage in California. Forty years ago, political historians will say, that if it wasn't for the Mormon opposition to the Equal Rights Amendment, we'd have an Equal Rights Amendment in our Constitution today. How many lives did that affect? And we can spend time fighting every single one of these little tiny laws and rules, or we can ask ourselves, why is gender inequality the default around the world? Why is that the assumption?

Because religion doesn't just create the roots of morality, it creates the seeds of normality. Religions can liberate or subjugate, they can empower or exploit, they can comfort or destroy, and the people that tip the scales over to the ethical and the moral are often not those in charge. Religions can't be dismissed or ignored. We need to take them seriously. But it's not easy to influence a religion, like we just talked about.

But I'll tell you what my people have done. My groups are small, there's hundreds of us, but we've had huge impact. Right now, women's pictures are hanging in the halls next to men for the first time. Women are now allowed to pray in our church-wide meetings, and they never were before in the general conferences. As of last week, in a historic move,three women were invited down to three leadership boards that oversee the entire church. We've seen perceptual shifts in the Mormon community that allow for talk of gender inequality. We've opened up space, regardless of being despised, for more conservative women to step in and make real changes, and the words "women" and "the priesthood" can now be uttered in the same sentence. I never had that. My daughter and my nieces are inheriting a religion that I never had, that's more equal -- we've had an effect.

It wasn't easy standing in those lines trying to get into those male meetings. There were hundreds of us, and one by one, when we got to the door, we were told, "I'm sorry, this meeting is just for men," and we had to step back and watch men get into the meeting as young as 12 years old, escorted and walked past us as we all stood in line. But not one woman in that line will forget that day, and not one little boy that walked past us will forget that day.

If we were a multinational corporation or a government, and that had happened, there would be outrage, but we're just a religion. We're all just part of religions. We can't keep looking at religion that way, because it doesn't only affect me, it affects my daughter and all of your daughters and what opportunities they have, what they can wear, who they can love and marry, if they have access to reproductive healthcare. We need to reclaim morality in a secular context that creates ethical scrutiny and accountability for religions all around the world, but we need to do it in a respectful way that breeds cooperation and not extremism. And we can do it through unignorable acts of bravery, standing up for gender equality.

It's time that half of the world's population had voice and equality within our world's religions, churches, synagogues, mosques and shrines around the world. I'm working on my people. What are you doing for yours?

(Applause)

宗教は信条以上のものです 力があり 影響があります 私達 全員に影響を与えます 毎日 自身の信条に関わらず 今 世界で宗教が絶大な影響力を持つにも関わらず 宗教に対する監督や責任の基準は 社会のどのセクターとも異なります 例えば 今の国際機関 政府や企業等が 女性は責任ある地位につけない 判断権限を与えられない 財務関連は任せられないとしていたら 私達は 激しく抗議するでしょう 制裁措置もあるでしょう 今の世界の宗教では まずそれはありません

宗教内では 受け入れられています 普段の生活では許しがたい事でも 私も 30年そうだったのでわかります 私は どんな性差別にも抵抗する様な少女でした 男の子達と気軽にバスケットボールもしていました アメリカ初の女性大統領になるとも言っていました 私は男女平等憲法修正条項の為に戦っています 40年間効力を得ていない条項です 私は 父方 母方をも含め 家族の中で 家の外で働き 高等教育を受けた初めての女性です

女性だからといって 排除される事に甘んじたことはありません 宗教を除いて 私はずっと 父権的正統派モルモン教徒でした かなり伝統的な家庭で育ちました 8人兄弟がいて 母は専業主婦です 父はコミュニティーの宗教幹部です 私が信じて育ったのは自分の存在と価値は 学んだルールを守ることで決まるという事でした ヴァージンで結婚し アルコールも 煙草もたしなまず 常に奉仕するのが 模範的な子供 ルールの中には 厳しいものもありましたが 従いました そこにいる人々が好きで その宗教を愛し 信じていたからです

モルモン教の教えが 着るもの 付き合う人 結婚相手を決定しました 下着までも決まっていました 周りの信者は 皆 収入の10%を教会に寄付していました 私もそうでした 新聞配達から ベビーシッターの収入まで 10%を寄付しました 私の育った宗教で 子供達が 2年の布教に出る際 親はこう言います 宗教の決まりを破るような罪を犯したり 不名誉で戻るぐらいなら 子供の死を選ぶだろう 私の育った宗教的な環境では 毎年 若者が自殺しました ゲイであるとコミュニティーに告げるのを恐れるあまり しかし その宗教的な環境というのは 世界のどこにいても 友人がいて すぐに助け合えました この環境は安心でした 人生は確かではっきりしたものでした 幼い娘を育てる上では助けられました その為 男性だけがリーダーになれる事を 疑う事無く受け入れ 女性は地上の神としての精神的権限のある 聖職につけないことを受け入れていました 男女差を容認していました 運営予算 懲罰委員会や 決定権限などに違いがあっても 宗教の定めるまま受け入れていました 宗教を愛していたからです

立ち止まり 男性が真の仕事をするための サポート要員であることを 自分自身が 容認しているのだと気付くまで 自身の矛盾に直面し コミュニティーの活動家達の仲間入りをしました 10年を超える期間 懸命に活動してきました

まず 最初に 気づいてもらおうとしました 見えないものは変えられません ポッドキャスト ブログや 記事を書き始めました 私達のコミュニティーの男女の不平等について 何百件もの事例をリストにしました

次に 支持団体も立ち上げました 無視できない様な事を試してみました 教会にパンツスタイルで行く 男性のみの集会に参加するなど 単純なことに見えますが 私達やグループのリーダーには 非常に大きな痛手となりました 人間関係も無くし 仕事も無くしました 嫌がらせのメールも毎日来ました ソーシャルメディアや全国紙でも攻撃されました 殺人予告もありました コミュニティーでの立場も失いました 中には連絡を絶つ人もいました 大半が懲罰委員会にかけられ 愛するコミュニティーから拒絶されました コミュニティーの改善を望み そうできると信じた為です

やがて この様な人々の反応を 予測できるようになってきました 誰かがあなたを変えようとか 批判しようとしていると感じた時 どんな気持ちになるかは分かります けれどもショックだったのは こういった活動中 世俗的左派からも同様にひどい扱いを受けた事です 宗教的右派と激しさは変わりはりませんでした 宗教に無関係な友人達は 宗教に対するこんな敵意を知りませんでした 「宗教をやってる人は 皆 頭がおかしいか 馬鹿」 「宗教なんかほおっておけば」 「彼らは反ゲイで性差別主義」 彼らが理解していなかったのは このタイプの敵意は宗教的過激主義との闘いではなく 宗教的過激派主義を生んでいくという事です こういった議論は通りません 何故なら モルモン教徒でいること自体が 愚かだと言われたからです そう言われて 私は 自身を擁護し 同じモルモン教徒をかばい 信仰をかばいました 私達は愚かではないからです

批判と敵意は有効ではなく 私はこれらの議論には耳を傾けません こんな議論を耳にすると いまだに激しい怒りを感じます 家族や友人がいるからです 私の仲間です 私はまず擁護します しかし苦悩は現実です 他人の宗教的信条をどう尊重するのか? その信条が引き起こす他者への 被害や損害に責任を持たせつつ それは困難な問題で まだ 完全な答えはありません この10年 両親と私は 綱渡りのような状態です 頭の良い両親で 優しい人達です 彼らの見解を理解するお手伝いをさせて下さい モルモン教では 死後 規則を守り 決まり事に沿えば また家族になれます 両親にとって 私がする単純な事 今の様に 肩を見せ 袖なしを着る事が 私の価値を貶めるのです 私は永遠に家族と居られなくなるのです 15歳で兄弟が悲劇的な事故死を迎えました こんな単純な事でも 家族として 居られなくなるのです 両親には理解できないのです なぜ ファッションや女性の権利といった単純な事で 私がまた兄弟に会えなくなるのか こういった考え方と向きあっているのです 批判しても この現実は変わりません 両親と私は こういった微妙な関係にあって 互いを尊重し 互いの考え方を説明しています しかし 互いの生き方が 互いの深い信念を損ね とても難しいことなのです 可能にできたのは 攻撃から守ろうとする殻を取り除き 信 不信の繊細な部分を直視していく事 境界を明確にしつつ 互いを尊重しようとする事です

また 世俗左派と無神論者と 宗教右派が理解していないのは なぜ宗教アクティビズムなのかです 何百人にも言われたのは 「宗教が嫌いなら やめればいい」 なぜ変えようとするのか? それは安息日の教えが 政治や保健政策 世界中の暴力に繋がっていくからです 教育や軍事予算の決定にも影響します これら法律が法的にも 文化的にも成文化されます 実際 私の宗教は この国に大きな影響を与えています 例えば 修正条項第8条について 私の教会は2,200万ドルを集め カリフォルニアの同性婚合法化に対抗しました 政治史の専門家は 40年前 モルモン教徒の男女平等憲法修正条項への反対が無ければ 現憲法に 男女平等憲法修正条項があっただろうと言います どれだけの人に影響を与えたことでしょう? それでも 時間をかけて 法律やルールの一つ一つに対して 戦っていくことができます 自問してみてください 世界中で男女不平等がなぜデフォルトなのか? なぜ前提なのでしょう?

それは 宗教がモラルの基本を作るだけではなく 標準のベースを作るからです 宗教は自由にしたり 従属させたり 力を与えたり 奪ったり 慰めたり 打ち砕いたりできます また 倫理や道徳寄りに形勢を一変させるのは 多くの場合 責任を負わない人たちです 宗教を軽んじたり 無視したりはできません 真剣に向き合う必要があります お話した様に 宗教に影響を与えるのは簡単ではありません

私たちが行ってきた事をお話しします 私達のグループは 数百人と小規模ですが 大きな影響を与えました 現在 ホールに女性の写真が男性の写真の横に掛かっています 初めての事です 教会全体の会合で 女性の祈りが 今は認められています 以前は通常会合では許可されませんでした 先週歴史的な動きとして 指導者理事会に女性3人が招き入れられました 教会全体を監督するのです モルモンのコミニティーの見解に転換が起こっています 性差別について話すことが許されるようになったのです 嫌われてはいますが 風穴を開けました より多くの保守的な女性が参加し 真の変化を起こしました 「女性」と「聖職者」とが同じ文の中にあることも 許されるようになりました これまでは無かったことです 私の娘や姪は 私が経験しなかった宗教を引き継いでいます 私達が一層平等にしたのです

男性の会合に入ろうと並ぶのは 簡単ではありませんでした 仲間が何百人もいて 一人づつ入り口で言われました 「すみませんが 男性専用です」 私達は下がって 男性達が入っていくのを見ていました 若い子は12歳くらいで 連れられて 並んでいる私達の前を通っていきました あの列に並んだ女性の誰一人として あの日を忘れません 私達を追い越して行った少年も あの日を忘れないでしょう

国際企業もしくは政府で同じ事が起きたら 激しい抗議が起きたでしょうが 私達の場合は ただの宗教です 私達は 皆宗教の一部です そんな風に宗教を見つづける事はできません 自身に影響するだけでなく 私の娘にも 皆さんの娘さんにも影響するのです 彼女達の機会も 何を着て 誰を愛し 結婚するかも 生殖医療へのアクセスにも影響を与えるのです 一般社会でも モラルを取り戻さなければなりません それは世界中の宗教に対して モラルに基づいて ― 監督と責任を求める事になります しかし尊厳ある方法での実施が必要です 過激主義を生み出すのではなく 協力を生み出す方法で 無視できない勇気ある行動を通じて 性差別に立ち向かうのです

全世界の人口の半分が 声と平等を持つ時に来ています 世界中の宗教で 教会で シナゴーグで モスクで そして神社で 私は自分達の為に行動しています みなさんは自分達の為に何をしていますか?

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画