TED日本語 - コートニー・マーティン: フェミニズムの再発明

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - コートニー・マーティン: フェミニズムの再発明

TED Talks

フェミニズムの再発明
Reinventing feminism
コートニー・マーティン
Courtney Martin

内容

ブロガーであるコートニー・マーティンはこの誠実な講演の中で、 彼女達の世代が自己を探求しようとして直面する、三つの代表的なパラドックスを通して 「フェミニズム」という、長年様々な意味で使われてきた言葉について考察しています。

Script

So I was born on the last day of the last year of the '70s. I was raised on "Free to be you and me" -- (cheering) hip-hop -- not as many woohoos for hip-hop in the house. Thank you. Thank you for hip-hop -- and Anita Hill. (Cheering) My parents were radicals -- (Laughter) who became, well, grown-ups. My dad facetiously says, "We wanted to save the world, and instead we just got rich." We actually just got "middle class" in Colorado Springs, Colorado, but you get the picture. I was raised with a very heavy sense of unfinished legacy.

At this ripe old age of 30, I've been thinking a lot about what it means to grow up in this horrible, beautiful time, and I've decided, for me, it's been a real journey and paradox. The first paradox is that growing up is about rejecting the past and then promptly reclaiming it. Feminism was the water I grew up in. When I was just a little girl, my mom started what is now the longest-running women's film festival in the world. So while other kids were watching sitcoms and cartoons, I was watching very esoteric documentaries made by and about women. You can see how this had an influence. But she was not the only feminist in the house.

My dad actually resigned from the male-only business club in my hometown because he said he would never be part of an organization that would one day welcome his son, but not his daughter. (Applause) He's actually here today. (Applause) The trick here is my brother would become an experimental poet, not a businessman, but the intention was really good.

(Laughter)

In any case, I didn't readily claim the feminist label, even though it was all around me, because I associated it with my mom's women's groups, her swishy skirts and her shoulder pads -- none of which had much cachet in the hallways of Palmer High School where I was trying to be cool at the time. But I suspected there was something really important about this whole feminism thing, so I started covertly tiptoeing into my mom's bookshelves and picking books off and reading them -- never, of course, admitting that I was doing so. I didn't actually claim the feminist label until I went to Barnard College and I heard Amy Richards and Jennifer Baumgardner speak for the first time. They were the co-authors of a book called "Manifesta." So what very profound epiphany, you might ask, was responsible for my feminist click moment? Fishnet stockings. Jennifer Baumgardner was wearing them. I thought they were really hot. I decided, okay, I can claim the feminist label. Now I tell you this -- I tell you this at the risk of embarrassing myself, because I think part of the work of feminism is to admit that aesthetics, that beauty, that fun do matter. There are lots of very modern political movements that have caught fire in no small part because of cultural hipness. Anyone heard of these two guys as an example?

So my feminism is very indebted to my mom's, but it looks very different. My mom says, "patriarchy." I say, "intersectionality." So race, class, gender, ability, all of these things go into our experiences of what it means to be a woman. Pay equity? Yes. Absolutely a feminist issue. But for me, so is immigration. (Applause) Thank you. My mom says, "Protest march." I say, "Online organizing." I co-edit, along with a collective of other super-smart, amazing women, a site called Feministing.com. We are the most widely read feminist publication ever, and I tell you this because I think it's really important to see that there's a continuum.

Feminist blogging is basically the 21st century version of consciousness raising. But we also have a straightforward political impact. Feministing has been able to get merchandise pulled off the shelves of Walmart. We got a misogynist administrator sending us hate-mail fired from a Big Ten school. And one of our biggest successes is we get mail from teenage girls in the middle of Iowa who say, "I Googled Jessica Simpson and stumbled on your site. I realized feminism wasn't about man-hating and Birkenstocks." So we're able to pull in the next generation in a totally new way.

My mom says, "Gloria Steinem." I say, "Samhita Mukhopadhyay, Miriam Perez, Ann Friedman, Jessica Valenti, Vanessa Valenti, and on and on and on and on." We don't want one hero. We don't want one icon. We don't want one face. We are thousands of women and men across this country doing online writing, community organizing, changing institutions from the inside out -- all continuing the incredible work that our mothers and grandmothers started. Thank you.

(Applause)

Which brings me to the second paradox: sobering up about our smallness and maintaining faith in our greatness all at once. Many in my generation -- because of well-intentioned parenting and self-esteem education -- were socialized to believe that we were special little snowflakes -- (Laughter) who were going to go out and save the world. These are three words many of us were raised with. We walk across graduation stages, high on our overblown expectations, and when we float back down to earth, we realize we don't know what the heck it means to actually save the world anyway. The mainstream media often paints my generation as apathetic, and I think it's much more accurate to say we are deeply overwhelmed. And there's a lot to be overwhelmed about, to be fair -- an environmental crisis, wealth disparity in this country unlike we've seen since 1928, and globally, a totally immoral and ongoing wealth disparity. Xenophobia's on the rise. The trafficking of women and girls. It's enough to make you feel very overwhelmed.

I experienced this firsthand myself when I graduated from Barnard College in 2002. I was fired up; I was ready to make a difference. I went out and I worked at a non-profit, I went to grad school, I phone-banked, I protested, I volunteered, and none of it seemed to matter. And on a particularly dark night of December of 2004, I sat down with my family, and I said that I had become very disillusioned. I admitted that I'd actually had a fantasy -- kind of a dark fantasy -- of writing a letter about everything that was wrong with the world and then lighting myself on fire on the White House steps. My mom took a drink of her signature Sea Breeze, her eyes really welled with tears, and she looked right at me and she said, "I will not stand for your desperation." She said, "You are smarter, more creative and more resilient than that."

Which brings me to my third paradox. Growing up is about aiming to succeed wildly and being fulfilled by failing really well. (Laughter) (Applause) There's a writer I've been deeply influenced by, Parker Palmer, and he writes that many of us are often whiplashed "between arrogant overestimation of ourselves and a servile underestimation of ourselves." You may have guessed by now, I did not light myself on fire. I did what I know to do in desperation, which is write. I wrote the book I needed to read. I wrote a book about eight incredible people all over this country doing social justice work. I wrote about Nia Martin-Robinson, the daughter of Detroit and two civil rights activists, who's dedicating her life to environmental justice. I wrote about Emily Apt who initially became a caseworker in the welfare system because she decided that was the most noble thing she could do, but quickly learned, not only did she not like it, but she wasn't really good at it. Instead, what she really wanted to do was make films. So she made a film about the welfare system and had a huge impact. I wrote about Maricela Guzman, the daughter of Mexican immigrants, who joined the military so she could afford college. She was actually sexually assaulted in boot camp and went on to co-organize a group called the Service Women's Action Network.

What I learned from these people and others was that I couldn't judge them based on their failure to meet their very lofty goals. Many of them are working in deeply intractable systems -- the military, congress, the education system, etc. But what they managed to do within those systems was be a humanizing force. And at the end of the day, what could possibly be more important than that? Cornel West says, "Of course it's a failure. But how good a failure is it?" This isn't to say we give up our wildest, biggest dreams. It's to say we operate on two levels. On one, we really go after changing these broken systems of which we find ourselves a part. But on the other, we root our self-esteem in the daily acts of trying to make one person's day more kind, more just, etc.

So when I was a little girl, I had a couple of very strange habits. One of them was I used to lie on the kitchen floor of my childhood home, and I would suck the thumb of my left hand and hold my mom's cold toes with my right hand. (Laughter) I was listening to her talk on the phone, which she did a lot. She was talking about board meetings, she was founding peace organizations, she was coordinating carpools, she was consoling friends -- all these daily acts of care and creativity. And surely, at three and four years old, I was listening to the soothing sound of her voice, but I think I was also getting my first lesson in activist work.

The activists I interviewed had nothing in common, literally, except for one thing, which was that they all cited their mothers as their most looming and important activist influences. So often, particularly at a young age, we look far afield for our models of the meaningful life, and sometimes they're in our own kitchens, talking on the phone, making us dinner, doing all that keeps the world going around and around. My mom and so many women like her have taught me that life is not about glory, or certainty, or security even. It's about embracing the paradox. It's about acting in the face of overwhelm. And it's about loving people really well. And at the end of the day, these things make for a lifetime of challenge and reward.

Thank you.

(Applause)

わたしは 70年代最後の年の 大晦日に生まれました。 わたしは、幼児番組「Free to be you and me」と (歓声) ヒップホップで育ちました。 今日ヒップホップファンは少ないのかな? ありがとう。ヒップホップと アニタ・ヒルです。 (歓声) わたしの両親は急進主義者が、 (笑い) 成長して 大人になった人たちでした。 わたしの父はおどけて言ったものです 僕らは世界を救うつもりで 気がついたらただの金持ちになりさがっていたのさ、と。 実際は、我が家はコロラドスプリングスの 中流家庭でしたが でもご理解いただけるでしょう? わたしは強烈な、まだ完成していない過去の遺産があるという 感覚とともに育ったのです。

今、円熟の三十歳を迎え、 わたしはずっと考えてきました。この恐ろしくも素晴らしい時代に 「成長する」ということはどういうことなのかと。 そしてわたしは確信しました。 それは長い道のりであり、パラドックスであると。 第1のパラドックスは 「成長する」ということは、過去を拒絶しながらも すぐそれを取り戻したがるということです。 フェミニズムはわたしが育った庭でした。 わたしが幼い頃に 母は、始めました。今や 世界で最も長く続いている女性映画際を。 他の子供立ちがコメディやアニメを見ている間 わたしは難解なドキュメンタリーを見ていました。 女性による女性についてのドキュメンタリーです。 これが子供にどのくらい影響を与えたかはおわかりでしょう。 しかも、我が家のフェミニストは母だけではありませんでした。

父は、実際に男性に限った 地元のビジネスクラブを退会しました。 将来、息子を歓迎するかもしれないが 娘を拒絶するような組織にかかわるつもりはないとの理由でです。 (拍手) 実は今日父はここに来ています。 (拍手) 実を言えば、結局 わたしの兄はビジネスマンではなく 前衛詩人になったわけですが、 でもその意気やよし、です。

(笑い)

ともかく、当時のわたしはフェミニストと呼ばれたくありませんでした。 フェミニズムに取り囲まれていたにも関わらずです。 なぜならわたしは、フェミニズムというものを母の婦人グループや 母のスカートや肩パットなどと結びつけて考えていて、 当時通っていたパルマー高校で クールに振る舞いたかったわたしには ぐっとこなかったからです。 でも、フェミニズムというものが実は すごく大事なのではないかという気はしていたので こっそりと母の本棚に行っては 本を取り出して読んでいました。 もちろん絶対にそのことは認めたりしませんでしたが。 私は実際、自分がフェミニストだとは言っていませんでした。 バーナード大学に入学して エミー・リチャードとジェニファー・バウムガードナーの話を初めて聞くまでは。 二人は「マニフェスタ」という本の著者です。 たぶんみなさんはお尋ねになりたいでしょうね。 わたしが何でフェミニズムに目覚めたのかを? きっかけは「網タイツ」です。 ジェニファー・バウムガードナーが身に付けていて わたしはかっこいいと思い、 OK、わたしもフェミニストになる、と思ったのです。 このことを 恥を忍んでお話するのは わたしがこう考えているからです。 美しさや楽しむことは重要だと認めることも フェミニズムの1つの役割だと。 近代における政治的運動では、文化的なかっこよさが 火付け役となったものが たくさんあります。 たとえばこの人達のことをご存知ないですか?

こうしたことから、わたしにとってのフェミニズムは、母からの影響を 非常に受けてはいますが、見た目はだいぶ違っています。 たとえば母が「家父長制」と言えば わたしは「交叉性」と言います。 ジェンダーや階級・階層、人種や能力 これらすべてが女性としての体験の中に 入り込んでいるからです。 男女平等賃金?もちろんフェミニズムが扱う問題ですが わたしにとって、移民問題もそうです。 ありがとう。 母は「デモ行進」と言い、 わたしは「オンラインでの組織づくり」と言います。 わたしは、Feministing.comと呼ばれるサイトを 非常に聡明で素晴らしい女性達と共に 運営しています。 このサイトは、フェミニストの出版物としてはもっとも広く読まれているものです。 このことをお話しするのは これが重要なことだと思うからです。 続いているということを知ることがです。

フェミニストブログとは、いわば21世紀版の コンシャスネス・レイジング(意識覚醒)です。 しかしわたしたちは、直接的な政治的影響力も持っています。 フェミニズム運動はウォールマートの棚から 商品を撤去させることができます。 わたしたちに嫌がらせメールを送りつけた女嫌いの理事を 学校から解雇させたこともあります。 そしてわたしたちの最大の成功の一つは アイオワ中部の10代の女の子からメールをもらったことです。 「ジェシカ・シンプソンをgoogleで調べててあなたたちのサイトに来たの。 フェミニズムって、男嫌いとビルケンシュトックだけってわけじゃないのね。」 わたしたちは、次の世代を惹きつけることができたのです。 フェミニズムを全く新しい形でです。

母が「グロリア・スタイネム」と言えば、 わたしは、「サミータ・ムコパダイ、 ミリアム・ペレーズ、アン・フリードマン、 ジェシカ・ヴァレンティ、ヴァネッサ・ヴァレンティ それから、それから」と続けます。 わたしたちはたった一人の勇者を たった一人の象徴を求めません。 わたしたちには(フェミニズムを代表する)1人の顔はいらないのです。 国内にいる何千人もの男女が、 オンラインに記事を投稿し、コミュニティをつくり、 内側から組織を変えていくー これらすべての素晴らしい成果は、脈々と受け継がれているのです。 わたしたちの母、またその母が始めたことを。 ありがとう。

(拍手)

そのことが第2のパラドックスにつながります。 「成長する」ということは、自分の存在の小ささに気づきながらも 自分の素晴らしさについて 同時に信じ続けることです。 わたしたちの世代の多くは よい子育てと、自尊心を育てる教育によって 信じこまされてきました。 わたしたちは特別な小さい雪ひらであり (笑い) 大きくなったら世界を救うのだと。 「世界を救う」という言葉と共に育てられたのです。 やがて過剰に膨らんだ期待を胸に 卒業を迎えて 気がついてみたら 実際に「世界を救う」とはどうすればよいのか さっぱりわからないことに気づくのです。 マスメディアはよくわたしたちの世代のことを 「無関心」だと言います。 わたしは、より正確には わたしたちは圧倒されている、というべきだと思います。 そして実際のところ、圧倒されてもしかたない問題がたくさんあります。 環境危機、 国内の貧富の格差、 これは1928年以来、目にしてきたものとは違うものです。 そして世界的に見ても 道義にもとるような、貧富の差は拡大しています。 外国人排斥問題も出てきており、女性や女児の売買問題もです。 これらのことは、圧倒されてしまうには十分です。

わたし自身、このことを経験しました。 2002年にバーナード大学を卒業した年にです。 わたしは希望に燃え、成果を挙げる気満々でした。 家を出て、NPOで働き、 大学院に通い、コールサービスをし、 抗議をし、ボランティアをし、 でも、わたしの努力は全く意味が無いように見えました。 そしてある、とても暗い夜 2004年の12月に 家族と一緒に座っている時、 わたしは自分が心底失望しており、 ある思いつき、暗い妄想があることを白状しました。 それは手紙を、 この世界の全ての問題点を記した手紙を書いて ホワイトハウスの階段の上で 自分自身に火をつけようと考えていると。 母は、 彼女の特製のシー・ブリーズに口をつけ、 今にも涙があふれそうな目で わたしをまっすぐに見て、言いました。 絶望には 賛同しない。 あなたは、もっと頭が良くて、もっと創造的で もっと忍耐強いはずよ、と。

このことがわたしに第3のパラドックスを気づかせました。 「成長する」ということは、成功することを大胆に狙いながらも しっかりと失敗をすることによって成し遂げられるのだと。 (笑い) (拍手) わたしが多大な影響を受けた作家のパーカー・パルマーは わたしたちの多くが、両極端に揺れていると書いています。 傲慢なまでの自分への買いかぶりと 卑屈なまでの自分を過小評価することに。 もうお気づきとは思いますが わたしは抗議の焼身自殺はしませんでした。 わたしは、必死に自分にできるとわかっていること、すなわち執筆をしました。 わたしは、わたしが読むべき本を書きました。 わたしは、8人の素晴らしい人々 この国中にいる 社会を正すための仕事をしている人々についての本を書きました。 わたしはニア・マーティン-ロビンソンについて書きました。 彼女はデトロイトの市民権運動家の両親を持ち 彼女自身のすべてを 環境正義に捧げています。 わたしはエミリー・アプトについて書きました。 彼女は初め社会福祉制度のケースワーカになりました。 自分にできる最も尊い仕事であると考えたからです。 しかし、すぐに彼女は、自分がその仕事を好きになれないだけでなく 全く向いていないことに気づき、 代わりに彼女が本当にしたいこと、すなわち映画を作ることにしたのです。 彼女は社会福祉制度についての映画を作り 社会に大きな衝撃を与えました。 わたしはマリセラ・グズマンについて書きました。彼女はメキシコ移民の娘で 大学の学費のために軍に入隊しました。 彼女は新兵訓練所で性的暴行を受け 「女性軍人活動ネットワーク」というグループを 共同で立ち上げました。

わたしが、彼女達をはじめ、他の多くの人から学んだことは 判断することはできないということです。 彼らがその非常に高い目標を達成する元になった失敗からは。 彼らの多くは、解決の大変困難なシステムで働いています。 軍隊、議会 教育制度、などです。 しかしそのシステムの中で、彼らは そのシステムに、より人間的な影響力を与えようとしているのです。 そして、結局は これ以上に重要なことがあるでしょうか。 コーネル・ウェストは言いました。「もちろんそれは失敗さ。 でも、なんてみごとな失敗だろうか?」 これは、わたしたちの最も大胆で大きな夢をあきらめろと言っているのではありません。 二つの側面から物事を進めなさいということなのです。 一つ目は、 この破綻したシステムを追求することです。 私たちがその一部となっているシステムを。 でももう一つは、自分の可能性を信じ、 1日を少しでもよくしようと行動することです。 もっと親切に、もっと正しく、などを日々心がけることによって。

わたしが小さかったころ、 いくつかの変わった癖を持っていました。 その一つが、わたしが子供のころの家で 台所で寝転がり、 左手の親指をしゃぶりながら 右手で母の冷たい足の指を握るというものでした。 (笑い) その格好で母がよく電話で話をしているのを聞いていました。 母は理事会や 平和団体の立ち上げについて話していました。 相乗り車の利用をとりまとめたり、友達をなぐさめたり 気配りや、創造性に富んだことを日々行っていました。 ほんの3歳か4歳の頃ですから、その当時は 母の心地良い声音を聞いているだけでした。 でも、同時にわたしは人生最初の活動家運動のレッスンを受けていたことになります。

わたしがインタビューした活動家には 文字通り共通点はなにもありませんでした。 活動家としての自分のルーツであり、 もっとも影響された人物は母であると 全員が言ってることを除いては。 だからわたしたちは、折りにふれ、特に幼い頃に はるか先を見つめていたのです。 わたしたちの意味のある人生のお手本を、です。 時に母達は台所で、 電話をし、わたしたちの食事を作り、 世の中を回していくために必要なことをずっと続けてきていたのです。 わたしの母や、母のような女性達が教えてくれました。 人生とは、栄光や 確実性や、安定性を求めるものではないと。 人生とはパラドックスを受け入れること。 人生とは圧倒されるような出来事を前にしながら行動すること。 人生とは人々を本当に愛することであると。 そしてこれこそが 人生を通じての 挑戦であり、恩恵であるのです。

ありがとうございました。

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画