TED日本語 - ジェフリー・カナダ: 破綻していく学校 – もうたくさんだ!

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジェフリー・カナダ: 破綻していく学校 – もうたくさんだ!

TED Talks

破綻していく学校 - もうたくさんだ!
Our failing schools. Enough is enough!
ジェフリー・カナダ
Geoffrey Canada

内容

なぜ、一体全体どうして、我々の教育システムは50年前と少しも変わっていないんでしょう?当時、何百万人もの子供が落第していました。今も同じ状況です。それは教育業界が、全く効果がない事業計画にしがみついているからにほかなりません。教育支援者のジェフリー・カナダは、データを活用できるようなシステム作り、受益者目線の対応、そして構造的な変革を大胆に提唱します。より多くの子供達が能力を伸ばせるように。

Script

I'm a little nervous, because my wife Yvonne said to me, she said, "Geoff, you watch the TED Talks."

I said, "Yes, honey, I love TED Talks."

She said, "You know, they're like, really smart, talented -- "

I said, "I know, I know." (Laughter)

She said, "They don't want, like, the angry black man." (Laughter)

So I said, "No, I'm gonna be good, Honey, I'm gonna be good. I am." But I am angry. (Laughter) And the last time I looked, I'm --

(Applause) So this is why I'm excited but I'm angry. This year, there are going to be millions of our children that we're going to needlessly lose, that we could -- right now, we could save them all. You saw the quality of the educators who were here. Do not tell me they could not reach those kids and save them. I know they could. It is absolutely possible. Why haven't we fixed this? Those of us in education have held on to a business plan that we don't care how many millions of young people fail, we're going to continue to do the same thing that didn't work, and nobody is getting crazy about it -- right? -- enough to say, "Enough is enough." So here's a business plan that simply does not make any sense.

You know, I grew up in the inner city, and there were kids who were failing in schools 56 years ago when I first went to school, and those schools are still lousy today,56 years later. And you know something about a lousy school? It's not like a bottle of wine. Right? (Laughter) Where you say, like,'87 was like a good year, right? That's now how this thing -- I mean, every single year, it's still the same approach, right? One size fits all, if you get it, fine, and if you don't, tough luck. Just tough luck. Why haven't we allowed innovation to happen? Do not tell me we can't do better than this.

Look, you go into a place that's failed kids for 50 years, and you say, "So what's the plan?" And they say, "We'll, we're going to do what we did last year this year." What kind of business model is that? Banks used to open and operate between 10 and 3. They operated 10 to 3. They were closed for lunch hour. Now, who can bank between 10 and 3? The unemployed. They don't need banks. They got no money in the banks. Who created that business model? Right? And it went on for decades. You know why? Because they didn't care. It wasn't about the customers. It was about bankers. They created something that worked for them. How could you go to the bank when you were at work? It didn't matter. And they don't care whether or not Geoff is upset he can't go to the bank. Go find another bank. They all operate the same way. Right? Now,one day, some crazy banker had an idea. Maybe we should keep the bank open when people come home from work. They might like that. What about a Saturday? What about introducing technology?

Now look, I'm a technology fan, but I have to admit to you all I'm a little old. So I was a little slow, and I did not trust technology, and when they first came out with those new contraptions, these tellers that you put in a card and they give you money, I was like, "There's no way that machine is going to count that money right. I am never using that, right?"

So technology has changed. Things have changed. Yet not in education. Why? Why is it that when we had rotary phones, when we were having folks being crippled by polio, that we were teaching the same way then that we're doing right now? And if you come up with a plan to change things, people consider you radical. They will say the worst things about you. I said one day, well, look, if the science says -- this is science, not me -- that our poorest children lose ground in the summertime -- You see where they are in June and say, okay, they're there. You look at them in September, they've gone down. You say, whoo! So I heard about that in '75 when I was at the Ed School at Harvard. I said, "Oh, wow, this is an important study." Because it suggests we should do something. (Laughter) Every 10 years they reproduce the same study. It says exactly the same thing: Poor kids lose ground in the summertime. The system decides you can't run schools in the summer.

You know, I always wonder, who makes up those rules? For years I went to -- Look, I went the Harvard Ed School. I thought I knew something. They said it was the agrarian calendar, and people had - but let me tell you why that doesn't make sense. I never got that. I never got that, because anyone knows if you farm, you don't plant crops in July and August. You plant them in the spring. So who came up with this idea? Who owns it? Why did we ever do it? Well it just turns out in the 1840s we did have, schools were open all year. They were open all year, because we had a lot of folks who had to work all day. They didn't have any place for their kids to go. It was a perfect place to have schools. So this is not something that is ordained from the education gods.

So why don't we? Why don't we? Because our business has refused to use science. Science. You have Bill Gates coming out and saying, "Look, this works, right? We can do this." How many places in America are going to change? None. None. Okay, yeah, there are two. All right? Yes, there'll be some place, because some folks will do the right thing. As a profession, we have to stop this. The science is clear.

Here's what we know. We know that the problem begins immediately. Right? This idea,zero to three. My wife, Yvonne, and I, we have four kids,three grown ones and a 15-year-old. That's a longer story. (Laughter) With our first kids, we did not know the science about brain development. We didn't know how critical those first three years were. We didn't know what was happening in those young brains. We didn't know the role that language, a stimulus and response, call and response, how important that was in developing those children. We know that now. What are we doing about it? Nothing. Wealthy people know. Educated people know. And their kids have an advantage. Poor people don't know, and we're not doing anything to help them at all. But we know this is critical.

Now, you take pre-kindergarten. We know it's important for kids. Poor kids need that experience. Nope. Lots of places, it doesn't exist. We know health services matter. You know, we provide health services and people are always fussing at me about, you know, because I'm all into accountability and data and all of that good stuff, but we do health services, and I have to raise a lot of money. People used to say when they'd come fund us, "Geoff, why do you provide these health services?" I used to make stuff up. Right? I'd say, "Well, you know a child who has cavities is not going to, uh, be able to study as well." And I had to because I had to raise the money. But now I'm older, and you know what I tell them? You know why I provide kids with those health benefits and the sports and the recreation and the arts? Because I actually like kids. I actually like kids. (Laughter) (Applause)

But when they really get pushy, people really get pushy, I say, "I do it because you do it for your kid." And you've never read a study from MIT that says giving your kid dance instruction is going to help them do algebra better, but you will give that kid dance instruction, and you will be thrilled that that kid wants to do dance instruction, and it will make your day. And why shouldn't poor kids have the same opportunity? It's the floor for these children. (Applause)

So here's the other thing. I'm a tester guy. I believe you need data, you need information, because you work at something, you think it's working, and you find out it's not working. I mean, you're educators. You work, you say, you think you've got it, great, no? And you find out they didn't get it. But here's the problem with testing. The testing that we do -- we're going to have our test in New York next week - is in April. You know when we're going to get the results back? Maybe July, maybe June. And the results have great data. They'll tell you Raheem really struggled, couldn't do two-digit multiplication -- so great data, but you're getting it back after school is over. And so, what do you do? You go on vacation. (Laughter) You come back from vacation. Now you've got all of this test data from last year. You don't look at it. Why would you look at it? You're going to go and teach this year. So how much money did we just spend on all of that? Billions and billions of dollars for data that it's too late to use. I need that data in September. I need that data in November. I need to know you're struggling, and I need to know whether or not what I did corrected that. I need to know that this week. I don't need to know that at the end of the year when it's too late.

Because in my older years, I've become somewhat of a clairvoyant. I can predict school scores. You take me to any school. I'm really good at inner city schools that are struggling. And you tell me last year 48 percent of those kids were on grade level. And I say, "Okay, what's the plan, what did we do from last year to this year?" You say, "We're doing the same thing." I'm going to make a prediction. (Laughter) This year, somewhere between 44 and 52 percent of those kids will be on grade level. And I will be right every single time.

So we're spending all of this money, but we're getting what? Teachers need real information right now about what's happening to their kids. The high stakes is today, because you can do something about it.

So here's the other issue that I just think we've got to be concerned about. We can't stifle innovation in our business. We have to innovate. And people in our business get mad about innovation. They get angry if you do something different. If you try something new, people are always like, "Ooh, charter schools." Hey, let's try some stuff. Let's see. This stuff hasn't worked for 55 years. Let's try something different. And here's the rub. Some of it's not going to work. You know, people tell me, "Yeah, those charter schools, a lot of them don't work." A lot of them don't. They should be closed. I mean, I really believe they should be closed. But we can't confuse figuring out the science and things not working with we shouldn't therefore do anything. Right? Because that's not the way the world works.

If you think about technology, imagine if that's how we thought about technology. Every time something didn't work, we just threw in the towel and said, "Let's forget it." Right? You know, they convinced me. I'm sure some of you were like me -- the latest and greatest thing, the PalmPilot. They told me, "Geoff, if you get this PalmPilot you'll never need another thing." That thing lasted all of three weeks. It was over. I was so disgusted I spent my money on this thing. Did anybody stop inventing? Not a person. Not a soul. The folks went out there. They kept inventing. The fact that you have failure, that shouldn't stop you from pushing the science forward.

Our job as educators, there's some stuff we know that we can do. And we've got to do better. The evaluation, we have to start with kids earlier, we have to make sure that we provide the support to young people. We've got to give them all of these opportunities. So that we have to do. But this innovation issue, this idea that we've got to keep innovating until we really nail this science down is something that is absolutely critical.

And this is something, by the way, that I think is going to be a challenge for our entire field. America can not wait another 50 years to get this right. We have run out of time. I don't know about a fiscal cliff, but I know there's an educational cliff that we are walking over right this very second, and if we allow folks to continue this foolishness about saying we can't afford this - So Bill Gates says it's going to cost five billion dollars. What is five billion dollars to the United States? What did we spend in Afghanistan this year? How many trillions? (Applause)

When the country cares about something, we'll spend a trillion dollars without blinking an eye. When the safety of America is threatened, we will spend any amount of money. The real safety of our nation is preparing this next generation so that they can take our place and be the leaders of the world when it comes to thinking and technology and democracy and all that stuff we care about. I dare say it's a pittance, what it would require for us to really begin to solve some of these problems.

So once we do that, I'll no longer be angry. (Laughter) So, you guys, help me get there. Thank you all very much. Thank you. (Applause)

John Legend: So what is the high school dropout rate at Harlem Children's Zone?

Geoffrey Canada: Well, you know, John,100 percent of our kids graduated high school last year in my school. A hundred percent of them went to college. This year's seniors will have 100 percent graduating high school. Last I heard we had 93 percent accepted to college. We'd better get that other seven percent. So that's just how this goes. (Applause)

JL: So how do you stick with them after they leave high school?

GC: Well, you know,one of the bad problems we have in this country is these kids, the same kids, these same vulnerable kids, when you get them in school, they drop out in record numbers. And so we've figured out that you've got to really design a network of support for these kids that in many ways mimics what a good parent does. They harass you, right? They call you, they say, "I want to see your grades. How'd you do on that last test? What are you talking about that you want to leave school? And you're not coming back here." So a bunch of my kids know you can't come back to Harlem because Geoff is looking for you. They're like, "I really can't come back." No. You'd better stay in school. But I'm not kidding about some of this, and it gets a little bit to the grit issue. When kids know that you refuse to let them fail, it puts a different pressure on them, and they don't give up as easy. So sometimes they don't have it inside, and they're, like, "You know, I don't want to do this, but I know my mother's going to be mad." Well, that matters to kids, and it helps get them through. We try to create a set of strategies that gets them tutoring and help and support, but also a set of encouragements that say to them, "You can do it. It is going to be hard, but we refuse to let you fail."

JL: Well, thank you Dr. Canada. Please give it up for him one more time.

(Applause)

今日は少し 緊張しています妻のイヴォンに言われまして 「ねえ あなた TED観たことあるわよねぇ」

「もちろん TEDは大好きだよ」すると妻は

「ほら あの人達ってとても頭が良くて才能があって・・・」

「分かってる 分かってるって」(笑)

でも妻は更に「だから “怒れる黒人男”が登場したところで・・・」 (笑)

だから言いました「大丈夫 ちゃんとするから - うん ちゃんとする」 でもやっぱり私は 怒っています(笑) 前回見たときは -

(拍手) 気持ちが高揚している一方怒りをもって今日ここに来た理由はこうです 今年 数百万人もの子供達が 不必要に 落ちこぼれていきます こうしてる間にも彼ら全員を救うことが出来たというのに ここに登場した 優秀な教育者達を見たでしょう 彼らにすら そうした子供達を救うのは無理だなんて 言わないでくださいそんな筈ないんですから 絶対に可能です ではなぜ 改善されないんでしょうか? 我々教育に携わる人間が運営プラン にとらわれて どれだけ多くの子供たちが落ちこぼれようと気にもせず うまくいかなかったやり方をそのまま続けてきたからです そして皆それを当たり前だと思っている違いますか? 「いい加減たくさんだ」何度言ったことでしょう 全く無意味な運営プランとはこういうことです

私は大都市の中心部で育ちました 56年前に最初に学校に通いだした当時 落第していく生徒を抱えていた学校は 56年後の今日も お粗末な状態です56年ですよ お粗末な学校って どんなだか分かります? ワインとは違います でしょう?(笑) "1987年は当たり年だった"なんて言わないでしょ? そういうことなんです 要するに毎年毎年 ― 同じことの繰り返し 違いますか? こちらワンサイズです 合えば良いのですが合わなかったら ― 運が悪かったただ運が悪かっただけ なぜ我々は 改革を促してこなかったんでしょうか? これ以上 何も出来なかった筈はありませんよね

いいですか 50年もの間落第生を出してきた学校に行って 「さて どうするつもりですか?」 と聞くと 「そうですね 今年度は ― 昨年度と同じことをします」 と言う そんな事業計画 世の中どこにありますか? かつて銀行の営業時間は朝の10時から午後3時でした 10時から3時です 昼休みはクローズ 10時から3時の間に 誰が銀行に行けますか?仕事を持たない人達でしょう 彼らに銀行なんて必要ありません預けるお金が無いんだから 誰がそんなビジネスモデルを作ったんですか?でしょ? そんな状態が何十年も続いたんです なぜなら 彼らはお構いなしだったから お客なんて どうでもよかった 行員のほうが大事 だから自分達にとって都合の良い仕組みを作ったんです 仕事中にどうやって 銀行に行けっていうんですか?知ったこっちゃなかった 私 ジェフが銀行に行けずイライラしようが 関係なかったんです嫌なら他に行けば? でもどこも一緒でしょ? そしてある日ちょっとクレージーな行員が思いついた みんなが仕事帰りに 銀行に行けるようにしたら 結構ウケるかも土曜営業なんて どうだろう? 何か新たな技術を 導入してみるとか?

さて 私は新しいもの好きですでも正直言って 少し 年がいってます ちょっとウトくて 技術の力を信じていませんでした だから 最初にあの妙な機械が登場した時 ― カードを入れると現金が出てくる あれ ― 「機械が正確に札を数えられる訳ないだろう ― 絶対に使うもんか」 そう思ったもんです

技術は変化を遂げ 世の中も変わりました でも教育の分野は変わらないなぜでしょう? なぜ 電話機がダイヤル式だったり 人々がポリオで手足が不自由になった時代と 全く同じやり方で いまだに教えているんでしょうか? もし何か 違う方法を思いついたところで 周囲からは ”急進派” のレッテルを貼られます 悪口雑言を浴びせられるでしょう もし科学によって ― 私ではなく 科学的な研究によって最も貧しい家庭の子供達は 夏の間に落ちこぼれていく と示唆されたら ― 6月の時点では よしまだ大丈夫 でも9月になったら 落ちこぼれていた あれま!これは1975年にハーバードで 教育を学んだ当時聞いたんですが 「スゲえ これは重要な研究だ」そう思いました だって 何とかしなきゃいけないって指摘してる訳だから (笑) 10年毎に同じ研究が行われてますが 毎回 全く同じ結果を示します: 貧しい家庭の子供達は夏の間に落ちこぼれていく 今の仕組みが 夏は開校できないようにしてるんです

いつも不思議なんですが誰がそんな決まりを作るんでしょう? 何年もの間 私が ―ほら ハーバードに行ったんだから 何かしら 学んだと思った訳です 農民の暦に起因してるそうですかつて人々は・・・ でも辻褄が合わない 意味が分からない 全く分からない なぜなら 誰だって知ってる筈です農業を営むなら 7月や8月に作付けしたりしない やるのは春でしょう? じゃあ 一体誰がそんなことを思いついたんでしょうか?誰の意見なんでしょう? 何でそんなことをしたんでしょう? 実際1840年代には 年間を通じて 開校している学校があったそうですなぜかというと ― 多くの人々は 一日中働かなきゃならなかった その間 他に子供達の居場所が無かった 学校があればよかったわけです という訳で これは教育の神の 定めによるものでも 何でもないんです

なら どうして? なぜ? 我々の業界が 科学の利用を拒んだからです 科学です ビル・ゲイツがやって来て言う 「ほら出来たでしょ? みんな出来るんです」 このアメリカのどれだけの場所で変革が起こるのでしょう? ゼロです ゼロ 二カ所はある?まあ ― そんな場所もあるでしょう中には正しいことをする人々もいますから 我々 専門家は この状況を止めなくては科学が明確に立証してるんですから

皆さんご存知の通り 生まれて直ぐ 問題が始まります ですよね?0歳から3歳が勝負 という考えです イヴォンと私の間には 4人の子供がいます 3人はすでに成人で 残る1人は15歳 それには色々事情がありまして (笑) 最初の子供の時は妻も私も脳の発達に関する科学なんて 知りませんでした 生まれてからの3年間が いかに重要かなんて知る由もなかった 赤ん坊の脳に何が起こってるかなんて考えもしなかった 刺激と反応からなる言語が 子供達の脳の発達に 重要な役割を果たすなんて 思いもよらなかった そして それがわかった今 何をしているか?何もしていません 富裕層の人々は知っています知識層も分かってる だから彼等の子供達は有利です 貧しい人々は 見当もつかないってのに 我々は 全く救いの手を差し伸べようとはしない でも事態が深刻だということはお分かりですね

では 3~4歳児対象の幼稚園はどうでしょう 子供達にとって 大切ですよね 貧しい家庭の子供達に 必要な経験です いやいや 多くの場所ではそんな施設は存在しません 公共医療サービスは大切ですね そうしたサービスを提供してるんですが いつもみんなにブツブツ文句を言われます 私は 責務やデータやその他の価値あることに 注力していますが公共医療サービスを提供するには 多額の資金を調達する必要があります よく支援者にこう言われました 「ジェフ 何でこういったサービスを提供するんだ?」 当時はそれらしい事を適当に答えたもんです 「えっと それはですね ― 虫歯のある子供は ほら ― 勉強もできないと言われてまして」 仕方なかったんです資金を集めなきゃならなかった でも歳を重ねた今は こう答えます なぜ子供達にそうした医療手当やスポーツや レクリエーションやアートに触れる機会を与えるかって? それは子供が好きだからです 子供が大好きだから(笑) (拍手)

それでも納得しない強情な人にはこう言います 「貴方がご自分のお子さんにしてるのと同じことをしてるまでです」 ダンスのレッスンが子供の代数学の力を伸ばす なんていう マサチューセッツ工科大学の研究論文を 読んだことがなくても 子供にダンスを習わせる そして子供がその気になると自分もうれしい そしてそれで大満足ではなぜ貧困層の子供達が 同じことをしちゃいけないんですか?それは子供達の権利なんです (拍手)

他にもまだあります 私は試験大好き人間です 我々にはデータが必要ですそして情報も なぜなら 何かに取り組んでいる時上手くいってるはずが 実際は そうじゃないと分かったり 要するに教育者の皆さんは よしこれで良いと 思う訳です 素晴らしいですよねでも 実は理解されてなかったと分かる でも試験にも問題があって 我々が行う試験は ― 来週ニューヨークでもやりますが ― 4月に実施される訳です 結果がいつ出るか ご存知ですか? たぶん7月か 或いは6月 その結果には 重要なデータが含まれています 例えば ”ラヒームはかなり遅れてる 二桁の掛け算ができていない” というような 有効なデータです でもそれが手に入るのは学年度が修了した後です その頃 皆さん 何してますか? 休暇の真っただ中でしょう(笑) そして休暇から戻ると 前年度の試験結果が届いている そんなもん 見やしない 見る必要がありますか? 今年度がもう始まるっていうのに こうしたことに どれだけのお金を使っているんでしょうか? 何十億ドルものお金が 役に立たないデータのために使われている そのデータは9月に必要なんです 11月に使いたいんです 生徒が何を理解できないでいるのか 私の教え方が効果的だったかどうか知りたいんです それも今週のうちに 学年末に知ったんでは遅すぎるんです

経験を積むにつれ まるで千里眼のようになりました その学校の試験結果が予想できるんです どんな学校でも結構です 大都市の中心部の伸び悩んでいる学校はより分かり易い 例えば 昨年度 その学校では48%の生徒が 学年相応のレベルだったとします 「では 何をする予定ですか?昨年から今年にかけて ― 何をしましたか?」 と聞くと 「同じことをやってます」 と返ってくる では予言してみましょうか(笑) 今年度は だいたい44%から 52%の生徒が学年相応レベルに留まるでしょう そして私の予測は一度として間違うことはありません

こうして多額のお金を注ぎ込んで 結果得られるものは? 教師は 自分の生徒たちに 今何が 起きているのか 真の情報が必要です 何とかできる 今がまさに一か八かの時です

他にも 懸念すべき 問題があると思います ビジネスとしての教育のイノベーションを妨げることはできません 革新は重要です そして教育界の人間はイノベーションに怒りを感じています 何か別のことをやろうとすると憤慨されます 何か新しいことを試そうとすると人々の反応は ― 「へぇ、特別認可学校」といった感じですさあ 色々と試してみましょうよ もう55年もやってきて 効果がないんだから 違うことをやりましょうで そこで厄介なのは 試した結果 上手くいかないものもあります すると「ああ 特別認可学校ね 大抵はダメだね」となる 多くのケースは失敗ですその場合は閉鎖されるべきでしょう そう 閉鎖されるべきです しかし科学を解き明かそうとすることと 上手くいかないからと何もしないことと混同してはならない でしょ?だって それじゃ世の中はまわりませんから

技術について置き換えてみると 同様に技術の分野で考えたとして 何か故障するたびに すぐに諦めて「もういいや」ってことになりますよね? 説得力がありましたここにも大勢いると思いますが 最先端の電子手帳 ”パームパイロット” みんなに言われたもんです「ジェフ これさえあれば ― あとは何も要らないんだぜ」 アレがもったのは 3週間でしたねそれでおしまい あんなもんに無駄金を使ったかと思うとムカムカしました それで我々は発明をやめた?いいえ ― みんな果敢に開発を続けました 失敗したからと言って 科学が前進するのをやめてしまってはいけないんです

我々 教育者の仕事には 明らかに 我々に出来るものがありますねしっかりやりましょう たとえば 成績の評価は子供が小さいうちから始めないと そしてきちんとサポートしていかないといけない 子供達に あらゆる機会を与えないといけないんです それが大切ですでもイノベーションを続け ― きちんとできるまでイノベーションを 続けるという考え方 それは絶対に重要です

ちなみにこれは 教育分野全体の課題になるでしょう アメリカは現状を正すのに更に50年もの時間を費やすことは出来ません もう時間がないんです ”財政の崖” と言われてもピンときませんが今この瞬間我々はまさに 教育の崖っぷちを歩いているんです もし「そんな余裕はない」なんて戯言を 今後も受け容れると ― ビル・ゲイツは 50億ドルかかると言いましたが アメリカにとって 50億ドルって? 今年アフガニスタンで いくら使ったんでしたっけ? いったい何兆ドル?(拍手)

国が何かの対策に乗り出すとき 瞬く間に何兆ドルという資金が投入されます 国家の安全が脅かされると 使う金額に糸目はありません この国の安全保障に 一番必要なのは 次の世代を 我々に取って代わり 思想や技術 民主主義その他 重要な分野で世界のリーダーとなるべく 準備させることです 恐らく ほんの微々たること微々たることです 我々が こうした問題の解決に 本格的に乗り出すために必要なのは

いよいよそんな時がきたら私の怒りも静まるでしょう(笑) そうなれるよう みんな力を貸して下さい ありがとうございましたありがとう (拍手)

ハーレム・チルドレン・ゾーンの高校中退率はどの位ですか?

そうですね ジョン 昨年度は うちの生徒達全員が 高校を卒業しました そして全員が 大学に進学しました 今年度も全員が 卒業する見込みです そしてそのうち 93%の学生の大学進学が決まったそうなので あとは 残る7%に注力することになる そういったところです(拍手)

高校卒業後は 彼等とはどんな関係を築いていくんですか?

ご存知の通り この国が抱える問題の一つは こうした子供達 無防備な子供達が ようやく学校に入った後 記録的な数で中退しているということです そこで しっかりした支援ネットワークを構築して あらゆる面で ちゃんとした親御さんの 接し方を真似しなくては ということになったんです そういう親御さんは うるさくないですか? 「成績表を見せて この前のテストはどうだった? 学校をやめたい?何言ってんの! そんなことしたら 家に入れないわよ」 同様に うちの教育特区の子供達の多くはそんなことしたら ハーレムに帰れない だってジェフが見張ってるからそう分かっています 「マジやばい」と思っていますダメです ちゃんと学校に行かなきゃ 決して冗談じゃありません あとは ヘコタレない根性にも係ってきますけどね 子供は そうやすやすと落第させて貰えないと分かると 違った意味でプレッシャーを感じます そして簡単には諦めなくなります そもそも そういう自覚がない場合もありますが 「てか、本当は嫌なんだけど ― ほら、母親がうるさいからさ」という具合です それは子供にとっては 大切なことで様々な局面を乗り越える助けになります 今 個別指導やその他 必要な支援を 受けられるような戦略的な仕組み作りと共に 「君ならできる 結構きついけど落第させはしないよ」と 激励をおくる方法を模索しています

Dr.カナダ ありがとうございました 皆さん もう一度盛大な拍手を

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画