TED日本語 - ハッラ・トーマスドッティル: アイスランド経済危機における女性の責務

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ハッラ・トーマスドッティル: アイスランド経済危機における女性の責務

TED Talks

アイスランド経済危機における女性の責務
A feminine response to Iceland's financial crash
ハッラ・トーマスドッティル
Halla Tomasdottir

内容

ハッラ・トマスドティヤーは5つの女性的な価値観をフィナンシャルサービス業に適応することで彼女の会社オイズルキャピタルと共にアイスランド経済危機を切り抜けました。TEDWomanにて彼女がこれらの価値観と均衡の重要性についてお話します。

Script

It sure used to be a lot easier to be from Iceland, because until a couple of years ago, people knew hardly anything about us, and I could basically come out here and say only good things about us. But in the last couple of years we've become infamous for a couple of things. First, of course, the economic meltdown. It actually got so bad that somebody put our country up for sale on eBay.

(Laughter) Ninety-nine pence was the starting price and no reserve. Then there was the volcano that interrupted the travel plans of almost all of you and many of your friends, including President Obama. By the way, the pronunciation is "Eyjafjallajokull." None of your media got it right. (Laughter)

But I'm not here to share these stories about these two things exactly. I'm here to tell you the story of Audur Capital, which is a financial firm founded by me and Kristin -- who you see in the picture -- in the spring of 2007, just over a year before the economic collapse hit. Why would two women who were enjoying successful careers in investment banking in the corporate sector leave to found a financial services firm? Well let it suffice to say that we felt a bit overwhelmed with testosterone. And I'm not here to say that men are to blame for the crisis and what happened in my country. But I can surely tell you that in my country, much like on Wall Street and the city of London and elsewhere, men were at the helm of the game of the financial sector, and that kind of lack of diversity and sameness leads to disastrous problems.

(Applause)

So we decided, a bit fed-up with this world and also with the strong feeling in our stomach that this wasn't sustainable, to found a financial services firm based on our values, and we decided to incorporate feminine values into the world of finance. Raised quite a few eyebrows in Iceland. We weren't known as the typical "women" women in Iceland up until then. So it was almost like coming out of the closet to actually talk about the fact that we were women and that we believed that we had a set of values and a way of doing business that would be more sustainable than what we had experienced until then. And we got a great group of people to join us -- principled people with great skills, and investors with a vision and values to match ours. And together we got through the eye of the financial storm in Iceland without taking any direct losses to our equity or to the funds of our clients. And although I want to thank the talented people of our company foremost for that -- and also there's a factor of luck and timing -- we are absolutely convinced that we did this because of our values.

So let me share with you our values. We believe in risk awareness. What does that mean? We believe that you should always understand the risks that you're taking, and we will not invest in things we don't understand. Not a complicated thing. But in 2007, at the height of the sub-prime and all the complicated financial structures, it was quite opposite to the reckless risk-taking behaviors that we saw on the market. We also believe in straight-talking, telling it as it is, using simple language that people understand, telling people about the downsides as well as the potential upsides, and even telling the bad news that no one wants to utter, like our lack of belief in the sustainability of the Icelandic financial sector that already we had months before the collapse hit us. And, although we do work in the financial sector, where Excel is king, we believe in emotional capital. And we believe that doing emotional due diligence is just as important as doing financial due diligence. It is actually people that make money and lose money, not Excel spreadsheets.

(Applause)

Last, but not least, we believe in profit with principles. We care how we make our profit. So while we want to make economic profit for ourselves and our customers, we are willing to do it with a long-term view, and we like to have a wider definition of profits than just the economic profit in the next quarter. So we like to see profits, plus positive social and environmental benefits, when we invest.

But it wasn't just about the values, although we are convinced that they matter. It was also about a business opportunity. It's the female trend, and it's the sustainability trend, that are going to create some of the most interesting investment opportunities in the years to come. The whole thing about the female trend is not about women being better than men; it is actually about women being different from men, bringing different values and different ways to the table. So what do you get? You get better decision-making, and you get less herd behavior, and both of those things hit your bottom line with very positive results.

But one has to wonder, now that we've had this financial sector collapse upon us in Iceland -- and by the way, Europe looks pretty bad right now, and many would say that you in America are heading for some more trouble as well. Now that we've had all that happen, and we have all this data out there telling us that it's much better to have diversity around the decision-making tables, will we see business and finance change? Will government change?

Well I'll give you my straight talk about this. I have days that I believe, but I have days that I'm full of doubt. Have you seen the incredible urge out there to rebuild the very things that failed us? (Applause) Einstein said that this was the definition of insanity -- to do the same things over and over again, hoping for a different outcome. So I guess the world is insane, because I see entirely too much of doing the same things over and over again, hoping that this time it's not going to collapse upon us. I want to see more revolutionary thinking, and I remain hopeful. Like TED, I believe in people. And I know that consumers are becoming more conscious, and they are going to start voting with their wallets, and they are going to change the face of business and finance from the outside, if they don't do it from the inside.

But I'm more of the revolutionary, and I should be; I'm from Iceland. We have a long history of strong, courageous, independent women, ever since the Viking age. And I want to tell you when I first realized that women matter to the economy and to the society, I was seven -- it happened to be my mother's birthday -- October 24,1975. Women in Iceland took the day off. From work or from home, they took the day off, and nothing worked in Iceland. (Laughter) They marched into the center of Reykjavik, and they put women's issues onto the agenda. And some say this was the start of a global movement. For me it was the start of a long journey, but I decided that day to matter. Five years later, Iceland elected Vigdis Finnbogadottir as their president -- first female to become head of state, single mom, a breast cancer survivor who had had one of her breasts removed. And at one of the campaign sessions, she had one of her male contenders allude to the fact that she couldn't become president -- she was a woman, and even half a woman. That night she won the election, because she came back -- not just because of his crappy behavior -- but she came back and said, "Well, I'm actually not going to breastfeed the Icelandic nation; I'm going to lead it."

(Applause)

So I've had incredibly many women role models that have influenced who I am and where I am today. But in spite of that, I went through the first 10 or 15 years of my career mostly in denial of being a woman. Started in corporate America, and I was absolutely convinced that it was just about the individual, that women and men would have just the same opportunities. But I've come to conclude lately that it isn't like that. We are not the same, and it's great. Because of our differences, we create and sustain life. So we should embrace our difference and aim for challenge.

The final thought I want to leave with you is that I'm fed up with this tyranny of either/or choices in life -- either it's men or it's women. We need to start embracing the beauty of balance. So let's move away from thinking about business here and philanthropy there, and let's start thinking about doing good business. That's how we change the world. That's the only sustainable future.

Thank you.

(Applause)

数年前まではアイスランドの 話をするのは簡単でした 人々はアイスランドについて何も知らず 私は単に良い面だけを 語ればよかったわけですから しかし ここ数年でアイスランドは 悪い意味で有名になってしまいました まず経済の崩壊が挙げられるでしょう 事実 これはかなり深刻で誰かが 国をネットオークションで売り出してしまった程です

(笑) 値段は99ペンスから始まり 最低落札価格無しでした それから火山が噴火しました この噴火により飛行機がキャンセルされて みなさんやその友達、それにオバマ大統領の 旅程がめちゃくちゃになりました ところでこの火山の名前の発音ですが エイヤフィヤトラヨークトルです 正しく発音したメディアはありませんでした (笑)

しかし私は これらの話を するために来た訳ではありません アイスランドを経済危機が襲う1年以上前の 2007年の春に この写真に写っている クリスティンと私で設立した 金融サービス会社である オイズルキャピタルの話をしに来たのです まず、なぜ投資銀行の法人部門で 成功を収めていた2人の女性が 辞職してまで金融サービス企業を 設立したのでしょうか? そうですね あふれかえっている テストステロン(男性ホルモン)に うんざりしたからとでも言っておきましょう しかし この経済危機や私の国での 出来事について 私は男性に 非があると言うつもりはありません しかし確実に言えることは ウォール街や ロンドンなどいたるところと同様に 私の国では 男性が 金融関連のゲームの舵を 握っているということです このような多様性の欠如と 画一性が 壊滅的な状況を引き起こすのです

(拍手)

我々は男性主導の世界にうんざりして そういった世界は持続性に欠けているという 強い感情を持つ結果になりました そして 女性の価値観を反映させた 金融サービスを始めようと決めたのです 女性の価値観を金融の世界にも 組み込もうと決めたのです これは アイスランド内で波紋を呼びました 我々は 当時アイスランド内で 典型的な「女性」として 認知されていませんでした まるで いきなりクローゼットから飛び出し 我々は女性独特の価値観や ビジネスモデルを持っており それらは 今までの男性主体のものより より持続的であるということを 語り出したようなものでした また 我々は人的資源に恵まれました 信念と技術を兼ね備えた人々 我々と同じ価値観と 先見性を持った投資家たちです こうして 我々やお客様の資産にも 損失を出すことなく アイスランドの 財政難を何とか切り抜けました 才能に恵まれた仲間たちに 感謝するとともに 最大の理由は 我々の価値観に従って 行動したことによる 幸運や タイミングの要素も絡んでしました

そこで我々の価値観を共有させてください 我々はリスクを考慮します それはどういうことでしょうか? つまり 背負うことになるリスクを常に理解し 理解の出来ないようなリスクに対しては 投資を行わないということです とても単純なことです しかし2007年には サブプライムと複雑な財政構造が 頂点に達して そして無謀ともいえる 危険性を顧みない態度と 反対であることを 目撃することになりました 我々はシンプルな言葉で 誰でもが理解でき 利益を上げるだけでなく 危険性についても 正直に 包み隠さず話すことを徹底しています これには誰も聞きたがらないような 例えば財政難が襲う前のアイスランドの 財政状況の継続性に対して 我々が持っていた不信感さえも ありのままに 情報提供する と言うことです 我々は数字がすべてを支配する 金融業界で働いていますが 人間の感情を尊重します そして感情に基づいて行動することは 金融の仕事において期限内に 仕事を終わらせることと 同じほど重要なのです 事実 利益を生み出したり 損失を作り出すのは 表計算ソフトではなく 人間なのです

(拍手)

最後にですが 我々は信念を持っています 利益の生み出し方にも注意を払います 企業側と顧客側の双方への利益を考えつつ 長期的な視点で運用をすることにしています 次の四半期の経済的利益より 広い意味での利益を生み出したいと考えています つまり投資の際には 社会や環境へのプラスの 影響力の獲得を目指しています

これの重要性は認識されていますが これは単なる価値観の問題だけではなく ビジネスチャンスでもあったのです この女性の価値観の重視と 持続可能性(サステナビリティ)の傾向は その数年後に人々の注目をあびる ビジネスチャンスを生み出すことになりました 女性価値観の重視というのは単に 女性が男性よりも勝っているということではなく 女性と男性の差異が 意思決定の場で異なる 価値観 方向性を見出すということです 何が得られるか? より良い意思決定です 横並びの行動の抑制にもつながります これら2つが損益計算書に プラスの効果をもたらすのです

しかし不思議に思う方もいらっしゃるでしょう アイスランドの経済崩壊や ヨーロッパの経済も今は芳しくない状態ですし 多くの方は アメリカは更なる危機へ 向かっていると思っているしょう こういった出来事を経験し 意思決定においては 多様性が重要であると 証明するデータが揃った今 ビジネスとファイナンスは変わるでしょうか? 政府は変わるでしょうか?

私の率直な気持ちを話します 希望を持つ日もあれば 疑念を抱く日もあります 我々の荒廃したこのビジネス再建に対する 衝動を感じたことがありますか? (拍手) アインシュタインは狂気を 以下のように定義していました 同じことを何度も何度も 繰り返しながらも 異なる結果を期待することだと つまり世界は狂っているようです 今回こそは失敗しないだろうと期待し 同じことを何度も何度も繰り返す作業を 行っているからです もっと革新的な考えに出会いたいものです 私はまだ望みを捨てていません TEDのように人々を信じています 消費者はこれに気づくようになり 内側から構造変化が見られないなら 消費者行動という手段で訴えかけるようになり ビジネスと財政の様相を 外側から変えて行くことに なるでしょう

私は革命論支持者です アイスランド国民として そうあるべきだからです 我々はバイキングの時代から 力強く 勇敢で 独立した女性の 長い歴史を受け継いできました 私が経済と社会での 女性の重要性を 始めて 認識したのは7歳の頃でした 偶然にも母の誕生日で 1975年10月24日でした アイスランド中の女性がお休みを取り 仕事も家事もしませんでした アイスランドは機能停止になりました (笑) 女性たちが社会平等を掲げ レイキャビーク中心地でデモを起こしたのです これが国際的な女性運動の始まりという方もいます 私にとっては長い旅の始まりでしたが この日は重要だと感じました 5年後には シングルマザーであり 片方の 乳房を失った乳がん経験者である アイスランドでは初となる 女性大統領ヴィグディス フィンボガドゥティルが当選を果たしました 選挙活動期間中に とある男性候補者は彼女を「女性かつ 不完全な女性」であるとして 大統領にはなれないとほのめかしていました 彼女が当選したその夜 彼女は戻ってきました 彼の暴言のせいではありませんよ そして言いました 「私はアイスランド国民に授乳をするつもりはありません 私はアイスランドを指導するのです」

(拍手)

つまり今日の私を作り上げるに 多大な影響力をもたらした 多くのお手本となる女性の存在がありました にもかかわらず 実際は 私のキャリアの最初の10-15年は 女性であることを否定していました アメリカで仕事を始めた際に 女性も男性も同等の機会を 与えられており 単に個人の 問題であると痛切に感じていました しかし 今日ではそうではないという 結論に至っています 男と女は同じではありません この差異のおかげで我々は生命を作り 持続できるのです 素晴らしいことです 我々はこの差異を尊重し挑戦するべきなのです

最後に皆さんにお話したい考えとは 私は世間に蔓延している 男性か女性かのどちらかを選ぶという 構図にうんざりしているのです 調和する美しさを尊重する必要があります そこでここに存在している ビジネスや慈善活動を離れ よいビジネスすることを 考えていきましょう これが持続可能な未来をつくり世界を変える方法です

ご静聴ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画