TED日本語 - ヒュー・エヴァンス: 「地球市民」としてみんなで世界を動かそう

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ヒュー・エヴァンス: 「地球市民」としてみんなで世界を動かそう

TED Talks

「地球市民」としてみんなで世界を動かそう
What does it mean to be a citizen of the world?
ヒュー・エヴァンス
Hugh Evans

内容

ヒュー・エヴァンスは、「地球市民」すなわち自分自身を州や部族、国家の一員としてよりも、まず真っ先に人類の一員だと考える人々を活躍させようという運動を始めました。この高揚感溢れるトークで、エヴァンスは個人的な経験を織り交ぜつつ、世界の中での自分の位置付けに対する新たな認識がいかに人々の行動を促し、極端な貧困、気候変動、ジェンダー不平等などの問題に立ち向かわせるかを語ります。「これらは究極のところ世界の問題であり、最終的には、自分たちの指導者に世界的な解決策を求める地球市民によってしか解決できない問題なのです」

Script

I want to introduce you to an amazing woman. Her name is Davinia. Davinia was born in Jamaica, emigrated to the US at the age of 18, and now lives just outside of Washington, DC. She's not a high-powered political staffer, nor a lobbyist. She'd probably tell you she's quite unremarkable, but she's having the most remarkable impact. What's incredible about Davinia is that she's willing to spend time every single week focused on people who are not her: people not her in her neighborhood, her state, nor even in her country -- people she'd likely never meet.

Davinia's impact started a few years ago when she reached out to all of her friends on Facebook, and asked them to donate their pennies so she could fund girls' education. She wasn't expecting a huge response, but 700,000 pennies later, she's now sent over 120 girls to school. When we spoke last week, she told me she's become a little infamous at the local bank every time she rocks up with a shopping cart full of pennies.

Now -- Davinia is not alone. Far from it. She's part of a growing movement. And there's a name for people like Davinia: global citizens. A global citizen is someone who self-identifies first and foremost not as a member of a state, a tribe or a nation, but as a member of the human race, and someone who is prepared to act on that belief, to tackle our world's greatest challenges. Our work is focused on finding, supporting and activating global citizens. They exist in every country and among every demographic.

I want to make the case to you today that the world's future depends on global citizens. I'm convinced that if we had more global citizens active in our world, then every single one of the major challenges we face -- from poverty, climate change, gender inequality -- these issues become solvable. They are ultimately global issues, and they can ultimately only be solved by global citizens demanding global solutions from their leaders.

Now, some people's immediate reaction to this idea is that it's either a bit utopian or even threatening. So I'd like to share with you a little of my story today, how I ended up here, how it connects with Davinia and, hopefully, with you.

Growing up in Melbourne, Australia, I was one of those seriously irritating little kids that never, ever stopped asking, "Why?" You might have been one yourself. I used to ask my mum the most annoying questions. I'd ask her questions like, "Mum, why I can't I dress up and play with puppets all day?" "Why do you want fries with that?" "What is a shrimp, and why do we have to keep throwing them on the barbie?"

(Laughter)

"And mum -- this haircut. Why?"

(Laughter)

The worst haircut, I think. Still terrible.

As a "why" kid, I thought I could change the world, and it was impossible to convince me otherwise. And when I was 12 and in my first year of high school, I started raising money for communities in the developing world. We were a really enthusiastic group of kids, and we raised more money than any other school in Australia. And so I was awarded the chance to go to the Philippines to learn more. It was 1998. We were taken into a slum in the outskirts of Manila. It was there I became friends with Sonny Boy, who lived on what was literally a pile of steaming garbage. "Smoky Mountain" was what they called it. But don't let the romance of that name fool you, because it was nothing more than a rancid landfill that kids like Sonny Boy spent hours rummaging through every single day to find something, anything of value.

That night with Sonny Boy and his family changed my life forever, because when it came time to go to sleep, we simply laid down on this concrete slab the size of half my bedroom with myself, Sonny Boy, and the rest of his family,seven of us in this long line, with the smell of rubbish all around us and cockroaches crawling all around. And I didn't sleep a wink, but I lay awake thinking to myself, "Why should anyone have to live like this when I have so much? Why should Sonny Boy's ability to live out his dreams be determined by where he's born, or what Warren Buffett called 'the ovarian lottery?'" I just didn't get it, and I needed to understand why.

Now, I only later came to understand that the poverty I'd seen in the Philippines was the result of decisions made or not made, man-made, by a succession of colonial powers and corrupt governments who had anything but the interests of Sonny Boy at heart. Sure, they didn't create Smoky Mountain, but they may as well have. And if we're to try to help kids like Sonny Boy, it wouldn't work just to try to send him a few dollars or to try to clean up the garbage dump on which he lived, because the core of the problem lay elsewhere. And as I worked on community development projects over the coming years trying to help build schools, train teachers, and tackle HIV and AIDS, I came to see that community development should be driven by communities themselves, and that although charity is necessary, it's not sufficient. We need to confront these challenges on a global scale and in a systemic way. And the best thing I could do is try to mobilize a large group of citizens back home to insist that our leaders engage in that systemic change.

That's why, a few years later, I joined with a group of college friends in bringing the Make Poverty History campaign to Australia. We had this dream of staging this small concert around the time of the G20 with local Aussie artists, and it suddenly exploded one day when we got a phone call from Bono, the Edge and Pearl Jam, who all agreed to headline our concert. I got a little bit excited that day, as you can see.

(Laughter)

But to our amazement, the Australian government heard our collective voices, and they agreed to double investment into global health and development -- an additional 6.2 billion dollars. It felt like --

(Applause)

It felt like this incredible validation. By rallying citizens together, we helped persuade our government to do the unthinkable, and act to fix a problem miles outside of our borders.

But here's the thing: it didn't last. See, there was a change in government, and six years later, all that new money disappeared. What did we learn? We learned that one-off spikes are not enough. We needed a sustainable movement, not one that is susceptible to the fluctuating moods of a politician or the hint of an economic downturn. And it needed to happen everywhere; otherwise, every individual government would have this built-in excuse mechanism that they couldn't possibly carry the burden of global action alone.

And so this is what we embarked upon. And as we embarked upon this challenge, we asked ourselves, how do we gain enough pressure and build a broad enough army to win these fights for the long term? We could only think of one way. We needed to somehow turn that short-term excitement of people involved with the Make Poverty History campaign into long-term passion. It had to be part of their identity. So in 2012, we cofounded an organization that had exactly that as its goal. And there was only one name for it: Global Citizen.

But this is not about any one organization. This is about citizens taking action. And research data tells us that of the total population who even care about global issues, only 18 percent have done anything about it. It's not that people don't want to act. It's often that they don't know how to take action, or that they believe that their actions will have no effect. So we had to somehow recruit and activate millions of citizens in dozens of countries to put pressure on their leaders to behave altruistically.

And as we did so, we discovered something really thrilling, that when you make global citizenship your mission, you suddenly find yourself with some extraordinary allies. See, extreme poverty isn't the only issue that's fundamentally global. So, too, is climate change, human rights, gender equality, even conflict. We found ourselves shoulder to shoulder with people who are passionate about targeting all these interrelated issues.

But how did we actually go about recruiting and engaging those global citizens? Well, we used the universal language: music. We launched the Global Citizen Festival in the heart of New York City in Central Park, and we persuaded some of the world's biggest artists to participate. We made sure that these festivals coincided with the UN General Assembly meeting, so that leaders who need to hear our voices couldn't possible ignore them.

But there was a twist: you couldn't buy a ticket. You had to earn it. You had to take action on behalf of a global cause, and only once you'd done that could you earn enough points to qualify. Activism is the currency. I had no interest in citizenship purely as some sort of feel-good thing. For me, citizenship means you have to act, and that's what we required. And amazingly, it worked. Last year, more than 155,000 citizens in the New York area alone earned enough points to qualify. Globally, we've now signed up citizens in over 150 countries around the world. And last year, we signed up more than 100,000 new members each and every week of the whole year.

See, we don't need to create global citizens from nothing. We're already everywhere. We just need to be organized and motivated to start acting. And this is where I believe we can learn a lot from Davinia, who started taking action as a global citizen back in 2012. Here's what she did. It wasn't rocket science. She started writing letters, emailing politicians' offices. She volunteered her time in her local community. That's when she got active on social media and started to collect pennies -- a lot of pennies.

Now, maybe that doesn't sound like a lot to you. How will that achieve anything? Well, it achieved a lot because she wasn't alone. Her actions, alongside 142,000 other global citizens', led the US government to double their investment into Global Partnership for Education. And here's Dr. Raj Shah, the head of USAID, making that announcement. See, when thousands of global citizens find inspiration from each other, it's amazing to see their collective power. Global citizens like Davinia helped persuade the World Bank to boost their investment into water and sanitation. Here's the Bank's president Jim Kim announcing 15 billion dollars onstage at Global Citizen, and Prime Minister Modi of India affirmed his commitment to put a toilet in every household and school across India by 2019. Global citizens encouraged by the late-night host Stephen Colbert launched a Twitter invasion on Norway. Erna Solberg, the country's Prime Minister, got the message, committing to double investment into girls' education. Global citizens together with Rotarians called on the Canadian, UK, and Australian governments to boost their investment into polio eradication. They got together and committed 665 million dollars.

But despite all of this momentum, we face some huge challenges. See, you might be thinking to yourself, how can we possibly persuade world leaders to sustain a focus on global issues? Indeed, the powerful American politician Tip O'Neill once said, "All politics is local." That's what always got politicians elected: to seek, gain and hold onto power through the pursuit of local or at very best national interests.

I experienced this for the first time when I was 21 years old. I took a meeting with a then-Australian Foreign Minister who shall remain nameless --

[ Alexander Downer ]

(Laughter)

And behind closed doors, I shared with him my passion to end extreme poverty. I said, "Minister -- Australia has this once-in-a-lifetime opportunity to help achieve the Millennium Development Goals. We can do this." And he paused, looked down on me with cold, dismissive eyes, and he said, "Hugh, no one gives a funk about foreign aid." Except he didn't use the word "funk." He went on. He said we need to look after our own backyard first.

This is, I believe, outdated, even dangerous thinking. Or as my late grandfather would say, complete BS. Parochialism offers this false dichotomy because it pits the poor in one country against the poor in another. It pretends we can isolate ourselves and our nations from one another. The whole world is our backyard, and we ignore it at our peril. See, look what happened when we ignored Rwanda, when we ignore Syria, when we ignore climate change. Political leaders ought to give a "funk" because the impact of climate change and extreme poverty comes right to our shore.

Now, global citizens -- they understand this. We live in a time that favors the global citizen, in an age where every single voice can be heard. See, do you remember when the Millennium Development Goals were signed back in the year 2000? The most we could do in those days was fire off a letter and wait for the next election. There was no social media. Today, billions of citizens have more tools, more access to information, more capacity to influence than ever before. Both the problems and the tools to solve them are right before us. The world has changed, and those of us who look beyond our borders are on the right side of history.

So where are we? So we run this amazing festival, we've scored some big policy wins, and citizens are signing up all over the world. But have we achieved our mission? No. We have such a long way to go.

But this is the opportunity that I see. The concept of global citizenship, self-evident in its logic but until now impractical in many ways, has coincided with this particular moment in which we are privileged to live. We, as global citizens, now have a unique opportunity to accelerate large-scale positive change around the world. So in the months and years ahead, global citizens will hold world leaders accountable to ensure that the new Global Goals for Sustainable Development are tracked and implemented. Global citizens will partner with the world's leading NGOs to end diseases like polio and malaria. Global citizens will sign up in every corner of this globe, increasing the frequency, quality and impact of their actions. These dreams are within reach. Imagine an army of millions growing into tens of millions, connected, informed, engaged and unwilling to take no for an answer.

Over all these years, I've tried to reconnect with Sonny Boy. Sadly, I've been unable to. We met long before social media, and his address has now been relocated by the authorities, as often happens with slums. I'd love to sit down with him, wherever he is, and share with him how much the time I spent on Smoky Mountain inspired me. Thanks to him and so many others, I came to understand the importance of being part of a movement of people -- the kids willing to look up from their screens and out to the world, the global citizens. Global citizens who stand together, who ask the question "Why?," who reject the naysayers, and embrace the amazing possibilities of the world we share.

I'm a global citizen.

Are you?

Thank you.

(Applause)

ある素晴らしい女性の話をします 名前はダヴィニア ダヴィニアはジャマイカ生まれで 18歳のときアメリカに移住 今ではワシントンDCの郊外に 住んでいます 政治組織の一員として 権力を持つわけでもなく ロビイストでもありません 自分はごく平凡な人間だと 彼女は言うでしょうが ものすごく非凡な結果を 出しています ダヴィニアのすごいところは 毎週欠かさずに 他人のことを考え 時間を割いていることです 近所の人でもなく 同じ州どころか 同じ国にも住んでいない人々 会うこともないだろう 赤の他人のためにです

ダヴィニアが頭角を現したのは 数年前のことで フェイスブックの友達全員に 1セント玉募金を 呼びかけました 少女たちの教育を援助するためでした 大した反応は期待していませんでしたが これまで集めた1セント玉は 70万枚を超え 120人の少女を学校に送っています 先週話したとき 地元の銀行ではちょっと 目をつけられていると言っていました いつもショッピングカートいっぱいの 1セント玉を持ってくるからです

でも ダヴィニアみたいな人は 珍しいわけではありません たくさんいます 広がりつつある運動の一部です 彼女みたいな人の 呼び名があります 「地球市民」です 地球市民とは 自分自身を 州や 部族や 国家の 一員としてより前に まず人類の一員なのだと考え この信念に基づいて 行動を起こす意欲を持ち 世界の大きな問題に 挑む人を指します 私たちの組織の使命は 地球市民を発掘し、支え 活躍させることです 地球市民はどんな国にも どんな層の人々の中にも存在します

今日の狙いは皆さんに 地球の未来は 地球市民にかかっていると 理解していただくことです 世界で活動する地球市民が もっと増えれば 人類が直面している 重大な問題は全て ― 貧困から、気候変動 ジェンダーの不平等まで 解決可能になると 確信しています こういった問題は つまるところ世界的な問題であり 最終的に解決できるのは 自分たちのリーダーに世界的な解決策を 要求する地球市民しかいません

さて この考え方に対する 一部の人の即座の反応は ちょっと非現実的だとか 危ない考え方だというものです そこで 少し私自身の 話をしたいと思います どういう経緯で ここまで来たのか それがダヴィニアや 願わくば皆さんにも いかに繋がるのかお話しします

オーストラリアのメルボルンに 育った私は よくいる非常にうざったい子供で 常に「なぜ?」と訊き続ける子でした 身に覚えのある人も いるでしょう 母に対して 最高にイライラする質問を よくしたものでした 例えば 「ねぇお母さん なぜ おめかしして 一日中 人形で遊んでちゃダメなの?」 「なぜ それとポテトを 一緒に注文するの?」 「シュリンプって何? なぜそれを“バービーに乗せる”の?」(バービー=BBQの網)

(笑)

「あとね お母さん この髪型 ― なんでこうなるの?!」

(笑)

地上最悪の髪型です 今見ても最悪です

「なぜなぜ坊や」だった私は 世界は変えられると思い 絶対に考えを曲げませんでした 12歳のとき 中学1年生でしたが 発展途上国の人々のための 募金活動を始めました 皆ですごく熱心に取り組み オーストラリア中のどの学校よりも たくさん募金を集めました ご褒美にフィリピンの視察旅行に 行かせてもらえることになりました 1998年のことです 連れて行かれたのは マニラ周辺部にあるスラム地区で そこでサニー・ボーイと 友達になりました その子は まさにゴミの山で 生活していました 「煙る山」と 呼ばれていましたが 洒落ているのは名前だけで 悪臭を放つゴミ捨て場以外の 何物でもなく サニー・ボーイみたいな子供たちが 休むことなく毎日何時間も 少しでも価値のあるものを探して ひっかき回していました

サニー・ボーイとその家族と過ごした夜が 私の人生を方向づけました 寝る時間になると 私の部屋の半分の広さしかない コンクリートの床の上に 私、サニー・ボーイ、彼の家族の 全員が横になり 7人が一列になって寝るのです ゴミの臭いがプンプンする中 ゴキブリが這いずりまわっていました 一睡もできず 横になったまま ずっと考えていました 「なぜ 僕とは違って こんな生活を強いられている人が いるんだろう? なぜ サニー・ボーイの 夢を実現する力が 生まれた場所や ウォーレン・バフェットの言う ― 『出生宝くじ』で 決まってしまうのか?」 どうしても納得できず 答えを見つけないと 気が済みませんでした

後になって やっとわかったのですが 私がフィリピンで見た貧困は 人が為した または為さなかった決断の結果 ― つまり人為的なものであり 連続する植民地支配と 腐敗した政府が サニー・ボーイのような子の幸福を 根本的に無視した結果でした 「煙る山」を作った 張本人ではなくても 作ったも同然です もしサニー・ボーイみたいな子供を 支援したいのなら 単に 数ドル寄付して 済む話ではないし 彼が住んでいるゴミ捨て場を 片付ければ済む話でもありません 問題の核心は そこではないのですから その後 私は地域開発事業に携わり 学校の建設に関わったり 教師の研修をしたり HIVやエイズ対策に取り組みました そうしてわかったのは 地域開発というものは その地域社会自体が 主導するべきだということ 慈善事業は必要なことだが 十分ではないということです これらの課題に真正面から 世界規模で 抜本的に 挑まなければなりません 私にできる最善のことは 自分に動員できる 大規模な市民のグループを集めて 世界のリーダーに抜本的変革の実行を 求めることだとわかりました

これがきっかけで 数年後 大学の友人グループと一緒に 「貧困を過去のものに」運動を オーストラリアにも広めようとしました 私たちが心に描いていたのは 小さなコンサートでした G20の開催時期に合わせて 国内のアーティストを集めるつもりでした それがある日突然 すごいことになりました U2のボノ、ジ・エッジ、パール・ジャムから電話がきて 私たちのコンサートに 出演してくれることになりました この日少し興奮気味だったのは ご覧の通りです

(笑)

でも 驚いたのは オーストラリア政府が 私たちの集めた声を聞いて 世界の医療・開発にかける予算を 倍にすると合意したことです 62億ドルの増加です そのとき ―

(拍手)

ものすごく認められたような 気持ちになりました 市民たちを団結させることで 政府を説得し 想像の限界を超えて 自国からはるか遠くの問題の 解決に向けた行動を約束させたのです

ところが ― これは長続きしませんでした 政府の中で何かが変わり 6年後 この新しい予算がすべて 消えてしまったのです ここで得た教訓は ― 一度大成功するだけでは 不十分であり 持続可能な運動 ― 変わりやすい政治家の気分や 景気減退の兆しなどに 影響されない運動が必要であり しかも世界中で起こる必要がある ということです でなければ どの政府も必ず 備え持った言い訳体質でもって 世界規模の取り組みを自国だけで 背負えるわけないと言い逃れるからです

だからそれを自分たちの目標に据えました 着手するにあたり まず自問自答しました 長期戦で勝つための 十分な勢力を作り出し 幅広く動員するにはどうするべきか 方法は1つしか思いつきませんでした 「貧困を過去のものに」運動に 関わった人々の一時的な熱意を どうにかして 長続きする情熱に変えること ― アイデンティティの一部にする ということです というわけで2012年に これを目標として掲げた組織を作りました 名前は1つしか思い浮かびませんでした 「グローバル・シチズン(地球市民)」

一介の組織だけの 話をしているのではありません 市民が行動を起こすことが 焦点です 調査データによれば 世界の問題を気にかける人でも 何か行動を取ったことがあるのは そのうち たった18%なんです 行動したくない というわけではなく むしろ やり方がわからないとか 行動しても何も変わらないと 思い込んでいるのです でもどうにかして 何十もの国の 何百万人もの市民に声をかけ 行動を促さねばなりませんでした 各国のリーダーが利他的に動くように 圧力をかけるためです

活動するうちに あることがわかってゾクゾクしました 「地球市民」をミッションにすると いきなり ものすごい味方が 現れ出すのです 本質的に世界的な問題は 極端な貧困ばかりではありません 気候変動もそうですし 人権問題やジェンダーの不平等 紛争さえもそうです このような相互に関連のある問題に 熱心に取り組む人々と 肩を並べて活動するようになりました

でも 実際にどうやって たくさんの地球市民を見つけて 動かせたのかというと 世界共通の言葉を使ったのです 音楽です 地球市民フェスティバルを ニューヨーク市の中心 セントラルパークで開催し 世界有数のアーティストに頼んで 出演してもらいました 時期が 国連総会と 重なるように計画して 声を聞かせたい相手である リーダーたちが 無視するわけに いかないようにしました

ここである仕掛けをしました チケットを非売品にして 入手条件を付けたんです 世界の問題に対して 行動することがその条件です それで初めて入場資格に相当する ポイントを集められるわけです 運動に関わることが チケット代金になるのです 地球市民を名乗るだけで気分がいいとか どうでもいいことでした 私にとって地球市民と行動は一体であり それを人々にも求めたのでした これがなんと うまくいってくれました 去年 ニューヨーク近辺だけで 15万5千人の市民が 入場に十分なポイントを稼ぎました 今や世界150ヶ国の市民が メンバーになっていて 去年は毎週10万人以上の 新規メンバーが 年間を通じ続々と 加入しました

地球市民を新たにゼロから 作る必要なんてないのです 既に世界中にいるのですから ただ組織化し きっかけを与えれば 行動を始めるんです ここでダヴィニアから学ぶことが たくさんあります 彼女が地球市民として行動を 始めたのは2012年のことです 彼女がしたことは 別に難しいことではありません 手紙を書くとか 政治家の事務所に メールを送るとか 地域社会での ボランティアも始めました そしてSNSで活発に 活動するようになり 1セント玉を集め始めました 大量の1セント玉です

これは大したことないように 聞こえるかもしれません それで何が達成できるのかと 実際たくさんのことが達成されました 協力者がいたからです 彼女の行動は14万2千人の 地球市民の協力を得て 「教育のためのグローバル・ パートナーシップ」に対する アメリカ政府の投資を倍増させました 国際開発庁長官 ラジブ・シャー博士が その発表をしている光景です 何千もの地球市民が 互いに刺激しあったとき 全体として素晴らしい力を 生み出します ダヴィニアのような地球市民が 世界銀行を動かして 水と衛生への投資増加に 貢献したのです これはキム総裁がフェスティバル会場で 150億ドルの投資を 発表しているところです インドのモディ首相も 2019年までに 国中の家庭・学校に1つ残らず トイレを設置すると確約しました 深夜番組司会者のスティーブン・コルベアに 促された地球市民たちは ノルウェーにツイッター攻撃を 仕掛けました ノルウェー首相のエルナ・ソルベルグは このメッセージを受け 世界の女子教育のための投資を 倍にすると誓約しました 地球市民たちは ロータリー・クラブと共に カナダ、イギリス オーストラリア政府に対し ポリオ撲滅の予算増加を要求し この3国の政府は共同で 6億6500万ドルを誓約しました

しかし ここまで勢いづいた一方で 非常に大きな課題にも直面しています 皆さんは心の中で 世界の問題から 視点がブレないよう 各国政府を説得するのは 無理じゃないかと 思っているかもしれません 確かに アメリカ政界の巨頭 故ティップ・オニールの言葉では 「政治は常に地域中心」です 政治家が当選するための鍵は 決まってこれです 権力を目指し 手中にして 手離さないために 地域住民や 広くても国民の利を 追求するのが関の山です

私が初めてこれを思い知ったのは 21歳のときでした 当時オーストラリアの 外務大臣だった ― とある人物と会う機会がありました 名前は敢えて言いませんが ―

[アレクサンダー・ダウナー]

(笑)

非公式に会って 世界の貧困を撲滅したいと 熱く訴えました 「オーストラリアが ミレニアム開発目標達成の 立役者になれる またとない絶好の機会です やりましょう」 すると大臣は一瞬黙り 冷ややかな 見下したような目を こちらに向けて 「君ねぇ 誰も 対外援助なんて 鼻クソほどにも思っとらんよ」 本当は そんな上品な 言い方ではありません そして大臣は 身内 つまり国内の問題を心配するのが 先だと続けました

これは 私の意見では 時代遅れで しかも危険な考え方です 今は亡き祖父の言葉を借りれば 「嘘っぱち」です 偏狭な地方主義はこういった 白黒思考をもたらし 1つの国の貧しい人々と 別の国の貧しい人々を対立させます 自分たちや自国を 他の国から 切り離せるように見せかけます しかし 世界全体が身内ではないですか 無視すれば私たち自身が危険です ルワンダを無視して 何が起こったか憶えてますか シリアや気候変動を 無視した結果 何が起こっているのでしょうか 政府は「鼻クソ」ほどには 気にかけるべきです 気候変動や極端な貧困の しわ寄せは 私たち自身に来るからです

地球市民は これを理解しています 今の時代は 地球市民に好都合です 一人一人の声が 聞き入れられる時代です 2000年に掲げられた 「ミレニアム開発目標」を憶えていますか 当時私たちにできることはといえば 手紙を出しまくって 次の選挙を待つことくらいでした SNSはありませんでした 今や 何十億人もの市民が 今まで以上のツールを持ち 手に入る情報も増え かつてないほどの影響力を持つ そんな時代です 解決すべき問題も 使えるツールも 私たちの目の前にあります 世界は変わりました 国境を越えた視野を 持てる人々が正しいことを 歴史が示すでしょう

さて 今の状況はというと 最高のフェスを開催し 政策をめぐっての闘いに 大勝しました 世界中の市民がどんどん 加入しています ではミッションを達成したかというと ― まだです まだ遥か遠い道のりです

でも私はこれがチャンスだと 思っています 地球市民というコンセプトは 理屈は自明でも これまでは色々な意味で非現実的でした でも 今や私たちが幸運にも生きている この特別な時に重なっています 私たち 地球市民は 世界中で起こる 大きな改革の推進力となる ― 唯一の機会に恵まれています 今から数ヶ月か数年後には 地球市民が 世界のリーダーたちに 責任を果たすことを求め 新たな「持続可能な開発目標」が 確実に管理し実施される ようにするでしょう 地球市民は 世界有数のNGOと提携して ポリオやマラリアなどの 伝染病の駆逐を目指すでしょう 地球市民が 世界中のあちこちから加わり 活動の頻度や質や 影響力を増していくでしょう 今言ったような夢の達成は もう間近です 想像してみてください 何百万という人の大群が 何千万人にも膨らんで 繋がり合い、情報交換し、活動し ノーという答えは認めません

さて こういった活動をする中 私はサニー・ボーイとの 再会を試みてきました しかし まだ連絡はついていません 会ったのはSNSが現れる ずっと前だし 彼の住所は現地当局が 移動してしまっていました スラム地区にはよくあることです 彼が今どこにいるとしても できたらゆっくり会って話したい あの「煙る山」で過ごした時間のおかげで 今の自分があるのだと 彼や 他たくさんの人々のおかげで 人々の運動の一部になることの 大切さを知りました 画面から顔を上げ 外に出て行く若者たち ― 地球市民の運動です 地球市民とは 一致団結して 「なぜ?」と問いかけ 否定しかしない人を受け付けず 私たちが共有する世界の 素晴らしい可能性に応える人々です

私は地球市民です

あなたはどうですか?

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画