TED日本語 - アジズ・アブ・サラ: 寛容さを育むため、観光に出かけよう?

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - アジズ・アブ・サラ: 寛容さを育むため、観光に出かけよう?

TED Talks

寛容さを育むため、観光に出かけよう?
For more tolerance, we need more ... tourism?
アジズ・アブ・サラ
Aziz Abu Sarah

内容

TEDフェローのアジズ・アブ・サラは、パレスチナ人の活動家で、平和構築のために変わったアプローチを推奨しています ― それは観光旅行です。異文化の人たちが交流するだけで、何十年にもわたる憎悪がどのように解けゆくのかを紹介します。まずは、パレスチナ人がイスラエル人を訪問し、一歩前進する様子から。

Script

I'm a tourism entrepreneur and a peacebuilder, but this is not how I started. When I was seven years old, I remember watching television and seeing people throwing rocks, and thinking, this must be a fun thing to do. So I got out to the street and threw rocks, not realizing I was supposed to throw rocks at Israeli cars. Instead, I ended up stoning my neighbors' cars. (Laughter) They were not enthusiastic about my patriotism.

This is my picture with my brother. This is me, the little one, and I know what you're thinking: "You used to look cute, what the heck happened to you?" But my brother, who is older than me, was arrested when he was 18, taken to prison on charges of throwing stones. He was beaten up when he refused to confess that he threw stones, and as a result, had internal injuries that caused his death soon after he was released from prison.

I was angry, I was bitter, and all I wanted was revenge.

But that changed when I was 18. I decided that I needed Hebrew to get a job, and going to study Hebrew in that classroom was the first time I ever met Jews who were not soldiers. And we connected over really small things, like the fact that I love country music, which is really strange for Palestinians. But it was then that I realized also that we have a wall of anger, of hatred and of ignorance that separates us. I decided that it doesn't matter what happens to me. What really matters is how I deal with it. And therefore, I decided to dedicate my life to bringing down the walls that separate people.

I do so through many ways. Tourism is one of them, but also media and education, and you might be wondering, really, can tourism change things? Can it bring down walls? Yes. Tourism is the best sustainable way to bring down those walls and to create a sustainable way of connecting with each other and creating friendships.

In 2009, I cofounded Mejdi Tours, a social enterprise that aims to connect people, with two Jewish friends, by the way, and what we'll do, the model we did, for example, in Jerusalem, we would have two tour guides,one Israeli and one Palestinian, guiding the trips together, telling history and narrative and archaeology and conflict from totally different perspectives. I remember running a trip together with a friend named Kobi -- Jewish congregation from Chicago, the trip was in Jerusalem -- and we took them to a refugee camp, a Palestinian refugee camp, and there we had this amazing food. By the way, this is my mother. She's cool. And that's the Palestinian food called maqluba. It means "upside-down." You cook it with rice and chicken, and you flip it upside-down. It's the best meal ever. And we'll eat together. Then we had a joint band, Israeli and Palestinian musicians, and we did some belly-dancing. If you don't know any, I'll teach you later. But when we left, both sides, they were crying because they did not want to leave. Three years later, those relationships still exist.

Imagine with me if the one billion people who travel internationally every year travel like this, not being taken in the bus from one side to another, from one hotel to another, taking pictures from the windows of their buses of people and cultures, but actually connecting with people.

You know, I remember having a Muslim group from the U.K. going to the house of an Orthodox Jewish family, and having their first Friday night dinners, that Sabbath dinner, and eating together hamin, which is a Jewish food, a stew, just having the connection of realizing, after a while, that a hundred years ago, their families came out of the same place in Northern Africa. This is not a photo profile for your Facebook. This is not disaster tourism. This is the future of travel, and I invite you to join me to do that, to change your travel. We're doing it all over the world now, from Ireland to Iran to Turkey, and we see ourselves going everywhere to change the world.

Thank you.

(Applause)

私は 観光事業をしながら 平和構築に取り組んでいます でも 始めから そうだったわけではありません 7歳のとき テレビで 皆が石を投げているのを見て 「これは面白そうだ」と思いました そこで 私は表に出て 石を投げました 本来 イスラエルの車に向けて 石を投げるべきだったのですが 近所の車に 石をぶつけてしまいました(笑) 私の愛国主義は 感心されませんでした

これは 兄と私の写真です 小さい方が私です きっと こうお思いでしょう 「昔はかわいかったのに どうしちゃったんだい?」 私のこの兄は 18歳のときに逮捕され 投石の罪で刑務所に入れられました 石を投げたことを認めなかったため 彼は暴行を受け 内臓に損傷を負い そのことが原因で 出所後すぐに亡くなりました

私は怒りに駆られ 憤慨し 復讐を心に誓いました

でも18歳のとき転機が訪れます 就職のため ヘブライ語を学ぼうと ヘブライ語の学校に通い そこで 初めて 兵士ではないユダヤ人に会いました 本当にささやかなことですが パレスチナ人には珍しく カントリー音楽好きなことなどもあり 私たちは仲良くなりました ただ そのとき初めて 二人の間には壁があることに気付きました 怒り 憎悪 無知という壁が 私たちを隔てているのです でも 私は思いました 自分の身に何が起こるかは重要ではなく 本当に大事なのは 私が それにどう向き合うかだと ですから 私は人生をかけて 人々を隔てるこの壁を 崩そうと決めました

以来 様々な方法で 取り組んでいます 観光も その一つですし メディアや教育もあります きっと こうお思いでしょう 「観光で何かを変えられるのか? 壁が崩せるのか?」 ― 答えはイエスです 観光こそ 最も安定して これらの壁を打ち崩し お互いを結びつけて友情を培う 持続可能な方法を 創れるものなのです

2009年 私はMejdi Toursを 共同設立しました 人々を結びつけることを目的とした 社会事業で ユダヤ人の友だち二人と作りました 私たちがしようとしているのは ― 具体例で言えば エルサレムで イスラエル人とパレスチナ人各1名の ツアーガイド2名で 一緒に観光案内をするというものです 二人は 全く異なる観点から 歴史や言い伝え 考古学や紛争を語ります 以前に コビーという友人と 一緒にツアーをしました シカゴからのユダヤ人の方々を エルサレムで案内したのですが 皆さんを パレスチナの 難民キャンプにお連れし そこで このような ご馳走を食べました ちなみに こちらは母です 素敵でしょう これは パレスチナの料理 「マクルーバ」です 「ひっくり返す」という意味で お米と鶏肉を調理し 最後にひっくり返すのです 最高の料理で 皆で一緒に食べます そして イスラエルとパレスチナの 合同バンドが演奏し ベリーダンスをしました ご存知のない方 あとで教えて差し上げますよ そして 私たちが帰る日には 双方とも泣いていました 離れたくなかったのです 3年経っても まだこの関係は続いています

想像してください 毎年 海外旅行をする ― 10億人の人たちが こんな風に旅をするんです ただ バスに乗って 名所をまわり ホテルを移動し 車窓から 人々や文化の 写真を撮るのではなく 実際に人と結びつくのです

以前 イギリスからの イスラム教徒のグループを 正統派ユダヤ教徒の家に お連れして そこの家族と 安息日の夕食を共にしました ハミンというユダヤ料理のシチューを 一緒に食べました しばらくして 100年前 彼らの祖先もまた 北アフリカの同じ地方から やって来たのだと気づき 絆を深めたのでした これは Facebookの プロフィール用写真にするのでも 単なる被災地旅行でもありません これは 旅行の「未来」です 皆さんも 私と一緒に 旅を変えてください 私たちは 世界中で この取組みをしています アイルランドから イラン トルコまで 皆で あちこちに出かけ 世界を変えていきましょう

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画