TED日本語 - ジェフリー・カナダ: 破綻していく学校 - もうたくさんだ!

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

なぜ、一体全体どうして、我々の教育システムは50年前と少しも変わっていないんでしょう?当時、何百万人もの子供が落第していました。今も同じ状況です。それは教育業界が、全く効果がない事業計画にしがみついているからにほかなりません。教育支援者のジェフリー・カナダは、データを活用できるようなシステム作り、受益者目線の対応、そして構造的な変革を大胆に提唱します。より多くの子供達が能力を伸ばせるように。

Script

今日は少し 緊張しています妻のイヴォンに言われまして 「ねえ あなた TED観たことあるわよねぇ」

「もちろん TEDは大好きだよ」すると妻は

「ほら あの人達ってとても頭が良くて才能があって・・・」

「分かってる 分かってるって」(笑)

でも妻は更に「だから “怒れる黒人男”が登場したところで・・・」 (笑)

だから言いました「大丈夫 ちゃんとするから - うん ちゃんとする」 でもやっぱり私は 怒っています(笑) 前回見たときは -

(拍手) 気持ちが高揚している一方怒りをもって今日ここに来た理由はこうです 今年 数百万人もの子供達が 不必要に 落ちこぼれていきます こうしてる間にも彼ら全員を救うことが出来たというのに ここに登場した 優秀な教育者達を見たでしょう 彼らにすら そうした子供達を救うのは無理だなんて 言わないでくださいそんな筈ないんですから 絶対に可能です ではなぜ 改善されないんでしょうか? 我々教育に携わる人間が運営プラン にとらわれて どれだけ多くの子供たちが落ちこぼれようと気にもせず うまくいかなかったやり方をそのまま続けてきたからです そして皆それを当たり前だと思っている違いますか? 「いい加減たくさんだ」何度言ったことでしょう 全く無意味な運営プランとはこういうことです

私は大都市の中心部で育ちました 56年前に最初に学校に通いだした当時 落第していく生徒を抱えていた学校は 56年後の今日も お粗末な状態です56年ですよ お粗末な学校って どんなだか分かります? ワインとは違います でしょう?(笑) "1987年は当たり年だった"なんて言わないでしょ? そういうことなんです 要するに毎年毎年 ― 同じことの繰り返し 違いますか? こちらワンサイズです 合えば良いのですが合わなかったら ― 運が悪かったただ運が悪かっただけ なぜ我々は 改革を促してこなかったんでしょうか? これ以上 何も出来なかった筈はありませんよね

いいですか 50年もの間落第生を出してきた学校に行って 「さて どうするつもりですか?」 と聞くと 「そうですね 今年度は ― 昨年度と同じことをします」 と言う そんな事業計画 世の中どこにありますか? かつて銀行の営業時間は朝の10時から午後3時でした 10時から3時です 昼休みはクローズ 10時から3時の間に 誰が銀行に行けますか?仕事を持たない人達でしょう 彼らに銀行なんて必要ありません預けるお金が無いんだから 誰がそんなビジネスモデルを作ったんですか?でしょ? そんな状態が何十年も続いたんです なぜなら 彼らはお構いなしだったから お客なんて どうでもよかった 行員のほうが大事 だから自分達にとって都合の良い仕組みを作ったんです 仕事中にどうやって 銀行に行けっていうんですか?知ったこっちゃなかった 私 ジェフが銀行に行けずイライラしようが 関係なかったんです嫌なら他に行けば? でもどこも一緒でしょ? そしてある日ちょっとクレージーな行員が思いついた みんなが仕事帰りに 銀行に行けるようにしたら 結構ウケるかも土曜営業なんて どうだろう? 何か新たな技術を 導入してみるとか?

さて 私は新しいもの好きですでも正直言って 少し 年がいってます ちょっとウトくて 技術の力を信じていませんでした だから 最初にあの妙な機械が登場した時 ― カードを入れると現金が出てくる あれ ― 「機械が正確に札を数えられる訳ないだろう ― 絶対に使うもんか」 そう思ったもんです

技術は変化を遂げ 世の中も変わりました でも教育の分野は変わらないなぜでしょう? なぜ 電話機がダイヤル式だったり 人々がポリオで手足が不自由になった時代と 全く同じやり方で いまだに教えているんでしょうか? もし何か 違う方法を思いついたところで 周囲からは ”急進派” のレッテルを貼られます 悪口雑言を浴びせられるでしょう もし科学によって ― 私ではなく 科学的な研究によって最も貧しい家庭の子供達は 夏の間に落ちこぼれていく と示唆されたら ― 6月の時点では よしまだ大丈夫 でも9月になったら 落ちこぼれていた あれま!これは1975年にハーバードで 教育を学んだ当時聞いたんですが 「スゲえ これは重要な研究だ」そう思いました だって 何とかしなきゃいけないって指摘してる訳だから (笑) 10年毎に同じ研究が行われてますが 毎回 全く同じ結果を示します: 貧しい家庭の子供達は夏の間に落ちこぼれていく 今の仕組みが 夏は開校できないようにしてるんです

いつも不思議なんですが誰がそんな決まりを作るんでしょう? 何年もの間 私が ―ほら ハーバードに行ったんだから 何かしら 学んだと思った訳です 農民の暦に起因してるそうですかつて人々は・・・ でも辻褄が合わない 意味が分からない 全く分からない なぜなら 誰だって知ってる筈です農業を営むなら 7月や8月に作付けしたりしない やるのは春でしょう? じゃあ 一体誰がそんなことを思いついたんでしょうか?誰の意見なんでしょう? 何でそんなことをしたんでしょう? 実際1840年代には 年間を通じて 開校している学校があったそうですなぜかというと ― 多くの人々は 一日中働かなきゃならなかった その間 他に子供達の居場所が無かった 学校があればよかったわけです という訳で これは教育の神の 定めによるものでも 何でもないんです

なら どうして? なぜ? 我々の業界が 科学の利用を拒んだからです 科学です ビル・ゲイツがやって来て言う 「ほら出来たでしょ? みんな出来るんです」 このアメリカのどれだけの場所で変革が起こるのでしょう? ゼロです ゼロ 二カ所はある?まあ ― そんな場所もあるでしょう中には正しいことをする人々もいますから 我々 専門家は この状況を止めなくては科学が明確に立証してるんですから

皆さんご存知の通り 生まれて直ぐ 問題が始まります ですよね?0歳から3歳が勝負 という考えです イヴォンと私の間には 4人の子供がいます 3人はすでに成人で 残る1人は15歳 それには色々事情がありまして (笑) 最初の子供の時は妻も私も脳の発達に関する科学なんて 知りませんでした 生まれてからの3年間が いかに重要かなんて知る由もなかった 赤ん坊の脳に何が起こってるかなんて考えもしなかった 刺激と反応からなる言語が 子供達の脳の発達に 重要な役割を果たすなんて 思いもよらなかった そして それがわかった今 何をしているか?何もしていません 富裕層の人々は知っています知識層も分かってる だから彼等の子供達は有利です 貧しい人々は 見当もつかないってのに 我々は 全く救いの手を差し伸べようとはしない でも事態が深刻だということはお分かりですね

では 3~4歳児対象の幼稚園はどうでしょう 子供達にとって 大切ですよね 貧しい家庭の子供達に 必要な経験です いやいや 多くの場所ではそんな施設は存在しません 公共医療サービスは大切ですね そうしたサービスを提供してるんですが いつもみんなにブツブツ文句を言われます 私は 責務やデータやその他の価値あることに 注力していますが公共医療サービスを提供するには 多額の資金を調達する必要があります よく支援者にこう言われました 「ジェフ 何でこういったサービスを提供するんだ?」 当時はそれらしい事を適当に答えたもんです 「えっと それはですね ― 虫歯のある子供は ほら ― 勉強もできないと言われてまして」 仕方なかったんです資金を集めなきゃならなかった でも歳を重ねた今は こう答えます なぜ子供達にそうした医療手当やスポーツや レクリエーションやアートに触れる機会を与えるかって? それは子供が好きだからです 子供が大好きだから(笑) (拍手)

それでも納得しない強情な人にはこう言います 「貴方がご自分のお子さんにしてるのと同じことをしてるまでです」 ダンスのレッスンが子供の代数学の力を伸ばす なんていう マサチューセッツ工科大学の研究論文を 読んだことがなくても 子供にダンスを習わせる そして子供がその気になると自分もうれしい そしてそれで大満足ではなぜ貧困層の子供達が 同じことをしちゃいけないんですか?それは子供達の権利なんです (拍手)

他にもまだあります 私は試験大好き人間です 我々にはデータが必要ですそして情報も なぜなら 何かに取り組んでいる時上手くいってるはずが 実際は そうじゃないと分かったり 要するに教育者の皆さんは よしこれで良いと 思う訳です 素晴らしいですよねでも 実は理解されてなかったと分かる でも試験にも問題があって 我々が行う試験は ― 来週ニューヨークでもやりますが ― 4月に実施される訳です 結果がいつ出るか ご存知ですか? たぶん7月か 或いは6月 その結果には 重要なデータが含まれています 例えば ”ラヒームはかなり遅れてる 二桁の掛け算ができていない” というような 有効なデータです でもそれが手に入るのは学年度が修了した後です その頃 皆さん 何してますか? 休暇の真っただ中でしょう(笑) そして休暇から戻ると 前年度の試験結果が届いている そんなもん 見やしない 見る必要がありますか? 今年度がもう始まるっていうのに こうしたことに どれだけのお金を使っているんでしょうか? 何十億ドルものお金が 役に立たないデータのために使われている そのデータは9月に必要なんです 11月に使いたいんです 生徒が何を理解できないでいるのか 私の教え方が効果的だったかどうか知りたいんです それも今週のうちに 学年末に知ったんでは遅すぎるんです

経験を積むにつれ まるで千里眼のようになりました その学校の試験結果が予想できるんです どんな学校でも結構です 大都市の中心部の伸び悩んでいる学校はより分かり易い 例えば 昨年度 その学校では48%の生徒が 学年相応のレベルだったとします 「では 何をする予定ですか?昨年から今年にかけて ― 何をしましたか?」 と聞くと 「同じことをやってます」 と返ってくる では予言してみましょうか(笑) 今年度は だいたい44%から 52%の生徒が学年相応レベルに留まるでしょう そして私の予測は一度として間違うことはありません

こうして多額のお金を注ぎ込んで 結果得られるものは? 教師は 自分の生徒たちに 今何が 起きているのか 真の情報が必要です 何とかできる 今がまさに一か八かの時です

他にも 懸念すべき 問題があると思います ビジネスとしての教育のイノベーションを妨げることはできません 革新は重要です そして教育界の人間はイノベーションに怒りを感じています 何か別のことをやろうとすると憤慨されます 何か新しいことを試そうとすると人々の反応は ― 「へぇ、特別認可学校」といった感じですさあ 色々と試してみましょうよ もう55年もやってきて 効果がないんだから 違うことをやりましょうで そこで厄介なのは 試した結果 上手くいかないものもあります すると「ああ 特別認可学校ね 大抵はダメだね」となる 多くのケースは失敗ですその場合は閉鎖されるべきでしょう そう 閉鎖されるべきです しかし科学を解き明かそうとすることと 上手くいかないからと何もしないことと混同してはならない でしょ?だって それじゃ世の中はまわりませんから

技術について置き換えてみると 同様に技術の分野で考えたとして 何か故障するたびに すぐに諦めて「もういいや」ってことになりますよね? 説得力がありましたここにも大勢いると思いますが 最先端の電子手帳 ”パームパイロット” みんなに言われたもんです「ジェフ これさえあれば ― あとは何も要らないんだぜ」 アレがもったのは 3週間でしたねそれでおしまい あんなもんに無駄金を使ったかと思うとムカムカしました それで我々は発明をやめた?いいえ ― みんな果敢に開発を続けました 失敗したからと言って 科学が前進するのをやめてしまってはいけないんです

我々 教育者の仕事には 明らかに 我々に出来るものがありますねしっかりやりましょう たとえば 成績の評価は子供が小さいうちから始めないと そしてきちんとサポートしていかないといけない 子供達に あらゆる機会を与えないといけないんです それが大切ですでもイノベーションを続け ― きちんとできるまでイノベーションを 続けるという考え方 それは絶対に重要です

ちなみにこれは 教育分野全体の課題になるでしょう アメリカは現状を正すのに更に50年もの時間を費やすことは出来ません もう時間がないんです ”財政の崖” と言われてもピンときませんが今この瞬間我々はまさに 教育の崖っぷちを歩いているんです もし「そんな余裕はない」なんて戯言を 今後も受け容れると ― ビル・ゲイツは 50億ドルかかると言いましたが アメリカにとって 50億ドルって? 今年アフガニスタンで いくら使ったんでしたっけ? いったい何兆ドル?(拍手)

国が何かの対策に乗り出すとき 瞬く間に何兆ドルという資金が投入されます 国家の安全が脅かされると 使う金額に糸目はありません この国の安全保障に 一番必要なのは 次の世代を 我々に取って代わり 思想や技術 民主主義その他 重要な分野で世界のリーダーとなるべく 準備させることです 恐らく ほんの微々たること微々たることです 我々が こうした問題の解決に 本格的に乗り出すために必要なのは

いよいよそんな時がきたら私の怒りも静まるでしょう(笑) そうなれるよう みんな力を貸して下さい ありがとうございましたありがとう (拍手)

ハーレム・チルドレン・ゾーンの高校中退率はどの位ですか?

そうですね ジョン 昨年度は うちの生徒達全員が 高校を卒業しました そして全員が 大学に進学しました 今年度も全員が 卒業する見込みです そしてそのうち 93%の学生の大学進学が決まったそうなので あとは 残る7%に注力することになる そういったところです(拍手)

高校卒業後は 彼等とはどんな関係を築いていくんですか?

ご存知の通り この国が抱える問題の一つは こうした子供達 無防備な子供達が ようやく学校に入った後 記録的な数で中退しているということです そこで しっかりした支援ネットワークを構築して あらゆる面で ちゃんとした親御さんの 接し方を真似しなくては ということになったんです そういう親御さんは うるさくないですか? 「成績表を見せて この前のテストはどうだった? 学校をやめたい?何言ってんの! そんなことしたら 家に入れないわよ」 同様に うちの教育特区の子供達の多くはそんなことしたら ハーレムに帰れない だってジェフが見張ってるからそう分かっています 「マジやばい」と思っていますダメです ちゃんと学校に行かなきゃ 決して冗談じゃありません あとは ヘコタレない根性にも係ってきますけどね 子供は そうやすやすと落第させて貰えないと分かると 違った意味でプレッシャーを感じます そして簡単には諦めなくなります そもそも そういう自覚がない場合もありますが 「てか、本当は嫌なんだけど ― ほら、母親がうるさいからさ」という具合です それは子供にとっては 大切なことで様々な局面を乗り越える助けになります 今 個別指導やその他 必要な支援を 受けられるような戦略的な仕組み作りと共に 「君ならできる 結構きついけど落第させはしないよ」と 激励をおくる方法を模索しています

Dr.カナダ ありがとうございました 皆さん もう一度盛大な拍手を

(拍手)

I'm a little nervous, because my wife Yvonne said to me, she said, "Geoff, you watch the TED Talks."

I said, "Yes, honey, I love TED Talks."

She said, "You know, they're like, really smart, talented -- "

I said, "I know, I know." (Laughter)

She said, "They don't want, like, the angry black man." (Laughter)

So I said, "No, I'm gonna be good, Honey, I'm gonna be good. I am." But I am angry. (Laughter) And the last time I looked, I'm --

(Applause) So this is why I'm excited but I'm angry. This year, there are going to be millions of our children that we're going to needlessly lose, that we could -- right now, we could save them all. You saw the quality of the educators who were here. Do not tell me they could not reach those kids and save them. I know they could. It is absolutely possible. Why haven't we fixed this? Those of us in education have held on to a business plan that we don't care how many millions of young people fail, we're going to continue to do the same thing that didn't work, and nobody is getting crazy about it -- right? -- enough to say, "Enough is enough." So here's a business plan that simply does not make any sense.

You know, I grew up in the inner city, and there were kids who were failing in schools 56 years ago when I first went to school, and those schools are still lousy today,56 years later. And you know something about a lousy school? It's not like a bottle of wine. Right? (Laughter) Where you say, like,'87 was like a good year, right? That's now how this thing -- I mean, every single year, it's still the same approach, right? One size fits all, if you get it, fine, and if you don't, tough luck. Just tough luck. Why haven't we allowed innovation to happen? Do not tell me we can't do better than this.

Look, you go into a place that's failed kids for 50 years, and you say, "So what's the plan?" And they say, "We'll, we're going to do what we did last year this year." What kind of business model is that? Banks used to open and operate between 10 and 3. They operated 10 to 3. They were closed for lunch hour. Now, who can bank between 10 and 3? The unemployed. They don't need banks. They got no money in the banks. Who created that business model? Right? And it went on for decades. You know why? Because they didn't care. It wasn't about the customers. It was about bankers. They created something that worked for them. How could you go to the bank when you were at work? It didn't matter. And they don't care whether or not Geoff is upset he can't go to the bank. Go find another bank. They all operate the same way. Right? Now,one day, some crazy banker had an idea. Maybe we should keep the bank open when people come home from work. They might like that. What about a Saturday? What about introducing technology?

Now look, I'm a technology fan, but I have to admit to you all I'm a little old. So I was a little slow, and I did not trust technology, and when they first came out with those new contraptions, these tellers that you put in a card and they give you money, I was like, "There's no way that machine is going to count that money right. I am never using that, right?"

So technology has changed. Things have changed. Yet not in education. Why? Why is it that when we had rotary phones, when we were having folks being crippled by polio, that we were teaching the same way then that we're doing right now? And if you come up with a plan to change things, people consider you radical. They will say the worst things about you. I said one day, well, look, if the science says -- this is science, not me -- that our poorest children lose ground in the summertime -- You see where they are in June and say, okay, they're there. You look at them in September, they've gone down. You say, whoo! So I heard about that in '75 when I was at the Ed School at Harvard. I said, "Oh, wow, this is an important study." Because it suggests we should do something. (Laughter) Every 10 years they reproduce the same study. It says exactly the same thing: Poor kids lose ground in the summertime. The system decides you can't run schools in the summer.

You know, I always wonder, who makes up those rules? For years I went to -- Look, I went the Harvard Ed School. I thought I knew something. They said it was the agrarian calendar, and people had - but let me tell you why that doesn't make sense. I never got that. I never got that, because anyone knows if you farm, you don't plant crops in July and August. You plant them in the spring. So who came up with this idea? Who owns it? Why did we ever do it? Well it just turns out in the 1840s we did have, schools were open all year. They were open all year, because we had a lot of folks who had to work all day. They didn't have any place for their kids to go. It was a perfect place to have schools. So this is not something that is ordained from the education gods.

So why don't we? Why don't we? Because our business has refused to use science. Science. You have Bill Gates coming out and saying, "Look, this works, right? We can do this." How many places in America are going to change? None. None. Okay, yeah, there are two. All right? Yes, there'll be some place, because some folks will do the right thing. As a profession, we have to stop this. The science is clear.

Here's what we know. We know that the problem begins immediately. Right? This idea,zero to three. My wife, Yvonne, and I, we have four kids,three grown ones and a 15-year-old. That's a longer story. (Laughter) With our first kids, we did not know the science about brain development. We didn't know how critical those first three years were. We didn't know what was happening in those young brains. We didn't know the role that language, a stimulus and response, call and response, how important that was in developing those children. We know that now. What are we doing about it? Nothing. Wealthy people know. Educated people know. And their kids have an advantage. Poor people don't know, and we're not doing anything to help them at all. But we know this is critical.

Now, you take pre-kindergarten. We know it's important for kids. Poor kids need that experience. Nope. Lots of places, it doesn't exist. We know health services matter. You know, we provide health services and people are always fussing at me about, you know, because I'm all into accountability and data and all of that good stuff, but we do health services, and I have to raise a lot of money. People used to say when they'd come fund us, "Geoff, why do you provide these health services?" I used to make stuff up. Right? I'd say, "Well, you know a child who has cavities is not going to, uh, be able to study as well." And I had to because I had to raise the money. But now I'm older, and you know what I tell them? You know why I provide kids with those health benefits and the sports and the recreation and the arts? Because I actually like kids. I actually like kids. (Laughter) (Applause)

But when they really get pushy, people really get pushy, I say, "I do it because you do it for your kid." And you've never read a study from MIT that says giving your kid dance instruction is going to help them do algebra better, but you will give that kid dance instruction, and you will be thrilled that that kid wants to do dance instruction, and it will make your day. And why shouldn't poor kids have the same opportunity? It's the floor for these children. (Applause)

So here's the other thing. I'm a tester guy. I believe you need data, you need information, because you work at something, you think it's working, and you find out it's not working. I mean, you're educators. You work, you say, you think you've got it, great, no? And you find out they didn't get it. But here's the problem with testing. The testing that we do -- we're going to have our test in New York next week - is in April. You know when we're going to get the results back? Maybe July, maybe June. And the results have great data. They'll tell you Raheem really struggled, couldn't do two-digit multiplication -- so great data, but you're getting it back after school is over. And so, what do you do? You go on vacation. (Laughter) You come back from vacation. Now you've got all of this test data from last year. You don't look at it. Why would you look at it? You're going to go and teach this year. So how much money did we just spend on all of that? Billions and billions of dollars for data that it's too late to use. I need that data in September. I need that data in November. I need to know you're struggling, and I need to know whether or not what I did corrected that. I need to know that this week. I don't need to know that at the end of the year when it's too late.

Because in my older years, I've become somewhat of a clairvoyant. I can predict school scores. You take me to any school. I'm really good at inner city schools that are struggling. And you tell me last year 48 percent of those kids were on grade level. And I say, "Okay, what's the plan, what did we do from last year to this year?" You say, "We're doing the same thing." I'm going to make a prediction. (Laughter) This year, somewhere between 44 and 52 percent of those kids will be on grade level. And I will be right every single time.

So we're spending all of this money, but we're getting what? Teachers need real information right now about what's happening to their kids. The high stakes is today, because you can do something about it.

So here's the other issue that I just think we've got to be concerned about. We can't stifle innovation in our business. We have to innovate. And people in our business get mad about innovation. They get angry if you do something different. If you try something new, people are always like, "Ooh, charter schools." Hey, let's try some stuff. Let's see. This stuff hasn't worked for 55 years. Let's try something different. And here's the rub. Some of it's not going to work. You know, people tell me, "Yeah, those charter schools, a lot of them don't work." A lot of them don't. They should be closed. I mean, I really believe they should be closed. But we can't confuse figuring out the science and things not working with we shouldn't therefore do anything. Right? Because that's not the way the world works.

If you think about technology, imagine if that's how we thought about technology. Every time something didn't work, we just threw in the towel and said, "Let's forget it." Right? You know, they convinced me. I'm sure some of you were like me -- the latest and greatest thing, the PalmPilot. They told me, "Geoff, if you get this PalmPilot you'll never need another thing." That thing lasted all of three weeks. It was over. I was so disgusted I spent my money on this thing. Did anybody stop inventing? Not a person. Not a soul. The folks went out there. They kept inventing. The fact that you have failure, that shouldn't stop you from pushing the science forward.

Our job as educators, there's some stuff we know that we can do. And we've got to do better. The evaluation, we have to start with kids earlier, we have to make sure that we provide the support to young people. We've got to give them all of these opportunities. So that we have to do. But this innovation issue, this idea that we've got to keep innovating until we really nail this science down is something that is absolutely critical.

And this is something, by the way, that I think is going to be a challenge for our entire field. America can not wait another 50 years to get this right. We have run out of time. I don't know about a fiscal cliff, but I know there's an educational cliff that we are walking over right this very second, and if we allow folks to continue this foolishness about saying we can't afford this - So Bill Gates says it's going to cost five billion dollars. What is five billion dollars to the United States? What did we spend in Afghanistan this year? How many trillions? (Applause)

When the country cares about something, we'll spend a trillion dollars without blinking an eye. When the safety of America is threatened, we will spend any amount of money. The real safety of our nation is preparing this next generation so that they can take our place and be the leaders of the world when it comes to thinking and technology and democracy and all that stuff we care about. I dare say it's a pittance, what it would require for us to really begin to solve some of these problems.

So once we do that, I'll no longer be angry. (Laughter) So, you guys, help me get there. Thank you all very much. Thank you. (Applause)

John Legend: So what is the high school dropout rate at Harlem Children's Zone?

Geoffrey Canada: Well, you know, John,100 percent of our kids graduated high school last year in my school. A hundred percent of them went to college. This year's seniors will have 100 percent graduating high school. Last I heard we had 93 percent accepted to college. We'd better get that other seven percent. So that's just how this goes. (Applause)

JL: So how do you stick with them after they leave high school?

GC: Well, you know,one of the bad problems we have in this country is these kids, the same kids, these same vulnerable kids, when you get them in school, they drop out in record numbers. And so we've figured out that you've got to really design a network of support for these kids that in many ways mimics what a good parent does. They harass you, right? They call you, they say, "I want to see your grades. How'd you do on that last test? What are you talking about that you want to leave school? And you're not coming back here." So a bunch of my kids know you can't come back to Harlem because Geoff is looking for you. They're like, "I really can't come back." No. You'd better stay in school. But I'm not kidding about some of this, and it gets a little bit to the grit issue. When kids know that you refuse to let them fail, it puts a different pressure on them, and they don't give up as easy. So sometimes they don't have it inside, and they're, like, "You know, I don't want to do this, but I know my mother's going to be mad." Well, that matters to kids, and it helps get them through. We try to create a set of strategies that gets them tutoring and help and support, but also a set of encouragements that say to them, "You can do it. It is going to be hard, but we refuse to let you fail."

JL: Well, thank you Dr. Canada. Please give it up for him one more time.

(Applause)

I'm a little nervous,/ because my wife Yvonne said to me,/ she said,/ "Geoff,/ you watch the TED Talks."//

今日は少し 緊張しています妻のイヴォンに言われまして 「ねえ あなた TED観たことあるわよねぇ」

I said,/ "Yes, honey,/ I love TED Talks."//

「もちろん TEDは大好きだよ」すると妻は

She said,/ "You know,/ they're like,/ really smart,/ talented --/ "//

「ほら あの人達ってとても頭が良くて才能があって・・・」

I said,/ "I know,/ I know."// (Laughter)//

「分かってる 分かってるって」(笑)

She said,/ "They don't want, like,/ the angry black man."//

でも妻は更に「だから “怒れる黒人男”が登場したところで・・・」

(笑)

So I said,/ "No, I'm gonna be good,/ Honey,/ I'm gonna be good.// I am."//

だから言いました「大丈夫 ちゃんとするから - うん ちゃんとする」

But I am angry.// (Laughter)/ And the last time/ I looked,/ I'm --//

でもやっぱり私は 怒っています(笑) 前回見たときは -

(Applause)/ So this is/ why I'm excited/ but I'm angry.//

(拍手) 気持ちが高揚している一方怒りをもって今日ここに来た理由はこうです

This year,/ there are going to be millions of our children/ that we're going to needlessly lose,/ that we could --/ right now,/ we could save them all.//

今年 数百万人もの子供達が 不必要に 落ちこぼれていきます こうしてる間にも彼ら全員を救うことが出来たというのに

You saw the quality of the educators/ who were here.//

ここに登場した 優秀な教育者達を見たでしょう

Do not tell me/ they could not reach those kids/ and save them.// I know/ they could.//

彼らにすら そうした子供達を救うのは無理だなんて 言わないでくださいそんな筈ないんですから

絶対に可能です

Why haven't we fixed this?//

ではなぜ 改善されないんでしょうか?

Those of us/ in education have held on to a business plan/ that we don't care how many millions of young people fail,/ we're going to continue to do/ the same thing/ that didn't work,/ and nobody is getting crazy/ about it --/ right?// --/ enough to say,/ "Enough is enough."//

我々教育に携わる人間が運営プラン にとらわれて どれだけ多くの子供たちが落ちこぼれようと気にもせず うまくいかなかったやり方をそのまま続けてきたからです そして皆それを当たり前だと思っている違いますか? 「いい加減たくさんだ」何度言ったことでしょう

So here's a business plan/ that simply does not make any sense.//

全く無意味な運営プランとはこういうことです

You know,/ I grew up/ in the inner city,/ and there were kids/ who were failing in schools/ 56 years ago/ when I first went to school,/ and those schools are still lousy/ today,/56 years later.//

私は大都市の中心部で育ちました 56年前に最初に学校に通いだした当時 落第していく生徒を抱えていた学校は 56年後の今日も お粗末な状態です56年ですよ

And you know something/ about a lousy school?//

お粗末な学校って どんなだか分かります?

It's not like a bottle of wine.//

ワインとは違います

Right?// (Laughter)/ Where you say,/ like,/'87 was like a good year,/ right?//

でしょう?(笑) "1987年は当たり年だった"なんて言わないでしょ?

That's now/ how this thing --/ I mean,/ every single year,/ it's still/ the same approach,/ right?//

そういうことなんです 要するに毎年毎年 ― 同じことの繰り返し 違いますか?

One size fits all,/ if you get it,/ fine,/ and/ if you don't,/ tough luck.// Just tough luck.//

こちらワンサイズです 合えば良いのですが合わなかったら ― 運が悪かったただ運が悪かっただけ

Why haven't we allowed innovation/ to happen?//

なぜ我々は 改革を促してこなかったんでしょうか?

Do not tell me/ we can't do better/ than this.//

これ以上 何も出来なかった筈はありませんよね

Look,/ you go into a place/ that's failed kids/ for 50 years,/ and you say,/ "So/ what's the plan?"//

いいですか 50年もの間落第生を出してきた学校に行って 「さて どうするつもりですか?」 と聞くと

And they say,/ "We'll,/ we're going to do/ what we did last year/ this year."//

「そうですね 今年度は ― 昨年度と同じことをします」 と言う

What kind of business model is that?//

そんな事業計画 世の中どこにありますか?

Banks used to open and operate between 10 and 3.//

かつて銀行の営業時間は朝の10時から午後3時でした

They operated 10/ to 3.// They were closed for lunch hour.//

10時から3時です 昼休みはクローズ

Now,/ who can bank between 10 and 3?// The unemployed.//

10時から3時の間に 誰が銀行に行けますか?仕事を持たない人達でしょう

They don't need banks.// They got no money/ in the banks.//

彼らに銀行なんて必要ありません預けるお金が無いんだから

Who created/ that business model?// Right?//

誰がそんなビジネスモデルを作ったんですか?でしょ?

And it went on for decades.//

そんな状態が何十年も続いたんです

You know/ why?// Because they didn't care.//

なぜなら 彼らはお構いなしだったから

It wasn't about the customers.//

お客なんて どうでもよかった

It was about bankers.// They created something/ that worked for them.//

行員のほうが大事 だから自分達にとって都合の良い仕組みを作ったんです

How could you go to the bank/ when you were at work?// It didn't matter.//

仕事中にどうやって 銀行に行けっていうんですか?知ったこっちゃなかった

And they don't care/ whether or not Geoff is upset he can't go to the bank.// Go find another bank.//

私 ジェフが銀行に行けずイライラしようが 関係なかったんです嫌なら他に行けば?

They/ all operate the same way.// Right?//

でもどこも一緒でしょ?

Now,/one day,/ some crazy banker had an idea.//

そしてある日ちょっとクレージーな行員が思いついた

Maybe/ we should keep the bank open/ when people come home/ from work.//

みんなが仕事帰りに 銀行に行けるようにしたら

They might like that.// What about a Saturday?//

結構ウケるかも土曜営業なんて どうだろう?

What about introducing technology?//

何か新たな技術を 導入してみるとか?

Now look,/ I'm a technology fan,/ but I have to admit/ to you/ all I'm a little old.//

さて 私は新しいもの好きですでも正直言って 少し 年がいってます

So/ I was a little slow,/ and I did not trust technology,/ and when they first came out/ with those new contraptions,/ these tellers/ that you put in a card/ and they give you/ money,/ I was like,/ "There's no way/ that machine is going to count/ that money right.//

ちょっとウトくて 技術の力を信じていませんでした だから 最初にあの妙な機械が登場した時 ― カードを入れると現金が出てくる あれ ― 「機械が正確に札を数えられる訳ないだろう ―

I am never using/ that,/ right?"//

絶対に使うもんか」 そう思ったもんです

So technology has changed.// Things have changed.//

技術は変化を遂げ 世の中も変わりました

Yet not in education.// Why?//

でも教育の分野は変わらないなぜでしょう?

Why is it/ that/ when we had rotary phones,/ when we were having folks/ being crippled by polio,/ that we were teaching the same way then/ that we're doing right now?//

なぜ 電話機がダイヤル式だったり 人々がポリオで手足が不自由になった時代と 全く同じやり方で いまだに教えているんでしょうか?

And/ if you come up/ with a plan/ to change things,/ people consider/ you radical.//

もし何か 違う方法を思いついたところで 周囲からは ”急進派” のレッテルを貼られます

They will say the worst things/ about you.//

悪口雑言を浴びせられるでしょう

I said one day,/ well,/ look,/ if the science says --/ this is science,/ not me --/ that our poorest children lose ground/ in the summertime --/ You see/ where they are in June/ and say,/ okay,/ they're there.//

もし科学によって ― 私ではなく 科学的な研究によって最も貧しい家庭の子供達は 夏の間に落ちこぼれていく と示唆されたら ― 6月の時点では よしまだ大丈夫

You look at them/ in September,/ they've gone down.//

でも9月になったら 落ちこぼれていた

You say,/ whoo!// So I heard about that/ in '75/ when I was at the Ed School/ at Harvard.//

あれま!これは1975年にハーバードで 教育を学んだ当時聞いたんですが

I said,/ "Oh,/ wow,/ this is an important study."//

「スゲえ これは重要な研究だ」そう思いました

Because it suggests/ we should do something.//

だって 何とかしなきゃいけないって指摘してる訳だから

(Laughter)/ Every 10 years/ they reproduce the same study.//

(笑) 10年毎に同じ研究が行われてますが

It says exactly the same thing:/ Poor kids lose ground/ in the summertime.//

毎回 全く同じ結果を示します: 貧しい家庭の子供達は夏の間に落ちこぼれていく

The system decides/ you can't run schools/ in the summer.//

今の仕組みが 夏は開校できないようにしてるんです

You know,/ I always wonder,/ who makes up/ those rules?//

いつも不思議なんですが誰がそんな決まりを作るんでしょう?

For years/ I went to --/ Look,/ I went the Harvard Ed School.//

何年もの間 私が ―ほら ハーバードに行ったんだから

I thought/ I knew something.//

何かしら 学んだと思った訳です

They said/ it was the agrarian calendar,/ and people had - but let me/ tell you/ why/ that doesn't make sense.//

農民の暦に起因してるそうですかつて人々は・・・ でも辻褄が合わない

I never got/ that.// I never got/ that,/ because anyone knows/ if you farm,/ you don't plant crops/ in July and August.//

意味が分からない 全く分からない なぜなら 誰だって知ってる筈です農業を営むなら 7月や8月に作付けしたりしない

You plant them/ in the spring.//

やるのは春でしょう?

So/ who came up/ with this idea?// Who owns it?//

じゃあ 一体誰がそんなことを思いついたんでしょうか?誰の意見なんでしょう?

Why did we ever do it?//

何でそんなことをしたんでしょう?

Well/ it just turns out/ in the 1840s/ we did have,/ schools were open/ all year.// They were open/ all year,/ because we had a lot of folks/ who had to work/ all day.//

実際1840年代には 年間を通じて 開校している学校があったそうですなぜかというと ― 多くの人々は 一日中働かなきゃならなかった

They didn't have any place/ for their kids/ to go.//

その間 他に子供達の居場所が無かった

It was a perfect place/ to have schools.//

学校があればよかったわけです

So this is not something/ that is ordained from the education gods.//

という訳で これは教育の神の 定めによるものでも 何でもないんです

So/ why don't we?// Why don't we?//

なら どうして? なぜ?

Because our business has refused to use/ science.//

我々の業界が 科学の利用を拒んだからです

Science.// You have Bill Gates/ coming out/ and saying,/ "Look,/ this works,/ right?// We can do this."//

科学です ビル・ゲイツがやって来て言う 「ほら出来たでしょ? みんな出来るんです」

How many places/ in America are going to change?// None.//

このアメリカのどれだけの場所で変革が起こるのでしょう? ゼロです

None.// Okay,/ yeah,/ there are two.// All right?//

ゼロ 二カ所はある?まあ ―

Yes, there'll be some place,/ because some folks will do the right thing.//

そんな場所もあるでしょう中には正しいことをする人々もいますから

As a profession,/ we have to stop this.// The science is clear.//

我々 専門家は この状況を止めなくては科学が明確に立証してるんですから

Here's/ what we know.//

皆さんご存知の通り

We know/ that the problem begins immediately.//

生まれて直ぐ 問題が始まります

Right?// This idea,/zero to three.//

ですよね?0歳から3歳が勝負 という考えです

My wife,/ Yvonne,/ and I,/ we have four kids,/three grown ones and a 15-year-old.//

イヴォンと私の間には 4人の子供がいます 3人はすでに成人で 残る1人は15歳

That's a longer story.//

それには色々事情がありまして

(Laughter)/ With our first kids,/ we did not know the science/ about brain development.//

(笑) 最初の子供の時は妻も私も脳の発達に関する科学なんて 知りませんでした

We didn't know how critical/ those first three years were.//

生まれてからの3年間が いかに重要かなんて知る由もなかった

We didn't know/ what was happening in those young brains.//

赤ん坊の脳に何が起こってるかなんて考えもしなかった

We didn't know the role/ that language,/ a stimulus and response, call and response,/ how important/ that was in developing those children.//

刺激と反応からなる言語が 子供達の脳の発達に 重要な役割を果たすなんて 思いもよらなかった

We know/ that now.// What are we doing about it?// Nothing.//

そして それがわかった今 何をしているか?何もしていません

Wealthy people know.// Educated people know.//

富裕層の人々は知っています知識層も分かってる

And their kids have an advantage.//

だから彼等の子供達は有利です

Poor people don't know,/ and we're not doing/ anything/ to help them/ at all.//

貧しい人々は 見当もつかないってのに 我々は 全く救いの手を差し伸べようとはしない

But we know/ this is critical.//

でも事態が深刻だということはお分かりですね

Now,/ you take pre-kindergarten.//

では 3~4歳児対象の幼稚園はどうでしょう

We know/ it's important/ for kids.//

子供達にとって 大切ですよね

Poor kids need/ that experience.//

貧しい家庭の子供達に 必要な経験です

Nope.// Lots of places,/ it doesn't exist.//

いやいや 多くの場所ではそんな施設は存在しません

公共医療サービスは大切ですね

You know,/ we provide health services/ and people are always fussing at me about,/ you know,/ because I'm all/ into accountability and data and all of that good stuff,/ but we do health services,/ and I have to raise/ a lot of money.//

そうしたサービスを提供してるんですが いつもみんなにブツブツ文句を言われます 私は 責務やデータやその他の価値あることに 注力していますが公共医療サービスを提供するには 多額の資金を調達する必要があります

People used to say/ when they'd come fund us,/ "Geoff,/ why do you provide these health services?"//

よく支援者にこう言われました 「ジェフ 何でこういったサービスを提供するんだ?」

I used to make/ stuff up.// Right?//

当時はそれらしい事を適当に答えたもんです

I'd say,/ "Well,/ you know a child/ who has cavities is not going to,/ uh,/ be able to study as well."//

「えっと それはですね ― 虫歯のある子供は ほら ― 勉強もできないと言われてまして」

And I had to/ because I had to raise/ the money.//

仕方なかったんです資金を集めなきゃならなかった

But now/ I'm older,/ and you know/ what I tell them?//

でも歳を重ねた今は こう答えます

You know/ why I provide kids/ with those health benefits and the sports and the recreation and the arts?//

なぜ子供達にそうした医療手当やスポーツや レクリエーションやアートに触れる機会を与えるかって?

Because I actually like kids.//

それは子供が好きだからです

子供が大好きだから(笑) (拍手)

But when they really get pushy,/ people really get pushy,/ I say,/ "I do it/ because you do it/ for your kid."//

それでも納得しない強情な人にはこう言います 「貴方がご自分のお子さんにしてるのと同じことをしてるまでです」

And you've never read a study/ from MIT/ that says giving/ your kid dance instruction is going to help/ them do algebra better,/ but you will give/ that kid dance instruction,/ and you will be thrilled/ that that kid wants to do/ dance instruction,/ and it will make your day.// And why shouldn't poor kids have the same opportunity?// It's the floor/ for these children.//

ダンスのレッスンが子供の代数学の力を伸ばす なんていう マサチューセッツ工科大学の研究論文を 読んだことがなくても 子供にダンスを習わせる そして子供がその気になると自分もうれしい そしてそれで大満足ではなぜ貧困層の子供達が 同じことをしちゃいけないんですか?それは子供達の権利なんです

(拍手)

So here's the other thing.//

他にもまだあります

I'm a tester guy.// I believe/ you need data,/ you need information,/ because you work at something,/ you think/ it's working,/ and you find out/ it's not working.//

私は試験大好き人間です 我々にはデータが必要ですそして情報も なぜなら 何かに取り組んでいる時上手くいってるはずが 実際は そうじゃないと分かったり

I mean,/ you're educators.// You work,/ you say,/ you think/ you've got it,/ great,/ no?// And you find out/ they didn't get it.//

要するに教育者の皆さんは よしこれで良いと 思う訳です 素晴らしいですよねでも 実は理解されてなかったと分かる

But here's the problem/ with testing.//

でも試験にも問題があって

The testing/ that we do --/ we're going to have/ our test/ in New York/ next week/ - is in April.//

我々が行う試験は ― 来週ニューヨークでもやりますが ― 4月に実施される訳です

You know/ when we're going to get/ the results back?//

結果がいつ出るか ご存知ですか?

たぶん7月か 或いは6月

And the results have great data.//

その結果には 重要なデータが含まれています

They'll tell you/ Raheem really struggled,/ couldn't do two-digit multiplication --/ so great data,/ but you're getting/ it back/ after school is over.//

例えば ”ラヒームはかなり遅れてる 二桁の掛け算ができていない” というような 有効なデータです でもそれが手に入るのは学年度が修了した後です

And so,/ what do you do?//

その頃 皆さん 何してますか?

You go on vacation.// (Laughter)/ You come back/ from vacation.//

休暇の真っただ中でしょう(笑) そして休暇から戻ると

Now/ you've got all of this test data/ from last year.//

前年度の試験結果が届いている

You don't look at it.//

そんなもん 見やしない

Why would you look at it?//

見る必要がありますか?

You're going to go and teach this year.//

今年度がもう始まるっていうのに

So how much money did we just spend on all of that?//

こうしたことに どれだけのお金を使っているんでしょうか?

Billions and billions of dollars/ for data/ that it's too late/ to use.//

何十億ドルものお金が 役に立たないデータのために使われている

I need/ that data/ in September.//

そのデータは9月に必要なんです

I need/ that data/ in November.//

11月に使いたいんです

I need to know/ you're struggling,/ and I need to know/ whether or not/ what I did corrected/ that.//

生徒が何を理解できないでいるのか 私の教え方が効果的だったかどうか知りたいんです

I need to know/ that this week.//

それも今週のうちに

I don't need to know/ that/ at the end of the year/ when it's too late.//

学年末に知ったんでは遅すぎるんです

Because in my older years,/ I've become somewhat of a clairvoyant.//

経験を積むにつれ まるで千里眼のようになりました

I can predict school scores.//

その学校の試験結果が予想できるんです

You take me/ to any school.//

どんな学校でも結構です

I'm really good/ at inner city schools/ that are struggling.//

大都市の中心部の伸び悩んでいる学校はより分かり易い

And you tell me/ last year/ 48 percent of those kids were on grade level.//

例えば 昨年度 その学校では48%の生徒が 学年相応のレベルだったとします

And I say,/ "Okay,/ what's the plan,/ what did we do from last year/ to this year?"//

「では 何をする予定ですか?昨年から今年にかけて ― 何をしましたか?」 と聞くと

You say,/ "We're doing/ the same thing."//

「同じことをやってます」 と返ってくる

I'm going to make/ a prediction.// (Laughter)/ This year,/ somewhere/ between 44 and 52 percent of those kids will be on grade level.//

では予言してみましょうか(笑) 今年度は だいたい44%から 52%の生徒が学年相応レベルに留まるでしょう

And I will be right/ every single time.//

そして私の予測は一度として間違うことはありません

So we're spending/ all of this money,/ but we're getting/ what?//

こうして多額のお金を注ぎ込んで 結果得られるものは?

Teachers need real information right now/ about what's happening to their kids.//

教師は 自分の生徒たちに 今何が 起きているのか 真の情報が必要です

The high stakes is today,/ because you can do something/ about it.//

何とかできる 今がまさに一か八かの時です

So here's the other issue/ that I just think we've got to be concerned/ about.//

他にも 懸念すべき 問題があると思います

We can't stifle innovation/ in our business.//

ビジネスとしての教育のイノベーションを妨げることはできません

We have to innovate.// And people/ in our business get mad/ about innovation.//

革新は重要です そして教育界の人間はイノベーションに怒りを感じています

They get angry/ if you do something different.//

何か別のことをやろうとすると憤慨されます

If you try something new,/ people are always like,/ "Ooh,/ charter schools."// Hey,/ let's try some stuff.// Let's see.//

何か新しいことを試そうとすると人々の反応は ― 「へぇ、特別認可学校」といった感じですさあ 色々と試してみましょうよ

This stuff hasn't worked for 55 years.//

もう55年もやってきて 効果がないんだから

Let's try something different.// And here's the rub.//

違うことをやりましょうで そこで厄介なのは

Some of it's not going to work.//

試した結果 上手くいかないものもあります

You know,/ people tell me,/ "Yeah,/ those charter schools,/ a lot of them don't work."//

すると「ああ 特別認可学校ね 大抵はダメだね」となる

A lot of them don't.// They should be closed.//

多くのケースは失敗ですその場合は閉鎖されるべきでしょう

I mean,/ I really believe/ they should be closed.//

そう 閉鎖されるべきです

But we can't confuse figuring out/ the science and things not working/ with we shouldn't therefore do anything.//

しかし科学を解き明かそうとすることと 上手くいかないからと何もしないことと混同してはならない

Right?// Because that's not the way/ the world works.//

でしょ?だって それじゃ世の中はまわりませんから

If you think about technology,/ imagine/ if that's/ how we thought about technology.//

技術について置き換えてみると 同様に技術の分野で考えたとして

Every time/ something didn't work,/ we just threw in the towel/ and said,/ "Let's forget it."// Right?//

何か故障するたびに すぐに諦めて「もういいや」ってことになりますよね?

You know,/ they convinced me.// I'm sure/ some of you were like me --/ the latest and greatest thing,/ the PalmPilot.//

説得力がありましたここにも大勢いると思いますが 最先端の電子手帳 ”パームパイロット”

They told me,/ "Geoff,/ if you get this PalmPilot/ you'll never need another thing."//

みんなに言われたもんです「ジェフ これさえあれば ― あとは何も要らないんだぜ」

That thing lasted all of three weeks.// It was over.//

アレがもったのは 3週間でしたねそれでおしまい

I was so disgusted I spent my money/ on this thing.//

あんなもんに無駄金を使ったかと思うとムカムカしました

Did anybody stop inventing?// Not a person.// Not a soul.//

それで我々は発明をやめた?いいえ ―

The folks went out/ there.// They kept inventing.//

みんな果敢に開発を続けました

The fact/ that you have failure,/ that shouldn't stop you/ from pushing the science forward.//

失敗したからと言って 科学が前進するのをやめてしまってはいけないんです

Our job/ as educators,/ there's some stuff/ we know/ that we can do.//

我々 教育者の仕事には 明らかに 我々に出来るものがありますねしっかりやりましょう

And we've got to do better.// The evaluation,/ we have to start/ with kids earlier,/ we have to make/ sure/ that we provide the support/ to young people.//

たとえば 成績の評価は子供が小さいうちから始めないと そしてきちんとサポートしていかないといけない

We've got to give/ them/ all of these opportunities.//

子供達に あらゆる機会を与えないといけないんです

So/ that we have to do.// But this innovation issue,/ this idea/ that we've got to keep innovating/ until we really nail this science down is something/ that is absolutely critical.//

それが大切ですでもイノベーションを続け ― きちんとできるまでイノベーションを 続けるという考え方 それは絶対に重要です

And this is something,/ by the way,/ that I think/ is going to be a challenge/ for our entire field.//

ちなみにこれは 教育分野全体の課題になるでしょう

America can not wait another 50 years/ to get this right.//

アメリカは現状を正すのに更に50年もの時間を費やすことは出来ません

We have run out of time.//

もう時間がないんです

I don't know about a fiscal cliff,/ but I know/ there's an educational cliff/ that we are walking over right/ this very second,/ and/ if we allow folks/ to continue this foolishness/ about saying we can't afford this - So Bill Gates says it's going to cost/ five billion dollars.//

”財政の崖” と言われてもピンときませんが今この瞬間我々はまさに 教育の崖っぷちを歩いているんです もし「そんな余裕はない」なんて戯言を 今後も受け容れると ― ビル・ゲイツは 50億ドルかかると言いましたが

What is five billion dollars to the United States?//

アメリカにとって 50億ドルって?

What did we spend in Afghanistan/ this year?//

今年アフガニスタンで いくら使ったんでしたっけ?

How many trillions?// (Applause)//

いったい何兆ドル?(拍手)

When the country cares about something,/ we'll spend a trillion dollars/ without blinking an eye.//

国が何かの対策に乗り出すとき 瞬く間に何兆ドルという資金が投入されます

When the safety of America is threatened,/ we will spend any amount of money.//

国家の安全が脅かされると 使う金額に糸目はありません

The real safety of our nation is preparing this next generation/ so that they can take our place/ and be the leaders of the world/ when it comes to thinking and technology and democracy/ and all that stuff/ we care about.//

この国の安全保障に 一番必要なのは 次の世代を 我々に取って代わり 思想や技術 民主主義その他 重要な分野で世界のリーダーとなるべく 準備させることです

I dare say/ it's a pittance,/ what it would require/ for us/ to really begin to solve/ some of these problems.//

恐らく ほんの微々たること微々たることです 我々が こうした問題の解決に 本格的に乗り出すために必要なのは

So/ once we do that,/ I'll no longer be angry.// (Laughter) So,/ you guys,/ help me/ get there.//

いよいよそんな時がきたら私の怒りも静まるでしょう(笑) そうなれるよう みんな力を貸して下さい

Thank you/ all very much.// Thank you.//

ありがとうございましたありがとう

(拍手)

John Legend:/ So/ what is the high school dropout rate at Harlem Children's Zone?//

ハーレム・チルドレン・ゾーンの高校中退率はどの位ですか?

Geoffrey Canada:/ Well,/ you know,/ John,/100 percent of our kids graduated high school/ last year/ in my school.//

そうですね ジョン 昨年度は うちの生徒達全員が 高校を卒業しました

A hundred percent of them went to college.//

そして全員が 大学に進学しました

This year's seniors will have 100 percent/ graduating high school.//

今年度も全員が 卒業する見込みです

Last/ I heard/ we had 93 percent accepted to college.//

そしてそのうち 93%の学生の大学進学が決まったそうなので

We'd better get that other seven percent.//

あとは 残る7%に注力することになる

So/ that's just how/ this goes.// (Applause)//

そういったところです(拍手)

JL:/ So/ how do you stick with them/ after they leave high school?//

高校卒業後は 彼等とはどんな関係を築いていくんですか?

GC:/ Well,/ you know,/one of the bad problems/ we have in this country is these kids,/ the same kids,/ these same vulnerable kids,/ when you get them/ in school,/ they drop out/ in record numbers.//

ご存知の通り この国が抱える問題の一つは こうした子供達 無防備な子供達が ようやく学校に入った後 記録的な数で中退しているということです

And so/ we've figured out/ that you've got to really design a network of support/ for these kids/ that in many ways mimics/ what a good parent does.//

そこで しっかりした支援ネットワークを構築して あらゆる面で ちゃんとした親御さんの 接し方を真似しなくては ということになったんです

They harass you,/ right?// They call you,/ they say,/ "I want to see/ your grades.// How'd you do on that last test?//

そういう親御さんは うるさくないですか? 「成績表を見せて この前のテストはどうだった?

What are you talking about that you want to leave/ school?//

学校をやめたい?何言ってんの!

And you're not coming/ back here."//

そんなことしたら 家に入れないわよ」

So a bunch of my kids know/ you can't come back/ to Harlem/ because Geoff is looking for you.//

同様に うちの教育特区の子供達の多くはそんなことしたら ハーレムに帰れない だってジェフが見張ってるからそう分かっています

They're like,/ "I really can't come back."// No.// You'd better stay in school.//

「マジやばい」と思っていますダメです ちゃんと学校に行かなきゃ

But I'm not kidding/ about some of this,/ and it gets a little bit/ to the grit issue.//

決して冗談じゃありません あとは ヘコタレない根性にも係ってきますけどね

When kids know/ that you refuse to let/ them fail,/ it puts a different pressure/ on them,/ and they don't give up/ as easy.//

子供は そうやすやすと落第させて貰えないと分かると 違った意味でプレッシャーを感じます そして簡単には諦めなくなります

So sometimes/ they don't have it inside,/ and they're,/ like,/ "You know,/ I don't want to do/ this,/ but I know my mother's going to be mad."//

そもそも そういう自覚がない場合もありますが 「てか、本当は嫌なんだけど ― ほら、母親がうるさいからさ」という具合です

Well,/ that matters/ to kids,/ and it helps get them through.//

それは子供にとっては 大切なことで様々な局面を乗り越える助けになります

We try to create/ a set of strategies/ that gets them/ tutoring and help and support,/ but also/ a set of encouragements/ that say to them,/ "You can do it.// It is going to be hard,/ but we refuse to let/ you fail."//

今 個別指導やその他 必要な支援を 受けられるような戦略的な仕組み作りと共に 「君ならできる 結構きついけど落第させはしないよ」と 激励をおくる方法を模索しています

JL:/ Well,/ thank you/ Dr.// Canada.//

Dr.カナダ ありがとうございました

Please give it up/ for him/ one more time.//

皆さん もう一度盛大な拍手を

(拍手)

nervous

『神経の』

『神経質な』,神経過敏な

『心配な』,不安な

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

honey

〈U〉『はちみつ』;花のみつ,糖みつ

〈U〉(みつのように)甘いもの;心地よいこと

〈C〉《おもに米話》かわいい人

〈C〉《おもに米話》りっぱなもの

はちみつの;(味・色が)はちみつのような,はちみつ入りの

〈食物など〉‘を'はちみつで甘くする

《話》〈人〉‘に'甘い言葉をかける,おせじを言う

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

laughter

『笑い』,笑い声

angry

『おこった』,腹を立てた

(海・波・風などが)おこったような,激しい

(傷が)炎症を起こした

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

gon na

going toの縮約形

applause

『拍手かっさい』;称賛

excited

興奮した

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

needlessly

用もないのに;いわれなく

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

educator

教育者,教師

教育学者

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

inner city

大市内中慎地区

lousy

シラミのたかった

《話》いやな,ひどい,下劣な,鼻持ちならない

《話》(…が)うんざりするほどある;(…で)いっぱい《+『with』+『名』》

bottle

『びん』;1びんの量

〈U〉《the~》酒;飲酒

〈U〉《the~》哺乳(ほにゅう)びん;牛乳

…'を'びんに詰める

wine

〈U〉〈C〉『ワイン』,ぶどう酒

〈U〉〈C〉(種々の)果実酒

ワインカラー,赤紫色

〈人〉‘を'ワインでもてなす

ワインカラーの,赤紫色の

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

tough

(物が)『じょうぶな』

(肉などが)『堅い』

(体が)『屈強な』,じょうぶな,(人が)粘り強い,タフな

(法などが)融通のきかない,(人・意志が)がんこな

『骨の切れる』,やっかいな

《米》粗暴な

《話》不幸な,不運な,つらい

よた者,ごろつき,無法者

luck

『運』,巡り合わせ

『幸運』

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

unemployed

仕事のない,失業した

利用してない,遊ばせてある

失業者

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

decade

『10年間』

customer

(店の)『お客』,『得意先』,顧客

《話》《形容詞を伴って》(…な)やつ,男

banker

『銀行家』,銀行経営者

(ゲームの)親,胴元

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

upset

『…‘を'ひっくり返す』,転覆させる

〈計画など〉‘を'『だめにする』,だいなしにする,狂わす

〈人〉‘の'『心お乱す』,'を'ろうばいさせる

〈体など〉‘の'調子お狂わせる

《米》(競技などで)〈相手〉'を'思いがけなく負かす

ひっくり返った

(計画などが)だいなしの,狂った

《捕語にのみ用いて》(精神的に)混乱した,ろうばいした

(体などの)調子がおかしくなった

〈U〉〈C〉『転倒』,転落

〈C〉(計画.心などの)『混乱』,乱れ;(体の)不調

〈C〉《話》けんか

〈C〉《米》(競技などでの)番狂わせ

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

fan

『うちわ』扇

(クジャクのしっぽなど)扇状のもの

『扇風機』,送風機:

〈空気〉‘を'うちわなどで動かす,〈風〉‘を'起こす

(うちわなどで)…‘に'風を送る,‘を'あおぐ

(そよ風などが)…‘に'吹きつける,‘を'なでる

〈感情など〉‘を'あおる,かき立る

…‘を'扇形に広げる

(野球で)〈打者〉‘を'三振させる

扇形に広がる《+『out』》

(野球で)三振する

admit

(場所・会・学校などへ)…'を'『入れる』,‘に'入ることを許す《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈事実・要求・誤りなど〉'を'『認める』,受け入れる

〈場所・建物などが〉〈人・物〉'を'収容できる

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

contraption

新案,新くふう;《軽べつして》珍案[物]

teller

話し手,語り手

《おもに米》(銀行の)現金出納係

(議会の)投票集計係

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

rotary

回る,回転する;回転式の

=traffic circle

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

cripple

肢体障害者(手足の障害のある人,特に歩行の不自由な人)

〈人・動物〉'を'かたわらにする

…'を'不能にする

polio

小児麻痺(まひ),ポリオ[poliomyelitisの短縮形]

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

radical

『根本的な』,『基本的な』

《しばしばR-》『急進的な』,過激な

(数学の記号で)根(こん)の

《しばしばR-》急進堂員,主義者,過激論者

(数学の記号で)根,根号

(化学反応で)基(き),根

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

summertime

=daylight-saving time

June

『6月』(《略》『Je.,Jun.』)

okay

=OK,O.K.

Harvard

ハーバード大学(マサチューセッツ州ケンブリッジにある米国最古の大学;1636年創立)

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

reproduce

〈場面など〉‘を'『再現する』,〈音など〉‘を'再生する

…‘を'『複製する』,『複写する』

〈動物が〉〈子孫〉‘を'生む,〈植物が〉〈同類〉‘を'繁殖させる

〈動植物が〉繁殖する

〈芸術作品などが〉複製(再生)できる

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

agrarian

土地の,耕地の,農地の

calendar

〈C〉『暦』,カレンダー

〈C〉〈U〉暦法

〈U〉〈C〉年中行事表;訴訟事件表,議事日程表

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

farm

『農場』,農園(通例住宅・納屋などを伴い,しばしば家畜も飼育される)

(家畜の)『飼育場』,(魚貝の)養殖場

〈土地〉‘を'耕作する;〈農場・飼育場〉‘を'経営する

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

crop

〈C〉《しばしば服数形で》『作物』,『収穫物』

〈C〉(一地域で一期にとれる農作物の)『収穫』[『高』],生産[高],作柄

〈U〉作付け,植う付け,耕作

〈C〉《通例単数形で》(同時に,または続々と出てくる人・物の)群れ《+『of』+『名』》

〈C〉《通例単数形で》(髪の)刈込み,いがぐり頭

〈C〉(鳥の)え袋,そのう

〈C〉(動物の耳を切って目じるしにする)耳じるし

〈C〉乗馬むち;むちの柄

〈草・毛などの先〉'を'刈り込む,かみ切る

(…を)…‘に'植え付ける《+『名』+『with』+『名』》

作物ができる;作物を植える

July

『7月』(《略》『Jul.,Jy.』)

August

『8月』(《略》『Aug.』)

《形容詞的に》『August heat wave』{名}〈C〉8月の暑波『August vacation』{名}〈C〉8月の休暇

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

ordain

…‘を'聖職(牧師)に任命する;(聖職などに)〈人〉‘を'任命する《+『名』〈目〉+『名』〈補〉》

〈法律また神・運命などが〉…‘を'定める,規定する

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

refuse

…‘を'『断る』,拒む

拒絶する,断る

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

gate

(…への)『門』,通用門《+『to』(『of』)+『名』》;(門の)とびら

(ダム・運河などの)水門

(競技場・劇場などの)[有料]入場者数

(またgate money)総入場料

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

profession

〈C〉『専門職』;(一般に)職業

《the~》《集合的に》『同業者たち』

〈C〉〈U〉(…を)公言(明言,宣言)すること《+『of』+『名』》

(…への)信仰の告白《+『of』+『名』》

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

critical

『評論の』,批評の

批判的な,物を見る眼のある

『酷評的な』,あら捜しの,手きびしい

『危機の』,危急の;(病気が)危篤の

臨界の(温度・圧力などにより物質が急速にその状態を変える境),臨界点における

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

stimulus

刺激[するもの]

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

wealthy

(人が)『富裕な』,富んだ

豊富に持っている;(…に)富んだ《+in+名》

educated

『教育』(『教養』)『のある』

知識(経験)に基づいた

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

nope

いいや,いえ(no)

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

fuss

(つまらないことに)『騒ぎたてること』,やきもきすること《+『about』(『over』)+『名』》

(ささいなことについての)『言い合い』,言い争い《+『about』+『名』(『wh-節』)》

ぶつぶつ文句を言うこと

(しなくてもいいのに)(…を)騒ぎ立てる,(…に)やきもきする《+『about』(『over』)+『名』》

(ささいなことで)(人と)言い争う《+『with』+『名』》

…‘に'気をもませる

datum

dataの単数形

既知の事実

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

fund

(特定の目的のための)『資金』,基金《+『for』+『名』》

《a ~》(すぐに役立つ知職などの)『蓄え』,蓄積(stock)《+『of』+『名』》

《複数形で》手元資金,所持金;《英》公債,国債

〈事業・研究など〉‘に'資金を提供する

〈負債〉‘を'長期公債にする

cavity

へこみ,くぼみ,空洞

虫歯の穴

(人体内の)腔(こう)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

recreation

作り直し;〈C〉作り直したもの

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

pushy

でしゃばりの,ずうずうしい,押しの強い

dance

(…に合わせて)『踊る』,舞う,ダンスをする《+『to』+『名』》

《副詞[句]を判って》『こおどりする』,跳ね回る

〈木の葉・光の影などが〉舞う,揺れる

〈ダンス〉'を'踊る

《副詞[句]を判って》〈人〉'を'踊らせる

〈赤ん坊〉'を'上下に揺すってあやす

《副詞[句]を判って》…'を'踊って(…のように)する(言う)

『ダンス』,舞踏;舞踏曲;《the~》踊り方

『舞踏会』(dancing party)

instruction

〈U〉(…の)『教育』,教授(teaching)《+『in』+『名』》

《複数形で》『命令』,指図(orders, directions);(…せよとの)命令《+『to』 do》

〈U〉(教えられた)知識,教訓

algebra

『代数』[学]

thrill

(喜び・恐れ・興奮などで)『ぞくぞくする感じ』,ぞっとする(わくわくする)感じ,スリル

『ぞくぞくさせるもの』,ぞっと(わくわく)させるもの

…‘を'『ぞくぞくさせる』,ぞっと(わくわく)させる

(…に)ぞくぞくする,ぞっとする,わくわくする《+at(to)+名》

opportunity

『機会』,好機

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

tester

試験者;試験装置

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

working

(機械・器具などが)『動く』,使える

(特に生活にために)『働く』,[肉体]労働に従事する

(知識などが)『実際に役立つ』,実用的な

『労働(仕事)上の』,労働(仕事)用の

(機械などの)動き方,動かし方《+of+名》

(鉱山などの)作業場,現場

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

April

『4月』(《略》『Apr』.)

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

data

『資料』,事実;情報

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

multiplication

〈U〉(…の数・量の)増加,(動植物の)増殖,繁殖《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉乗法,掛け算

vacation

〈C〉《おもに米》『休暇』,休み(《英》holiday)

〈C〉〈U〉《文》(部屋・家・土地などを)明け渡すこと,立ちのき;辞職,退任《+of+名》

(…で)『休暇をとる』《+at(in)+名》

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

November

11月(《略》Nov.)

correct

『事実に合った』,『正しい』,正確な

『標準(因習)に合った』,妥当な,適切な(proper)

〈誤りなど〉'を'『訂正する』,…‘の'誤りを正す

…‘の'誤りに印をつける

(…で)〈人〉'を'罰する,しかる《+『名』+『for』+『名』》

…'を'基準に合わせる,調整する,修正する

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

somewhat

『幾分か』,少し

clairvoyant

千里眼の,透視力のある

透視力(千里銀)を持つ人

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

score

(ゲーム・競技の)『スコア』,得点記録

(ゲーム・競技の)『得点』

(試験の)点数,評点

《おもに文》20[の単位]

《複数形で》多数(の…)《+『of』+『名』》

《まれ》勘定,借金

《単数形で》理由,根拠,原因

(また『score mark』)刻み目,線,印

総譜,楽譜

(ゲーム・競技で)〈点数〉‘を'『得点する』

〈競技〉‘の'得点を記録する

〈得点〉‘を'〈人〉‘に'与える《+『名』〈人〉+『名』〈得点〉=+『名』〈得点〉+『to』(『for』)+『名』〈人〉》

〈試験〉‘を'採点する;(試験で)…‘の'点をとる《+『名』+『on』+『名』》

(…で)…‘に'刻み目(印)をつける,線をひく《+『名』+『with』+『名』》

《米話》…‘を'こきおろす,酷評する

《通例受動態で》(…のために)〈音楽〉‘を'作曲(編曲)する《+『for』+『名』》

(ゲーム・競技で)『得点する』

優勢となる,成功する

《俗》〈男が〉(女を)くどき落とす《+『with』+『名』》

《俗》麻薬を売う

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

grade

《米》(小・中・高校の)『学年』(小学校から12年まで通算する)

《おもに米》(学業の)『成績』,評点

(位階・品質・価値などの)『階級』,『等級』

《米》(道路・線路などの)傾斜,勾配(こうばい)(《英》gradient)

…‘を'『等級分けする』,‘の'格づけをする

《米》…‘の'採点をする

〈道路など〉‘の'勾配(こうばい)をゆるくする

等級別になる,徐々に変わる,〈色彩などが〉次第に他の色に移る

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

prediction

〈U〉予報(予言)すること

〈C〉予報(予言)される事;(…という)予報,予言《+『that節』》

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

stake

(境界標・植物の支えなどの)『くい』

火刑用の柱;《the~》火刑,火あぶり

《しばしば複数形で》(競馬・ゲーム・かけ事などの)かけ金,賞金;(賞金のかかった)レース,(特に)競馬

(…に対する)(金銭的・感情的な)利害関系《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈境界など〉‘を'『くいで印をする』,くいで区画する《+『out』(『off』)+『名』,+『名』+『out』(『off』)》

〈動物など〉‘を'くいにつなぐ;〈植物など〉‘を'くい支える

(…に)〈金・名誉・命など〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

《米》〈人〉‘に'(…の)金を出してやる《+『名』+『to』+『名』》

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

stifle

…‘を'『息苦しくさせる』,窒息させる

〈あくび・笑い声など〉‘を'『抑える』,抑制する

あくび(笑い声)をかみ殺す

…‘を'『抑圧する』,もみ消す

息苦しくなる;秩息する

innovate

〈新しいもの〉‘を'取り入れる

(…を)革新する,刷新する《+『in』(『on』)+『名』》

mad

『気が狂った』,気違いの

ばかげた,無謀の,向こう見ずな

《補語にのみ用いて》《話》(人・物事に)夢中になって,(…を)熱望して《+『about』(『for』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《話》『怒った』,腹を立てた(angry)

狂ったように興奮した,熱狂した

(イヌが)狂犬病にかかった

charter

(君主・政府などが人民・組織・個人に与える権利の)『特許状』,免許状,憲章

(組織の趣旨を述べた)『憲章』

(バス・飛行機・船などの)貸借契約

〈組織など〉‘に'『特許(免許)を与える』

(契約によって)〈バス・飛行機・船など〉'を'『借り切る』

rub

〈物の表面など〉‘を'『こする』,さする

(…に)…‘を'こすりつける《+名+『against(on, over)』+名》;(…に)…‘を'すりこむ《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈二つの物〉‘を'こすり合わせる《+『名』+『together,』+『together』+『名』》

‥‘を'こすり落とす《+『名』+『away』(『off』)『,』+『away』(『off』)+『名』》

…‘を'すりむく,ひりひりさせる

(…の表面を)『こする』,すれる《+『against』(『on』)+『名』》;〈二つの物が〉こすれ合う《+『together』》

《単数形で》こすること

当てこすり

《the rub》やっかいな事,困難

confuse

(…と)'を'『混同する』,取り違える《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'『とまどわせる』,当惑させる

〈論点・情況・順序など〉'を'混乱させる

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

towel

『タオル』,手ぬぐい,手ふき

…‘を'タオルでふく

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

convince

〈人〉'を'『納得させる』

disgust

(…で)〈人〉‘に'『吐き気を催させる』,むかむかさせる《+『名』+『at』(『with』)+『名』》

(…に対する)『いや気』,嫌悪,むかつき《+『at』(『for, toward』)+『名』》

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

soul

〈C〉〈U〉『魂』,霊魂;『心』,精神(spirit)

〈U〉『情』,感情,情緒

〈U〉(物事の)生命,精髄;《話》生気,迫力

〈C〉『人』,人間

〈C〉(…の)権化,典型,化身《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)指導者,中心人物《+『of』+『名』》

米国黒人[文化]の,米国黒人[文化]特有の,米国黒人[文化]に由来する

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

failure

〈U〉(…における)『失敗』,不成功《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉失敗者,落後者;失敗した企て,不できなもの

〈U〉〈C〉怠慢,不履行

〈U〉〈C〉(…の)不足,欠乏《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)破産《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『衰弱』,減退《+『in』(『of』+『名』》

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

evaluation

(物・行為などの)評価;(物の)見積り

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

nail

(手の)『つめ』(fingernail);《まれ》(足の)つめ(toe-nail);(鳥獣の)つめ(claw, talon)

『くぎ』,びょう

(…に)…‘を'くぎ(びょう)で止める《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈人,人の注意・目など〉‘を'くぎ付けにする《+『名』+『on』(『to』)+名》

《話》…‘を'つかまえる,しとめる;〈うそなど〉‘を'見破る

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

fiscal

国庫の

財務の,会計の

cliff

(海に臨む)『がけ』,絶壁

educational

教育の,教育に関する

教育的な,教育のための

foolishness

〈U〉愚かであること,ばからしさ;〈C〉愚かな行為

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

Afghanistan

アフガニスタン(アジア南西部にある共和国;首都はKabul)

trillion

(アメリカ・フランスでは)兆(1に0を12つけた数);(イギリス・ドイツでは)100京(1に0を18つけた数)

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

safety

〈U〉(…からの)『安全』,無事《+『from』(『against』)+『名』》

(また『safety catch』)〈U〉(銃などの)安全装置

〈C〉(アメリカンフットボールで)セーフティー(クォータバックなどのボールを持っている選手が自軍のエンド・ゾーン内にタックルされること。2得点。)

threaten

(…で)〈人〉‘を'『脅す』,脅迫する《+名〈人〉+with+名》

…‘を'『言って脅す』

〈災害などが〉…‘を'『脅かす』,‘の'脅威となる

〈物事が〉…‘の'『前兆となる』,おそれがある

脅す,脅迫する

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

democracy

〈U〉『民主政治』,『民主主義』,民主政体,民主社会

〈C〉民主主義国,民主国

dare

『あえて…る』

《『dare to』 do》『思いきって…する』,…する勇がある

〈危険など〉‘に'『立ち向かう』

〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する(challenge)

挑戦[すること](challenge)

pittance

わずかの手当(収入)

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

John

英国王ジョン(『King~』;1167?‐1216)

使徒ヨハネ(『St.~』;キリストの12使徒の一人)

=John the Baptist

ヨハネによる福音書(新約聖書の一書)

legend

〈C〉『伝説』,言い伝え;〈U〉伝説文学

〈C〉伝説上の人物

〈C〉(メダルなどの)題銘,銘(inscription)

〈C〉(地図・図表などの)説明,凡例(はんれい)

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

dropout

(世間一般とは別の生き方を求める)脱落者

中途退学者

(ラグビーで)ドロップアウト

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

Harlem

ハーレム(ニューヨーク市マンハッタン島(Manhattan)北部の黒人居住区域)

zone

(何らかの目的・特徴などによって他の地域と区別された)『地帯』,地域,地区(belt, area)

(気候によって地球を大別した)帯(たい)

《米》(交通・郵便などの)同一料金区域;(郵便番号で分けた)郵便区

(環状の)ベルト,輪,帯

…‘を'地帯(地区)に分ける

(…の目的に)〈地域〉‘を'区画規制する《+名+as(for)+名》

…‘を'帯で巻く,‘に'帯印をつける

Canada

『カナダ』(北米大陸の北部,英連邦独立国;首都は Ottawa)

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

senior

年上の

先任の, 古参の, 先輩の, 上級の; 上層の, 高級の;四年制大学の》 四年[最上]級の, 《高校の》 最高学年の; #中等教育の; 〈有価証券が〉優先権付きの, 上位の

本家の

年長者, 古老, 長老; 先任者, 古参者, 先輩, 上級者; 上官, 上役, 首席者; #《大学の》 上級生; 《大学などの》 最上級生

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

goes

goの三人称単数現在

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

vulnerable

(身体的に)傷つきやすい

攻撃(非難)を受けやすい,批判(皮肉など)に傷つきやすい;(…に)攻撃(非難)されやすい《+to+名》

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

numbers

数学,数学

(人員などの)数の優勢

《米》《the~》=numbers game

《古》詞句,韻文

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

mimic

〈人,人の話し方・しぐさなど〉‘を'まねてからかう

(欺くために)…‘に'似せる

ものまねをする人,ものまね役者

人まねをする動物;人の声をまねる鳥

《名詞の前にのみ用いて》

ものまねをする

偽りの,模擬の

擬態の

harass

〈人〉‘を'悩ませる,苦しめる,困らせる(worry)

〈敵〉‘を'しつように攻撃する

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

grit

(機械・食物に混じる)小砂

《話》根性,勇気

…‘を'きしらせる

pressure

〈U〉『押すこと』,『押しつけること』,圧搾,圧縮;〈C〉〈U〉『圧力』,圧力の強さ

〈U〉『圧迫』,『強制』

〈U〉(不快な)圧迫感

〈C〉〈U〉(精神的な)重荷,苦脳;(時間・金銭的)切迫

〈U〉多忙,あわただしさ

《おもに米》…‘に'圧力をかける,強制する(《英》pressurise)

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

encouragement

〈U〉激励,奨励

〈C〉励みになるもの,刺激

関連動画